FC2ブログ



キム・ヨナのひどすぎる不正採点について書いていくわよ!

Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

アネザイチカ

Author:アネザイチカ
フィギュアスケート女子シングルの採点のヒドさについて書いていくわよ!リンクフリーよ!あたいの名前はアネザイチカよ!

リアル・マン 小塚崇彦



小塚くん集合写真

小塚君、元気に日本中を飛び回っているようですね。集合写真、笑顔の小塚君がいて嬉しかった。
好きで尊敬している方にでもこういうことをするのが姐さんですけども、もう皆さんはとっくに慣れてくださっているはずです。

こづこづ。

ソチに行かせてあげたかった。高橋と町田と小塚の三人でソチに行かせてあげたかった。

スケ連の選手への暴虐ぶりを小塚はわが身で味わった。
自分の採点について、あるいはライバル選手の得点について批判した人はいた。
でも、カテゴリ違いの女子の採点について、もっと選手の側に立ち、フェアにやってくれと言ってくれたのはこづだけだった。
自分も現役だったのに。
報復されるのは明白なのに。

こづ。

スケートをやめる、滑ることをやめる、とあなたが言ったとき、わたしは胸がつぶれそうなほど悲しく、苦しかったです。

小塚崇彦の滑りが消える、この世から消え失せるということは、氷上に図形を描く=フィギュア、の根本的な立脚点が根こそぎなくなるということだから。
強く正しく美しい「本物の」フィギュアスケートが、この世からなくなるということだから。

神のごとき名手、スケート巧者、超絶技巧の持ち主が「滑ることをあきらめる。断念する」。

胸が張り裂けそうでした。

これほどの名選手にして実績の持ち主が、「あきらめる」。

なんということだろう。

町田も、高橋も、真央も、小塚も、「滑るのことそのものをやめたい」と思わせてしまうこの現状。

こんなことがあっていいのだろうか。いいはずがない。

小塚が滑るのをやめてしまったら、フィギュアスケートの歴史も伝統も美しさも、すべて失われてしまう。

本当に、危機感を持ちました。

でも、舞ちゃんのときにも書いたように、わたしが小塚の人生を保証できるわけではない。スケートをしていても大丈夫なほどの支援はできない。残念ながら。

それにそこまで傷つき、疲れ果てたひとりの人に、いったい何ができるだろう。

滑るのをやめないで、あなたのスケートが心から好きです。

そんな言葉がここまで苦しんでいる人に、いったい何になるのだろう。

本当に、無力でした。

でも、祈り続けました。小塚くん。折に触れて心の中で語りかけた。小塚くん。あなたの滑りは人類の至宝です。かくも尊い高みにまで至るため、あなたが払い続けた努力の時間を、わたしたちはずっと見てきた。
どんなときも挑戦を続け、自分の理想を追い続け、傷つき、苦しみ、それでも立ち上がるひとりの選手をずっと見てきた。

どうして折れずにいられるのか、不思議なほどの凄惨な環境下で、小塚は決してあきらめなかった。

さまざまな障害がこれでもかと襲いかかる中、小塚崇彦は一体何を見てきたのか。

TOYOTAさんで働くことが決まったとき、わたしはとてもほっとしました。
「外の世界」、ことに世界に冠たる大企業には、人材育成の仕組みもあれば長い歴史からの経験値もある。
何より「たくさんの人」が関わる企業であるのなら、小塚の価値、尊さ、値打ちを正しくみてくれる人もいるだろう。
そういう目を持つ人間が皆無であるはずがない、そんな集団がまがりなりにも日本でトップをはり続けられるわけがない。

小塚というひとりの人間の素晴らしさを、正しく評価してくれる場所はきっとある。

それがスケートの世界「ではなかった」ことは巨大すぎる悲劇だけれど。

人間の愚かさは計り知れない。

でも、小塚は大丈夫だ。絶対に。

そんなふうにも思いました。

時は流れ、小塚はリンクに現れず、わずかに聞こえてくる声は「出張に行くとき、自然にスケート靴をスーツケースに入れていた」とか、やはり聞く側の胸を突きさすものでした。

