【五輪ボクシング】不可解判定でロシア選手に敗れたアイルランド選手 プーチン大統領に宛てて「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?!」




【五輪ボクシング】不可解判定でロシア選手に敗れたアイルランド選手 プーチン大統領に宛てて「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?!」
2016年8月18日 1時12分
http://news.livedoor.com/article/detail/11902129/

不可解な判定が続発しているリオデジャネイロ五輪ボクシングで、初戦でロシア選手に敗れた男子バンタム級のマイケル・コンラン(アイルランド)が16日、ツイッター上で「一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?」とロシアのプーチン大統領にかみついた。

英メディアなどによると、ロンドン五輪銅メダリストで、昨年の世界選手権王者のコンランは、16日にウラジミール・ニキチン(ロシア)と対戦。試合を完全に支配しながら、判定で敗れた。会場は判定に異議を唱えるブーイングで包まれた。コンランは中指を立ててジャッジに不満を示した。

コンランは試合後、「国際ボクシング協会(AIBA)はクズだ。もう二度とAIBAのためには戦わない。500万ユーロ積まれても戻らない」と吐き捨てた。

その上で、「金メダルのためにリオに来て、だまされた。もう五輪には出ない。ほかの選手にもAIBAのために戦わないよう助言する」と、アマチュアボクシングとの決別を宣言した。

「五輪の夢を強奪された」と憤るコンランはさらに、「ロシア選手は今回ドーピングをする必要がなかった。なぜならジャッジにカネ(賄賂)を渡していたからだ」と述べ、矛先をロシアに転じた。

コンランの怒りは、試合後しばらく経っても静まらず、ツイッター上で、プーチン大統領を挑発する事態に発展した。

リオ五輪では、男子ヘビー級決勝でも、ロシア選手を優位とした判定にブーイングが起きた。「世界中で最も腐敗した組織」と罵られたAIBAは、「コンランの落胆は理解できるが、AIBAは公平に努めている。彼の主張は根拠を欠くが、意見を発するのは自由だ」と、人ごとのように振る舞っている。(五輪速報班)



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
リオ五輪 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/18 11:13
コメント

管理者にのみ表示