FC2ブログ

あんたたちもっと驚きなさいよ

キム・ヨナのひどすぎる不正採点について書いていくわよ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体操の採点でAI正式運用へ 2020東京大会から本格導入





体操の採点でAI正式運用へ 2020東京大会から本格導入
https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1272139/

【東スポ2020現場最前線】人類を脅かす人工知能(AI)がついに五輪スポーツを支配する。国際体操連盟(FIG)と富士通が共同開発してきた世界初の「体操採点支援システム」が今年の世界選手権(10月4~13日、ドイル・シュツットガルト)から正式運用を開始。2020東京大会で本格的に導入される。高難度の技を機械が解析し、いずれは演技の美しさまでロボットが見極める。そんなSF映画のような世界を目指す革命的プロジェクトを本紙は徹底取材。その無限の可能性に迫った。

 画期的な発明とは、誰もが想像できないヒラメキから生まれるもの。今回のプロジェクトもある人物の“ジョーク”から始まった。キッカケは16年10月、日本人として23年ぶりに国際競技団体のトップに就任した国際体操連盟・渡辺守成会長(59)が「東京五輪ではロボットが採点しているだろう」と冗談交じりに漏らしたひと言だった。開発プロジェクトのリーダーを務める富士通の藤原英則氏(48)は「後からジョークだと知らされました」と苦笑するが「ライト兄弟がそうだったように、斬新な取り組みは最初は物議を醸す。日本で五輪をやるので絶対に世界を驚かせたかった」と熱弁する。冗談と熱意が意図せず融合し、革命的なプロジェクトが2年半前にスタートした。

 世界初の“ロボット採点”の仕組みはこうだ。競技会場に設置された複数台の装置から1秒間に200万点のレーザー光が選手に照射され、その反射時間(タイムオブフライト方式)で人体の立体形状を取得。あのZOZOスーツより何千倍も正確なシルエットだ。そこにAIが骨格を当てはめ、手首、肩、ヒジ、腰などの関節を認識。そして学習して蓄積した「技の辞書」を基に、選手の繰り出した技が確定される。

メリットは計り知れない。まずは採点の「正確性」と「公平性」だ。現在、審判は競技を見ながら採点シートに記入し、瞬時で目視、速記、計算を約60秒で行う。だが、近年は器具が進化し、技が複雑になっているため人間の目ではそろそろ限界。例えば、あん馬の「正面支持」では「頭と腰のラインが15~30度ずれていると0・1減点」と規則にあるが、果たして肉眼で正確な角度を判別できるのか。そもそも個々の審判で見る位置が違っており、特に正面側に審判がいない跳馬では脚の開きを厳密に判定することは不可能に近い。過去には五輪で“誤審騒動”(※後述)も起きている。しかし、時系列データも出るシステムでは微妙な動きも一目瞭然。画面には腕や腰の角度が数値化され、90度未満か否かで決まる「抱え込み」「屈伸」もきっちり判別できる。実際、現場の選手からは「不得意な技を審判から遠い場所でやる選手もいるが、それがなくなるのはいいこと」「人間に見られるより、機械の方がストレスなく演技できる」「会場や審判によって採点が変わらないので集中できる」といった賛成の声が聞こえてくる。

 すでに昨年10月の世界選手権(ドーハ)では試験的に導入し、国際連盟の評判も上々。今年10月の世界選手権では「審判が迷った部分をサポートする」(藤原氏)という採点支援の導入が決まった。さらに渡辺会長は「2020年の東京五輪では5種目の自動採点に取り組みたい」と、ロボットのみの採点を本気で目指している。


当然、課題もある。採点規則の中には「わずかに曲がる」「極端に曲がる」といった抽象的な表現があるため、150~170度を「わずか」と定義するなど、すべて数値化しないといけない。「審判の職が奪われる」という批判の声もある。だが最も大きな問題は「人間の感性でしか見極めれらない“美”を機械が判定できるのか?」という究極のテーマだ。

「明るい、楽しい、目力といった表現力、音楽と動きの調和性、選手の態度といった採点項目まである。同じ動作でも、ただ手を伸ばすのか、ゆっくり伸ばすのか。最終的には人間が太古から美しいと感じる夕日や自然の緑、見慣れてくるという単純接触効果など、すべてをAIに覚えさせないといけない」(藤原氏)