忘れられるはずがない。捨てきれるはずがない。あれほどの高みにいた人が、「自分の滑り」を捨ててしまえるはずがない。

小塚にはわかっているはずだ、自分がどれほどの高みにいるのか、かつていたのか。

でもそれは日々の研鑽で培われてきたものだ。今、滑らなければ失われる……。

真央ちゃんのTHE ICEで客席にいたこづに「あなたの居場所はそこじゃない!滑って!こづ!滑って!」と腹の底から思いました。

お願い。こづ。

滑ることをあきらめないことが、あの高度な技術を保つことが、どれほど負担で大変か、わかったうえで、それでも言う。
願ってしまう。

だってこづの滑りは素晴らしいから。本当に、素晴らしいから。

かけがえのない「人類全体の財産」だから。

スケ連が、ISUが、評価する能力がなかったからといって、あなたの滑り、あなたの演技、あなたの存在が低評価ですまされていいはずがない。

だって素晴らしいじゃないか。

なんていうことだろう。

ひさしぶりに見るこづは、すっかりやせて、大人になって、静かに笑うばかりでした。

とはいえショーの展開について指摘するあたり、おお、成長している!と新たな感動もあったりして。

いつか、という期待と、いや、こづの人生だから、というあきらめと、「ありがとうこづこづ。大好きです」という想いと。

こづがあきらめざるをえなかった地獄のような現役生活。それを阻止できなかった自分の無力さ。

小塚さん、お幸せに。どうぞ末永くお幸せに。

そう祈ることしかできませんでした。

でもある日、素晴らしい知らせが舞い込みました。こづがリンクに戻ってくる!!!!!!

こづこづ!!!!!

嬉しかった。本当に嬉しかった。ありがとう、ありがとう、と泣きながら繰り返しました。嬉しかった。
(家族にも見せられませんから落ち着いてパソコンを閉じて自分の部屋に戻って、さあ大変!無言でガッツポーズを繰り出すわやったあああ!と飛び跳ねるわ、こづと神に感謝の祈りをささげるわ、スケ連への憤りを深くするわ、大変でした)

だからといって復帰のアイスショーには行かないのがわたしです。見たくないスケーターは、見たくない。
こづをもってしてもそのポリシーは曲げられない。
こづはきっと元通り神のごとき滑りを見せているに違いない。と家から感謝しながら深い満足を覚えました。

公式サイトの肩書がデモンストレーターからフィギュアスケーターに変わったのも確かあのころだったのでは。



そして真央ちゃんのおかげでこづがリンクで滑るのをわたしも目撃できました。

本当に、THE ICEはとんでもないショーでした。

チャンも来るべきだったんです。
あんな特別な場所はどこにもない。
チャンも来るべきだったんです。

こづこづはそこでまたとんでもない姿を見せてくれた。

勇者タカヒコ。

王の帰還。

わたしは誰よりも小塚崇彦に「王」の位と適性とを感じます。

彼は祖父も父もスケートにかかわっていた。そしてサラブレッドといわれ、名門出身と名指しされ、そのことに対峙して、「運命」として定められた「滑ること」をずっと見つめ続けてきた。

さまざまなことがあり、「もう一度、選びなおす」ための時間をへて、小塚崇彦は戻ってきた。

もう彼は、どこにも行かない。リンクの上で輝き続ける。

こんなに教え方がうまく、こんなに滑ることがうまく、こんなに明朗で楽しくて、スケートそのものを知り尽くした人はほかにいない。

この人が戻ってきたことを、われわれ人類はひざをついて神に感謝をささげるべきだ。

一度失われてしまったら、二度と再構築不可能な「強く正しく美しい、本物のフィギュアスケート」は、小塚の中に息づいている。

彼は伝統の継承者、歴史の生き証人にして、フィギュアスケートの王なのです。

彼こそがリアルマン。

報復採点を恐れず、不正を許さず、全選手に公正な採点を!と自らの不利益をかえりみず、声をあげてくれた小塚「選手」。

たかちゃんだけは、信用できる。

なぜならもっとも不利益をこうむるはずの現役時代に、すでに「最大の問題点」をはっきりと明確にし、改善案を持っていた人だから、今更、小さな立場や些少の引き換えなどのために、魂を売る必要はない。

