スケートカナダ2013アイスダンスざっくり感想(2組だけ)

ニワカでもいい!たくましく観戦してほしい!丸大ハム!違うわ、浅田のスポンサーは伊藤ハムよ!

新しくフィギュアスケートの魅力に開眼した人が増えてるってことだもの、ニワカさん大歓迎よ!

すそ野を広げていかないと先細りなのは商売の鉄則よ!細く長くじゃつまらねーわよ!全日本選手権、入場料無料&必死の呼び込み→通行人ガンスルー(がんとして無視して華麗に歩き去る)時代に戻りたくないのなら!

あんたたち、いいわね?
稲田悦子先生の現役時代を知らない人は全員ニワカよ!

以上!

というわけでまたしても好き勝手に叫ばせていただくわ!アイスダンスよ!キーーーーッ!!!

ちょっと!スケートカナダのアイスダンスはご覧になった?
あたしが応援する選手はなんで評価が低いのかしらwww

まさかデスブ・・・Σ(゚Д゚) そんなことないわよね!?

スケカナにおけるイチオシはとにかくこの組よ!
もう終わっちまったけどね!

Alexandra STEPANOVA & Ivan BUKIN
アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン

アレクサンドラさんが反則的に可愛いの! ちっさい顔、長い手足、細い体、きゃわわな笑顔!
蛆テレビのロリコン馬鹿アナウンサーの塩原恒夫が見たら舌なめずりしそうだわ。
背がデカいから糞ったれ塩原の射程外かしら。でもロり顔だからほくそえんでいそうだわ。あーやだやだ!

美女と野獣っぽくてデンコワ姐さんとこをちょっと思い出させるわ。イワンさん、あんた飲酒運転だけはしないでよ?
お父様が偉大なアイスダンサー(カルガリー五輪のアイスダンス金メダリスト)だし真面目そうだから大丈夫よね。
ISUのバイオグラフィーを見るとデンコワ姐さんの名前があって、あらあら!って感激したわ。
http://www.isuresults.com/bios/isufs00012117.htm

デンコワ姐さんは永遠のアイドルだわ。本当に本当に好きだった。

この組はいいわよね~。これぞロシア!という芸術的な演技だったわ。曲も衣装も振り付けもザ・ダンス!ってかんじよね。
そして実力もピカイチよね。
なんでこの採点かさっぱりだわ。ジュニア上がりだからってこれはないわよね。
と思うのはあたしがこの組が大好きだからなのかしら。

Alexandra Stepanova & Ivan Bukin - Skate Canada 2013 - SD
http://www.youtube.com/watch?v=FmyJ2gAptbw


昨日実施されたフリーダンスのほうの動画がみつからなかったんだけど、リフトで落下しちゃったのよ。怖かったわ。6分間練習では思いっきり決めてたのにね。怪我はなさそうだったけど、どうかしらね。体をいたわってあげてほしいわ。SD8位にいるような選手たちじゃないのにね。加点がしぶい。とにかくしぶい。

国籍差別をしないでほしいわ。ジュニア上がりで点は出ているってことではシングルのリプニツカヤさんと同じにしてほしいわよね。

8月&9月生まれってのもスケーターには珍しい気がするわ。世界のスケーターのすべての誕生日を知っているわけじゃないんだけど、日本のスケーターは冬生まれが多いと思うわ。

もう目が離せない。大好き大好き!姐さん何もこうしたらいいわって思いつかない。まだ18歳と20歳、すくすく育っていってほしいわ。ソチでメダルをって思っていいわよ。上を蹴散らしてやりなさい!



もう1組。

Nelli Zhiganshina & Alexander Gazsi
ネッリ・ジガンシナ&アレクサンダー・ガージ


Nelli Zhiganshina & Alexander Gazsi - Skate Canada 2013 - SD
http://www.youtube.com/watch?v=E-iHfBSx5nc


おっさん!おっさんよ!まだ29歳だけどシャイニング&ブリリアントだわ!
主に頭が!民放はこのおっさんをもっとフィーチャリングしなさいよ!人気出るわよ!
政治的に正しい言い方をすると頭部の毛髪に部分的に恵まれていない日本中のおっさんたちから熱烈な支持を受けるわよ!だってめちゃくちゃカッコいいわ!
ツイズルのズレだって「こういう役柄なんですよ、へへへ☆」って言っときゃいーのよ!
小芝居どころか芝居しかしてないわ!最高よ!

