ロシアから剥奪された金メダルをベルギーに再授与、北京五輪女子400mリレー

a


ロシアから剥奪された金メダルをベルギーに再授与、北京五輪女子400mリレー
http://www.afpbb.com/articles/-/3100441
2016年09月10日 11:58 発信地:ブリュッセル/ベルギー

【9月10日 AFP】2008年北京五輪の陸上女子4x100メートルリレーで、ドーピング違反によりロシアから剥奪された金メダルが9日、同レースで2位だったベルギーのオリビア・ボルレー(Olivia Borlee)、ハンナ・マリエン(Hanna Marien)、エロディ・ウエドラオゴ(Elodie Ouedraogo)、キム・ゲバールト(Kim Gevaert)の4人に授与された。

サンプルの再検査で、ロシアのユリア・チェルモシャンスカヤ(Yulia Chermoshanskaya)の検体からスタノゾロール(stanozolol)とトゥリナボル(turinabol)の禁止薬物が検出されたため、国際オリンピック委員会(IOC)はロシア代表チームから金メダルを剥奪していた。

金メダルに繰り上げられたベルギー代表のメダル授与式は、ブリュッセル(Brussels)で開催された今季のダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League)最終戦、メモリアル・ヴァンダム(Memorial Van Damme)で行われ、国際陸上連盟(IAAF)のセバスチャン・コー(Sebastian Coe)会長は「ベルギーのみなさん、おめでとう」と祝福していた。

また、ナイジェリアが銀メダル、ブラジルが銅メダルに繰り上がっている。(c)AFP






↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/09/17 23:40
コメント

管理者にのみ表示