しっかりとした企業さん、そこのちゃんとしたまっとうな大人たちもサポートしている。

なにより小塚崇彦自身が、立派な社会人として、折り目正しく、怜悧で明朗で、「働くこと」ができている。

小塚は、立派だ。

たかちゃんだけは、信用できる。ほかの誰が態度を豹変させることがあり、またしてもわたしたちを失意と悲痛のどん底に突き落とすようなことがあったとしても、小塚だけは信用できる。

このような逸材がフィギュアスケートを選んでくれたこと、選びなおしてくれたことを、本当はスケ連こそが地に膝をついて感謝とお詫びをしなきゃいけない。

偉大な存在の欠落は、また、膨大な損失になるからです。


たかちゃんが指導をするところも、ショーで人々を魅了するところも、わたしは何度でも、何回でも、見たいです。


リアルマン。

本物のガッツを持つ偉大なスケーター。

「フィギュアスケートは終わった」と嘆く人にはわたしは首を左右にふろう。

「いいや、ごらん。まだわれわれには小塚崇彦がいるじゃないか。彼がいる限り、本物のスケートは決してこの世から失われることはない」と答えよう。

「彼はスケートの神様からの地上への贈り物。彼の苦しみのすべては、耐えきれないほどの悲しみは、失意は、無念は、哀しい挫折は、強く正しく美しく、正当な歴史の、正当な技術の、正当な滑りの継承者として統治するためにあったのだ。彼をごらん。彼にはすべてができるよ」と。

「あの滑りをごらん。これこそがフィギュアスケートなんだよ」と。







・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。
・悪質なコメントはIPアドレスを含め記事に掲載することがあります。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

C

omment

No title
小塚くんは高橋さんの順位でいけなかったんですけどね
まぁがんばってください
あなたが勝手になにを思っても事実は変えられないし修正できません。

さら URL | 2018/02/06 15:36 [ 編集 ]

No title
「勇者タカヒコ」いいですね。


猫鍋 URL | 2018/02/06 20:08 [ 編集 ]

No title
こづが戻ってきたとき、本当に嬉しかった!!
引退した時に流した涙以上にうれし泣きしました。
小汚い日本のフィギュア界で、こづは一筋の光です。
もう少ししたら、きっと真央ちゃんも戻ってくる!
その時はこづと一緒に、腐れきったスケ連を解体して貰いたい!!ずーーーーーーっとそう願っています。

全然関係ありませんが、こづの奥様のブログに登場するこづ2世が、笑っちゃうくらいたかちゃんそっくりで♪
テレビに映る四大陸の坂本選手の演技を「じーーーっ」と観ている姿は「さすがたかちゃんのお嬢さんや」とホッコリしました。いつかキスクラに、こづと並ぶ姿が観たいです。

sayuri URL | 2018/02/06 20:46 [ 編集 ]

No title
姐さま、
さすが、地元では進学校の東海高校を蹴っただけあります。
勇者たかひこ

ホントに真央ちゃんにもタラソワ先生のプログラムを携えて
プルシェンコみたいに「4年戦ってきた奴に勝った」と豪語して戻ってきてもらいたいです。
それに『リチュアルダンス』の旋律も好きだったので完成形を観たいです。

それと、村主章枝先生は今カナダでインストラクター、振り付け師の修行をされているんですね?

たまたまテレビ1/28しくじり先生 俺みたいにはなるな
っていう番組で知って泣いてしまいました(ToT)

アラカーさんが、5億の豪邸を建てているときに
衣装使い回しの生活、、、
真央ちゃん同様フィギュアが大好き何ですね♥

第2二酸化鉄 URL | 2018/02/06 22:07 [ 編集 ]

No title
姐さま、
さすが、地元では進学校の東海高校を蹴っただけあります。
勇者たかひこ

ホントに真央ちゃんにもタラソワ先生のプログラムを携えて
プルシェンコみたいに「4年戦ってきた奴に勝った」と豪語して戻ってきてもらいたいです。
それに『リチュアルダンス』の旋律も好きだったので完成形を観たいです。

それと、村主章枝先生は今カナダでインストラクター、振り付け師の修行をされているんですね?