そしてキスクラでコーチ自らがシャイニングアピールよ!
いいわ~。

女性は成長しすぎたキューピー(美)みたいだしさ。このスタイルの良さ、ドイツじゃ奇跡的なんじゃないかしら?ビールビールビールソーセージビールビール豚の血の入ったソーセージビールビールビールあっ酸っぱいキャベツも食べときましょビールビール、みたいな食生活を想像してしまうせいかこのスタイルは神秘だわ!

この姐さんこそディズニーアニメのプリンセスにいそうよね。誰だかはわからないけど。顔がはっきりと3Dだわ!と思うわね。何言ってるんだってかんじだけど。

最初ね、男性の衣装があんまり現実的すぎやしない?って思ったの。
女性の衣装がキラキラものはくっつけてないけど、きちんとカットされたデザインで美しいだけにアンバランスすぎるわね、ブオトコがそのまま素のブオトコで出てくるんじゃ興ざめなのよ、いい男がブオトコを演じるからイイのよ!
と思ったんだけど、あたしはこの男性はものすごく魅力的だし何回か見直したらこれはこれでいいのかもね。
何て言うか男性側をもっと非現実的な「しょぼいおっさん」にするか、女性側をもっと非現実的な「ゴージャス&セクシー美女」にするか、演劇的効果をねらってもっと過剰にしたらいいのに、って思ったってことね。

でもいいわ~。
五輪シーズンにあえてこれをもってくるインテリジェンスとおふざけっぷり。こういうのが評価されてたのが昔のアイスダンスよね。

何がいいって滑っていることをちっとも意識させない足元だわ。あたしがすっごく好きなタイプのスケートだわ。
正直、おまえら滑ることより自分らが面白がることに一所懸命だろって言いたくなるような部分もあるけど、でもそれでいいじゃないの。
フリーレッグの処理とか足の角度とか、足って上げたら戻さなきゃいけないから、高く上げるほど迅速性が求められてバランスも崩しやすいし疲れるわ。やっぱり一位になった人たちの演技はもうペアかよってくらい速度もポジションも違うし、何より滑りの質がいいわよね。でもあたし昔っからテッサ・バーチュー&スコット・モイヤーって好きじゃないのよね。近年ますます「ためにするドヤさ加減」が増加していて、見ていてちっとも楽しくない。なんかこれだけすごい人たちに申し上げるのは大変恐れ多いことなんだけど「うまいわね~。で、だから何?」って感じるのよね。
これってシングルのグレイシー・ゴールドにも感じるのよね。「フーン」て。
キムキムチャーンのチャンのことは見てもいないわ。

好みの話だからね。ファンの皆さん、ごめんなさいね。しょせん素人のえこひいきで完全に印象の話だからごめんなさいね。

それにしても点が出たときの呆然としたお通夜キスクラ、悲しすぎるわ。
この組がめちゃくちゃ低い評価だってことにキムキムチャーンよりも「黒カナダだな」ってあたしは思ったわ。
でもまあ仕方ないわね。
ジャッジスコアはこちらよ。SDだと6位ね。ヲヲヲ
http://www.isuresults.com/results/gpcan2013/gpcan2013_IceDance_SD_Scores.pdf


あたしは大好き。


フリーダンスの映像よ。

Skate Canada 2013 - Nelli Zhiganshina & Alexander Gazsi (GER) Free Dance
http://www.youtube.com/watch?v=7r_rCremiP8

ジャッジスコア
http://www.isuresults.com/results/gpcan2013/gpcan2013_Ladies_FS_Scores.pdf


もうね、出てきた瞬間に「あんたたちが優勝でいいわよ!」って声をかけたわ。
この舞台。この環境(バチュモイの根城のおカナダ様よ!)。この季節(五輪シーズンだってわかってんの?)。この勇気(あんたたちこれで台乗りしようって思ってるわけ!?)。
小芝居大爆発www
姐さんの衣装とあいまってバスクリン感覚よ。こちらに何も突き付けてこないからゆったり楽しんで見られるわ。
こういう組は一緒になって乗せられて笑って見ていればいいのよ。ときどきひらめかす「おっ!やるね!」ってところにどきどきしながら。

