キム・ヨナのスケートは下手くそ(メリチャリとの比較)その2

なんて苦行なんでしょう!姐さん涙をのんで苦痛に耐えながらキムチの画像を加工したわ!
キムチの画像を検索していたら猫さんのキム・ヨナ、『地上最大アイスショー』で披露される究極の演技!その秘密とは?とぴよさんのリハビリ中のキム・ヨナ 現在の体調は50%NIDA♪がヒットしたわ!おつかれさまです!ありがとうございます!応援申し上げております!

さて、当ブログの記事キム・ヨナのスケートは下手くそ(メリチャリとの比較)の第二弾よ。第500弾くらいまで続けられるわ。
今はエッジワークに的を絞っているけれど、曲の解釈、振り付け、衣装、ポジション、速度などなど、フィギュアスケート本来の必須要素のすべてにおいてキム・ヨナのレベルがどれほど低いかを検証していけるものね。

あんたたち、悪いけど今まで洗脳されていたのよ。キム・ヨナのスケートは下手くそなのよ?


メリチャリ大好き
アメリカのメリル・デイビス&チャーリーホワイト!!!!
あたし大大大だーーーーい好き!!なの!!!

画像を検索していて幸せだったわ。出てくる画像のすべてが美麗なんですもの!こんなふうに難しさを感じさせずにさらさらと猛烈な速度で動くためにはどれほど練習したのかしらね。

シングル選手と比べるといろいろとアレだからアイスダンスのトップ選手と比べてみたわ。

キム・ヨナは歴代最高得点()なんだからさぞかしすごいんだろうなってそれだけのなんかホンワカした印象だけでものごとを片付けていた皆さんにはそれはもう驚きをお届けできると思うわ。

まずは姐さんイチオシのメリチャリ組よ!



華麗なリフト


すばらしいリフト


美ポジキーック!


完璧な調和


華麗にして大胆


美の化身メリル様

もう丸だの四角だのをつけなくたってこの二人が「美しい」っておわかりいただけてるわよね?
ものすごく難度の高いむずかしい技が圧倒的なスケーティング技術に裏打ちされて矢継ぎ早に繰り出されるの。パートナーとして信頼しあうふたりの絆と壮絶な練習量が生み出す完璧な同調性、想像を絶した美の世界!!

世界よ、これが「スケートがうまい」人たちだ!!!

動画を見なさい。そしてファンになりなさい!人生の損失だわよ!
軽いノイローゼくらいならメリチャリを見れば治るわよ!あたし本気でそう思うわ。あとは早寝早起きよ!飯も食って中身も出して元気に稼いでアイスショーや試合に行きなさい!

そして辛いけれども画像をのせるわ。
あたし何度でも言うけれど、キム・ヨナはスケートがうまくないわよ。
証拠は山のようにあるわ。


こけおどし


棒立ち


棒立ち-2


馬鹿ポーズ


あへ顔


おかしい


本当にキム・ヨナってみっともないわね・・・。

ちなみにWikiの日本語版に掲載されているキムチ画像も「棒立ち」のものしかないのよね。普通さあ、選手の紹介ページって言ったらその人が一番輝いている美しい瞬間の写真とか、代名詞的な得意技を実施しているシーンを掲載するところじゃない?でもキムチのを見てあきれたわ。ただの棒立ち。あれが最高難度だなんて笑わせるわね。さすがカネメダリストだわ。

悔しかったらディープエッジでひと蹴りで加速している動画を持ってきなさいよ。自分だけがしがし漕いでスカスカなのにいつでも不正で見逃されてスケーティングスキルが9点台?メリチャリと一緒の評価ですって?
笑わせるなってのよ。下手くそインチキカネメダリストのキムチコノヤローめ!オシリぺんぺんだわよ!

このシリーズはまだまだ続くわ。ふふふ。


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナと他選手の比較 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2013/11/06 00:09
コメント
美しいですね!
メリチャリホントに美しいです!

5枚目の写真、フリーレッグの角度と高さがピタリと同じ!
しかもディープエッジ!!

そうなんです!!
これこそバレエを基礎から学んだ人のポーズなんですよね!
>某大御所女優の方!&某有名作家の方!

キムチのフリーレッグは体から外れて斜めに出ているだけでなく、つま先が下を向いてます!
バレエを基礎から学んだ人のなら絶対取らないポーズです!!
ただ脚を上げただけ!

