フィギュアスケート情報提供(皆様編・2)

ニュース報道など、フィギュアスケートに関する話題はこちらの記事にお願いします。

コメント欄がいっぱいになってきたので、記事を追加いたしました。

よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ
関連記事
愛のたれこみ部屋 | コメント(292) | トラックバック(0) | 2013/12/11 00:16
コメント
はじめまして
ねえさま、みなさま、はじめまして。
とうとう大きな流れとして動き出した皆様の活動を、どきどきしながら応援しています。
わたしも、ちょっぴりでも自分にできることを考えて動こうと思います。

10日の読売朝刊の歌壇に、真央ちゃんを応援する97歳(!)のおばあちゃまを詠んだ歌がでていました。コメントがたくさんで、見落としだったらすみませんが、こちらではまだ話題にでてないようなので。。。

詠み手のお母様であるおばあちゃまが、真央ちゃんがジャンプするたびに「ホレヨイショ」と掛け声をかける情景を詠んだ歌です。

全文は著作権でNGかな、とおもいますが、ほとんど↑のままの歌ですw

老若男女に愛される真央ちゃんを改めて感じて、朝からほっこりしました。
戦う皆様に、ちょっぴりでもほっこりのおすそ分けになれば、とおもい紹介させていただきました。
住み分け?
姐さん、こんばんは。

やっと夜中に仕事を終えて情報カテを見るとすごいことに!
ええと、電波と不正と疑惑と愛する選手と天皇と日本人として生きるとバルタンとが共存したブログになるのですね。
ますます素敵なブログだわ!
やっぱり姐さんは電波なんだわ!

あのう~、でバルタンさんと情報カテの住み分けってことになるとありがたいのですが。
新しく出来た「フィギュアスケート情報提供(皆様編・2)」は、純粋なるいままでと同じ情報提供の場。
「フィギュアスケート情報提供(皆様編・1)」は「バルタンと皆様の部屋」ってことでいいんでしょうかああ。

バルタンと皆様のコメントで新しい情報探すのにすんばらしく時間がかかったので、住み分けしてくださると助かります。
このままではコメント難民です。
でも姐さんが一緒くたでというのなら、ドライアイになりながらでも新情報を探します。

でも住み分けなら、あちこちのカテで沸いてくるであろうバルタンとお話したければ、バルタンの部屋に誘導してバトルするということで、いかがですか。
姐さん、ご判断をお願いします。

そしていつのまにか「大根の謎」が消えている。キョエ~。
大根はこのブログで共存できなかったのかあ、残念でなりませぬぅ~。
日刊ゲンダイです
既出かもしれませんが一応。
日刊ゲンダイです。


ソチで血眼…浅田真央に放たれたプーチン大統領の「刺客」
日刊ゲンダイ 12月10日 10時26分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131210-00000011-nkgendai-spo

敵はキム・ヨナだけではない。 女子フィギュアの浅田真央(23)は7日のグランプリ(GP)・ファイナルのフ リーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度失敗しながらも4度目の優勝。 今月末のソチ五輪最終選考会となる全日本選手権(21日〜)を待たずに、代表をほ ぼ「内定」させた。

浅田の最大のライバル、キム・ヨナ(23)も7日の国際大会(ゴールデンスピ ン)で優勝。9月に右足の故障で全GP大会を欠場したものの、今季初戦となった格 下の大会で200点を超える貫禄の圧勝劇を見せた。

だが、最後の五輪で金メダルを狙う浅田は、連覇を目指すキム・ヨナだけをマークしていればいいという わけにはいかない。ソチ五輪開催国・ロシアが国家ぐるみで女子フィギュアの金メダル獲得に血眼になって いるからだ。

発端は10年のバンクーバー五輪だった。ロシアは期待されたフィギュアスケートで「金ゼロ」に終わっ た。その屈辱にプーチン大統領(当時首相)が激怒。当時のスポーツ担当相を更迭させ、ソチでの金メダル 取りの陣頭指揮に立った。

第1弾は国家予算の「大量投入」。ロシアは08年のリーマン・ショック以降、国内経済の低迷が続いて いた。自国初の冬季五輪でメダルを量産し、国民を鼓舞したいプーチン大統領は選手強化費を一気に増額。 11年から総額2700億円を投入し、選手育成や施設拡大に費やしてきた。その中でも女子フィギュアの 強化費は莫大な金額に及ぶといわれている。


■本番でトリプルアクセル

が、女子シングルだけは一度も金がない。そこで、プーチン大統領は数年前から有望な10代の女子フィ ギュア選手をモスクワの養成所に集め、ソチで金を取るための英才教育を施してきた。その連中が、今回の GPファイナルで浅田に次いで2位になったリプニツカヤ(15)と5位のソトニコワ(17)なのだ。

ある関係者は言う。 「特に有望なのはリプニツカヤ。世界屈指の柔軟な体で見せる驚異のキャンドルスピンだけでなく、ステッ プやジャンプもレベルが高い。GPはロシア杯とスケートカナダで連勝。カナダではトータル198・23 の自己ベストをマークした。しかも、リプニツカヤは<五輪本番に向け浅田しか跳べないといわれているト リプルアクセルを封印している>という声もある。ファイナル5位のソトニコワも、ショートプログラムで は浅田に次いで2位だったのに、フリーで6位(総合5位)に終わった。彼女も大技隠しの疑惑が持たれて います」


■莫大な強化費、金メダルに1250万円 フィギュアは人の目による採点競技。

ロシアはその「対策」も着々と進めているとの見方もある。

02年の米ソルトレークシティー五輪ではロシアに、ペア競技で審判員を買収した疑惑が浮上。着氷ミス をしたロシアペアが、完璧な演技を見せたカナダペアを抑え、金メダルを獲得するというスキャンダルが公 になった(最終的にはカナダペアにも金メダルを授与)。今回は自国開催で国の威信もかかる。すでに全審 判の性格や採点の特徴をチェックしているというから、水面下でもゴソゴソやっているかもしれない。

ロシアは98年の財政悪化とルーブル暴落以降、政治情勢が不安定。総額数兆円もの国費をソチ五輪の準 備に使いながら惨敗では、国民の不満は爆発する。ひいてはプーチン政権の崩壊にもつながりかねない。

ソチ五輪の金メダリストに一律400万ルー ブル(約1250万円)を報奨金として支払うロシア。世界トップ3の金メダル数を目標に掲げる背景には そんな事情がある。

浅田真央はトリプルアクセルを完璧に跳んでもロシア選手の前に屈するかもしれない。
あ、アク禁になったんですね。
あ、あの方、アク禁になったんですね。
住み分けかがいいとリクエストしたけど、いま姐さんの新しい記事を見てわかりました。

もし次お呼びになるときは、「バルタンの部屋」ってあらかじめ作ってから読んでくださいね。

じゃ、ここは前みたいに平和な情報提供の場になるということで…
Re: 住み分け?(月の桃うさぎさんへ)
説明が足りず大変申し訳ありませんでした。

アレはアクセス禁止にしましたので、ほんとに純粋に追加の記事です。
コメント数が多いので流れをぶった切ってしまいましたが、追加です。

アレがまたIPを変えて書き込みに来たら即座にアクセス禁止にします。相手にしている時間がありませんので。

記事はまだわけないほうがいいですか?物件の書き込みがウザいのですが、、

大根の謎は、別カテで復活させますねwww一回下げて忘れてました。ああいうおふざけも許してくださる月の桃うさぎさん大好きです。

そして全データのダウンロード終わりました。思いっきりトップでセールの宣伝してますね。記事にするか考えてます。。。
明日のすぽると
皆のアイドル_元安藤さん特集だよ!
ライサ、ソチ五輪断念
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013121100008

ライサチェク、ソチ断念=フィギュア男子
 【ニューヨーク時事】フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪金メダリストのエバン・ライサチェク(28)=米国=は10日、股関節の故障を理由に来年のソチ五輪出場を断念したことを発表した。同選手は8月に関節唇を損傷し、10月に行われたグランプリ(GP)シリーズのスケートアメリカなどを欠場していた。
 ライサチェクは「ソチ五輪に出られず、どれほどがっかりしているか言葉では言い表せない」との談話を発表した。現役は続ける意向。
 ライサチェクは2009年の世界選手権でも優勝。バンクーバー五輪後は競技大会から離れていたが、ソチ五輪出場には意欲を示していた。 (2013/12/11-01:33)

**************************************

引退ではないとのことですが・・・これも位打ちなんですかねえ・・・
今晩オールナイトニッポンに本田さん
静かになったこのお部屋に^^♪

既出とは思いますが、
こういう情報は直前に上げるのが
良いと思うので。

http://www.allnightnippon.com/gold/kojima/

今晩のミッツさん小島慶子さんの
オールナイトニッポン22:00〜
のコーナーに本田武史さん♪

ラジオならではのミッツさんの切り込みに
期待します!
ミッツさんご贔屓の選手の話になるのかなぁ。
既出だったらごめんなさい
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/e02/gpf-highschool.html
「ISUグランプリファイナル国際フィギュアスケート競技大会2013」を県内の高校生記者が取材!
福岡県内の高校生さんたちが直に選手にインタビューされた様子が紹介されています。
記事の量は多くありませんが、日本選手の一言二言のインタビュー、(メリチャリあり!)
当日の様子が書かれています。

プロの選手に直にお話できる。質問できる。そしてそこから出た素晴らしいお返事。
高校生たちの感想。
おばさん、ちょっとウルっときました。



http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/56575
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/56757
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/57011
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/56912

西日本新聞社さんの記事からすてき写真を購入しようとしたんですが、
記事、少なっ!!そんでもって、写真・・・・少なっ!
東京以外で初めてのファイナル開催じゃないの!?
福岡で開催なんて超はじめてなんじゃないの!?
自分の会社が主宰してるイベント、こんなに記事少なくて良いの!?

あと、間にちょこちょこあるGスピンの記事が邪魔くさい。です。
ピアス
>そして全データのダウンロード終わりました。思いっきりトップでセールの宣伝してますね。記事にするか考えてます

ダウンロードありがとうございます。
もう今日にも記事をUPしそうな勢いですね。
今回は違反をさせるのが目的なので、じっくり待って記事にしてもいいかも。
たぶん、キンケンジ陣営はここを見ているような気がします。
騒ぐと肝心のOPでピアスをしてくれないかもしれません。
いまはおよがせておくのがいいかと…

コメントでごにょごよしているのはあまり気づかれないと思うので、
皆様と連絡をとりあって、早い段階でIOCに証拠提出して(新しい会長にも)、OP直前に海外のマスコミに垂れ込む。
そして、ピアスをして演技をした瞬間に姐さん記事をオープン!海外マスコミにも掲載!ってのが理想です。

ただし、私みたいな慎重派はよく機会を逃すので、姐さんの電波でいいタイミングを計ってください。
もう今日にでもUPならそれでいいと思います^^

しつこく、西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/56931
Gスピンの記事です。以下、転載

 【ザグレブ共同】フィギュアスケートの国際大会、ゴールデンスピンは7日、ザグレブで行われ、女子は今季初戦だった2010年バンクーバー冬季五輪金メダルのキム・ヨナ(韓国)が合計204・49点で優勝し、出産を経てソチ五輪を目指す元世界選手権女王の安藤美姫(新横浜プリンスク)が今季自己最高の176・82点で2位に入った。
 右足甲故障でグランプリ(GP)シリーズを欠場したキム・ヨナは冒頭の3回転ルッツで転倒したが、持ち前の高い技術と表現力で前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位。

ちなみにファイナルの記事、真央ちゃんの演技に対する形容詞がゼロでした。
ゼロ。
なし。
ただ何点取ったかって書くだけでいいの?
やる気あるの?



高校生を見習えですね
姐様、皆様、お疲れ様です(*^_^*)

やまだんさん。
見ましたよ。高校生の記事。
皆見習え!です(`・ω・´)
特に西日本なんちゃら。
完全に真っ黒。
地域の方は不買してやったらいいのです!

きららさん。
もし、ホントに3Aとか隠し玉があっても、正々堂々闘って公平なジャッジの上に優勝するなら、私は誰でもいいなぁ(●´ω`●)

みんなの感想しかないけど言いたくなった。
スルーして結構です(笑)
みんなほど情報がないので、垂れ込めませんが、いつも見てます!
抗議ゾーン?
姐さん、みなさん、こんにちは。

やまだんさん、西日本新聞社の記事ありがとうございます!
「既出だったらごめんなさい」のコメントの中の4っつアップしてくださった記事の1番上URLの記事の中に気なった記事がありました。
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports_other/article/57474

こういうのって、競技の採点等に関するファンからの意見も受け付けて下さるんでしょうかね。それとも人権デモみたいなものの為のガス抜き対策なのか。

バッハ会長は「誰もが自由に意見を表明できることを歓迎する」と述べてらっしゃるから、競技にたいしての意見とかでもいいのかな。バッハさんは世界一嫌韓の国として知られてる国の方ですよね。新しく会長に就任された方ですからクリーンな意見には積極的に耳を傾けて下さりそうですよね。でも組織自体は色々と汚染されてるかなぁ。
グレゴリ青山さん情報♪
熱いディスカッション、お疲れ様です。
(すっかり観衆状態のワタクシ、でスマソ)

某掲示板よりペタリ♪

287 :可愛い奥様:2013/12/11(水) 14:47:07.56

グレゴリ青山の「戦慄のスケオタ階段」限定公開だそうです
ttp://www.comic-essay.com/episode/read/475

***********************************
休憩の際にでも、どぞー♪
My Olympic Wish
Figure Skating Universe (FSU)に
My Olympic Wish
という可愛いスレが立っています。
http://www.fsuniverse.net/forum/showthread.php?90181-My-Olympic-Wish

ソチでのメダル予想、というより「こうなりますように~」という感じの
内容です。
「実際はどうなるかわからないけどね」ということで、まったくの「夢」という設定でコメントが書かれていますが、真央ちゃんや大ちゃん、あっこさんを挙げてくださる方が多くて、ほろりとしてしまいます。

なかには Ladies - Not Kim (女子ーキム以外)
という方もあり、これには大きくうなずきました。

fair judgingを「オリンピックのお願い」に挙げている人も散見されます。
やはり、みなさんストレスになっているのだなあ、と感じました。

まだこのスレには山犬の姿は見られないようです。
FSUのアカウントをお持ちの方は、ぜひ我らが真央ちゃんに一票を! (^^)
FSUの登録は下の画面からできまあす。
http://www.fsuniverse.net/forum/register.php
グレゴリ青山さん!
わわわ、あの四大陸編の続きはないのか、と待っていました!

ご紹介、ありがとうございます。 早速読んできます~。
高校生の取材
やまだん様のコメントからのリンク先を読んで思ったこと。

「写真の足下が切れてるのはシロートだからご愛嬌として、ぶっちゃけユロスポドイツの100倍は素敵な写真じゃん?」

ユロスポドイツは今すぐこの子たちを雇うべき。
すみません、またお教えいただけないでしょうか。
韓国語能力者様、月の桃うさぎ様

またまた、申し訳ございません。ハングルの訳をお教え頂けると嬉しいです。
以下は、ISUのフェイスブックにコメントしようと思っている文章の一部です。Google翻訳にかけたのですが、この部分だけよくわかりませんでした。

"김연아가 체중이 늘지 않고 운동만 꾸준히 한다면 2014년 소치 동계올림픽에서도 충분히 금메달이 가능하다.

→キム・ヨナは、体重が増えず、着実に練習をするならば、2014年のソチ冬期オリンピックでも金メダルは十分に可能である。(推定ではなく、未来形と解釈しました。 かなり確実な言い方なのでしょうか?)

上の解釈ではいかがでしょうか? 日本語訳から英訳して、
She will able to win a gold medal at the Sochi 2014 Winter Olympic Games, if she steadily exercises and does not gain weight.
という風に考えています。

お手を煩わせて申し訳ありません。お時間のあるときで結構ですので、ご確認いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
沢山、お借りしています。何か私の方でもお手伝い出来ることがありましたら、おっしゃってくださいね。
FSU・・・♪
ぱんだん様

乙乙でーす♪
グレゴリさん・・・プロだから当然といえば当然だけど・・・すごい選手の特徴をとらえますよね!
特にページ末のDーさんは秀逸♪

FSU情報サンクスでーす♪
ウリも投稿してきました。
全選手のクリーンなスケートとフェアなジャッジが願いです、
・・・に加え、Avril様が投稿された素敵なお言葉
We cheer for all skaters who make an earnest effort !
を一人称に変えて追記させていただきました・・・v-22
舞さん情報
スバルのCMにご出演されるそうです

youtubeで「お気軽試乗DAY お散歩編」と検索すると可愛い舞さんが見られます
ウリのお義姉さんはいつもゾラ美しさhrhrhrhrhr
ありがとございます。
stupsi様、毎度ありがとうございます。

最後のD-さんって、3.5等身なのに、ものすごく特徴が出ていますよね~!
顔だけでも分かりますが、腕だけ、脚だけ見ても、あの等身なのに、D-さんだ!
私は、以前の四大陸も含めてケヴィンくんのお鼻にのけぞりました。
あの、超立体的なお鼻、とっても難しそうなのに。
それから、四大陸女子SPの真央ちゃんのキラキラぶり…。
さすがはプロの漫画家さんです。

FSUへの米投降(あらやだ、変な変換だけどなんかこのまま使います)もありがとうございます。

AVrilさまの言葉もいいですね。ホンマ、勉強になります…!
make an earnest effort! 1-1-1に超大型フォントで送りつけたいお言葉です。

このFSUのことは、「勝手に願望 ソチ五輪!」のスレがあったのを思い出しましたので、
そちらにも記載いたしますね。

ぱんだん様
韓国訳、よいのではないでしょうか?

가능하다というのは可能だの原型そのままですから、いわゆる断定や言い切りの
形といっていいと思います。韓国語では他にも可能だろうや、可能だと思われるなどの
表現が当然たくさんありますから、この書き方はかなり可能性が高いニュアンスと
言えるでしょう。

私が記者だったら最後の文末は期待できるや、可能だと思われるなどにしますねf^_^;

Yahoo!ニュース 意識調査
いまYahooニュースを見ていたら右端のYahoo!ニュース 意識調査に
『浅田真央とキム・ヨナ、ソチ五輪で金メダルを獲得するのは?』って出ていたので
もちろん『浅田真央』を全力で思いっきり気持ちを込めまくってクリックしたのですが
結果を見たら7割以上の人たちが浅田真央をクリックしてるみたいで
とっても嬉しくって、皆さまにも結果を伝えたく書き込みにきました♪
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/sports/10478/result

姐さんはじめ皆さまの行動や気持ちがあったからこその結果だなぁ
ってしみじみ思いました。皆さまに本当に心から感謝ですm(_ _)m

追記
すいません...嬉しい気持ちが先行して
理由まで書けていませんでした(>_< )
この件をフィギュア大ファンの知人に
話したら4年前は今回とは逆の結果で
すごい悔しい思いをしたと聞いたので
皆さまの行動や気持ちがあったからの
結果だと思って書き込んだ次第でした。
テンション高いだけで理由も書かずに
ホント恥ずかしい。゜゜(´□`。)°゜。
全日本はミキムチ上げか?!
姐さま、皆さま、連日お疲れ様です。
 
全日本に向けて、色々と悪巧み中だと思われるウジテレビですが、、、
どこかで拝見したのですが、各選手を載せた写真からカナコをはずしてたとか???
 
ここ数年、ほとんど8チャンネルには合せていないので、よくわからないのですが、
全日本の番宣もはじまっているようです。
そのひとつがこちら↓(既出でしたらすみません)
  
http://www.youtube.com/watch?v=_gsPKSbXTNw
 
ははーん、なるほどね。
日本スケ連はどうなのかわかりませんが、ウジとしては元安藤さんを応援します!って表明かしら?
 
>stupsi様、ぱんだん様
 
私の拙い英文にありがたいお言葉をいただき有難うございます。
キムチには、 こう言ってやりたいですね!
 
Why can't you make an earnest effort?
Are you just going to stand there?

どうして、ひたむきに努力出来ないんだ!
ただ、そこにつっ立ってるつもりなのかい?

