好きこそ、無敵



住生さんのキャッチコピー

(フィギュアスケートが)好き(だから)こそ、無敵(の練習量の浅田真央)ってことですかね。

ソチ五輪、終わってみたらあれは真央の大会だった。

本当に努力したのは誰だろう。
本当に記憶に残る演技をしたのは誰だろう。

真央のもの

真央は選手にできること、すなわち「努力し続ける」ことにひたすら邁進していた。
愚直なまでに練習していた。

mk7_20170308000643328.jpg


キムはもういっぱいいっぱいでしたね。

いっぱいいっぱいなキム

「ただ転ばないでいる簡単な動作」で絶対的な高得点が保証されているんですから、そりゃあ練習なんかしませんよ。
だから劣化する。だからダメになる。当たり前の話です。

ソチ五輪前のフジテレビの「悪意」は異常でした。
日本人選手をサゲるために、ISU国際B級試合という、グランプリシリーズよりは全然格下の試合の点数をもってきてこんな風に報道した。

20150406013839ca5_20170308000935c8c.jpg

普通の国なら起こらない。なんでわざわざ悪意ある印象操作で自国のエースをサゲるのか。
それをまた推奨していた日本スケート連盟。

所属選手の背中を撃ちまくった日本スケート連盟。

JOC経由で国民の血税がぶっこまれているんですが、納税者に顔向けできない「してはいけないこと」をやりまくっていましたよね。
どれだけの「利敵行為」がなされたことか。
そしてそれは今もなお。

たったひとりで戦わせてしまった。真央。苦しかっただろう。

C5HcUbuUMAA31R4.jpg


だけど、これが敗者の顔だろうか?
負けた人間の表情だろうか?

なみだ

私は、真央こそが勝者だったと思っている。

なぜなら彼女は自分との闘いに打ち克った。
団体戦と、それに続いた個人戦のショートの出来とから、もうフリーには出てこなくてもいいよと思わず知らず言いたくなるほどのあの逆境の中で、真央はフリーを滑り切り、そして自分に打ち克った。

血反吐を吐くほど練習するから、一切を顧みずに努力をするから、だから「できた」ときの嬉しさは爆発的なものなのだろう。
超一流の人間だけが到達できる、高山の頂で見る金色の日の出なのだろう。

キムは違う。バンクーバー五輪で「簡単だった」と言い放ったこの人間は全然違う。
メダルも何も本来ならば「失格」していた人間なのだし、「ただ転ばなかっただけの簡単な動作」で絶対的な高得点が約束されているのなら練習なんかしないだろう。

キム陣営はバカなのか世の中をなめくさっているのかその両方なのか知らないけれど、二度の五輪期間中、こうして堂々と「五輪憲章違反」と「五輪倫理規定違反」を行っていた。
だから「失格」で当然なのだ。

CN-VoN4VAAAPAT4_201703080016486a2.jpg

「そうしなかった」のはなぜだろう。ほかのもっとどうでもいい利権がらみのあれこれで選手があっさりと失格させられたり、スポンサーが抗議されて配慮を要求されているのに「韓国だけが」おとがめなしなのはなんでだろう。

理由はただひとつしかない。韓国とIOCの癒着、そして韓国とISUの癒着だけ。



「できないことが、できた」とき爆発的な歓喜を味わえる真央は幸せだ。

CzZfPkVUAAEcV0f.jpg

それはまっとうなアスリートであることを意味するから。
それは「正しい努力」を意味するから。

けれども真摯な努力、正しい努力、血を吐く努力が「正しい採点」で報われないなら、そんなスポーツには意味はない。
確実に未来もないだろう。

あとは採点を正すだけ。

本当に、それだけだ。

大人たちがどれほど薄汚れた我欲にまみれて争いを続けていたとしても、
真央だけは、
星を見上げて努力している。

C6UnUuUUoAAnc6Q.jpg


ピアニストの辻井伸行さんは浅田真央のファンだという。「真央ちゃんは美しい人だと思う、滑る音が美しいから」と話しているのを見たことがある。
彼は盲目の音楽家。彼は盲目の演奏家にして作曲家。
ずっと変わらず「好きな人は、浅田真央ちゃん」と彼はいう。
目が見えない人を変わらず魅了する演技を真央はずっとしているのだ。
そしてそんな真央の美しさを辻井さんは精緻に正確にキャッチし続け、そして「好きだ」と言い続ける。

ひとつのジャンルの芸術家から別のジャンルの芸術家に送られる、世にも尊い賛辞ではないだろうか。

辻井さんもすごいが真央もすごい。天才は天才を知るのだろう。

そしてISUはこの期に及んで「浅田真央にだけは点を出さない」という姿勢を崩さない。

間違っているのは誰だろう。

行いをただすべきなのは誰だろう。

真央ではない。絶対に。


あとは採点をただすだけだ。わたしたちも星を見よう。そして努力し続けよう。


C6UnUuUUoAAnc6Q.jpg



その先に歓喜がある。この道の先に光がある。

きたるべき「その朝」に向けて、わたしたちも各自がんがん輝こう。真央にだけ頼っていてはいけないから。


好きこそ、無敵。


正念場は、今もなお。




※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/03/08 00:30
コメント
スケート
私は「浅田真央」と聞くと、スケートを連想します。
浅田真央さんは立派な人、応援をしたくなります。
観戦チケットの値段は高いのでしょうか。何も知ら
ない素人な私ですが、それでも観戦をしたいと思う
のです。

管理者にのみ表示