Margaret. Pさんと皆さんへのお詫び

「ぱんだん」さんというお名前ですてきなコメントをつけてくださっていた大事なスケート仲間さんが、Margaret. Pさんという名前で国外のサイトに意見をつけてくださっていることを、他の方から知らされてプッシュアップしていきましょう、という記事を書きました。

そのときに実は「ぱんだん」さんがコメント欄でまーがれっとです、と教えてくださっていたにも関わらず、あたしは記事にはその部分を故意に落として書きませんでした。

理由は、コメントを見ていればわかる流れだと思っていたし、実際に海外在住でいらっしゃるので海外の俺らという言い方に嘘はない、むしろしゃれっけがあっていいじゃないかと思ったからです。

ですがそれは大変に軽率なことでした。

すぐに何人かの方からあれはぱんだんさんでは?と指摘を受けましたし、ご本人様からも非公開で経緯を詳細に書いてくださったコメントをいただいていました。

その後、皆さんでクリックして応援していて、たくさんのポイントが集まっていた該当コメントなぜか対象サイトから消えてしまったり、いろいろあったのですが、その間皆さんにはどういうことなのかとやきもきさせてしまっていたと思います。
また当のMargaret. Pさんも、いろいろな人の意見をご覧になられて、心配やいぶかしさを表明されるたびに辛いお気持ちになってしまわれていたと思います。

これについてはあたしが軽率すぎました。最初にぱんだんさんに許可をいただいて記事にすべきでしたし、その後にきちんと情報をつかんでいることを皆さんにお伝えせず、コメント内容を自分で判断してください、とボールを渡してしまったことも無責任だったと思います。

情報戦をあおりながら、ブログ主の自分が大事な味方を困らせたり攪乱させたりすることになってしまい、軽率さを深く反省しています。

Margaret. Pさんをはじめ、ポチに協力いただいた皆さん、解読に励んでくださって内容を分析してくださった皆さん、経緯を確認してくださった皆さんに深くお詫び致します。

また、Margaret. Pさんがすぐ事態の収束につとめられ、コメント欄でひとりひとりに誠実に回答をしてくださり(それは本来、あたしがやらなければいけないことでした!)、このように軽率で愚かなブロガーのブログであるにもかかわらず、変わらぬ態度で接し続けてくださっていることに深く感謝いたします。実に尊敬すべき、見習うべき態度であり、自分の至らなさ、ダメさ加減を恥じ入るばかりです。

何が真実なのかということについて、これからはよりいっそう厳重に確認しながら記事を公開していきたいと思います。

やみくもな陰謀論や、なんでも悪に結び付けるヒステリックさはあたしのもっとも嫌うところでもありますし、これからの正々堂々と行くべきあたしたちの戦いに、影を落とすようなことは決してしないことを約束します。

ひとえにあたしの軽率さが原因でした。大変申し訳ございませんでした。

志を同じくする大切なスケート仲間の皆さんに、いらぬ心配や懸念を抱かせてしまったことが本当に悔やまれます。

申し訳ございませんでした。
------------------------------------------------------
罫線で囲まれた文章のCopyrightは「Margaret.P」さんにあります。

2013/11/01 ぱんだん (まーがれっと、Margaret P.、Margaret、Margaret. P) さん
みなさま、ごめんなさい…
ここ数日、お騒がせしています。

stupsiさん、k.nさん、姐さん、何度もご心配をおかけしてごめんなさいね。

①Margaret P.、②Margaret、③Margaret. P は ぱんだんです。
ずっと以前に、「まーがれっとちゃんで投稿しました」と書かせていただきました。
「Margaret P.」とスペルを書けば良かったのですが、このアカウントでユロスポに投稿したところ、こちらのブログに予想外にも大きく取り上げていただき、「実は私です…」と申し出る勇気が無く、月日を過ごしてしまいました。

上の①②のアカウントを変えていたのは、どこに何を投稿したか自分が分かりやすいように、との気持ちからでした。
その後、stupsiさんからのコメントで「別人が名前をかたっているのでは」とのご心配をおかけしていることが分かり、アカウントの修正をしたのですが、タイプミスで(うっかり者です)ピリオドを違う位置に記してしまい、さらに皆様にご心配をおかけする結果となってしまいました。

本当に、申し訳ありませんでした。
上記のアカウントは、同じ名前に統一しました。

また、物議を醸し出したユーロスポーツの「キムヨナ帰還」への投稿ですが、これはアンチな意図で書いた文章です。

(ぱんだん Margaret P.本人による責任訳)
Thank you, Eurosports! I am sooooooo surprised to see the FRONT page news from Korea!
Yuna, comes back!
I remember that I was also surprised at Ice Quuen Yuna's performance at NRW competition in Germany. As you mentioned above, she scored more than 200 points despite making several mistakes and no triple axel at that time! Lovely! She surely will come back to the Spchi games. Many popular figure-skaters set the Sochi Olympic Winter Games as the end of their long careers. And may the Game experience beautiful competition for their glory!
On my word, the skaters would show us the most eye-popper performances at Sochi.
Good luck to them!