 美しさは人間しか判断できないという意見もあるが、裏を返せばそこに「情」が入り込むスキがある。「実績ある選手に高得点が出るケースがたまにある」と証言する関係者もいれば、ある現役選手は「審判の“情”が入らないのはうれしい限り」と本音を漏らした。

 開発チームは「道のりは長いけど技術者として追求したい」(藤原氏)とさらなる改良を目指しているが、AIと人類が共存するカギがここに隠されているかもしれない。

※誤審騒動=2012年ロンドン五輪の体操男子団体で起きた。5種目を終えた時点で日本は中国に次ぐ暫定2位。逆転を狙って最終種目あん馬に登場したエース内村航平(当時23)はフィニッシュに失敗し、13・466点というまさかの低得点となり、一時は4位と発表された。ここで日本陣営は技の難度を示す演技価値点が間違っていることに気付き、国際体操連盟に猛抗議。約15分間の審議の末に0・7点が上方修正されて2位(銀メダル)となったが、一度は2位と発表された開催国の英国が3位に転落したため表彰式では大ブーイング。内村は「後味の悪いチーム戦だった」とぶぜんとした表情で振り返った。
 その前年の11年10月の世界選手権でも内村は誤審に遭った。個人総合3連覇を狙って繰り出したG難度の大技「リ・ジョンソン(後方抱え込み2回宙返り3回ひねり)」があまりの高速回転だったため、審判の目が追いつかずに「2回ひねり」と判定。コーチの抗議で0・2点アップして優勝したが、肉眼の限界を露呈した形となった。

【競技力アップ】採点システムの可能性は無限大だ。今後は練習での活用も見込まれ、藤原氏は「調子がいい時と悪い時の角度など、感覚を数値化することで選手の質、競技の向上につながる」と語る。もちろん海外への普及も視野に入れているが、いち早く導入できる日本にとってプラスに働くに違いない。

 将来的にはテレビ中継で技の難度をオンタイムで表示したり、会場で音声ガイダンスを併用する案も進行中。「難度の高い技を決めたら画面を光らせたりすれば、お年寄りにも分かりやすい。野球やサッカーのように視聴者が“評論家”になれるような競技にしたい」(同氏)

 また、プロジェクトチームは水泳の飛び込み、シンクロ、フィギュアスケートなどの採点競技の進出も狙っており、ロボットがあらゆる競技を採点する時代はすぐそこまできている。



・ブログ管理人には後からのコメント公開・非公開の変更はできません。内容にはご注意ください。
・コメント投稿時にパスワード設定を行うと投稿者ご自身で後から編集・削除が可能です。
・公開コメントで「メールアドレスが入力されているコメント」は削除します。
・「無記名コメント」は削除します。
・ブログ管理人からのコメント返信はランダムです。
・悪質なコメントはIPアドレスを含め記事に掲載することがあります。


フィギュアスケート ブログランキングへ
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/tb.php/1859-e644c8ef