愛さずにはいられないわ。衣装も同じだわwwww
最初にね、手にキスをしようとしてふり払われるのね。一瞬だけど振り付けにちゃんと入っていて最後にこれが活きてくるのね。いいわ~。この所帯じみた嘘ゴージャス感、悪くないわ~。

でもいきなりぐらついてるわね。マイナスついてるけどゼロ評価のジャッジのが多いわ。これは「輝きと相殺しますね」ってことかしら。いやいやここはマイナスつけましょうよwww

でもねでもね、一位の人がレベル2なのにこちらはレベル3を取っている技もあるわ。さすがよ!
ドイツ組だと2番目に実施したDiSTってところよ。一位の組は最後から2番目の部分ね。
ダイアゴナルステップ、ドイツ組はレベル3、一位の組はレベル2だわ。
でも加点で同じにされてるわ(笑)。

5.00+2.33=7.33
6.50+0.83=7.33

レベルが取れなくても加点で圧勝ってどっかの誰かさんが得意だったわね。レベル取ったうえで加点で圧勝とかもあったわね。
あーやだやだ。

ともかくオモロイから絶対見てね。

そして足元勝負のはずだったアイスダンスがいつからこんなペアみたいな競技になったのか驚いてよ。
リフトはこんなにいらないわ。もっと滑りを見せてほしい。
昔は男性の肩から上に女性を持ち上げてはいけない、なんて決まりだったのにねえ。
あら顔から上だったかしら。あたしなんかリフトは男性のヘソ以下よ!っていつも思うわ。
(それはリフトじゃないわねww)

あたしはテサモエよりもメリチャリ派よ。あの爽快な清涼感とダイナミックでセンシティブで、めちゃくちゃ上等な滑りの質は本当に本当に大好きだわ。

そのノエビア姉さん組と糞ったれ馬鹿キムチのへろへろスケーティングの評価がほとんど同じってどういうことよ!
これだけでもジャッジがいかに糞なのかの証明になるわ。

メリチャリの映像を見てからクソったれインチキカネメダリストのへたくそ野郎KYの演技を見てご覧なさいよ。

「はぁ?」

しか感想が出て来ないわ。ふざけんなってのよ。


あとねえ、安藤美姫!
アイスダンスはシングルよりも楽なんかじゃないわよ!

リフトの難しさがわからねーのならあんたはスケーターじゃないわ。
そもそも二人で同調性をそろえてきて、その上で「演技」をしていくのよ。安藤美姫が二人いたら1秒でつかいみあいの大喧嘩だわ。そののちお互いに「あっちが悪くてぇ~あたしは何もしてないにぃ~」って40年間言い続けだわよ。

なんで何かと比較することでしか、自分の思いを言えないのかしら?
ペアもアイスダンスもシングルもすべてそれぞれに難しいわ。比べるべきことじゃ、ないのよ。

本当にオツムが貧しいというか、感性がゼロというか、詩人の鈍感さ、ってあたしはいつも思うんだけど、ミキムチの「自分だけが繊細で傷つきやすい」アピールはそれだけでもう鈍感で馬鹿だって証拠よね。

あたしはこれまでたとえミキムチにでもできるだけフェアでいたいと思っていたけど(思ってはいたのよ!これでもね!)、アイスダンスはジャンプがないからシングルより楽だ発言を知って、初めてミキムチに殺伐とした感情をおぼえたわ。あんまり怒ると人の感情ってとってもフラットになるのね。

今後はミキムチが歩む無常な荒野を「フーン」て言って鼻をほじりながら眺めさせていただくわ。

っていうかどうでもいいわ。
あんたが本当に底なしに救いようのない馬鹿だって再確認できたから、とっても気持ちが楽になったわ。もう一切同情しなくていいんだもの。


あんたは敵よ。

ばいばい、ミキムチ☆


ということでへんなのさえいなければアイスダンスも超面白いのよ。
まずはキャラが立った人をみつけて過去にさかのぼって映像を見て「やだわこの組、いっつも衣装が変だわ!」とか「そのアイメイクは気持ちはわかるけどハコフグみたいよ?」とか「うわー、すっごいリフト!今すぐシルク・ド・ソレイユに入れるわね!」とか、いろんな面から入って行っていただきたいわ。

