「聖徳太子」復活へ 次期指導要領 「厩戸王」表記で混乱




産経新聞 3/20(月) 7:55配信
「聖徳太子」復活へ 次期指導要領 「厩戸王」表記で混乱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000049-san-soci

文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案で、現行の「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変更したことについて、文科省が学校現場に混乱を招く恐れがあるなどとして、現行の表記に戻す方向で最終調整していることが19日、関係者への取材で分かった。改定案で消えた江戸幕府の対外政策である「鎖国」も復活させる方向。修正した次期指導要領は月内に告示される見通し。

現行指導要領では小中学校とも「聖徳太子」を授業で扱うと例示したが、今回の改定案では、人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」に変更。文科省は、歴史学では「厩戸王」が一般的で、「聖徳太子」は没後の呼称だが、伝記などで触れる機会が多いとしている。

文科省は改定案公表後にパブリックコメント(意見公募)を実施。呼称の変更に批判的な意見が多かったほか、教員からも「小中で呼称が異なれば子供たちが混乱する」「指導の継続性が損なわれる」といった意見が出ていた。

こうした状況を踏まえ、文科省は小中ともに聖徳太子の表記に統一し、中学では日本書紀や古事記に「厩戸皇子」などと表記されていることも明記する方向で調整している。

一方、鎖国の表記については、小学校で「幕府の対外政策」、中学でも「江戸幕府の対外政策」としたが、幕末の「開国」との関係に配慮して「鎖国などの幕府の対外政策」といった表記で検討している。







※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本人として生きるということ | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/03/20 17:32
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
当然の結果です!!
お姐さん

今朝のTVニュースで見たとき、思わず拳を握り締めて
喜びましたわぁーーー。

当たり前です、そんな暴挙が許されるはずなどない!!
何の目的でこんな画策をしたのか、是非是非、国民に
納得できる説明をして頂きたいものです。

私の反対コメの1票に効果があったかは別として、結果が
出たときに行動を起こして良かったな、って心底思います。
よかったです。

小さなところから水は漏れだすから、これからも色々アンテナ張り巡らせていないと…ですね。
太子含めて皇室関連
良かったと思いました!!
あちこちにある聖徳太子ゆかりの寺もホッとしたと思います。

ところで、別な話題で申し訳ないですが
卒業式の愛子内親王殿下、
違う人ではないですか?
なんか顔だちが違うように思うのは私だけかしら。

管理者にのみ表示