“ポスト真央”平昌代表選考は新基準 出場枠異なり異例の男女別に




“ポスト真央”平昌代表選考は新基準 出場枠異なり異例の男女別に
スポニチアネックス 4/14(金) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000057-spnannex-spo

 18年平昌五輪のフィギュアスケートの日本代表選考で、日本連盟が男女別の選考基準を設ける可能性が13日、浮上した。国別の出場枠が懸かった世界選手権で羽生結弦(22=ANA)が優勝した男子は最大の3枠を獲得したが、女子は4大会ぶり2枠に。日本連盟の関係者は「まだ何も決まっていない」と前置きした上で、「枠の数も違うし、男子と女子で違う基準で選考する可能性もある」と明かした。

 今後、フィギュア委員会などで話し合われ、6月中旬の理事会で正式に決定する見込み。男女ともに3枠だった10年バンクーバー五輪、14年ソチ五輪は、男女同じ選考基準を適用して全日本選手権の優勝者らが代表に決まった。06年トリノ五輪は女子が3枠に対して男子は1枠だったが、04―05年シーズン、05―06年シーズンの成績をポイント化して争う男女同じ基準で選考した。平昌五輪で男女別に選考基準を設定すれば、異例となる。

 元世界女王の浅田真央さん(26)は引退したが、女子代表争いは大激戦必至だ。左股関節疲労骨折の影響で世界選手権を欠場したエースの宮原知子(19=関大)、世界選手権5位の三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)や樋口新葉(16=日本橋女学館高)、世界ジュニア選手権銀メダルの本田真凜(15=関大高)も来季はシニアに参戦。12日の会見で、浅田さんは「2枠をたくさんの選手が争うので、ホントにハイレベルな試合になると思う」と話していた。最高の舞台に最高の選手を送り込むため、最適な選考基準が求められる。


「新基準」といえばトリノ五輪のときに突如出てきた「ポイント制」を思い出します。

「前例」は一度作るとやりたい放題。

「公正な選考」はいつも無視するスケ連、また禍根の種を作るのでしょうね_______________






※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、日本人ジャッジ等) | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/04/14 14:14
コメント
ポイント制
「トリノ 選考基準 ポイント」で検索するとアホみたいに、出てきましたね。
当時からスケ連の極悪体質は少しも変わっていない、
寧ろ悪化の一途をたどっています。
No title
『異例の男女別』って
男子が出場枠を2に減らした2016年ワールドの選考基準では男女別々になっとりましたが。

【男子】
①1人目は全日本選手権優勝者
②2人目は下記のうちいずれかを満たすものを総合的に判断して1名を選考
 A)全日本2位、3位の選手
 B)GPF出場者
 C)全日本終了時点のWS日本選手最上位3名
 D)全日本終了時点のSB日本選手最上位3名

【女子】
①1人目は全日本選手権優勝者
②2人目は下記のうちいずれかを満たすものを総合的に判断して1名選考
 A)全日本2位、3位の選手
 B)GPF出場者
③3人目は下記のうちいずれかを満たすものを総合的に判断して1名選考
 C)②のA)、B)の選考から漏れた選手と全日本4~6位までの選手
 D)全日本終了時点のWS日本選手最上位3名
 E)全日本終了時点のSB日本選手最上位3名

平昌に関しては↑のとおりになるのでは?

管理者にのみ表示