バンクーバー冬季五輪、IOCからの「自白」



問題ありあり


問題ありあり2


20100329_1382955.jpg




・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
IOCヤバイ超ヤバイ | コメント(8) | トラックバック(0) | 2017/08/09 12:55
コメント
No title
『実は問題だったんですね~
ジャッジはとんでもないイカサマ採点だったんですよ。
キムヨナがあまりにもヘタッピで苦労したと言っておりました』
こんなコメントをきいてみたい
成敗するには
結局、弱小ISUなんかじゃなく
てんつーとIOCが仕組んでるってこってすね。

さて、だれを刺客に差し向ければ良いのか?
いえいえ、犯罪なんか起こすつもりは無いです。

調査してもらう刺客です。

だってそのコメント、異常すぎるほど異常じゃない
ですか。
 たとえば水泳や陸上競技なら
ものすごいタイムで優勝した選手の名前上げることはあっても(いや。ふつうそれも無いですね。
ある選手一人を誉め称えるなんて。)

まるでK国から 人頭10億ドルの寄付を頂いたにょ〜。
と自白してる様にしか聞こえません。

個人に10億ドルもらったら 金メダルなんか
100個でも差し上げるでしょ。

あの首に金メッキメダル(内側は鉄)100個ほど
ぶら下げてやればいいのにw 重さでお辞儀するでしょう。

そんで浅田さんに 芯まで純金の本物Goldメダルを
1個。それが正解であり歴史の真実。

ジャマイカの選手の金メダルが9年経って剥奪されたけど、ジャマイカって言う経済的に
苦しい国だから犠牲になった気がするんです。
ジャマイカに負けてる?アメリカが暗躍してる気も。

韓国も崩壊寸前だけど
伝統も文化も無いから 毛ポップと 偽メダルにだったら100億円くらい財閥も協力して
出すでしょうね。
IOCは企業だから 金くれる国の選手は
ドーピングも見逃すし、メダル剥奪もしないつもりかな?
 ロシアは韓国より経済規模小さいから
ドーピング チェックやられまくったのかな?
まあ東西(茶番)冷戦の名残もあるかもしれないけど。
まあ やり方はいくらでもあると思います。

世界中のメダリスト、フィギュア解説者が
何じゃ!あのキムの、男子メダリスト並みの得点は!
って言ってたのに[ジャッジは正しく採点した」ってことは
ジャッジ達は指示通りに正しくインチキ得点つけた。真面目に任務遂行したっていう意味ですよね.普通に考えて。

 息をのむ様な瞬間などただの一瞬も無い
あのお茶の間お笑い漫画フィギュアに男子並みの銀河点w

この不正を正す計画してる頼もしい人たちの
活動ってあるんですよね?たしか?

韓国崩壊後(っていうかIMF管理体制に再び入った後)何かが出来る?
いえ違うかな。
IOCの会長がシラ切ってるってことは
首根っこ抑えられてるってことだから
その証拠って言っても。

もう2018以降
ロシア以外の国のフィギュアスケーターが結束して
五輪以上に権威のある大会組織して
選手が取り決めたシステムで完璧に近いフェアな
採点で行く!とか。
でもそんな勇気のある選手が10代の子供達には
居ないだろうし.親が許さないよね。選手に
そんな組織運営能力がある人ばかり居ないだろうし。まあ運営は 心ある「元選手」=IOC
ISUと決別する覚悟のある勇気のある方々。

オリンピックやサッカーWCの利権の裏構図を暴ける
ような勇気あるジャーナリスト……

International Sports and Leisureが

詐欺 横領なんかであげられて破綻した時は
スイス国籍企業だったからスイス検察が動いた?
電通も半分噛んでた会社ですよね。

今は実際100%電通が采配ふるってる様な気もします。
www.dentsu.co.jp/ir/data/annual/2014/sodg/capability/sports.html

やっぱ敵は、IOCなんていう貧乏組織ではなく
それを牛耳る**。かな?