「立ってますね。」なんて言葉もありましたのでwww
皆さまこちらのも以前のもどこでも使っていただいてOKです。
上のはキ無知(こんな変換に)の動画のコメントにぴったりかも。
抱き合わせ販売がウザい
フジテレビ、番宣画像から佳菜子を外すってどういうつもり?若い女の子にすぐに飛びつくテレビ局の本能とは真逆な行動をしてますね。スケ連の意思ではない、完全にフジ側の悪意です。
電通と安藤サイドからミキムチを前面に押しサポートするようにというお達しがきたのですね。キム・ヨナ工作員の残党がミキムチサポートに回って。。安藤アンチを増やす作戦wともう一つ「何か」の作戦が遂行中ですね。
ミキムチと明美と事務所は一部の熱狂的ファンとスケ連と代理店との強いコネクションさえあればミキムチの今後の活動は何もかも上手く事が運ぶと思っていそう。まるでお隣のキム・ヨナみたいにね。。。わからないで突き進んでいるのかしら?それとも、しらばっくれてるw?人の好き嫌いが激しく社交が広くないタイプのミキムチがキムチと一緒に写真を撮ったのは、最後の国際試合の写真を思い出で取っておきたいから?ファンを喜ばすため??打算の上とはいえ、ダウングレード嵐の中で共に闘ったモロゾフが泣いてるわ。
日本のファンが嫌悪感を抱く事をのけのけと出来るのよね。自分はただの拍手マシーンでもなければ、現ナマでもないよ。

フジはミキムチに中野友加里さんを抱き合わせにして好感度と注目度と視聴率を上げようとしてるでしょう。中野ファンがかつてどれだけ傷ついたことも解っていてスルー。ファンの心に対して鈍感すぎ。抱き合わせで使える人は被害者でも人気者でも遠慮なく使おうっていう魂胆です。アイスショーでソウカ歌手とコラボするように促されるのはウザいわー。ミキムチは誕生日の18日にAIのツアー最終日のライブにいくそうです(お呼ばれつうかある意味誕生日イベントだよねw)。真壁はソウカと手を結べば好感度はあげられ悪い扱いはされない、元高利貸の朝鮮人教祖を拝みすぎて判断力を無くしたソウカ信者がミキムチを無条件で応援してくれると当て込んだのかしら。。信者を利用するなってw客層違うんだからwww抱き合わせ・コラボって両者のファンへアピールができ販路を広げるという点では一石二鳥かもしれないけど、ぱっとしない者同士の抱き合わせはウザいし、本当に人気と実力があれば、コラボは何度も繰り返ししないんだよね。ソウカも好感度の低いミキムチと組んでも稼げなかったし影響力がないと解ったから、福岡では羽生くんを巻き込んだのよね。
ミキムチを無理やり四大陸にでも出場させAIも呼ぶつもりかしらwwwMOIやFOIへのごり押しは止めて~~後ろめたさがあるとは言え、真壁も少し大人しくしないと、ミキムチは「●倫の末出産で相手は真壁社長」説がますます濃厚になるのに、なんで裏目に事を運ぶの???
ファンはもう昔のような物わかりが良くて受け身ではなくなってるのよ、それ気づいてる?もう欺瞞にはおなか一杯なのにな。興行主にはそんなの関係ないか。。。
とにかくフィギュアの演目はクラッシックを使うことが多いのだから、どうせなら若手の声楽家を呼んで歌声を披露する場を与えてあげてほしいです。

フジが小塚君に冷たいのは小塚君の事務所がIMGだからかもね。スケ連は現役続行を決めている選手に一つでもいいからスポンサーがついて欲しいんだろうね。実際選手の台所は苦しいだろうし、テレビを見ない人たちが多いためCM料金が下落しているし、スポンサーが少なければ、ゴールデンタイムでのテレビ放映もないでしょうね。それで編集無しの生放送がみれるようにの逆にありがたいけどwww
No title
日刊ゲンダイの記事拝見しましたが

トゥクタミが昨季3Aをプロに入れると宣言しながら
結局ひざの故障で入れることはできませんでした

ユリア・リプニツカヤ選手に関しては論外でしょう。
高さや飛距離がさほどないのを身体の軽さで回っているところがありますので
来季になったら今季の宮原選手のように
刺される頻度が増えるんじゃないかと思います

日刊ゲンダイは以前にもキンケンジが3Aを跳べるなどと大ぼら吹いてましたが
伊藤みどりさんが公式戦で跳んでから結局浅田選手まで
四半世紀近く経っても3Aを跳べるのは彼女を含めて5人しかいません

3Aが誰でも跳べるジャンプだなんて大安売りしないでほしいわ!(▽Ⅲ▽♯)
姐さん、ご注進!!!
おはようございます。本日発売の週刊文春の見出し「『浅田真央ソチ五輪金』最大の障壁はキム・ヨナ”謎の高得点”」と、週刊新潮「『キム・ヨナ』復活だから始まった『浅田真央』バッシング」という記事が掲載されます。後ほど買って、内容を確かめますが、両紙とも正確に書いてあって、評価できる(上から目線ですかね?)内容でしたら、お知らせしますので、皆様のGJ!コールを両紙に寄せていただきましょう。
それと俺たち「公正」チームのお仕事と今までの「不正工作」の数々をいちいちチクルのは面倒ですので、黒猫本と姐さんのこのサイトを見て欲しい旨、また、先日のブーイング、バナー掲示の結果が姐さんへの「殺人予告」だったり、「あらし」だったり、都合が悪い輩が阻止し始めていることも言っちゃって良いでしょうか?何かが確実に動いてますね。

取り急ぎお知らせでした。
絶滅危惧種ですよね!
姐さん、みなさん、おはこんばんちは!

にゃんこさま、
早速のお返事ありがとうございます! 確実性が高い言い方、というのを伺い、安心しました。
三世さんにはあまり聞けず、Google頼りで訳したので、微妙な訳のところがどうも不安でした。
これでまとめて書き込みできます。ありがとうございました。

Avrilさま、
「立ってますね」いいですね!画像と共に、どこかに投稿したい…と思ってしまいました。
私のブログ単語帳(準備中)に使わせていただいてもよいですか?

megumiさん、まったく同感です。 3Aは真央ちゃんが飛ばなくなったら、絶滅です!!!
リスクをしょっても、3Aの美しさを伝え続けている真央ちゃんの覚悟はスゴイと思います。
GPFで思ったのは、3Aは神様に捧げる真央ちゃんの祈り。もう点数やジャッジの思惑を
超越している、と感じました。
俗世のことは、我々ファンが引き受けた!真央ちゃんはただ神様と対峙して飛んでください!

昨日から、ISU facebookの方で「3Aは絶滅危惧種」の書き込みを始めました。
https://www.facebook.com/isufigureskating
(パンダの赤ちゃんがじっと見つめています)

ジャッジ・ISUのえこひいき疑惑シリーズと合わせて、ぽつぽつと続けていきます。



Number Web by 田村明子
既出だったらすいません。12/10夕方配信→ザリガニがちょうど暴れてた日だから、スルーしただけかも・・・

《15歳で初優勝し、23歳で連覇――。浅田真央が守り抜いた女王の誇り。》

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131210-00767513-number-spo&p=1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131210-00767513-number-spo&p=2

Numberといえば先日、女子に関して見事にやらかしましたので・・・
どーでも良いけど、女王って単語を使って誰かファビョらないかしら?

>「壮大で豪華なラフマニノフは、子供には滑ることのできない音楽だ。」
子供/大人っていう線引きしかできないジャーナリズムっていうのもねー・・・poorすぐる・・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
新しい動き!
ぱんだん様
また新しい動きですね。
とてもうれしいです。

にゃんこ様
このブログに韓国語、出来る人が増えて心強いです。
お肌の調子はいかがですか?
あまりストレスためない程度にキンケンジウォッチ、よろしくお願いします(^-^)
元安藤さん情報
2chによると年末にアイスショーにご出演のモヨリ
はっと!ゆきなはん!!
そしてエマ!

何よりも日程ェ…

ttp://www.icegala.it/cms/index.php?option=com_content&task=blogcategory&id=6&Itemid=23&lang=DE
とてもこわいもの
既出だったらごめんなさい。
そして、「綺麗なもの」のご紹介では無くてごめんなさい。

1-1-1の口元がとても気持ち悪い形に…。
あひる口整形というものでしょうか?
あちらのカメラマンさんは、ホントにこの写真でいいと思って
使ったのでしょうか? やる気のなさが感じられます。
http://www.feverskating.com/fevers/64186024

記事はざっと目を通しただけなんですが、「injury」(故障)が11回も出てきます。
怪我してるけど、100%の体調じゃ無いけど、でも金メダルだもんね、という
気が見え見えですわ。
文春と新潮
今朝6時に買いに行って読みましたが、今一買う価値があると思わなかったので、かきこしませんでした。
興味のある方はコンビニ立ち読みで良いかと判断しました。
ただ渡部絵美さんのコメントが聞き捨てならなかったので、彼女のFBにコメント入れました。
「トリプルアクセルに次ぎ高得点になるトリプルルッツを(奴)はスピードに乗って、高く距離も出て跳べる。けれど、浅田真央選手は跳べない」
だから、手をついても今季世界最高点が出せたと言うのです。
クロアチアの大会を見てないか、見たくないものは見ないとしか思えません。
奴のルッツだけでパーフェクトな演技をした浅田選手より高得点が出ても当たり前だというのですから呆れますね。
デイリースポーツの記事
分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケート界に提言

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

デイリースポーツがまともなことを書いていてビックリしました。
当たり前のことしか書いてないといえばそうですが、明らかに4年前と違う風が吹いていると感じます。
デイリースポーツ
Good Job!!な記事出ました♪

分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケート界に提言
デイリースポーツ 12月12日(木)11時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

以下 抜粋
フィギュアスケートは採点競技であって、タイムを競うスピードスケートとは違うのはもちろん分かっている。だが、採点をする審判の人間である。思い込みの入る余地は十分にあるだろうし、かつてはジャンジの買収疑惑が渦巻いたこともある。確かに、フィギュアスケート界が、今まで以上に万人に分かりやすい採点方法を生み出すには時間がかかるだろう。だが、インターネットの投票などを使い、誰の目から見ても、納得できるいくつかの要素を採点に盛り込めないものだろうか。納得のいく演技で金メダルを獲得し、表彰台の真ん中に立つ真央ちゃんの笑顔がみられると信じている。
全日本に向けて
姐さん、皆さま、お疲れ様です。

全日本に向けて、各所で様々な動きが出てきているようですね。
バンクーバーの時とは少し違ってきている様にも思いますが、表向きだけで実態は変わらないのかもしれません。
気を引き締めて活動していきたいです。

お年頃さま、
ウジテレビの全日本番宣パネル(画像)はすぽるとの中で出ていました。

中央に真央ちゃん、羽生君、そのまわりに各選手も載っているのですが、なぜかカナコと小塚君の写真がありません。
真央ちゃんの隣には大きく元安藤さん。その脇のあっこちゃんよりも大きい扱い!!!
加えて知子ちゃんと本郷選手が小さく表示。
男子は、羽生君の左に高橋、後は殿、まっちー、無良君が載ってました。
ウジテレビ(そして電通)の思惑が見て取れますね。要監視です。

マアム様からご紹介いただいた文春、新潮、チェックしてみますね(買わないけど)。
一般人の中にも点数や真央ちゃんを取り巻く状況への不信感が広がっていることを受けての記事何でしょうが、それで惹きつけておいて実は見せかけで、沈静化を図りたいのかもしれません。
ただ少しでも切り込んでいるなら、GJメール送りたいです。

ばんだんさま、
文章はいくらでも使っていただいて大丈夫です(^^)
英語はすごい得意というわけではないのですが、一応仕事でも使ったりするので、、、でも間違ってたらごめんなさい。
お問い合わせなどに使えそうな、各国の言語の文章なども、皆で共有していきたいですね。
ジュベールもがんばれ!
今週末フランスでは国内選手権があるようで、(ロシアの報道でもあったそうですが)フランスのスポーツメディアでも、モロゾフのほうからジュベール選手に、ドルトムントでの試合のあと電話かけてきた、という話が採り上げられていました。

クリスマスの休暇が終わったら、ヨーロッパ選手権の前にロシアに行って、つなぎのところとちょっとステップを見てもらうらしいです。

http://www.lequipe.fr/Patinage-artistique/Actualites/Joubert-vs-amodio/424268

当然、アモディオ選手とのいわくつきの対決みたいな採り上げられ方です。それに、ジュベール選手はフランスの国内選手権に関しては、2002年以来優勝していないのは棄権した2008年、2009年、2012年の3回だけらしいので。

先日、動画でドルトムントの試合を見たとき、この人、こんな柔らかいスケートするんだと意外に思ってしまったのです。いっときのカクカクした印象…偏見が強かったのかもしれません。年齢を重ねても、満身創痍でも、まだスケートうまくなろうといろんなチャレンジをしている姿を尊敬します。

そんなスケートに対する執念や愛情を感じてしまって、動画を見ながらちょっと感動してしまいました。ジャンプじゃないところでほろっとくるとは思わなかった。

また、カタリーナ・ビットが50歳になるとかで、彼女の現在とインタビューも別の記事で載っていて、それも興味深かったです。
http://www.lequipe.fr/Patinage-artistique/Actualites/Joubert-vs-amodio/424268

以前、姐さまが彼女について、恩田さんの記事だったと思うですが、書いていらしたことを思い出しました。
姐さまのあの記事に私は感動しまして、あの記事がこのサイトのファンになった理由の一つでもあります。

フランスの記事については時間を見つけてもうすこし読み込みたいと思います。訳せればいいなあ。
デイリースポーツ!
姐さん、みなさん、こんにちわ。

既出ですがデイリースポーツさんの記事『分かりやすい採点方法をめざしてほしい…フィギュアスケートに提言』なかなか良い記事じゃないですか?!
記事の内容は皆様もあげて下さっていますが、メディアがこのような提言をするのは非常に大事です。本来メディアとは公平にかつ正確な情報を取り扱う立場にあるハズなんですけどね(; ´_ゝ`)
記者さんの氏名も載っていたので他の記事も探してみます!この記事に関してはグッジョブなので、これからもこの様な観点から記事を書いて下さい的な応援メッセージ送ろうかな…。
私もハガキやバナーの件でチーム公平に微力ながら参加いたします。
やふーの真央ちゃんに一票
姐様、皆様、お疲れ様です。

サマンサ様のやふー。私も一票入れて、FBコメント入れてきた!
多くの人が、真実を見始めてるコメント多数で嬉しくなる。
キムヨナ選手の良さを、自分の目で判断してる人のコメントってないのよね。
これは、明らかに真央ちゃんとの違い。

ちょっと、ヨナがかわいそうになっちゃった(もちろん共感不要^^;)

報告。
黒猫さんの本、近所になく。見せつけがてら、取り寄せてもらってます!!(広報活動!)
私の情報求むより、有益そうな方がいたので、私にできることをする!!(0.001くらいの力にしかなれないが)
はがき作戦で、ISUとIOCに送ります!(きれいな3Dカードとか見つけちゃった。よろこんでくれるといいな)
教えてもらったニコ動チェック(これからします~。)


ほんと素人で、自分で調べていく努力もあまりしてませんが(ごめんね。時間と体力が追い付かない(T_T))、みんなの力になりたい気持ちは本物です。
何かが変わる瞬間を見れるのを楽しみにしています。
みんなの健康を祈ります。
No title
どっちも買ってしまいましたので全文掲載しときます
(怒られたら削除してくださって構いません)

【「金妍児」復活だから始まった「浅田真央」バッシング】
(週刊新潮12月19日号)

韓国人は何かと日本人をライバル視すると言われる。その影響なのか、韓国メディアは日本人の記事を書くとなると偏向報道が目立つ。フィギュアスケートの金妍児復活で浅田真央バッシングが始まって・・・

来年2月のソチ五輪で浅田は金メダルを獲れるか。これは日本人の最大の関心事である。その前に立ちはだかる金妍児。彼女が12月6~8日(日本時間)クロアチアで行われた大会に出場したのだ。
ショートプログラムでは73.37点をたたき出し、韓国の『中央日報(12月7日)は
「いきなりシーズン最高点”女王・金妍児”」という見出しの記事を掲載した。
もっともその中身が少々問題で
「金妍児は当初今季のグランプリシリーズに出場する予定だったが、9月の右足の怪我のため不参加を決めた。リハビリに集中する間、フィギュア女子シングル部門のレベルは下方平準化傾向が目立った」と、金妍児不在でレベルが落ちたと言わんばかり。さらに極めつきは
「浅田真央がGP第1、4戦で続けて合計200点を超えたとはいえ、ジャンプでミスを連発『点数水増し』疑惑も浮上した」
浅田の採点に不正があったかのような物言いだ。

■悪意に満ちた報道

「韓国三大紙の中央日報がよくあんな恥ずかしい記事を書いたね」とあきれるのは日本スケート連盟関係者。
「現在の技術点の採点傾向は技術やプログラムの構成など一つ一つの要素を点数化する絶対評価になっています。ジャンプやステップなどそれぞれに厳格な基準が設けられているので、主観的な判断が入り込む余地はありません。芸術点も5つの採点基準に分かれ、厳密な審査が行われている」
採点を行う9人のジャッジのほか、技が成功したか否かを判断するテクニカルスタッフもいる。技の曖昧な判定もできないという。
「GPのような最高レベルの選手の出る大会ならば、なおさら審判の質は高い。ジャッジ最寄シビアになるのが常識。『点数水増し』はあり得ない話」(同)
フィギュア担当記者も言う。
 「米国で行われたGP第1戦の結果を報じた東亜日報など大手紙は浅田が尻餅をついた写真を掲載していました。この調子で悪意に満ちた報道が多いですね」
先のスケート連盟関係者の予想では「浅田はバンクーバー五輪のときよりはるかに進歩しています。一方金妍児はまだ本調子といえません。ソチで浅田が勝てる可能性はあると見ています」
浅田バッシングは韓国の常識。日本人にはうんざりである

(記事ここまで)


【浅田真央「ソチ五輪金」最大の障壁は金妍児“謎の高得点”】
(週刊文春12月19日号)

10月のスケートアメリカ、11月のNHK杯に続き、グランプリファイナルでも優勝した浅田真央。これで来年2月からのソチ五輪の代表権をほぼ手中にした。

一方最大のライバルである金妍児は今年3月の世界選手権を最後に右足の故障で今季は試合に出場できていなかった。漸くグランプリファイナルと同時期のクロアチアでの国際大会で優勝すると、熱狂手kな韓国人ファンが詰めかける中、浅田とほぼ同じスコアで優勝した。特にSPではジャンプの着地で手をついたのに今季最高得点をマーク。なぜ復帰直後にこのような高得点が出るのか。
フィギュア解説者の渡部絵美氏はこう語る。
「トリプルアクセルの次に点数の高いトリプルルッツを真央ちゃんは跳べない。これを金妍児は得意にしており、さらにジャンプにスピードや高さがあるため出来栄えが良いとされ加点が大きくついている」
この出来栄えによる加点についてスポーツ紙記者はこういう。
「金妍児は10年のバンクーバー五輪で228.56という驚異的なスコアで金メダルを獲りましたが、優勝した事はともかく『いくらなんでも点数が高すぎるのではないか』と思ったフィギュアファンも多かった。五輪に限らず金妍児は演技の構成点はそれほど高くないのに出来栄えの採点で1人だけ跳びぬけて加点され高得点になっていることが多い。それだけにあくまで事実関係は分かりませんがファンの間では『ジャッジを買収しているのでは』『国家ぐるみでのロビー活動の成果だ』などという声までネットを中心に上がっていた」
審判に関してあるスポーツライターはこんな指摘をする。
「金妍児が復帰する直前の11月26日『東亜日報』が韓国人で唯一ソチ五輪で女子シングルの審判を務めるコ・ソンヒ氏のインタビューを報じています。
コ氏は『基準となる高い技量の選手がいないため、今シーズンは高い点数をつける傾向がある。しかし金妍児が出場すれば変わるはずだ』と暗に真央を馬鹿にする発言をしたり、五輪本番で『金妍児と韓国選手が不利益を被らないよう構成に審判したい』と韓国人以外からは“韓国選手に肩入れする”と宣言しているように聞こえる発言をしている」
本当の意味で公正な審判を望むばかりだが、クロアチアで取材した報道関係者の目には金妍児の課題も映ったという。
「スタミナが足りないようで、フリーの終盤のステップでは疲れてスピードが落ちていました。演技後にはほんとうん苦しそうに身体を久野人曲げで居て出産明の安藤美姫と似ていましたね。また今季SPの衣装が濃い黄色なのですが『沢庵みたいだ』と自国民に不評なのもマイナス材料になるかもしれない(笑)
ファンの抗議デザイナーの会社のHPがダウンする事態も起きています」

真央は今度こそ悲願の金を獲れるか。

(掲載ここまで)


渡部絵美はゴルスピの演技は見てませんね。
ルッツについて言っているのは茶番シーズンTEBのものだと思います。
今のキンケンジのルッツは他選手と比較して突出して高いレベルではありません。
スピードもないし前傾姿勢は深くなってますし高さも飛距離もなく回転不足です。
彼女もまた糞ジャッジ同様五輪の印象に縛られている一人なのでしょうね。

それよりも取材した報道関係者の「今のキンケンジは出産明の安藤さんと同レベル」
発言のほうが興味深いです。
褒められた内容ではないですがコ・ソンヒやイ・ジヒの
「自国選手身贔屓採点宣言」を取り上げただけでもまあマシな内容だったのではないでしょうか
Re: 姐さん、ご注進!!!(マアムさんへ)
> おはようございます。本日発売の週刊文春の見出し「『浅田真央ソチ五輪金』最大の障壁はキム・ヨナ”謎の高得点”」と、週刊新潮「『キム・ヨナ』復活だから始まった『浅田真央』バッシング」という記事が掲載されます。後ほど買って、内容を確かめますが、両紙とも正確に書いてあって、評価できる(上から目線ですかね?)内容でしたら、お知らせしますので、皆様のGJ!コールを両紙に寄せていただきましょう。

マアムさんいつも情報早くていらっしゃる!ありがとうございます。
内容はさきほどmegumiさんが書き起こし投稿をしてくださいました。マアムさんのコメントとあわせて記事にさせていただきます。ありがとうございます!

> それと俺たち「公正」チームのお仕事と今までの「不正工作」の数々をいちいちチクルのは面倒ですので、黒猫本と姐さんのこのサイトを見て欲しい旨、また、先日のブーイング、バナー掲示の結果が姐さんへの「殺人予告」だったり、「あらし」だったり、都合が悪い輩が阻止し始めていることも言っちゃって良いでしょうか?何かが確実に動いてますね。

殺人予告は明日までに回答がなかったらさっくり通報ですwwわざわざ記事にしてあげずどんどん埋もれる記事への返信で回答要求ってなんて姐さん意地悪なんでしょう。殺害手順まで詳しく書いておいてふざけんなって話ですよ。
これは予告してきた人の別の方への私怨のようなので、バナー展開とは無関係です。ミキムチ大先生がらみでヒートアップしているみたいです。さーすがミキムチ大先生、いーいファンをお持ちで____

ブログをご覧になってお感じになられたことはマアムさんの感想としてどのように他に伝えていただいてもかまいません。特に拙ブログではなくても、黒猫さんと石ころさんをご紹介いただければと思います。
こんなウザい文体の色物ブログで果たしてどのくらい伝わるのかwwwそれはそれで面白いですw

引き続きよろしくお願い致します。
オールナイトニッポン
姐さま、皆様、こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。

昨日、上ではっさくさんが情報を貼って下さった『オールナイトニッポン』にメールを送ってみたところ、1部ですが番組で読み上げてもらえました!メールにはジャッジの判定、採点についての疑問を書き送りました。楽しくフギュアを語る番組でこの内容は取り扱ってもらえないだろうけど、メールをチェックする何人かの目に留まればそれでもいいと思っていたのですが、フィギュアスケートにおけるジャッジングへの不信感については避けては通れないほど多数のメールが届いていたのではと想像します。

今日のデイリースッポーツの記事や、相変わらず空ふかしではありますが新潮、文春の見出し。皆さんのおっしゃる通り、何か風向きが変わってきたのを私も感じます!