ありがとう「ユーロスホト」(※Eurosportと、sが無いのが正しいスペルです)
トップページの韓国からのニュースにむっっっっっちゃびっくりしました。
ユナが帰ってくる!
思い出したわ。私、「アイス・クイソ」(※正しいスペルはQueenです)ユナのNRWでの演技にもびっくりしたのよ。
上の記事にもあるけど(皮肉)何度もミスしてトリプルアクセルも無いのに200点越えよ。
びっくりよ! ええ、彼女は「ンチ」(※正しいスペルはSochiです)に帰ってきますとも。
多くの有名フィギュアスケーターは、ソチで引退すると決めていますけどね。
彼ら(※前述のソチで引退するスケーターを指す)の素晴らしさでソチが立派な大会となりますように。
きっとね、スケーターたち(※前述のソチで引退するスケーターを指す)はすんばらしい演技をソチで見せてくれますよ。
みんな、頑張れ!
(訳ここまで)

「いじわるだけのコメントは相手の怒りを買うだけだから、コメントは冷静に」と、いつも自分に言い聞かせているのですが、この時は怒り(と眠気)でアンチコメントになり、しかも嫌み成分が中途半端になって皆様の誤解を招いてしまいました。
変なアジア人のキムヨナファンがスペルを間違って変な投稿をしている、と誤読されるようにも考えたので、そうした変な工作も良くなかったと反省しています。日本人英語を懸命に駆使したつもりではあったのですが…。

ここ数日、みなさまのご意見や取組を拝読し、やはり相手の(この場合はユロスポやロイター)立場も考慮しながら、ストレートな改善意見を投書するのが建設的だと、改めて思った次第です。

また、アカウント名・投稿名については、これまでずっと「ぱんだん」を使っていましたが、今後は日・英とも「Margaret P.」に統一して投稿しようと思います。
ユーロスポーツ他へのコメントは今後とも続けていきますが、間違いやおかしな部分などありましたら、ご意見いただければ幸甚です。
長文になってごめんなさい。


Copyright (C) 「Margaret.P氏」 All Rights Reserved.

------------------------------------------------------


この方の書かれるものには人柄の優しさと深い知性、思いやりを感じます。
自分に欠落しているものばかりなので、今後も見習わせていただきたいと思います。
日本語の美しさも含めて、本当に貴重なえがたいスケート仲間さんだと思います。この時期に、ソチまであと100日を切ったこの時期に、このような方と一緒に動けることも何かの配剤だと思いました。

本当にありがとうございます。

関連記事
ユーロスポーツ報道の闇 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2013/11/02 01:29
コメント
了解ですっ
偉そうですがwどーんマインです。
姐さんと、姐さんの元に集う方々含めて
近年ここほど意思と品位を感じる場所は
ありません。本当ですっ。
これからもよろしくお願いします。
実はウリ、先日のコメント欄でstupsi様とお姐様を励ますつもりが
ぱんだん様を傷つけたかも?と落ち込んでいたのです。
謝りたいなぁと思っていた矢先だったのですが、ぱんだんさんの人柄に
涙腺崩壊・・・いやぁ、何というか、これもお姐様の人柄のなせる業
なんでしょうね。そういう素晴らしい方がお姐様を慕い、協力して
下さる・・・
ぱんだん様、ウリはその懐の深さに感服いたしました。
そして、ウリの誤解からコメントに若干失礼な文章が有ったことを
お許し下さいませ。
いやぁ、もうウリ涙々なんです。ウリもぱんだん様のような人になれるよう
頑張りたいと思います。
姐さん、Margaret p.さんへ
コメント欄を読んでいましたので、
Margaret p.さんが、ぱんだんさんであること、
報告もありましたし、わかっておりました。

途中から、Margaret p.さんが独立した存在になりましたが、
それは、ぱんだんさんに対して余計な詮索が行かないようにするため
意識的にそうされたのだと思っていました。

このブログは本当に民主的で、オープンで、
そのうえ、大人の節度とユーモアが随所にあって、
海外にまで「俺たち」がいっぱいいる!!
いやもう、なんともはや、見事な機動力ですよね。

