”あの方”の最大の問題点(みみずくさん編)


※この記事の初出は2013/11/22です。



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「」さんにあります。

2013/11/22 みみずくさん

あの方の最大の問題点

姐さん、またお邪魔いたします。
(ようこそ ようこそ!)
いつもフィギュアスケートファンの気持ちを代弁してくださって、本当にありがとうございます。
(こちらこそいつもありがとうございます)

私は以前、≪元≫安藤ファンとして、辛く悲しい思いをお伝えした者です。その節は、姐さんから温かいお言葉をいただき、心からありがとうございました。おかげで随分と励まされました。

安藤さんのことは、姐さんもじつは心の奥底ではいつも気に掛けてくださっていて、実際、厳しいお言葉の端々に、いまだに深い敬意と愛情とが感じられます。私は現在、ひたすら安藤さんの健康が心配です。なぜもっと時間を掛けて現役復帰しなかったのか、いまでも大きな疑問が残ります。今シーズンはひたすらお子さんと過ごす時間を大切にして、徐々に無理のないトレーニングを開始、満を持しての来シーズンからの復帰ができなかったことは、一体何に由来しているのか、私には分かりません。このことからも、安藤さんの周囲には、彼女を都合よく利用したい人々ばかりが集まっていて、心底彼女のためを思ってくれている人が殆ど居ないんだな・・・と想像することができます。そう思うと、安藤さんが気の毒で気の毒で、涙が出てしまいます。それもこれも、彼女自身の責任と言われれば、確かにそうなのでしょうけれど。

長々と失礼をいたしました。

それはともかく、エントリーに関する某半島の≪あの方≫のことです。私は、愛するフィギュアスケートを汚した≪あの方≫については、とてものこと、名前を書く気にもなれませんので、敢えて最大限の皮肉と軽侮とを込めて、≪あの方≫と申すことを、どうかお許しください。

姐さんはじめ、すでに多くの方々が言及されている通り、あの方の技術はいまや見る影もありません。かつて将来を嘱望されていたシニアデビューの頃と比べると、すべてが目を覆うばかりに劣化してしまいました。スケート経験者の姐さんや、他の皆さんももちろん、よくよくお分かりのこととは思ったのですが、どなたもまだ仰っていない点もあるようでしたので──たんに私の見落としだったかもしれませんが──、ここでぜひとも一言申し上げたく思った次第です。

それは、およそ国際試合に出てくるレベルの選手たちのなかで、唯一あの方だけが、とてつもない問題点を抱えているからです。姐さんや皆さんがご指摘のように、なぜ、あの方のポジションはこうまで見苦しいのでしょう? その答えは、主に2つあると思います。いずれも、ただ真摯な訓練によって克服しうる課題にもかかわらず、です。一つは下半身、いま一つは上半身に関する重大な課題です。

まず第一に、あの方の 股関節 は開いていないのです。このような状態の選手は、男女シングル、ペア、アイスダンスを通して、ただの一人も見受けられません。フィギュアスケート選手たる者には当然の条件としての股関節が、いまだ180度開いていない状態なのです。それゆえの、あのお尻が出っ張った膝の曲がった目を剥くようなガニ股イーグル、情けないほど脚の上がらない貧相なアラベスクスパイラル、それにくっきりと軸足が「くの字」に曲がってしまうI字スピン、いまは出来なくなったビールマンスピンでも、かつて軸足ははっきりと曲がっていました。これらはすべて、股関節が開いていないがゆえの問題です。

そして第二に、あの方の驚くべき背筋の弱さ──対になる腹筋も然り、ですが──です。たとえば、あの方の腕の動きの幅も奥行きも、きわめて限定されています。姐さんや皆さんが仰るように、「いつ見ても、どのプログラムを見ても、見事なまでにいつもおんなじ」、あるいは、「背中がガッチガチに堅い」という印象は、ひとえにこれに起因するかと思われます。腕の可動域が、他の選手に比べて極端に狭いのです。それは背筋を鍛えていないがゆえの現象に他なりません。例としては、あの方のレイバックイナバウアーは、なぜあれほどまでにお粗末なのでしょう。脚のほうの問題点は主に股関節に起因するのですが、いっぽうの上体に関しては、背筋がキイになると私は睨んでおります。

そして、この2点はいずれも、バレエの基礎である点は、けだし示唆的です。

あの方とその信奉者らは、「バレエ」という言葉にめっぽう神経質なご様子ですね。これも、何やら示唆的です。

男女を問わずバレエダンサーの背筋を見てみますと、例外なく肩甲骨が前にぐっと浮き出ているのが認められます。この点は、フィギュアスケーターたちも同様です。ところが世界でただ一人、背中全体が、とくに運動をしていない一般の中年の人々のようにのっぺりしていて、肩甲骨がまったく目立たないスケーターがおります。それが他ならぬ あの方 です。

姐さんの仰る、スケートの命であるエッジワーク。それに鑑みて、あの方の殆ど終始フラットなエッジは?スケーティングスキルを測る重要な基準の一つであり、ルールブックにも明確に記載のあるクロスカットについて。とりわけバッククロスは少ないほうがよいとされているのに、あの方の必死な漕ぎ漕ぎスケーティングは一体、どう説明がつくのでしょうか。さらには、TVでは一見分かりにくいけれど、リンクの使い方のあっと驚く狭さ。それらに加え、① 股関節 ② 背筋 の2つの難題を、あの方は依然、抱え続けております。それらがもたらす表現上の限界はいかばかりでしょう。かてて加えて、いまやジャンプ前の凄まじい前傾姿勢。肉眼でも明明白白に見分けのつく回転不足。ジャンプ構成のバランスの偏り。あのフリップの踏み切りは? 音感のなさ、所作の粗さ。まるで強風に煽られているかのごとく、スーッと軸足ごと大きく移動してしまうスピン。そのポジションのヴァリエーションの、何という乏しさ。ステップシークェンスは4回演技を見直さない限りどこにあるのか発見できず、そのうえ内容の薄さといったら甚だしい。スピード、スピードと連呼しているわりには、そのじつ、ことにフリーの演技後半には目も当てられない失速ぶり。

それであの点数です。これはもう、誰の目にも 山吹色のお菓子 以外の理由は見当たりません。それを否定するならば、どうぞあの点数の根拠を具体的に示していただきたいものです。そもそも、現行の採点法の理念は、「説明がつく」ということに在ったのではないでしょうか。にもかかわらず、あの方の演技に対する採点が妥当、と主張される方々のどなたからも、寡聞にして私は理に適った説明を聞いたためしがありません。不思議ですよねぇ。

そしてこれは小声で申しますが、私はあの方のドーピングを限りなく疑っております。それまでSP・FPを通してミスのない演技が一度として出来たことがなかったというのに、いきなりの五輪でのノーミス演技。SPからの不自然に余裕綽綽の態度。「五輪で緊張しないなどということはあり得ない。誰であれ、そんなことは信じられない」と発言したのが、あの偉大な皇帝、プルシェンコさんでした。あの方は、フィギュアの皇帝をも越えた存在、とでもいうのでしょうか。それこそ、天地がひっくり返ってもあり得ませんよね・・・