さて、番組の内容を少し。
上記のジャッジについての質問には、「回転不足を取られたジャンプを後でチェックすると回っていることがある」「判断は3人でやっているので独断ではない」「批判があるのは分かっているが、いきなりDGという判定からURという判定が加わって高難度ジャンプが跳びやすい環境になってきている。内部でも努力している」などとテケ先生は答えてくださいました。

パーソナリティーの小島慶子さんが「採点競技だからね」「採点競技にかかわらず体操でも柔道でも誤審はある」というような発言をされたのは、答えにくい質問へのフォローだったのかもしれませんが、一般的にはまだそのような認識なのでしょうね。フィギュアがお好きなようなので残念ではありました。

もう一つ。
同じく小島慶子さんからの「真央ちゃんはソチで金メダルが取れますか?」との問いに、テケ先生ははっきりと「取れると思います」と答えてました!続けての「どうしてそう思うか?」の問いには「いや、僕は真央を応援しているから…」とお茶を濁していましたがw。

その後、例によって(ファンはうんざりの)真央ちゃんとキンケンジを絡めた話題になったのですが、「二人の特徴、違いは?」と問われて、テケ先生は答えに窮したようにほぼ沈黙でした。ミッツさんが「赤か青かってどちらがどちらってはっきり分けられるもんではない」などと、助け舟を出しましたが沈没してましたねw。

あの沈黙は何よりも雄弁でした。何かストロングポイントがあれば、一つ二つ褒めることも、比較することも可能でしょうが、今や何もないキンケンジについて語ることはなく、比較するまでもない。そんな気持ちが伝わってきました。物証はないけど、ウリの心証では確かニダ。

真央ちゃんに話題になったとき、しみじみと「ブレなかったね…」と言ったミッツさんにも、この人も分かっている人かも…とちょっと思いました。

解説やコーチなど、フィギュアに携わる方々は、公の場でジャッジや特定の選手についての批判はもちろん、応援も規制されているようですがテケ先生の、「(真央ちゃんが金メダルを)取れると思います!」の言葉が力強く嬉しかったです。

番組にメールを送る際、本来なら大本である協会に問うべき問題を、たまたま番組に出演するというだけで個人にぶつけていいのかと少しばかり葛藤しました。しかし、もう一方で、少ないチャンスでも無駄にすべきではないもと思いました。また、以前にどなたかも書いていらっしゃいましたが、今のスケート界が抱える問題は、スケートに関わる末端に至るまで責任があるとも思うのです。今の状況に危機を感じてほしい。そして、是非ともスケートに対する愛と矜持を見せていただきたい。

これは私たちにも問われることですね。
皆様の活躍から何周も周回遅れですが、私も微力ながら地の塩の一粒になりたいと思います。

長々と失礼いたしました。
文末になりましたが、姐さま、このように集う場を作って下さってありがとうございます。姐さまの言葉、皆様の活躍が励みであり癒しになります。


追記
ラジオの内容についての細かい表現は上の通りではありません。ニッポン放送のpod castに昨夜のものが収録されていればお聴きになることができると思います。

megumi様 新潮、文春の記事のアップありがとうございます。
内容はいつものクオリティwですが、このような話題が多くの人の目に触れることはいいですね。かつて私が抱いていたような疑惑の種が芽吹くきっかけになるかもしれません。

4年前は様々なメディアの印象操作にやられましたが、今回は別の結果を。やられたらやり返すではなく、正しいものが正しい場所に納まるように。




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
NHKスペシャル
皆さま、こんばんは。

まだま~だ先なのですが、いいでしょうか?
来年1月26日(日)午後9時から「金メダルへの挑戦・最後の闘い」で浅田真央選手の特集をやるそうです。
密着取材でアクセルの進化についての分析だそうです。
バンクーバー前にもNHKで浅田選手の特集を放送していましたが、「鐘」のステップと某のショートのステップンの比較をしていて意味不明だったのですが、そのときに某のパッチンバキューンを見どころとやっていたような・・・浅田選手はステップの入りのツイヅルが非常に難しいとか休むところがないとやっていたような記憶があります。
そのとき、タラソワが「仮面」の演技を見ながら、「真央、あなたは強い」と涙している場面がありましたよね。こちらもうるうるしてました。
3アクセルは某はまーったく無関係なので、良い番組になるといいなと思います。
コストナーさん…
姐さん、みなさん、おはこんばんちは!

ソチで真央ちゃん(ゴールド)とともにメダル予定のコストナ-さん(願望)が
イタリアの国内選手権を体調のため棄権する、とのプレスリリースが出ていました。
ニュースソースは、コストナ-さんのfacebookです。

https://www.facebook.com/carolinakostner
プレスリリース(ローマ12月2013分の12 ) :カロリーナは12月19〜21日ミラノで開催予定のイタリア選手権には参加しない。イタリアチャンピオンである彼女は現在、この秋のグランプリシリーズへの派遣後の身体上の問題の再発と闘っている。イタリア選手権は彼女の今シーズンのスケジュールに含まれていたのだが、この身体上の問題のため、コストナーはイタリア選手権に参加できないでいる。「Blue Flames」のオフィシャルと相談し、カロリーナはミラノ開催のイタリア選手権の棄権を決めた。彼女は出身地で開催されるこの重要な競技会に参加できないことを残念に思っているとのことだ。
この決定は、ソチオリンピックへの準備にも関係してくることは確かだ。コストナーの体調に関わらず、彼女は「Blue Flames」の他の選手とともに、CONESがローマで12月18日に開催のイタリアのオリンピックチームを紹介するイベントに参加する予定だ。ローマ滞在中にはコストナーは現状の健康状態を確認する検査を受けるとのこと。

一刻も早く、良くなられますように…。
3回目の正直のソチ。ベストコンディションで臨めますように…。

コストナーさんファンの皆様、出来ましたら、コスさんfacebookやツイッターでお見舞いの言葉をお願いします。

【お見舞いの言葉集】  ※よろしければご自由にお使いください。
Take care, Carolina!   お大事に。
Take good care of you.    ご自愛ください。
I hope you will feel better soon.  早く良くなりますように。
Wishing you a speedy recovery form your physical problems.   早く体調が良くなりますように。
We are wishing you a speedy recovery.  早く良くなりますように。

あきお!あきお!
ユニバーシアード冬季大会!
愛されスケーターの佐々木彰生さんが、銅メダルです!
やった、あきお!あきお!
ちなみに、中国のナンソンくんが優勝です! 銀メダルは私には読めないロシアの若者。
http://www.isuresults.com/results/wu2013/CAT001RS.HTM

Youtubu動画様には、すでに動画が紹介されていました。
神業…。http://skating.livedoor.biz/archives/51870538.html
キム·ヨナの演技、審判たちも見ること自体が光栄
またこんな記事が出てきました

【キム·ヨナの演技、審判たちも見ること自体が光栄 】

洗練された黒のドレスを着た彼女が氷の上で演技を開始する。
タンゴ音楽に合わせて動く彼女の身振りは、時には切なく、時には取り返しがつかないほど激情的だ。

9ヶ月ぶりに実戦に復帰したキム·ヨナのフリースケートプログラムは「アディオス・ノニーノ」。
父を亡くした後、失意の作曲家ピアソラが作品の中に埋め込もうとしていた
切なくてどっしりとした感性を豊かに表現しました。

キム·ヨナの今回のプログラムは完璧に近いという評価を受けている。
キム·ヨナでなければ消化できないほどの構成が豊富で充実している。
作品の中でジャンプして、いくつかのステップを休む隙間なしで接続するために、
ジャンプとスピンの間に手振り一つスピンとステップの間の表情一つは、
水が流れるようにつながり、感動を与える。

キム·ヨナの演技構成点は従って競争相手を圧倒する。
キム·ヨナは五輪シーズンのデビュー戦である「ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」の大会フリースケーティングで71.25点という驚異的なPCS評価を受けた。
今年の初め、世界選手権大会で受けた73.61点、
2010年バンクーバー冬季オリンピックで受けた71.76点に続き、3度目の評価だ。
芸術点を構成する5つの詳細項目ですべて8点台後半の高得点を受け、
特に演技力/実行、振り付け/構成、曲の解釈の3つの項目では、いくつかの審判が満点に近い9.5点を与えた。

ショートプログラムにも賛辞があふれた。 キム·ヨナは同大会SP[悲しみのクラウン」に合わせて
美しい演技を披露しPCS35点を受けた。PCS,技術点を合わせて総点73.37点を記録し、
今季女子シングル最高点を一気に更新した。
穏やかに流れる音楽に目立つポイント振り付けもなかった一貫性のある切なさの中に
起伏のない表情演技と感情の流れだけで高い評価を受けた。

キム·ヨナの芸術性についてSBS部屋象牙解説委員は、このように評価した。
「キム·ヨナが他の選手たちとは次元の違う演技を見せてくれるのが
キム·ヨナ選手だけが持っている最大のメリットだと見ることができる。」
こんなコメントもした。
「4分のキム·ヨナ選手は指先一つつま先一つですべてのストーリーが表現できる。
そのため、キム·ヨナ選手の演技に感動を受けることになる。 」
次元の違う演技とストーリーがある演技。 キム·ヨナ選手の優れた芸術性を正確に表現する言葉ではないかと思う。

キム·ヨナの豊かな表現力には、審判たちも意見の相違がない。
大会期間現場での試合を見守ったコ・ソンヒフィギュア国際審判は、
フリースケーティング演技直後、「表情や動作がキム·ヨナ選手の色がついて出てくるようで
審判たちもとてもキム·ヨナ選手の演技を見ること、審判もキムヨナの演技を見ること自体が光栄に考えるという話をした」と伝えた。
審判がキム·ヨナにどのように心を奪われたのか十分にうかがうことができるところだ。

まだ体調は100%回復していない状態でも、キム·ヨナは新記録と多くの話題を作り出して五輪シーズンデビューを成功で終えた。 2カ月後のソチ五輪ではまた、いくつかの芸術の感動をプレゼントするキム·ヨナ、彼女のタ​​ンゴが待たれるところだ。

http://news.nate.com/view/20131213n06795?mid=n1007

茶番のときもワールドのときも糞ジャッジどもは同じような発言をしてました(ソースどっかいってしまいましたが)
この発言は常にキンケンジだけを特別視して他の選手とは公正な目で見ていないということ
コ・ソンヒとキンケンジびいきな糞ジャッジどもを永久追放したいです
情報というほどではないですが
皆様こんにちは!
姐様、いつも更新ありがとうございます。更新のし過ぎで腕や指がお疲れではないですか?無理はされませんように(祈)。

先ほど、ズンコさんなどTVでコメントされる方向けに「FIAR JUDGMENT~」ハガキを投函した帰り本屋に寄ったら「フィギュアスケート ファンブック!」(宝島社)というムックが発売されてました。

ざっと注目選手紹介があり、灰色というより真っ黒女王ケンジが見開き2頁だったり、ミキムチが1頁なのに佳菜子ちゃんと知子ちゃんが2人で1頁などおかしい点は多々あれど、ペアやダンスの選手紹介もあり、駅長さんや林さんたち、メリル姫と子犬も載っており満足でした。ちなみに真央ちゃん、高橋くん6頁、羽生くん4頁、あっこちゃん2頁(少なくね?)でした。

ジャンプの難易度やその基礎点、プロトコルの見方も簡単に載っていてそこはよかった(NHK杯の真央ちゃんのSPを例にとり用語等の説明も)。過去のプロトコルと演技動画を見比べて勉強しよう!とやる気がむくむくとしてきました。

プロが解説とのことで稔、ズンコさん、生島淳さんのインタあり。
<稔>
男子は「連盟理事だから」日本選手は予想は言えない。海外有力選手をサラッとおさらい。Pチャンは3A決まったら怖いけど国からのプレッシャーとの戦い。ケヴィンの4回転は高さがないと。フェルナンデスは「まだ本気見せてないだけ」(←堤真一かよ!)だそうです。
女子は「ケンジのジャンプは『すげぇ!』」とわざわざ小見出しになってます。ジャンプの質を褒めて、何も知らない読者への刷り込み実施中ですね。
真央ちゃんの3Aについて「そもそもSPに入れていいのか」と意味不明な疑問を呈してます。茶番までは2Aまでしか入れらなかったのが入れられるようになったのは真央一人のためのルールで、これ以上基礎点を挙げるルール変更をするには日本だけでは無理だから、という理由なんですが、意味不明、おかしくない?(というか今更ルール変更できないし)現役で彼女しかできない技ならそれを入れて戦うのは当たり前じゃないですか。技術向上はどうでもいいと言ってんのかしら?
あと、ワグナー、GG推しとミキムチさんは本当はすごいし、女性特にお子さん持ちの方が応援してるとageてます。
森泉さん植松晃士さんとの座談会もありますが(いらね!)、そこでもケンジの007に言及したり、ケンジを忘れないでキャンペーンに乗っかりすぎ!

<ズンコさん>
そつのないコメント。
ケンジは今シーズンの演技を見てないからわからない。真央ちゃんは進化しており、それがきっちりPCSに反映されている。

<生島さん>
全体的に「はい、そうですね」という内容。「3Aはもっと正当に評価されるべき」「見て感動するのは、限界に挑戦する姿なんです。浅田は本物のアスリートですよね」なんてその通り!山田くーん、座布団100枚!!!
しかし、シーズン開始からの積み重ねが大事、通しての安定した成績を残しジャッジにアピールすることが必要でそれが勝敗を左右する、との主張の生島さんが浅田とケンジの勝負になるだろうと言うのがワケわかめ。ケンジより他に同じ土俵に上がるべき選手がいるじゃないの。

あと衣装やメイクをプロがチェックし各賞をつけてますが、そこで「ミキムチとケンジを忘れないでキャンペーン」してました。

駄文かつ長文ですいません。まだじっくり読んでないのでこのあと読んできます。
自分が周りに配るなら「プロトコルの見方とかは参考になるけど、稔は信じないでね」と伝えると思います。

スケ連と言えば、今日さくっと電話がつながりました。全日本前にまた電話しとこうと思います。
Re:情報というほどではないですが
>「フィギュアスケート ファンブック!」(宝島社)というムックが発売されてました。

10月くらいに宝島社から岡崎真さんに取材依頼があったと某所で見かけたけど、この本の事でしょうかね。
本屋さんで探してみよう。 椿大吉様、情報ありがとうございます。

(追記)
>「フィギュアスケート ファンブック!」(宝島社)というムックが発売されてました。

この一文に脊髄反射してコメント書いてから、後でもう一度椿大吉様のコメントをよく読んだら…

佐野稔は完全に頭がおかしいとしか思えない。人格疑うレベルです。
こんなのが日本のスケート連盟の理事って事で、スケ連のレベルもこんなもんっていうのがよくわかります。はらわた煮えくりかえるわー(怒)
えええ稔最低
>椿大吉様
お疲れさまです
詳細なレポありがとうございました

でもってええええええええ
>「そもそもSPに入れていいのか」
あのおっさんは何言ってるの本当に意味がわからない…
マジで頭がおかしいし理事の癖に自ら自国のエース級の選手に不利になること言ったらだめでしょ
ジャッジングに影響するかもしれないのに
動揺してへんな言葉づかいになっちゃったみません
佐野稔・・・
>そもそもSPに入れていいのか
>真央一人のためのルール

は?!何言ってるの?という感じです・・意味が分かりません。
もうここまで来ると感情で言ってるとしか・・

私も今日はさくっとスケ連に電話つながりました。
今回ばかりは
佐野さんはスケ連の理事ですよね。

どうして最後のシーズンぐらい気持ちよく送り出してくれないのですか?
色々しがらみがあったとしても“がんばれ”くらい言えるでしょ?
もう、男子の事だけ語って下さい。
こんな発言を軽々しくする理事がいるスケ連は一度解体されてもいいのでは?
No title
椿大吉さま、レポありがとうございました


3Aはトゥクタミが跳べてたんですけどね。

茶番シーズンではローカル大会で3Aを跳び、
ミーシンコーチが「浅田よりいい質のジャンプを跳んだ」と凄いアピールしてました

2011年ジュニアワールドで2位だったリーザが
翌年ジュニアワールドをスキップしたのは
「シニアに上がって4分に増える演技時間を
演じ切る体力をつけることとプロに3Aを入れるためだ」
ともミーシンはコメントしていたはずです

結果的には8月のひざの故障で結局とん挫してしまいましたが。

女子のSPに3Aが採用されたのは
浅田選手のほかに3Aを跳ぶ選手が出てくることを見越してのものだったと思いますよ

今季GGが3Aと4Sに、レオノワが3Aと4T、
日本では本郷梨華選手と宮原選手が3Aを習得する意向がある
という報道がありました

トゥクタミが跳べなくなって今は結果的に浅田選手1人となってしまいましたが
大技に挑戦しようという選手が増えてきたというのは
浅田選手の努力は着実に実を結んでいると思います

大技は女子に関しては「15歳までに習得できなければもう不可能」
という通説があるので彼らが実際にプロに入れるまでに習得できるかわかりかねますが
25歳でセカンド3Tを手に入れた鈴木明子選手もいます
自身に限界を置かずに正しい練習方法で根気よく取り組んでいけば
いつか通説を覆して二十歳になっても習得できる選手が出てくるのではないかと思います

女子シングルが現状でとどまるのか、スポーツとして進化していくのは
次の世代の選手たちの努力次第。
私はGGらに期待したいです
稔の女子についてのインタ内容
稔の女子についてのインタ内容

部分のみ書き起こします。
====================================================
(小見出し)キム・ヨナのジャンプは「すげぇ!」

女子は浅田真央ちゃんが筆頭にくるんだろうけど、やっぱりキム・ヨナの存在がいちばん怖いところでしょうね。バンクーバーの再現になるような気がしますね。4年経っても間に誰も入ってこないというのは、それだけ二人が傑出しているってことなんでしょうね。
今シーズン、キム・ヨナはグランプリシリーズを欠場したでしょ?足にトラブルということだけど、12月に出る予定の大会では3回転の連続ジャンプをポン、ポン、と跳ぶだろうね。その時にグランプリシリーズでほかの選手が出した得点の上を行こうと思っているんでしょうけど、さあ、どうなるか。「キム・ヨナのすごいところは、ジャンプの質がいいんです。ジャンプの高さと幅と、跳んだあとの流れ。」これがどれも、とんでもなくすごいんですよ。GOE(出来栄え点)がつきすぎだと批判する人もいるけれど、僕は妥当だと思う。演技をじかに見たら、きっと「すげぇ!」って思いますよ。
真央ちゃんのトリプルアクセルは、誰も跳べないジャンプを跳んだからもっと点数をつけろ、っていう声があります。でも、そもそもトリプルアクセルをショートプログラムに入れていいのか。そこだと思う。バンクーバー五輪シーズンの前までは、女子がショートに入れていいのはダブルアクセルまで。基礎点の高いトリプルアクセルを入れていいと認められただけでも、真央ちゃんには大きなプラスになっていると思うんです。だって誰も跳べないんだから。今のところは真央ちゃん一人のためのルールなんですよ。ほかにトリプルアクセルを跳ぶ選手が出てきたら、もっと高い点数がつくようになるかもしれない。どんな小さな国でも1票を持っていて、ルール変更は投票で決まるんです。1票しかない日本が真央ちゃんのためだけにトリプルアクセルの点を上げようと思っても、太刀打ちできないというのが現状じゃないかと思うんですよね。
女子で二人に続くのは誰かという話になると、僕はもう、コストナーじゃないと思うね。安定した点数はでるけど、高いところまではこないでしょ「それよりもむしろ、ワグナーがおもしろいかもしれない。怖いのは、ソトニコワとかリプニツカヤとかの地元組ですよ。すごくポテンシャルが高いから、強いですよ。」
あとはアメリカのグレイシー・ゴールドか。僕は好きですよ。かわいいだけじゃなくて、彼女のジャンプ力はすごいからね。でも、まだ若いし、むしろこれから伸びてくると思う。
今は全盛期の勢いがないけど、本当は安藤もすごくいいんです。だって4回転を跳んでいたんだよ。今、女性の応援の声がすごく安藤さんに集まっていますよね。とくに子を持つ母親たちから。自分が出産したときの体調を考えると、「こんなことできるの?」って驚異なんだと思う。それで温かい目で見守っている人が多いような気がします。
====================================================
~抜粋ここまで
「キム・ヨナのすごいところは、ジャンプの質がいいんです。ジャンプの高さと幅と、跳んだあとの流れ。」
「それよりもむしろ、ワグナーがおもしろいかもしれない。怖いのは、ソトニコワとかリプニツカヤとかの地元組ですよ。すごくポテンシャルが高いから、強いですよ。」
上記の部分はご丁寧に赤帯に白抜き文字で強調されています。

稔のインタ読んでムッカーとなってさっきコメ入れちゃったんですけど、読めば読むほどわけわかめ。「ほかにトリプルアクセルを跳ぶ選手が出てきたら、もっと高い点数がつくようになるかもしれない。」ってなんで?希少性のある技だから高い点がつくんじゃないの?ほかにっていうならみんなが跳べる2回転のトゥループとかサルコーとかが高い点なのかよ!!!って怒りでワナワナ震えてます。(汚い言葉づかい多くてゴメンナサイ!)
真央ちゃん一人のために投票権は使いたくない、というのは伝わりました。

>もんさま
そうです!岡崎真さん(国内で6人しかいないISUテクニカルスペシャリストと紹介あり)が顔写真つきでお答えくださってます。これ読んで勉強しますわ~。

>megumiさま
解説してくださってありがとうございます。リーザちゃんの件は知りませんでした。技術の扉を開けてくれたみどりさん以降のスケーターの努力を踏みにじられたようで悔しいです。

よかった、怒ってるの私だけじゃないんだって安心しました。ってでもこれが通るのは困るのよ、稔め~。(怒)
No title
この記事を読んで思い出しました。
別記事でちょっと話題になっている「こだわり、、、」の主さんが稔と同じことを言っていたんです。今は真央ちゃんしか跳べないジャンプだから真央ちゃんの為のルールだ、、、みたいなことを書いてあって「へっ?」と思いました。スポーツで上を目指して努力する事を否定するような書き方で、それまでは技術に関しても結構細かいことを書いていたりして鋭い見方のいいブログだと思っていたのが、見方が変わりました。
高校生の体操選手白井君が、白井君にしかできない技を成功させて高得点を得ることがずるいことだとでも言うのでしょうか。
ブログは個人の思いや考えを書き綴るものですから、どう書こうがその人の自由だし、見なければいいだけですが、稔のこの発言はひじょ~に問題だと思います。全日本の会場に来ていたら、「引っ込め!」と叫びたいです。
No title
すいません、上の「記事」とは稔のインタビューのことです。
紛らわしい書き方をしてしまいました。
No title
稔はキンケンジのどのジャンプを見て『すげえ!』と感じたのでしょうか。

