五輪招致~ウィーンの場合


姐さんのリア友でウィーン在住のマダムがかの地での五輪招致について教えてくれました。
チャットの文面を手直ししていますので、普段マダムが使われる日本語よりだいぶくだけております。
生の海外情報ということで、マダムとの会話、紹介しますね。まあ自分用メモみたいなものですが。
以下、( )内は姐さんです。


ミュンヘン冬季五輪への住民投票の件、コメント欄で拝見しました。
実はウィーンもついこの間、夏季五輪立候補への住民投票をやってボロクソに負けてるんです、7割くらいの反対票でw
http://kurier.at/chronik/wien/volksbefragung-in-wien-klares-nein-zu-olympia/4.695.888#section-4710255

(7割の反対!)

1.Innerestadt ~23.Liesing と分かれてるのは1区~23区までの区ごとの投票結果
例えば1区Innerestatdの場合で見ると、Frage2 緑26.7/赤73.3ってのは
1区の場合区民の73.3%がオリンピックの誘致に反対票が集まった、
2区では同じく69.4%の反対票、もちろん投票率の問題もあって、このときの投票率は市の人口115万人の中の31.54%とのこと。
街の規模が小さいのですよ。
ちなみに、リンク先の画面、表の一番上の数字 31.54prozent が31.54%
337,834 von 1,115,000Wienern  ってのがウィーン市民115万人中337,834人の投票結果ということを表してます。

いわゆる(やや貧困)移民地区は若干賛成票が高めで3割を超えてるってのが見てて面白いです。
まあこんな風にウィーンの夏季五輪誘致は頓挫しちゃったけどザルツブルグの冬季五輪は諦めてなかったような、、

volksbefragung-in-wien-klares-nein-zu-olympia  ここ
訳すと面白いことになってますw
ウィーンにおける市民調査、オリンピックへは明らかなダメ出し!!
特に見出しにはなかった文言なのですがオリンピック誘致の他にも、駐車料金形態の見直しや、公共業務の民営化、再生エネルギー開発などの是非も問うていたというのにURLはオリンピックw
食いつきが良さそうな御題だったんだろなー

利権といえばアカヒのIOCの記事もすごいですね。→国際オリンピック委員会の素顔
アカヒは何が書きたかったんだとw
素敵なローザンヌ、IOCのフリして読めば読むほどゲスい内容。週刊朝日かなんかでスクープ扱いしたら全然違う反応が出るだろうに

どこにそんな場所がある、カネがある、メリットがある、作ったスタジアムはその後どうするの、使うあてもないのに借金ばかり増やしてどうする。そもそもね、アルペンスポーツは盛んですけど夏の競技って全く弱いんですよ。
だから人気ないし。
この辺の事情は東京や日本国内とは大きく異なるでしょうが、そんなものの為に、どれだけカネと人、物をかけられるか、ただでさえ逼迫してる財政を破綻させる気か とこんなところだったと思います。
私の周りは、皆アホかwくらいの反応でしたよ。
あくまでも私の周りは、ですよ。

(移民地区は若干賛成票が高めで3割を超えているのはどういう理由が考えられますか)

あくまで私見ですが移民の出身国は割りと夏季スポーツも盛んだったりして、単に盛り上がれるから とか、
楽しそうじゃん、とかミーハーな見方とか、
裏を返せば国や街の財政なんて気にしてないでしょうね。

移民代表
オリンピック結果 ~ セルビアは金(1)・銀(1)・銅(2) 計4個に
http://www.serbianwalker.com/?p=1691

> ロンドンオリンピックでのセルビア勢は、水球やバレーボール、テニス、卓球、マラソンなど15種目に出場している。
> 4個というのは日本の38個に比べると少なく感じるが、実は人口比で見るメダル数では、セルビア(1個/178万人) vs. 日本(1個/336万人)と日本の方が下回る結果に。

移民代表ユーゴのロンドンメダル獲得数の下にでもオーストリアのメダル数も入れておいていただけると夏季スポーツのだめっぷりがわかると思います。。。。
もちろんゼロですw

(ゼロ、に”もちろん”がつくんですね。移民はやっぱり間借り的な立ち位置ですかね?)

