ロンドン五輪評価 陸上最高ランク、最低は近代五種




ロンドン五輪評価 陸上最高ランク、最低は近代五種
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/05/30/kiji/K20130530005907400.html

国際オリンピック委員会は29日、ロンドン五輪のテレビ放送実績などを基に26競技を評価した5段階のランク分けを公表し、最高のAに陸上、水泳、体操が入った。

レスリングとテコンドーは4番目のD、近代五種は最下位のEランクとなり20年夏季五輪の実施競技を見直した際に評価が低かったことを裏付けた。Bはサッカー、バスケットボール、バレーボール、自転車、テニスで、Cに柔道、ボクシング、卓球、アーチェリーなどが入った。

ランク分けは、16年リオデジャネイロ五輪の収入を各国際競技連盟(IF)に分配する際の配分率に反映される。ロンドン五輪での各IFへの分配金は、北京五輪の約1・76倍の5億1960万ドル(約525億円)となった。

[ 2013年5月30日 06:00 ]


「稼げる競技」のランク付け。分配金があるのでどこも必死になりますわね。




↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/18 12:44
コメント

管理者にのみ表示