私も絶好調期の2009年GPFのときですらナマで見ましたが
「コレのどこが『すげぇ!』なん?」でした
スタンド席でしたがそんな言われるほどスピードは無いし、上から見てるとグリ降りはっきり分かるし
その後のジャンプのまあ迫力の無いこと!
プロもただ何となく流しているようでしたし何も感じませんでした

それからゴルスピを見て思ったんですがリンクの使い方小さくなってないですか?
3Lz-3Tや3Fを降りた時、あれ?こんなにフェンスとの間が広かったかしらと思ったんですが

それから浅田選手に続く3A習得見込みのある選手についてですが・・・

ワグナーのジャンプはやや低空飛行で着氷でトウが先について
トレースが『て』のようになることが多いですし
フリーレッグをほどくときにトウ先が擦ってしまってます。
正直なところ認定を受けたGPFのSPに関しても回りきっているとは言い難いです

フリーレッグが擦るのは浅田選手は3Aくらいのものですが
ワグナーの3回転ジャンプに関してはほとんどフリーレッグが擦ってます
踏切前、直後の繋ぎを考慮しても±0~+1評価の間が妥当ではないでしょうか
ワグナーでは3Aは難しいと思います。本人は意欲あるみたいですが

見込みがあるのはソトニコワ、GGだと思います。
ソト子は3Fがなかなか安定せず確率2分の1なのが惜しいですが
安定すればエラー持ちのルッツよりフリップにセカンド3Loをつけられるんじゃないかと思います
ソトニコワもGGもスピードを生かしたダイナミックなジャンプを跳べるので
習得も可能ではないかと思います。
2人に頑張って習得してほしいな~


佐野発言の気になる点
1:真央選手の回転不足については、えらく具体的。また、メンショフのコーチとも共通した、真央イコール回転不足という見解であること。これは3Aとセカンドのループのこを言ってる(これは伊藤みどりさんも指摘)わけですが、それを言うなら、女子のジャンプはほとんど回転不足になってしまいます。
2:一方、くそーんのジャンプを絶賛してる割に「質がいい」というだけで全く具体性に欠ける(杉田発言も同じ)上、踏み切り違反のフリップにはmお咎めなしなのはいかにも不可解。
3:たとえルッツの質が高いとしても、それと演技構成点は別物のはず。ルッツよけりゃ全て良し的な暴論に思える。佐野も杉田も有権者を甘く見てる政治屋にみえるのは自分だけ? ただ、茶番の時と真央選手の弱点指摘がより強引になってるのう。
ファンブック
http://tkj.jp/book/?cd=12831301
稔のコメント部分はありませんが“中身を見る”の所をクリックしたら真央ちゃんのページが少し見れますよ。ウリの嫁(一度言ってみたかった☆)超かわいいニダ。
SOSHI!!!!
ちびうさ様、一度であろうと阻止!!!!
嫁は無慈悲に阻止!!!!
でも巻きますのページご紹介ありがとうごじゃいますなんです♬♬♬
表紙のお写真ゾラ美しさ_____

ちびうさ様のHNが目に留まると、うさぎちゃん→マオザイチカに脳内変換されてドキっとします。
愛する巻きますを連想させるので。
愛するは阻止なしでおねがいしまスミダ。
No title
>ちびうささん

ご紹介乙です!
わ~ウリの嫁の真央ちゃん可愛い~! 綺麗な写真ばっかり!
と思って購入しようとしたら右下に故・安藤美姫さん… そして表紙にこっそりキムチ…
いやや! わいはかなちゃんやあっこちゃんやさとこちゃんには金を払うけどこの二人はいらんのや!
大ちゃんにも小塚にも殿にも羽生くんにも無い金を出すけどこの二人にだけは嫌や!
特にキムチはゲロ吐く勢い! と悔し涙を流しました…
何故表紙に入れた!!!
青嶋ひろの、腹立つー!!!
姐さん、皆様こんにちは。
石ころさんのブログでご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、フリーライター青嶋ひろの、やってくれましたね。。。
朝日新聞デジタルの記事『浅田真央がトリプルアクセルに固執する理由(上)ー完成形としてのSP「ノクターン」』と題して、とんでもねぇ駄文載載せてます。

非常に無根拠で、客観性に乏しく、スポーツを恋愛スタイルにこじつけ、技術的な解説もないくだらない記事です。

ちょっと、アタマがお花畑なの??なんなの??

読んでると怒りで我を忘れるレベル。姐さん、私に光玉と蟲笛の用意をお願いします。
同感です
森野きの子さまが、↑でコメントしてくださった
朝日新聞デジタルの記事『浅田真央がトリプルアクセルに固執する理由(上)――完成形としてのSP「ノクターン」 青嶋ひろの(フリーライター)2013年12月14日』

酷過ぎます。怒りを通り過ぎて、情けなく泣けてきます。
どこまで真央ちゃんのこと、そして真央ちゃんを応援している人のことを、バカにすれば気が済むんですか!真央ちゃんのお母さんのことまで持ち出すなんて

この記事におかしい、NOっていわなきゃ、認めたことになるんですよね
絶対、認められない!




Re:青嶋ひろの、腹立つー!!!
この糞駄文、有料コンテンツ(月¥735)ですよね。 誰が読むんだってのww

何より頭に来るのが、この駄文に真央ちゃんのお母様を絡めている事。
確か、浅田陣営に取材拒否されてるとか某所で見たような?
そんなレベルの奴にお母様の事を語って欲しくないです。(怒)
しかも、タイトル「浅田真央がトリプルアクセルに固執する理由~」って、毎度毎度青嶋の駄文は悪意丸出しにも程があるでしょうよ。

佐野稔といい、荒川静香(今回の新刊の内容のせいで、今まで多少なりとも彼女に対して持っていた尊敬の念が完全に無くなってしまいました)といい、どいつもこいつもキムチage真央sageしまくりだし。
自国の後輩選手を散々ないがしろにしてまでも自分達を守りたい理由って何なのかしら?
本当に頭にくるし、心から軽蔑します。

まぁ、どっちにしろ今シーズン終わってトップ選手達が引退したら、需要も無くなって二度と見る事の無い人達だけど。
(荒川静香だけは「あの人は今」くらいは出れるかもね___)
寒国面に堕ちた稔
自国選手のこの異様な足の引っ張りよう、かの国で日本の子供たちを1発殴るにつきいくら貰ってたんでしょうね。務めて冷静にこいつの発言を読み返ししてみたんだが、スケートのこと抜きにすると、自分の女の好みをほざいてるだけってきがついた。ますゴミででかい面してるエロオヤジ(テリーにおヅラにラサールに岩佐)はみんな結局はそういう次元でしかフィギュアスケート女子ハングルを見てない。金と地位とエロに目が眩んだやつらにちって、真央選手はオノレの醜悪さを映し出してしまう鏡のような存在。だから敵視してしまうのだおうな。まさに下衆の極み、鬼畜の所業だ。
アサヒ新聞だったのか
ひろの駄文、石ころさんのところで見かけて、
どこに掲載されたのかと思った、アサヒですか。なるほどね。
アサヒとなると確信犯ですね。ひろのを起用した時点で、記事のねらいは明らかです。

だからといって、何もせずにすますわけにはいきませんが。

ここ数ヶ月、ひろのはミキムチにくっついて、あらゆる雑誌にミキムチインタビューを売り込み、ご用記者状態で荒稼ぎしていましたね。
今度はキムチ上げ工作ですか。

フィギュアスケートの世界って、これほど筆力も取材力もないライターが、これほど重用されているのが、
ものすごく不思議です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Afterソチ/ スイスのGala(アイスショー)情報♪
お姐さま&皆様、乙乙です♪

ドイツのフィギュアスケート雑誌Pirouettに、スイスのArt On Iceの情報が紹介されてました。
http://www.artonice.com/de/shows/
現在、アサインが決まっているのが~
ランビ、サラ・マイアー、カート禿、ロシェ兄、アモ、村山&林組、駅長さん's、ぺシャブル
※赤字は現役選手です

このArt On Iceツアー、2/27~3/13の間にスイス3箇所・北欧ヘルシンキ&ストックホルムを回るらしい
ですが、2/22のソチ五輪EXが終わった後すぐ→最後のストックホルム公演のあと
3/26から日本で世選のスケジュールとけっこうキツクないのでしょうかー?できれば日本にも来て欲しいですね。

余談ですが、バトル先生が今日・明日のアイスガラ出演のため来独中♪
http://www.eisshow.de/?id=695

年末開催のアイスガラでは、ゆきなはん・エマが昨年に続きミスターサンシャインと共演のためドイツにお越しとのこと。オーバースドルフにはクーリック公も出演するみたいですね♪
(カロ、オーバーストドルフのガラ、どうするのだろう?)
http://www.charivari.com/aktionen/charivari-eisgala.html
http://www.oberstdorf.de/erlebnis/veranstaltungen/eisgala-2013.html
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
過去にヒントを求めてみる
お姐さんこんにちは。
以前、スコット・ハミルトンの出演していたNBCの番組について投稿させていただきました。

お姐さんが全員サッカーだと繰り返しおっしゃってくださるので、私も集められた情報を整理してみました。2chの法則スレ好きの視点ですが、皆さんで共有できたらもっといろいろな補完情報が集まるかもしれません。あと、どこかに事実誤認があればご指摘いただけると幸いです。
茶番前に(主にハミルトン周りに)何が起こっていたか。旧い話を今更なのですが、時系列はこんな様子です。

2008年9月15日 米大統領選のさ中、リーマンショックによる経済危機 → 2016年シカゴオリンピック招致に暗雲。(東京も立候補していましたよね。そして韓国はヒラマサ招致活動をスタートさせている。シカゴ周辺から反日の声がよく聞こえてくる理由の一つかもしれません)自動車産業の不振により、慢性的に衰退していたミシガン、オハイオ両州も瀕死の状態、80年代の貿易摩擦のころから、自動車産業従事者の多い五大湖周辺地域には、反日の土壌が十分

2008年12月 2008-2009GPF開催、韓国 高陽市。地元ageを持ってしても真央に勝てなかったキムチ

2009年1月18日-25日 2009全米選手権開催、オハイオ州クリーブランド。同州トリード都市圏出身のアリッサ・シズニーが全米女王に

1月20日 オバマ(イリノイ州シカゴ選出)大統領就任式
(1月22日 韓国 国家ブランド委員会設立←注目!!)

2月4日-6日 2009四大陸選手権開催、カナダ バンクーバー。キムチ優勝

(3月14日 韓国 日本人選手による妨害騒動を報道)

3月27日-28日 2009世界選手権開催、カリフォルニア州ロサンゼルス。キムチ優勝



2008年、ハミルトンの母校BGSU(ボーリンググリーン州立大学・オハイオ州)で施設の改修計画が発表されています。バスケ・バレー専用体育館は改修決定。ホッケー・フィギュア専用のアイスアリーナは改修資金の目途が立たず、保留。
ハミルトンは再建計画の座長。アリッサ・シズニーが在学中、同じく計画会議に名前がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Bowling_Green_State_University
http://www.bgsu.edu/offices/alumni/give/page72216.html


2009年1月、クリーブランドにて全米選手権、アリッサ地元の大声援の中、全米女王に。(2位のフラットや3位のジャンのフリーと続けてみれば、少し観客が異様な試合でした。素敵なアリッサはデトロイト拠点でボイタノに師事、当時は何も考えずに地元開催よかったね、おめでとうと思っていました。好きな選手だから)
2月、バンクーバー四大陸、3月のロス世選ではアリッサ振るわず、9位、11位に終わる。三大会のNBC解説はハミルトン。

時を同じくして、3月、ハミルトンはNBCのリアリティーショー「アプレンティス8」に出演。クリーブランドクリニック財団(クリーブランドクリニックは言わばアメリカの徳洲会、2004年にハミルトンの良性脳腫瘍を発見した病院)への資金獲得を目的としていたが第二タスクで脱落。(3月8日放送回)※番組wikiには10月から11月撮影とある。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Apprentice_(U.S._season_8)

その後ファイナルに登場してアイスアリーナ建設・運営の目途が立ったと言及。番組ホストである
ドナルド・トランプの支援にも感謝していると発言。(5月10日放送回)※LIVE放送?
※番組での資金調達先のクリーブランド財団への支援ではなく若いアスリートへの支援を取り付けたことについて言及した。←ここにずっと引っ掛かりを感じていたので、掘り返してみました。
(動画の7:00~)
https://www.youtube.com/watch?v=-7Nu60nIZKc&list=PLD0E4735573D35818

ここで語られた支援が、その後の報道からボーリンググリーン州立大のリンクなのだろうだろうと
推測します。全米女王を得て、BGSUアイスアリーナは、資金調達がしやすくなったはず。

続きです
2009年11月7日 スコットケア財団 
http://scottcares.org/Events/2009IceShow.aspx

“スコット・ハミルトンと仲間たちの夕べ”
クリーブランドで開催。クリーブランドクリニック財団パイオニア基金が主催。癌研究のためのチャリティーショー、クリスティ・ヤマグチ、バトルら出演。


12月17日BGSU ニュースサイト
http://www.bgsu.edu/offices/mc/news/2009/news75583.html

12月18日トリード「ブレード」紙
http://www.toledoblade.com/BGSU/2009/12/18/Scott-Hamilton-to-fund-scholarship-at-BGSU.html

“BGSUに栄光を取り戻す「Bring Back the Glory」 キャンペーンの名誉会長スコット・ハミルトンが、パイオニア基金とともにBGSUアイスアリーナへ50万ドルの支援をする”
キャンペーンはホッケー選手(フィギュア選手とは言わない)のための奨学金プランで、彼と彼の支持者は合計500万ドルの資金を得ようとしている。
国と大学から400万ドル調達、うち250万ドルでアリーナの改修を行う。
オハイオ州議会から150万ドル調達。
※12月17日付 ボーリンググリーン「sentinel tribune」紙にも同様の記載


≪その後≫

2010年 アリッサは全米10位と振るわずバンクーバー出場を逃す。BGSUを首席で卒業(ご褒美?)、
心機一転、有香さんチームへ。

ハミルトンは、そのシーズン、ヘジック、ヤマグチとともにキムチ上げ、真央下げに尽力し、
NBCのオリンピック解説を務める。6月23日、良性脳腫瘍により失明の危険が生じ、クリーブランドクリニックにて切除手術。11月、動脈瘤のため再手術。


・目的達成のためにアイコンを立てる手法が、ヒラマサの流れと酷似しているかも、BGSUアイスアリーナ。

・アリッサは素敵な選手で、全米女王になって以降、2010-11シーズン復調するまでの不調が気の毒。ジャイアンショー常連になってしまい本当に気の毒。現状も気の毒。

・ハミルトンの解説はわりにずっと公正だったのに(少なくとも2009世選でだって真央の3A に超興奮していたのに)五輪シーズンはキムチ上げのために文字通り死力を尽くした。
生き急いでいたのかも。リンクを再建しなきゃいけないし。

・そういえばアルベールビル五輪のCBS解説は彼だったと思う。みどりさんの3Aに驚きつつ、ヤマグチの金メダルに金づる見つけたと喜んだはず。SOIの開始はいつだったっけ。

≪おまけ≫

・オバマ「アキヒロは最高の友達」。2009年クライスラー経営破たん、GM経営破たん。ミシガン湖側オランドにLG電子のGM部品工場を政府の肝いりで造るが稼働しない。→だから関わるなって(ry


・ノーベル平和賞受賞のオバマが、本当にそれだけ、受賞したという事実以外の実績がない。→(ry

・昨年の大統領選では、地元イリノイで負けた。→(ry


≪2009年のBGSU財団の報告書を見つけました≫

http://www.minoritybiz.org-State-BGSUS.pdf.


支援者は膨大だし、匿名寄付金もある。そのうちどの部分に注目していいのかわからないし、
パイオニア基金とクリーブランドクリニック財団、あるいはNBC経由でハミルトンの側に資金が渡っているのかもと、なんとなくルートを想像できても、私にはここが限界でした。
引き続き粘着して追ってみます。
BGSUアイスアリーナは一般に開放されているそう。中を見学できれば、備品設備が敵国産のものか確認できますね。

以上、事実を妄想でコーティングしてみました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ディック・バトンのヨナ評
某所より拾ってきました。

ディック・バトンが本を出すそうで、(その中に書かれているものかどうか不明ですが)
付随して、ディックのヨナ評が出ていました。
辛辣です。

(話しが通じやすいように、レスの順番は入れ替えてあります)

==================================

176 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 13:36:49.17 ID:mjZhipQ/0
ディック・バトンが本をだすらしい
真央のこともバレエとしてはなんとかとか総じて辛いそう


180 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 14:05:25.55 ID:mjZhipQ/0
ttp://www.theskatinglesson.com/push-dicks-button-a-review/


164 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 10:55:09.32 ID:f11X5enJ0
“Her arm movements are graceful and she skates to the music,
but the emotion seems applied and to be created as an effect instead of coming from the heart.
腕の動きは優雅で音楽にのってすべるが
感情面の演技は心から湧き出るというよりは
効果をかもしだすためにとってつけたようなものに見える

Her expression can take on a suffering look…
彼女の表現は痛々しく見えさえする・・・

This may be heresy in some folks’ minds since Yuna Kim has gotten the highest scores under the IJS,
but next time you see her skate, observe her back.
こういうと(前述の痛々しい~)読者のみなさんの何人かにはちょっと異端な表現にも見えるかもしれない
なぜなら111は新採点法の元で最高点をとってきているからじゃ
でも次に彼女の演技を見る時に、彼女の背中を観察してみるのじゃ

She has rounded shoulders that lack tension.
彼女の肩は十分に伸ばされておらず丸くなっている

She fails to ever fully point or turn out her feet,
so that in a spiral or a spin one sees feet that look like wooden mallets.”
彼女は今までにつま先を十分に伸ばしたこともないし
脚をターンアウトできたこともない
だからスピンやスパイロルをすると彼女の脚は  木  槌  みたいに見えるのじゃ

174 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 13:33:39.99 ID:ldg+uuOg0
>>164
糞の批評って事は分かったけど誰の評なのかしら
気持ちいいわ
ディック爺なら言いそうだけど解説関係からは引退したわよね?

189 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 14:31:09.03 ID:ldg+uuOg0
>>180
そこには真央の白鳥プロのファンじゃないとしか書いてないわね
他のバレエ的でないプロならファンなのかしらw

192 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 14:44:51.13 ID:w8kgobc20
基本Dick assures us that if he criticized a skater, it is because he felt they were talented.だそうよ
それを考慮して読むと真央は単純にバレティックな表現へのこだわりからの指摘
それに対してキムチはジャンプしか褒めてないしスケーターとしての存在を否定されてるわよね

真央に関してはスワンレイク限定の指摘だし納得できるわ
Dick is decidedly not a fan of Mao Asada’s Swan Lake.
One knows Mao is in trouble with our favorite commentator when Dick spends an entire page discussing the finer qualities of the ballet that failed to be expressed.

キムチに関しての記述はこっちの方が酷くないかしら?
he explains that he does not feel she has achieved greatness, nor is the sport better for her being in it.

