実証できた「遠隔視」



姐さん個人の話なので興味がない方はとばしてください。ぬたうなぎの画像もないよ。

えー、感動に打ち震えておりますよ。

唐突な記事で申し訳のないことでございますが、本業のほうでめちゃくちゃ大きな進展があったので、自慢でございますよ(笑)。

世にいう霊感なるモノは、たいていそれを声高に主張するもののうさんくささとトンチキぶりに何やらべっとりとマイナスイメージがついていますし、実際に半分以上「悪」の印象を持たれていると思います。

ですがそのようなモノはある。でも、実際に使うとなると、自分の肉体と精神をこえた「第三者」を使役することになる。その相手がだれでどういうことを依頼したかがわかっていればお礼なり感謝なりできるのですが、無自覚無意識に連動させて使ってしまうと後で取り返し・揺り戻しがあることが多いのです。

だから言い方として大宇宙をめぐる気を自在に取り込んで施術するから大丈夫!と主張する気功師(特異気功の身体治療などですね)が突然死したりするわけです。取り立てにあう。
なぜそんなおっかないことをおっさんたちはするのだろう?というのがコドモ姐さんの素朴な疑問で、「ヤクザにもの頼んでおいて知らんぷりなら百倍返しで食いつくだろうよ」とずっと不思議に思っていました。

心霊、神仏をヤクザ呼ばわりもどうかと思いますが、礼に始まり礼に終わるのはいっしょなんです。霊だけに。

陸上でいうと遠隔視は100m走で霊視はリレーなんですね。「何を動かしているか」把握できないままバトンを渡すとあとで返しにやってきます。ここでみんなつまづいている。
「拝み屋の末路は悲惨」という言い回しはそこを示していると思う。

あと嘘をついている自称能力者はみんなデブです。肥え太った自称能力者には要注意。本当に尊いものとダイレクトに接触していると肥れないです。アブラミ不要。このジャンルに限ってはデブはダメです。

そして「では自分で全部完結できてだれにも迷惑をかけない『方法』はないものか」と思ったときに「あるじゃん、万人に共通の野生の勘が!」と実にシンプルな答えにいきつきました。

つまり、わたしたちはお店に行ってりんごを一個買うときも、色つやや形や鮮度や味わいをよくチェックして一番いいと思ったものを選び取るじゃありませんか。そもそもどのお店に行くのか、あるいは農園に直接とか、実店舗なのか通販なのかとか、選択肢はたくさんある。
その中で今の自分の状態に一番みあった「適切なもの」を「自然と」選び取るわけです。

その機能は全員にある。腐ったものをできるだけ食べないとか、ヤクザはなるべく怒らせないとか(笑)、生きていくための知恵、工夫はあるていど全員が持っている。
そして後天的な学習で備わったものと損なわれたものがある。
損なわれている部分はおいといて、現在ただいま万人が生きていくうえで使っている「それ」を使えばいい。

ということで、以前にも遠隔視のセミナーを何度か開いてきましたが、全員にわかるように伝える技量がまだわたしのほうで用意できず、方法はいくらでも伝えられるけれども、個々人の努力にゆだねすぎている部分が多かったと思います。

そこを改善したくてずっと自分で実習を続けてきた。そしてついに「絶対に遠隔視を実証できるやり方」が確立できたのが2月2日でした。日付はすごいねフ(2)ーフ(2)ーと覚えてください。いやそれはいいんですがw

ただしパーフェクトな実験結果を出すための条件が2個あります。
(1)「日本語」をあるていど使える人
(2)実習後に「姐さんなんかバーカバーカ」と態度で示すのはいいんですが(いいのかw)、「やり方」を学んでいる間はできるだけ素直になっていただくこと。

時間にしてまあ30分から1時間あれば全員が「わたしは遠隔視ができた!」と確実に実感していただけます。

これ、ほんとにすごいことで、人類の歴史を変えられるなあ、少なくとも日本の歴史は変わるなあと思っています。

だって「本当のこと」をお互いが一発で見抜きあう、わかりあう社会になるのなら、嘘も偽りも通用しない。
嘘を通用させる理由がない。

また、「他人の真実」を実習で扱っているようで実は「自分自身の真実」を見つめ続けているわけで、「わたしとはどういう世界観の持ち主なのだろう」「どういうふうに物事を受け止めて解釈しているのだろう」というはっきりとした自分像が嘘偽りなく見えますから、姐さんがいつも言う「まず自分が何をしているか」を自分でチェックしていくことが可能です。

