中国アリババ、IOCとスポンサー契約




中国アリババ、IOCとスポンサー契約
2017年 01月 19日 20:47 JST
http://jp.reuters.com/article/davos-meeting-olympics-alibaba-idJPKBN1531MV

[ダボス(スイス) 19日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)は、国際オリンピック委員会(IOC)とスポンサー契約を結んだ。契約期間は2028年まで。両者が19日、発表した。

アリババは、米コカ・コーラ(KO.N)やマクドナルド(MCD.N)などが名を連ねる「TOP」スポンサー契約を結んだ。

契約金額は明らかになっていない。


五輪のスポンサーは開催都度「その五輪」にまつわるもので空隙期間にも設けたいぞよということで、TOP10スポンサー制度が設立されて日本からはPanasonicがすぐ入りましたね。
これは五輪期間外でも自由にシンボルとスポンサーでございと銘打てる権利だったはず。
その後10社の縛りのない契約ができたということですね。


確認のためにICOのスポンサーページにアクセスしたら、
怖えええええ
12社中、5社が日本企業ですよ。

https://www.olympic.org/sponsors


jos-sss.jpg

今見たらパートナー企業のロゴの下にでけえ花火が打ちあがっててワロタ
リオのあれか。

で、今はIOCとパートナー契約、という言い方をするそうな。ふむふむ。

日本企業のATOSのサイトには契約は2024年までとあるので、2028年までの契約のアリババのロゴもすぐ掲載されるのでしょうね。

なんか・・・自分にはなぜパートナー契約をするのかさっぱり理解できませんが、しかし12社中5社ってどんだけだまされ、いや電通すげえなあというカンジです。

このIOCマーケについては一言も二言もあるのですが、IOCは身内で利益をぐるぐる回す組織なので、すぐなんちゃら委員会とかなんちゃら運営ああたらこうだらを作り、しかもすぐ変更するんですよね。
ややこしいけど追っかけていきたいと思います。
あーーー。英語だけどがんばろうwww





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/01/22 23:16
コメント

管理者にのみ表示