キム・ヨナだってかつては努力していた――失われたキムを求めて


へたくそ へたくそ と騒いでおりますが、へたの中にも種類があります。

やってできない→あきらめる
やってできるまでねばる→できる

できるようになるまで「やめない」からできる、というシンプルさではありますが、やらないで「できない」と言う人の何と多いことでしょう。

キム・ヨナのへたくそさは、向上心のなさからきているへたくそさです。彼女は普通に滑っていたらワールド入賞クラス(国際試合の常連だがメダルには手が届かない)だったかもしれないけれど、今よりももっとずっとスケートがうまく、華もあり、固定ファンがついて「いい選手だね」と言われたはずです。

やってやれない人ではなかったはずです。あのぎっこぎこに固い体でビールマンをこなし、必死の形相でI字スピンを回り、くたくたに疲れ切りながらもステップもなんとか踏んでいました。できない選手ではなかったのです。

かつての佐野稔のようになんでもホイホイできちまうからある程度のところにいくと練習をやめちまう。今の居酒屋酔っ払い解説のようになんでもなあなあですませてしまう人と、マスター・ノブーオのように、できないからこそ「できるまで!」とねばる姿勢を見せる人。繰り返し繰り返し練習することでいつの間にかできてしまう。

全日本選手権十連覇というのはなみたいていのことではありません。マスター・ノブーオは天才です。彼もまた努力の天才です。

いきなり全日本クラスの選手を預かり、若さと未経験さゆえに選手を泣かせ、自分も泣いて、痛風と胃痛に苦しみながら、「選手の前では」「いつもと同じ」「信夫先生」であり続けました。

今ではマスター・ノブーオのコーチとしての技量と采配に疑いを抱く人はいないでしょう。天才、浅田真央をして「信夫先生が望む『理想のスケーター』になることが真央の夢です」と言わしめた天才コーチ。

彼は非常にフェアでした。キム・ヨナですらいいところがあればちゃんとほめ、認めることができた人です。

キム・ヨナがもしもマスター・ノブーオのような真人間につくことができ、「正しいスケート」を学んでいたら。

返す返すも残念です。

キム・ヨナの衝撃画像をお見せします。


泣いています。冷たく硬い氷の上で、キム・ヨナが泣いています。
悔し泣き-1


広いリンクでたったひとり、できなくて、悔しくて、自分が情けなくて、泣く少女。
かわいそうです。寒々しいです。涙があとからあとから流れます。
悔し泣き-2


KBCです。韓国です。練習するキム・ヨナをカメラは冷酷に追い続けます。寒々しい光景です。
悔し泣き-3

コーチもいます。家族もいます。けれどもリンクに出ていくときはたったひとりにされるのです。

全国のお母さん。キム・ヨナは小学校中退です。家とリンクの往復です。母親がそれを強いました。親が娘を売ったのです。スケートなんか大嫌いです。滑る喜びなんかありません。ちやほやされて、威張り散らして、カネさえ入ればいいのです。これまで見てきた記事のようにクソみっともない姿をさらして「クイーン・ユナと呼んで」と言い歩く姿、人として尊敬できるでしょうか?

これはかつてキム・ヨナだった人の画像です。

キム・ヨナに背負わされたものを思うとき、彼女もやはり彼女なりの戦いを人知れず続けてきたのだとわかります。このように苦しくて泣くことができる選手であれば、まっとうに「育つ」こともできたでしょう。
うまくなりたいから泣くのです。スケートが上手になりたいから苦しみます。
スケーターとして誰もが通る苦悩の道を彼女が歩くことができたなら。その辛さに耐え抜いて真の力を身につけて、堂々と戦うことができたなら。

・・・本当に残念です。


彼女の不幸は生まれた国が韓国だったということ一点です。



あざわらうためにこの画像を掲載したのではありません。すっころんでみっともねーなとは思いません。かつてはこのように泣くことができるスポーツウーマンだった彼女のことを、ふと悼んでみたくなったのです。

