FC2ブログ

「データ分析が新技生む」 体操革命、具志堅氏の予言





「データ分析が新技生む」 体操革命、具志堅氏の予言
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28870620S8A400C1000000?channel=DF280920161011

体の動きに加え、呼吸や鉄棒のしなりも目安に

体操の競技団体である日本体操協会(東京・渋谷)は富士通と組み、審判を支援する技術の共同開発に取り組んでいる。レーザー光による3D(3次元)センサーで選手の動きを数値データに置き換え、正確な採点につなげようという試みだ(詳細はこちら)。そうして蓄積したビッグデータは体操競技をどう変えるのか。同協会の副会長で、1984年のロサンゼルス五輪の金メダリストでもある具志堅幸司氏(日本体育大学学長)に聞いた。

■審判の目に見えない内村選手のひねり

 ――これまで体操競技は人の目で採点してきました。なぜ今、テクノロジーが必要なのですか。

 「内村航平選手の床の『2回宙返り、3回ひねり』が、審判の目に見えない場合があります。『2回宙返り、2回ひねり』と誤ってしまい、後からビデオで見て修正する。それくらい、ひねりが早いのです。(テレビで見ている一般の観客は)家庭にいながら、審判が間違えたものを正確に見ることができるというのも、テクノロジーですよね」

 ――テクノロジーの力を借りなければならないほど、技が高度になっているということですね。将来、体操の審判は機械に置き換わるのでしょうか。

 「そうなるかも分かりません。いいか悪いかは別として、可能です」

 ――体操の審判には、技の難度を判定するDスコアと、それが正確で美しかったかを判定するEスコアがあって、その掛け合わせで点数が決まります。機械が担うとすればどちらでしょうか。

 「Dスコアは(機械の方が)はっきりしますね。Eスコアは人間が見ればいい。でも体の角度がいくつだったら0.1減点、いくつだったら0.3減点というように(機械に)インプットさせておけば、Eスコアも機械がやるようになるかもわかりません。個人的には好みませんけどね」

 ――テクノロジーの導入は審判にとどまらず、体操競技そのものにも影響を与えますか。

 「体操競技の発展を振り返ってみると、2つの要素がありました。ひとつは機械器具の改良が進んだことです。たとえば前回(1964年)の東京五輪のときの床は、いわゆる普通のじゅうたんで、3回宙返りはできませんでした。今はバネ(反発力)があるので可能です。鉄棒のバーも我々のころよりしなりますから、3回宙返りも楽にできます」

 「もうひとつがルールです。我々のころ、技の難度はABCの3つの区分しかありませんでした。それが今はCDEFGHIまであります。技はどんどん進化していて、Iという最も難しいとされる技で良い演技をすると、高得点がとれます。そういうルールにのっとって、選手はより難しい技に挑戦しようと練習しています」

 「体操競技は機械器具が引っ張り、ルールが引っ張ってきました。テクノロジーは3つ目の要素になるのではないでしょうか」

――今後、具体的にどのような発展が考えられますか。

 「新しい技が生まれてくると思います。選手は(データによって)自分のやっていることが正確に見えるわけです。選手自らコーチになって、今の動きはこうすればできるんじゃないかと分析できます。それをもとに、また演技して(データを)分析する。その分析もテクノロジーの力を借りることができます」

 「昔は8ミリビデオをよく使っていました。自分で撮って、現像に出して、壁に映し出す。逆に再生することもできて、そうしているうちに『これ、できそうじゃないか』となって、新しい技に発展していく。そうして生まれた技が、いくつもあります」

■感覚、コーチ、データは三位一体

 ――8ミリビデオの逆回しから、ひらめきが生まれるというのは驚きです。選手は自分の感覚が頼りだったんですね。

 「その感覚は今も必要ですが、それにプラスして、コーチからの助言とテクノロジーからの提案の三位一体がこれからは重要です」

 ――テクノロジーを駆使すれば、失敗やけがを防ぐことも可能ではないですか。

 「(選手に)今までと違う力みがあると駄目ですね。僕が着目しているのは呼吸です。現役のときは意識していなくて、引退後にビデオを見て分かったのですが、僕は吸っているときにだいたい失敗しています。どこで吸って、どこで吐くか。今の選手もあまり意識していないのではないですか。呼吸が安定するということは演技が楽になります。逆に緊張したり動揺したりすると呼吸が不安定になって、演技も不安定になります。そういう分析もできるかもわかりません」

