真央にもう一人の敵…キム・ヨナを“援護”する韓国女性審判




真央にもう一人の敵…キム・ヨナを“援護”する韓国女性審判
2014年1月6日 掲載
http://www.gendai.net/articles/view/sports/147047
(※リンク切れ)

ちょっと露骨じゃないか。

女子フィギュアスケートのキム・ヨナ(23)が五輪前の最後の実戦(韓国選手権)で圧勝。国内に敵なしのキムにとって優勝は当然としても、問題はその得点だ。

5日のフリーは終盤の2回転半ジャンプを失敗しながら147.26点の高得点。

4日のショートプログラム(SP)も80.60点。国内大会のため国際スケート連盟公認記録にはならないものの、SPは自身が前回五輪でマークした78.50点の世界歴代最高点さえも上回った。

ちなみに、SPもフリーの得点も過去に浅田真央(23)が一度も出したことがない異常なもの。

「全体的に満足している」と語ったキムの合計227.86点は、バンクーバー五輪で自身が出した世界歴代最高の228.56点とほとんど変わらなかった。

今季のキムは右足甲の故障でグランプリシリーズを欠場。復帰は昨年12月にクロアチアで行われたB級大会」だった。

国内大会とはいえ前回の五輪女王が「合計227.86点の演技をした」というニュースは、ソチ五輪で採点する審判団たちに大きなインパクトを与える。

「キムは五輪前にしっかり仕上げてきた」との印象を持つだろう。

「それだけではない。 韓国には手ごわい相手がもうひとりいる」と言うのは、あるフィギュア関係者だ。

「ソチ五輪女子フィギュアの審判団に入ったコ・ソンフィ(40)です。ソチのジャッジはSP開始45分前に13カ国の審判から9人が抽選で選ばれる。

残る4人はフリー演技に回り、あとの5人はSPの9人で抽選が行われる。

この韓国の女性審判はこれまでも『アサダは技術に問題がある。(キムの)ライバルではない』などと、立場もわきまえず、キムの応援団長のような発言を繰り返してきた。

彼女は他国の国際審判とコミュニケーションを取るのがうまい。五輪会場で他国の審判にキムの演技のポイントなどについてあれこれ解説すれば『アドバンテージになる』とみる人もいる」

バンクーバー五輪後はキムと浅田の得点差(23.06)があまりに開いたので「韓国が他国の審判を買収した」という噂も流れたほど。
いずれにしても国をあげてキム・ヨナの連覇を狙う韓国の動向から目が離せない。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/08/14 14:10
コメント
荒川静香さんが解説で、世間では技術の浅田真央、芸術性のキムヨナと思われてるが自分はむしろ逆だと思うと言ってるのをちょうど今日ユーチューブで見たところでした。もしかしたらそういった裏でのやり取りの影響があったのかなんて、ふと思いました。

管理者にのみ表示