このように泣くことができた少女の面影は世界のどこにも見当たりません。フィギュアスケーターのキム・ヨナは、韓国のために殺されました。

今見ているのはキムチです。カネメダリストのキムチです。

何もかもを捻じ曲げられて、偽りの栄光で内心のむなしさを糊塗しようとする「白く塗りたる墓」である、キムチだけがここにいます。

韓国の不正を暴き、キムチを本来の立ち位置である、メダルなしのただのスケーターに戻すことは、キム・ヨナ自身を救うことでもあると感じます。

本人にとっては不本意でしょう。命の危険すらあるでしょう。韓国国内の厳重な言論統制下にあっても噴出している優遇措置への不満と言うのは危険な水域に達しています。

何かあったら政府は逃げます。キム・ヨナと家族だけが犯罪者扱いされるでしょう。

スケーターとしてのキム・ヨナを救う道はないものか。

不正はいけない、と止めてくれる人を持たない不幸の只中で、今もなお「国家」のためにニセメダリストを演じ続けるキムチの不幸。

温情をかけろと言っているのではありません。同情で追及の手が止まることを望んでいるのではありません。

ひとりの少女から何もかもを奪い、ニセメダリストとしての偽りの人生を強いている韓国こそが、全スケーターの敵なのです。

それに加担したISUも、電通もスポンサーもマスコミも、やっているのは犯罪行為。

そして今、同じようにミキムチが、安藤美姫であることをやめ、破滅への道をひた走る中、われわれに残された時間はあまりに少ない。

やれることを、やれるうちに。

悔いを残したくはないと思います。


失われたキムチの魂のために祈ります。あなたもかつてはスケーターだった。私はそれを忘れない。


※2013/11/8に亀吉さんのコメントを追記しました。

------------------------------------------------------
罫線で囲まれた文章のCopyrightは「亀吉」さんにあります。

2013/11/07 亀吉さん

いちおう

釈迦になんとやらでしょうが。
小学校【中退】はしてないニダ
中学校名は分からないニダが
高校はグンポスリ高校 試験の時は学校に行ってた映像があるニダ
校時代に土砂降りのなかオープン山車でパレードもしたニダ
卒業後スケート関連の品々を学校に展示してやってたニダがなじぇか突然返せ!返せ!と全部ひきあげちゃったニダ
後輩の卒業式には記念品としてオリジナル商品の陶器をプレジェントしたら、いらねーよ!と卒業記念に割られまくったニダ

大学は高麗大学
入学試験はカナダからネット電話で面接して合格。入学のときと、付き人と記者たち引き連れて10分受講と、教育実習という名の講演会と、レポート未提出で卒業したニダ
レポートも出さない学生に単位はやれん!と言った教授様はフルボッコされたニダ

小学校高学年からほとんど勉強はしてないニダから 頭の中身は中退だと思うんですが
一応真に受けてしまうひとがいるかもしれないので、補足させてジュセヨ〜

Copyright (C)「亀吉氏」 All Rights Reserved.

------------------------------------------------------

高校卒業のときに調子こいて自分の顔入りマグカップを配って叩き割られてたんだっけ。
いい話が全然ないわ。亀吉さん、ありがとうございます!


人気ブログランキングへ


なんかこの記事のあたしの口調、綾小路きみまろみたいねえ。
関連記事
キム・ヨナの人柄 | コメント(26) | トラックバック(0) | 2013/11/07 00:26
コメント
No title
手相姐様こんばんは。
自分はバンクーバからのにわか真央ちゃんファンで、
アスリート時代の彼女のことはよく知らないのですが
かつてのキム選手の悔し泣きしてる写真を見て自然と涙がこぼれました。
貴方なら出来るよと声をかけてあげたいと思ってしまいました。
もう彼女はどこにもいないのですかね…本当に残念です。
ただの感想投下で失礼しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ありがとう
姐さん、ありがとう。
本当にありがとうございます。
……もう言葉になりません。

と、しんみりしたところで最後の一文がwww
No title
この頃のように練習を積み重ねていればたとえ15歳にしてあばずれだのなんだのと言ったり性格がくっそ悪くてもあなたの演技が好きだと言ってくれるファンもいただろうし、それなりの成績も取れた派手じゃなくても幸せなスケート人生が送れていたと思う。そんな未来もあり得たかもしれないのに現実は汚い金メダルと数字だけ圧倒的な記録、極悪な人相のクソキムチになってしまった。
それは韓国に生まれてしまったがゆえの悲劇なのかどうかは分からないですが、ただただ悲しい事実ですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
またニコ動の話になっちゃうのですが(^_^;)
お前、リンクも張れないクセにふざけんなよ!と言われてしまうかも知れませんが(^_^;)