たまたまテレビ1/28しくじり先生 俺みたいにはなるな
っていう番組で知って泣いてしまいました(ToT)

アラカーさんが、5億の豪邸を建てているときに
衣装使い回しの生活、、、
真央ちゃん同様フィギュアが大好きなんですね♥

第2二酸化鉄 URL | 2018/02/06 22:09 [ 編集 ]

第2二酸化鉄さんへ
コメントありがとうございます。

ん~、ぷみえ姐さんに関してはかなりに自分によい言い方しかしていないので調べてみることをおすすめします。
アラカーさんがすべきことをしないでご自分のぽっぽを温め続けていたのは事実でしょうが、ぷみえ姐さんはぷみえ姐さんで本人の言い分だけうのみにしてはいけないと思いますよ。

アネザイチカ URL | 2018/02/07 01:24 [ 編集 ]

こづ〜〜
姐さんお久しぶりです

ジャネットリン選手の時から長いフィギュアスケートファンでしたが 真央ちゃんが引退してフィギュアスケートファンを辞めました フィギュアスケートを見るのが辛くなって姐さんのブログやフィギュアスケートに関する事は見ていませんでした
冬季オリンピックが始まるこの時期 姐さんはどうしているのだろうと久しぶりにブログを見ると

こづがリンクに戻ってくるんですね!!
こづの滑りを初めて見た時の衝撃
氷から浮いてるような滑り 静寂の中の情熱
こづは青い炎みたいでした
また見れる事が出来たら幸せです❣️

どら猫 URL | 2018/02/07 09:12 [ 編集 ]

No title
姐さま
アドバイスありがとうございます。
ぷみえ姐さんのやこと、しらべてみます。

皇太子殿下や羽生選手についても、
姐さまはあまりおすきではないんですよね。
私が姐さま同様に尊敬しているブロガー
AmebaブログのEki MAJOさんのご意見と完全一致です。

同じように尊敬する
Amebaの妖精の森のももぴさんは羽生上げだし、
電波せんべいこと播磨屋助次郎や竹田恒泰先生は皇太子殿下は本物の神儀ができるとかおっしゃるんですよねー。
私も皇太子殿下や羽生結弦選手には期待したいです。
次期天皇陛下ですしー(笑)

第2二酸化鉄 URL | 2018/02/07 16:54 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018/02/13 19:01 [ 編集 ]

Re: リズムが大切
非公開コメントのRさんへ

コメントありがとうございます。

嬉しいです。今まさにわたしに必要な言葉でした。
ちょうど今日、スケート靴を買い替えて、新しいブレードで滑ってきました。

周りの滑走環境がスピードスケートしかなくて、もう30年も40年も焦がれてきたフィギュアです。
Rさんが名前を出されたスケーターはわたしの究極の憧れです。

うまくなりたい。今はただそう思います。

憧れの巨星ほどには絶対になれないけれど、わたしは滑る楽しさを知ってしまった者として、いつまでも声をあげつづけ、そして滑り続けると思います。

本当に、本当に嬉しいです。どうもありがとうございます。

お返しというわけではないですが、Rさんちにはワンコさんがいますか?

アネザイチカ URL | 2018/02/13 19:22 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018/02/13 20:06 [ 編集 ]

Re: 嬉しいです
非公開コメントのRさんへ

変な質問をしてしまいごめんなさい。その方は名は体を表す、で大変いいもののようです。
今年はちょうど干支も合致しますので大切になさってあげてください、とのことです。

アネザイチカ URL | 2018/02/14 22:50 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018/02/15 22:09 [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018/02/23 00:13 [ 編集 ]

Re: 胸がつまる
非公開コメントのQさんへ

コメントありがとうございます。

小塚さんの幸せを全力で祈ります。
そのジレンマ、いったいどうしたらいいのでしょうね。運営側の愛人枠の人とかは。

アネザイチカ URL | 2018/02/23 10:13 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/tb.php/1811-7304bacb