FC2ブログ

仏、北情勢悪化なら平昌五輪参加せず スポーツ相表明



そりゃそうだ。
選手に罪はないですが行って殺されたり拉致されたりしたらとんでもないことになる。


仏、北情勢悪化なら平昌五輪参加せず スポーツ相表明
http://www.afpbb.com/articles/-/3143827?cx_part=topstory&cx_position=5
2017年9月22日 6:42 発信地:パリ/フランス

【9月22日 AFP】フランスのローラ・フレセル(Laura Flessel)スポーツ相は21日、韓国で2018年に開催される平昌冬季五輪について、北朝鮮の核兵器開発をめぐる国際的な緊張が高まり、安全が保障されない場合、フランスは参加しないと表明した。

フレセル氏は仏ラジオ局ラジオ・テレビ・ルクセンブルク(RTL)に対し、「状況が悪化し、安全が確保できなければ、フランス選手団はここにとどまる」と言明。「選手団を危険にさらすことはしない」と述べた。

要職にある政治家が自国の平昌五輪参加を見送る可能性を公言したのは、これが初めて。同大会は、南北朝鮮間の軍事境界線からわずか80キロに位置する平昌(Pyeongchang)で、来年2月9日から25日まで開催される。(c)AFP


昔からフランスの「政治」は大嫌いなんですが、逆に言うとそれだけ「自国の利益にとても敏感」「自国の利益を守るのに長けた政治が機能している」ということでもあるんですよね。
自国の利益イコール他国の不幸、にダイレクトに直結しているところが小さめの政治家揃いだったんだろうとは思いますが。

そのひとつが東日本大震災のときに原発事故もろもろを考慮してフランスは在日フランス人に退避を呼びかけていますよね。

> 地域の政府は,日本に滞在する自国民に対して,各種の勧告を行った.例えば,米国やドイツ,韓国は福島第一原子力発電所周辺や被災地などの特定地域からの退避を勧告する一方,英国やフランスは東京を含んだ東日本の広範な地域に居住・滞在する自国民に対して退避の検討を勧告した.タイに至っては地域を特定せずに,一時的な離日の検討を勧告した.また,日本への渡航を自粛や制限する勧告も出され,カナダや豪州,オランダ,シンガポールのように特定地域への渡航を自粛・制限する国もあれば,中国やロシア,インド,マレーシア,スゥエーデン,デンマークなどは日本全国を一定期間の渡航の自粛・制限の対象とした.このように自国民の安全に対して慎重な対応をとった国もあった一方,特段の勧告を
実施しなかった国も多かった.
http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/envconc/mwhenry/pdf/2013-ISSS-311govt_kawasaki.pdf

この措置は当然だと思います。
もともと戦時下にある国を選んだIOCの責任です。


フランスは「政治」が機能している。





・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。
・悪質なコメントはIPアドレスを含め記事に掲載することがあります。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
平昌五輪(仮) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/09/22 13:14
コメント

管理者にのみ表示