バレエを冒涜するなーー!!

姐さんがバレエのこと正しく書いて下さってうれしいです!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
初めまして
いつも楽しくて元気の出る記事をありがとうございます。
勇気を出して初めてのコメントです。
私もメリチャリ組大好きですが・・・
歴代最高点を叩き出したじょおー様と並べるのは
あまりに無慈悲です!
だってじょおー様はバレエ と か 完璧にやった人なんですよ!
はぁ~本当にどこを切り取っても素敵ですね。
メリル様。

さて、私ごとですが姐さんに刺激を受けて
アカウント作っただけで2年以上放置していたツイッターを始めました。
まだフォロワー0で本当にただの独り言ですが
キムチミキムチのお仲間さんが遊びに来てくれたらいいなぁと夢見ています。
ほんの少しでも彼女らのほにゃらららが世間に伝われば・・・

これからも姐さんの怒涛の更新、楽しみにしています!


KYのタイス
姐さん!タイスの瞑想曲の最初のポーズも晒してやってください。
ただ両腕を広げるだけのことが、ヤツは左右対称で出来ないんです(>_<)

それにしてもメリチャリの美ポジ………
はぁ〜〜〜〜♡
目の保養です(^o^)
汚いですね~…
ツライですね…
ほんとにきったねぇな~女王様はw
バレエのこととか全くわからない私が見てもきったねぇと思うんだから、もう、救いようがないですね。
これだけ美しいショットの方がない人も逆にすごいですよね。
真央ちゃんなんて転んだ瞬間でも美しいと言うのに…。

私は動物専門学校を卒業して、犬に関する仕事をしています。
学生の頃は、警察犬がやるような本格的な訓練(に近いもの…所詮学生なので初歩の初歩でしたが)や、ハンドリング(犬の美しさを競うドッグショーで、犬を引く仕事。犬を美しく歩かせ、美しく立たせ、いかに犬を『魅せる』かが腕の見せ所)の勉強をしました。
その時に先生達に聞いたお話から。

動物は『動いてる時』が一番美しいんだそうです。
『動く物』と書くくらいですからね。
動けるのは動物の特権であり、生き生きと、躍動感に満ちて、歩いている、走っている時が一番美しい。
だから犬を美しく立たせるというのは、“今にも動き出しそうに”“歩き出す直前の一瞬を凍らせたように”立たせるということでした。

『訓練は“動”中の“静”』という言葉もよく聞きました。
例えば犬と一緒に歩いていて、訓練士が「待て」と言った瞬間に犬が立ち止まって待つ、というような練習をする場合、「待て」と言われた瞬間のポーズでぴたっと止まるのが望ましい。
つまり、四つ足を地面に下ろすのではなく、「待て」と言われた瞬間に地を離れていた足はそのまま宙で固定するくらいが望ましいのです。
動いていた(歩いていた)犬を写真に納めたように、“動いている途中”かのように静止する。
一番美しい、動いている最中の状態で静止するのが望ましいんです。

人間も動物ですから、動いている時が最も美しいというのは当てはまります。
短距離走の選手が一番美しいのは、スタートラインで待ってる時より、やはり全力で腕を振って走っている最中ですよね。
走り幅跳びの選手が一番輝く時は、やはり空中でしなやかに身体を使って、1cmでも飛距離を伸ばそうと舞っている時だと思います。
スポーツは、ヒトという動物の一番輝かしい時を惜しみなく魅せてくれる、生命の躍動を感じられる時です。

まして体操やシンクロナイズドスイミング、そして我らがフィギュアスケートは、速さ、高さを競うだけでなく、“美”をも追求するスポーツ。
動物の美しさを極めるには最高の場ではないかと私は思います。
そう考えると、立ち止まって上半身の振り付けや表情で時間を過ごしてしまう振り付けは勿体ないし、姐さまの「スケートは滑ってナンボ」には激しく同感。
そして、キムチの「動いてる最中のはずなのにこうも美しくない」というこの現状は、これだけで、何がクイーン!?これで金メダリスト!!?これで世界最高ってフィギュアスケートってくっだらないスポーツなのねwwwwwと言う事になってしまいます。