以上、まことに冗長になってしまいましたが、ついつい言わずにはいられませんでした。

姐さん、改めて本当に感謝です。姐さんのブログに出会えなかったら、私は相当にめげていたと思います。子供の頃から40年、フィギュアスケートを見続けてきて、こんな惨状は予想もしていませんでした。トリノ五輪以降に始まった、まさしく暗黒の闇。それが年々どす黒くなって行くのを目撃しながら、何も出来ない自分を責め続けておりました。

私は、バンクーバーの前に、初めて浅田真央さんに応援メッセージを含む長いファンレターを出しました。どこに出したらいいか分からなかったので、IMG経由で出しました。それならば、スタッフや近親者の方々が、もしも内容が不適切と判断されたなら、ご当人には見せない、という選択が可能だと思ったからです。そしてバンクーバーの後、姐さんが仰っていたように、御礼の葉書が届きました。私の元へ届いた葉書は、SPの仮面舞踏会の、胸に大きな花の付いたピンクの衣裳の写真でした。大好きな衣裳の一つでもあり、感激しきりでした。

私は安藤ファンではありましたが、いっぽうで浅田真央さんには特別な思いがあります。彼女を応援することで、フィギュア界を覆う邪悪な霧を、幾ばくかは追い払う手伝いができるかもしれない、とも思います。ソチ五輪代表が正式に決定したら、早速、渾身の応援メッセージを届けたいと思います。ソチの王者は、疑いもなく浅田真央さんです。バンクーバーのときに送ったメッセージのように、ひたすら前向きに、どれほど浅田さんの演技が素晴らしいかを、魂を込め、精神を込めてお伝えするつもりです。

姐さん、本当にありがとうございます。姐さんの提唱されたように、私もソチ五輪での浅田さんの栄光の瞬間を、胸に鮮やかに思い描く日々をこれから送りたいと思います。

それでは、「その瞬間まで」、ぜひともご一緒に頑張りましょう!!!

Copyright (C)「みみずく氏」 All Rights Reserved.



本当ならみみずくさんは、これまでの40年のファン生活が50年にも60年にも渡り長く長く続いていって、そのどのシーズンも愛する選手と素晴らしい演技を模索して、楽しみ、喜び、幸せに応援していく日々を送れたはずの人なんです。

努力した人が勝つスポーツ。よりすばらしいことをした人により高い点が出る競技。難しいことができた人が勝利する採点。たったそれだけのことがなぜ今、まかり通らなくなっているのか。

このように愛情深く優しい気持ちでスケートを長年見守り続けてきた方が、なぜ断腸の思いで苦しみ続けなければならないのでしょうか?ただスケートが好きでずっと応援してきただけなのに。

このように熱心なファンの人を裏切り続け、競技から離れる人さえ量産して、一体意味があるのでしょうか?

なぜ”あの人”「だけ」が優遇されるのですか?スケートがそもそも下手なのに。他のすべてのスケーターの努力と栄光を無に帰し去ってすべてを破壊し続けている”あの人”「だけ」がかくも不正をし続けて人のメダルを盗んでいる。

”あの人”には果たしてそれだけの値打ちがあるのでしょうか?

それに対して姐さんは大きな大きなNoを言います。スケーターとしても人間としても三流です。四流かも。いや害毒しかもたらさないという意味では最底辺のクズだと言います。

あたしはみみずくさんにお礼を言われるのが辛いです。本当なら不正採点に憤るこのようなブログは存在しなくてもよかったのですし、真摯に選手を応援し、結果、苦しんでこられた「みみずく」さんに向かってそれでも「立ち上がれ」と言う権利はあたしにはありません。
でも、「みみずく」さんはあたしにお礼を言ってくださる。「一緒に」と言ってくださっている。
ご自分がスケートに向ける愛情と思いを、あたしに打ち明けてくださっている。
申し訳なさでいっぱいです・・・そしてただただ感謝です。

お辛いですね、お気持ちお察しいたします、と言うことの無力さを姐さんは改めてかみしめています。

再三書いてきましたが、このブログは不正採点に憤り、おかしいと指摘するために立ち上げました。本来ありえないはずの、悲しむべきブログなんです。

今の状況はおかしいのです。姐さんありがとうと人が言う。でもそれは本来あってはならない非常事態、戦禍だからこその言葉です。あたしは本来、皆さんに感謝されるべき人間ではありません。
だからあたしにお礼を言わないでください。そんなことより<あなたが>なすべきことを今、どうぞしていただきたいのです。
あたしに向ける感謝よりも、今の異常さの中で「それでも」戦っている選手を思い、己の信念に殉じて挑戦し続けている選手たちに祈りと感謝を向けてください。
報われることあまりにも少ない日々に、青春のすべてを捧げ、黙って去って行く選手たちに、できることをしてあげてください。
彼ら彼女らは<自分自身が人質>なんです。ジャッジに歯向かえば即座に点数にあらわれます。文句をつけて、翌日PCSが跳ね上がるなどというとんでもないことは”あの人”にだけ適用されているルールです。それは不正の証拠です。でも、その中で戦っていくしかないんです。こんな気の毒なことはありません。こんな酷いことはありません。

だからあたしはこの異常さを黙って見ていることはできません。

そしてあたしに言えることは「あたしはおかしいと思う」と言うことを決してやめない、ということだけです。

そして未来を変えるための行動を、あたしはし続けていく、と言うことだけです。

「みみずく」さん、皆さんとシェアさせていただくことをお許しいただきましてどうもありがとうございます。
あたしもあなたを見習って、自分にできることを続けます。
どうぞお心安らかに、そしてソチでは晴れ晴れと選手を祝福できるよう、未来を変えるための努力をあたしも継続して行います。

不正採点なんかクソくらえ!!!!!!見る目のない馬鹿もいい加減にしやがれ!!!!!


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナにはバレエの素養はない | コメント(52) | トラックバック(0) | 2015/08/26 05:32
コメント
ドーピング
姐さんはじめまして。
ひょんなことからこのブログを発見して、毎日チェックしています。
引用してくださったみみずくさんと同様に、私もドーピングを疑っています。

知人の漢方医から聞いたのですが、漢方で検査にひっかかりづらいものがあるとか。
ただ、これは自分で調べたわけではないですし、掘り下げて質問するほどの英語力はないので(現在アメリカ在住です)、明確に提示できる根拠がなく、人に話したことはありませんでした。

でも、同じように感じている方がいるんだなあと改めて思いました。

姐さん、とてもがんばってらっしゃるけれど、金にものを言わせたキムチのバックに消されないように気をつけてね。
私も疑ってます。
姐さま、皆様、こんばんは。

私もドーピングを疑っている1人です。
オリンピックの時も、前回の世界選手権の時も、絶対にドーピングしていたと、今でも思ってます。
水をがぶ飲みしていた・・・とかいう話も、ぽろぽろ出て来てますよね。
絶対に薬の副作用ですよ~そうとしか思えません。

みみずくさまのお気持ち、すごくよく解ります。
私もずっとフィギュアが大好きで、物心ついた時から、ずっと応援してました。 (渡部絵美さんの頃からです。)
でも、KYが出て来てから、フィギュア界は真っ黒になってしまった。。。
なので私は、真央ちゃんの引退と共に、フィギュアファンを辞めるつもりです。

私も「その瞬間」まで、皆様と一緒に応援して行きます♪
姐さま、皆様、一緒に頑張りましょう!
諦めない。
みみずく様、姐さま。そして皆様、いつも大変勉強になります!そして勇気を貰っております。ありがとうございます!

