三浦小太郎氏の講演会を開催します



素読のこと「素うどん」のすどくって言ってしまった。そどくですそどく!恥ずかちいいい。

「運動」はコワイ。
どんどん先鋭化、過激化しますから世間様からの支持は得られなくなりますし、どこかで「共食い」が始まります。コワイコワイ。

ということで決まりました講演会!

フィギュアスケートブログのはずなのにちっともソレが出てこない!とお思いの諸姉諸兄よ、そうでもないつもりですぞい。「問題の根っこ」は全部一緒なので、どれかひとつをたぐりよせたらズゾズゾズゾーっと全部こっちにめがけてやってくる。怠惰と無関心はこの先は死ですぞい、と申し上げると恐怖であやつるカルトみたいと姐さん言われちゃう___どっとはらい。

来てください、皆の衆。

2017年4月23日(日) 三浦小太郎氏 講演会

荒谷先生の講演会のとき、入り口で一礼なさって歩みを進ませる、その「姿」でみんな度肝を抜かれていた。
「邪を祓う」ことこそ武士道だとおっしゃるその主張を「実際に生きて見せる」その姿にみんな驚愕と驚嘆を与えられた。

美しかったですね、あの姿。見ているだけでこちらも背筋が伸びて呼吸が自由にできるような、清爽の気が満ちていた。

荒谷先生から以前、「今度演武をやりましょうか」とおっしゃっていただいていたので(先生!忘れた日はございません!ぜひ実現させたいです!)そちらも皆さんお楽しみに。

今回はO-ENNで主催したセミナーで講師を引き受けてくださった伊藤さんや荒谷さんのこともよくご存じの三浦さん、三浦先生をお迎えしての開催です。

基本的にわたしがものを知らないのであちらこちらで実によくべっくらしている人間ですが、今回もほんとにべっくらしたし、「これは皆さんにもぜひ!」と強く思っておりました。
告知ページのほうで長々と書いてしまいましたが、今だからこそ絶対に三浦さんのお話を聞いておくといいよ、という気持ちでいっぱいです。

歴史の生き証人に取材したナマの声、驚きました。
それからトリッキーですらある、けれどもうかがってみると「それだ!」という新鮮で斬新な、でも「本当はそうだよね」という視点からの提言など、本当に「よし、やろう」と思えることがたくさんありました。

三浦さんは「両者の言い分」を実に正確に調べ尽くし、そして誰も傷つけない方法で事態を収束するアイディアを持っている。
それを採用するかどうかは各自に一任されますが、少なくともお話しした範囲では「この人なんでこんなに優しいんだろう、保身だけじゃない、だってこんなキツイこと、ずっと続けながらもちこたえているって普通じゃないとべっくらしました。

なんというか、スターウォーズでいうダークサイドによく落ちずにもちこたえてくださったなあという感じです。

だってさ、「政治」とか「外交」とか「人権問題」とか普通だったらデカくて怖くて逃げたいじゃん。なかったことにしたいじゃん。
とくに「政治」なんてもうこの世で一番ヤな仕事だべ。本当のことが言えないんだよ?姐さん死んじゃうwww

嘘と裏切りと策謀と絶望しかないような混迷の中に自分からつっこんでいってちゃんと生還してきている。筋は通す。

そしてオブザーバー的な立ち位置からものごとをご覧になって、最小限の言葉で最大限の形容をずばっとなさる。
当事者になっている場合は該博広大、大量の引き出しからどんどん物証を取り出してくる。

すごい、と思います。

謙虚な方です。いろいろな方のお名前を出されてこの方の話を聞いたほうがいい、講演会をしたらいいとアドバイスをしてくださいました。
無知なわたしはまず離乳食から食わせてくれ、いきなりカツオブシとかどんと出されても誰も噛めない、とお願いしました。

三浦先生はわたしの見せる「なンにも知らないけど平気で生きてきました!」というようすにさぞかし驚かれたことと思いますが、紳士的に言葉を選んでわかるようにお話をしてくださいました。

そこにまた平気でひどい提案やとんでもない質問を繰り出したのは酒のせいではなくて普段からああなのであきらめていただくとして(本当に申し訳ありません)、今回も質問の時間を多めにとります。

普段、ネットなどで言われている「それほんとなの?」ということや「誰がどうしてそういうことを書いてまわるの」とかも、この際どんどん質問なさったらどうでしょうか。わたしはするつもりです。

「なんで政府はこんなに弱腰だったの」「あの国会どうなの」とかも。
「蓮舫はなんで死刑にならないんですか」も聞きたい聞きたい。法整備ーーーー。

そして荒木先生への思いがわたしと完全に同じでした。荒木先生のすべてを知らずとも「三浦さん、はたから見ているド素人でもそのように感じます。想像を絶する重荷を自ら耐えてそして希望を失わない。けだし現代の偉人と存じます」と。
その一点だけでもわたしは、三浦さんから学ぶべきことはめちゃくちゃあるし、「聞くべき人」だと判断します。

