キムチ永遠に不掲載の「北米カレンダー」の真実(たんぽぽさん編)

お友達と一緒にスケート観戦をなさり、その方が同道してくれたことでパリの素晴らしさを満喫できました、お友達に心から感謝しています、と追記をなさりつつ、「たんぽぽ」さんから掲載の許可をいただきました。
「この友達がいなかったら会場で暴れていたかもしれない、そのくらい辛い経験だったが彼女のおかげで理性が保たれた、すばらしい旅ができてとても感謝しています」とのことでした。

「たんぽぽ」さん、すてきな思い出を皆さんとシェアすることを許可いただき本当にありがとうございました。
ご本人が書かれているように真偽はわかりません。証明もおそらくできないでしょう。疑えばいかようにも取れることかもしれません。
でも、あたしは「たんぽぽ」さんのお話は本当のことだと感じました。あなたを信じます。感謝します。


こちらの記事もあわせてご覧ください。
ありがとう「北米カレンダー」のカメラマンさん・・・安らかに

---------------------------------------
罫線で囲まれた文章のCopyrightは「たんぽぽ」さんにあります。


2013/10/30 たんぽぽさん

非力ながらカナダのマスコミに真実を伝えました

姐さまこんばんは。

ちょっとスレ違いだったらごめんなさい。
私が出会った「フィギュア愛の彼」が海外の俺たちかどうかはわかりませんが彼が真央ちゃんLOVEだったのは知っています。

証拠は私の体験談でしかないのですが、公でも証拠なしでお金もらえる人もいるからいいですよね?!信じるか信じないかはお任せします!


(一部前に書きました。しつこくてごめんなさい)
2009年のTEB、テレビじゃわからないでしょうが現地の応援は異様な状態でした。
どういうわけかかの国の応援団に囲まれてしまった我ら。
真央ちゃんの(練習)ジャンプの沸き起こる妨害コール”キムヨナファイティーン!”、
表彰台ではどっかの酒飲んだオヤジが勝てなかった真央ちゃんに馬鹿にするようなヤジを飛ばし、後ろのかの国の観客は私が日本人とわかると思いっきり耳元で大声で”キムヨナァアア---!!”とつんざくような声で叫び、イスの背中を蹴ってくる…

アートで癒されたかったのに、敗戦プロレスに連れて行かれてもみくちゃにされたような疲労感。あんな状態なのに真央ちゃんに何もしてあげられなかった…モヤモヤしたまま、とあるビストロに行きました。

そこでは赤ワインとおっきなステーキを食べながらパソコンの画面で選手の写真を真剣に眺める、ふっくらして、目がキラキラした白人のおじさんがいました。
あまりに写真が美しかったので、思わず「うわーフィギュア好きなんですねぇ」と話しかけたところ、いろいろ写真を見せてくれました。

彼は好きな選手を次々に語り始めました。
彼の琴線は「ポジションの美しさ」「表現の美しさ」。
プラス、カナダの人だったので、無条件にカナダ押しでした。テサモエの完ぺきさ、バトルの賢さ、ロシェットの優しさ、ラコステ、それから当時はチャンが4回転であーだのこーだのイラッとすることを言ってましたが「ちょっといたずらっこなんだ」と息子みたいに目を細めて語ってました。

真央ちゃんをとにかくベタぼめしてました。とにかくスパイラルが絶品でフォトジェニックとうっとり。ファインダー越しにすべてが見えると。真央ちゃんの優しさや繊細さがすごくわかる、逆に当時賛否両論だった力強い「鐘」も絶賛してました!
逆にマオは3Aにチャンレンジするすごい選手だけど繊細さがとても心配だ、今回はちょっと元気ないねとも話してました。
他にはゆかりちゃんのドーナツや織田くんのジャンプの美しさ、もちろんダイも大好きだ、と言ってました。スポーツマンスピリットもたたえていて、あの時代に4回転を果敢に挑んでいたジュベールも大絶賛していました。