そして…フィギアだけの問題ではなく、政治や私達の何気ない生活の中に全て繋がっている事柄だと思っています。
『おかしい』と思う入り口が違うだけで。

私達がお問い合わせをしたり、問題提議するのを『浅田選手が勝つ為だけ』としたいんだなぁと。天を天としたくない人達からすると。

元選手の方々、特にテレビで解説する方々。
全てバレてから、いやーおかしいと思ってはいたけど、抗議をすると選手に不利益があると思って、大人の対応していました。なんて事がまかり通ると思ったら大間違いですよーー。
あの方の同胞の御国の話
北京五輪で、キム・ジョンスという北朝鮮の射撃の選手が、体の震えを抑える働きがある禁止薬物プロプラノロールに陽性反応で、メダルを剥奪されました。
プロプラノロールはβ(ベータ)遮断薬という種類の心臓がバクバクするのを押さえ込む効能がある薬のようです。
ドーピング薬は刻々と進化していますし、先進国ならドーピング自体を隠す薬もあるようですね。

そういえば、あの方の御国も射撃・アーチェリーなどメンタルが特に重要な競技にお強いですね。
奇遇でしょうか…、民族柄強心臓なのでしょうか…。
英語ができなくてもアクションを起こす方法とは
姐さんの言う通り、例え英語難民でもまずは「自分自身ができる事」を
実行する事がキム・ヨナの不正採点と戦う方法だと思ってます。

例えば去年の衆議院選挙には私自身キチンと投票に行って
自民党に入れて来ました。
そして私のある友達は携帯からスマホに変える時に、どうしてもGalaxyは
イヤだったので、i-phoneにする為にdocomoからauにキャリアを
移行しました。

これだって立派なアクションだと思い、事実韓国やサムスンを追い詰める事に
繋がったと思うんですよ。

もちろん韓国に行く事も止めました。

私が言いたい事はそれだけですw

キムヨナとその母親の息の根が止まるまで、行動を起こし続けようと思います。


>NAOさんへ
私はソチオリンピックが終わってもフィギュアファンは続けますが、アマチュアコンペはISUが
自浄されるまで生観戦しないつもりです。会場に足を運ぶのはショーだけにするつもりです。
みみずくさん
私も安藤美姫が大好きでした。
あなたのお気持ち、痛いほど分かります。

そして、キムチに対する鋭い視点からの分析、さすが長い間フィギュアを見守っていらした方だなぁと思いました。全く仰る通りです。

そして、お薬疑惑に関してですが。
皆様も見たことがあるでしょう、2013ワールドの表彰式のキムチの姿。
あれ、おかしいと思いませんか?

ずっと小刻みに震えているのです。
ずっと。

緊張しているわけでなく、ましてや泣いてるわけでなく。
特に顔のアップ。不自然にプルプルしているのがよく分かります。

水がぶ飲みは演技の前に必ずしてましたね。

そもそもあのみっともない去年のNRWの演技は、単純に体力不足から来るものではありません。
それは今年の安藤美姫を見れば分かります。
体力うんぬんより前に、筋力が著しく衰えていたのです。だから途中からガクっとスピードが落ちる。高く跳べなくなるからジャンプが回転不足になる。さらに転倒に、1-1-1。最後のスピンはレベル1でした。
それをたったの4か月程で、下手くそながらも見た目ノーミスでこなせるようになるには…?
SPの最後のあれだけ息を切らしていたのに、FSでは…?
表彰式の様子と合わせて、おかしな事ばかりです。

ソチでは、ドーピング検査は項目を増やして厳正に行うとの事ですが、ぜひともキムチは必須でお願いしたいですね。
私も
私もキムチはお〇やってると思います。ヤマムロさんのご指摘通り。
茶番クーバーの時いきなり筋肉モリモリになってたのも話題になりましたし。

今は一蓮托生のISUとお隣の国ですが、ISUとしては、自分たちの懐を温めた後は早くおさらばしたいと思ってと思うんですよ。平昌五輪誘致の目標は達成されたのですから、金の切れ目が縁の切れ目です。開催されるかどうかは別ですが。

でも次に不正が発覚すればドル箱であるフィギュアは五輪競技から外される。
ISUが自らのしたことを隠して体裁を保ってフィギュアを競技として存続させ、かつ厄介者のお隣さんを葬り去る一番都合のよいネタが、「キムチお〇によるメダルはく奪」なんですよね。これならお隣さんだけをきれいに葬ることが出来るから。これ、結構マジであり得るんではないかと思っているんですよね・・・。

私としては、事実であれば当然それは発覚してほしいのですが、何よりも今行われている不正採点の闇が明るみに出ること!全ての選手に公平なジャッジがなされること!!

そのために、自分が出来ること、していきます。
本当に心からスケートがお好きなんですね。
姐さん!初めまして(*^^*)コメントは初めて投稿させていただくのですが、いつも拝見させていただいてます!

姐さんを初め、みみずくさんやここにコメントを残す方々は本当にスケートが大好きで、今の現状を何とかしたいとお考えの人達だと思います。
もちろん、スケートについて詳しくなくても、ただ一生懸命に自分の力を発揮する選手達に感動してる私も、スケート界の闇をどうにかしたい一人です。

私はスケートの事や採点基準の事等は良く分かりません。ただ、昔にバレエを習っていた事があります。
だからこそ、浅田選手は表現力が無いとかキムヨナ選手には誰も敵わないようなスケーティングに表現力があると言われるのに凄く不快感を抱いてしまいます。
確かに顔も体の一部なので、顔を作ることも必要だとは思います。だけど、キムヨナ選手のは表現ではなく演技です。本来、スケートやバレエ等の表現力とは体全体を使って音楽の中にある世界観を表現する事だと思うんです。女子の日本選手では浅田選手や鈴木選手は格段に表現力がある選手だと思いますし、復帰する前の安藤選手もです。
だけど、キムヨナ選手に至っては音楽に合わせて演技はするけど、音楽にある世界観を理解してないが為に高い点を採っても違和感を感じてしまいます。
表現力は体全体を使うのですから姿勢や指先全てに神経を研ぎ澄まさないと完成しないと思います。
曲に合わせて演じるだけなら私でも出来ると思います。だけど、音楽自体を表現する力を高める為には相当な努力がいると思います。
なので、いくら顔で表現されても何も伝わらないし感動もしない。感性は人それぞれ違うかもしれません。だけど、言葉なく自分の体一つで音楽の世界観を伝えようという分野の競技でつかう表現力とは、女優さんに使う演技力、表現力とは意味合いが違うと私は思います。

今の採点基準…。技術面は判りませんが、少なくとも芸術性の基準はおかしいと思います。
今まではスケートのブログを読んで、共感したり疑問に思ったりするだけでしたが、少しでも私自身のスケートに対する気持ちを同じ思いでいてる人達に知って欲しいと思い、コメントを致しました。
長文な上に、言葉足らずで判りにくいと思いますが、姐さんと同じ気持ちを持っています(*^^*)
ここまで読んでいただきありがとうございます!
本当に心からスケートがお好きなんですね。
姐さん!初めまして(*^^*)コメントは初めて投稿させていただくのですが、いつも拝見させていただいてます!