アイスダンスが先なのよ。氷の上で優雅にあでやかに滑るのが最初のスケートだったのよ。

アイスダンスにおけるコンパルソリーの廃止は致命的なミスだったわ。

シングルでコンパル廃止と同時に地味でも滑りのうまい、だけどジャンプが苦手な選手がいっせいに姿を消して、糞ったれど下手な気持ち悪いアヘ顔しかできねえ嘘クソーンが五輪金メダリストなんて大惨事を引き起こしてしまったように、

「今」がアイスダンスのピークかもしれないわ。

さびしいわ。

シングルでも、コンパルソリーとクラシックバレエの基礎を積み重ねてきた人だけが強く正しく美しいのよ。

なぜならそれがフィギュアスケートってもんだから。


クラシックバレエは「正しい体の使い方」の巨大なデータベースなのよ。過去のすべての実施を通じ、人類に普遍の「どうしたら美しく見えるのか、その正しい筋肉の使い方」と「美しい肉体をより美しく見せるための演出・振り付け・衣装・メイク・食生活・体幹運動」の集積なの。

無数の人柱の栄光と悲惨の経験から蓄積された「知識」の宝庫。

浅田がハンガリーで旅の予定を変更してまでバレエを徹底して学んだことも、日本でバレエレッスンの時間を増やしたことも、「正しさ」の選択眼に曇りがなかったってことの証拠よね。

ファンの応援だけじゃない、ヨーロッパ最強の「人体の正しく美しい動かし方」という圧倒的な美の殿堂すら背中に背負い、浅田は今日も王道をいく。すごいことだわ。


今回のスケカナで出場していた組はどれも個性豊かで面白いわ。ぜひご覧になっていただきたいわ。もう終わったけどね!


アイスダンスはいいわよ~。足元チェックよ!



人気ブログランキングへ

関連記事
アイスダンス | コメント(18) | トラックバック(0) | 2013/10/27 18:33
コメント
肩からデス(^^)
姐さん、アイスダンスはやっぱり最高です!!

昔は、リフトは肩から上はNGでした。ジャンプも1回転以上はダメでしたよね?!

アンドイレ・ブキン、覚えていますって、忘れられません!ちょっとデヴィッド・ボウイに似ていました(^^)

コンパルソリーが無くなってダンスに興味が失せていましたが、また見てみます!!
このブログを知り、世界が広がっていくのが快感です~~~☆


追伸)私もメリチャリ派です♪
そして、リフトはいらんと思います。ダンスはしっかりホールド組んでステップで魅せてほしいですっ!!
16トン
手相見姐さん様

稲田悦子先生知りませんでした。
ヒトラーと握手をしたなんて。時代ですね。

ご紹介いただいた動画楽しませていただきました。

アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン組が
あのフランク永井もカバーした「16トン」で
演技をしてるとは感激でした。



時の流れ…
イワンさん、アンドレイさんの息子さんなんですね!
リアルタイムでカルガリーを未定た私
時の流れを感じました

アレクサンドラさん
正統派美少女可愛いですね♪
イワンさんも好青年って感じ
アイスダンスは放送されることじたいが少ないですからね~
堪能させていただきました

私もリフトいらない派です
いつも、怪我をしないかとハラハラしながら見ています
氷上の社交ダンスにリフトはいりません
私もメリチャリ派
姐さん、姐さん。
ああ、うれしい。同じ意見の人がいて。

私、アイスダンスはニワカです。
ですから、いわゆる「アイスダンス通」の人が、
テサモエのほうが、アイスダンスとして感情表現が上だって言う
のを聞くたび、なんだかなぁ、と思って。
(タラソワ先生もロンドンワールドは
メリチャリよりテサモエのほうが優れていた、と)

