『浅田真央報道写真集』がすばらしい



Amazonで頼んでおいたものが届きました。
美しい、いい写真集だと思います。

浅田真央報道写真集


かくも長きにわたり現役選手を続ける中で醜い瞬間がまったくなく、それどころかすべての演技、すべての表現、すべての「存在」が美の結晶であるという奇跡。

ときどきの「浅田選手」へのインタビューも肉声の息遣いが感じられ、あのときはああだった、真央ちゃん自身はこうだったのか、と振り返るよすがになりました。

誰もが気になるであろう(わたしだけかもしれないですが)アレも最小におさえられ、不世出の偉大な選手「浅田真央」の苦闘と真実、美麗清爽な姿がおさめられています。

いい写真集です。

Amazonリンク
浅田真央報道写真集


表紙の赤リチュを見て、「ああ、本当に引退してしまったのだ」と胸を刺される思いがしました。

真央ちゃんが三度目の五輪に向けて用意していた「最後の」フリー、「最後の」ショート、「最後の」エキシを見ることはわたしたちにはかないません。

でも、浅田真央本人がこのように赫赫と輝き続けていた事実、そしてこれからもどのような道を選ぼうと浅田真央の真実とともにいよいよ明るくいよいよ強く、光を放ち続けるのだろうことは、それをもしもかなうのならば遠くからでも見守りたいし、それすら断たれてしまっても、「真央ちゃん、ありがとう」と祈り続けていくのだろうということと、そして「日本のどこかで真央ちゃんは、きちんと一所懸命に生きている」と確信できるだろうことは、わたしたちにも残されている。

「ありがとう」をこえる絶対的なお礼をもしも伝えることがかなうなら、「真央ちゃん、本当にありがとうございました」と心から申し上げたい。

そんな思いを改めて感じさせる一冊でした。


普通に、あたりまえに、事実だけを、ただ伝えていくだけでこれほどの熱と光と魅力とを浅田選手は持っていた。

その、あたりまえのことがなぜ彼女に限って現役中には得られなかったか。

中日新聞社さんからの、これは慟哭の一冊なのかもしれません。そうでなかったら悲惨すぎる。

なぜ「これ」が現役中にできなかった。なぜ。



金玉どこにあったんだよマスコミの連中は。なぜ真央を叩き続けた。そんなにスケ連の「不機嫌」が怖かったか。

馬鹿野郎。









・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
浅田真央引退関係 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/07/15 15:36
コメント
地元ですが..
普段の中日新聞、真央の記事は酷かったですよ。
少ない記事欄にさえ、汚名前入れてきます...
この目障りな行を削れば、いくらでも他の事書けるだろうにと毎回思いました。

ま、今は中日新聞そのものが....以下省略でw

今回の本が良い出来なら
あきらかに違う人が携わってるのかな。
No title
帰宅途中にある書店に取り寄せをお願いしました。届くのが待ちきれません。

「浅田選手の今季」を期待していた過去が懐かしいけれど、これからはフィギュアスケートのプロフェッショナルとしての浅田真央さんがみられるんだと思うことにしています。

書店じゃダメでした
アマゾンか中日新聞に直接注文してくださいって昨日お取り寄せをお願いした書店から電話が。。。。。
No title
初めてコメントさせて頂きます
いつも応援してます

今回書き込みしようと思ったのは
マイナージャンル?のため誰にも気がつかれないかもしれないと思ったからです

韓国のドールメーカーの新作ドールの衣装が
完全に赤リチュの衣装をパクっています
私は怒りに震えました!

しかも吸血鬼の人形…
もっとお似合いの衣装が身近なところであったはずです

http://dolk.jp/pages/special1005.php
No title
アマゾンじゃなく、出来るだけ地元の書店で注文してあげて!

マスゴミこそ諸悪の根源。
日本ではフジテレビデモがありましたが、米国ではついに反CNNで数百万人の米国民が決起しました。
国民的英雄を後ろから撃つマスゴミと全面戦争するとき。

管理者にのみ表示