「自分が何をしているか」とは、自分がどのような「ものさし」で相手をはかり、自分を区切り、アクションを起こすための目安に採用しているかということで、これがわかっていないとどこにいってもトラブルになる。握手しようと手をさし出しているのかいきなりブン殴ろうとしているのか自分で自分がつかめていないと収拾はつかないです。
殴られるのは誰だってイヤだもん、そりゃ避けたり嫌われたりするよねえ。
握手しようよ、仲良くしようとしている「つもり」だと食い違いが起きますから必ずトラブルの火種になります。

今のところ実習を受けた方が100%「できた!」と実感してくださっているので、けっこう自信になっています。

長かったなあ。自分自身の、事象の言語化能力と、伝え方も時間をかけて育てなければいけなかったのだなあ。
わたしは最初から「こんなの当たり前じゃん」と思っていたので何をどう伝えたら「その人」に伝わるのかわからなかったのかもしれない。

もうこのブログを見ていない人も多いでしょうが、かつて遠隔視に興味を持ち、実習に参加してくださった方たちの存在あってこそですね。
今なら一度に百人でも千人でも教えられるし絶対に全員が「できた!」にもっていける。

こんなに自然に無理なく無駄なく。

これに関してはわれながらすげーーーと思います。そして更なる探求は続くのだった。人の心の模索については飽きないし楽しいし面白いので「これ」が自分の適性職業なのだなあと感じます。

さらに「そういう目」で見る浅田真央の演技の想像を絶するものすごさ。
不正採点の闇の深さ。

「途方もなくすごい」とか「絶対おかしい」という「その感覚」こそがすべての基盤だということ。

さらにはたとえば未知の第三者の「真実」を読み取れる理由としては「全員が本当につながっているから」という驚異の事実。

謎は尽きないです。だからやりがいがある。だから面白い。

姐さんは2月2日にやっと「ああ、こういうことなんだ。真央ちゃんは面白いからフィギュアスケートを極めようとしているんだ」と実感できました。
「真央ちゃんは本当に楽しんでいるんだな」と。

採点や順位はどうあれ、真央ちゃんはやればやるほどリンクにおいて「自由」になる。やりたいことが増え続け、練習するから努力するからできることも増大し続ける。だから自由に羽ばたける。

だから続けられるんだ。何があっても。

すごいことだ。本気で楽しいと思っているんだ。

「こういうことだったんだ」とわかりました。別に真央ちゃんの心をのぞいたわけではなくて、自分が一生をかけて追及すべき対象は「面白いもの、興味が尽きないもの、知れば知るほど広がるもの」だったのだ、と。


うーん、こんな状態だからこそ自衛隊から話がこないかなあ。お伝えするのになあ。一度に千人でも二千人でもOKだけどなあ。

一切の修行無用、お経も座禅も祈りも不要、生き物が本来持っている機能を「言語化」するやり方さえ一度わかればあとは自分でいくらでも深めていける。

そうするとこれまでの偉そうな自称能力者っていったいなに?ということになりますね。姐さん刺客には気をつけなきゃwwwww

そんな2日以後の姐さんでした。

節分から節分で一年を区切っているので、自分のおおみそかの前の日にかけこみでこんなすごい出来事があり、そしてお年取り、新年と、ニッポンの夜明けは近いぜよ!と感動しながら過ごしています。

感動って大事だ。「できる!やれる!」という確信こそが「できた!やれた!」につながっていく。

肉体年齢は半世紀にならんとしていますがいつだって「ときめき」という心の震えはありがたく嬉しく尊いですなあ。

ああ、続けてきてよかった。

あと実習を受けた人はきっと姐さんがあれこれちょっとくらい威張るのも許してくださると思うなあ。「おっさん何やってんだ」と、犬が自分のしっぽを追いかけてクルクル回っているのを「アホちゃうん」と眺めているこの辛さwwwww
「回るわーずっと回り続けるわー」と思っているこの情けなさwwww
「え、おまえまだ回ってるの」という残念さwww
「あたいが四度生まれ変わる間もおまえはくるくるか」という衝撃wwww

