「平成」を終わらせたい者たち



nonono.jpg



「平成」を終わらせたがっている者たち。

「平成」で日本を終わらせたがっている者たち。

マスコミ主導の「嘘」で今上の宸襟を悩ませる者たち。

それらに対してわたしは大きな声で申し上げたい。そういう者は日本には必要ない。

生まれてこなければよかったのに。罪を作らずにすむから。






・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
東京五輪、日本の政治 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2017/06/08 23:19
コメント
NHK
NHKがこの報道の際に「〜が実現します」って表現してて本当に不快でした。
姐さん こんにちは。

(生まれてこなければよかったのに)

激しくうなづいております。
日本に仇なす者は滅びよ。
と 本気で思っている今日この頃です
アホな文化人の頬っぺたを、往復ビンタしたくもあります。

昨年の陛下のお言葉も、私には(退位)というふうには思えませんでした。むしろ、今まで通りだけれども(体調等で)突然 国事行為等々出来なくなること(神事)がおきてしまう心配があるから、みんなで どうしたら上手くいくか 考えてください。 という風に聞こえました。

背後には東宮家への思慮があられたのかと思います。。

いろんな意味で、現在の日本 ギリギリの所だと感じています。

安倍首相や菅官房長官、飯嶋参与等々 現政権の皆さんにかかっている。なるべく長期政権で頑張って頂きたい。そんな風に思っております。
No title
 おはようございます。
 昨日、全会一致で通った特例法案に、女性宮家検討の附帯決議がくっついています。
 附帯決議には法的拘束力は無いらしいですが、数年、数十年後に情勢がどう変わるかわかりませんので、今のうちにはっきりとつぶしてほしいです。
 そこで、ジャーナリストの水間政憲氏が、その件の請願書について話されている動画がありますので、拡散していただけるとありがたいです。
 よろしくお願いします。


【フリー動画:水間条項国益最前線】第36回1部『天皇陛下への請願書:北朝鮮のミサイル:他』
http://www.nicovideo.jp/watch/1496929039


ちなみに、委員会での採決の時、特例法そのものは、退席した自由党を除く全会一致でしたが、附帯決議の採決で反対したのは、自民党の有村治子氏だけでした。応援したいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: NHK
meeさん、コメントありがとうございます。

> NHKがこの報道の際に「〜が実現します」って表現してて本当に不快でした。

うわぁ、「してやったり」が透けて見えて本当に気持ち悪いし不愉快ですね。
NHKは日本を破壊するためだったら嘘、偽りなんでもありの地獄のメディアになってしまいました。
浅田真央を引きずり下ろすために「数値捏造」すらやっています。
もちろん「ありえない偏向報道」はお手のもの。最低ですよね。

でも、それに負けて黙ったら終わりです。彼らはまさにそのこと、「日本人の心を傷つけること」が目的なんですから。
のってあげないのも戦略のひとつです。
嘘には訂正を求めつつ、負けずにがんばっていきましょう。
はなさんへ
コメントありがとうございます。

> (生まれてこなければよかったのに)

自分で書いておいてなんですが、そうは言ってもすでに生まれてきてしまい、現在ただいまも「罪」を量産しておりますのでとっちめ続けないといけないですね。

罪悪に倦む、ということがないのが連中です。

> 昨年の陛下のお言葉も、私には(退位)というふうには思えませんでした。むしろ、今まで通りだけれども(体調等で)突然 国事行為等々出来なくなること(神事)がおきてしまう心配があるから、みんなで どうしたら上手くいくか 考えてください。 という風に聞こえました。

わたしもそうとしかとれませんでした。ようするに「働かせすぎ」なんですよ宮内庁が。
もともと天皇というのは、常のお住まいの寝起きなさる清涼殿から、政務をつかさどる紫宸殿に行くだけでも行幸(みゆき)といって大騒動です。軽々に動かしていいものでははいんですよ。
御公務と、私的なご活動、外出とは厳密な線引きをして、天皇は「とっておき」にしておかなければいけません。
陛下が渾身の力を振り絞って「日本のすべての都道府県」に御渡りになり、災害があればただちにお運びになって国民を鼓舞し「共に生きる姿勢」を示し続けてくださるのは途轍もなく素晴らしいことです。しかし人間の体には限度というものがある。
まして陛下はガン患者、ご本人の意志とは別に考えなければならないこともあるでしょう。

現東宮があまりにも頼りないので陛下は身をもって「善き前例」を重ねておいでなのではなかろうか、とも思えます。

> 背後には東宮家への思慮があられたのかと思います。。

普通は「逆」なんですよね。陛下への配慮を持つべきなのが後継者ではないでしょうか。

> いろんな意味で、現在の日本 ギリギリの所だと感じています。

確かにその通りです。ここ何千年か日本の歴史を振り返ってみて、これほど「日本」そのものが侵略を受け浸食によりボロボロにされてしまった時代はありません。
今が最大の難所です。

> 安倍首相や菅官房長官、飯嶋参与等々 現政権の皆さんにかかっている。なるべく長期政権で頑張って頂きたい。そんな風に思っております。

そのお気持ちをぜひ声に出して伝えてあげていただきたいと切に願っています。
首相官邸、内閣府、お近くの国会議員に安倍政権支持の声を伝えてください。
「紙」媒体はメールよりもいまだに重んじられるので、丁寧に気持ちを連ねた手紙など意外に有効です。

わたしもやります。ここが踏ん張りどころです。

姐さんの読みが正しければ、「安倍さんの体がもてば」七月までに劇的な変化がありますよ。国内外で。楽しみにしていてください。
非公開コメントのSさんへ
コメントありがとうございます。

以前にも反論できないお立場の方に根拠のないゴシップを浴びせかけるのはいかがなものかと、出版業界では著名な作家が出版社に申し入れを行ったり、せめて根拠を提示するなり、ものごとの両面を同じ分量で書くように、という反省はありました。

今はそのように心ある者からの申し入れも無視されているのかもしれないですね。きちんとした議論ではなく感情論で子供の落書きみたいなものを誌面に出してしまうところもありますし。

たとえば銀行に借金のある出版社はそちらルートで手を回されたら引き下がるしかありません。逆に借金のカタに嘘を書かされることだってないとはいえない。また社内の学閥や背後の力関係で編集者、編集長の権限を無視されることだって多いです。
なかなか難しいですね。

ご指摘の、ソレなんですが、近いうちに消えるかもしれません。さすがにやりすぎです。

おっさいさんのところで浅田真央、羽生結弦 熱愛、と検索して、かつ、ブログ記事を書くように有料の「仕事」として募集していることが暴露されていましたが、同じように皇室に対する「ある意図」をばらまくように何らかのはたらきがあるのかもしれません。

個人が発信するツールとして、わたし自身もこのようにブログを利用していますが、根拠は極力出すように努力しているつもりです。あいまいなときは、あいまいだ、と書くようにしています。

どんな内容であれ一度発信したことは取り消しようがないですから。

そういえばゴキブリって光と風が大嫌いなんですって。だから爽やかで清らかな太陽の強力な光線と、強い風が吹くように願うのがいいようですw

幸せを祈られたら誰も手も足も出ないです。わたしたち日本人は「そういう戦い方」をかつては知っていたはずです。

これもすべて演習です。持ちこたえる努力、へこたれない勇気、必ず日本を取り戻せるという希望、忘れないでいきましょう。


いただいたコメントを拝見してはっとしました。わたしも気をつけるようにしていきます。いつも気づきをありがとうございます。

管理者にのみ表示