姐さんを初め、みみずくさんやここにコメントを残す方々は本当にスケートが大好きで、今の現状を何とかしたいとお考えの人達だと思います。
もちろん、スケートについて詳しくなくても、ただ一生懸命に自分の力を発揮する選手達に感動してる私も、スケート界の闇をどうにかしたい一人です。

私はスケートの事や採点基準の事等は良く分かりません。ただ、昔にバレエを習っていた事があります。
だからこそ、浅田選手は表現力が無いとかキムヨナ選手には誰も敵わないようなスケーティングに表現力があると言われるのに凄く不快感を抱いてしまいます。
確かに顔も体の一部なので、顔を作ることも必要だとは思います。だけど、キムヨナ選手のは表現ではなく演技です。本来、スケートやバレエ等の表現力とは体全体を使って音楽の中にある世界観を表現する事だと思うんです。女子の日本選手では浅田選手や鈴木選手は格段に表現力がある選手だと思いますし、復帰する前の安藤選手もです。
だけど、キムヨナ選手に至っては音楽に合わせて演技はするけど、音楽にある世界観を理解してないが為に違和感を感じてしまうような気がします。
そして、表現力は体全体を使うのですから姿勢や指先全てに神経を研ぎ澄まさないと完成しないと思います。
曲に合わせて演じるだけなら私でも出来ると思います。だけど、音楽自体を表現する力を高める為には相当な努力がいると思います。
なので、いくら顔で表現されても何も伝わらないし感動もしない。感性は人それぞれ違うかもしれません。だけど、言葉なく自分の体一つで音楽の世界観を伝えようという分野の競技でつかう表現力とは、女優さんに使う演技力、表現力とは意味合いが違うと私は思います。

今の採点基準…。技術面は判りませんが、少なくとも芸術性の基準はおかしいと思います。
今まではスケートのブログを読んで、共感したり疑問に思ったりするだけでしたが、少しでも私自身のスケートに対する気持ちを同じ思いでいてる人達に知って欲しいと思い、コメントを致しました。
長文な上に、言葉足らずで判りにくいと思いますが、姐さんと同じ気持ちを持っています(*^^*)
ここまで読んでいただきありがとうございます!
No title
メダリストの会見でもがぶ飲みしてるんですよね~
http://www.nicozon.net/watch/sm10194609
(1:50あたりからがわかりやすい)

ちなみにこの会見はお水の話なしにしても レピストちゃんvsあの方のにらみ合いがなかなかおもしろいのでぜひ1から映像をみることをお勧めしますw(私はこれでレピちゃん大好きになったw)
そういうことだったのですね!!
姐さん、皆さん、いつも感動する記事をありがとうございます!

KYを大嫌いなのに、死ぬほど、大嫌いなのに
KYの体型、自分に似ているんですよ!
もう、中年と言ってもいい年齢だし、運動もほとんどしていないない自分と
なぜ、20代前半のアスリートが???と、不思議で仕方なかったのですが、
みみずくさんのお書きになったのを読んで、納得出来ました。
たぶん、痩せ型の余り運動をしていない
「中年」⬅︎ ここがポイント 筋肉が衰えているので、悲しいかな余り美しくはない。
の多くの女性は、そう感じているのではないでしょうか?
KYのあの体型は、20代前半のアスリートととしては、異常です。

城田に関わったアスリートは、本当に気の毒ですね。
みみずくさんが、お書きになったとおり
安藤さんのことを、心底考えてくれる人などいないのでしょうね。

城田の言動には、山田満智子先生への嫉み、憎しみが感じられてなりません。
KYの演技は村主さんと、同様、城田路線の下品さが感じます。

私も、姐さんと皆さんと共に、走っていきたいです!!
スケートするとき
私みたいな、手すり磨きに毛が生えた程度のスケート技術しかなくても、久しぶりに数時間滑った翌日に筋肉痛になるのは、脚よりも背中です。
バランスをとるために、思った以上に背筋使ってるんでしょうね。
ましてやトップ選手にもなれば、背筋が鍛えられてないとか、ありえないと思うんですが…
そんなありえない五輪金メダリストがどこかにいるらしいですよ、誰だか知らないけど________________________
プロプラノロールについて
お薬に関するコメがありましたので、ちょっと述べさせて頂きます。
(私の本業は薬剤師です。現在は休職中ですが・・・)

スズメの様のコメントにありました、「プロプラノロール」は、βブロッカーと呼ばれる循環器のお薬です。
日本でももちろん認可されていて、主に高血圧・狭心症・不整脈などに使われています。
たくさんの患者さんが服用されている、非常にポピュラーなお薬です。

北朝鮮の選手は、本当に治療で用いていたのなら、もう少し注意していたんじゃないかと。。。
「血圧が高くて・・・」とか言い訳するためにこういう薬を使ったのかな?と、当時ニュースを知って、1人で勘ぐったものです。 (どんなに言い訳しても、ドーピングは許されませんが)

ドーピングでひっかるお薬って、本当にたくさんありますよね。
普通の風邪薬でもNGなケースがありますし。。。
治療でお薬を使用する際には、本当に神経を使うんだろうなぁ~~って、いつも思います。
体内動態などを考慮して、服用したり休薬したり・・・ってことを繰り返しているのでしょう。

KYは、どんな薬を飲んだのかしら?って、職業柄、あれこれと考えてしまいます。
国を挙げて応援してますからねぇ~~案外ドーピング薬も、お国を挙げて開発された物かもしれませんね。


>つんさんへ
フィギュアファンを辞めても、真央ちゃんファンは継続する予定です。
アイスショーとかも、いつかは見に行きたいなぁ~と思ってます!!(まだ1度も行ったことがないのです。)
でも、競技としてのフィギュア観戦は、今季限りになるかと思います。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
小さな事からコツコツと
姐さん、皆さん、こんばんは。
あたしも自分に出来る範囲ですが、活動させてもらっています。

大っ嫌いなキムチについては一つだけ感謝している事があるんです。
あいつの不正のおかげでフィギュアに詳しくなったという事です。
それまではなぜ真央さんがキムチより点数が低いのかがただ分からなかった。
自分は素人だから、ジャンプの種類もよく分からないから、きっとジャッジや元選手たちにしか分からない何かがあるんだろうな〜と。でも納得がいかないな〜ぐらいにしか思ってなかった。
だけどいろいろネットで目にし始めて、自分で調べ始めると目から鱗が落ちるどころか目玉が落ちそうな事だらけ。キムチがなぜ勝てるのかだけはよーく分かりましたよ。
キムチが爆上げされる事により明るみになったのは、hagi子さんもおっしゃる通り、フィギュア界だけではなく、政治や私達の何気ない生活の中に全て繋がっている問題であるとあたしも思っています。つんさんが投票に行ったと書いてありましたが、あたしの周りには選挙に一度も行った事がない友人がいるのです。その子の言い分は、
「誰がなっても変わらないから。」
だそうです。そのくせ政治に対して不満を言う。収入が少ないのは不景気だから。不景気なのは政治家のせいだと。結局テレビで垂れ流している事を間に受けて、自分では知ろうとしていないのです。自民党から民主党に政権交代する時と茶番クーバーの前の真央さんに対するネガキャンって、似てないですか?カップラーメンの値段を知らないとか色気がないとかくだらない事ばかり。はっきり言って本業以外でしかない。政治家なら政策で、スケーターならスケーティングで評価すればいい。
今のあたしに出来る事は微々たるもので、今だにキムチのほうが上だと思う人には演技中に顔以外を見る事を勧める事。真央さんの素晴らしさを伝える事。イ○ンの商品は買わない。蛆テレビも見ない。うちから🌙のマークのお掃除用品は消え、寒損の家電はもちろん買わない。
とても小さな事ですけど。でもコツコツと続けます。
呼び方
ごめんなさい。みみずくさんの文章、読むのが苦痛です。
なぜかというと、キムチを『あの方』と呼ぶからです。
私は言霊を信じているというか、
言葉には力があると思うのです。
言葉は正確に使うべきだと、そう思っています。