どうしたらいいのん?

データ揃えてジャッジの不正論理的に指摘して
動く様なまともな奴らじゃない様な気もするし。
Re: 成敗するには
蘇務理恵さん、コメントありがとうございます。

> 結局、弱小ISUなんかじゃなく
> てんつーとIOCが仕組んでるってこってすね。

電通はIOCと一緒に出資した広報会社で「オリンピックのすばらしさ」をPRしていますよね。
ISUはIOC参加の貧乏弱小団体でした。
テレビ中継でカネが取れる、ということで「テレビ映えしないから」コンパルソリーを廃止し、見た目が白人のスター選手を量産しようとしていました。

> 調査してもらう刺客です。

調査はね、わたしのような一般民間人でもできすぎるほどできるんですよ。
げんにバンクーバー五輪のキムの違反は韓国自らアピールしてマスコミに露出しまくりだったじゃないですか。
問題は責任を取らせるシステムがないということです。

>  たとえば水泳や陸上競技なら
> ものすごいタイムで優勝した選手の名前上げることはあっても(いや。ふつうそれも無いですね。
> ある選手一人を誉め称えるなんて。)
>
> まるでK国から 人頭10億ドルの寄付を頂いたにょ〜。
> と自白してる様にしか聞こえません。

その通りなんですよ。このブログでも再三取り上げてきたように、IOCは公式ホームページで、あのショーン・ホワイトにすらKingと使っていないQueenという称号をキムにだけ使い、It's Yuna time!と「キムだけがスペシャルでキムだけがすばらしい」キャンペーンをあまりにも露骨に展開しました。
IOC公式が掲載した真央の画像はスピンを練習中のきつそうな歪んだ顔、キムはマスコット片手にプロが撮影したおすまし顔写真。

> 個人に10億ドルもらったら 金メダルなんか
> 100個でも差し上げるでしょ。

今度の冬季五輪が韓国でもし開催されたら、キムは出ていない競技でも金メダルかもしれないですね(笑)。

> ジャマイカの選手の金メダルが9年経って剥奪されたけど、ジャマイカって言う経済的に
> 苦しい国だから犠牲になった気がするんです。
> ジャマイカに負けてる?アメリカが暗躍してる気も。

ドーピングの二大本場は実はアメリカと中国です。
ロシアもすごいんですが、「他の国もみんなやってる」レベル。
IOCは大会の前に「次の大会でチェックする薬剤はこれですよ~」とリストを配るんですから、それ以外だったらどんなに使ってもOK、と各国とも考えている。
「みんなやっているから使わないほうが損!」
そして中国の指令で韓国はWADAを使ってロシアを徹底攻撃しましたよね。アメリカも陰で支援しているはず。
一番後ろめたい連中がもっともはげしい攻撃をしてくる。
これは韓国を見ているとわかりますよね。
「自分たちがやっている不正」をかかげて攻撃する。
真央はジャッジを買収している、真央はドーピングしている、真央は不正をしている、真央は守られていると。
全部「嘘、逆」だったじゃないですか。

> IOCは企業だから 金くれる国の選手は
> ドーピングも見逃すし、メダル剥奪もしないつもりかな?
>  ロシアは韓国より経済規模小さいから
> ドーピング チェックやられまくったのかな?

そうだと思います。過去に、表彰台で黒い手袋をしただけでメダルをはく奪されたアフリカの選手がいましたね。
お金がない国の選手だけが「そういうこと」をされるわけですよ。

あるいは「見せしめ」で汚染がひどすぎたソウル五輪も、きちんと調査、再発予防をするのではなく有名な選手をやり玉にあげて「それ以外はクリーン」と嘘をついた。IOCの常套手段です。

> 世界中のメダリスト、フィギュア解説者が
> 何じゃ!あのキムの、男子メダリスト並みの得点は!
> って言ってたのに[ジャッジは正しく採点した」ってことは
> ジャッジ達は指示通りに正しくインチキ得点つけた。真面目に任務遂行したっていう意味ですよね.普通に考えて。