 ――センサーで呼吸を読み取って、そのリズムを本番でも守れば、失敗を防げるかもしれませんね。ほかにも、いい演技をするために目安になるデータはありますか。

 「鉄棒のバーのしなりですね。思い切って演技すると、かなりしなります。逆に試合で大事にいかなければいけないと思うと、思いきりがないために、しなりが小さくなるかもしれません。たとえば(体が)バーの頂点にいったときに、練習ではバーの高さより50センチ高いけれど、試合では5センチ低かったとか。逆に思い切っていきすぎて60センチまでいっちゃったとか。そうすると高さが違って失敗につながることも考えられます」

 ――そうしたテクノロジーの発達は、町の体操教室にも恩恵は及びますか。

 「選手にコーチが必要なように、テクノロジーも必須条件になってくるのではないでしょうか。スポーツ界にとっては、(テクノロジーに)使われたらいけないんでしょうけどね」

■データはだれのものか

 ――コーチも、うかうかしていられませんね。将来、機械にとってかわられる可能性はありませんか。

 「やはり、人間の見る目は必要です。それは機械ではできません。たとえば、(リオデジャネイロ五輪で団体総合金メダルの)山室光史選手と内村航平選手が同じ学年にいて、同じ技を教えるのに、内村選手に言うことと山室選手に言うことは違いますよね。人に寄り添って、助言していけるというのがコーチだと思います」

 ――寄り添ってというのは、心理的なことですか。肉体的なことですか。

 「それらを含めて。(指導されたときの選手の)反応も違いますよね。機械は数字は出せても、なかなかそこまではできません。もし将来、機械が(選手の)感情まで検知できるようになれば、機械も必要になるかもしれません。そうなるとコーチが要るのか、要らないのかという議論に発展する可能性はあります。『いいコーチを連れてきたよ』『どこのメーカー?』なんてね(笑)」

 ――選手にとっても、秘密にしておきたいデータもあるでしょう。「データがだれのものか」という問題は出てきませんか。

 「出てくるでしょうね。選手の立場からは、隠しておいてほしいものもあるかもしれません。倫理的な問題も絡むので難しいですね。もっとも(選手のデータが)オープンになったからといって、(別の選手に同じことが)できるかは別問題です」

 ――実際に、そうした議論は出てきているのですか。

 「まだないですね。対症療法ですから。(問題が)出てきたときに、どうしようかとなるのではないですか」

(聞き手は高橋圭介、山根昭)

具志堅幸司
 1956年大阪府生まれ。79年日体大体育卒。84年ロサンゼルス五輪に出場し、個人総合とつり輪で金メダルを獲得。現役引退後は日本体操協会男子強化本部長などを務め、多くのトップアスリートを育成した。2013年4月から日本体操協会副会長。日体大では体育学部長、副学長などを歴任し、17年4月から学長。



国際スケート連盟とは異なり、真摯に、誠実に、正しい採点を実現しようと努力している体操の世界。

うらやましい。本当に、うらやましい。

なぜこれができないのか。なぜ「競技を正しく発展させる」ことを運営みずからが阻むのか。

フィギュアスケートの息の根を止めたISUに、わたしは激しい怒りと失望を感じます。

だからこそ、「スケートなんてどうでもいい」という人たちの分も含めて「正しい採点を」と言い続けたいと思います。

どうでもいい、と見捨てたら、そこが本当の競技の死、だと思うからです。




・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。
・悪質なコメントはIPアドレスを含め記事に掲載することがあります。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事
その他スポーツ | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/04/27 07:42
コメント
No title
ワールドカップ見ながら、思います。
どうして、サッカーにビデオ判定が導入されているのに・・・ 主審に頼りきりだった判断が,本当にクリアになりました。これが、スポーツなんですね・・

管理者にのみ表示