彼が見せてくれる写真を次々にめくっていると、アイツが出てきました。
アイツについてどう思うか?と聞いたところ、彼は「Strong」とだけ言いました。そこ表現力がなんとか、ポジションが何とかとは一切言いませんでした。
彼は「She knows how to win」と言ったので、私は「そうね、リンク上で他選手を威嚇するわ、メディアを使うわ、メディアは真央を攻撃して委縮させるわ、かの国の観客は声でライバルを攻撃するわ…それが彼女の勝ち方よね」と妨害事件等詳細を淡々と伝えたところ、おじさんは顔を赤くして目を潤ませて「なんということだ!とても悲しい。スポーツなのに!」と嘆いていました。
どうやら一連のことを知らなかったみたいです。

ふと彼の奥のイスを見ると、関係者パスが置いてあったことに気づき、
「あれ?マスコミの人なんですか?」と聞いたところ、なんと北米カレンダーの責任者でした。カレンダーのチョイスはすべて彼が行うと言っていました。

北米カレンダーといえば「ナゾのチョイス」そして「乙カレンダー不掲載」と言われてきましたが、それは彼の好みであり、それまでアイツを選んでませんでした。茶番前だったのでうっかりこの話をどっかに全部書きこんでかの国に気付かれてしまったら、おじさんに思わぬゴリ押しとか入りそうだったので、ぐっとこらえて様子をみていました。
まあ、私がフィギュアの裏側の真実を伝えるまでもなく、それまでもそれからもカレンダーは不掲載でしたが。

ちなみに北米カレンダーはラジオカナダ、つまり当時のトレーシーによる真央sageとして悪名高きCBC関連です。おじさんよく圧力かからなかったなと…いやかかったのかな…とてもよい人柄の方だったので気になって仕方ありません。

そして彼が最近なくられてたとのこと。
とても悲しいです。合掌。

北米カレンダーの写真、とくに2011年をみると当時真央ちゃんの魅力を一番わかっていたのは彼なんじゃないかな、と思います。
初々しく砂糖菓子みたいな繊細な「仮面舞踏会」と力強い「鐘」の表現のコントラストは素晴らしいの一言につきます。

2011 Figure Skating Calendar(タイトルを追記しました)
http://www.youtube.com/watch?v=r8eKstLkGJs

姐さま、長い文章を読んで頂きありがとうございました。

Copyright (C) 「たんぽぽ氏」 All Rights Reserved.

---------------------------------------

queenofta.jpg

映像の一部に文字をのせたけど、下品だわ。

queenmao.jpg

> 北米カレンダーの写真、とくに2011年をみると当時真央ちゃんの魅力を一番わかっていたのは彼なんじゃないかな、と思います。
> 初々しく砂糖菓子みたいな繊細な「仮面舞踏会」と力強い「鐘」の表現のコントラストは素晴らしいの一言につきます。


何もない氷の上で取られたポジションをありのままに写真にとって、それがこんなに美しい。

そしてただの一度たりともキムチが掲載されなかったということの意味を、今一度かみしめていただきたいと思います。

「たんぽぽ」さん、どうもありがとうございました。感謝します。

おじさんと話がしたかったわ。めちゃくちゃ盛り上がれたでしょうに。心の中では「海外の俺たち」に勝手に入れてしまうことにしたわ。

そしてカメラマさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。おじさん、安らかに・・・。



人気ブログランキングへ
関連記事
北米カレンダー | コメント(14) | トラックバック(0) | 2013/11/02 00:23
コメント
私は今とても幸せです
たんぽぽさん、素敵なお話をありがとうございます!
そしておじさん、ありがとう! ありがとう!
お二人をスケートの神様が巡り会わせてくれたのだと思います。

