FIFA会長「VARはサッカーの未来」、ビデオ判定の必要性強調



ええやん、サッカー!!!!


FIFA会長「VARはサッカーの未来」、ビデオ判定の必要性強調
2017年06月20日 15:57 発信地:カザニ/ロシア
http://www.afpbb.com/articles/-/3132707

【6月20日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は19日、ロシアで開催されているコンフェデレーションズカップ(Confederations Cup 2017)のグループステージでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が採用されていることについて、その必要性を強く擁護した。

ドイツが3-2でオーストラリアを下した同日の試合では、今大会5回目となったビデオ判定でオーストラリアの得点が認められるという場面があった。映像ではゴールを入れたトミ・ユリッチ(Tomi Juric)が手を使っていたようにもみられた。

また18日に行われたカメルーン対チリの一戦でも、チリのエドゥアルド・バルガス(Eduardo Vargas)が得点して喜びのセレブレーションを行った1分後に、ビデオ判定でわずかにオフサイドがあったと判明し、ゴールが取り消されるという混乱が生じた。

インファンティーノ会長はFIFAのウェブサイトに発表した声明で、「これまでのところ、VARには極めて満足している。われわれは、ビデオ・アシスタントが審判を正しい判定に導く様子を目撃してきた。これこそがVARの役目だ」と述べた。

「今回のコンフェデレーションズカップで試験導入されているVARも、プロセスの改善やコミュニケーションの微調整に役立っている。ファンがずっと待ち望んできたことが、ようやく実現している。今大会が指標となるだろう。VARは近代サッカーの未来だ」

インファンティーノ会長は今年4月、「非常に肯定的な反応」が得られれば、2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)でVARを導入する意向を示していた。

サッカーの規則作成を行う国際サッカー評議会(IFAB)は2016年3月、試験的にVARを使用することを承認。VARは得点をはじめ、レッドカードなどのペナルティー、そして選手の特定にミスがあったと思われるときなど、判定が際どい場合に限って使用できるとされている。
(c)AFP


> ファンがずっと待ち望んできたことが、ようやく実現している。今大会が指標となるだろう。VARは近代サッカーの未来だ

すべての競技が公正な採点に向けて改善の努力をはらっているのに、フィギュアスケートだけですよ、「公正な採点をっていうな!」と思いっきり恫喝してくる異常競技は。

採点が公正になると誰か困るんですか?そんな人いないはずですよね?はて?おかしいなあ。

スケートだけですよ、「公正っていうな!」と言論封殺してくるの。
なんですかこの後進性。時代に逆行しまくりです。

やってやれないことはない。やらないだけです、フィギュアスケート。
誰か困るんだろうな、公正な採点になるとwwwwwきんも~☆

金儲けにトチ狂って選手を使い殺してばかりいないで「まともになる努力」をちったあしてくれ、と思いますね。



とはいえ、サッカーはサッカーでとんでもない問題を山のように抱えてますよね。それでもこれは「前進」だと思います。

サッカーのこの英断、いい結果になることを祈ります。

運営がこうでなきゃやってられないよ、ほんとに。


ポーズだけでもいいから「公正な採点をめざいます!」ってできないもんかねwwwwww






・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
その他スポーツ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/06/21 01:33
コメント

管理者にのみ表示