「方」という言葉には(あたりまえですが)相手を尊敬する意味があり、
キムチをあの方と呼んでしまうと、
どうしてもそこに払われているはずの敬意を感じるのを排除できないのです。
“最大限の皮肉と軽侮とを込めて、≪あの方≫と呼ぶ、”
と言われても、頭の中で価値観がぶつかって拒否するのです。
だからまっすぐ読めません。
女王様もダメ、おヨナさんもダメです。
女王なんかじゃないし様もつけたくない、
おヨナさんなんて親しみを込めたっぽい呼び方もできません。

もっと率直にしたらどうなんでしょうか?
日本が悪辣韓国の植民地でキムチの悪口をいったら捕まってしまうとか、
そんな事情もないのに、敢えて敬語を使う意味が分かりません。
なんでそんなうがった言い方をしなければならないのか?

これって、在日が何かというと差別だと騒ぎまくったために、
そう言われないために始まった悪しき習慣じゃありませんか?

今、目的はフィギュアの不正をふたたび五輪で許さないこと、
それで皆さん頑張ろうと言うのに、
あまり言いたくはなかったのですが、
あまりに『あの方』が多かったので、我慢できませんでした。
みみずくさん、失礼しました。
それって自分の心に留め置けないことなのかしら?
最近ブログ巡りして、思うこと~
「訪問するゲストの方が、自分の好き・嫌いをブログ主さまに主張しすぎてない?」ということ。

この記事の内容がみみずく様のコメントを主体としてますが、
これをフィードバックしよう・読者さんに問いかけてみようと思って記事にされるのは主様の選択。
人様の家にお邪魔して、「畳の匂いがイヤ。カーペットに変えて。」って言っているような感じ?
私がスケートブロガーだったら「うわースケオタこえーこれ以上書けない」って間違いなく思うわ。

アタシは皮肉と反語を込めて「女王様」って言ってるけど・・・それもダメってことよね・・・?
色んな呼び名があっても、誰を指しているのか分かればいいじゃね?
もしかして鍵コメにするの忘れたの・・・?
反論するようですが。
こんばんは。反論するようで、さらには水を差すようで申し訳ないですが、長くフィギュアスケートを観て、トリノ前から安藤の言動に不快感を持っていた私から言わせていただくと、安藤を「かわいそうで涙が出る」「安藤の周りに手助けしてくれる人がいないせい。安藤が不憫」とはとうてい思えません。皆様と違い、逆に私はスケート選手としてはとっくに安藤を見限っています。美談化に乗せられるのはまっぴらです。
すでに「キムヨナよりは応援するー!」という流れが出てきているのもウンザリです。私はどっちも応援しません。
安藤に涙できる方は、安藤が全日本で良い演技をしたら(そんな日は来ない)、やっぱり選手としては素晴らしいと大絶賛するのでしょうけれど、結局それが「安藤は何をしても何を言っても許される」という今の状況を作っているように思えます。
私は浅田真央に対してもひどい事を言ってきた安藤を、演技以前に人として応援する事はできません。
五輪は浅田真央と、鈴木・村上・宮原のうちの2人で行ってほしいです。
慇懃無礼
世には「慇懃無礼」という言葉もありますよー。
誉め殺しとか、ぶぶ漬けとか。
わざと、あえて、丁寧あるいは相手を持ち上げる言い方しながら、実は強烈に見下してるいんやらしい攻撃。エスプリ猛毒。
私自身は女王呼ばわりには冷笑のニュアンス以外感じませぬ。

OLの職場でも「姫」だの「お嬢」だの「お局」には、軽侮やら揶揄やら憤懣やら、プラスイメージがついてる事の方が珍しい…。
てか姫呼ばわりされたら死にたくなるわ。呼ばれたことないけどwww
えるさんのお気持ちもわかりますが…
横から失礼します。

えるさん自身がキムチを許せない、敬語でなんか呼びたくないという気持ち、痛いほどわかります。
ですが、他者にまで「こう呼ぶべき」と要求なさるのは、いささか行き過ぎかもしれません。
人によっては、嫌いな人にこそ敬語を使い、好きな人にはちゃんづけや呼び捨てにする人もいます。
たとえば、マツコ・デラックスが伊藤みどりさんを「みどり」と呼び捨てにするのは、敬意を払ってないからではないですよね。
逆に、マツコが○○さんと言ったからって、その人に敬意を払ってるとはかぎらないわけです。むしろ○○さんに対してものすごい毒舌吐いたりする場合もある。

日本語は奥が深いです。
みんな違って、みんないい。私はそう思います。
むしろ、相手の名前をキムチとすら言いたくない、あの方という非常に他人行儀な、自分とは関係無さそうな呼びかたで、そこまで嫌いなのか…と私は思いましたけど、それも解釈は人それぞれでしょう。
みー様ウリもニダ…
>KYの体型、自分に似ているんですよ!

ウリ汚ポジチヤル見るたびにウリの体型にゾラ似てる思ったニダ
認めたくなさ~よりによってニョンぼっちと似てるなんて神様ゾラ残酷なのね。

けど、みみずく様の考察で納得したニダヨ。

ウリ体弱くて運動苦手で辛いこと大嫌いだったデヨ。
小さい頃からじぇんじぇん運動してこなかったのね。
もともと痩せ型なもんだからダイエットの為に運動したりもしなかったデヨ。

だから上半身がペラペラで奥行きがないの。筋肉ないからニダね。
ウリの肩甲骨も少ない肉に埋もれてるニダ。
腕を背中方向に回すとゾラ変な音するしな。

ウリの背中がガッチガチにこってて身体反らすと肉千切れるデヨ~ってペインペイン走るのも筋肉ないからだと思いまスミダ。

下半身は上半身に比べると肉ついてるけどやっぱり筋肉ないから太股の肉ダルーン尻肉もダルーンなの。典型的な鍛えてない脚。
特に内腿から膝までの肉ダルーーーンがそっくりでスミダ。

ウリ自分でも痩せてるのに脚の筋肉見えないから相当ヤヴァい思ってウォーキンしてるデヨ。
でも年とってから筋肉つけるのゾラ大変。
若い時に鍛えてついた筋肉って大切ニダネ思ったの。

ウリもニョンぼっちも平均よりちょっちょ背が高いニダけど、その分重力かかって頭が下に下がるデヨ。
で、上半身の特に背筋ないから首が自然と下に~下に~なるニダヨ。
ニョンぼっちもきっとそうニダ。
だからゴリラみたいに首が前に突き出て背中曲がってる思うのね。
(ニョンぼっち何であんなゴリラに見えるかと思ったら腕が長めだからニカネ。ウリも腕が無駄に長いデヨ。オェップ…。)

ニョンぼっちも今より若い一番筋肉が成長する時期に筋肉つけておかなかったニダネ。
ウリはピギョと巻きますを愛する一般人ニダが、ニョンぼっちは一応スポチュのソンスやってるのによく今まで放置してこれたな。

ウリみたいに人生観通して運動してこなかった怠けモンにいきなりハードなことは無理ニダが、前に動物は動いてる時が一番美しい書いていらっしゃったニムの言葉にはっと!して、意識して日常から身体の動作を増やすようになったニダヨ。kms~

そんなウリは巻きますの背中の美しさにいつも見惚れてしまうんです。
巻きますのポルウナの真似っこした時に巻きますの上半身動きがとんでもなくキツイって分かったの。(下半身の動きは真似っこすら不可能ニダ。)
腕の稼働域、しなり、しなやかさ、なのにあのブレなさ、あんなに可憐なのにインナーマッソー凄いニダ。

ニョンぼっちの動きは真似する気にもならねニダが、浣腸バキューンに指パッチンなんて芸人がよくやってるニダね。そんなもんって事ニダな。
あんなまがいモンにピギョ世界最高得点くれてやるなんて肉体の限界に挑んでいるソンスにもフィギャにも失礼はやめてくれなさい!