写真から伺える、選手たちへの暖かいまなざしそのものの、
優しく愛情あふれる方だったのですね。
おじさんに心からの感謝を捧げます。


>たんぽぽさん
素晴らしいお話をありがとうございます。
北米カレンダーは選手達の一番美しい瞬間を切り取っていて大好き。
黒仮面の真央ずっと飾ってます。

…もうあんなすばらしい写真には出会えないのかなぁ(´;ω;`)
おじさんが愛したまお
たんぽぽさん、姐さん、

美しく貴重なお話をシェアしていただき、ありがとうございます。
泣けて泣けて、しょうがありません。いい人はどうして行ってしまうのだろう。。

たんぽぽさんのお話から、北米カレンダーのことを知りたいと思い、少し調べたところ、その写真家さんのご訃報を伝える記事が見つかりました。

・FSUでのスレ (2013年10月5日)
「The 2014 Figure Skating Calendarもう発売になってます?」
「→今年のカレンダーが出たらいいなと思うけど。このカレンダーを作っていた2人が亡くなったんだって」
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?89371-The-2014-Figure-Skating-Calendar

Gerard ChataigneauさんとBarry Mittanのお名前が出ていました。
Gerard Chataigneauさんのお名前で画像検索をすると、北米カレンダーの画像が幾つか現れます。訃報の冒頭にも、カレンダーのことが書かれています。
記事の内容からも、この方が中心のようです。

昨年11月にお亡くなりになったとのこと。
12月の1-1-1には遭遇されず、これもまたもしかしたら天の配剤かと思いました。

・Chataigneauさんの訃報(右側、視線事故注意)
Sport loses one its 'best friends' in Chataigneau
(11/26/2012)
http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20121124&content_id=40408052&vkey=ice_news

・Barry Mittanさんの訃報
Figure Skating community mourns passing of Barry Mittan
January 24, 2013 - by Golden Skate
http://www.goldenskate.com/2013/01/figure-skating-community-mourns-passing-of-barry-mittan/

改めて、お二人のご冥福をお祈りいたします。
はじめてコメントさせていただきます
ずっと拝見させていただいておりましたが、
なかなか、勇気がでなくて、はじめてコメントさせていただきます。
姐さまのブログを拝見して以来、どれほど、力づけられたかわかりません。みなさま、ほんとうにありがとうございます。
より高く、より速く、より美しく。アマチュア競技に打ち込む選手たちのアスリート精神に魅了されて五輪を見続てきた、この数十年。単なる一愛好家ですが、そんな私でも、国と国との政治的な関係の中で翻弄され、辛い思いをする選手達の姿をいく度か見てきました(でも、何もしてきませんでした。何をすべきかと考えることもしませんでした....)。
そんなお気楽な私から見ても、バンクーバー五輪直前のフィギュアスケートは、アマチュアスポーツとは思えない異常な状況だと思いました。それでも、五輪という世界の祭典で、あからさまな偏向裁定がなされるはずがないと信じる自分がいました。まさか、スポーツの祭典である五輪が、踏みにじられることなどあるはずがないと。
その小さな希望が打ちくだかれて以来、私にとって、フィギュアスケートは、スポーツではなくなりました(ずっと、応援し続けてくださったみなさま、申し訳ありません。あの落胆から、立ち上がれず、顔をそむけているうちに4年がすぎていました)。
それから、ずっと、諦めのうちに過ごしてきましたが、浅田選手の引退宣言を聞き、行動するなら今しかないのだと思い知りました。
彼女と、そして、今現在、自分のできる限りの努力を尽くして頑張っている、すべての選手たちの姿を、目に焼き付けて記憶に刻みたい。そんな思いでいるときに、姐さまのブログに出会いました。
しあわせに生きること。それが一番大事。大切な言葉をありがとうございました。
こうしてコメントすることも、海外のサイトでクリックすることも、はじめての経験ですが、みなさまに出会い、背中を押していただきました。ありがとうございました。
頑張っている、すべての選手たちが、その努力を正しくジャッジされ、その結果を誰もが心から祝福できることを、心から願っています。
何て美しい
お姐さんいつも素晴らしい記事の更新ありがとうございます。
たんぼぼさん、ありがとうございます。

