すっかり忘れていたキム・ヨナの誕生日



ハッハッハ安眠用具ーーーーーーー!

いやいや失敬失敬☆

超恥ずかしいミステイクをしましたよ、ええ。

キム・ヨナの誕生日をどういうわけか9月20日だと思い込んでいて「日本で四人くらいしか覚えていないんじゃないかしらー」とドヤ顔でつぶやいてしまいました。

しかも「9月20日だから”苦(9)痛(20)は続くよキム・ヨナさん”と覚えるといいわよ~」とアドバイスつき。

きゃーーー!どうしましょwwwwww恥ずかしいwwwww

しかして「姐さん、9月5日ですよ」と教えてくださった方は「このためにWikipediaをわざわざ検索しました」と落ち込んでいらっしゃるごようす。

ああ!本当にごめんなさいwwwwwww こんな超どうでもいいことのために貴重なお時間と労力を浪費させてしまったわ!wwww

ということで「救(9)護(5)が必要、キム・ヨナさん」と覚えるといいわよ!と言われてしまうと脳内リソースをぶんどってキャツの誕生日が9月5日と刻印されてしまうと思います。やwwwめwwwろwwwww

いやはや、もうね恒例の「お通夜誕生日」も検索していない始末。

ぶっちゃけ不正採点さえやらかさなければクソどうでもいいんですよキム・ヨナなんざ。

誰が好んでマレー熊モドキを熱意をこめて注視したがりましょうか____

姐さんですらこのていどの関心ですよwwwwごめんなー不正女王wwww

いや、なにゆえオノレの恥を(恥なのかwwww)蒸し返したかと申しますと、先日とんでもない画像をみつけたからなんです。



画像出典は
「ぬこ@郁*花丸まんばはふわふわきゅるん」様でアカウントは「@monokuronuko」
https://twitter.com/monokuronuko/status/779618915760701440/photo/1

3dd6df4f-s.jpg


キムさん!これを履いて滑るといいわよ!wwwwwwwwwwwww

「たわし」のほうが高難度技術と美を兼ね備えた憎いあんちくしょうであり、練習をさぼりまくってマレー熊化したすっとこどっこいなキム・ヨナよりも圧倒的にうまいって姐さん指摘したけどさ、世間にゃこんな素晴らしブツが売られているのよ!wwwwwww

しかも2万五千円wwwwwwwwwwお手頃価格wwwwたわしつきの長靴と思えば「えーーー」と思いもしましょうが「スケート靴」と思えば「わーいブレードつきじゃん!」と大喜びのお値段据え置きwwwwwww

かつては日本人の技術者にスケート靴の調整を任せていたキムさんですもの!日本が誇る「たわし」と「長靴」の組み合わせ!これには飛びつくんじゃないかしらwww

ああ!惜しい!せっかくのバースデーに送ってあげればよかったわwwwwwwww

お困りの国開催予定の冬季五輪での華麗なる復帰のためのリハビリじゃなかった、練習用にいいんじゃないかしら!wwwwwww

実際お困りの国開催じゃ「出場していない競技で金メダル」だってありえるもの!

「出場していない韓国選手権で連続優勝」の実績のあるキムさんだったら「ボブスレーで金メダル」「スキージャンプで金メダル」だってありえない保証はナッスィング!
怖いヤバイまずいの三拍子そろったお困りの国!

でもこんな記事を出すと謝罪と賠償とお詫びの手紙を要求されかねないわね!wwwww

やだ怖いwwwwwwwwwwwwwww

ハッハッハーーーーーーーーーー☆

安眠用具ならぬ安全快速ーーーーーーーーー!!!!





↓ せっかくの素敵なコメントでもこれを無視しているのはざっくり消してますんで、ひとつよろしくです。

迷惑メール送信等のトラブルを防ぐため、コメント欄にはメールアドレスの入力をしないでください。
コメント欄にメールアドレスを入力したコメントと無記名コメントは削除します。

コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。

※ブログ管理人には後からの公開・非公開の変更はできません。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナが抱える多すぎる問題 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2016/10/06 01:39
コメント
記事に対して
いつもいつも 自分の応援する選手以外の
誹謗中傷 失礼極まりないブログですね
最低です 浅田ももう太りすぎてオワリだから
焦ってるでしょうか? 金メダルも取れなかったから
キムヨナさんに嫉妬してるんでしょうね
このブログを通報しましたので
No title
ひゃだ、ザイチカサマ、通報されたんですって??www
一体どこに通報したのかしら?〇央日報?www

