NHK杯2013浅田真央SPユロスポUK解説(モモさん翻訳編)


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「モモ」さんにあります。
2013/11/10 モモさん

ユロスポUK解説訳SP編

姐さま、連投失礼致します。

1日100個でも歓迎です!

前後しちゃったけど、ユロスポのSP、やっとつべで見つけました。
相変わらずどんくさいわ、あたし。

そんなことNEEEEEEEEE!!!神ですよ神!!!

http://www.youtube.com/watch?v=FGMgStci3wU

(画像は姐さん作成)
euro-uk-mao-sp.jpg


どうも、ユロスポの最新機能、リアル技術点計算システムネタでどーのこーの言ってますが、
基本は「Mao Asadaすげー」感伝わってきますね。

やっぱり後でユロスポUKにグッジョブ!って書き込みしておきますね!
以下、これも不要だったら全然消しちゃって下さいね~☆

不要どころか!ありがたくって涙が出るわ!モモさん本当にありがとうございます!

<冒頭、演技開始前>

S:17才のときに初めて世界チャンピオンに輝きました。
そして2年後のトリノで2度目のチャンピオンに輝きました。
オリンピックではキムに次ぐ2位でした。
今回(ソチ)で、逆転できるか!?
スケートアメリカでは素晴らしい演技を見せました!もちろん優勝!
音楽はショパンのノクターン。
さぁ、驚異のスケーター、Mao Asdaです。

<演技中の実況・解説>

S:もちろん最初の要素は、代名詞の3アクセルです。
N:・・・!いいんじゃない?足りてたよね??
S:回転数は足りてるかと。両足着氷になってしまいましたね。

S:コンビネーション・・・
N:?(コンビネーションのセカンド)入れてこなかったね?
S:3フリップの後、2ループのコンビネーションじゃなかったけ?様子見だね?。
N:もとよりコンビネーション跳ぶ風ではなかったよね??
S+N:???

S:トリプルのコンビネーション、ここで入れてくるでしょうか?
3ループ+2ループ!

(ここからステップ~レイバックスピンからビールマン~フィニッシュと、完全に無言でガン見中・・・www)

-演技終了-

S:微かな笑みの後、ようやく輝く笑顔です。
見てください彼女の瞳を。
期待を裏切らない人です。
世界でたったひとり、競技会で3アクセルを実施できる女性スケーターなんです!
もしかしたら、おそらく、これが金メダルと銀メダルの分かれ目なのかもしれません。
グランプリシリーズだけでなく、世界選手権やオリンピックにおいても、です。

てか、もう、見てよこの花束の山(笑)!!
会場ほとんど皆じゃない?(笑)

N:うーん、正直僕は、3アクセルがそこまで明暗を分けるポイントになるとは思わないんだよね。
だって、プログラム最初の要素になるわけだから、
ジャッジがどれくらいの点数をつけてくるかを図るチャンスじゃないかな?
3アクセルは基礎点が8.5点。
手元に6.5点が送られてきたってことは、
テクニカルパネラーが回転数を認めたから基礎点は確保、
但し両足着氷で2点減点されたってことだよね?

あと、彼女3ルッツも良かったよね?これは基礎点が6点なんだけど。
加点が2点つけば、いや1点でも、結果6.7点とか、7.4点になるわけだし。

ともかく、3アクセル以外の部分は、本当にとてもとても良いですから。
まず技術点においてですが、
3アクセルの着氷以外、他すべての要素の質が非常に高く、
基礎点はもちろんGOEでも相当加点されるはずですので、
相当高い得点が見込まれます。
次に、演技構成点ですが、
これほどまで洗練と完成度を高めた演技に対してですから、
素晴らしい点数が期待できます。
ですので、疑いの余地なく、彼女の勝利でしょうね。

<スローリプレイ解説>

S:そうですね。首位は決まりとして、あとは、どれだけ差がついたか、というところだよね。

N:さぁ、3アクセルをもう一度見てみましょう。
回転数はまず問題なさそうですよね。
ただ、ほんの少しフリーレッグのタッチダウンがあり、
そのあとスピンアウトしてしまいましたね。
問題は着氷後のコントロールだけでしたね。
S:完全にアウトサイドエッジにのって、若干エッジが滑りましたが、
跳びあがって右足にぴったり重なり、
最後、ほんのわずかですが、回転が微妙だったかもしれません。
N:いいよもう「わずか」とか~!足りてるって、もう~~~(笑)認定しちゃってよホント。
S:だね~(笑)いや、正直な話、たぶん基礎点確保してるんじゃないかなと思うよ?
認定されるべきだよ、マジで。
また、別角度のリプレイだね(笑)
いや、繰り返すけど、彼女は、女性スケータとして、
この超ムズい技(3アクセル)をやってのける、
この世でたった一人の人なんだよ?
それだけでも、物凄いことなんだからね。

