七種競技のロシア選手、ドーピング違反で北京五輪の銅メダル剥奪





七種競技のロシア選手、ドーピング違反で北京五輪の銅メダル剥奪
2017年04月25日 14:30 発信地:ローザンヌ/スイス
http://www.afpbb.com/articles/-/3126310

【4月25日 AFP】国際オリンピック委員会(IOC)は24日、陸上女子七種競技のタチアナ・チェルノワ(Tatyana Chernova、ロシア)がドーピングの再検査で失格となり、北京五輪で獲得した銅メダルが剥奪されると発表した。

 IOCの声明によると29歳のチェルノワは、「2008年の北京五輪で採取された検体を再検査した結果、(アナボリックステロイドの一種である)禁止薬物のトゥリナボル(turinabol)に陽性反応を示した」ことが発覚した。

 北京五輪で当初銀メダルを獲得したウクライナのリュドミラ・ブロンスカヤ(Lyudmila Blonska)がステロイドに陽性反応を示して失格となり、繰り上がりで3位に入っていたチェルノワがメダルの返還を命じられたことを受け、ロシア・オリンピック委員会(ROC)は、確実に処分を遂行する責任を求められている。

 この結果、同五輪で当初5位に終わっていた英国のケリー・サザトン(Kelly Sotherton)に銅メダルが授与されることになった。

 チェルノワはすでに、別のドーピング違反により2012年のロンドン五輪で獲得した銅メダルに加え、2011年に韓国で行われた第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)の金メダルを剥奪されている。(c)AFP





※コメント入力に関するご案内

・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/04/26 00:52
コメント

管理者にのみ表示