196 :陽気な名無しさん:2013/12/15(日) 15:04:21.43 ID:ve64vQop0
多分バイウルみたいなコテコテの白鳥が好きなんじゃないかしら?
この爺さん以前真央のこと絶賛してたわよね

ディック・バトンのレビュー原文
上記↑のディック・バトンのレビューの原文です。
(上にあるアドレスから見ることができますが、
 ここに貼っておきますね)

チンクワッタのこととか、クーリックについても述べています。


Push Dick’s Button: A Review
Posted By Dave Lease on Dec 14, 2013 | 12 comments

The other day, many of us were delighted when it was revealed that Dick Button’s rumored book was indeed a reality and coming soon to a bookstore and Kindle near you. When the advanced copy of the book showed up in my inbox, it was akin to the feelings that the discovery of the Dead Sea Scrolls surely elicited. While I have long dreamed of a long-winded text by the self-proclaimed octogenarian skating professor, I also felt a twinge of apprehension: Could Dick’s book possibly live up to the ridiculously high expectations we have for it in our minds? Still, I canceled a planned dinner to dive right in.
It is important to note that Push Dick’s Button is not a strict memoir. Though Dick shares many anecdotes (and asides via his fetish for parentheses,) we do not learn anything about the Kohout-Button union nor do we hear about any arguments he may or may not have had with Jim McKay. I’ve always wanted to know about Dick’s competitive days and felt a bit sad that the book was not a 2,000-page history of his life. Rather, I discovered it is a rambling, often-times ranting, sometimes scathing, campy, peculiar and utterly satisfying narrative of his views on “the fine art of figure skating.” By page three, I came to the conclusion that Push Dick’s Button is what we really have wanted all along.
There are many things to share about this work, yet it is important that all of you experience it for yourselves. Thus, here are a few important things you need to know about Push Dick’s Button:
1. The book is structured as a conversation with Dick and uses an extended metaphor where we are all guests on Dick Button’s couch drinking beer and eating mixed nuts as he goes on and on about the sport. At first, it seems the metaphor could become tired. Those thoughts are soon forgotten when Dick interrupts the text to randomly yell at his dogs and shares with us his love for over-indulgence.
2. Dick Button apparently likes beer. This was, perhaps, the most shocking thing learned. I’ve always imagined us sipping French wine or sharing a dirty martini with Mr. Button. That is apparently not the case. We will need to transfer that fantasy onto Frank Carroll.
3. Charlotte Oelschlagel is basically Dick Button’s Madonna or Cher. He references her often, yet not as often as he proclaims his love for Torvill and Dean.
4. We are introduced to Cerrito, an Airedale, whom Dick named after the mid-nineteenth century dancer Fanny Cerrito. It is unclear whether Dick believes he was actually present for her performances. Perhaps he was.
5. There is an entire chapter devoted to making a proper entrance on the ice. One need not worry about this book being the work of ghostwriter based on page 12, where Dick ‘queens out’ over Margot Fonteyn, Rudolf Nureyev and Mikhail Baryshnikov.
6. The first theater reference occurs on page seven and is devoted to Annie Get Your Gun.
7. Dick used to live one block away from Gypsy Rose Lee. Why wouldn’t he?!
8. The commentator is unapologetic for any errors he made on the air over the years. He also is unapologetic for any errors in the book, of which there are only a notable few: Dick spends a great of time mentioning how Christopher Dean did not want any credit for Michelle Kwan’s Bolero program and explains his reaction: “Then I saw the program. It was an interesting introduction to the changes we all go through, the ways we develop and who we are…Bolero was not her cup of tea.” He contrasts this by going on in great depth about Kwan’s brilliant portrayal of Scheherezade and indulges himself once more by sharing the storyline of the ballet. That’s right, Dick raves about Scheherezade, a program most of us only pretended to like during the traumatic 2001-2002 season many of us wish to forget. Luckily, we can all exhale, as Dick references Michelle being fifteen at the time of the program and it becomes clear that he actually means to compliment her portrayal of Salome and probably just wanted to talk about the narrative of Scheherezade once more.
9. Dick really likes Dorothy Hamill’s sit spin.
10. Though many guests on TSL have fallen out of love with the current state of the sport and don’t pay close attention to it, Dick clearly has been watching figure skating on Latvian TV. He has loads of opinions about current skating from Lipnitskaya’s flexed foot and rounded back marring an ‘almost’ great spin, to sharing the view the Radionova’s long program dress causes her to look like a “fugitive from one of the worst of the child beauty pageants,” to errors of the judging system that were exposed by the men’s event at the 2013 World Figure Skating Championships.
11. I repeat: Dick Button really likes Dorothy Hamill’s sit spin.
12. Dick is decidedly not a fan of Mao Asada’s Swan Lake. One knows Mao is in trouble with our favorite commentator when Dick spends an entire page discussing the finer qualities of the ballet that failed to be expressed. The following page is devoted to Yuna Kim, of whom he says, “Her jumps are simply the best.” After applauding her ability “not to wilt,” he explains that he does not feel she has achieved greatness, nor is the sport better for her being in it. “Her arm movements are graceful and she skates to the music, but the emotion seems applied and to be created as an effect instead of coming from the heart. Her expression can take on a suffering look…This may be heresy in some folks’ minds since Yuna Kim has gotten the highest scores under the IJS, but next time you see her skate, observe her back. She has rounded shoulders that lack tension. She fails to ever fully point or turn out her feet, so that in a spiral or a spin one sees feet that look like wooden mallets.”
13. Skimpy costumes are not an issue. Ugly costumes are. Though Dick enjoyed seeing Elena Grushina’s ‘tatty tassels’ in Torino, he would not award them high marks.
14. Ottavio Cinquanta is a speed skater who admits to not knowing anything about the sport of figure skating. Dick devotes chapters to the IJS and changes he would like to see in the sport. His views are unlikely to change anyone’s mind or surprise anyone, but they are certainly informed and welcome.
15. The book dips slightly at one point and soon picks back up. Anyone reading this book likely knows the differences between the jumps.
16. Dick likes Lady Gaga, especially when Johnny Weir is skating to her, but he fails to see the originality in Beyonce’s “Put A Ring On It.”
17. Ilia Kulik’s curious Rhapsody in Blue costume was okay by Uncle Dick standards. He found it far more interesting than Kulik’s actual choreography.
18. Gardening is a huge passion of Dick’s. His gates are arranged in the pattern of a compulsory figure. He also has a section he compares to an Evan Lysacek footwork sequence where the hedges are trimmed in a straight line and everything in between is allowed to run wild.
19. There are times reading this book where we will all feel lacking in elitism and flamboyant tendencies. I have already vowed to name my first cat Pagliacci as an excuse to go on about the marvelous stretch, bend of the knee and carriage of a few of my favorite skaters when prompted.
20. Though he never assesses the work of other commentators, it is clear he shares our views on the auditory experience that is listening to Scott Hamilton commentate.
21. Dick assures us that if he criticized a skater, it is because he felt they were talented. (That does not explain his remarks about the short program of Agnes Gosselin at the Calgary Olympics.) “Talented skaters are the ones who are intriguing.” He also feels that personality trumps everything he might otherwise feel about a person’s skating.
I could go on, but I will allow you to experience the pleasure that is reading this literary work on your own. Though there are a few factual inaccuracies, it is not ‘based on a true story’ like the writings of Toller Cranston. (I am sure they have shared a beer or two together.) The book simply has everything: from pointing out how much Alex McGowan enjoyed his fifteen seconds of fame to expressing his love for Katarina Witt’s issue of Playboy.
I leave you with one of my favorite passages:
When her moment came, she would enter through the half door in the hockey barrier and skate over to her coach, Zhanna Gromova. Then, in front of some 20,000 in the arena and untold millions watching on television, she would blow her nose! Once finished, she’d adjust her dress (and her pants, too). Then she would listen to her coach! (What could her coach possibly tell her at this point that she hadn’t already heard?) Finally, she’d take a swig of water and move out to center ice to take her starting position. But instead of starting, she’d skate around with neither tension nor stretch in her body and with rounded shoulders, looking down. What was she looking for? A four-leaf clover, frozen in the ice? Head still down, she’d slowly search for a place to begin, find it, then raise her arms into a starting pose, and lo, and behold, smile! Now, this was certainly not a humdinger of an entrance!
ここにも真央ちゃん
沖縄 琉球新報にこんなニュースが。

伊江村の菊栽培農家で“真央オレンジ”と呼ばれる
スプレー菊の出荷が始まった。
名前の由来はフィギュアスケートの浅田真央選手が
大会で着たコスチュームのオレンジに似ているので
名付けられた。

“真央オレンジ”の衣装はアイガットリズムですよね。
フィギュアの枠を超えて愛される真央ちゃんはスゴイと
驚かされるニュースでした。
もうすぐ全日本ですね。
それぞれに出来る事をしていけば必ず道は開けると信じて
活動がんばります!


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
何の戦略でしょうか?
【フィギュア】 ソチ五輪で2連覇狙う キム・ヨナが身体の衰えを告白「女性は18歳を過ぎると身体が衰える」「肉体的に辛い」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1216&f=column_1216_057.shtml

18歳を過ぎて身体が衰えて、辛いなら、無理して出なくてもいいと思いますが…

怪我明け、衰えを感じた中でも世界最高得点マーク!とやるためでしょうか
No title
『18歳になって体が衰える』って・・・

練習さぼって「お●すり」に頼ってばっかしてるからよ~


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
各国の国内選手権大会一覧
イタリアフィギュアスケート選手権
12/18~12/21

公式HP
ttp://www.fisg.it/

ライブストリーミング
ttp://www.idealweb.tv/live/


ロシアフィギュアスケート選手権
12/24~12/27

公式HP
ttp://fsrussia.ru/

ライブストリーミング追加
ttp://russiasport.ru/video_hub/node/1516539?phrase=
спорт
ttp://hotbladeshotpassion.blogspot.jp/2013/12/2014-russian-nationals-entries-and.html?spref=tw

全米フィギュアスケート選手権
1/5~1/12

公式HP
ttp://www.boston2014.com/

ライブストリーミング


カナダフィギュアスケート選手権
1/9~1/15

公式HP
ttp://www.skatecanada.ca/



以前、私がコメントしたコストナー選手プログラム変更の一報は飛ばしだったかもしれません…姐さん申し訳ございません…。
またFS変更の記事がでていますが、ボレロに戻すのかまた別の曲を選んだのかまだ発表されていないようです。
http://www.olimpiazzurra.com/2013/12/pattinaggio-artistico-rivoluzione-kostner-cambia-il-lungo-e/

すべてはイタリアナショナルで明らかに…。

ストリーミング放送は分かるものだけ記載しています。
全米は今年もJスポーツさんが男女シングルを生放送予定です。
皆様、サポート活動+ライスト観戦で寝不足の日々が続きますがどうぞご自愛下さい。

[追加]
JSPORTSさんが2週間無料お試し実施中です!!

ttps://www.customer.skyperfectv.co.jp/web/form2/te02010.jsp
全米選手権、カナダ選手権、欧州選手権まで視聴可能です!!
コストナ-さんイタリア選手権危険
お小夜様、

ストリーミング情報のおとり纏めをありがとうございます!
各国ともに、国内選手権が続いて、一喜一憂の毎日ですね。
私は動画が頼りというヘタレな状況ですが、上手くタイミングが
合えばライブストリーミングを見てみたいです。

さて、コストナ-さん関係ですが、どうも国内選手権は体調不良のため棄権されるようです。
(このスレのずっと上の方…12日付けでカキコしたのですが、その後、状況についての
新情報もまだ出ていないようです。)
ちょっと気になる動向ですが、早く回復されるといいなあ、と祈るばかりです。
もうご存じでしたら、ごめんなさい。取り急ぎ、ご一報まで。
No title
すみません。すぐ上のコメントのタイトルですが、

× コストナーさんイタリア選手権危険

○ コストナーさんイタリア選手権棄権

の間違いです…。ごめんなさい。
お小夜さんありがとうございます!
おおお!わかりやすくまとめていただいてありがとうございます。

プログラム変更の件、承知しました。何を演じるにしろ「やっちまいな!」という気持ちは変わりません。本物のうまさを見ている奴らにたたきこめ!ていていっ!と思います。
デイリーの今野さん
姐さん、深夜にも怒涛の更新お疲れ様です。
今日は寒さも一段とまして、夕方から雪みたいなので、ご自愛下さいね。
って、自分気を付けろですねw
変な寝かたばかりで目が覚めてしまいましたので、
ちょっと、いやかなりうれしい事があったので、お伝えします。

先日、デイリースポーツさんへ俺たちの今野さんへのお礼電凸しました。
受付窓口の方に今野さんの記事へのお礼を伝えていたところ、
(何件か同じようなお声をいただいている、との事でした。皆様GJ!)
しばらく待つように言われ…なんかポショポショ話している…
もしかして、いや、まさか…
「はい、お電話代わりました。今野です。」
な、なんと、今野さんご本人が出られたのです!
もう、テンションMAX状態でアワワワワワワ(エンドレス)なりながらも、
どこも記事にしない中、記事にしていただいて本当にうれしかった事、
ありがたかった事をを伝えたところ、

「いえいえ、新聞が書かなくてはいけない事ですから」

と爽やかな関西弁で言われました。
今でも脳内リフレインして、噛みしめてます。
当たり前ですよ、と朗らかに笑われたのには、涙が出そうでした。

今野さんは、採点方法にかなり疑問を持たれているようで、
真央ちゃんの方が素晴らしい演技なのに、
なぜかキンケンジの点数が高い理由がわからないとの事でした。
私も、キンケンジのステップはへっぴり腰で綺麗じゃないだの、
沈みこみが激しい回転不足なインチキジャンプだの、
実況と解説はいい加減だの、テレビはねじ込むだの、
技術も表現力もないのに持ち上げる腰抜けだの、
選手は抗議出来ないのは変だの、
お忙しいでしょうに、ちゃんと私の話に耳を傾けて下さって、
二人でおかしな点を話したりしました。
ルールもよくご存知みたいです。
ソチ五輪の審判に多くの韓国人が入っている事を、
かなり嘆いていらっしゃいましたね。

「真央ちゃんに金メダルとって欲しいのですけどね…」

今野さんが、本当に真央ちゃんを応援しているのがよくわかりました。
日本人の記者が、日本の選手を応援する。
それが当たり前なのですけれどもね。

自分が心配していた脅し等はきていないようでした。
ただ、今野さんは言ってませんでしたが、
抗議みたいな意見もあったそうです。

「そんな大物じゃないですよー」と豪快に笑ってらしたけど、
「今野さんは、腐りきったメディアの中で
『事実をありのままに書く』素晴らしい方です!
私以外にもたくさんの方が、今野さんを応援しています!」
と力説してしまいました。
「ありがとうございます。これからもがんばっていきます。」
と、力強く真剣な口調で答えていただきました。

最後に今野さんから、フィギュアファンへのお願いを託されました。

「是非、ファンの方もがんばって欲しいです。
一過性ではなく、継続していって欲しいですね。

やっぱり世論の声は、頑張っている方々にとって、力になるみたいです。

お忙しいところ、お時間を取らせてしまった事のお詫びとお礼、
これからもがんばって欲しいとお伝えして、受話器を置きました。

グダグダで申し訳ありませんが、以上が今野さんとお話した内容です。
録音してなかったので、多少違うかもしれませんが、
覚えている限り書いたつもりです。
ネットに書く事は、今野さんより許可いた
だいております。

なんかもう、うれしくて興奮しちゃって誰かに言いたかったのです。
とても勇気をいただいた出来事でした。

あまり記事に相応しくないようなコメントで、申し訳ありません。
なんか、変なのがいたようなので、こちらにしました。

長文、乱文お許し下さい。
No title
採点のことを取り上げた記事

『インサイド:ソチ五輪への道のり・第4部 公平と安全/2 難度重視の採点方式に』

(毎日新聞 2013年12月18日 東京朝刊)
http://sportsspecial.mainichi.jp/news/20131218ddm035050203000c2.html
ロシア選手権 女子リスト
上で、お小夜さんがリストアップされていますが、
各国国内選手権のうち、
ロシア選手権2013-2014の女子シングル出場者リストです。
(可愛い少女たちの写真が、ひとりひとり並んでいて眼福)

http://www.fskate.ru/info/rusnat/2014/ladies/

ロシア選手権は、12/24~27
これだけでは決まらないようですが、女子は2枠ですから
さぁ、どうなるか。
日本も世界も、いよいよ出場選手選びの最終段階ですね。
IOCのサイトより
IOCサイト内で写真のコーナーがあります。
過去のオリンピックまたはフィギュアスケート選手のみの
写真を見る事が出来ます。
バンクーバーを押すと、真央ちゃんの写真どーん!きゃわわ!
そりゃもう、こっちに向って跳んでくる妖精さん、どーん!きゃわわ!
2010年バンクーバーのどこのページを見てもまずはきゃわわのどーんがお出迎え。
フィギュアのカテゴリも同じで、真央様がどんきゃわ!
うふふ、と思ってページをめくっていくと・・・
http://www.olympic.org:80/photos/figure-skating?galeryorsetpageipp=36&galeryorsetpage=5
特集かよ。お前の写真だけで1ページ丸ごとかよ。

写真枚数、ざっくり数えましたが
けんじ/4〜50枚
真央様/10枚ぐらい
荒川さん/20枚ぐらい?
あと、プル様たくさん。いっぱい。
時系列にもなっているようでなっていない。

写真枚数の点はさておき、
IOCで真央ちゃんが取り上げられたり持ち上げられたりすると
嬉しいし当然と思う反面不安にもなりますw




印象操作? (英語リスニング能力者様、よろしく…)
YoutubeでNBCでのタラリピンスキーさんの「ソチ」関連インタビューを見つけました。

「Lipinski on Yuna - She is Perfect」
https://www.youtube.com/watch?v=QMBG4ny14pw

ちょっとタイトルからして印象操作っぽいのですが、(隣国の方がアップしたのかな?)
オリンピックの表彰台候補、ということでタラさんが答えて居られる
部分で、マオ・アサダの部分の音に、なんらかの雑音(エコー?)が入っているように
思います。(このヴィデオをアップした方が入れたのかもしれませんが)

このビデオは、例のIOCの1-1-1のフェイスブックにもありました。
「タラ・リピンスキーさんも1-1-1をパーフェクトだと言っている」
として、紹介されているのですが、どうも内容を曲げて紹介しているような…。
http://hub.olympic.org/home/athlete/39?name=Yuna+Kim

ざっと聞いたところでは、(00:55くらいから)
男性「1-1-1は優勝候補として有力だけど、他には?」
タラさん「一番のライバルは日本の浅田真央。みな1-1-1の名前を挙げるけど、(聞き取れず)でも真央は今シーズン負けなしなのよ」
みたいなことを言っているように思います。

その後、また1-1-1に話が振られまして、
男性「You called yuna, the best technical skater ever seen, what makes her so great.」
   (あなたは1-1-1は最高に技術的なスケーターと言っていたけれど、なぜ1-1-1はそんなにすごいんでしょうね。)
タラ「I don' know how she is perfect.」(なぜそんなに1-1-1がパーフェクトなのか分からないわ)(→皮肉? それとも賛辞?)
男性「She is perfect. 」(1-1-1は完璧ですね)(→なぜその部分だけ取り上げる?)
その後、「アメリカ人で表彰台にたてそうな人はいる?」
という話題に移っていきます。

やたら「1-1-1」の名前や話題を振る、という点で、印象操作?を感じました。

仕事の合間に書き起こししようかとも思いつつ、仕事の締め切りがせまってきたので(汗)
ひとまず、情報提供まで申し上げます。

リスニング能力者様、もしお時間があれば、内容の検証をお願いいたします。
なにげにISUほむぺが・・・
ISU HPが何気にレイアウト変更してるわーwww
http://www.isu.org/en/home

リザルトを探しにくくするため?

トップスケーターの流儀
元選手の中野友加里さんが9人の現役選手を取材したという『トップスケーターの流儀』という本を読みました。
村上佳菜子、織田信成、鈴木明子、無良崇人、羽生結弦、小塚崇彦、浅田真央、安藤美姫、高橋大輔に、今年の7月から9月にかけてそれぞれ一対一で取材したものが対談形式で綴られています。
時間がなくてまだ全部読んではいないのですが、大好きな浅田真央&高橋大輔と、言動注目中の安藤美姫のところを読みました。

✳︎浅田真央
最初に『真央にはスケートのことはあまり聞かず、プライベートのことを聞いちゃおうかな』というフリがあるけれど、自然な流れですぐにスケートの話に。
信夫先生が怒るととても怖いけど実は久美子先生の方がずっとずっと怖いとか、『トリプルアクセルを今の女子選手は跳ばないね〜』『昔は大須のリンクで恩田美栄さんも浅田舞さんも、みんな練習してたね〜』とか、2人に共通の話題で盛り上がってる様子。
『ソチオリンピックはみんなが注目してるけど、プレッシャーは?』の質問に、『試合になると意外に外からのプレッシャーは感じなくて、自分自身のことだけを考えてる』と答えているのがとても印象的でした。常に自分と戦い続けているんですね。『ライバルは自分』と言ったのを思い出しました。

✳︎高橋大輔
2人は同い年だそうで、久しぶりに会った同級生の会話風に仕事の話や結婚の話に花が咲き、ようやくスケートの話題に。
『ピョンチャンまで、やれるならやるかもしれないよ。この際やってみてもいいかな、と。まあ現実問題、できないとは思う』という言葉に、僅かな期待を持ってしまう私はバカですね。
怪我の話からソチの話になり、『自信はまったくないけれど、でもオリンピックには行くつもりでいる。行くつもりでいるし、行くことだけを考えてる。』と言う大輔の強い強い気持ちが伝わってくる対談でした。

✳︎安藤美姫
全体的に、活字になることをもう少し意識してしゃべったほうが良くないですか?という印象。私がいろんなフィルター越しに安藤を見てしまうせいかもしれないのですが…
『子育て第一だよ、気持ちの上ではね。ほんとはスケートを二の次にしたいけど(笑)そうはいかないし』とか、妊娠中の話でも『だんだん普通の生活、普通の動作もできなくなって…プラス外にも出られなかった。隠してまもらないといけなかったから、ずっと家の中で座ったままだった』と、大変だったアピール。
そしてここでも『アイスダンサーとか赤ちゃん産んでもすぐ試合に戻ってくる。でもシングルは全然勝手が違った』の発言。中野友加里さんがこの時『ダンスはジャンプがないからね。筋力が戻れば、なんとかなる気がする。男の人に支えてもらえる筋力があれば』と言っているのが残念でした。流れとしては、ジャンプをトリプルまで戻すのが大変だった、というところからですけど、アイスダンサーを下に見るかのような発言はいただけないです。
他にも『バレエの練習するのは大っきらい』とか、アスリートじゃないんですね。


この3人に関しては特に新しい情報が得られたわけではないのですが、旧友とのおしゃべりでざっくばらんに素のままに自分のことを語っていて、話し声や笑い声がすぐそばで聞こえてくるようでした。

巻頭、中野友加里さんと各選手とのツーショット写真が複数枚載っていて、みんな笑顔で一緒に代表的なポーズを取ったりしているので、ここも楽しめました。
が、真央ちゃんの笑顔の写真が異常に暗い。こんな暗い所で撮らなくってもいいのに!もっと明るいところへ行きましょう、と言う人はいなかったの?っていうか、素人の撮った写真使ったの?他の人はみんなプロのカメラマンの写真って感じなのに、ナンデ?もう悲し過ぎます(T_T)
最後の最後のページを見たら、『企画・構成 青嶋ひろの』とあってガーン…
写真の選択権もあるのでしょうか?あるとしたら恐ろしいです。


小学生の頃から読書感想文が一番苦手だったもので、長文駄文すみませんでした。
書き忘れました
『トップスケーターの流儀』のあとがきに、
『選手のみんな、全員にまず伝えたいことは、「ケガをしないように万全な状態で試合に臨んでね!」ということです。いい演技を見せて欲しいことはもちろんですが、とにかく全員が、無事にシーズンを終えてほしい。オフシーズンから、しっかりと自分で目標を見据えてトレーニングを積んできた選手たちです。そのすべてを、どうか本番で出せますように。
そして私からの一番の願いは、「オリンピックシーズン、あれをやっておけばよかった…」なんて、後悔しないようにしてほしいこと。私自身は最後のシーズン、選手として後悔が残ってしまいました。だから、どうかみんなには、後悔だけは残してほしくない。そのことを一取材者として、一スケーターとして、心より願っています。』と書いてありました。

私は中野友加里選手時代、彼女を応援していましたし、オリンピックに行って欲しいと願っていました。ですから、このあとがきで四年前のことを思い出し、切なくて切なくてしょうがないです。
ただ、今でもスケートを愛する気持ちを感じることができて、これからの中野友加里さんを影ながら応援したいな、とも思いました。
フジテレビ社員ですけども、ね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Rさんへ
コメントありがとうございます。
次回書き込んでいただくときはお名前を変更していただけますか?
すでに別の方がそのお名前を使っていらっしゃいますので。