事前のジャッジミーティングで全部決まっていますよね。談合以外のなにものでもありません。

> あのお茶の間お笑い漫画フィギュアに男子並みの銀河点w

断言しますが、キムよりも姐さんのほうがスケートがうまいし速度も出ます。あんなマレー熊、採点以前の話ですよ。
それなのにプルシェンコよりもライサチェクよりも加点が上。
もちろん真央やミライちゃんより上ってのもおかしいですよね。
ロシェットの地元アゲもすごかった。

> この不正を正す計画してる頼もしい人たちの
> 活動ってあるんですよね?たしか?

あなたを含む、自称チーム公正という、「その人が思い立ったその日からメンバーです」という魂の連帯がひとつあります。

> もう2018以降
> ロシア以外の国のフィギュアスケーターが結束して
> 五輪以上に権威のある大会組織して
> 選手が取り決めたシステムで完璧に近いフェアな
> 採点で行く!とか。
> でもそんな勇気のある選手が10代の子供達には
> 居ないだろうし.親が許さないよね。選手に
> そんな組織運営能力がある人ばかり居ないだろうし。まあ運営は 心ある「元選手」=IOC
> ISUと決別する覚悟のある勇気のある方々。

過去に、アメリカで一度、そういう団体を作った勇気ある人たちがいたんですよ。
あんまりだ、ISUはおかしいと。
そうしたら、そっちに参加した選手は五輪に出さないとISUが言いだして、なし崩しに切り崩されてしまいました。
ISUの試合はともかく、五輪に出られないというのは若手アマチュア選手にとっては痛手になります。
「五輪はまだカネになる」のを盾にとっての妨害です。

> オリンピックやサッカーWCの利権の裏構図を暴ける
> ような勇気あるジャーナリスト……

たくさんいますよ。特にアメリカは、不正の本場でもありますが、同時にそれらを許さない勇気あるジャーナリストもたくさんいます。必ず綿密な調査をして結果を公表してきます。
アメリカは一冊本を出して当たれば一生食いっぱぐれないくらいバックアップ体制がしっかりしているし、サイン会、講演会で全米を横断して出版社がキャンペーンを根強く手掛けてくれますから、調査に数年かけても生きていける。

日本人の作家が(あるいは芸能人や医者や”文化人”や自称占い師などが)売り上げた本の冊数を言うとアメリカの出版業界の人は驚きますよね、それだけ売っても食べていけないのかって。

それと余談になりますが、アメリカは「映画は教育、啓発のツール」という考えもありますから、ホントならスケートの不正を追ったドキュメンタリーがあってもおかしくはないですよね。
出てこない、あっても日本にこないのは「市場が小さい」からだと思います。
選手個人の自伝やインタビューなどにもちらほら不満や憤りが散見していますからちゃんとまとめると点が線に、線が面になるのは間違いないのですが。

> International Sports and Leisureが
>
> 詐欺 横領なんかであげられて破綻した時は
> スイス国籍企業だったからスイス検察が動いた?
> 電通も半分噛んでた会社ですよね。
>
> 今は実際100%電通が采配ふるってる様な気もします。
> www.dentsu.co.jp/ir/data/annual/2014/sodg/capability/sports.html

だって金儲けのための利権団体ですもん、IOC。
クーベルタン男爵が見たら血の涙を流すでしょう。
「高潔」をうたいあげていた団体が人民の膏血を絞るための腐れ切ったうんこ組織に成り下がってしまったのだから。

> やっぱ敵は、IOCなんていう貧乏組織ではなく
> それを牛耳る**。かな?