そうそうそう、心は国のままだし、やっぱり国別対抗は盛り上がるんでしょうね、だからサッカーワールドカップも、サッカーの欧州杯もオリンピックも大好き。

オーストリア人の先生は困るし、オーストリアの子達はまともな学校まで遠距離通学を強いられてたり、ひずみは大きいですよ。
25人クラスにドイツ語母語の子2人だけとか。

(それは公立校ですか)

はい。

( いわゆるその地域の人が通うもの)

ですね。

(アメリカとまったく同じ状況ですね、英語ができる子がクラスに2人ってまさに。そのうちひとりが日本人でひとりがサモア人とかって普通にあるらしいですw )


稼ぎの悪い旦那より、母子家庭保護のほうがもらえたりするので偽装結婚も多いし、イスラム系は産め産め作戦で来ますよね。あの人たちは子供多いことは苦にならないし。
あとは保険証の使いまわし、写真が入ってないので国からやってきた親戚一同で使いまわすの。基本無料で、かなり高度な医療が受けられるから大きな公立病院は移民の匂い、つまり体臭と、香辛料の混じった独特の匂いがします。
難産で運び込まれた友人の旦那(オーストリア人)などはその臭気と空気に「えづいてた」そうです。乙ですよw
金持ちは個人で保険に入って私立病院に通います。ただし、公立病院のほうが先端医療を担ってたりもするので。
難しいですよね。使いまわしはさすがに問題になって、場所によっては滞在ビザ同時提示を求められたりもするようです。
私はまだ求められたことがないけどw 良かったw

(イギリスが移民者に手厚い社会福祉を与えて豪快に破綻しましたよね。紳士のやせ我慢で最後までふんばったけど、一定年数居住すれば医療費無料、賃貸家屋の居住者の権利保護、高齢者には暖房費支給とかいろいろと手厚すぎでした・・・イギリス国籍がある人が移民について声を上げることすらはばかられるような異様な空気も蔓延してましたしね)

私は日本国籍のままですよ、希望すれば国籍を変えられます。
でも希望しない。だって日本で外人になっちゃうんですよ
私がここでもってないのは選挙権だけです。だったら日本国籍を選びます。
国籍を変えた人から国籍だけは捨てちゃダメと諭されましたし、感情的な問題以外に、単純に日本国内での各種手続きがややこしくなる。特に相続。今でも保険の受取人になるのに一苦労だし、保険会社によっては筆頭受取人として受け入れてくれなかったり。
万一の場合は、とりあえず家族の誰かのところに動かして後は皆さんでご相談ください とか。
これが外人になると全ての書類を公認翻訳者>外務省>各種お役所 のたらいまわしになるらしいです。

(お役所仕事だ!在日だとあっという間に生活保護がもらえるのにw)

ねw

そしてウィーンとオリンピックでこんな記事がwww

ウィーン発コンフィデンシャル
「ノー・メダル」預言は成就された
http://blog.livedoor.jp/wien2006/archives/51994305.html

ケニアの預言者のお告げがあったそうですw

(予言者wwwもっとわかりやすい言い方プリーズw)

ダメ出しきたw

(ここはバチカンの内部事情などに詳しくてすごい情報通ですよね。いいブログです。よく読んでます。私は移民も無条件では受け入れたくないんですよ、申し訳ないけれど)

移民はダメです。

(実際、欧米でめっちゃ崩壊しているし、やっぱり移民せざるを得ない過酷な環境をただしていかないとお互い不幸なままだと思う)
そして彼らはおいしいところだけを持って行こうとするでしょ、その国のそこまでの苦労を省みず。


あとね、この間義母がおかしな事言い出して新月から満月までの間は髪の毛は切っちゃイケナイ、早く伸びるから!!!  切ったら損!!とか言い出して、その場のほぼ全員はどん引きしてたんですがあながち否定できないんじゃないかと嫁は思えたりして。
月のものとか、潮の満ち欠けとか、出産の不思議とかあるのに髪が早めに伸びたって、損かどうかは置いておいてw月や星のめぐりと共に生きてるんだから、あってもおかしくない と私が力説し始めたら全員ポカンとしちゃいました、残念wwww

(そうだそうだってならなかったのww 爪の伸び方も違うのに~だからほんとは手術の時期も月の満ち欠けを見るべきなんだよね)


以下ちょっとした電波話が続きました。
ウィーンの言い伝え?的なことも興味があるからぜひお話を聞いておいてねとお願いしておきました。
この友人とはいつも姐さんが生きた人間には相手にしてもらえなくてごにょごにょらとごそごそやっている日本時間で深夜~早朝にチャットしてもらってます。

マダム、お忙しい中をどうもありがとうございます!掲載許可もありがとうございました。

いつかマダムとウィーンの楽友会ホールのコンサートに行くのが姐さんの目下の目標です。ウィーンに普通にあるフリーメイソンリーの建物を見て毒づいたらその後スイスに回って友達に会い、イタリアに移動してリモンチェッロを痛飲するのだ。ミケランジェロおおおおおって美術館も回るぞー。バチカンでは「ちっきしょう、カネがあっていいなあ!やっぱ宗教は儲かるねえ!」と内心で毒づきながらしずしずと歩きます。貧乏は辛いwww

