「子孫のために」(ねことフクロウさん編)



これは皆さんにも御覧いただきたいなと思いました。

ねことフクロウさん、コメントありがとうございます。
また、パブリックコメントの意見表明、おつかれさまです、ありがたいことです。

> 去年産まれた、初孫の為に。

おおおお!おめでとうございます!お健やかでありますように!!!

> この可愛い子が反抗期になって、「このクソババァ」と言われた時に、「罰当たりが!」と胸張って言えるように。
> 今、この子が毎日顔を真っ赤にして、寝返りの練習をしているんですよ。凄く頑張ってる。その十分の一でもババも頑張らないと。

そうですよ、われわれは年齢的に一足お先にその方の「ご先祖」として恥ずかしくないふるまいを、生前も死後も要求されるんですから。
胸張って「わしゃぁ、やりきった!悔いはない!」と死んでいって神上(かむあ)がっていかないと!
その意気やよしでございます。尊敬します。

> 最近の絵本には、吃驚しました。
> カチカチ山なんて、みんなで仲良しこよしなんですよ。
> 「恐怖」と「教訓」は昔話の肝だと私も思います。
> 善意で施しをしても、用心は大事なのよ。
> 怖い人もいるのよ、ババァ汁になってしまうよ。とね。

そのとおりです。世の中は不公平だし不平等だし不条理です。
昔話なんてうわっつらのいい顔だけじゃ話にならんよ、という深い話じゃないですか。

怖いモノは無数にある、だから負けたときどうするか、負けないようにどうすべきか、負けちゃった者の取り扱いをどうするか、学ぶ一番のチャンスですよ。

> 絵本では悪者は改心します。って教えて、現実では、悪者は責任能力が無かったので、罪にも問えません。って、悪い冗談ですよねぇ。

いけないですね。だって「善」と「悪」は人間が決めるものですから、そのときどきで変わります。

昔話は人間の魂の歴史ですから善悪を超えた圧倒的な「揺るがない・かなわない・変えようがないナニカ」を描写している。
それを変えたらダメですよ。
人体実験がまだすんでいない謎の人口合成物みたいなものですから、魂にアレルギーが起こります。

姐さんは読み聞かせをするときはこどもをがんがん泣かせることを目標にしていますよwww
京極夏彦さんと同じです。「怖がらせてナンボ」ですよ。
怖いこと、恐ろしいこと、罪なことなど世の中にはいくらもある。
だけど「でありながら」強く生きていく道も人間にはあるんです。

真央ちゃんがお母さまを亡くされたとき、それでも全日本を欠場せず、慈愛の化身のような舞を見せたとき、全国のちびっこたちは「どんな悲劇が起こっても人は強く正しく美しくあることができるのだ」とはっきりと理解したでしょう。

こどもにとってお母さんは全世界です、宇宙です。そのお母さんがいなくなる。こんな恐怖があるでしょうか。
姐さんのまわりの小さい人たちもみんな深甚な衝撃を受けていた。
「真央ちゃんかわいそう、真央ちゃん大丈夫かな」と泣きそうになっていた。

一途に純粋に小さな心いっぱいに真央を応援するちびっこの前で真央ちゃんは「生きていけるよ、何があっても」と証明してくれた。
彼女のように立派なお姉さんをロールモデルにできる日本のおちびさんたちは幸せです。
同時にわたしたち大人たちも。

真央からは無限に学ぶべきことがある。わたしはそう思います。

真央を嘘をついておとしめる者たちと今回の信じられない改悪の根は同じだと思います。これは打ち砕かなければなりません。

まあ学校がどうあれわたしたち大人がしっかりして「ちゃんとした歴史的事実ならびに神話としての魂の真実」を伝えていくべきなのはいくら時代が変わろうと揺るぎませんね。

今回のことで逆に「じゃあ聖徳太子ってどんな人?」とちゃんと思うことができた人は、ご自分でどんどん調べるだろうし「すごい偉人じゃん!」と思えた人はそれだけ興味を深くなさるでしょうし「こんなすごい人を卑小化して一体なんの得があるの?」と疑問を持たれるでしょうし、「他にも改ざんされた歴史もあるんじゃないの?」とどんどん先に進むでしょう。

わたしたちが戦後七十年かけて奪われたものは大きいんですよ。
もちろん改善されたことだっていっぱいあります。よかったこと、すばらしかったこと、こうなってみんなのためになったなということもある。
けれども忘れてはいけないことを忘れさせられ、奪われてはいけなものを奪われて、「何を忘れさせられたのか、何を奪われたのか」を考えることすら取り上げられた。