今まで北米カレンダーの存在を知らず、初めて2010と2011を拝見したのですが
どれもため息がでそうなほど美しく素晴らしかったです。
改めてフィギュアスケートというのは、スポーツでありながら芸術なのだと強く感じました。
そして、キムヨナはスポーツ性も芸術性もどちらも持ち合わせていないのだと再認識いたしました。
だって、採点方法が技術性重視ならキムヨナがあの点数はおかしいでしょ。
だって、採点方法が芸術性重視ならキムヨナがあの点数はおかしいでしょ。
つまりはキムヨナが金メダルはありえないでしょ。

カレンダーを見たらカメラマンさんのフィギュアスケートと選手に対する愛が伝わってきます。
この素晴らしい競技が公正な採点のもと行われたらどんなにいいでしょうか。
そうなるようにどうすればいいかをこのブログを知ってからいつも考えるようになりました。
最初にできることとして、一人でも多くの人に現状を知ってもらうことも必要だと思いまず家族にがんばって伝えています。
テレビしか見ない世代には映像をみせるのが効果的なのでいろんな方たちが作ってくださった動画をiPadで見せています。自分が真央ちゃんファンだから偏った意見だと思われないようにサッカーとかも織り交ぜて伝えるようにしています。
日本には[スポーツに八百長なんてあるわけない]と思っている人がいます。
だから「韓国=八百長当たり前の国」のイメージが残るだけでもフィギュアの見方が大きく変わってくると思うんです。

長くなってしまってすみませんでした。
カメラマンさん、素敵な作品を、素敵な愛を残してくださってありがとうございました。
おじさん(´;ω;`)
訃報に触れてからおじさんの人となりを垣間見ることになるとは…(泣)
たんぽぽさん、大切で貴重な思い出と情報をありがとうございます

今までどんな方が関わっていらっしゃるのか知る余地もありませんでしたが、キムチを選ばないという審美眼をお持ちな事は確信してました
そしてとてもフィギュアを愛していらしたんですね

おじさんのご冥福をお祈り致します、今まで素敵な写真をありがとう!
たんぽぽさん、素敵なエピソードを教えて下さってありがとうございました。
朝から涙が止まりません。
あのカレンダーを作っていたのが、こんなに素敵なおじさんだったとは。
文章を読むだけで、優しくてチャーミングで、おおらかなおじさんの姿が目に浮かびます。

この事実を知ることが出来て、ホントに良かった。
おじさん、ありがとうございました。天国から、あなたが愛した美しいスケーター達を見守っていて下さいね。
ありがとうございます
姐さま、たんぽぽさま、皆様、こんにちは。

たんぽぽさまの経験を話して下さってありがとうございました。
真央ちゃんの美しい演技をを愛してくださる方が、カナダにいらっしゃって、その方がカレンダーの制作に携わっていらした。
そのお方とたんぽぽさまとの間に何らかの(神さまの)力が働いてお引き合わせになった。
たんぽぽさまがその時、お会いしていなければ永遠にこのような話は
聴けませんでした。
その上たんぽぽさまが姐さまのブログに来られたのもまた、神様のご縁の力なのかも知れませんね。
ありがとうございます。(涙)
おじさまの天国でのご冥福を心よりお祈りいたします。(合掌)
写真は一瞬の美を切り取るから、技の形が美しいフィギュアスケーターはどの瞬間も美しく、そうではないカネメダリストはジャッジがどんなに取り繕って高得点を演出しても美しくないという事実が見えて痛々しいほどです。
(だからって修正、合成はダメよ!)