私は、姐さんも、集まっている皆さんも、とても信頼できるのです。
ブログの上だけのお付き合いなのに、不思議ですが。

姐さんがおっしゃるように、皆さんの文章にあらわれる人柄が
信頼感を生んでいるのだと思います。

姐さん、どうぞそんなに気になさらないでください。
(でも、こうやって率直にapologizeされるところが
 姐さんなんですよね)

そしてMargaret p.さま。
どのタイミングでお礼を言ったらと、ずっと迷っていました。
(ぱんだんさん? Margaret p.さん? どちらにどう言えば、
 という慮りもありました)

ユーロスポーツへの迅速で的確なシュート!!
感服いたしました。
voteへポチっとする喜びも、体験させていただきました。
本当に、ありがとうございました。
お騒がせの大きな原因を作ってしまったので、コメは差出がましいとも思いましたが・・・こういう書きにくい類の記事をさっとupできる、お姐さんはやはり素晴らしいブログ主さんと思います。まだまだ付いて行きますよー。

セルフ罰として、アレの演技を10ローテくらい見るつもりでしたが、ウリは自分に甘い人間なのでこっちに飛んでしまいました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22102363?ref=search_tag_video
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22129101?ref=search_tag_video
皆様はとっくにご存知かと思いますが、「やれば出来るんだ」北米ポジティブ解説。
この風が凪いだ状態も3週間程度で、カート君も手の平返しするかもしれませんが・・・ほめほめコメも入れられるか探してみます。

寝る前にはeyeさんの言っていらしたように、「巻きますが金メダルを取った後」の
イメトレをやってみたいと思います。
日本は明日から3連休ですよね。皆様どうぞ楽しくお過ごしくださいね・・・♪
姐さん、みなさん、ありがとうございます。
姐さん、この件ではなんどもこうしたお骨折りをいただいて、感謝してもしきれません。丁寧なご説明の上、過分のお言葉までいただき、本当にありがとうございます。
何より、このブログの管理人である姐さんが一番ハラハラしておられたことでしょう。
まおまおまおまおv-238するお時間もなかったのでは…。

犬コロさん、Mansikkaさん、はらっぱさんも、ご心配をおかけしてすみませんでした。沢山のコメント、そしてポチ!本当にありがとうございました。

自分は機動性に欠け、なんでも考えるばかりで「明日やろう」と一日延ばしにする悪い癖があるのですが、それがここで出てしまいました。上の姐さんのコメントを読み、今回はある意味で私にとっては「神様からのメッセージ」だったのだと感じています。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ソチまであと「96日」!
時間を大切にして、今やれることをどんどんやろうと思います。(まずは掃除…v-46

PS
>ユーロスポーツへの迅速で的確なシュート!!
はらっぱさん、上手い! おざぶとん10枚!
そんな姐様が大好きよ
間違ったことは直ぐに訂正して、キチンと説明してくださる。
なかなか出来ませんもの。
でも私の混乱してたのかどうかも気にならなかった鈍感ぶりは反省しなくちゃいけません。
だってMargaret P.様の投稿に「そうだそうだ」と思ったから喜んでポチしました。私の場合は、もうちょっと慎重にした方がいいのかもしれません、てへ。

Margaret P.様、行動してくださって有難うございます。私みたいな難民は日本では凸出来ても海外メディアはハードルが高いんです。もう戦争は始まっていて、向こうさんは今回の五輪には既に欧州にパンをブッ込んでますものね。バンクーバー前の北米のメディアと同じ状況が見て取れますもの。公平に報道してくださいって今から要望するのは、メディアに「そう言う目で見られているんだ」って意識させる上でも物凄く大事だと私たちは前回学習しました。同じ過ちは繰り返すまいと思って皆さんがここに集まってるんですよね。
私も微力ながら自分のできる範囲から行動したいと思ってます。
あと、これ言うとバレるかもですけどマーガレットさんって名前に親近感を感じてました。ウリも昔ユトブにマーガレットという名でcollection動画をうpしてましたからwSBSiに垢ごと削除されましたけどね。12月のドイツの大会終わったらまた作ろうかなぁw
もしも経緯が知りたい方がいらしたら
Margaret P.様って本当に、なんて素敵な方なんでしょう。

もうすべて書き尽くされている気もしますが、もしこの件について経緯を詳しく知りたい方がいらしたら、この記事も含まれているカテゴリ

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-category-32.html

の記事とコメント欄をご覧いただけばいいかな、と思います。
特に、10/23の記事

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
タイトル「 ユーロスポーツ報道の闇 」(カテゴリ名と同じ)

コメント欄上から6番目
「わわわ」(ぱんだん様(Margaret P.様))