でもニワカなりにですね、あのスコットの悪人面が、
どうも気にくわない。それが、ダンスにもあらわれている。
もちろん、テッサもビッチです。色気に“邪”がはいっている。

それにひき比べ、チャーリーの可愛らしいこと。
メリル様の、品があって変な色気をおしつけないところも好き。
2人の、足元や体の動きが爽快で、
運動性がすんごく高いところも、私は大好き。

アイスダンスは、男女のケミストリーの妙味が見どころ、
って言われますが、テサモエのはもう結構。ゲップが出そうで…。

安藤さんの「アイスダンスはシングルより楽」発言へのご意見、
私も、まったくもってその通りと思います。
あの人は、足元を大事にしてこなかったから、
わかんないでしょうかねー、ダンスのすごさが。
ホントに、ホンっトに、しょうもない人だ。

ただ、1点だけちょっと疑問が…。

本当にオツムが貧しいというか…同意
感性がゼロというか…同意
詩人の鈍感さ…………ううっ。これだけは、よくわかんね。
(私なりに“詩人”の意味を考えてみますね)

さぁて、
ご紹介いただいたアレクサンドラさんのと、
ジガンシナ&ガージの動画を見ようっと。



超ニワカです〜。
昔からシングルは見ていましたが、アイスダンスはメリチャリが好きになってから見だし始めましたニワカで〜す。やっぱりテサモエより、メリチャリですよね〜。どうもテッサが苦手で…。リフトとか凄いんでしょうけど、なんか体操かアクロバットみたいで。同じリフトでもメリチャリの方がエレガントで綺麗!と思ってしまうほぼ素人の私で〜す。グランプリファイナルのチケットが手に入ったんで、真央ちゃん応援が最大の目的ですが、アメリカ国旗持ってメリチャリの応援もしてこようと思ってます❗️
わーい!
姐さんもメリチャリ派でうれしいです!
メリチャリの美しいスケーティング大好きです!

テサモエもスゴイと思うのですが、どうにも好きになれません。
押し付けがましいからでしょうか?
あくまで好みの問題ですが…

キムキムチャーンのチャーンも4回転2回決めるし、スピンばブレないし、スケーティングはスゴイと思うのですが、全く面白くありません!
何一つ心打たない…
キムキムより努力している姿が見られるのだけが救いです。
好きではないですが!!

バレエは全てのダンスの基礎ですよね!
全てのポジションが計算され尽くしている。
そして、一流のバレエダンサーは、さらにそのポジションの中で、今の自分が最高に美しく見えるポジションを探す!
だからバレエは美しいのだと思います。

坂東玉三郎さんが花魁姿で立っている美しい写真を見て感激したことがあります。
片方の足を後ろに引いて、後ろ重心で立っているのですが、重い鬘と衣装を着けてそのポーズをとるのは、男性でも大変だと思います。
演じる人が大変ではないポーズは美しくないのだそうです!

真央選手のFSのスパイラルもそうですよね!
演技最後の疲れたところであの超絶スパイラル!!
毎回泣けます!

バレエは男性が持ち上げてリフトしてるんじゃなくて、女性も上がってるんです!
2人の呼吸が合わなければ、例えオペラ座エトワールだって美しくリフトできないと思います!
アイスダンスも同じですよね?
バレエ習っているので安藤さんの発言は正直腹が立ちました。
そんなことも分からないなら安藤さんはもうアスリートではないですね。
残念です!

もちろん、自分が苦しいことは一切しないから、美しいポジションなど皆無なキムキムなど論外です!

もうリンクに戻って来て欲しくないです!
Re: 私もメリチャリ派
はらっぱさん!!!完全同意だわ!