忘れてはいけないこと、それはわたしたち日本人の心の歴史であり、魂の真実です。つまり「神話」です。

よく『古事記』と『日本書紀』の中身を軽く否定なさる向きもあるのですが、だとしても「ご先祖の記録」であることは間違いない。また現存写本よりもなお古い、もっと確実に往時の姿をとどめたものが出てこないとも限らない。

史実をとどめていない部分はなにゆえにそう言い切れるのかを検証し、史実は史実として認めながら、われわれの「魂の歴史」である側面も大事にしていかなければいけません。

その識別手段も含めて、わたしたちは奪われてきた。

でも、削除されたわけではない。手立てはある。

こんなブログでも、どなたかひとりでもいいから「本当はどうなんだろう」と考えて「自分で」検証をはじめる人がいてくださるのなら、続けてきた甲斐があるというものです。

わたしたちは「日本」と「日本人」を本気で存続させるための、戦いを続けていかなければならない状況においこまれている。

日本は「戦時下」にあるのですよ。こんな文化侵略を受けてそれでも黙っているのなら日本は本当に終わります。


先日、Twitterで気分よく愛子女帝だ男女平等だ女性差別だと吠えているアカウントがあったので「質問」をしてみました。

これだけのありがたいお言葉をぶつけてくる方なので、さぞや日本史にお詳しいかとわくわくです。
白鳳や天平が列挙されていないのはなぜだろ、とかも聞きたかったw

勉強しろ

そうしたらただちに逆切れされてしましましたが、わたしはただ「飯豊青皇女についてどうお考えですか」と訊いただけです。この方は史実からはほとんど無視されていますが、男系男子の即位がなかなか決まらないときに即位した、と昔は言われていた方です。
女帝としては推古より前に、この方と神功皇后が「女性でありながらほぼ天皇位」と同等の働き=役割をなしたとされていた方なんですね。
だから愛子さんを即位させたい側の人間だったら目の色を変えて「過去の女帝」一覧に追加したいはずなんです。
だって今上で125代とされる皇位のうち、女性は(現在は)十代八人と言われている圧倒的少数派です。過去の女帝はひとりでも多くカウントしたいと思うのが、「正当な歴史的史実を根拠にする」「科学的・学術的態度」ではないのかと、わたしは重ねて訊いてみました。
もちろんなぜ皇女の名前を出したかも説明してです。

ところがそのアカウントの持ち主はわたしに対して「質問してくるな!おまえの脳内にある不思議の国ニホンの話を勝手にしろ!」とぶち切れてしまいました。

たぶんご存じなかったんでしょうね。せっかくあちらにとって論拠になるいい例を出してさしあげたのに(笑)。
おかしいな、感謝されこそすれ逆切れをカマされるいわれはないぞ。

その方は普通の学校教育を受けて新書を読んで勉強しなさったそうです。
で、山川の参考書はいいと言ってきたので「わたしも持ってますよ、カラーで見やすいですよね」と返したらなんか態度が変わってしまった。
それまで気持ちよさそうに「おまえは無知だ不勉強だ日本史を知らない愚か者だ」と吠えていたのに。
なんでだろうー。

勉強

そしてそのアカウントは今日も気持ちよさそうにおまえらは無知だ不勉強だ日本史をもっと勉強しろと吠え続けています。


姐さんは喧嘩したかったわけじゃないんだけどなあ。
「日本国憲法を変えてまで」なぜ愛子さんを即位させなきゃならんのか教えてほしかっただけなんだけどなあ。

そもそも愛子さんが帝位につくためには存命の男系男子の継承権者を全員ぬっころさなければいけないわけで、それに愛子さんに資格ありと憲法を変えた場合、愛子さんより年長の麗しきおふたりの姉妹も自動的に有資格者になるわけで、そのへんはどうするつもりなんだろうか、というあたりもうかがいたかったんですよねえ。
日本史の自称スペシャリストらしいんで何か奇策があるんでしょうか。気になるじゃないですかwww

国会での蓮舫氏の態度とそっくりなのが「なるほどねえ」でした。

でも、学ぶべきこともありましたよ。あのアカウントを見ていたら「ああ、まわりからしたらわたしもこう見えるんだろうなあ」と大変反省いたしました。微妙におねい口調でえらそうなのも非常にアレでわたしまでちょっと恥ずかしくなるような言い回しで。
ネットに慣れてないのかも。
ほんと気をつけよう。根拠のないことを言い散らすのは「妄想大爆発」ですから。
できるだけ峻別していこう。今よりももっと。と思いました。

ただ逆に自分だったら「えっなんですかその人は!教えてください!」と食いつくだろうから、そこだけは違うと思います。うん、やっぱり違うなあ。「東大寺のアレが根拠っすよね!」くらいは出すだろうしな。好きだから。