くるくる回っていればそれが修行だと勘違いしている。一歩たりとも前進していないけどそれでいいのかwwwww

という呆れ、「全部嘘だったんじゃん!という怒り。
この感覚を共有していただける方が増えていくのが実に楽しい。

実習を受けた方は「こんな簡単なことだったの!?」とショックを受けるだろうし「じゃあもってまわった言い分とかお経とか修行とかいったいなんだったのよ!」と思うはずだもん。

あと「日本語すげーーー!!」

わかってなかったのよねーみんな。テヘペロ

で、ここで立ち止まって自分を権威化すると終わりなのでわたしもまた先にどんどん進んでいきたいと思います。
ああ楽しい。

そんな近況報告でした。

軽快に電波ものぶりを発揮してごめんだよwwwww





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
あんたたちもっと健康になりなさいよ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/02/04 10:53
コメント
すげー
遠隔視って言葉がワクワクしますー✧‧˚
楽しみにしとこう⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝
関西、特に神戸においでください!
姐さま! ぜひぜひ全国ツアーを‼
あっつうーい心でお待ちしております!
No title
ご無沙汰しております。
うぅ。。。情報に乗り遅れました。。。涙

ぜひまた開催してください!!!
よろしくお願いいたします。

姐さん、寒さ厳し器おり、ご自愛くださいませ。
おやおや
証拠もないのに信じ込んだらダメですよ皆さん!嘘かもしれないですよ!
この記事は姐さんの「自称」ですからちゃんとチェックしてからすごいと言わなきゃいけません。

でも姐さんは証拠を出せますけどね。

ここまでくるのに6年かかりました。長かった。
だけど実現できました。
これも実証実験に参加してくださる皆さんのおかげです。

そして本人の備えた「野生の勘」が無理なく自然に動いていれば世の中はもっと明るくなるし人生はもっと楽しくなる。

いるべきときにいるべき場所に自然にいられて、害されることもかわせるようになる。

もっと自由に生きられる。

そう思っています。だから姐さんこそがまず第一にそれの実証者でなければいけない。

これからもがしがし前に進みます。

神様、わたしが生まれてきた意味を教えてくれてありがとう。
わたしは証明できるところまで歩けました。ありがとう。

Re: 今
にゃん吉さん
コメントありがとうございます。

メールアドレスを誰もが見られる状態でコメントを書いてくださっていたので、もとのコメントは消しました。
迷惑メールなどがばんばん届くといけないので。このブログでは公開コメントにメアドが入っていたら問答無用で消しています。ごめんなさいね。

> いつも記事を読ませていただいてます。
> 舞ちゃん&真央ちゃんのファンの1人です。

ありがとうございます~後で読み返すと気恥ずかしいことばかりですが好きなもんは好きなんじゃ!の勢いだけで書いています。てへ☆

> 今ちょうどテレビで遠隔視のことをやってましたw かつてCIAに雇われていた方を取り上げつつ、人間なら誰でも持ってる能力だけれどそれを覚醒させてるかさせてないかの違いだとか能力の大きさの違いだとか。姐様の記事を読んだ後だったのでタイムリーさに驚きました。

おーー。アメリカはロシアと中国をおそれるあまりに超能力研究先進国だったですからね。ただいけないお薬を併用しようとするのがいただけません。自国の職員にだまって覚せい剤を投与して大問題になったりしてましたし。最近まで泥沼裁判を続けて思いっきり負けてましたよね、国が。

> 真央ちゃんは楽しいからやってる。
> 姐様が確信もって書いてくださったのでなんだかうれしいなりました。

うん、これだけは断言できる。楽しくて面白くてスケートが好きで好きでたまらない。だから続けられるしだから進化できる。

真央の未来は無限大。あの方はどこまでも極め、極め、極め続けて、「人はここまで到達できる」という人類のお手本になる人です。もうそうなっちょるww

管理者にのみ表示