それにしてもザイチカサマって慈悲深いわ。アタシなんか今のいままで、あの方の誕生日なんか記憶の片隅にもなかったわよ。しかも忘れないようにと語呂合わせまで用意してくださって・・・(涙)ザイチカサマのおかげで、来年こそは思い出すこともあるかもしれないわね(自信ないけど)

ところで、アメリカのどこかの州に『きむよなの日』というのがありましたよね・・・もうどこだったか忘れたけど。
八百長キムヨナ
キムヨナの何処に嫉妬を感じるんだろ?逆に教えてほしー!!
日本では絶対に報道しないけど、世界中で八百長と言われて落ち込んで、バッキバキに整形したのに鼻が沈んでボコボコになっちゃったから、整形しなおしたんですよ。整形やめればいいのに、顔が突っ張っちゃうから辞められない。

八百長してオリンピックで2度表彰台に上がったのに、それだけが支えだったのに、価値がないから、スケーターからもスポーツ関係の企業には全く相手にされず価値がなくなったもんたからミジメになっちゃいましたね。

どんどん惨めになるので見てられないよ。浅田さんは逆にキラキラしてる( ^∀^)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お隣の国で行われる、お誕生日会のお話
非公開コメントのSさんへ

コメントありがとうございます。そして貴重な体験談を教えてくださって本当にありがとうございました。
驚愕の内容です。
本当に日本人とはまったく相いれない感性だなと感じました。
お誕生日という特別な日にそのような対応を完璧な善意で相手に披露するというのは想像を絶します。
なんというか「種類が違う」というのが素直な感想です。

お友達のお名前の件も、Sさんのご感想とまったく同じことを感じました。

なんというか相手への配慮の中身に「優しい思いやり」が「ない」文化だなというか、そのようなモノの存在を知らないから養う必要性もないままに生きている人たちなのだなというかんじです。

いいわるいではなくて「そのような違い」を前提に、仲良くできるところは仲良くし、折り合えない部分は毅然とした態度で「できれば対等に」すごせたらいいのになと思いました。

日本在住の韓国人で、日本で子育てをしたいと希望され、ご夫婦とお嬢さんお二人で生活なさっていたあるご家族は数年前に「理由は言えないが帰国しなければならない」と旦那さんを残して三人で韓国に戻られました。
その前の晩にわざわざあいさつにいらしてくださった奥様のほうが「帰りたくない、ソウルは子育てなんかできる場所じゃない」と号泣なさったことを思い出します。

そのご一家はちゃんとした日本語を読み書き話し、穏やかに日常を過ごされていてよき隣人でした。

メールをするから、電話をするから、と奥様に申し上げても「日本人とのやりとりはしないほうがいい」と固辞されて、最後に手作りの料理をくださって、だけど涙が止まらないままずっと我が家で泣き続けていかれました。

何があったのか、今でも心配でなりません。旦那さんのほうはみるみるやつれて道で会ってもお店で買い物が一緒になっても何も話さないようになりました。

三人が無事であってほしい、と心から祈っています。

キムさんは先ごろ何か大きな賞を韓国国内で受賞されていましたが、お誕生日を祝ってくれるお友達がまだいるのか、ひとつ年齢を重ねたことを素直に喜べる心境でいるのかどうか、やはりどこかで気になります。

授賞式のキムさんは抜け殻のようにからっぽで存在感がなく、「残骸」という言葉が真っ先に思い浮かんだからです。

Sさんが書いてくださったようないたわりや配慮が、本当にありがたく嬉しく身に染みて感じられます。
そのような優しさがキムさんにもいくばくかはあるのだろうかと彼女を含め、かの国に思いをはせる毎日です。

みんながそれぞれに天分をいかし、光を放ち、ぞんぶんに生きられる世の中であるように、わたしはわたしにできること、やるべきことを続けていきたいと願っています。

美しく清らかな童話か寓話であるように、いただいたコメントを驚きと感動をもって拝読いたしました。

ありがとうございます。Sさんをはじめご家族様が健やかに愉快に過ごせるように祈ります。

ヌ〇プム体操騒動
ttp://www.excite.co.jp/News/world_g/20161122/Tbs_news_74892.html

●入りキムチとキムチ入り●の泥仕合って感じでなんかすごそうですね。

この騒動のついでに「真実」がポロリしないかなとwktkしてしまう私はいけない子です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示