FC2ブログ

「嘘」を報じた朝日新聞サイドの「思惑」



どんだけやめさせたいんだよ朝日新聞サイドは

http://www.sankei.com/politics/news/171020/plt1710200037-n1.html

朝日を否定

朝日新聞というのは「単なる私的企業」ですねえ。
天皇陛下について「単なる一介の私企業」がなぜ嘘を報道するのか、できるのか。

こういうところがなぜ「嘘」をせっせと報道するのか。

どうあっても大至急「次」にしないといけない理由がありそうです。


とはいえ皇后陛下は譲位を喜んでおいでのごようすです。

宮内庁>皇后陛下お誕生日に際し(平成29年)
http://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/14



 陛下の御譲位については,多くの人々の議論を経て,この6月9日,国会で特例法が成立しました。長い年月,ひたすら象徴のあるべき姿を求めてここまで歩まれた陛下が,御高齢となられた今,しばらくの安息の日々をお持ちになれるということに計りしれぬ大きな安らぎを覚え,これを可能にして下さった多くの方々に深く感謝しております。



6月9日は現在の皇太子が結婚した日です。
1993年(平成5年)6月9日に小和田雅子氏が皇室に入った日。まさにその記念日に特例法が成立。
「このままだと、必ず次」の人たちの特別な日に「特例法」。

ちなみに悠仁親王殿下は2006年〈平成18年〉9月6日生まれでこの誤成婚をひっくり返した日にお生まれです。

日本の神々の出された結論は「皇統は弟宮に移り、日本は続く」「現東宮の家は、三人の死をもって断絶する。三人で絶える」というものでした。これは神様の出された結論なので人間は従うの他はありません。

姐さんが朝日新聞サイドの人間だったらこういうプランを持ち出しましたがね。

プラン1 愛子さんは男性だったと報道する。替え玉を用意すればいい。
プラン2 「何らかの事情」により、もっと早い段階で現東宮妃を交換して男子を生ませる。

どちらも「もう遅い」です。

神々が出した結論を前に、左翼は意外と押しが弱かった。「もう遅い」です。




皇后陛下はお言葉の中でほかのアスリートの名前も出しながら真央ちゃんの引退会見が心に残ったと触れていらっしゃる。

同時に今上陛下の「特例の」譲位について「安らぎを覚え深く感謝」と記していらっしゃる。

「しばらくの安息の日々」を陛下は本当にご希望なのかわたしは個人的には大いに疑問です。
「朝日新聞は日本の敵」であってみればまして疑惑を消せません。
このような「嘘」を堂々と貼ってくる連中の意図が奈辺にあるのか。

皇后陛下は「今上陛下のお気持ちに沿い続ける」ということを実行なさってこられた方です。
ましてお立場上こう言わざるを得ないでしょう。


「どうあっても一刻も早く今上をおろしたい」人たちの目論見というものに焦点を当てて考えなければいけないでしょう。

まあ「特例」がどこでもろくでもないことはフィギュアスケートをご覧の皆さんはとっくにご存じで憂慮するところでありましょうし。







・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。
・悪質なコメントはIPアドレスを含め記事に掲載することがあります。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
皇室、神道、信仰など | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/10/21 01:26
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
村井知事も記者会見で共同通信とやりあってました。日本の敵は日本のマスコミですね、早く早く日本中にこの事が知れ渡ってほしいです。
吐き気がしますね
ttp://japanese.joins.com/article/744/234744.html?servcode=600§code=670&cloc=jp|main|inside_left

反吐が出ますね!
非公開コメントのYさんへ
コメントありがとうございます~。

姐さんのTwitterのツイートは数が多いので適当にご覧くださいね、ほんとにすみません。

> 『現在の天皇家より古い家の人間が「ちょっと待った、ヤマトがいいものであり続けると約束したから従ったんだ」と物言いをしてもいい頃合い』という言葉がふと目にとまりました。私もこれをずーーーっと待っていました。

ですよねー。心ある方々はみんな思っていると感じます。
そして懸命にその思いに応えようとなさっているのが今上だと感じます。


> 私には分かりませんが、姐さんには日本の古い神様のことが何か見えておられるのでしょうか?

ここで衝撃発言をいたしますが、ヤマトは「人間」しか持っていませんでした。
「人間」と、「その技術」で地付きの人々を従えたんです。
だから渡来して、帰化した大陸由来の高度な技術者集団を常に取り入れ、人々を従えるための「技術力」を常に誇示し続けた。
聖徳太子もそうですが、「外国の神様」として仏を取り入れ、聖武の命令で全国に神宮寺、八幡宮をつくらせ、
マーキングを繰り返してきた。
そして彼らが採用した「正当な祭祀」と規定しているものはほとんどすべてが地付きの人々の先祖神への行いだった。
物証がちゃんとあります。
ヤマトは現世を支配するために、あの世のシステムも作り替えた。
現世で王者であるために物質偏重に逆になった。

姐さんはヤマトが干渉してくる以前の「夢の拾い食い生活」「暮らしのための労働のない社会」を覚えています。
そのころから一緒に暮らしていた歌と踊り(ようは空気の振動)とエロ話が大好きな存在を「日本の古い神々」と言うのなら、よく知っています。

みんな、ヤマトが「人間」である天皇の名前を張り付けて、いわばお札で「こっち側デゴザイマスヨ」と従えていってしまった存在たち。

そして仲良く暮らしていたら明治という人間がめちゃくちゃにぶっ壊してしまった「関係性」。

みんな、よく覚えています。

愛子さんが「公民(おほみたから)=ヤマトにとっての納税者である値打ちのある労働力を持った人間☆」と猫に名付けず、「ニンゲン」としたときに「ああ、こういうところで馬脚が出るな」と姐さんは思いましたよ。

と、まあ、こういうことばかり考えている者からするとヤマトが用意した「次」は非常に心配ですよ。

管理者にのみ表示