浅田真央のギネス記録認定にイチャモンをつける「森絵都」氏



忘れてないですよ。

森絵都氏が「浅田真央の五輪でトリプルアクセル三回はまともなスポーツ記録じゃねーよ」と言い放ったことは。

画像が小さいかな。ネットっておそろしいもので画像を保存なさっている方がちゃんといました。

森絵都

拡大しましょうか。

森絵都拡大

せっかくなんで書き起こしをしました。ムカつきながらw


(2010年4月30日 読売新聞夕刊)

ギネス認定 何にでも世界一って… 

森絵都

いやはや語辞典

<バンクーバー五輪における浅田真央のトリプルアクセル計3回成功>がギネスの世界記録に認定されたそうである。おめでとう!と祝福するには少々胸のもやつく話だ。

聞けば、浅田側から申請したわけではなく、ギネスの方から「認定話」を持ちかけてきたらしい。それを報じたニュース番組では「ソチでもぜひギネス記録更新を」とキャスターが期待を述べていた。いや増しもやつきが高まる。

一体いつからギネスブックはなんでもかんでも世界一に認定するようになったのだろう? <一緒に入浴したガラガラ蛇の数><ストローを使ったケチャップ早飲み><世界一豪華なトイレ>。今や人々は自らの特技で世界一を目指すのではなく、世界一になれそうな抜け穴を探すようになった。ギネスもそれを容認した。名誉や権威よりもシャレを重んじ、<世界一毛深い家族>にまで認定を与えるその姿勢は、一本筋が通っていると言えないこともない。

しかし、真面目にスポーツをこなしている浅田までもそこに巻きこむことはないと思うのだ。しかも、申請もないのに認定の押し売り。これはシャレにはならない。

むろん、ギネスブックには偉大な記録も多々ある。けれども人は誰に認定されずとも、大小様々な挑戦を重ねて生きている。個人的に耐えるべき試練があり、尊ぶべき達成がある。ギネスが差しでる余地のない領域だって存在するのである。


人のいい浅田は笑顔でギネス認定の歓びを語っていたけれど、自らの成果が<世界一ジャンプ力のある豚?などと並び讃(たた)えられているのを見たらどう思うのか?

もやつきを通りこして胸が痛む。

(作家)


「うるせえよクソババア」「黙れブス!」ですませるにはちと癪にさわるんですが。

森絵都氏のご指摘どおりギネスには価値がないかもしれない。だけど何もしない人間は認定される資格すらない。

「むろん、ギネスブックには偉大な記録も多々ある。」と言いながら「浅田真央の挑戦」はそこから外そうとする森絵都氏はいったい何をこじらせて「こうなった」のか少々興味がありますね。
こんな短い文章の中で矛盾と誤解と決めつけがてんこもり。
軽めのサイコパスかな?とすら思います。
まあ「人と違う見方ができる自分カコイイ!」とさぞかしウットリなさっているのでしょう。
普通に「性格の悪いクソバアバ」にしか見えないですけどねw

みんな大好き「ぼちぼち生きてます」の石ころさんが、真央ちゃんと羽生選手のギネス認定に関する記事をアップしてくださっていました。これは2014年のものですね。

「ぼちぼち生きてます」さん
キムヨナを失った浅田の歩みゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ/爽やか!群舞の真央ちゃん。
http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-date-201404-1.html


韓国の胸糞悪い「セット売り」にムカつきますね。キム単体では商品価値がナッシングなので必ず真央ちゃんとセット売り。
気持ち悪いったらありゃしない。

で、真央ちゃんと羽生選手が二人そろって表彰される現場にわたしもいました。
お客さんみんな大喜びでしたよ。
誰も「だまされてかわいそう」なんていう人はいなかった。

今回、羽生選手がギネス認定されたというニュースを見て久しぶりに思い出した。森絵都氏。
羽生選手のことも今頃「胸が痛む」と「哀れんで」いるんですかね。よけいなお世話だクソババア。


せっかくなんでギネス世界記録・公式サイトをば。
カテゴリが既存の記録を更新するものと、新規ジャンルで最初の記録認定をするものとふたつある。
で認定基準は四つだと。

http://www.guinnessworldrecords.jp/

へーほーふー。そしたらバンクーバーのキムの不正採点結果を一回断ったのって、ギネスからすると四つの認定基準のいずれかに該当していなかったってことなんですかね。
当時のソースが今手元にないんですが、結局は認定「させた」のは「認定を早めるための有料コース」を選んだということか。

真央のときはギネスから連絡がきたんだよ、というのは皆さんご存知だろうと思います。

で、なんと!四万件もあるんだ。そのうち四千件ほどが本にのる、と。
真央とみどりは必ず載ってますもんね。うひひ。

本にのる


そして石ころさんの記事で思い出した!キム・ヨナ引退記念メダル!

これ、実は「日本でまだ売っている」んですよ!
それは問題!
別に記事にしときます。

まだ売れ残っている!しかも日本で!wwww

キムの商品価値はナッスィングwwwwwwww



↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本の報道 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/08/24 16:49
コメント

管理者にのみ表示