大BACHの存在(姐さんはマタイ受難曲を西洋音楽の頂点に置いています、普段聞くのは雅楽8で残り2がチャイコフスキーとグラズノフ、ヘンデルとメンデルスゾーン、ブラームスくらいかな)、各種ミサ曲の存在などカトリックにも評価すべき点は多々ございますが、バチカンひとつ取ってみてもカネと権力があれば何でもできるぜ!という雑魚評価が先に立ち・・・いいなあ!あたしも自分ちにピエタを飾りたいわよ!www(そして遊びに来た甥っこ姪っこにいたずら書きをされて絶叫するwww)



人気ブログランキングへ
関連記事
東京五輪、日本の政治 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2013/11/15 13:17
コメント
ウィーン
五輪と移民のお話、とても興味深かったです。
特に移民問題はどこも深刻だというのに、未だに日本も移民を受け入れろと言ってる輩がいますからね・・・ 竹中とか竹中とか竹中w

ウィーンは数年前に行ってすごく良かったです。治安もいいし、食事もおいしいし。
で、姐さん憧れの楽友協会にも行きましたよー♪ ウィーンフィルのチケットはとてもじゃないけど取れないですが~ ウィーン交響楽団の演奏でドボルザークを聴きました。すごく楽しかったし良い経験になりました(^^)

ところでウィーンにはマツコ・デラックスに激似の日本人通訳者さんがいました! シェーンブルン宮殿を案内してくれたり、おいしいアイスクリーム屋さんを教えてくれたりしたのですが、話し方もマツコに似ていたわー ちなみにその方の交通手段は自転車でしたw

また行きたいなぁ~ 当分はムリだけど(ーー;)
No title
>ウイーン
夫は世界中仕事で飛び回っていますが、一番好きなのがウイーンと言っていました。
ドラマでしか見たことありませんが、意外と自然がたくさんあって、素敵なマダムもいらして、
カフェはみんな宮殿みたいで、あこがれます。

ウイーン少年合唱団も、とうとう多国籍になってしまいましたね~。



先日、「タンゴ・リブレ」という映画を見ました。
タンゴの話なので、当然アルゼンチンが舞台と思い込んでいたら、話す言葉がフランス語。
刑務所の囚人の人種がこれまた多国籍で、どの国の人もありうるというくらい、たくさんいるんです。
HP見たら、どうやらベルギーらしい。
「らしい」ってのは、はっきりしないってことです・汗

もう「国」って概念がなくなってしまっているのかしら・・・・。

フランスも、移民が急速に増えているというし、北欧でも問題になっています。
こういう時代だからこそ、私たちはしっかり、日本人としてのアイデンテイテイを大事にしていかないといけませんね。

「タンゴ・リブレ」、映画はすごく良かったです。
DVDがでたら、ぜひ☆

刑務所の中での、男同士のタンゴがすっごい迫力あって、あれ見たら、もう男と女のタンゴなんて、見てられないです。
ムショの中だから、音楽はない。手拍子やら足拍子、テーブル叩いてリズム取りながらの踊り。
タンゴの名手なんだそうです、ふたりとも。
いや====、すごかった!!

そういえば今度、ヒューマントラストシネマ有楽町で、「おじいちゃんの里帰り」というタイトルだったかな、
ドイツに移民したトルコ人家族を描いた映画が上映されます。
こちらも見に行く予定です☆

>無条件では受け入れられない
アメリカでは、国籍を取るときに「国家に忠誠を誓います」って言いますよね。
あれ、在日の皆様全員に、日の丸の下で言っていただきたいです。
No title
いつも興味深く読ませていただいてます。

移民の問題、どこも同じですね。

ドイツの隅っこスイス(バーゼル)の手前で住んでます。

スイス側に、大薬品会社があるので、労働力が吸い寄せられる土地。

この20年、街中の住み分けは、激しくなった気がします。

ドイツの出生率、ドイツ人の出生率では在りませんね。




ぴよさんへ
楽友協会ホールでドボルザーク!!!嗚呼!なんとうらやましい~!!
たぶんどのオケでもあそこの音響・舞台効果でおそらく5割増しってもんですよね~あたしもヴァイオリン弾いてみたい!音階練習だけでもいいから音を出してみたいんです。すごいんだろうなあ。
ウィーンの食事の美味しさは皆さんおっしゃいますよね~いいなあー絶対行くぞー!
マツコ似の通訳さんww食い物に詳しそう!並んで歩いたらあたし絶対指さされるわwww

ぴよさんが行ってない場所をうかがったほうが早そうな予感!アクティブですよね。見習わないと!

移民問題は既に先行して破綻している国の実例がめいっぱいありますし、一度破綻してしまうと後には憎悪とかい離が待っていること、貧困格差が必須であることを竹中センセイはどうお考えなんですかね。往復ビンタしたいです。
ららら♪
ららら♪さんは諸般にお詳しくていらっしゃるからコメントをいただくとへぇ~、へぇ~と言いながらメモメモさせていただいてます。「タンゴ・リブレ」絶対見てみます!