まずは姐さん、この記事、私、前面同意なんです。

私はキムチコノヤローの事は大嫌いです。
しかし、彼女が暗黒スパイラルに堕ちてしまったのは、やはりK国という異常な国に生まれてしまったからだと思っています。

で、ニコ動の話ですが(^_^;)
実は12歳の頃のキムチの演技の動画がありました。その頃のキムチは5種トリプルを跳ぶことが出来たのです。3Lo、きれいに跳べてたんですよね。
しかもバッククロスでガリガリ漕がなくてもスピードを出せてた。
あの頃の彼女は間違いなく天才少女でした。才能の塊でした。

その後のキムチは…
年々出来ない事が増えていくだけ。
キャメルスピンからドーナツスピンへのポジションチェンジは結構上手かったのに、それももう出来ません。努力しなくても勝てるから。現状維持すら出来なくなってしまいました。

国の利益の為だけに、まさに踊らされているのですよね。
本当はバンクーバーで引退したかったのに、それも許されなかった。
その後は国に言われるがままに試合に出て枠取りして、IOC委員を目指して。
彼女の意思なんて何にもありません。
ただのお飾り。空っぽの人生。
だから、キムチの演技を見ても何も感じないのですよね。
キムチの演技は、キムチの人生そのものだから。

だからといって、同情は出来ません。
逃れる術が何も無かったわけではありませんから。
にも関わらず、キムチは何もしなかった。空っぽの人生を自分の意思で受け入れたのです。

逃れる術は、立ち向かう事。
どんな困難にも、逃げずに立ち向かう事。
自分を信じて進化を諦めない事。


真央ちゃんみたいに。

真央ちゃんはいつも逃げなかった。
だから今があるのですよね。
No title
姐様、こんばんは。日々の更新お疲れ様です。
よく人に説明が下手だと言われるので、変なコメントかもしれませんが、お許しください。
一応言っておくと、キム・ヨナを擁護する気はありません。

私はバンクーバーでキム・ヨナが金メダルを獲ったとき、金メダルに値する演技とは
思いませんでしたし浅田選手が正当な評価を受けなかったことに悔しさでいっぱいでしたが、
ああ、これでキム・ヨナは肩の荷が下りただろうな、と心の片隅で思いました。
韓国にはキム・ヨナ以外有力な選手がいませんし、彼女にかかった重圧は相当なものだったのだろうと
思います。
この写真も印象的なのですが、個人的に印象的なのはいつだったかの世界選手権(うろ覚えです;)
でキム・ヨナが銀メダルという普通なら賞賛される結果だったにも関わらず、泣いている写真です。
確かそのときの優勝者は安藤美姫だったと思うのですが(曖昧ですみません)そのキム・ヨナの姿を
何故、泣いているんだろう?みたいな不思議な表情で見ていました。
これは私の推測でしかありませんが、悔しさというよりも2位という結果であったことや
日本人である安藤美姫に敗れたということで韓国でバッシングを受けることを恐れていたのかなと
思います。

まだ確固とした自分のない小さい頃から韓国という歪んだ国の事情を押し付けられ、好きでもないスケートに時間を奪われ、しかも結果は一番でないと許されないという状況が彼女を歪めてしまったのでしょうか…
彼女を理解し、正しい方向に導いてくれるメンターのような人がいればまだましだったのかもしれません。

こういう背景を推察していくと、可哀相とも思ってしまうのですが、やっぱりキム・ヨナの明らかな不正と
いうのは見過ごせません。この不正のせいで辛い思いをしてきた選手達はたくさんいると思います。

思わず共感したので長々とコメントしてしまいました。失礼しました。
このえさんへ
この写真でしょ?
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

選手の内面って思ったより外側に出るものなのよね。

キムチはどんなに振り払っても蹴落としてもこれで叩き潰せたと思っても浅田が繰り返し復活してくるのを見て本当にいやで怖くてたまらなかっただろとは思うわよwwww
懐かしいニダ
これは「あげひばり」のシーズンの韓国テレビ局のドキュメンタリーの一こまだったはず

なんとなーく「ああ、自分のふがいなさに泣くひたむきさがあったのか」とウッカリ同情しかけましたが
この頃はもう
「あのニョンはシニア」発言してたんだなと思いだしてふとぬる~い気持ちになりました
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あげひばりはもう飛べない
キムヨナを初めてテレビで見た時、決してヘタクソとは思いませんでしたよ。
ものすごく上手だったとも思わないけど。
ジュニアからシニアに上がってきたばかりの選手として、ごく普通に「この子は将来どんな風に成長するのだろう」と期待していました。
だって、誰が思いますか? あれがピークだったなんて。
あの頃は今ほど邪悪な顔ではなかった。ロクサーヌのニダリに邪悪さの片鱗はあったけれど。
どちらかというと、リンクの外ではどこか自信なさげな、寂しそうな顔をしていたように思います。

