アスリート委新設 選手の声を運営に反映




2017.3.27 22:02更新
アスリート委新設 選手の声を運営に反映
http://www.sankei.com/sports/news/170327/spo1703270046-n1.html

日本オリンピック委員会(JOC)は27日の理事会で、現役選手の声を運営全般に反映させるためアスリート委員会の新設を決めた。委員は5~15人とし、過半数を五輪出場選手から選挙で選び、残りは理事会が指名する。総務委員会の下にあったアスリート専門部会を委員会に格上げした。

選挙は夏季大会枠と冬季大会枠に分けて行い、それぞれ定数は6人と2人となる。過去2大会の代表選手が立候補でき、直近の五輪代表が投票する。

最初の選挙はリオデジャネイロ五輪の出場選手に投票権があり、ロンドン、リオ両五輪の出場選手が立候補できる。告示日や投票方法については今後決める。





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
JOC | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/29 00:16
コメント

管理者にのみ表示