です、です。

> どうしたらいいのん?
>
> データ揃えてジャッジの不正論理的に指摘して
> 動く様なまともな奴らじゃない様な気もするし。

そう、天下のIOC様ですからね。

だからこそ、草の根の、個人の動きが大切なんです。
誰もしないからこそ、気づいた人からするしかない。

できることは全部やる。それに尽きると思います。

何もできない、ってことはない。不正を許さない、と心に決めたわたしたち個人の自覚と責任において、できることは山のようにありますから。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
和田も茶番ですね。
情報ありがとうございます。

>IOCは大会の前に「次の大会でチェックする薬剤はこれですよ~」とリストを配るんですから、それ以外だったらどんなに使ってもOK、と各国とも考えている。

これって、全く意味がないですよね?
でも意図的にリストを配った薬品以外を不意に
裏をついて抜き打ちでチェックしたりしないんですか?
したとしても禁止薬物リストとして公表してないと
ひっかからない訳でしょうかね。
その年のチェックリストさえ使わなければ良いんですもんね?過去には違犯だったものが
リストから外れてるってこともあるかもしれないし。

もしかして予想通り茶番の製薬会社の金儲けかも。
 だって事前発表した禁止薬物以外の、
すごい効果がある薬が売れるし、又は現行の禁止薬物がものすごい
効果がある薬品なら、それを使用しても
チェックにひっかからない様にする為の薬ってのを
売れば需要はあるかも。

貧しい国での ワクチンの商法に似てる気も。
往復ビンタ商法っていうか。
需要をわざわざ作って それのケアの薬も売る。

またそのWADAの役員に上納金上げておけば
免れるって言う商売もあるでしょうね。
某国人がWADAの役員になってるんですよね?

天下りみたいなもんですね。
IOCからの枝分かれ組織の役員が儲ける
企業みたいになってるのかも。
ぜ〜〜〜〜んぶ茶番!ぜ〜んぶ金儲けだけ!!
なのね?
蘇務理恵さんへ
コメントありがとうございます。

たとえば小塚くんもJOCの仕事をしていますし、
オリンピックイズムは「高潔」を基本においた
一見大変素晴らしいものです。

金儲けだけではない一面もあるし、あってほしいし
あるんじゃないかな、まちょっと覚悟しておけ、ってなかんじですよね。

ちなみにアメリカの陸上連盟はコーチを合宿させて
ドーピング抜けの基礎講座を開催し、
入手可能な薬物リストを配布して
ジャーナリストにすっぱ抜かれていますよ。
昔は薬剤汚染のない人の尿をもらって
チェックの前に選手の膀胱に入れておくなどという
原始的な検査逃れも行われていた。

キムだけいつもドーピングチェックを受けていないとモロゾフがぶっちゃけていましたが「そもそもノーチェック」であればなんだってできるわけです、やろうと思えば。

逆に言うともしバンクーバーで真央が完璧な演技でうっかりジャッジが「事前の打ち合わせ通り」にせず優勝させていたら真央の尿検査で薬物を混入させられて不名誉な引退に追い込まれていたかもしれない。
そのへんはわかりませんが。
日本では隠ぺいされていましたが茶番当時、北朝鮮による爆発テロがソウル市内でも起きていました。
爆発テロにあって選手が、という可能性だってなかったわけではありません。
これは米軍が緻密なレポートを出していて、翻訳も出ているので日本でも入手可能な一次資料として「茶番がどんだけ危険だったか」わかるようになっています。

日本のBPOと一緒で、蘇務理恵さんがおっしゃる通り天下りですよね。ガス抜きの。

こういうことも五輪を語る際には意図的に落としてはいけない付帯情報だと思います。

クリーンな五輪などないということ、組織から、招致から、「ズル」がまかり通っているのだということです。

だからといってそこで「けっ最低だな」と投げてしまうと何一つ変わらないので、気づいた人からできることを続けていく。

驚き、怒り、悲しんで、そこからできることをやっていく。

変えるためには誰かが動かなければならないんです。

五輪が金儲けだけなのかどうか、ほころびが見えてきたIOCとJOC、見ていきましょう。

ちなみにJOCが五輪マーケ部のトップなので、集金のためのあれこれについてわたしたちは「日本語で」IOCと戦えるようになりました。

窓口は「日本」ですよ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示