ロシアNOW「メドベージェワに2つの世界新」



フィギュアスケートは××のオキニじゃないと「三度罰せられる」。

(1)実施した要素の基礎点を下げてマイナスされる。
(2)出来栄え加点を出さずマイナスされる。
(3)別建てのはずのPCSの点を出さずマイナスされる。

オキニにはこの逆をすれば「6倍の開き」を簡単に実行できるわけ。

で、この「××」に「IOC」とか「ISU」とか「所属スケ連」とか気持ち悪いナニカがうじゃうじゃ該当するわけです。

とにかく「恣意的な得点操作」が「非常に簡単にできてしまう」ことが一番の問題でしょう。



メドベージェワに2つの世界新
2017年1月28日 ロシアNOW
https://jp.rbth.com/arts/sport/2017/01/28/690913

ロシアのフィギュアスケート女子シングルのエフゲニア・メドベージェワは、チェコのオストラヴァで開催されている2017年「ヨーロッパ選手権」で、金メダルを獲得した。

タス通信によれば、ショート・プログラムとフリー・スケーティングで合わせて229.71点を取り、世界記録を更新した。また、フリーでは自身の記録を塗りかえた。

総得点については、韓国の金妍兒(キム・ヨナ)が2010年バンクーバー冬季五輪でマークした世界記録228.56点を上回った。フリーでは、2016年世界選手権の自身の150.79点を更新した。

今回のヨーロッパ選手権で銀メダルを獲得したのは、ロシアのアンナ・ポゴリラヤ(211.39点)。マリヤ・ソツコワは192.52点で4位になった。


これでフィギュアスケート女子シングルのショート、フリー、総合とも2017年3月19日現在においてメドベージェワが持っていることになりました。ワールドでこの点数がまた塗り替えられることでしょう。

検索していてみつけました。

フィギュアスケート+さん
http://figureskate55.com/


更新が早い!すごいですね。

ロシアNOWはフィギュアスケートの記事がいろいろあるのでよく見ています。ロシアのごちそうの作り方も参考になるしw

フィギュアスケートは「毎シーズン、ルールが変わる」種目なので過去のすべての点数は「参考記録」にしかなりません。

キムのころより試合に必須の項目が減らされているし、ジャンプの構成も変わっている。
たとえばショートプログラムで「ステップからただちに行う三回転ジャンプ」がルッツなのかフリップなのか、はたまたサルコーなのかで「基礎点」が変わりますし、必須要素とは別に組んでくるジャンプの種類も制限される。

女子の華であったスパイラルも消されたし、ステップも本数が変わったし、実施しさえすれば全員一律に点が入るコレオなんつーモノができたり、まちまちです。

ダブルアクセル三回で稼ぐとか、今はもうできないですよね。そしてもっとも大きな得点源であるジャンプこそ、シーズン毎にごちゃごちゃとルールが変わり、ますます難解複雑怪奇になっていく。

さらに一番忘れてはいけないのが「ブラックボックスが多すぎる」ということです。

テクニカルパネル陣が出した「実際の技の難易度」にかかわらず点を出せという不思議なルールに変わってからは、三回転の予定が二回転になっても「自分がイイと思えたら」イイ点を出さなきゃいけない。

逆にキレッキレの素晴らしい超絶高難度のトリプルアクセルが成功・認定されたとしても「自分がダメだと思ったら」マイナスをつけなさいということになっている。

つまり運用する側の恣意的な採点にまかされているわけです。

以前に「選手は六倍、罰せられる」と書きました。

まず技の難易度を下げられる。3Aを2Aにされる。ここでマイナス。
次にその2A判定に対し加点をつけない、あるいはわざとマイナスをつける。またマイナス。
更には、本来は技の難易度とは別に評価すべきPCSで点を出さない。三回マイナス。

アゲたい選手にはこの逆をすればいい。六倍の開きが出るわけです。

転びまわっても台乗りとか、ステップがぐちゃぐちゃで「発作ですか」「え、マジ気づかなかったけどステップのつもりだったの」というような動作であっても、ジャッジのさじ加減でどうにでもできてしまう運用面での問題があります。

今季のワールドは五輪の出場枠が決まる大事な一戦ですが「見た目白人」が異様に有利な採点になるでしょう。

こんな異様なことが十年以上も続き、そしてもはやなんらの論理的整合性がない「好き勝手やれる競技」としてフィギュアスケートは「不正の象徴」になっている。

改善するための努力を、ISUはしているのか。わたしには「何も見えてこない」まま五輪を迎えようとしています。





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナと他選手の比較 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/19 11:52
コメント

管理者にのみ表示