「役員が前」の行進批判に橋本団長が反論 アスリートファーストどこまで




「役員が前」の行進批判に橋本団長が反論 アスリートファーストどこまで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000065-dal-spo
デイリースポーツ 8月24日(水)19時4分配信

shaaaa.jpg

※こんなのと一緒に写っていると選手がかわいそうなので画像の背景は消しました。

リオデジャネイロ五輪に出場した日本代表チームの選手団が24日午前、羽田空港着のチャーター機2便に分かれて帰国。

同日午後には都内でメダリスト55人や日本選手団の橋本聖子団長らが帰国会見に臨んだ。五輪開会式の入場行進で旗手・右代啓祐に続き、選手の前で役員団が行進したことが、日ごろから掲げる「アスリートファースト(選手優先)」の趣旨に反するのでは、という批判が起きたことに関する質問が出たため、橋本団長が回答した。

橋本団長は、「入場行進での批判はすぐに届き、役員の意見も聞いたが、『アスリートファースト』のはき違えだけしないようにしたい。役員が先なのは日本だけではなく他の国にもいた」と反論。

「JOC全体で考えることだと思いますが、『どこまでがアスリートファースト』にすべきなのか、役員は一番後ろにすべきなのか、選手に負担のかからないように、より選手がより輝ける場所で環境を整えていくことを、指摘を受けた中で考えさせていただく」と、政治家的な答弁でこの質問をかわしていた。

橋本団長はまた、閉会式の翌日(22日)に、夕方の帰国便までの間を利用し、スタッフと4時間に及ぶ会議を行ったことを認め、「鉄は熱いうちに打てではありませんが…本部役員がそれぞれの競技団体の代表でもありますので、今感じていること、明確にやらなければならないことを分かっていると思います。山下副団長のはからいのもとで、それぞれの意見交換を熱くやらせていただきました」と振り返った。

「私どもが直接4年後の強化に携わるかは先の人事ですので、まとめていることがすべてではありませんが、次につなげる意味においても、今回反省すべき点、目標としなければならない点、こういうことを今の選手団で明確にしていこうということで臨時の役員会を開かせていただいた」と意義を語った。

そして、「東京ではメダル獲得数で3位以内を目指す」とし、実施される33の各競技で最低1つのメダル獲得を目指すことや、リオで得た41個の倍以上のメダル総数を目標に掲げた。


よく人前に出てこられるなあ。さすが「政治家」。





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/08/24 22:11
コメント
あの〜
旧型スマホのちっこい画面で見てるのですが、目頭切開すごくないですか??
姐さんごめんなさい。記事より何より、もう、そこにしか目が行かない(>_<)
アスリートファースト?
『ほかの国だってやってるしぃ~』ってお子様並の反論しかできないお方、これでも国会議員でございます。
こんなんがファーストクラスのお席で悠々往復ですか。
ホント、アスリートがお気の毒でならない。

管理者にのみ表示