この人は本当に、下半身が汚いですよね!!
汚すぎて吹き出す事がしょっちゅうあります。
下品と言うか、品がないと言うか、あ、一緒だ!とにかく気品を感じない、人格が全て足下に出ているかのようです。
メリチャリ組しかり、真央ちゃん然り、『どの瞬間を切り取っても美しい』やはりそれが“美”を追求するこのスポーツの本分ですよ!
特にスケートはもともと足下勝負なんでしょう?
上半身の使い方に甘い時があっても(←わんころ視点)スケーティングに定評のあるこづ君より、上半身のうねりとアヘ顔で誤魔化して足下が動いてないキムチの方が高得点なんですから、やはり現行の採点は破綻しています。

表情作りにしてもアヘ顔しかないじゃん!
私は趣味で演劇も少しやっていたので、あの大袈裟なアヘ顔“のみ”で表現力が高いとか言われても失笑です。
大袈裟な表情作りは誰でも出来ますから。
「目の前で母親が息を引き取る」という『わかりやすい悲しみ』と、「明日最愛の彼が夢のために上京する、応援してあげたい、だけど離れるのは辛い…」という『複雑な想い』だったら、前者の方が演じやすいわけですよね。

キムチにはこちらをはっとさせるような、心の底から感情が溢れたゆえの表情はありません。
表情が大袈裟でなくとも、本当に感情が反映した時なら、目の色やまとう空気にそれが出て、見る者の心を揺さぶるものです。
上手な女優さん、俳優さんは本当に『微妙な』『些細な』表情作りがうまいんです。
あんな表面上しか演じられない人は演技してるとも言いがたい。
あれを表現力という言葉で賞賛するマスゴミやコメンテーターはそれだけで自爆です。
見る目が全くない事を自ら世に晒している。
本当に哀れだと思います。
ぶっちゃけ演技だけなら私の方がうまいぞ!!(笑)

転んだ瞬間さえ美しい真央ちゃんは、美の極みですよ。
そして、激しい怒りも、楽しい笑顔も、言葉にしがたい切なげな表情も何でも見せてくれちゃう。
先日ノクターンを見た友人が「中盤にすっげーセクシーな表情しててビックリした」と言ってました。
もー真央ちゃん何でも出来ちゃう!
真央ちゃんに感動できない、賞賛しちゃいけない方達は、本当に勿体ないですね。
私は幸せ者です。
真央ちゃんと同じ時代に生まれて良かった。
真央ちゃんと誕生日が同じな事も小さな自慢です(笑)
神様、ありがとうございます。
わんころ様へ
すんばらしい!!うんうん、なるほど~ってうなずきながら、コメ読ませていただきました!
まったく、姐さまのブログはコメント欄がブラボーです!皆様の見識に脱帽です☆

No title
メリチャリ組の演技、拝見させて頂きました!
鳥肌と感動でもうなにがなんだか・・・・。

一発で恋に落ちました。本当に!恋に落ちたという表現が一番適切な感じがします。
あれから動画巡りが止まらないです。コメントを書きながらも動画は再生しております^^

KYの演技(演技?)はなんともいえず気持ち悪さを感じていたのですが、うまく言葉に出来ずもやもやしておりましたが、一連の記事で納得!私のブログにリンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

色々ブログに書きたいことが溜まっていくばかり・・・・。でもなかなか書けなくくてもどかしい・・・!!
とりあえず10日の資格試験が終わったら書きなぐる!!でもその前にNHK杯がある・・・。勉強どころではない・・・。どうする俺・・・。
あゆちゃんへ
メリチャリすごいでしょ~!!!!!
これぞアイスダンス、これぞフィギュアスケートよ!キムチなんかゴミよ。ゴミ!

ところであんた、勉強しなさい!!
NHK杯は見てもいいわ。動画は試験が終わるまで禁止!
終わったら姐さんとお馬さんの話をしましょう。あゆのブログにコメントをつけに行かせていただくわ。

リンクはフリーよ。どんどんやって。

フィギュアスケートは他人の人生。あゆちゃんは試験に合格すること!がんばるのよ!!馬とメリチャリと浅田真央の話を試験の後でたくさんしましょう。がんばるのよ!
tomoさんへ
おーーーぜひ拡散してください。tomoさんにへいこら。

あたしツイッターやってないのよね。妖怪長文ジジィだから連投しまくってすぐブロックされると思うわ・・・。しくしく。
maru♪さんへ
メリチャリ美しいわよね~ほんとにすてきよ。最高よね~。