以前にも書きましたが、キスクラで点数を待つ彼女を見て、どうしてだかわからないけど、「この子はまわりの大人に利用されてるんだな」というのが頭に浮かんできました。
まだ韓国のことも良く知らなかった頃なのに。今でも理由はわかりません。
今となってみれば、結局、その通りでした。

羽をもがれたあげひばりは、もう飛ぶことはない。
なのに、今でも空高く軽やかに飛んでいるかのように偽装されている。
人々は空を指さし、あそこにひばりがいると叫ぶ。
地上にいる本当のひばりは誰にも見つめてもらえない。

…な〜んて、ちょっと塩分濃いめに書いてみましたwww

キムチもミキムチも、それ以上行くなって止めてあげないといけないんですよ本当は。
だってその先は崖だから。
なのに、キムチもミキムチも、取り巻きの人たちはみんな「もっと行けどんどん行け」ってけしかけてるんですよ。ひどいでしょう?

これも前に書いた。キムチミキムチの取り巻きよりも、姐さんの方がよっぽど愛にあふれてます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
姐様こんばんわ。
このドキュメンタリーが作られた時には既に国策でぶっ込まれてるんですよ。だからドキュメンタリーが作られたんですよ。確かクーリック(男)が出てきて「3Aより芸術性」と言わせてたドキュメンタリーじゃなかったですか?間違ってたら申し訳ありませんが。
この時は本人は、まだ知らなかったかもしれないですけどね。そして当時ドキュメンタリーを見た彼女のファンも姐様と同じようなことを言ってました。韓国に生まれてかわいそうなことの理由が全く違いますけどね。

「可哀想にイルボンの巻きますは国から2兆円もぶっ込まれて専用リンクも作ってもらって。
ウールヨンアは練習もまともに出来るリンクもなくて、こんなに努力家で可愛くてピギョもお上手なのに。ウールヨンアの不幸は国力もない韓国に生まれたこと
真央ちゃんが勝つと「ゼプモニ(ジャパンマネー)ゼプモニ」日本での試合で真央ちゃんが良い点を出すと「奥座敷(ホーム)だからゼプモニ」

真央ちゃんが、高校生になってラファのところに行くまで大須の芋洗いリンクで一般客と一緒に滑ってたことも、深夜や早朝に練習してたことも知らずに勝手なことを言ってました。ファンが自国の掲示板で言ってる分にはスルーできましたが、試合の実況(もちろん日本のTV局ですよ、蛆かアカピか忘れましたけど)で「環境に恵まれず苦労して」云々言い出した時は呆れました。そして、その映像をお持ち帰りして翻訳して宣伝です。

でもね、まだこの時は本人は努力してたと思います。日本に勝つためでも真央に勝つためでも恨の精神でも、理由は何であれ。努力をやめたのは真央ちゃんが先にワールドのタイトルを取った後、国が本気出したのか、本人は何にも変わってないのにドンドン点数が鰻のぼり、ルールも自分が楽なように変わっていく、エラーは見逃し自分の大技以外は他選手のジャンプは認定されずに他選手との差が面白いように広がっていく。そりゃ努力なんて馬鹿馬鹿しくなりますし勘違いもしますよね。でもその08~09シーズンでさえ初戦のSAでループを入れようと努力はしてましたよ、ポップして「わざとポップした」って言ってました。最後に4CCで跳んでコケて「ルームは忘れた」と放棄するまでは。劣化と勘違いはとっくに始まってましたけど。

国が余計なことをしなければ、国際大会の常連の良い選手になってたと思います(性格は子供の頃から悪かったけど)。それは姐様と同意見です。
悼む気持ちはある
これって、あげひばりのころの写真なんですか。

う~む。
この写真そのものは、アスリートの姿ですね。
鍛練って、そんな生やさしいものではない。
みな、必死ですよね。その必死さは感じられる。

ただ、私、あげひばりはピンとこない。
あげひばりのころは良かったという方、多いですがね。
ヨナの持ち味ではないと思うし、あげひばりを滑るには技術が足りなかったと思う。

