英語でがんばろう俺たち(Margaret. Pさん編)

英語

姐さん、スケートの演技を見るときに「英語でほめる」ってことを続けているわ。よくわかんねーけど、マーベラス!とかブリリアント!とかかけ声だけでも英語チックな単語を連発しているの。
なぜかというと「多言語を理解するためにはその言語で”愛をささやく”か”大喧嘩する”といい」と、むかーし聞いたことがあるからなの。

テニスの審判というのは、出場選手のみならずさまざまな国の罵倒表現を勉強し続けるんですってね。コートマナーの悪い子は即刻退場させるために「悪口」のバリエーションを多言語で学ぶと聞いているわ。大変なお仕事ね。それだけテニスは品位を大切にするスポーツなのね。
テニスだったらどこかの悪口・捏造・誹謗中傷言いたい放題のキムチコノヤローなんか永久追放されるわね。

今回ご紹介する「Margaret. P」さん(いつもありがとう!)が教えてくださったサイトも参考にしてみてね。

------------------------------------------------------
罫線で囲まれた文章のCopyrightは「Margaret. P」さんにあります。

2013-11-01 13:39 : Margaret. Pさん

ちょこっと英語

本日も姐さん、みなさん、怒濤の更新で、読むスピードが追いつきませぬ。。。。

自分の勉強もかねて、
英文での投書について日英対訳のあるサンプル集を見つけました。

『英文メール・レターのサンプル集』
http://mclcorp.s90.xrea.com/

上のサイトの内、投書に役立ちそうなものいくつかご紹介します。

・地方議会への苦情
http://mclcorp.s90.xrea.com/letter/oletter_11-8.htm
・雑誌編集者への批判の手紙
http://mclcorp.s90.xrea.com/letter/oletter_11-20.htm
・新聞の意見欄への投書1
http://mclcorp.s90.xrea.com/letter/oletter_5-8.htm

ちょこっとずつ、表現をコピペすると楽に投稿ができると思います。
できた英文は、下記のサイトでチェックすると(おおよその)スペルミスが確認できます。

『スペルミスをチェックできるウェブサイト(Ginger)』
http://www.getginger.jp/

英語投書に役立ちそうなサイトがあれば、また書き込みます。
ではでは…


りんご様、>まぜるな危険
に大笑いさせていただきました。

Copyright (C)「Margaret. P氏」 All Rights Reserved.

------------------------------------------------------

こうやって日々、努力なさっているのね。あたしも見習ってがんばります!


あたしはMargaret. Pさんの美しい心がそのまま反映されている文章を拝見しているうちに、やっぱり最強なのは北風と太陽の、太陽なのねってつくづく思うようになったわ。
一方的に責められたら、どうしたって広い心では聞けないもの。事実と違うことを決めつけられるのだって心を一瞬で閉ざしてしまうわ。何もかもを全否定って一番してはいけないことよね。

Margaret. Pさんは相手の良いところも必ず認めて、その上でもっとこうしてくれたらもっと素敵だ、好きになるよって、常にオープンハートだわ。これは本当に相手に伝わる「強い」言葉になると思うの。

だから最初は好きな選手にラブレターを書くつもりで英語を使ったらどうかと思うの。もちろん問い合わせや抗議にもそれは応用できると思うから。愛情や共感が根底にあるからこそ、「それはこうなんじゃない?」って言葉が響くのね。とてもとても大事なことだわ。

ただ時間がないのよね。この際ブロークンでもなんでもいいから、問い合わせをがしがししていきたいところよね。愛をささやくのはその後でもいいわ。たぶん。


Margaret. Pさんがこのブログを読んでくださって本当によかった。そしてこんなふうにご参加くださり、優しい気持ちと熱心な行いとを、あたしをはじめ皆さんとシェアしてくださって本当によかったです。嬉しいです。

Margaret. Pさんに心から感謝します。本当にありがとうございます!

わが友よ!なんて言ったらいけないかしら?あたしの気持ちは「きゃーっ!先輩!マーガレットせんぱーい!」「こら☆マーガレット・ピーなんだゾ☆」「めんごめんご~☆」って感じです。ごめんなさいwwww



人気ブログランキングへ

関連記事
各種問い合わせ先 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2013/11/03 22:33
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
Margaret P.でーす。www
姐さん、きゃあああ~。わああ、顔が真っ赤になっちゃいますです~。
またしても有り難いお言葉をいただき、ありがとうございます。
m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m 

こちらこそ、姐さんとここのみなさんにはいくら感謝してもしきれないくらいです。
姐さんのブログにおじゃまして以来、毎日、「言葉」というものの力やその尊さに、改めて感じいっております。
姐さん・みなさんの怒濤の情報から知識を得、真剣なお言葉からパワーをいただいています。
もうね、知らないことが次から次へと…。目からウロコの毎日です。
そしてみなさんの表現力に感動するばかりです。
フィギュアスケートや人生に対する考えやお気持ちを、ご自分の言葉で紡いでおられて、それが心にしみいってくるのです。
ソチが終わったら、またゆっくり読み返してみたいです。

