IOCバッハ会長「五輪から永久追放」主張




IOCバッハ会長「五輪から永久追放」主張
[2016年12月10日18時4分]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1749917.html

 世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームが2014年ソチ冬季五輪と12年ロンドン夏季五輪に向けたロシアの国ぐるみの不正を認定した問題で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は9日、「このように高度な不正システムに関わった選手や関係者はどんな形でも五輪から永久追放されるべきだ」と強く非難する声明を発表した。

 悪質な実態に国際的な批判の声が改めて出ており、18年平昌(ピョンチャン)冬季五輪へのロシア選手の参加や、同年のサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会開催に影響する可能性も出てきた。

 IOCは、ソチ五輪に出場したロシア選手から採取した254の全ての尿検体を再検査し、ロンドン五輪に参加した全てのロシア選手についても、検体を再検査すると発表した。

 タス通信によると、ロシア・オリンピック委員会のジューコフ会長は、平昌五輪にロシア選手が出場するには追加の検査が必要との認識を示した。

 マクラーレン氏が責任者を務める調査チームが9日に公表した最終報告書は、ロシアがロンドン五輪前に78選手を対象に不正が発覚しないかを確認する検査を実施していたと指摘した。

 ロンドン五輪の再検査は、元IOC理事のオズワルド氏が責任者の規律委員会が担当する。ロシアの国ぐるみの不正システムについては、元スイス大統領のシュミド氏が委員長を務める調査委員会が対応し、制裁などの対策を検討する。

 報告書の内容について2004年アテネ五輪陸上男子ハンマー投げ金メダルの室伏広治氏は10日、「衝撃的なリポート」と受け止め、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務理事は、7月の第1弾の報告書から踏み込んだ内容となったことに「動かぬ証拠を突きつけた。(ロシアへの)強いメッセージになる」と指摘した。


昨年(2016年)の12月にがっつりロシア向け制裁宣言を出していますね。
次の冬季五輪開催はどうあってもお困りの国ざんす、ということと(死人が出るだろうなあ)、ソチでキムが2連覇できなかったことへの突き上げがあるんざんしょ、ということが読み取れます。

というか、「なぜ今コレを」ということの裏に、「夏の五輪のドーピング汚染はアメリカ様が一番手___」とかいろんなコトがうごめいていますね。

そもそもソチ五輪の前にWADAには韓国人が要職に就任し寄付金も与えられている、ということでWADAそのものが「意図的な好き放題」を可能にした下地がある。

皆さんおなじみIOCは「絶対に責任を取りません」からじゃあ恐ロシアが本気出してナニかがあっても無視だろうし、できれば判定に不服としてボイコットすればいい、くらいのことは思っているんじゃないですかね。

ロシアの選手がいない冬季五輪で誰が一番得をするのか。

そして「カネの流れ」を追っていくとIOCこそが「一度休んでいろいろ整理したほうが」となるわけです。

選手がひたすらかわいそう。

不正があったかなかったか、ちゃんと調べてちゃんと罰する。でも「ちゃんと」していなかったらどうなるのか。

ヤクザが警察官をかねていたらこれはもうお先真っ暗というものです。


トーマス・バッハ、あんまり強気で暴れると「IOCの中から」処罰されかねないけどいいのかな。どこまでやせ我慢が続くだろう。





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/27 11:12
コメント

管理者にのみ表示