ウリはおクスリの存在はベン・ジョンソンで知ったの。
ウリが幼稚園の時に鳩丸焼け五輪でベンがおクスリやって、当時みんな誰かがズルしたらベンベン言ってたニダ。
ウリがお困りの国を知ったのはそれが最初ニダな。ベンがおクスリやった五輪の開催国。
それからずっとイメージ変わらず、ニョンでだめ押し。
あんなモン疑わない方がおかしいと思うニダ。
何一つとして信じられないデヨ。
ぎゃっ!!
送信ボタン連打したら二重投稿してしまいました!
削除して下さいませ!
お手数おかけしますデヨ…。ミヤネ…。
今更ニダが…
 ∧_∧
(ー・・ー) 「ウリの事は、キムチ・クソーン・オポジ・111・ぼっち・墓投げ・妖怪・怨霊・死霊・ヤオ・アレ・コレ・ソレ・etc… 好きに呼んでくれなさいニダーー」
皆様、仲良くパイティンしてくれなさいーーー。
人のお気持ちは言葉では測れないのでは‥‥
言葉使いの件で一言よろしいですか?
 
 える様のお気持ちは良く理解できますが、失礼ながら あなたはお若い方なのではないでしょうか?
好き 嫌いを正直に素直に表現することができる‥とても良い事です。

 多分 みみずく様は私と同世代の方ではないかとお見受けいたしましたが、間違っていたならば申し訳けございません。みみずく様お許し下さい。
私もみみずく様と同じく、かの国のかの選手が本当にゆるせなくて、名前も呼びたくはないのです。 本当に心底顔も見ることも、声を聴くことさえも、嫌な相手には 逆に丁寧な言葉を使い、私たちとあなた方とは生きている世界が違うのよ。‥と言うように (あの方)などと自分との距離を置くようにし、実は軽蔑している意味合いも含んでいるのです。
早速工作員降臨
タイトル 「それって自分の心に留め置けないことなのかしら?」
2013-11-22 23:57 :
えるさんへ
ここでいう”あのお方”はItと同じよ。
あなたはそう呼ばずにはいられないみみずくさんの心は読み取れていないのね。
言霊を信じていらっしゃるならもう少し人の共感と大いなる力の助力を得られる書き方を練習していただけるともっといいかも。
隠喩とか暗喩とか揶揄って言葉をご存知ないようだからググるといいかもよ?
よろしく~。
ヴォルデモート
姐さん、皆様、はじめまして。
姐さん、毎夜勝手にお邪魔しております。
声のあげ方を知りたくて、こちらで勉強させて頂いております。
みみずくさんの“あの方”という表現を面白く思い、思い切ってコメントさせて頂きました。
まるでハリー○ッターの、最後に粉々になって消える“あの方”のようで…。そうなることでしょう。

実は私もこの夏、浅田選手にファンレターを出しました。手段がわからなかったので、みみずくさんと同様、IMGへ送りました。
真央さんの元には届かないかもしれないと思いましたが、居ても立っても居られなかったのです。私のしょうもない人生に楽しみを与えてくれた彼女に一言お礼が言いたかった。そして得体の知れないものに戦い続ける彼女に、貴方の心あるスケートは美しい、ただそう伝えたかったのです。
何の力にも励ましにもならない、慰めにすらならないと思いあまり口外しませんでしたが、姐さんが0と1とは違うと仰ってくださったので、思い切って告白させて頂きました。
“浅田真央には応援が必要よ”という記事を読んで、勇気を頂きました。

姐さん、毎夜の楽しみだけでなく、勇気をくださってありがとうございます。
No title
私はアレの事をソレとかコレとかヨンヨとかキムチコノヤローとか1-1-1とかクソーンとかニョンぼっちとかゲスヨナとか集金ゴリラとかじょおー(笑)とかキンケンジとか…好き勝手に呼んでいます!!
不愉快な思いをされた方がいたらミヤネ!!

<丶`∀´>ウェーハッハッハ !!

一つの価値観、一つの基準しか認めないということは危険だと思うんです。
それを政治的には何と呼ぶか、恐ろしくてとても書けませんけども。
最近、色々なブログ様のコメント欄を拝見していてそう感じてしまう事が多いです。

多数の価値観が相互にその存在を認め合い、平和的に共存して全力パイティン!!
みみずくさん、ありがとう。
姐さん、はじめまして。
姐さんのサイトを拝見する度、フンガフンガしながら読ませていただいてます。
最近変わったプロフィールの、猫ちゃんの画像を見て一瞬
「IKKOさん?」
思わずつぶやいてしまったわたくしです。

みみずくさん

魂からのお気持ちをお聞かせくださって、ありがとうございます。
姐さんの文章同様、心にバシン!と届きました。

私は暖かくなり始めると家屋に出現する、あの4文字の、カタカナの、濁点のつく害虫を
あまりに嫌い過ぎて、本当に言葉にも出来ませんし文字にも出来ません。
ですので、みみずくさんが害虫のような方を「あの方」と呼ぶことに違和感はございません。
みみずくさんの表現についてもの申す方へは、いやなら読まずに飛ばしちゃえばいいのに〜
って思います。

私流に「あの方」を、ここでは「害虫のようなあの方」と呼びましょう。

害虫のようなあの方がおドラッグ漬けかどうか、私にはわかりません。
ただ、◯◯性パーソナリティ○害という呼称の、症状の疑いがあるのではないかと個人的には思っております。
パーソナリティは、「人格」の呼称で使われることもあります。
これは、被害に遭っている人ならすぐわかります。

バッサバッサと気持ちいいくらい袈裟切りしてくださる姐さんのブログに、奥歯に物が詰まったような言い回し、ごめんなさい。
これからもフンガフンガさせていただきながら、愛する真央ちゃんを家族全員応援していく所存です。
Re: ぎゃっ!!(お小夜さん)
ご依頼により削除したデヨ。二重投稿にしてFC2こいちゅ!