あたしはボールルームダンス(社交ダンス)を描いた「ダンシング・ヒーロー」をかわりにおすすめしようかな!主演のポール・マーキュリオのきれっきれダンスがイイですし、「ロミオとジュリエット」の監督さんが社交ダンスの閉そく性を戯画化して描きつつ、最後は白馬に乗ったお姫様が王子を往復ビンタする(比ゆ的にw)すごく好きな映画なんです。
浅田にも見せたいわ~。

刑務所の中というとあたしはすぐに「蜘蛛女のキス」が思い出されるわ。原作がイイのよね~。

移民さんには日の丸に向かって君が代を歌っていただいて、「竹島は日本の領土デース!」と叫んでいただきたいですね。帰化するときにははとバスで皇居見学→靖国参拝必須にしていただきたいわ!はとバスじゃなくてもいいけどw
その状況下で脂汗たらして震えだした韓国人はポイ~よ!
異邦人さんへ
こんにちは、コメントありがとうございます。

かの地にお住まいなんですね。移民問題、自分の中で今とても大きなトピックなので友人から聞いた話を記事にしてみました。

フランスも・・・
姐さんこんばんは!
遅くに失礼いたします。

私、在日フランス人、在仏日本人と縁があって、いろいろ事情を聞くことがあるのですが、
パリ郊外出身の在日フランス人の一人は、里帰りしてもパリを嫌って引きこもり状態です。
パリに行くまでの電車に乗るのが辛いそうです。
車両の中に元々のフランス人を見つけるのが困難な状況で・・・精神的にかなりキツいとのこと。
オランド政権の終了後、思い切った政策をとらなければ
フランス国は消滅すると本気で考えているようです・・・

本人は在日外国人なわけですが、日本の外国人参政権には大反対で
日本をフランスのようにしてはならない! と言ってくれています。
私としてはほんとうに気を引き締めて監視しなければ!と思っています。
こんな気持ちに導いてくれたのも、私の場合は真央ちゃんだったのですが・・・
ほんとうに偉大な存在です。

私も今年の一月パリに行ったとき、ちょうど大掛かりな「同性婚反対デモ」に出くわしまして、
いつもは新フランス人(移民系)ばかりの郊外電車の車両に、
実はこんなにたくさんの元からフランス人(私たちがイメージしているキリスト教文化圏の白人)が住んでいたんだあ! と驚くほど
老若男女の家族連れでいっぱいで、
移民系の人たちのほうが肩身が狭そうでした。
いえ、これが正常な光景のはずですね。

ところで姐さん、音楽の8割は雅楽を聴いていらっしゃるのですか?!
私は雅楽の笙を習っていて・・・私の笙はとても立派なものなので・・・というのはひとえに師匠の
調律のお陰なのですが・・・自分の笙の音色で異次元に瞬間だけ移動しそうに感じる時があります。
雅楽8割とうかがって思わず書いてしまいました。

また昨日は出張の予定を延ばして、駆け足でしたが
伊勢神宮にお参りしてきました。
日本の国をお守りくださっている感謝の気持ちと、
もちろん真央ちゃんが本懐をとげられますようにお願いをしてきました。
来年はそのお礼のお参りをすることになります。



あれま!
>ぴよさんが行ってない場所をうかがったほうが早そうな予感!

いやいや、私はちょーインドアですよ!
年末年始やらお盆も関係ない職場で働いていたし、長期休暇はとれても3日が限度という・・ 貧乏暇なしでしたわ(ーー;)

日本国内も行ってないところのほうがほとんど・・・
あちこち行きたい気持ちはあるんですけどねぇ。

こちらのブログでは海外のいろんなところにお住まいの方や、上のポリネコさんみたいな才能溢れる方々、語学堪能、知識の宝庫、素晴らしいです。何もない自分が虚しくなりますが、たくさん勉強させてもらえるので楽しいです♪ 自分も頑張らないと!
No title
姐さん、
オススメありがとうございます。
DVD借りてきます!



ところで、こんなニュースが!
来年1月、TBSで放送するスペシャルドラマ「新参者」で、
Kバレエカンパニーが全面協力、だそうです。
http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201310211430.html

演目は、「眠り」みたいです。
Kの上演がらみで、お互いに宣伝効果狙ってのことでしょうが、
うれしいです。


ここんとこ、急に寒くなってきました。
姐さん、いつ寝ていらっしゃるの?というくらい、八面六臂の活躍で、すごいエネルギーだなと
いつも感心しますが、
風邪など召しませぬよう、

くれぐれもご自愛くださいませ。

管理者にのみ表示