中野さんのドーナツスピンとても好きです。昔真央ちゃんがエキシビジョンで中野さんのドーナツスピンを観て「きれいだなー」って見惚れてる映像見ました。他の選手も憧れるくらいすごい完成度なんですね。

昨日付けの日経夕刊にソチの記事があって、モスクワにある特別青少年スポーツ・オリンピック予備校という名門校のことが書いてありました。
そこに通う女子フィギュアスケーター、ユーリャさん(11)はプルシェンコさんや真央ちゃんの演技に魅了されているそうです。
なにげない記事だけど、ちょっとうれしい気持ちになる情報でした。

たんぽぽさんが記してくださったお話ですが、茶番シーズンの頃か直後かに何処かで見た覚えがあります。
私もあのカレンダーは美しくて、毎年楽しみでした。
苦しい苦しい頃だった茶番シーズンの後、このお話は私には心の支えの一つでもありました。まだスケートを見る気にさせてくれました。
あの書き込みもたんぽぽさんだったのかな?と思うと、こちらでの出会いもまた感慨深いです。
姐さんこんにちは。
たんぽぽさん、心暖まるエピソードをありがとうございました。

わかる人にはわかるのですね。
美しいものを追及している人は、その内面も透けて見える。
そのような方に写された真央さんがこんなにも美しいとは…泣けてきます。

キムチさんについて、
彼女は強い。勝ち方を知っている。
その言葉、まさにその通りでまさにそれだけ。
でも彼女の強さ、鉄の心臓を作ってるは、愛や慈しみではなく、フィギュアスケートを、ジャッジを、同じ競技者を、そのコーチを、自国のファンを、全てを見下しなめきっているからこその強さだと私は強く思います。
政治や国の力でなんとでもなる、自分仕様のルール、ジャッジなんだから、何も怖いものはない。
試合に出てきた時のあの態度のでかさ…人目すら気にならなくなってるんですね。

でも演技にはやはり人となりが表れるものですね。あたたかさや情熱といった、体温が全く感じられず、忠実にエレメンツをこなすサイボーグみたいになってしまいました。

あの人は、きっとどんなに勝利を手にしても、フィギュアスケートで心からの幸せは手にすることはできないのだと思います。

寂しい人生です。
ありがとうございます
みなさん、
こんなにコメント書いていただけてとてもうれしいです…!

きなこミルクさんの指摘通り、ふだんほぼ書き込みをしない私でしたが
この件だけは一部書いても支障がない良い部分だけどこかに書いた気がします。

理由はアイツのことは思い出が汚れるし、おじさんが絡まれる予感がしたので
脳みそから消すことにしていたからです…

私の生息範囲だと、かの国の悪い話はある種タブー化されていて、
話す人をとても選ばないといけなかったので
2006年のジュニアワールドからずっと重いストレスを感じてました。
気が付けは7年!ハァ~重かった!

こうして姐さんのブログを通して思い出を丸ごと打ち明けることもでき、
みなさんとスケートに関する喜びや悔しさを共有できてとてもうれしい。

姐さん、みなさん、
ありがとう ありがとう ありがとう!
No title
>たんぽぽ様

きなこミルク様がご指摘されてるあの書き込みわたしも覚えてますよ

ここでこうして詳しいお話聞けたのも何か不思議なご縁を感じますね
貴重なお話聞かせていただいてありがとございました
たんぽぽさんへ
遅いコメントになってしまいましたが、改めて、書いてくださってありがとうございました。
以前に見たのはたんぽぽさんのコメントだったのですね。
おじさんが、とても楽しそうに語ってくれた情景が浮かんできます。

周りの雰囲気でなかなか書きづらかったと思いますが、本当に書いてくださって嬉しいです。
私も、五輪前は分かってくれる人が少なくて、とても辛かったし言いづらかったです。
でも、五輪の後で、芸術方面のお仕事をしている友人から、真央ちゃんの方が美しいのにあの結果は分からない、どうして?と聞かれました。彼女はいまや、すっかり真央ちゃんファンです。
たんぽぽさんの書き込みで、あの美しさを分かってくれる人はちゃんといるんだと励まされました。

ありがとうございました。

管理者にのみ表示