しお韓語を駆使するニスタ様が日本で一番スケッタに詳しくてソンスドルのこともあろらびゅ~に見えるのはウリの目が曇っているからに違いなくて!w言霊があるのならウリたちは逆にあちらを痛めつけているニダよ。笑い飛ばすのは何よりの魔除けなの。ニスタドルは知らずに日本防衛をしてくださっているニダ。ウリみんながニスタになればいいと願わずにはいられないんです。しお韓スレがいっぱいあるけどパイティンしてニスタの皆様についていくデヨ!
Re: 早速工作員降臨
なになに自己紹介???
たぐいまれなるオポジ
姐さん、皆様、こんばんは。

みみずくさんのコメントを読ませていただき、
やはり、そうなんだ!と激しく同意しました。

私も1-1-1は股関節の稼働域に問題があると前々から感じていました。
腹筋、背筋の弱さから、なんちゃって〜っと上げた足につられて倒れないように
軸足がおかしな具合になってしまっている。。。
あのワザとらしい表情も不愉快きわまりない。

これに高得点がつく理由がさっぱりわかんねーっ、理解不能ですわ。

私のフィギュアスケートの一番最初の記憶は第一回ンHK杯。
幼い頃、偶然、当時大好きで弾いていた曲がTVから流れてきたのがきっかけでした。
それから随分時が流れましたが、これほど異常な状態になるとは予想だにしていませんでした。

プロトコルを凝視し不可解な点数にため息をつく。
以前は心が震えるようなすばらしい演技に、ただただ感動していれば良かったのに!

先月のSAでは3Aを転倒し立ち上がる浅田真央を見た瞬間、雷に撃たれたような気がしました。
自分がどれほどフィギユアスケートを大好きだったのかをあらためて思い出しました。
些細なことですが、今、私も自分に出来ることを実行しています。

姐さんのブログ、大変勉強になります。
ありがとうございます。
怒濤の更新にはびっくりします。
それもフィギュア愛あればこそですね。
応援しています。
本当に
日本語は、奥が深いです。k.nさまのコメ、すとんときました。
わたしもそう感じます。自分と関係のない呼び方で呼ぶ。
ないものとして扱う。
もの扱い。

実際の話、どうでもいい人も嫌いな人も、「~さん」って、呼びますよね、他に呼び方ないから。
はたから聞いたら普通な丁寧な言葉も、時には非常に突き放した、冷たい言葉になるんですよ。
見えない壁ができる。ルーシーさまが言うように、境界線ができる。

えるさま、自分の心を抉られるような不快感、確かに抑えるのは大変な苦痛です。
私も、毎日の生活の中で、ささいな言葉の行き違いで、眠れないほどの苦しい夜を迎えることもあります。
でもね、その時、いろいろ考えるんですよ。何故、相手はそう言ったのか。その真意は何なのか。
結局、自分がほしい答を出しているだけなのかもしれませんが、そう感じることで、相手を少し理解するってことにもなるとは思えないでしょうか。
相手がそう言うのには、必ず理由がある。

そう思って、私は、このブログで、日々勉強中です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
了解です☆
あの変なコメントね、やーね~☆
もろもろ了解です!あろらびゅー!!!
みみずくさんへ
浅田選手のファンである私も安藤選手には思う事があります。
一時期は真央対美姫のガチ対決時代がくると信じて疑いませんでした。

もし名前も出したくない「アレ」や、それに味方する連中が日本にいなければ
安藤さんも、困ったちゃんだけど見ごたえのある安藤選手でいたかもしれません。
すべては「たら」「れば」ですが。

しかしスケートがこんなにつまらなく
いえ、不愉快な競技になったすべては
「アレ」が原因なのは間違いないですね。
ここには同じように感じる人がたくさんいます。
集まれば大きな声となります。
頑張って皆で「おかしいよ!」って言い続けたいです。

頑張ってる選手には応援の声を。
おかしな採点には変だよ!の声を。
私も続けます。
お小夜様、若いわ~!
>ウリが幼稚園の時に鳩丸焼け五輪でベンがおクスリやって

お小夜様のこなれた文章を見て、勝手に年上だと思っていますたぁ~!
お小夜様、ウリより年下ニダ・・・ウリ、自分の年を明かすのが恥ずかしいニダ・・・
あの年であの文章!と言われるのが怖いでスミダ・・・
それでもブログを書くずうずうしさだけは年相応なBBAなんです!ウリ、パイティーンするデヨ♪

>私はアレの事をソレとかコレとかヨンヨとかキムチコノヤローとか1-1-1とかクソーンとかニョンぼっちとかゲ>スヨナとか集金ゴリラとかじょおー(笑)とかキンケンジとか…好き勝手に呼んでいます!!

ウリはキムチ、KY、アレ、ヤツ、111、クソーン、ボッチぐらいかな~。ウリはボキャ貧ニダね。
ウリは半角が多いデヨ。点数も半分になーれ♪の願いをこめてw




No title
キムヨナが上手いのはISUのルールに精通し点数見れば解るらしい。
キムヨナが下手なのは演技見ればたちまち解る。

僕は職場などでフィギュアの話題が出ても、実はキムヨナは下手だとか誰某がこの順位なのは疑問だとか言わないんだ。情報番組で見聞きする程度の、あまり関心の無い人から「痛い奴」扱いされるのが関の山だからね。

でも「スパイラル時フリーレッグの爪先が氷面向いてたり、スピンの時軸足が曲がってたり、トラベリングする人は上手くはないよね」って言うことにしてる。誰の事なのかは言わない。

言わないんだけど何故か通じちゃうんだよ。そして問題なのはその後、特に男連中から
「やっぱりフィギュアって詰まんねースポーツだな」って余計言われちゃう事。
No title
ヤマムロ様のコメントの、2013年ワールドのヤツの様子がおかしい…というのが
どうしても気になって、動画を探してみました。

http://www.youtube.com/watch?v=uqUbZQ8rRjg

これですね。
国家が流れている時にずっとアップになっています。
プルプル震えているというほどではないけど、確かに落ち着きがないですね。
体や顔がピタッと止まらないです。

バンクーバー五輪と、このロンドンワールド。
見た目ミスなくすべりましたが、本当にこのふたつだけなんですよね。

バンクーバー以降で言うと、モスクワワールドではフリーでジャンプに大きいミス2つ、
昨年のNRW杯では1-1-1に転倒。国内選手権でもなぜか何もないところで転倒とジャンプミス。
バンクーバー以前の試合を見ていても、SP、FPのどこかで必ず大きいミスをひとつは
するイメージです。
どちらかというとこっちが本当の彼女だと言われる方が納得します。

そして、この2013年のワールドの表彰式、みごとに嬉しそうじゃありませんね。
2年ぶりに復帰して、大舞台を乗り越えて優勝してこの表情でしょうか?
それどころか不安定な感じさえ漂っています。

なのでドーピングについては、私もバンクーバーとこの昨季のワールドについて疑っています。
ワールドのときは、現地観戦組が当日の公式練習のことを逐一報告してくれていたのですが、
朝一の練習の曲かけの時、たいていの選手はジャンプの部分はスルーして
流れを確認しているのに対し、ヨナだけは全部のジャンプを跳び、決めたそうです。
それを報告してる人は「気合いが他の選手と違う」みたいに褒めていたのですが、
果たして気合いだけだったのでしょうかね…。

ちなみにこの優勝のあと、ヨナはバンケットに出ていません。
(ウィルソンたちとヨナチームでコリアンタウンに行ったことになっています)
なぜ自分が優勝した世界大会のバンケットに出ないのでしょう。
本当に出かけていたのでしょうかね。
No title
2013年茶番ワールドをドーピングで疑うなら
それこそ2013年の国内選手権FSも疑うべきなのでは?