あたし遠慮して記事には書かなかったんだけど、テッサの「腰」がものすごく気にかかるのよ。『1984年』というビッグブラザーという組織に支配されるディストピアを描いた小説のラストで、主人公のウィンストンと共に収監されて別々に拷問を受けた恋人のジューリアが、のちに再開したときに何をされたのか腰が異様に太っていたって記述を思い出してゾ~ッとしたの。

あなたのコメントを読んで同じことを思っている人がいたのね、と思ってほっとしたわ。

滑りはうまいわ。評価が高いのも当然だわ。だけどあたしにとってはそれ以外の「イヤだー」と思う要素のほうが多すぎて見たくないスケーターなの。
ファンの皆さんには悪いけど。

あたしはメリチャリが大好きよ。


詩人の鈍感さ、というのは「繊細でーす、天才でーす、普通の人には見えないものを感じ取り、それをすばらしい詩作にものして人々に感動を与えまーす」って猛烈アピールしてくる困ったちゃんの無神経さを表現する姐さん語よ。

あれね、俺は偉大なロケンローラーになる!つってニートをしている次男坊がサラリーマンのお父さんを馬鹿にしまくってるくせに、飯はおやっさんの稼いだ金で食ってるようなかんじ?

自分にだけ繊細な馬鹿ってことね。
うふふ、姐様こんばんは、初めまして。
あっついアイスダンス愛が伝わって来る記事ですね。
私の記憶違いでなければ、その昔、アニシナ・ベーゼラ組がそれはそれは情熱的な演技で、これでもかといわんばかりのあっつい表情で滑ったところ、「この顔はやり過ぎですね、減点対象になるかも、ですよ」というようなことを解説で言われてました。(N杯かな)
当時は感情の露骨な表出=下品、とみなされていましたよね。
そっからすると、キムチのアヘ顔が表現力‼とされる現状は、ほんとに隔世の感が致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ジガガジ大好きです♪
姐さま、アイスダンスといえばテサモエ、メリチャリの名前はよく上がるけど、ジガガジの名前を見かける事はあまりないので嬉しくなりました♪
ジガガジのゾンビのプログラムが大好きで。
難しい事をコミカルに演じてて凄いと思いました。
(顔芸も、これぞ顔芸という演技で笑いが起きていた)
ドムシャバが引退してからロシアの選手はチェックしてなかったんですが、姐さまイチオシのステパノワ&ブキン組、チェックしてみます。
私もメリチャリ派です♪
今期のプログラム、シェヘラザードが素敵すぎます。
わたしもよるねこさんと同じく、前シーズンのゾンビダンスを見て、ジガガジファンになりました。
面白いことやりながら、でも足元はしっかり滑っているというのが凄い!
何でこれをテレビで放送しないのか、勿体無いですね。

もちろんメリチャリ派!
きゃあ!アイスダンス
姐さま

怒涛の更新、ようやく追いつきました。
お題はアイスダンス!

アイスダンスは、リフトもペアスピンも要りません!
あれは、ペアに任せとけばいいといつも思います。

それより、ダンスなのだからひたすらホールドの正確さと足捌き見せてよ!って、毎回思います。

もちろん、メリチャリ大好き!
燕尾服姿の胸板厚いチャリー素敵です。
妖精風味のメリル様も、超素敵過ぎます。

でも、今期はなんと言ってもリード姉弟組応援します。
いつも健気過ぎて、泣いちゃいます。


仰るとおり、全競技コンパル復活希望します。
あれは地味だけど、エッジコントロールの正確さが要求されますよね。
ピアノで言えば、ハノンピアノ教本って感じだと思います。
アイスダンスって凄い!と初めて思ったのが、トービル&ディーン組のボレロでした。これは何?、凄いで、見入ってしまったのを覚えています。

メリチャリ 凄いとしか、言えません。他に表せる言葉が見つからないです。

リード姉弟組にはがんばってほしい。クリスの怪我がこれ以上悪化しないようにと思います。

アイスダンス、ペアも放送してほしいと思います。
放送で見るから、やりたい!と憧れる子供たちが出てくるんじゃないかなと思うのですが。

余談ですが、以前日本人選手の誕生日を調べたことがあり、姐さんが言われるように、ほとんどの選手、先生が11~3月の冬、寒い季節のお生まれでした。たまたま調べていた外国の選手では、プルシェンコ選手(11月)、P・チャン選手(12月)でした。
ちなみに私が調べたなかの夏生まれは、
6月:満知子先生
7月:舞さん、庄司理紗さん、
8月:みどりさん、今井遥ちゃん、木原龍一くん
9月:真央ちゃん、本郷理華さん(キムチ…)でした。
皆様、すごい…
アイスダンスは、それこそリフトだなんだと入ってきて
ペアとの違いはなんなんだとげんなりしてしまい、
これじゃ、柔道がレスリング化したのと同じじゃないかと暫く見てませんでした。

皆様の意見を拝見して、
すべての競技を真剣にみるようになりました。
ありがとうございます!