ご意見参考にさせていただきます。ありがとうございます。
また言ってます。
[Lovelyキム·ヨナ]審判も鳥肌... "ソチで示す演技を期待する"
記事入力2013-12-20 03:00:00
http://news.donga.com/BestClick/3/all/20131219/59660900/1

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
韓国ISUジャッジえこひいき情報、ありがとうございます。
あざらし様、いつもありがとうございます。
有効活用させていただきます! :)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
雑誌情報
2chに有った雑誌情報から。
まだ中身はわかりませんが、こんな記事が出るモヨリ

ttp://www.zasshi.com/zasshiheadline/joseijishin.html
安藤美姫「本当のパパは別人だけど・・・」娘のために「契約結婚」
◆ フィギュアスケート・安藤美姫、南里康晴

女性自身(2014/01/14), 頁:53

私の胸に湧き上がるこの黒い感情は何でしょうか
いまはおなかがいっぱい。
タイトルと本文は関連はありません。

橋本聖子 都知事選見送りのウラに女帝vs真央の確執
http://news.livedoor.com/article/detail/8370753/

おなかいっぱいとはある人の話題はもうおなかいっぱいということです。
ある人とこの記事は関係ありません。

元安藤さん情報
安藤美姫が現役引退を表明/フィギュア
ttp://www.nikkansports.com/sports/figure/alljapan2013/news/f-sp-tp0-20131223-1235164.html

村主コースは外れたモヨリ
女性自身は太っ腹
安藤美姫 父親の名前も…スポンサーに明かした“出産の真相”【安藤美姫 】
ttp://jisin.jp/news/2615/6647/

感想…うん知ってた
前途洋洋ですね。
有終の美を飾り、前途洋洋ですね。

美姫引退…まな娘の前で涙のラストダンス/フィギュア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000022-sanspo-spo
サンケイスポーツ 12月24日(火)7時0分配信

「まな娘がいる会場で、安藤の瞳から涙がこぼれ落ちた。花で埋まったリンクをゆっくりと滑りながら、元世界女王はリンクに別れを告げた。」

赤ちゃん寒かったでしょう。どなたが子守をされていたのでしょうか。


安藤美姫スクール開校へ 高須氏支援
デイリースポーツ 12月24日(火)10時18分配信
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2013/12/24/0006593036.shtml
ロシア語講座は4月であきらめた
しお韓さんに有った元安藤さんロシア記事
能力者様の降臨を待たねばならない

http://winter.sport-express.ru/figureskating/reviews/39364/
ご協力ください
皆様、他のスレで既出の場合はごめんなさい。

「黒猫」様のブログで、緊急アンケートを募って居られます。

アンケート~フィギュアスケートの採点について(Questionnaire - Figure Skating)                         http://azplanning.cocolog-nifty.com/neko/sochi123.html

内容は、某米国の某選手がISUを提訴する、そのための資料作り、ということです。
詳しくは下記黒猫様のブログの記事をご覧ください。
http://azplanning.cocolog-nifty.com/neko/2013/12/isu-ea4d.html

ソチで、ロシアとアメリカの大地の女神から、黒妖怪に鉄槌が下されることになるやもしれません。
全日本で胸のつぶれる思いをした方、どうぞご協力ください。

とりいそぎ…
アンケート
コメントする場所が間違っていたら申し訳ありません。

ぱんだん様
黒猫様のところでアンケートに答えてきました。
驚きの展開で、まるで小説を読んでいるようでした。
私の出来ることは少ないですが、少しでもお役に立てばと祈るばかりです。
アレが日本でアイスショーに出演?!
お尋ねしてみます。
亜月様、貴重な情報をありがとうございます。

下記の団体が予定しているようです。
https://www.facebook.com/flagshipjapan

ただ、場所が明示されていないので、facebookでお尋ねしてみますね。
ありがとうございます。
もしかり様、

早速にご協力いただき、ありがとうございます。

驚きの展開で、どうなるか見えない部分もありますが、
アンケートは色々な活用が可能と思います。

本当にありがとうございました。とりいそぎ…。
ありがとうございます
ぱんだん様

お尋ね下さるとのこと、ありがとうございます。
私はフェイスブックをしていないので。

勝手に日本でやるものと決めつけていましたが、
よく見ると、確かにどこでやるかは書いていませんね。
日本でなければよいのですが。
ISUサイトリニューアルでメール拒否はどうなったか
ISUがサイトリニューアルした後メール凸した方いらっしゃいますか?
今までとメールフォーム変えてきましたよね。
こ、これはもしや…と思ってメール入れたんですが、今の所まだデーモンはきていません。
拒否がクリアされて届くようになってるのかも(ちょっと期待)
まだ明日以降デーモンが届くかもしれないので経過報告いれるようにしますね。
No title
ちょっとfacebookを覗いてみたのですが、その部分に載っていた人物の名前をクリックしたら、たくわんの写真が現れて、「別格」とか書いて称賛していました。
これ、もしやるとしたら日本でやるのは間違いないと思うのですが、もしかしてあちら系の団体?
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
キムさんアイスショーに「ソチのメダル」の表記
お姐さん皆さんこんにちは。
震えながら初投稿させていただきます。

キムさんのアイスショー情報をfacebookにて検索したところ、

主催が「フラッグシップジャパン」(オフィシャルサイトはなく、代替としてfacebookを使用しているとのこと)。
このfacebookページを管理されている社内の方が、ご自身の個人ページで

26日のタイムラインにキムさんの写真つきで

>ソチのメダルの後には指導者でなく、完全プロアーティストになる現在の世界のフィギュアスケートの女王様。
格が違う。

という投稿あり。
……「ソチのメダルの後には」って、……???
震えが止まりません。
日本には来ないです
ツイッターでRTされているのを見かけました。
カナダ、アメリカ、韓国で、ただし日程は未定とのことです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
氷上のメモリーズ
代表選手の今までの演技が一挙に観られるようです。


http://www1.nhk.or.jp/sports2/sochi/onair/onair_week1.html


楽しみですね(=´∀`人
リンク貼れてるかな?心配…
ロシア女子
アデリナさん優勝、Sotnikova 212.77 (FS140.24)
リブちゃん二位 Lipnitskaia 210.81 (FS140.49)
ラジオノワちゃん三位Radionova 202.01 (FS134.25)

プロトコル
http://fsrussia.ru/upl/ckeditor/protocol_rusnat1314.pdf

女子FSは140点時代に!わあ!
情報ありがとうございます。
貴重な情報をありがとうございました。
有効活用させていただきますね ! (^-^)
ニックさんのお衣装チェック

http://www.nickverrreos.blogspot.jp/?m=1

私個人的には、GGの衣装は選らんだ曲と色調から、オーロラ姫よりリラの精みたいって思っちゃうので、もっとオーロラオーロラして欲しいんですよね。

真央ちゃんは、素敵です。

町田くん、火の鳥の衣装もとに戻して(>人<)



連コメすみません。
こちらはジョニーとタラちゃんのお衣装チェック。

http://www.nbcolympics.com/photos/tara-and-johnny-reviewing-seasons-fashions

こちらにはリプの赤いコートの衣装が
私も好き(=´∀`人
カロはシェヘラザードが選ばれてました。私はチョウチョの赤いのが好きだけどなぁ。

で、真央ちゃんがベストドレッサーです!

なぜか、たくわんもいます(´Д` )えーぇ
ニューヨークタイムズに真央記事
NYTimesは、かなり汚鮮されていますが
(バンクーバーのときは、立て続けにヨナ記事が出てた)
この時期に真央記事が出るのは、ん?

ローリー取材のようです。
まだ詳しく見ていないのですが、とり急ぎお知らせ。

http://mobile.nytimes.com/2013/12/28/sports/olympics/asada-after-a-struggle-is-soaring-over-the-ice-again.html?smid=tw-share
No title
ニューヨークタイムズの記事、ほんのちょっと目を通してみましたが、結局たくわんageageです。それが書きたかっただけなんじゃないか、みたいな。リピンスキー、ほんとにそんなこと思ってるの?この人、寒村になんかもらってるんじゃないの?という気がします。なんか、たくわんを褒めるためにこれからこの人の露出が増えるんじゃないかという気までします。今まで、こんなにたくわんのこと褒めてたっけ?
荒川さんご結婚
おめでとうございます!

荒川静香が一般男性と誕生日婚「新しい一歩を踏み出す日」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000034-dal-spo
おめでとう
荒川さん、ご結婚なさるのねー。おめでとうございます。
幸せな家庭を築いてね。
いずれお子さんをとお考えてるなら早いほうがいいですよ。
Fair judging! 用英文
姐さん、みなさん、おはこんばんちは!

どこに投稿したら良いのか分からなかったので、ひとまずここにUPします。

「全選手に公正な採点を!」運動の英語キャッチフレーズをUPします。
今までにお使いいただいているフレーズを、分かりやすく知人のネイティブ翻訳家にブラッシュアップしていただいたものです。
遅くなってしまいましたが、もしよろしければ、四大陸、ソチに向けて、お使いください。


Judging should be fair and consistent, no matter who the skater is!
(スケーターがだれであっても、審判は公正で一貫したものであるべきです)

Fair judging for everyone.
(全ての者に公正な審判を)

Be fair to all skaters.
(全スケーターに対して公正であってください)

Fair judging for all skaters.
(全スケーターに公正な審判を)

Judges must be completely impartial and neutral at all times, and for all skaters.
(審判たちは常に全スケーターに対して、偏見なく中立的であらねばならない)

Judges must base their scoring and decisions only on the skaters’ performances and not be influenced by their reputations or past performances.
(審判たちは、採点や評価を行う際には、スケーターの評判や過去の演技ではなく、
そのスケーターの演技のみを根拠としなければならない。)
※これはISUのルールの中にある文言をベースにしています。こういう決まりがあるのに、「PCSは選手に対する審判の期待値」とか「こつこつ積み上げる」とか説明する人がいる日本スケ連って…???

Each and every skater has the right to be judged in an impartial, equal, and fair manner.
(どのスケーターも全て、偏見のない、公平かつ公正なやり方で審判される権利を持っている。)

Judges must not show any bias, for or against any skaters, on any grounds whatsoever.
(審判達は、いかなる事由があったとしても、スケーターに対してえこひいきをしたり、偏見を抱いてはならない。)
拾い物ですみません
クソンのアンチスレにありました。

http://www.hoshusokuhou.com/archives/35370383.html

蛆の謹賀新年( ̄▽ ̄)
天明屋さんって、面白いクリエイターだと思ってたので、あちらの国の人だと思いたくないんですけど…
蛆がありがたがって頼んだら、真実を描かれたと思いたいです。
ISUサイトリニューアルでメール拒否はどうなったか 2
12/26に「ISUに届かなかったメールは来ていない、経過報告する」と書きましたが、
1/4のこの時間まで届かなかったメールは来ていません。
本当にサイトリニューアルで拒否が解除されたかも。
Re: ISUサイトリニューアルでメール拒否はどうなったか 2
> 12/26に「ISUに届かなかったメールは来ていない、経過報告する」と書きましたが、
> 1/4のこの時間まで届かなかったメールは来ていません。
> 本当にサイトリニューアルで拒否が解除されたかも。

おおおおお! 年々歳々さん、ありがとうございます。ぎゃあもう1/4なんだ!
早いね、2014年!

俺もメールしてみるわ!
たくわんSP80点越え
韓国ナショナル、たくわんSPは80点を超えました。
予想通りというか、なんというか…

SP:80.60
  TES 42.23
  PCS 38.37

3lz-3T 3F 2A

http://www.youtube.com/watch?v=JKMbnmVjMhs&feature=share&list=UU_zOUz7Xg3Og0aLpx727uDA
テレビでフュイギュア教室です
姉さま、皆さん新年あけましておめでとうございます。

先程、たまたまテレビのリモコンで番組表を見ていたらNHKEテレで「テレビスポーツ教室(フュギアスケート3)」がこのあと午後2時半~3時に放送されます。

司会は浅田舞さん、講師は本田武史さんです。

こういう番組があったんですね。
フィギュアです!
フィギュアです・・(^^;
文字入力が変ですいません
えっ、ヨナ会社がナショナルを仕切っている?
日刊ゲンダイの、↓以下の記事。

頭の中は「ソチ金」より「平昌五輪」…キム・ヨナが背負う重圧

日刊ゲンダイ 1月5日(日)10時26分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140105-00000011-nkgendai-spo


内容は、しょうもない提灯記事で全文載せるのもアホらしいのですが、
気になったのは、記事最後のこの部分↓

……ちなみに、キムのマネジメント会社が手がける今大会(※韓国選手権のこと)の収益も若手育成のために全額寄付されるそうだ。
浅田の最強のライバルは背負っているモノが違う。 ……

このマネジメント会社って、キム母が社長のオールザットスポーツのことですよね。1選手のマネジメント会社がナショナルを仕切っているんですか?
公平性なんて、まったくゼロじゃないですか。
ずぶずぶですねー。韓国らしいっちゃ、らしいですけど。
なんで、こんなあからさまな不正を堂々と日本のメディアが書くのか?
マネーロンダリング?
上の↑記事に関連して。

ヨナの寄付金って、ユニセフ宛てですか?
(ユニセフそのものが、かなり胡散臭いのですが)

受け入れ先は現地のダミー団体で、そこからお金がどう動くか謎。
世間への見せ金にして結局ほぼ手元に戻って来る。
いわば、体のいいマネーロンダリング?
……という噂が絶えないのですが。
古いネタですがとりあえず
2006年のブログ記事です。
城田及び当時の周辺人物による「業務上横領、背任、詐欺」について書かれています。

ラブラドール・レトリーバーと快適生活~in沖縄
利権の巣窟・日本スケート連盟の“越前屋”たち

http://okinawa-labrador.seesaa.net/s/article/17105133.html
http://okinawa-labrador.seesaa.net/s/article/17706727.html
http://okinawa-labrador.seesaa.net/s/article/17899081.html


↓上記の一部に関するネットニュースを載せたサイト記事。
一次資料はデッドリンクで読めませんでした。

ショー収益4年分報告せず スケート連盟フィギュア部|共同 通信 http://www.asyura2.com/0601/bd43/msg/618.html
アディオス!
花の雨打たれ...ヨナ、国内舞台アディオス!2014-01-06
ttp://news.ichannela.com/sports/3/05/20140106/59983219/2

この日、キム·ヨナの演技を採点した審判は、「音楽と振り付け、表現力などが完璧に近づくバンクーバー五輪のフリー芸術点数(71.76点)より高い芸術点が出た。バンクーバーのようにソチオリンピックでも無欠点演技をした場合、五輪2連覇はもちろん、世界記録更新も無難だろう」と展望した。
中京大がジャンプなどをパソコンで自動的に識別するシステム開発中
ニュース報道などはこちらでコメのようなので、ワープしてきました。

【真央ちゃん、今のジャンプは…識別システム開発】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000818-yom-sci

フィギュアスケートのジャンプなどの技をパソコンで自動的に識別するシステムを中京大学の教授らが開発している模様。
教授らは「近く実用化して、選手たちに『このシステムがあったから五輪でメダルがとれた』と思ってもらえるようにしたい」と話しているようです。

今のところ、第一段階のようで、
「選手の軌道や体勢の変化などをパソコンが瞬時に解析し、技を認識させることにも成功。ジャンプ、スピン、スパイラルのいずれかに自動的に分類できるようになった。」所までのようです。
これが実用化になれば、糞ジャッジもタクワンもイチコロなんですが…。
やっぱりか…日韓ゲンダイの酷い記事
タレコミです。既に出てたらゴメンナサイ。

この前、ちょっとマシな記事を書いたと思った日韓ゲンダイですが、
やっぱり…です。
【ソチに暗雲…審判団は“ジャンパー”浅田真央が大嫌い!?】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140109-00000015-nkgendai-spo
浅田真央を大嫌いなのは、あんただろ、日韓ゲンダイ!

ついでにこの前の記事も貼っておきます。
【真央にもう一人の敵…キム・ヨナを“援護”する韓国女性審判】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000013-nkgendai-spo
成龍、個人戦も出場へ
以前どこかに書いていたかもしれませんが

ネーベルホルン杯五輪最終予選でペア出場権を獲得したエストニアの
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・ザボエフ選手についてですが
エストニアのスケート連盟が「特別な付与」による国籍取得の働きかけをするも
3たび政府に断られ、結局ザボエフ選手はロシア国籍から
エストニア国籍変更が認められなかったそうです

これによって次点の高橋成美&木原龍一組の繰り上げ個人戦出場が
正式に決まったそうです

NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140109/k10014390181000.html
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014010901002047.html

ペアやアイスダンスに関しては常に付きまとう国籍問題。
昨季は高橋&トラン組が振り回されましたが今季はエストニアが直面することになりました。
成龍にはザビアコ&ザボエフ選手の分も頑張っていい演技をしてもらいたいですね

megumiさんへ
megumiさん初めまして。
あんたたちもっと拡散しなさいよロダ管理人の年々歳々と申します。

今拡散できる動画や画像の素材テーマとして
今期のBV(ジャンプ)とPCS(バッククロス数でのTR比較)を検証したいと考えています。
ヤマムロさんにもお声かけたんですが、
megumiさんにもご参加頂けたら嬉しいです。
良かったらお願いできないでしょうか?

こちらの記事のコメにて提案させていただいております
■KYのこれまでをパッと見て分かりやすい物にまとめ拡散しよう!
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-569.html


成龍おめでとう!…って取ってつけたみたいなコメになっちゃいましたね(反省)

No title
もうどなたかがどこかに貼ってらっしゃる既出情報だとは思いますがとりあえずペタリ。

安倍首相、2月22日に訪露 プーチン氏に秋の訪日招請へ フィギュアエキシビション鑑賞

2014.1.12 11:33 [安倍首相]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140112/plc14011211350005-n1.htm
ISUジャッジ匿名制廃止?
黒猫さん回っていたら、コメ欄にこんな記事が♪既出ならミアネw

http://www.usatoday.com/story/sports/olympics/sochi/2014/01/09/us-figure-skating-security-sochi-olympics/4396709/
USATODAY 6:12 p.m. EST January 9, 2014配信 Contributing: Nancy Armour
【U.S. figure skating officials discuss security in Sochi】
USスケ連のお偉いさんへのインタ。スケオタ的に見逃せないのは、後半のくだり↓大事な箇所だけの翻訳でスマソw

Time for a change in judging: U.S. Figure Skating wants international judges to be held accountable for their marks.
ジャッジシステムにおける変化のとき:アメスケ連は国際審判員が自身が下した採点に責任を持つよう、求める

The federation has proposed that the International Skating Union do away with the anonymity of judges, Raith said. There appears to be support for the measure, which would be voted on at the ISU's congress in June, and Raith said the U.S. might not be the only country to propose such a change.
アメスケ連はISUに、ジャッジ匿名制の廃止を提案した、 とRaithは語った。それは6月開催のISU総会で投票が行われる見通しで、 Raithは、このような変更をアメリカ以外にも同調してくれる国がいるであろうと言った。

"We believe after 10 years of the system the way it's been, it's certainly time the judges are known for the marks they are given," Raith said. "Just as it was in the past."

Under skating's old 6.0 system, the marks of each judge were made public, and fans delighted in swapping conspiracy theories about who was in cahoots with whom and what back-room deals had been made. But when the pairs scandal at the Salt Lake City Olympics confirmed such shadiness really did exist, it nearly destroyed the sport. The International Olympic Committee eventually awarded Canada's Jamie Sale and David Pelletier, who'd initially finished second to Russia's Elena Berezhnaya and Anton Sikharulidze, duplicate gold medals, and the ISU voted in June 2002 to scrap the 6.0.
(6.0満点制が廃止された経緯/塩湖OPペアの件などry)

As part of the new points-based system, the individual judges' marks were no longer published. Though that was done to protect the judges from outside pressure, some have said it gives them cover to cheat, and the USFS never adopted that part of the system. There's no reason the ISU needs it, either, Raith said.
新採点システムの一部として、どのジャッジによる採点かはもはや公表されなかった。それは、外部圧力からジャッジを守るために行われていたものの、ジャッジの内、何人かは、新システムは結局ジャッジにペテンを隠す余地を与えてしまった、と述べている。そしてアメスケ連は、システムのそういう側面を採択してませんでした(≒想定外だった)、ISUだってそんなシステムが必要な理由はないでしょう?、そうRaithは語った。

"Actually, the ISU doesn't have it at the junior and lower levels. There is no anonymity," Raith said. "It's only at senior-level events, their ISU championships. We think the time has come that that is done away with."
実際、ISUはジュニアやノービスなどジュニア未満のクラスには匿名制を適用していない。」「シニアのレベルのISU主催の大会だけなんです。この匿名制を廃止する時が来た、と我々は考えてます。」とRaithは言った。

・・・茶番ライサが事実上引退+ナショナルで平昌表彰台が狙える若手の目途が付いたせいでしょーかwww
これでお茶を濁していただきたくないがwww
アサ芸キタ━(゚∀゚)━!
アサヒ芸能、来ました!

「キム・ヨナ‘怪しい高得点’の裏カラクリ」
(ネット版も探してみましたがまだ上がっていないようです)

ヌードとヤクザさんの記事満載の雑誌をうら若き乙女(ゲフンゲフンv-355)が
購入するのは勇気が要りましたが、何するものぞ!です。

「隣国の銀盤の女王(注:キムチのこと)GPシリーズ前のケガが嘘ではないかと思わせる
高得点を叩き出した」という見出しから始まり、先日の韓国選手権のお笑い銀河点について
図表まで用いて詳しく解説してくれています。

そこに寄せられていた識者のコメントとして、渡部絵美のキムチ上げは平常運転としても、
折山淑美というスポーツライターさんの
「映像で見るかぎり、キム・ヨナのSPの演技は、ほぼ完璧と言えるでしょう。
特に、ジャンプで回転に余裕を持って着氷している点はみごとでした」(原文ママ)
という発言はどうかと思いましたが。

最近この人のフィギュアに関するコメントや記事をわりと見かけますが、
どの程度の見識がある方なんでしょうかね?