そして、3フリップ。ラブリーでクリーンだね!
別角度のリプレイでもう一度。
左足、完全にインサイドエッジで、跳びあがってすぐに右足と重なり、
きれいな着氷、完璧だね!ほら、見て下さいこの氷にできた跡!

スピンもすべて良かったよね。
高得点を期待せずにはいられないよ。

N:75点?
S:70点くらいじゃないかな?
N:ジャッジだって喜んで高得点出しそうだけど?
S:62.83が現在の首位の得点ですが、それ以上であることは確実です。
あとは何点差か・・・Yes!71.26点です!
驚異的な点数、とはいきませんでしたが、
2位以下につけた差は十分ではないでしょうか。
あとはSuzukiを残すのみです。
(ここで動画終了)

Copyright (C)「モモ氏」 All Rights Reserved.


普通に見てたらこういう解説になるわよね?普通に見てたら!
それが通らないマスコミって何なのかしら?

日本人選手の活躍をなぜ日本が一番けなすのかしら?あたしたちはそのことの異常さにもっともっと驚くべきよ。驚いて、衝撃を受けたら、その驚きが何なのかもっと自分を見つめなきゃ。

そしてできることをしていきましょう。

問題の根は深い。
フィギュアスケートひとつとってもこれだけおかしなことが目の前の現実として起こっているのよ?
あなたが愛する他のジャンルもいつこのように汚鮮されるか、そしてそれに気づかないよう洗脳されるかわからない。よく目と心を開いて事実を見つめていきましょう。

「モモ」さん、本当にありがとうございます。動画リピートが止まりませんっ!!!!



人気ブログランキングへ
関連記事
海外報道の日本語訳 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2013/11/11 22:39
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【EX部分加筆修正あり】翻訳お疲れさまでした♪
モモさん、SP&FPの翻訳お疲れさまでした~
見る対象は1つなのだから素直に表現すれば、こうなるという事でしょうね。
ちなみにドイツ・ゆろすぽのFPコメは姐さんのところに鍵コメで預けて審議中です。

EXの再放送がありましたので、分かったところだけ加筆修正しました↓
つべがupされないので、1回聞いたメモ書きなのですが・・・
EXでのドイツ・ゆろすぽの真央ちゃんについてのコメントを投下しますね。
マスタノブーオの「今は不安要素があった方が良い」と言ってましたが、
Teamまおまおの皆様、そんな感じでご理解を~♪

①演技開始前「日本のアイス・プリンセスの登場です。いやーこの大会は開催期間中、ずっとチケットが完売だったんです。日本以外の国でこんな風に座席が埋まってしまうのは、モスクワくらいでしょうか?」
↑クイーン、という表現はタブーニカ?

②演技終了後「今のところ皆、(ソチの金メダルの本命として)浅田を支持しているけれどー(唐突に肩書の紹介もなく)KYが足の深刻な怪我ということでキャンセルしましたが、このGPシリーズの参戦をするはずだったんですーその彼女ですが12月にヨーロッパの小さな大会に出場するとのことです。まだKYにとっての今シーズンは始まっていないので(=誰も今シーズンのプログラムの評価をしてない)、それを待たないといけないけれど、ひょっとしたら浅田がKYに打ち勝つかもしれない。」

「とにかく浅田にはソチまでトレーニングを本当に頑張ってほしいんだーーー何ていうか、2・3の子ネズミがねーーー(原文がein paar Maeuschen。辞書で調べましたが適当な言葉が見当たらず・・・あえて意訳するならば、ほころび?引っかかり?または取りこぼしまでは行かずとも、ジャンプなどの動作でのきっちりとした詰め?)
Interpretationについては本人も自信を深めたと思う。でも僕は「もっとスポーティ」に!彼女の技術をもっと見せつけてほしいんだよね!」
以上、画面はメリチャリに移動。解説終わり・・・