11/2 4:00時点で下から5番目のコメント
「スケアメ女子結果のあほおドイツの不掲載について・・・」(stupsi様)
同下から4番目のコメント
「ぱんだん様<Margaretさん、みっけ☆」(stupsi様)
同下から2番目のコメント
「ぱんだん様<SA女子の結果、不掲載の件」(stupsi様)
同一番下のコメント「stupsi様へ(はあと)」(ぱんだん様(Margaret P.様))

このコメントをチェックした上で、10/29の記事

http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
タイトル「 海外の俺たちが意見してくれたぞ!(コメント削除?現在確認中です) 」(この記事は記事中に説明のある通り、初回掲載時(10/27)から追加が入っています。)

上から14個目の姐さんのコメント「stupsi さん」
上から15個目の姐さんのコメント「ぱんだんさんへ」
上から18個目の姐さんのコメント「Mansikkaさんへ」
(上記すべて10/27付)

をご覧いただけば、チーム姐さんのエースメンバーは最初からぱんだん様=Margaret P.様なことをご存じで、姐さんがあえてちょっとしたイタズラ?をしかけたんだという経緯が見えるかと思います。

Margaret P.様、粘着ぽいことを書いてすみません。いろいろヒント出してらっしゃいましたよね。
不謹慎かもしれませんが、一連の仕掛け、とても楽しませていただきました。
Margaret P.様、姐さん、ありがとうございました。そして本懐へ向けて、これからもよろしくお願いします。

# あらコメント欄に認証用キーワードがついたわ。私のようなぼけなすには大変有難いわ。書いてる途中のうっかり送信事故が防げるわ。
姐さんの潔さが大好きです(いきなり)

良い事は良い、悪い事は悪い、正しい事は正しい、間違っている事は間違っている。
何もかもキッパリしていて、気持ちが良いのです。そして、自分もそうありたいと思うのです。

Margaret .P さん、実は最初、=ぱんだんさんって気づいていませんでした(^_^;)
でも、後々、あれそういえばマーガレットちゃんで投稿してきたと言っていた方がいらした…と思いだして…。
でも、この流れには、気が付かないふりして乗ったほうがいいのかと思ってしまいました(^_^;)
すみません。
英語難民の私にとって、海外サイトにアクセスするのはドキドキものですが、今回は皆さんと一緒に(って言っても良いですよね?)投票したり出来て楽しかったです。ものすごい勢いで増えていく投票数に、こちらのブログの皆さんの本気を感じました(笑)
また、普段からコメントをされている方々だけでなく、いつもこちらでのブログを見ている方々が沢山いて、その方々もみんな同じ気持ちでいらっしゃる事も分かりましたよね。
まさに全員サッカーですよ。Margaret .P さんのようなエースストライカーをアシストする方、サポーターのように全力で応援する方。
それらをまとめあげる姐さんは監督ですよね。

これからも、私も微力ながらも出来る事は何でもやっていこうと思いました。
改めましてごめんなさい。
別アカウントのマーガレットさんを一瞬でも疑った自分を恥じております。
最初は別アカウントとすら気付いておらず、本アカウント?のマーガレットさんのぶぶ漬けだと思ったし(これは結局正しかったのかしら?(汗))、そもそも、ぱんだん様の「マーガレットちゃんの名前でコメントしてきました。 」という書き込みも読んでるはずなのに、すっかり頭の中から飛んでしまっていました。
自分の注意力の足りなさ、お恥ずかしい限りです。

Margaret P.さんの書き込みは、正体が誰であろうと色あせることはなく、これからも英語で凸をする時には、私のお手本として参考にさせていただきます。
本当に、申し訳ございませんでした。
思いっきり勘違いしてました
Margaret P.様に申し訳ないです。
自分の読解能力のなさと事の経緯をきちんと確認していなかったがために
すっかり海外の方が書き込んでくれたのだとばかり…
この件でのコメントで皆様が百も承知であることを書き込んでしまったのではないかと思います。大変申し訳ございませんでした。

そして以前のコメントでご挨拶するのをすっかり忘れていたのですが
姐様初めまして、いつもブログを拝見させていただいております。
それとこの記事をアップしてくださり、ありがとうございました。
これがなければずっと勘違いしたままだったと思います。
姐さまとMargaret P.さま&皆さまには感謝の気持ちしかないっす。

どの国のどんな方が投稿したのであっても、あのコメントには賛同してましたもん。海外メディアであっても、VOTEって形で自分の意見を表明できるんだよって教えていただけて本当にありがたいです。

経緯について、こうして改めて記事にしてくださってありがとうございます。コメントを読んでいてある程度は把握していましたが、すっきり整理できました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示