↓スキージャンプ・水泳・柔道なんかについては著作がたくさんあるようです
http://m.sports.yahoo.co.jp/column/writer/118?media=spnavi&done=http%3A%2F%2Fm.sports.yahoo.co.jp%2Fcolumn%2Fdetail%2F201203050003-spnavi
http://www.amazon.co.jp/%E6%8A%98%E5%B1%B1-%E6%B7%91%E7%BE%8E/e/B004LR4HTS
またかよ
IOCまたキターーー!

http://www.olympic.org/
トップページの最初に背中キターーー!
クリックしたら汚ナバウアーキターーーー!

http://www.olympic.org/news/yuna-kim-the-queen-of-the-rink/219201
翻訳したらこんな文章が出て
「その状態は、彼女が、トリプルルッツ - トリプルトウループの組み合わせや
バンクーバーの15,000魅了の観客の前でユナキャメル吹き替え」
バンクーバーの15000人の観客がユナキャメルに噴き出しって読めたよ。
観客もびっくりだね。

どれもこれも残念な写真でしたが
ちょうど座りきれていないスピン写真が欲しかったので助かった。
ありがとうIOC。111を111って書いてくれたらこの1000万倍ぐらいありがとうって言うよIOC.


No title
ちょこっと記事を読んでみましたが、私はスケートが大好きだからカムバックすることを決めた、、、なんて嘘ばっかり。
スケートなんて大っ嫌いだけど、IOC委員になれって命令されてイヤイヤ。でも、金メダルはもう購入済みだから適当にやるか、、ってとこでしょうか。これでもかとこんな記事を載せたらそれこそ裏に何かある、って勘ぐられそうなのに、そこまで考えるアタマはないんですよね、あの国の人は。
いいとも情報
明日のテレホンショッキングに元安藤さんががが
元安藤さん情報
1/20(月) 日テレ「しゃべくり007」22:00~23:00
  緊急!昨年末現役引退したフィギュア世界女王安藤美姫が
しゃべくりに登場…なぜしゃべくりに出演してくれたのか…
引退後の私生活を紐解く…素顔のミキティ今夜解禁!

いいともと言いしゃべくりといい…

マスコミ嫌いって言う「設定」はどこに行ったのでしょうか
需要があるのか分からないけど元安藤さん情報。
安藤美姫いいとも出演 真央らから花届く

日刊スポーツ 1月16日(木)12時29分配信
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000015-nksports-ent

なぜかコーチまでお花を出している件について。
ttp://pbs.twimg.com/media/BeEkCmBCIAAE5BU.jpg
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ソチパブリックビューイング
ソチオリンピック フィギュアスケート 8Kスーパーハイビジョン パブリックビューイング
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0236281/index.html

東京のNHKふれあい広場で、ソチのパブリックビューイングがあります。
抽選で、おそらく200~300名程度です。

映画のような大画面で、映像も美しく、トレース痕もハッキリ見えます。
音もNHK杯の時と同じなら、エッジの音も聞こえます。

ライブではないようですが、お薦めいたします。
すいません追記です。
よくよく内容を見たら、1時間半に編集したハイライトのようです。
「フィギュアスケートの華麗な演技や勝負を決したポイント等を解説するとともに、8Kスーパーハイビジョンの魅力を紹介します。」とありますが、キムチが優勝したら、ゲストの舞ちゃんにも無理やりキムチを誉めさせるのでしょうか……(--〆)
News U.S.
News U.S. - 中国・韓国・在日崩壊ニュース  http://www.news-us.jp/

数ある2ちゃんスレまとめサイトの一つですが、ここのところキムチ関連の記事を目にするなと思っていたら、韓国の中に「キムラナ崩壊」といカテゴリーが出来てました。
現在記事は4つですが、ここは特にフィギュアに興味が無い人達も見るので、良い傾向だと感じています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
元安藤さん情報その弐
ananにも載るそうで

美女の法則/安藤美姫-「女の子は黒豹」
   ◆ 小林司/フィギュアスケート選手・安藤美姫

an・an(2014/01/29), 頁:66
素敵な応援です!
ソチ五輪、横綱が「浅田真央イチ押し」の理由

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2014/01/23/post_309/


強いだけでなく、品格が求められる横綱

大相撲界を名実ともに支えておられると思います。

白鵬さん 初場所 がんばってください
元安藤さん情報
雑誌の新聞という雑誌の目次紹介サイトより。
私知らなかったショック―____________________

ttp://www.zasshi.com/zasshiheadline/flash.html
安藤美姫「愛娘の父親」に妻持ち「國村隼」似50男急浮上
   ◆ フィギュアスケート・安藤美姫選手、父親、アイスショー

フラッシュ(2014/02/11), 頁:102

雑誌が何書いてるのか見出しだけでもチェックしたいとき見ると楽なサイトです

雑誌の新聞
http://www.zasshi.com/index.html
雑誌の総合情報サイト -雑誌ネット-
ttp://www.zassi.net/
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
まずは春が近いしかわいい話題。
金メダル獲得願い…浅田・羽生選手の人形展示
読売新聞 1月30日(木)17時9分配信
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000843-yom-soci

_________________________

似てるかどうかは置いといて気持ちは嬉しい
撮影可ということなので都内にお住まいの方はぜひ。
元安藤さん情報
映画のイベントにゲスト出演したモヨリ。

ロン・ハワード監督、安藤美姫に出演オファー!?「次回作はフィギュアを描く」?
映画.com 1月30日(木)20時35分配信
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00000015-eiga-movi
____________________________

その後安藤にあてたわけでもない映画ファン達の「なんで安藤美姫がゲストだったの?」という呟きにいちいちコメントを付ける律儀_な元安藤さんでした


怖えーよ
東スポ視点の元安藤さん情報。
安藤美姫お尻スケスケでTバックはっきり
ttp://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/229682/

____________________________

誰得
安定の東スポクオリティ
元安藤のスケスケTバックにワロタwww
誰かアドバイスしてくれる人はいなかったのかしら?
「2号さん」はお気楽でいいね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: あらやだ。
すごい情報が次々とww

すべて拝見しており保全しております。
記事にすべきものがどんどんたまっていて申し訳ありません。
1個教えてくださると7個くらい芋づる式に関連情報がwwwすごいことだ!

りんく→リンクも修正致しました。ありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 間違い訂正です。
ありがとうございます!!
ttp://www.gasengi.com/main/board.php?bo_table=commu05&wr_id=280727
こちらは知りたかった情報がまとまっていて本当にびっくりしました。
ツイッターの件もすみません。。。
すべて保全しています。
スケ連の記事
“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」

http://gendai.net/articles/view/sports/147779/2


変な記事もよく書く日刊ゲンダイさんですが、今回のスケ連に対してはgood!じゃないでしょうか?

スケ連には、選手第一主義でお願いしたいものです。

No title
日刊ゲンダイがコノヤローな記事を書いてきました

真央「トリプルアクセルは2回」 本番直前変更までの紆余曲折

女子フィギュアスケートの浅田真央(23)が5日、ソチへ向かう前に成田空港で報道陣に対応。武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=3A)に話が及んだ時に笑みが消えた。

 銀メダルに終わった前回のバンクーバー大会ではショートプログラム(SP)とフリー合わせて3回の3Aを決めたが、「今年に入ってからいろいろ考えた結果、2回(SPとフリーで各1回)」と明言。「バンクーバーで3A3回という目標は達成した」とし、「(フリーは1回の方が)プログラムのバランスがいいですし、得点自体はあまり変わらないので」と回数減の理由を説明した。

■「いろいろ考えた結果」

 今季は試合で3Aを完璧に決めたことはない。スケーティングは安定しており、スピンやステップでは最高評価のレベル4を何度も得ている。女子では浅田しか跳べない3Aを3回跳ぶより、スケーティングや表現力での勝負を選択したのだろう。自身は親しい関係者にも「フィギュアスケーターの集大成として、最後の五輪では技術や芸術性、表現力で勝負したい」と話しているという。

ソチ空港では笑顔も/(C)本紙・真野慎也
 しかし、それが本音かどうかは大いに疑問だ。あるスケート関係者がこういう。

「3Aを1回減らしたのは佐藤(信夫)先生の指示でしょう。コーチの佐藤先生は、ジャンプばかりが注目されるスケートをよしとしない。3Aを跳ばなくても、今の真央のスケーティングと表現力があれば、他のジャンプでノーミスなら高得点が出ると考えている。今シーズンの真央は助走スピードが落ちて3Aを1回も成功させていない。ジャンプミスは技術点だけでなく、演技構成点にも影響する。リスクの高い3Aをフリーで2回跳ぶより1回にして、総合力で勝負しようということなのでしょう」

 今では佐藤コーチの方針を受け入れた浅田も、「はい、わかりました」と、すぐに納得したわけではないだろう。

 わずか12歳で3Aをマスターした天才スケーターは、このジャンプで喜びも苦しみも味わってきた。15歳でシニアデビューした05年はグランプリファイナル(GF)に優勝。19歳で迎えた2010―2011年シーズンは3Aが決まらずスランプに。バンクーバー五輪では3Aを3回成功させたが、その他のジャンプが回転不足でキム・ヨナに敗れた。

ソチ空港では笑顔も/(C)本紙・真野慎也
 2011年12月、GF直前に最愛の母、匡子さん(享年48)が逝去。葬儀翌日から練習を再開し、全日本選手権では5度目の優勝を手にした。

■「一番の見せ場」

 年々体は大きくなり、今季は腰痛にも泣かされてきた。それでも浅田は、「最後の五輪は笑顔で終わりたい。3Aを跳んで“やったー!”と思える演技をしたい。3Aはプログラムの中で一番の見せ場。大きな武器でもある」というほど思い入れの強いジャンプだ。「3回を2回に」との変更は受け入れ難い決断だったことは想像できる。

 別のスケート関係者は「浅田の3Aが2回になったというニュースにキム・ヨナ陣営はほくそ笑んでいるのではないか」という。

「3Aは3回転ジャンプの中では最も基礎点(8.5)が高い。各国の五輪代表で3Aを跳べるのは真央だけ。フリーで2回とも完璧に決めれば、9人の審判員に与える印象度が違う。技の出来栄えを評価するGOE(マイナス3からプラス3まで7段階)の加点も大きくなる。真央自身の気持ちだって乗ってくる。そもそもソチでの真央は、3A3回と、6種類の3回転ジャンプを8回跳ぶことを目指してやってきた。3Aの回数を減らしたということは、今も3Aに不安を抱えているという証し。表現力では定評のあるキム・ヨナは、実は3回転ルッツ+3回転トーループなどのジャンプも評価が高い。残念な決断です

 スケート技術や演技力・振り付け、曲の解釈など、5項目を10点満点で評価する演技構成点は実績のある選手が高くなる傾向がある。この点でも浅田よりキムの方にアドバンテージがある

 3Aにスケート人生を懸けてきた浅田真央。「安全策をとった」との印象は否めないが、リベンジの金メダルか、それとも連敗か……結果は21日未明にわかる。

http://gendai.net/articles/view/sports/147776

8トリプルは決して安全策ではないし総合力は真央のほうが上です
おかしなことを書くなボケ!!(▽Ⅲ▽♯)
怒りおさまらず・・・
日刊ゲンダイ 成龍とリード姉弟へのひどい記事をアップしています!

「フィギュアスケート偏向報道のまとめ」でも捕獲し、アップしましたが、読めば読むほど、むかつく記事!!


『羽生トップも…団体戦浮沈の鍵握る姉弟アイスダンスの実力』

新種目のフィギュアスケート団体戦初日は男子とペアのショートプログラム(SP)が行われた。男子の最後に登場した羽生結弦(19)は4回転トーループにトリプルアクセル、出場選手でただひとり演技後半に3回転の連続ジャンプを跳び97.98の高得点をマーク。3度の五輪メダルを手にしているプルシェンコ(2位=ロシア.31)や世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(3位=カナダ.23)を抑えての1位となった。

「すごい緊張しました。ですけど、今できることをしっかり頑張れたと思うので、今日は単純に喜びたいと思う。チームに10ポイント、という思いで演技をしていたわけではないですが、なるべくチームに貢献できるように精いっぱいの演技はできたかなと思う」(羽生)

 ソチに入っても好調を持続させている羽生は、14日未明から始まる個人戦でも、プルシェンコやパトリック・チャンと金メダルを争うことになる。

■満点羽生の足引っ張ったペア

 だが、羽生の圧巻の演技で会場が沸いた興奮は、数分で冷めた。

 男子SPの直後に行われたペアは、高橋成美(22)、木原龍一(21)組が第1グループの最初に演技。大きなミスはなかったものの、ロシア、カナダ、中国、イタリアといった上位国とのレベル差は大きく、どうにかペアらしい形を見せているだけ。順位は8位(3点)だった。日本は2種目が終わって13点。羽生が最高点を獲得してどうにか4位につけた。

 19点で首位に立ったのは、男子SP2位(9点)、ペアは昨年の世界選手権で圧勝したボロソジャル・トランコフ組が1位(10点)のロシアだ。

 日本チームは男女とも個人戦で羽生、浅田真央(23)という金メダル候補を抱えているだけに、「団体でもメダルを」と期待されているようだが、そうはいかない。ペアとアイスダンスのレベルが極端に低いからだ。

 ペアに出場した高橋・木原組は昨年1月にペアを結成したばかり。初めて練習をしたのは、くしくも1年前の2月6日だった。

直前まではシングルの選手だった木原は当初、女性を持ち上げるリフトや空中に放り投げるツイストリフトなど、ペア特有の技の練習は、高橋のケガを心配して恐怖感を持っていたという。

 その木原は演技が終わっても表情はガチガチ。「現地入りした当初はあまり緊張しなかったが、練習でちょっと硬くなってしまっていた。最後に細かいミスが出てしまった」と振り返った。

「レベルの低い第1グループの時は会場も静かだった。それが演技レベルが上がるにつれて歓声は大きくなっていきました。最後に出てきた地元ロシアのペアは、これぞペアの演技という成熟したフィギュアの芸術を見せてくれた。バレエ王国だから文化の違いといってしまえばそれまでだが、日本のペアとは大人と子供ほどの差がある」(現地記者)

 上位国のペアは高さとスピードのある豪快な3回転のツイストリフトは当たり前。2回転の日本ペアでは太刀打ちできない。

そもそも日本は五輪予選でペアの出場枠を獲得できなかった。それが選手の国籍問題でエストニアが出場枠を返上。開幕1カ月前に補欠1番手で繰り上がった。その程度の実力なのだ。

■前回五輪17位、世界選手権は20位

 8日のアイスダンスも、日本のキャシー・リード(26)、クリス・リード(24)の姉弟ペアは苦戦必至。バンクーバー五輪17位、昨年の世界選手権は20位といった実力しかない。

 日本チームは浅田真央が10日未明のSPで1位になれば、上位5カ国によるフリー進出は濃厚。フリーの男女は、おそらく町田樹(23)、鈴木明子(28)が起用されるはずだが、団体のメダルは、世界選手権のメダリストを並べたカナダに、4種目すべてにメダルを争えるメンバーを揃えたロシア、それに米国の3強で決まり。日本は町田と鈴木が健闘しても、4位に食い込むのがやっとだろう。  
ききょう様
成龍がペア結成1年目にして10チーム中8位に入ったというのは大健闘でしょうが。

失礼ながらペアでは全くポイントを取れないかもと思ってましたので
(成美ちゃん、木原君ごめんね)

バランス的には記事の通りアメリカ、カナダ、ロシアで決まりかもしれませんが
Pちゃんにミスが出て男子シングルで3位になり
アボット君が10か国中7位になるなんて誰が予想できたでしょうか

五輪は始まってみなければわからない。
ここ一番という時の団結力はどこよりも強い。
こんな失礼な記事を書いたやつらをぎゃふんと言わせるような演技を見せてもらいたいです





ほっとする記事(だと思います)
はじめまして。
突然ですが、穏当と思われるオリンピックの記事を一つご紹介します。「ロシアNOW」という新聞です。毎日新聞の折り込みとして配布されています。

――女子シングルでは23歳の浅田真央が抜群の強さを発揮している。太刀打ちできるのは15歳のユリア・リプニツカヤしかいないというのが大方の予想だ。――

http://mainichi.jp/sp/roshianow/

左にある紙面の画像の右下、「ソチを熱くする」という見出しの記事です。クリックするとPDFで読めます。

この「ロシアNOW」というのは、サイトの説明によると、以下のようなものです。

――ロシア最大の日刊紙「ロシスカヤ・ガゼタ/ロシア新聞」が、政治、経済、文化、流行などさまざまな分野でロシアの今を伝える日本向けの新聞『ロシアNOW』。すでに世界17カ国21の新聞で700万部配布されているものの日本版です。――

ロシアの新聞による日本向けの記事なので、少しは割り引いて読まなければいけないかもしれませんが、ファンの実感に近いのではないでしょうか。
No title
今回団体戦出場国で日本と中国、ウクライナは確かに
他の7か国には大きく水をあけられてます
PBではリード姉弟もウクライナも中国ペアも大して変わらないスコアとなってますが
今季の成績に関しては少なくともリード姉弟はスコアでこの2カ国を上回ってます

クリスの膝が心配ですが大きなミスがなければ最下位になるということはないと思います
浅田選手がトップに立てば合計26ポイント獲得でFSには進めるでしょう

FSには5か国しか進めず、SPで獲得したポイントにさらにFSのポイントを重ねる必要がありますが
男女シングルに関しては個人戦との日程の兼ね合いがあるため
同じ選手をFSには投入できないでしょうし、交代した場合は戦力的には劣ります。
日本は男女シングルともSPとほぼ同じレベルの選手を投入できる

5か国中ペア、アイスダンスは最下位となってしまうでしょうが
順位点はFSであってもSPと同じですので
リード姉弟も成龍も最低6ポイントは得られるんです

それにアメリカが男子シングルSPでまさかの7位スタートでしたし
アメリカのアーロン君、カナダのケビン君の力は未知数です
大きく水を空けられるとは思いません
アメリカ、カナダ、ロシアの一角を崩せる可能性は十分にある!と思います
ここでよいのかわかりませんが。。
姐さま、皆さまこんにちは。
こちらに書いてよいのか悩んだのですが。。

Mizumizuさんがひさしぶりにフィギュアスケートについての記事をアップされています!
羽生選手に関するものでした。

Mizumizuさんと羽生選手のファンは急げ~!
2月8日中日新聞の記事です
「母の優しさに包まれて」

受話器越しの声は今も鮮明によみがえる。
2010年3月。浅田匡子(きょうこ)さんとの会話は、自然と閉幕したばかりのバンクーバー冬季五輪へ及んだ。初の五輪に挑んだ当時19歳の次女の真央が、フィギュアスケート女子で銀メダル。韓国の金 児(キム・ヨナ)に敗れ流した大粒の涙が忘れられないと伝えると、匡子さんは笑いながら答えた。
「悔しかったけど、でも金メダルを取れなくて良かったんじゃないかな。取っていたら、真央はスケートをやめてしまったかもしれない。燃え尽き症候群ってやつ」
良かったなんて、そんなはずはない。まな娘とともに立ち上がり、前に進もうとする母親は、こう続けた。「成人するまでが親の役目だと思っているの」。20代で初めて迎える次の五輪へと視線を向けていた。
「あのころは楽しかったね」。明るい声は昔話へと進む。記者がフィギュア担当だったのは06年3月までの2シーズン。取材現場に常に現れていたのを、真央が最初は不気味がっていたと明かした匡子さんは、ケラケラと笑い「それ今度、真央が金メダル取ったら書きなよ。絶対に面白いよ。金メダル取ったら絶対に1面に書いてね」。からかいながら繰り返した「金メダル」が記憶に残る。
そんな記事を書き、読んでもらえると疑わなかった。11年12月、48歳の匡子さんは永眠した。
亡くなる前年、真央が20歳の誕生日を迎えた9月に一通の手紙が届いた。父親となっていた記者に、匡子さんはこう語り掛けてくれた。
「あの真央も20歳になりました。時のたつのは早いね。子どもさんを育てていくことにより、また違う自分を発見されたと思います。守るものがあるっていいですね」
ソチ五輪が開幕した。真央は集大成のリンクに一人立つ。強くて厳しくて、そしてどこまでも優しかった匡子さんの、無尽の愛に守られながら。
(高橋隆太郎)


今朝の朝刊に載っていた記事です。

真央ちゃんと同じ時代に生きて、一点の曇りなく心から応援できる事に幸せを感じ感謝しています。
今晩も全力で応援します!!!
Re: ここでよいのかわかりませんが。。
> 姐さま、皆さまこんにちは。
> こちらに書いてよいのか悩んだのですが。。
>
> Mizumizuさんがひさしぶりにフィギュアスケートについての記事をアップされています!
> 羽生選手に関するものでした。
>
> Mizumizuさんと羽生選手のファンは急げ~!