で、わたしはこの皇女が大好きなので、というか皇統のゴタゴタってあとから見るとたいそう趣深いので(うわー超配慮した言い回しーーー)左翼の皆さんがもっとこのへんに食いついて調べ倒して新しい論文発表なり皇位の順番変更なりちゃんと科学的・学術的態度で「根拠を出して」世の中に広めてくれればいいのにと思っちょりますが、どうも誰もやってくれない。

おかしいな、もっと食いついてもいいのになwwwそれともわたしが無知なだけで左翼御用達のニホンサゲサゲマンのえらい学者先生とかがナニかおっしゃってますかね?
そうしたら「へー、そうなんだ~」と楽ができるのにwwww
誰も古い史料を京大に見に行ったりお宝文献をしまっているお寺さんに見学に行ったりしないのかなwwww

あれだけ大声で主張しながらなんで根拠を出さないの?と姐さんはポカーンです。まあそんなもんですよ。そんなもんが「日本国憲法を変えてまで」わけのわからないことを通そうとしているわけです。

一体誰が本気でわが子孫のためになることをしているのか?

見極める目が必要ですね。本当に。

「見極めよう」と決めて、そして実際に動き出す人が必要ですね。

ほんと、繰り返しになりますが今の反日マスメディアが攻撃する対象ツートップが安倍首相と浅田真央ですからね。

ということは、という話です。


ねこふくさん(ひどい略称www)、感謝申し上げます。日本を、未来をよろしくです!





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/03/10 03:06
コメント
歴史にうとい
いま、ちまたでは皇室の小難しい話してるじゃないですか。
女系と女帝は違う、とか
男系の中に八名の女性がいたとか…

歴史の時間は、鼻くそほじってて全く日本史に疎い私ですが、
いま、このとき、
これは大変な節目になると思っています。

まず、現在の皇太子とその妻が
私のように歴史嫌いな人間にも
危険、危険とレーダーを発してます。
みんなに知らせたいけど、知らせる術がない。
ああ、悔しいです。
Re: 歴史にうとい
たまきさん

コメントありがとうございます。

日本の神々が出した結論は「皇統は弟宮に移し日本は永遠に栄えていく」というものですから、あとは「人間が」「人間のルールにのっとって」粛々と営みを送るまでです。そこは心配しなくても大丈夫です。

ひとつ提案があるのですが、「日本史」の中から「好きになれそうな人」を見つけてごらんになるのはどうでしょうか。
誕生日が一緒、でもいいし、出身地が近い、でもいいですし、「この天皇はわたしと同じ趣味があった人なんだ」でもかまいません。
その人について調べていくと、自然とその時代の文化風習人間関係、くわしくなっていくものです。

現在の日本史の授業では、「人間の生きた暮らしの積み重ね」の実感をもって生徒に教授できる人がそれほど多くないのかもしれません。
暗記させて、テストでよい点を取らせる先生が「よい先生」だからです。
また生徒が家で自殺しても先生の査定には響きませんが、学校内でいじめがあると先生の評価が下がります。

校長が記者会見でがんとしていじめ(この言葉は軽すぎて実態を表していないので変えたほうがいいですよね)を認めないのはそのせいです。
もらえる年金の額が変わってしまう。

わたしたちには、知的好奇心という武器がある。まずは好きな人、好きな時代、好きな出来事を自分自身に引き寄せて調べてごらんになることをおすすめします。

ちなみにわたしは「理不尽に不遇な人」がかわいそうで気の毒なので、そういう天皇や武将や芸術家をみつけては「おのれなぜヒュパテイアを殺したか!」とか「淳仁天皇カワイソス」とかいまだに怒っています。


現東宮夫妻、というか親子についてはもう少し時期を待ってください。自業自得の法則は皇室の皆さんにも例外なく発動します。
こちらにまで
丁寧にありがとうございます。

ほんとにそういうとっかかりがあればスルスルッと入っていけそうですね。

ただ、悲しいことに不遇な歴史上の人物と言われてもピンと来ない程の歴史オンチでして。

少し興味があるのは「大奥」ですので、そこからじわじわ入っていきますね。
うふっ
Re: こちらにまで
たまきさん

コメントありがとうございます。
いや、わたしが不遇な人が好きなだけで、しかもほぼ全員不遇といえば不遇ですのでひとつの例として。

カッコいい大奥の登場人物といえば吉屋信子の『徳川の夫人たち』のあのお方なぞいかがでしょうか。
吉屋文学、大好きですぞい。
さっそく
おおお、ありがとうございます。

雲をつかむような話で、正直入り込むスキマさえ見つけられませんでした。

早速、図書館にて借りてきますね
(買えるほどの懐状態ではなくて…
金食い虫の大学生がいます。しかも留年しました。ぐすん)

管理者にのみ表示