問い合わせについては、本当に時間がないですね。
ひとまずは、少しずつ自分に出来るところを見つけて発信していきます。

どんな時でも世界中に清らかなオーラを振りまいてくれる真央ちゃんv-238の凄まじい努力を思いつつ…。

追記
スレとは関係ないですが、こづさんの中国杯、脇汗が気になって…。
やっぱりあの赤いお衣装に戻らないかしら…。グレーのお衣装、ちょこっと竹宮恵子さんの漫画「ロンド・カプリチオーソ」に出てくる弟くんニコルが着てそうで、こづ比ではいいな、と思っていたのですが、今回の脇汗に身もだえしてしまいました。王子さまは脇汗禁止。
こづの関係者の方が(もし万が一にでも)こちらをお読みでしたら、どうぞ今一度のご考慮をお願いいたします。
耳が痛いよう
こんばんは。耳が痛いです。
最近某所でやらかしています。ヤマムロです。
そうですよね、どんな相手にも優しさは必要ですよね。

この記事を読んで深く反省です。
でもあれでもかなり手加減したつもりなんですが(^_^;)
(何の事だか分からない皆様すみません。恐らく姐さんは分かっていらっしゃるはず(笑)分からない方はあまり気にしなくで大丈夫です。むしろ知らない方が良いかも(笑))

これからは、優しく接してあげられるように頑張ります。
この先、絡むことがあるかどうか分かりませんが(^_^;)

あ、せっかくなので1-1-1の点数がおかしい理由を書きます(笑)いくつかあるけど、とりあえず1つだけ明確にルール違反と思われる事を。

フリーのステップは、認定されません。
レベルを落とすとかではなく、あれでは正しくステップシークエンスをこなしているとは言えません。つまり、ノーカウント。0点です。
理由ですが、ルールではステップシークエンスはリンクを大きく使わないといけない、という決まりがあります。だからストレートラインならリンクの長径の端から端まで、サーキュラーなら短径を長径として大きく円を描くのです。
所がクソーンのステップは…?
リンクの半分しか使っておらず、サーキュラーも小さいです。あれでステップ認定されるの?と、ずっと疑問に思っていたのですが…。

実は今年のジュニアGPS、ラトビアで行われた第1戦で、ロシアのメドヴェージェワ選手のSP のステップシークエンスがノーカウントでした。You tube 動画ブログで演技とプロトコルが確認できます。
実際動画で確認しましたが、ステップはとても上手でした。しかし、リンクの端から始まって、3分の2位の所で折り返し、その後リンク中央でステップしていました。恐らくそれがリンクを大きく使っていないと判断されたと思います。
しかし、メドヴェージェワ選手のステップが認定されないなら、クソーンのステップも認定されないはずです。メドヴェージェワ選手の方がリンクを広く使っているのですから。

やっぱり、クソーンだけおかしな判定をされているのだと、改めて思いました。

他にもいろいろあるんですけど、とりあえず…。

最終的に記事にあんまり関係ない話になってしまってすみません。
追記
上記のコメントのクソーンのプログラムは去年のフリーの事です。
分かりにくくてすみません。
ヤマムロさんへ
あなた優しいわよ。無知な馬鹿に知恵つけてあげてるんだもの。
あなたのほうが正しいわ。相手がう○こなだけよ。
いい加減きめぇよ、「くー」さん☆
ミキムチはもういなくなるんだし、「くー」はいい加減気持ち悪すぎるからアクセス禁止にしたわ。

IPを変えてまた来るようならそれもアクセス禁止にするわ。

さよなら。

ス レ チ>自分
わが心の師のおひとかたである小松左京大人に「小松左京のSFセミナー」(1982.集英社)という著作があります。
そこからの引用:
『例えば、今ここにチューリップが一輪あって、私はその色が「赤」だと感じているとします。あなたにもやはり赤いチューリップが見えている。では、私が見ている「赤」の内容とあなたの見ている「赤」とは、本当に同じものなのでしょうか?』
この設問に対し大人はテレビカメラと受信機、電波(笑)の比喩を用いて回答していらっしゃいます。この設問自体もっと大きな問いかけの一部なんですけどね。それはさておき、また回答の一部を引用します。
『言葉からイメージが再構成され、エモーションが生じるためには、受け手の側にある程度のバックグラウンドが必要だということです。』

引用だけで構成しておいて矛盾しているようですが、片言隻句を以て皮肉ってみるために読むよりも、自分に共振する素敵なものを読むほうが楽しいですし、伝わるものも多いですよね。

って書いてるうちに元コメントがなくなりました。おせーよ>自分
そして説教くせー。でも消さない♪

姐さん、スレチ失礼。でもこの本、読むと世界に対して優しく向きあえる気がして好き。
Margaret ピー 様&ヤマムロ様へ
Margaret ピー 様へ
スペルチェックのサイト、お試しで使ってみたら、
ワードのスペルチェックより反応が早くていいですね。
有益なサイトのご紹介、ありがとうございました!

ヤマムロ様へ
ステップがノーカンってこともあるんですね。
勉強になりました。
リンク使いが小さくても減点されるだけかと思ってました。
ありがとうございました~♪
ヤマムロ様へ
ヤマムロ様、とても興味深いお話でしたので拙ブログの記事にさせて頂きました。
コメントの引用は遠慮いたしましたが、お名前(HN)を出させて頂いたのでご報告まで。
「名前は消して欲しい」等のご要望がありましたら、どうぞご遠慮なくおっしゃって下さい。

いつもヤマムロ様のコメントを興味深く読ませていただいてます。
ありがとうございますm(__)m

(お姐様も先日はご親切なお言葉ありがとうございました!)

Mansikka さん
了解でーす(^^)v
名前も出しちゃってオッケーです。
むしろ私なんかの投稿を取り上げて下さってありがとうございます(*^^*)

管理者にのみ表示