ヨナのプログラムで、唯一、認められるのは「死の舞踏」ですかね。
彼女の、ダークな持ち味が生きていたし、まだ身体能力もあった。

で、自信もついたんでしょうね。そのころから、かえってひどくなっていった。
効率的な、「勝つ」ための方策ばかりを求めていった。
オーサーが言っていましたよね。「点数を取ることだけ」に熱心だった、と。

そうなったのは、ひとつは「韓国という国」を背負っていたから。
勝つことにしか、価値を認められない国ですからね。

でも、もうひとつはヨナ自身の(さらに言えばヨナの母親の)生き方の問題でもあった。
フィギュアを、「自分たちがのしあがる道具」にしたのは、この母と娘でしょう。

技術を極めるとか、真の美しさを磨くとか、まっとうに生きるとか、そういうものいっさいを
自ら捨てさったのですから。

姐さん、私もヨナを悼みますよ。悼む気持ちは、ある。
それは、私の中の、人間としての最低限の矜持です。
落ちていっても、ざまぁみろ、とは言えません。

でも、韓国も、ISUも、サムスンも、電通も…連中がやったことは許せないですよ。
わずかな力にしかなれなくとも、何かをしたい、と思いますね。



No title
国中からの金メダル獲得の期待をたった一人で背負った気持ちは、みどりちゃんが一番理解できたと思います。どんなに重たかったか。キムチはメダルを取らないで帰国すれば自分がどんな目に合うか覚悟してたでしょう。ミキムチよりはるかに大人ではあったでしょう。オリンピック前のキムチの後ろ姿は愛らしいスポーツ少女ではなく養成された兵士のようでした。もっと違う育て方があったのにな、と思いました。国から白羽の矢がたてられたのだから、それだけの才能はあったのに。
みどりちゃんは生まれ持った人徳と、愛される環境のおかげでキムチのように恨みを持たずにスケートを愛しています。もちろん辞めたいと思ったことはあったと思うけどね、山田コーチと喧嘩したりwwでもそこには「愛」があったよね。
真っ赤な衣装で篤姫の曲で滑ったアダルト選手権、みどりの名前を聞くと外国人の観客がワーッと湧くの。みどりちゃんの、昔のままの、真上に飛び上がるジャンプを見たときには目に汗が。。

キムチの生まれ持った性格の狡さもあるけれど、韓国の見栄を貼るための偽りは全て正義、一番以外は負けという、誇り高きルーザーという価値観はない、これだと人を歪ませますよね。
彼女を悼む気持ちはあります、でも、同情はできないですね。あまりにもキムチの犠牲者が多いから。
真央さんがどんな結果だろうとファンは応援し続け愛され続ける。その理由があの国にも「キム・ヨナ」にも理解できないのでしょうね。
ジュニア(12歳)の頃のヨナのカルメン5種トリプル跳んでいますし、スケーティングも今より悪くないそして繋ぎも濃いんですよね。終わった後息切れしているので体力は無いようですが。

あげひばりは1999ワールドSPでアメリカのアンジェラ・ニコディフ選手が滑っています。柔軟性があって美しいです。振り付け似ているんですよね…

顔芸は村主さん(ファンの人すみません)ポーズや仕草は真似しても到底及ばない由希奈さん。振り付けは他のスケーター良いところをパクりまくるというクオリティを押し付けられた「キム・ヨナ」の不幸でしょうね。だからといって今までやってきた事が事だけに同情の余地は微塵もありませんが。

もしカルメンの頃からこのまま成長していたのなら姐さんが言うように表彰台に乗れなくても愛されるスケーターにはなっていたかも。

一番でなければ、日本に勝つスケーターでなければならないなら「キム・ヨナ」でなくても良いのですから。
うっ……(´;ω;`)
……せつない………
姐さま……切ないです……………
No title
キムヨナは本当に本当に大嫌いです。

だけど、ふと自分に置き換えてみると。。。
もしも自分が韓国でキムヨナの立場だったとして、どれだけ清廉潔白でいれただろう?
といつも問いかけてしまいます。

韓国って想像を絶するえげつない国ですし、負けることが許されない中、
ほかにどういう選択肢が彼女にあったのでしょうか?