でも、私の中では、ウーソワ・ジューリン組がまだまだ不動なのです。
フィギュアを見て、初めて涙したのは彼女たちでした。
(ミドリも涙しましたが!ハリケーンガール!!)
昔は…
はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。ジャンプの種類見分けも全くの万年初心者です。勉強して皆様に追いつかなくっちゃと、あせあせしてます。
アイスダンス、私が子供の頃は(年がバレバレですが(笑))、リフトは肩の高さまでと決められていただけでなく、確か5秒ルールというのがあって、二人が5秒以上離れて演技すると減点対象になっていたと記憶しています 氷上の社交ダンスと言われ、常に二人が寄り添って滑るその優雅な演技にうっとりと見入っていました。解説はとにかくスケーティングの上手さに重点がおかれてなされていたと思います。
ききょう様のコメントに挙げられていた「トービル&ディーン組のボレロ」でリフトの解釈が変わり、今のアクロバティックな姿に変化していったのではないでしょうか。彼らの演技は圧巻の出来で、 審査員全員が6.0満点の芸術点をつけました。その時のアナウンサーさんだか解説者の方が、これからしばらくアイスダンスプログラムでボレロを使うことはないのではないだろうかと言っていたような。
その後、スケートを見ない時期が長く、気がついたらリフトあり、離れての演技ありの今の形になっていました。今更、元の姿になることはないでしょう。そんな現状の中では、演技者は断然にメリチャリ押しです。勿論、演技が魅力的なことが一番の理由ですが、彼らは日本を愛してくれていますしね。テレビで放送されることの少ないアイスダンスですが、NHK杯ではたっぷり映してくれるでしょうから、彼らの演技を堪能したいと思います。
初めてなのに長文になってしまいました。
もし、どなたから間違いのご指摘がありましたら、申し訳ありませんが削除お願い致します。
ぷにさんへ
> リフトは肩の高さまでと決められていただけでなく、確か5秒ルールというのがあって、二人が5秒以上離れて演技すると減点対象になっていたと記憶しています 氷上の社交ダンスと言われ、常に二人が寄り添って滑るその優雅な演技にうっとりと見入っていました。解説はとにかくスケーティングの上手さに重点がおかれてなされていたと思います。

そうだったわね。今じゃ考えられないルールだわ。

氷の上で滑って踊る優雅さはもう戻らないのかしら。
新しい時代の優雅さに今ひとつ慣れていけない古い頭の人間なのよ。

あたしはスケート観戦では足元ばっかり見ているわ。
リンクの横に溝をほって目の高さにリンク表面がある席が売り出されたらそこを買いたいわ。

・・・そのわりに衣装がどうの表情がどうのってそればかり書いているのはストリーミング放送がギザギザでエッジワークとか微妙な映像だったからなのよw

適当でごめんなさいねえ。
はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいてます。
まさかジガ・ガジの魅力を熱く語っていただくとは!
自分も一緒に仕事してる相方に
すすめていたので嬉しくて書かせていただいてます。

私、アイスダンスは詳しくないのですが
ジガガジさんのロミジュリを観てから(2年前?)
「え!ガジさん、ロミオなの?しかも音楽が
羽生選手と同じディカプリオの映画・・・・」
いろいろな意味で衝撃を受けました。
それからアイスダンスの動画巡り始めました。
昔は興味なくて退屈だなーと思ってた
コンパルを観て萌えております。
あのエッジ使い、二人の足元の近さや
ステップを観てるだけで幸せです。
思わず「お願い!氷上の社交ダンスに戻ってー
滑りでムッフーンi-178とさせてー」
と空に向かって叫んでおります。

足元大事ですね
こんばんは。私は手相見姐さんのブログを読んで、アイスダンスのことを知りました。メリルとチャーリー、素敵ですよね。
コンパルソリー、復活してほしいですね。滑りが美しいって、本当に見ていてため息が出ちゃいます。

管理者にのみ表示