 | HOME | 

文字サイズの変更

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

必ずご覧ください (7)
JOC (3)
ソチ五輪・劣悪な「アルメニアのリンク」問題 (15)
東京五輪、日本の政治 (82)
TBSブルーリボンバッジ悪用事件 (7)
拉致被害者奪還 (17)
山田宏さん (25)
中国 (3)
韓国情報 (60)
平昌五輪(仮) (40)
講演会・イベント (53)
三浦小太郎氏 (4)
今野良彦氏 (7)
日本スポーツ振興センター(JSC) (5)
スポーツ界のドーピング問題(WADA等) (45)
ISUの諸問題 (44)
IOCバッハ会長と韓国の黒いつながり (18)
IOCヤバイ超ヤバイ (60)
キム・ヨナはIOC委員を目指す (15)
キム・ヨナのドーピング疑惑の歴史 (17)
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 (31)
キム・ヨナの五輪憲章・倫理規定違反(1)ピアス編 (9)
キム・ヨナの五輪憲章・倫理規定違反(2)ロイズ編 (1)
キム・ヨナの五輪憲章・倫理規定違反(3)ロマンソンの時計 (8)
キム・ヨナと他選手の比較 (15)
キム・ヨナは五輪を食い物にしている (9)
キム・ヨナのスケートは下手クソ (19)
キム・ヨナはステップも下手クソ (5)
キム・ヨナはスピンも下手クソ (3)
キム・ヨナの人柄 (15)
キム・ヨナにはバレエの素養はない (24)
キム・ヨナの浅田ストーキングの歴史 (5)
キム・ヨナが抱える多すぎる問題 (79)
キム・ヨナの日 (4)
お笑いキム・ヨナ像 (5)
フェアジャッジングムーブメント (130)
どやさ!私はここに問い合わせた! (1)
およよ!こんな返事をいただいたわよ! (1)
「全選手に公正な採点を!」拡散用エリア (6)
「全選手に公正な採点を!」バナー、グッズ用画像 (24)
「全選手に対する公正な採点を!」各国語翻訳 (6)
「全選手に公正な採点を!」拡散用動画 (23)
「全選手に公正な採点を!」連絡 (13)
チーム・公正 Twitter班連絡用 (12)
愛のたれこみ部屋 (10)
各種問い合わせ先 (10)
海外報道の日本語訳 (35)
電通 (5)
日本スケート連盟・各連盟(理事、職員、ジャッジ、元スケーター等) (108)
フジウェイ (4)
加納誠 (2)
福留富枝 (1)
中庭健介 (1)
スケ連副会長・荒川静香 (23)
荒川静香の衣裳 (2)
荒川静香の深刻なセルフダンピング (1)
人の死にウッキウキの荒川静香 (1)
ユーロスポーツ報道の闇 (22)
英ユーロスポーツ解説者、ジョアン・コンウェイさん (2)
ホイチョイ・プロダクションズに対抗!はきだめコンセプト! (4)
小学館とホイチョイ・プロダクションズ (10)
アメリカ報道 (4)
フィギュアスケート停滞の理由 (5)
試合 (97)
ソチ五輪の対策・暗黒撃退用 (18)
選手への応援メッセージ (10)
GPF2014 (12)
NRW杯調査班 (13)
ゴールデンスピン調査班 (10)
第82回全日本選手権 (1)
GPS2013 (31)
JO2015 (2)
日本の報道 (75)
東京スポーツ (5)
NHKテレビの捏造報道 (7)
KBC九州朝日放送 (1)
西日本新聞社 (3)
九州の韓国おしなテレビ放送 (2)
ロシア (4)
浅田真央 (193)
北米カレンダー (2)
ラフ真央衣装 (3)
浅田真央のバレエ的素養 (4)
浅田真央引退関係 (20)
浅田真央サンクスツアー (5)
浅田真央展 (11)
引退した選手 (114)
伊藤みどり様 (8)
元・安藤美姫 (59)
高橋大輔 (7)
鈴木明子 (2)
織田信成 (6)
町田樹 (1)
小塚崇彦 (13)
恩田美栄 (2)
エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ (2)
キーラ・コルピ (1)
佐藤有香 (2)
村主章枝 (1)
ジョニー・ウィアー (2)
荒川静香 (0)
ステファン・ランビエール (1)
浅田舞さん (6)
P.チャン (2)
アイスダンス (5)
宮原知子 (3)
スケート関連 (24)
宇宙 (7)
皇室、神道、信仰など (56)
今上の御製 (3)
皇族の歌 (2)
歴代天皇の御製 (1)
歌人の歌 (1)
皇族のお言葉 (1)
日本人として生きるということ (118)
本の紹介 (15)
あんたたちもっと健康になりなさいよ (15)
未分類 (25)
その他スポーツ (18)
THE ICE (18)
THE ICE2016 (5)
THE ICE2017 (13)
リオ五輪 (6)
佐藤信夫先生 (9)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

プロフィール

アネザイチカ

Author:アネザイチカ
フィギュアスケート女子シングルの採点のヒドさについて書いていくわよ!リンクフリーよ!あたいの名前はアネザイチカよ!

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。