あたしひとつの記事に5分以上かけないことをマイルールにしてるんだけど、メリチャリ画像を集めたり見るのが楽しくて幸せでうっかり30分くらいたっていたわ。
キムチ糞ったれこのヤローは2分くらいで画像集め終了(笑)。ゴミよね~。

バレエをなさっていた方の意見は大変参考になります。ポジションや技の専門用語をわざと抜かして書いているのですが、あたしの無知や不勉強さで間違っていることを書いていたら、お手数でもぜひ教えていただきたいです。キムチのきったなさだけはよくわかりますがw

maru♪さんにもへいこら~。
わんころさん
私もわんころさんのご意見、首を縦にブンブンしながら拝見しました。
なるほどなるほど~!動物は動いているときが一番美しい…何て深いお話なんでしょう。
教えてくださってありがとうございました(*^^*)
うふふ
ネコも美しいですよ~どんなデブネコでもw 猫背だけどww
No title
恐縮です!
全力を尽くしている人(動物)はただそれだけで美しいはずなので、キムチは全力じゃないんだと思ってます。

私は基本的に犬が好きですが、猫は最も美しい生き物の一つだと思ってますよ。
猫のしなやかな筋肉、大好きです。
特に高いところなどに跳び上がる時が美しいと思います。
猫は太ってても軽やかですしね(笑)

猫は走るにも背骨までしならせて全身を使うそうですね。
チーターなどのあの瞬発力、速度はだからこそ出せるものだそうです。
その代わり、全身を激しく使うので、一瞬しかあの速度が保たないのだと。
イヌ科の動物はスタミナ勝負で、背骨は常に地面と水平を保ったまま体力を温存して走ります。
獲物が疲れるまで追い続け、相手がへたったところを捕まえる、スタミナの動物です(執念!)

全身を美しく激しく使うことも出来ていないのに、体力も保たないキムチ。
どういうこっちゃ。
動物として出来損ないなのか?

メリチャリ組のスケーティング、本当にすごいですね。
「氷の上に浮いているようだ」という表現がピンとこない方は、是非このお二人の映像を!って思います。
なんなんでしょうか、あの軽やかさ。
摩擦とか抵抗とか知らんの?
その上で、二人の手足が糸で繋がっているんじゃないかと錯覚させるくらいの同調性。
ぴたりと動きが合うのがもはや当たり前みたいで、ちょっぴりズレがあった時にものすごく目立ってしまうという(笑)

普通に歩くかのように、軽く一歩、二歩って踏み出しただけなのに、ジェット噴射でもついてるみたいに加速していくあの様を見ると、アイスダンスを侮辱したミキムチさんにはかける言葉が見つからず。。。
漕いだとすら言っていいのか?っていうくらいで。
これを見るとキムチのバッククロスがいかにひどいものなのか改めて痛感しますね。
百聞は一見にしかず!

音を消してもキムチの滑りは「ゴォーーー」って聞こえてくるようですもんね。
疲れるだろうなぁ、あんな風にしか滑れなかったら…というのがよくわかります。
メリチャリ組みたいに滑れたら、さぞかし気持ちいいんだろうなぁ~。
最初なんか絶対6回漕ぎますしね、キムチは。
それが完全に彼女のリズムになってるんでしょうけど。

スケート未経験の人でもジャッジになれるって、やっぱりどうかしてますよね。
考えてみれば私だって、犬の訓練が出来ない人、どこがどう難しいのかを身をもって体験してない人に、訓練試験を審査されるのすっげー嫌だし。
知識だけで上から目線でダメ出しされたら、「じゃああんたやってみぃや!!」って言いたくもなりますもんね。
つくづく、フィギュアスケート界はおかしいことになってると思います。
ありがとうございます!
ものすごく、このシリーズ助かりました。

少しでもKYの下手くそさを周囲の人に広めようと頑張っていたのですが
自分は、素人だし、説明も下手で、なかなか相手に伝わらなくていらいらしていたのですが
姐さんのこのシリーズを見せれば
なぁ~~~んも、説明もなくても皆さん、理解してくださいました。
今まで、『だって、KYは点数高いじゃん!』と言っていた人も
不正のことをやっと疑うようになってくれて、とっても嬉しいです!!

本当にありがとうございました!

管理者にのみ表示