だいたいNRW杯で後半1-1-1から音楽についていけないような
ひっどいスタミナ切れを露呈したKYが
たった1ヶ月で完璧に滑りれる体力がつくはずがない
NRW杯と同じ事しかしてないのにスピンレベル1の判定が知らん間に4になってるし

あれはどう見てもおかしいと思いますよ。

日本のカスゴミや海外メディアに「復帰戦でいきなり70点!総合得点で201点!!
真央を超えて今季世界最高得点!」と印象操作するつもりが
真っ当なファンから『転倒あり、1-1-1ありで高得点はおかしい』
『そもそも公式記録じゃないから認められない。最高得点は真央』

と一斉に反発を受けたもんだから国内選手権でもノーミス演技する必要があった。
ところがなんでもないところで転び他にもミスがあって浅田選手を超えるどころではなくなった

「このままでは拙い・・・」
焦ったKYが「お●すり」を使った

それがあのKYのノーミス演技であり141点という異常な得点だったと思いますよ
2013世界選手権の表彰式のセレモニーを今一度見てみましたが、厳かというより、葬式みたいでした。
コーラス隊の白い衣装に黒い楽譜。花束を渡すガールたちの黒い衣装(タイツは暗めの紫かな?グレー?)、髪に花飾り一つもつけてない。グレーの絨毯。会場は白と黒と落ち着いた紫で統一し、女子シングルの時は特に照明を抑えている。真央ちゃんの悲しい表情に泣けてきます、でも花束は、ほんの少し大きめだよ。
絨毯がグレーならガールたちの衣装を民族衣装で華やかに彩るとか、いくら厳かでモダンに仕上げたいといえども他に方法があるのにね。フィギュアが死んだ日だ。キムチ、祝ってもらったと思うなよ、周りは敵だらけだよ。
それにしてもキムチがちっとも嬉しそうじゃないですね。あら不思議。
あのプルプルは緊張から解放されたからから?それともオクスリが切れたからから?w
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
背筋…
表彰式、いま初めて見たのですが、
動画の最初にスタンバイしているアレの姿が映っていますが、
背中側に肋骨が浮き出ているのが映ってこわかった…

背筋、ないのね。
老婆ヌードって感じで…若いのにね。
No title
う~~~~ん、
納得できなかったんですよね、あのノーミス演技。

やっぱりおOですか。

表彰式、初めてじっくり見させてもらいました。
両側の二人がきっちり不動の姿勢なので、余計に目立つんですね、
挙動不審が・・・。
挙動不審といえば
この流で思い出したのですが
世界選手権後、わりとすぐに、アメリカのTV番組に出演して
英語でインタビューを受けている動画を見た事があります。

ものすごーく、ヘンでした。
キョトキョトというか、一言答えては首をすくめ、ごまかし笑いをし、
変顔をし、表情がくるくる変わり、落ち着きなく、クイーンとはほど遠い雰囲気でした。

それまでの会見シーンでは、ドスのきいた感じで
落ち着いて答えていた印象があったので、どうしちゃったの?と思いました。

英語に自信がなくて、あせっているのかとは思いましたが、
ちょっとメンタル大丈夫かな?と思ったほど。
こうして考えると、なにかの影響かもしれませんね。

どこかにまだあの動画が転がってないか、探してみます。
インタビュー動画
http://www.youtube.com/watch?v=60DfUCozSdg

つぐみ様のご指摘の動画はこれでしょうか?
なんだか落ち着きがないですよね・・・。
あわわ・・・!
>世界選手権後、わりとすぐに、アメリカのTV番組に出演して

と、いうことは違ってますね!(汗)
すみません、はやとちりでしたm(_ _)m

このインタビューのヘン顔はいつも通り(あちらのマスコミがよく使うヘン顔の類い)なのかもしれません。
・・・ということは、これよりテンション高いんですか!?
ヤバいですね。怖すぎます・・・。








ちょこさん
改めて見直して見たら、確かにプルプルしているは言い過ぎだったかもしれません(笑)
皆さんすみません。
でも、初見の時は、両脇の二人と比較してやたらと落ち着きなく、アップでは顔が定まらないというか…(^_^;)
大人しくしてらんねぇのか!っていう印象が強くて。
しかし、インタビュー映像と合わせて見ると、やはりおかしい。なんか、ノ〇ピーがラリっていたときのインタビュー映像と印象が似ています。
金メダリストなのにバンケットに不参加も、よく考えたらかなりおかしいですよね。
最初は嫌われてて行っても誰にも相手にされないからかと思っていたのですが(笑)
似た感じです
たままさま

どうもありがとうございます。
私が見た動画は、現地のアナウンサーとキムヨナが
スタジオにいるキャスターとやりとりしているインタビューでしたが
話の内容も、キョドり方も似た感じでしたので、このあとに行われたものでしょう。

まあ、こんな感じですが、
これよりもっとキョドッていたように感じました。

観客の声とかがなくて、もっと静かだったので
キョドり方や、ヘン顔が目立っていたのかもしれません。
そもそも最近は、なんでヘン顔をちょいちょいはさむのでしょうね?
バンクーバの年の記者会見では、まったく見られなかった現象です(あの有名なケータイ唾吐き会見)。
姐様☆
国民の弟がドーピング発覚しましたね。水泳選手韓国代表。私は、すべてが黒い韓国で、ヨンだけが白とは到底思えません。黒には黒のオーラ白には白のオーラがあります。真央ちゃんは色んな綺麗な色があります。真央ちゃんを見てるだけでアルプスに咲いてる花の香りがします。きっと真央ちゃんの努力やもって産まれた才能の色や匂いです。

ヨンは臭い。国の匂いを引き継いでいるんだと思います。
ドーピングは100%です。
それから私も開脚180度開きたくてインターネットで調べたりバレエやってる知り合いやヨガやってる知り合いに聞くと結局腰が硬い、背中が硬い人は無理だと言われたし、インターネットでもまず腰、背中を鍛える。それにストレッチや運動で柔軟にしなければ足は開かないそうです。年を重ねても体が柔らかい真央ちゃんは素晴らしい身体能力だと思います。真央ちゃんの美ポジを見ながら引き続き開脚頑張ります。

ヨンのポジを参考にしても汚くなるだけだし却下です。

金メダルのヨンを見ていると、金メダルの無い真央ちゃんの存在価値が断然上で、金メダルとは一体なんぞやっ!

そんなことを思います。
別にいらんわ。真央ちゃんが元気ならええわ。

でも茶番の金は返せあほんだら!

私的にはソチの金も真央ちゃんです。ソトコも好きだけどエイトトリプルにたいする点数見てたら国際政治の国際マネーだと思います。茶番のフリーのキムの点数見てたらソチの真央ちゃんフリーは200点ですわ。

好きなこと書いてすっきりしました。姐様いつもおおきに。みみずく様、おおきに☆
ゆきゃり
ハリポタじゃない方の名前を言ってはいけない『あの人』のせいで、sageられまくって大変な思いをした人って真央ちゃん、元安藤さんの イメージが強いけど…。

良く考えてみりゃ一番ワリを食ったのはガチャピンのゆきゃりさんじゃないかと思う。

あの人を無理にageるためにどれだけの才能が歪めた評価されたか…

考えると恐ろしいですね…。

No title
>必死な漕ぎ漕ぎスケーティング
スケーティングスキルの評価に流れと
楽な滑りってのがありまして
まさに正反対な選手ですねえ
なんで最高レベルのPCSになるんでしょう?

管理者にのみ表示