いちおう
釈迦になんとやらでしょうが。
小学校【中退】はしてないニダ
中学校名は分からないニダが
高校はグンポスリ高校 試験の時は学校に行ってた映像があるニダ
校時代に土砂降りのなかオープン山車でパレードもしたニダ
卒業後スケート関連の品々を学校に展示してやってたニダがなじぇか突然返せ!返せ!と全部ひきあげちゃったニダ
後輩の卒業式には記念品としてオリジナル商品の陶器をプレジェントしたら、いらねーよ!と卒業記念に割られまくったニダ

大学は高麗大学
入学試験はカナダからネット電話で面接して合格。入学のときと、付き人と記者たち引き連れて10分受講と、教育実習という名の講演会と、レポート未提出で卒業したニダ
レポートも出さない学生に単位はやれん!と言った教授様はフルボッコされたニダ

小学校高学年からほとんど勉強はしてないニダから 頭の中身は中退だと思うんですが
一応真に受けてしまうひとがいるかもしれないので、補足させてジュセヨ〜
クイーン・ヨナにならないために
人間らしく生きるということはとても難しいですね。
真央ちゃんのように自分に負けない努力を続けるって、先が見えないし辛いことばかり。

他人に勝つことよりも自分に負けないことが大切。
昔、友人がくれた言葉です。

私の中の汚い卑屈な「クイーン・ヨナ」な部分をすべて追い出そう。
今からでも少しでも闇を追い出そう。
真央ちゃんからもらえたパワーを無駄にしないように。
わたしも声を大にして身近な人に伝えよう。

どうして日本は汚鮮されてしまったの?
どうしてフィギュアスケートが汚されてしまったの?
どうして真央ちゃんが犠牲にされてしまったの?

真央ちゃんは美しい白い花。
私は白い花を守れる力を持っている。
うーん...。
姐さんこんにちは、いつも記事を楽しんで読ませていただいています。
今回の記事で一瞬はKYさんの事可愛そうかな、と思っちゃいましたけど、でもやっぱり彼女の根性は大っ嫌いです。

韓国に生まれたのは可愛そうかもしれないけど、魂って引き合う場所に生まれてくると私は思うんです。
だから、彼女自身の魂がもともとそうだったんだと思います。
オリンピックになれば選手達はみんなそれぞれ国を背負っています。
それを踏まえたうえでの勝負でしょ?
KYさんだけが特別ではありません。

どこにいても、自分は自分ですもん。
と私は思ってしまうのですが、ひどいですかね??(>_<)

姐さんの記事は大好きです。
キムヨナは心の弱い哀れな人間だったって事ですよね。
てか、オーサーも。

だから、浅田選手の強さは凄いなぁ、と。

ポプラ社が浅田選手の嫌がる事をして、浅田選手が本の出版を中止した時の強さにはびっくりしました。

沢山の人やお金が動く訳だから、いくら嫌でも出版を中止する勇気なんてないですよ…。

でも、それでも振り切った浅田選手の心の強さに頭が下がりました。

良い意味でマスコミやスケート連盟の言いなりにならないから標的にもされるんでしょうね。
日本に浅田選手がいなければ、韓国は国策でキムヨナをここまで上げてこなかったと思う。

まぁ、キムヨナも色々大変な思いをしたのかもしれませんが、やっぱり彼女の根性は汚いですよね。
10代前半の頃から浅田選手をアバズレ呼ばわり、練習妨害、妨害発言、八百長etc

とにかく言動が下品で鳥肌が立つ。

今、彼女は試合に出てもバンケに出席する勇気もないくらい落ちぶれました。
自業自得ですがね(笑)
こんな過去もあったんですね。
キムヨナのしていることは許せないですが、少し切なくなりました。
No title
誰しもクラブ活動や運動競技の経験が有るから…キムヨナ・韓国には怒りが止まらないんだ。すべてを否定されるデキレース…毎日の練習や努力…そんなの有りかよって感じで。
スポーツの本来有るべき姿、オリンピックで絶対有ってはならない事なんだ。バレバレの三流の韓流ドラマなんかオリンピックに持ち込むな
ジュニア時代の
真央ちゃんにライバルが現れた!きっとお互いに切磋琢磨して…これからシニア女子シングルはどんなに楽しくなるだろう…こう思ってた時期が私にもありました。

今と比べて幼い頃彼女の演技は良かった。かなり前に動画で見たのですが、努力を知っている人の演技だったと思います。
努力し続けていればワールドで入賞して、たまにメダリストの中に名を連ねて、例えメダルに届かずとも「いい選手だよね」って固定ファ
ンがついたはず。
フィギュアファンが好きな選手にそういう選手が大勢いるように。



管理者にのみ表示