御多忙な方なのによくぞ引き受けてくださった。本当にありがたいと思います。

スポーツのこと、五輪のことも、わたしがぐだぐだと記事をいっぱい作るより、三浦さんの一言のほうが「伝わる」し「事実」ありのままだなあと思いまして「やっぱりプロは全然違う!」と『諸君!』や『正論』にどしどし健筆を奮っておいでの三浦さんに「ガチ勢のすごさ」を感じて心の中で1秒ごとに土下座していました。

「言葉で戦ってきた人」のすごさの中身をぜひ皆さんにも味わっていただければと思います。

それとめちゃくちゃお話が面白いです。顔が痛いくらい笑いました。笑っちゃいけないのに笑ってしまうwww

三浦さんの余裕というかたっぷりした心はすごいです。母性的ですらある。

楽しみです。嬉しいな。


2017年4月23日(日) 三浦小太郎氏 講演会





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
三浦小太郎氏 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/03/14 14:19
コメント
姐さん、ごぶさたしております
三浦小太郎さんの講演会を開かれるとのこと、姐さんの企画力・行動力はほんとうにすばらしく、心強い限りです。
三浦さんはチャンネル桜の討論や他の番組でも何度もお話を聴いたことがあります。
お話もおもしろく、ほんとうにすばらしい方ですよね。

真央ちゃんの苦労を無駄にしたくない、バンクーバーの金メダルを奪還したい、と思って行動していくと、どうしても政治的なことになっていきますね。

私も仲間たちと名古屋で戦っています。
今、いちばんの案件は名古屋市でも大阪・川崎に続いて「ヘイトスピーチ規制法」ができそうなことです。
河村市長は慎重な立場ですが、はっきり言って、あまりものを知らない市議会議員さんたちが民団や、普通の市民を装ったサヨク連中にそそのかされている、というのが現状です。
嘆かわしいことです。

名古屋市や市会議員にメールをしたり、電話をしたり、頑張っています。
結果はどうなるかわかりませんが、黙っていたら「賛成」にカウントされる、という姐さんのおことばを肝に銘じて、真央ちゃんのため、名古屋のため、日本のために頑張ります!

姐さんのご健康とご健闘をお祈りします<m(__)m>


Re: 姐さん、ごぶさたしております
みけねこさんへ

コメントありがとうございます。久しぶりですが、お元気そうでなによりです。

> 三浦さんはチャンネル桜の討論や他の番組でも何度もお話を聴いたことがあります。
> お話もおもしろく、ほんとうにすばらしい方ですよね。

わたしは三浦さんの本当のすごさをまだ全然わかっていないと思います。
今はただあんなに血を吐きながら「それでも」希望を見失わない、あの立ち位置のバランス感覚を見習いたいのですよ。
不勉強でございます。
みけさんもそうおっしゃるのならそういうことなのだろう!オラわくわくしてきたぞ!(おい

> 真央ちゃんの苦労を無駄にしたくない、バンクーバーの金メダルを奪還したい、と思って行動していくと、どうしても政治的なことになっていきますね。

なりますねー。しかし真央の政治利用はとっくに敵によってなされてしまい、ことはもう「国家」レベルで介入すべき非常事態だと思います。

> 私も仲間たちと名古屋で戦っています。

おおおお!!!それはすごい!姐さんも混ざりたい。事態を紛糾させることならまかせろ!(ヤメロ

> 今、いちばんの案件は名古屋市でも大阪・川崎に続いて「ヘイトスピーチ規制法」ができそうなことです。
> 河村市長は慎重な立場ですが、はっきり言って、あまりものを知らない市議会議員さんたちが民団や、普通の市民を装ったサヨク連中にそそのかされている、というのが現状です。
> 嘆かわしいことです。

そうなんだ!困りますね。何やってんだってかんじです。
やっぱり「そそのかされているだけの人」のほうが声がでけえんだろうなあ。

> 名古屋市や市会議員にメールをしたり、電話をしたり、頑張っています。
> 結果はどうなるかわかりませんが、黙っていたら「賛成」にカウントされる、という姐さんのおことばを肝に銘じて、真央ちゃんのため、名古屋のため、日本のために頑張ります!

一番に「自分のため」がきてほしい。
わたしはこのような自分でも住みやすい社会にするために、つまりは「おかしいことにはおかしいといえる社会」にするために動いています。
結果的に真央の五輪金メダルを取り戻し、名古屋に平和が訪れ、真央が安心して試合に挑める社会になってほしい。

ほんとに、ゼロと1は違います。この先は黙っていたら敵対者は勝手に賛成にカウントしわれわれの息の根を止めにきます。

できることを、できる人が。

本件、コメントいただければ記事にします。
このブログにどのくらい影響力があるかわかりませんが、ひとつの手立てとして使えるものはなんでも使おう。

> 姐さんのご健康とご健闘をお祈りします<m(__)m>

ありがとうございます~涙がちょちょぎれるーー!みけさんもがんばって。1つずつこなしていけば大変ではないと思います。
一度に一個。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示