4年前はこんな解説をしてますからねえ・・・このお二人・・・表現力はもう十分なんですか・・・( ゚д゚)ポカーン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11410194?ref=search_key_video
stupsi様、モモ様、乙なんです!
stupsi様、モモ様、翻訳お疲れ様でした♪オッ(*≧д≦)o チュー(*≧з≦)ノ⌒☆
YLE解説もいいんですけど、彼らも「両足着氷」って言うデヨ・・・orz
ただ他の人にも同じ言い方なので、タッチフットって言い方自体をしないんでしょうね。

凄く小さな小さな接触、とかそんな言い方もするので、彼ら自身も「ここまで問題にする?」
って気持ちが凄くあると思います。
キムチが出てきた時にどんな解説をするか、よーく観察しようと思ってるニダ。
もう認めちゃってよ~byニックっく
姐さま、皆様、こんばんは!

姐さま、こちらも記事に取り上げて頂いて有難うございます!
そしてそして・・・きゃー我らがダブルエースStupsiさんMansikkaさん!有り難いお言葉もったいない限りです。有難うございます!お二人はあたしのアイドルですよ~~~!すごーいすごーい、すっごく嬉しいです!ドイツユロスポのFPコメも楽しみにしています!

Mansikkaさん、知らなかったです、フィンランドでも両足、なんだ・・・。

タッチフットかダブルフットか論争は、ちょっと本気で調べてみようと思います。それはそれとして、ひとまずユロスポには、今回の実況解説は、かねてより大好きなユロスポの良さが全面に出ていて大変良かった、やっぱり大ファンよ~~~みたいなコメしようと思ってますが、ちょっと作文考え中です・・・。

というのも、コンおぇっ女史がいなくて超べリグっとか書きたいけど個人名はやめといたほうがよさそうですし。できれば真央ちゃんの名前も出さないほうが良いのかな~とか。逆にサイモンさんとニックっくが超素敵だったって書く方がいいかな、とか。ちょっとだけ考え中です。

因みに、今回のユロスポの解説でツボだったのが、SPでとかく色んな角度で何度も流れる3Aのスロー動画に、最後ニッキーが面倒くささ炸裂させて、「もう、なにその、ちょっと回転不足かも、とかそんな細かいこと、もういいって!認定しちゃってよもう(めんどくさいから)!はい認定!」って言ったのに対し、あれこれ言いつつ真剣に動画をガン見してたサイモンさんが、「いや確かにその通り、認定すべきだよ!」って言いきっちゃったやり取りですね~吹き出しちゃった!

あとは、演技中、3Lo+2Loの直後から完全に絶句して演技に見入っちゃってたあたりもツボでした。またそのあとスローリプレイでも、同じところ(ステップの直前くらい)から無言でガン見しだして、笑っちゃった~。さっきガン見したばっかやん!ってつっこみましたよ~画面に。

それから、3Aを跳べる女子スケーターは、世界広しといえどMao Asadaだけと繰り返し強調してくれたこと。これは本当に嬉しかったですね。

あと、姐さま、キムチのチ、赤にしてくれて、あたし泣きそうだったの、ぐっときちゃって。そんなトコ拾ってくれちゃうんだ!って。あ~もうホンッと愛してるわ姐さま!!でもね、でも!チャーリーだけはあげられないの・・・あたし、今までチャーリーとアボがこんなに競争率高いなんて知らなかったわ・・・ぬかったわ・・・
おおお、SPも!
姐さん、みなさん、おはこんばんちは!

モモさん、SPの翻訳まで~!すごいすごいすごすごい! ありがとうございます!

stupsiさん、Mansikkaさんのドイツ語訳、フィンランド語訳で、広くヨーロッパ事情が俯瞰できますね!
なんてすごいブログなんでしょう、ここは!姐さん!(ミズタクふうに言ってみました)

two-footという言い方は英語以外でも使われているんですね。
しかし、なんか実際の演技の印象と違う感じ。
>フリーレッグのタッチダウン
そそそ、そういう表現をだと伝わるのに…と思いました。

時間があれば、男子演技の動画を見て、3A部分のユロスポ解説とプロトコルを調べてみたいです。
NHK杯ではSP男子の3Aをざっと見たんですが、みな減点がない。やはり高得点源なんだなあ、と思いました。ああ時間欲しい(というセリフを吐くのは、時間管理のできてない証拠なんですが)

みなさまのコメントを読むと、やらねば!と元気になれます。本当にスゴイ!ありがとうございます。







管理者にのみ表示