えんさん、コメントありがとうございます。全俺が号泣です。
NBC放送 フィギュアとバレエの関係に何故か?
皆様、日々の活動、お疲れ様です。
本日、テレビでNBCのオリンピック番組でロシアにおけるフィギュアスケートとバレエとの関係についてのリポートがありました。NBCのウェッブページからも動画が見れますので、リンクを貼っておきます。
http://www.nbcolympics.com/video/art-ice-russias-passion-ballet-and-figure-skating

見ていただくとわかりますが、川口・スミルノフ組のコーチがインタビューに応えていて、彼らの氷上練習風景と、バレエレッスンの風景が出ています。これはお二人が真摯に取り組んでいらっしゃる姿がすごく素敵です。
その後、いろんなフィギュアスケーターの映像がフラッシュのように出てきて、「あ、仮面舞踏会の真央ちゃんだ!」と、喜んだのも束の間、バレエの素養もあったもんじゃない何処かの青い衣装を着たネエチャンがちらっとでてきやがりました。その少しあとでで真央ちゃん再度出現して目が浄化されましたが、NBCまださりげなくキモリミナルやってやがります。真央ちゃんは、ロシアのコーチにもついたし、バレエもやっているから、ロシアスケーターでなくても入れられても納得ですが、なぜにやつが?キモリミナルだけすると抗議が殺到するから、真央ちゃんでごましかしてるんか?これで脳内花畑の工作員やら某国のメディアが「NBCに取り上げられたニダ!やっぱりうちのピギョクインは、バレエの素養があって美しいとアメリカも思ってるニダ!」なんて、ホルホルするのか???
NBC、一体いくらもらってんだか。
文春2月20日号
姐様皆様方こんばんは。

もうご存知かもしれませんが、本日発売の文春に
「浅田真央「金」最大の壁 キムヨナ高得点の「闇」に迫る」
掲載されております。

ざっと読んだところ、たくわんとサムスンとIOCのアヤシイお金の流れや、
IOC委員を狙っている話やえげつないロビー活動について、
またもや「オーサーコーチとウィルソンのおかげで技術が完璧に」捏造もありますが、
練習不足でスタミナがない話まで言及しております。

何がなんでも「キムヨナは下手くそ」がばれるのがまずいみたいですw

アサヒ芸能さんは正直がっかりだったのですが、文春さんは買いです。
ネットでは知られた話ばかりでもの足りないかもしれませんが、
応援買いを致しました(`・ω・´)ノ

よりにもよってマスゴミの「たくわんソチ入り」ごり押しの日に
発売とは文春さんいい仕事してますw

どれぐらいの人が吊りチラシ読むんでしょうね
とっても楽しみですわw

フィギュアスケート滑走順
茶番までは30名の出場選手を上位15人、下位15人に分けて
下位15人は第1~第3G、11~15位は第4G、1~10位選手は第5、第6G
の5人×6Gに振り分けるという滑走順だったのですが

今回はWSの上位12名が第4~第5G、その他18名は第1~第3G抽選の
6人×5G制のシステムに変わったようです

佳菜子ちゃんは4CC前から上位12名には入ってたので
無理して出場する必要はなかったんちゃうかと思います
でも全日本、4CCとミスの無い演技が続いているのでこの好調さを本番でもつなげてほしいですね

キンケンジさんは上位12位以内には入ってませんので
日本選手らと同グループに入ることも最終Gに入ることもありません。
それどころか第1Gに入る可能性も出てきました
ヤツが何番滑走を引き当てるのか楽しみです
ヤツが何番滑走になるのか
滑走順
そうなんですね~、ヤツは第1G~第3Gに入るんですね。
4CCでクーシンを下げた意味がなかったということですね。
第3Gで滑る気満々だったみたいですがどうなるんでしょう。
ソヨンとヘジンと3人が一緒だったらちょっと面白いかも。
それでも第3Gで、しかもグループで3番目クジを引いたとしたら、
もう真っ黒ってことですよね。
第4G、第5G以外は、ロシアコールもブブゼラもなさそうなので
上位選手よりは滑りやすいかもしれないですが。
「リプニツカヤが優勝するような雰囲気あるのは良くない」<お前が言うな
文春を買いに行くつもりでつい買ってしまったニッカンスポーツの記事です


まず見出しはこんな感じでした↓

ロシア15歳の「地の利」チクリ真央と金対決へヨナの警告
「リプニツカヤが優勝するような雰囲気あるのは良くない 私も人間ですので」

本文書き起こします

五輪連覇に挑む女子フィギュアスケートの金妍児(23=韓国)が警戒を強めた。12日(日本時間13日)にソチに到着。団体金メダルの立役者となったユリア・リプニツカヤ(15=ロシア)が優勝候補扱いされていることに「リプニツカヤが優勝するというような雰囲気があることはよくない。私も人間ですので」ときっぱりと口にした。浅田真央(23=中京大)殿ラストバトルに15歳のヒロインが参戦。19日(同20日未明)から始まる女子シングルの戦いが一層熱を帯びてきた。

声援気になる 判定は変わる


金が警戒心をにじませた。韓国を中心に約100人の報道陣、20台以上のカメラが終結したソチの空港。深夜にそぐわない異様なムードの中「リプニツカヤが優勝候補に上がっているが」と聞かれたときだった。

「まだ試合はしていないし練習もしていない。大会前には金メダルが誰、銀メダルが誰と(いう予想)はいつもなので別に構わない。ただリプニツカヤが優勝するというような雰囲気があるのは良くない。私も人間ですので」

ジュニア時代からのライバル浅田との最終決戦に15歳の天才少女が割って入ってきた。新種目の団体金メダルに導いたヒロインは連日大きく報道され、個人戦との2冠達成というムードが増しつつある。そんな追い風に対して到着直後からくぎを刺した。
リプニツカヤの団体SPとフリーの合計点は自己ベストを更新する214.41(参考記録)。フリーでは柔軟性を生かした「キャンドルスピン」で今季最高を上回る得点をたたき出した。今大会ではロシア勢が高得点を出し、12日のペアでは金と銀を獲得した。地元の大声援をバックに快進撃が続く。
 金は自分に言い聞かせるように続けた。

「ロシア選手の後で演技するのは(観衆の)声が大きいので気になりません。フィギュアスケートはスピードスケートのように記録できそうもの尾は違う。試合によってジャッジは変わる。選手はそれを受け止めて、それも試合のうちだと思う。私ができることをするのは大事。自分にとって最後の試合なので、そういうこと(開催国ロシアへの追い風)にかまわず、自分の試合をしたい


本番への仕上がりには手応えを示した。女子SP(19日)の1週間前に決選後に入った。「他の大会に比べて早くソチにきた。バンクーバーへも早く入った」と金メダルパターンを踏襲。さらに「日本とかイタリアの選手でなくてよかったと思った。試合をしていいこともあるが、体力が問題になるかも。試合は選手にとってストレスが多いので出なくてよかった」と、団体戦がなく個人戦に集中できるメリットも強調した。
 ソチ五輪が現役最後の演技になる。「最後の試合になると思うと集中できないかも、と思って、ただの試合と思って練習してきた。試合もそうしたい。結果はどうなるかわからないが、準備は完璧にしてきた」警戒心や不安を支えつつ、最後は五輪女王として自信を漂わせた【益田一弘】

ヨレヨレ演技を棚に上げて順位やスコアに拘って
判定にいちいちブータレ顔してんのはお前だよ!オ・マ・エ!!!

「ユリアが優勝する雰囲気は良くない」
「大会が変わればジャッジは変わる。選手はそれを受け止めて」なんてお前が言うな!!!!!(▽Ⅲ▽♯)
FRIDAY
本日発売フライデイ
決着へ!あなたがいたから私は強くなれた 浅田真央とキムヨナ23年の愛憎物語

新聞広告をみて投稿しました。目玉記事ではないようです。しょぼいかも。
週刊現代2月22日号 最悪です
恥ずかし連投 たまたま今しがた講談社 週刊現代を読みまして・・・
見出しはこうです
「残念!だけど専門家はこう見ている 浅田真央はキムヨナに勝てない」
内容は書いちゃっていいものか?とにかく終始浅田譲サゲサゲです。
専門家とは佐野、武田奈也氏、藤本大和氏諸々。モロゾフがおかしなコメントしてます。スポーツライター野口美恵氏はキムをひたすら褒めてます。
「浅田譲が完璧に演技することが絶対条件。そのうえでキムがミスをすれば初めて金メダルが見えてくる」と語った連盟関係者って誰だ???
フリーの構成を載せていますが3axelの次が3loop-2toeってなってます。は??? 胸くそ悪いです。買っちゃいけませんよ。
新聞広告です
新聞読むので週刊誌の広告見ちゃうんですよね。内容が気になります。

週刊現代3月1日号
いよいよソチ五輪最終決戦!状況は圧倒的に不利だけど 浅田真央最後は「自分のため」に跳べ!

週刊ポスト2月28日号
もう日の丸とか国民の期待とか背負わないで
浅田真央よ、最後に「恋人」のためだけに跳べ!

こっちは「自分のため」そっちは「恋人のため」???恋人???立ち読みだな

ついでに NHKスペシャル『羽生結弦 金メダルへの道』は総合にて17日午後8時より放送。

週刊ポストと週刊現代
ブログ:「スケート偏向報道まとめ」のききょうです。

週刊ポスト2月28日号の真央ちゃんの記事、ネットで見つけたので、ブログにアップしました。
たぶん同じだと思いますが・・・

週刊現代の2月22日号 「残念!だけど専門家はこう見ている 浅田真央はキムヨナに勝てない」の記事もネットにアップされていたので、2/16にブログにアップしました。
荒川氏によるキムチ不正疑惑の説明
日刊サイゾーより
『キム・ヨナ八百長疑惑に荒川静香が反論!「ジャンプの浅田、芸術性のキム・ヨナ」は誤解!?』
http://www.cyzo.com/2014/02/post_16159.html
◆内容◆
連日、盛り上がりを見せるソチ五輪だが、目玉はなんといっても、引退を表明している女子フィギュアスケートの浅田真央が、バンクーバー五輪の金メダリストであるキム・ヨナに雪辱を果たせるかどうかだろう。
 しかし、この世紀の対決を前に、根強くささやかれてきた“ある疑惑”が噴出している。それは、ヨナ陣営および韓国による八百長や買収疑惑だ。
 たとえば、「週刊文春」(2月20日号/文藝春秋)は『浅田真央「金」最大の壁 キム・ヨナ高得点の「闇」に迫る!』と題し、ヨナの高得点の背景としてIOC(国際オリンピック委員会)のスポンサーである韓国の電子企業サムスンの影響力を指摘。「アサヒ芸能」(1月23日号/徳間書店)でも、『キム・ヨナ「怪しい高得点」の裏カラクリ』として、国際スケート連盟に対する韓国スケート連盟の猛プッシュがあることを示唆している。
 もちろん、このような疑惑が生まれるのには理由がある。浅田が難易度の高いトリプルアクセルを成功させても得点は伸びず、一方のヨナはジャンプに慎重な姿勢をとり、簡単なジャンプしか飛ばないにもかかわらず、芸術性や色気などという主観的かつ曖昧な評価で高得点を叩き出しているからだ。
 特に、この結果に憤慨しているのはネット民である。ネット上では、試合が行われるたびにキム・ヨナの高評価に疑問の声が寄せられ、浅田がヨナに負けたときには「八百長」「買収」という言葉が飛び交う。ついには、ヨナの高得点に異論を唱え、ネット上で人気を博す「ときどき黒猫」のブログ主が『フィギュアスケート疑惑の高得点』(東京図書出版)なる本まで出版、話題を集めた。採点に納得できない結果が、ヨナへの“疑惑”を増長させていることは間違いない。
 だが、こうした疑惑に苦言を呈し、反論を行う者がいる。トリノ五輪で金メダルに輝いた、プロフィギュアスケーターの荒川静香だ。
 荒川は、1月に出版した『誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術』(朝日新書)で、現在の採点システムについて「技術と芸術が融合したフィギュアスケート本来の戦いに戻ってきた」「(よく「公平か」と質問されるが)ほとんどの場合、納得できるもの」と肯定。その上で、ネット上で叫ばれる“キム・ヨナ八百長説”に真っ向から反論しているのだ。
 そもそも、浅田とキム・ヨナの対決についてメディアでは「技術力の真央 vs 表現力のキム・ヨナ」と語られがちだが、荒川はこれについて「一般的には浅田選手はジャンプ技術が持ち味で、ヨナは表現力で勝負していると思われがちですが、私から見るとむしろ逆なのです」と主張する。実際、バンクーバー五輪や昨年の世界選手権における浅田とヨナの技術点・演技構成点を比較すると、いわゆる芸術点に当たる演技構成点の差はさほどなく、それ以上に技術点に大きな差があるのは確か。ヨナとの比較を抜きにしても、ここ数年の浅田は、技術点はほかの選手たちを下回りながらも、演技構成点で勝つケースが目立っている。
 これは先日行われた団体戦でのショートプログラム(SP)でも同様だ。荒川が指摘するように、“技術力の真央”というよりも、演技構成点に助けられているといってもいい。
さらに荒川は、「ヨナは技術点のうちGOE(技の出来映えに対する加点)が高すぎる」という“キム・ヨナ八百長説”を唱える人々に反駁するように、「一つ一つのジャンプの質を見て、どちらが加点のつくジャンプを跳んでいるかというと、ヨナはやはりすごく強いジャンパーです」と断言。着氷率の高さはもちろん、テイクオフのスピードと勢いがあると解説している。また、ヨナの武器であるルッツやフリップなど難易度の高いジャンプで3回転+3回転のコンビネーションができる選手はシニアの女子ではごくわずかであるとし、なおかつ「彼女(筆者注・ヨナ)ほどの確実性がある選手は他にいません」と称賛。ヨナの技術点の高さと加点の多さには、きちんと理由があることを強調する。
 一方、浅田に対しては、「ヨナよりも体に柔軟性があり、スパイラルやスピンのポジションが美しい。ステップなどもすごくうまい選手だと思います」「彼女は常に姿勢が美しく保たれて、スケーターとしての天性の美があります」とジャンプ以外の要素を評価しつつも、「スピードに関して言うなら、プログラム全体を通してあまり緩急がなく、演技中にものすごくスピードを出している、という部分はありません」と指摘している。
 また、ヨナの八百長説のもうひとつの論拠となっている「ヨナは不正エッジをとられない」という点についても、荒川は昨年の世界選手権でヨナが不正と判定されたことを例に挙げ、
「ジャッジも技術スペシャリストたちも、復帰してきた選手に対しては半信半疑の厳しい目で見ていますから、SPではまだ点が抑えられていたと思います。彼女のフリップのエッジが不正エッジに判定されたのは、少しびっくりしました。というのは、彼女のフリップは本当にギリギリの、どちらともとれるエッジなので、これを不正としたら多くの選手が不正に該当してしまうのではないだろうか、というほど微妙なところだったのです。FS(フリー・スケーティング)でもまったく同じように跳んだのですが、判定は不正エッジにはなっていなかった。だからやはりSPではちょっと厳しすぎたのではないかと思います」
と正反対の感想を述べている。
 そして、ネットの動きをこう批判するのだ。
「時々、理解不十分な結果に対して『不正だ』『八百長だ』という言葉を使って、感情的にブログなどに書き込む人を見かけますが、このスポーツを愛する者の一人として、とても残念に思います」
 フィギュアの国際大会における採点が「公平」かどうかはさておき、そもそもフィギュアスケートの本質は美の追求。ソチ五輪では、荒川も書いているように、「採点のことよりもフィギュアスケート本来の良さ」を楽しむべきではないだろうか。
(文=エンジョウトオル)


(「偏向報道まとめ」でも捕獲しましたが、姐さんのブログの方が、ご覧になる方が多いと思いましたので、アップしました。)
俺たちの東スポさん 2/18、週刊女性3/4号
姐さん皆様こんにちは

俺たちの東スポさんに、オーサーに再直撃記事が載ってます。
かなり真央ちゃん持ち上げていて、かえってうさんくさいw
ですが、真央本命は変わらずと、ポジティブ記事なのでいいかなーと。
東スポさんて、夕方発売なんですね。
残りわずかで焦りました。

後、週刊女性今週号に匡子ママのインタビューと、
バンクーバー後からの秘話が載っています。
なんか見開きにいらない汚物が小さくいますが、
100均のタックシール貼れば大丈夫!(`・ω・)b

女性誌らしい下世話な話もありますが、
立ち読み確認中に涙駄々もれしてきたので、急いでレジに持ってきました。
店員さん、驚かしてごめんなさい。
(´;ω;)っ□ Σ(´∀`;)ギョッ

ちなみに表紙は、美しいノクターン真央ちゃんです。
嫁にそんな目で見られると困っちゃうううう

お忙しいところ申し訳ありませんが、皆様方にもお伝え下さいませ。

ちくしょーロシアのあほー!
大和魂なめんな!負けないぞーー!
失礼しました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
しお韓からの転載です
22 :氷上の名無しさん@実況厳禁:2014/02/18(火) 01:44:37.77
ボール分厚いヨナが金の娘の...ことでしょう
記事入力2014-02-1800:27|最終修正2014-02-1800:33

「ヨナがなければ誰が金メダルを取るつもりですか?金はヨナだろうと確信している。ことだろうか?」

オタビオクァンタ(76)国際スケート連盟(ISU)会長は16日(現地時間)ソチ冬季五輪の現場で記者に会ってこのように断言した。
フィギュアスケートを含む氷上競技を管轄するスポーツ器具の首長がキム・ヨナ選手に支持されたのだ。

イタリア人に国際オリンピック委員会(IOC)委員でもあったクァンタ会長はIOC専用宿泊施設であるラディソンブルホテルのロビーで記者に会い、
「フィギュアスケートの中でもシングル部門は、ボールゲームである。オリンピックの舞台に立つ選手たちなら実力はすでに最高だ。
誰がボールを慰めに競技に臨むかがメダルの色を分けること 」としながら「ヨナがバンクーバー冬季オリンピックとその後の舞台で見せてくれた姿を見れば、今回もヨナに賭けたい」
と微笑んだ。IOC専用宿泊施設では、ロシアのプーチン大統領も立ち寄る場所に守られている。
キム・ヨナ選手と同い年のライバル浅田真央選手について聞くと、クァンタ会長は
「真央も非常に素晴らしい選手だが、(ボール面では)少し残念な点がある」と述べた。

ソチの現場では「キム・ヨナ対浅田真央」ではなく「キム・ヨナ大ユリアリーフニッツカヤ(ロシア)」の対決構図に関心が多い。
アメリカのフィギュア選手であるグレイシーゴールドは、記者に「リーフニッツカヤの体はゴムで作られたものだ。
(体を後ろにジョトヒヌン)レイバックスピンをするときの角度を見て驚いた」と舌を巻いた。
プーチン大統領がISU審査員にリーフニッツカヤに有利に点数を付けると慇懃な圧力をかけていることを確認していないとの噂も出てくる。
プーチンは女子フィギュアシングルの試合を現場で観覧することが伝えられた。

しかし、クァンタ会長は「リーフニッツカヤは恐ろしい新人として立派な選手だが、まだヨナ選手がより可能性があると思う」と述べた。
韓国人記者だからそう言ってくれるのかと尋ねたところ、彼は「本気」と笑った。
もちろん、これは「スポーツ外交官」であるIOC委員がする「聞きやすい言葉」であることもある。
団体戦では、リーフニッツカヤがフリースケーティングで1位をしながら、ロシアが初の金メダルを獲得者プーチンはむっくり立ち上がって手を打った。
すぐその横で一緒に拍手を送った人物がチンクァンタ会長だ。

クァンタ会長は韓国に対して忠告もした。ソチオリンピックで新設された団体戦と関連しているからだ。
「韓国のフィギュアスケートはヨナ一人だけ頼りすぎている。男子シングルはまったく選手すらない。
男子フィギュア選手がないから当然ペアでも、アイスダンス部門でも出場をしないならない」とした。
彼は団体戦について、「視聴率が良いうえに、チームワークをブクドトヌンという点で、オリンピック精神(Olympic Movement)の実装にも最適」とし、
今後も団体戦をオリンピック種目に続いておくことを示唆した。彼は続いて「韓国は団体戦部門には出場資格も持たずにいる。
次の冬のオリンピックの開催国としても非常に残念な部分だ」と批判した。

ショートトラックの話に移った。ビクターない(アン・ヒョンス)の話が出た。
クァンタ会長は「ビクターの中、私の知る最高のショートトラック選手」と親指を立てて見せた。
韓国としては残念な部分があるとし、彼は肩をすくめて「それは何も私のせいではないでしょうアンウニャ」と冗談を言った。
さらに、「彼はレースを終えた後、氷の上に座り込んで涙を流した姿は胸キュンした。彼は今、ロシアの選手だ。
韓国と私たちができるのは実力で金メダルを取った選手に拍手を送ることだけである。韓国ショートトラックも奮発しなければならない」とした。

ソチ=文・写真ジョンスジン記者

ttp://imgnews.naver.net/image/025/2014/02/18/htm_20140218032830103011_59_20140218003306.jpg
オタビオクァンタ国際氷上連盟会長は「次の冬のオリンピックの開催国である韓国は、(キム・ヨナ選手引退後の)未来を準備しなければならない」と忠告した。

ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=025&aid=0002317952
Re: 週刊女性がー
ええと、姐さんが、1個前の2chのキム・ヨナアンチスレを見ていたら
あのコメントは最初にそちらに書き込まれて即座に「団体戦のメダルだよ」と
言われていたことに思い至ったはずなんです。

ぎゃーって動揺して画像までとってメダルが!なんでよ!と大騒ぎしたのは
完全にこちらの勘違い、ど忘れ、ミスでした。

記事を下げたのは、内容が完全に「間違い」だったためです。

出し続けてもかまわないですが、無駄に記事を増やすのはどうかと思いまして。
皆さん速攻でつっこみを入れてくださって逆に安心しました。
明確なミスを放置されるほうが、痛いですから。

皆さんにご心配をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
アサヒ芸能
キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査
http://www.asagei.com/19457
http://www.asagei.com/19508
http://www.asagei.com/19509
http://www.asagei.com/19510
アサヒ芸能もうひとつ
キム・ヨナ 「拒食症」疑惑で深刻な肉体崩壊の危機
http://www.asagei.com/20382
http://www.asagei.com/20413
http://www.asagei.com/20414
2/20日テレ PON!
超小ネタですが、テレビ欄について。
昨夜9時頃だったか、試合開始前の時点で地デジの録画予約画面で、
「女子フィギュア なぜこの結果になったか、プロが解説」
という主旨の番組内容の説明が出ていました。

今の時点では、「熱血ソチ五輪いよいよ女子フィギュア!なぜこの結果?プロが真央&ライバルを徹底分析&これまでの名・珍場面を大特集!」となっています。
一字一句同じだったかは確認できません。すみません。

放送されるのはおそらくいつも通りの荒川ダブルスタンダードでしょうが、
試合前に「結果を知っていた」かのような表示があったことをお知らせします。
昨夜のうちにキャプチャをとってここに来なかったことが悔やまれます・・・。
大失速の浅田真央 フィギュア団体戦がもたらした影響
THE PAGE 2月20日(木)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000001-wordleafs-spo&p=2
スポーツライター矢内由美子氏の意見。私も同意します。出場した選手の意見を聞くなり絶対再考されるべき。IOCに物申す。
ここだけのお知らせ
しめきり 2月23日(日) 午後11時59分
(さきほど見かけた情報です。今日だけのイベントかと思っていたら3月にも行われるようです。
ちなみに今日の進行は刈やんだとか。今回フィギュアのカメラワークがひどすぎて残念だったのですが、
イベント用の映像は別に撮影されているようですよ!興味のある方は急いで~!)

『ソチオリンピック フィギュアスケート 8Kスーパーハイビジョン パブリックビューイング東京会場』
https://pid.nhk.or.jp/event/region0301_category6_1.html

「3月9、8日実施分 入場者の募集中 」
NHKでは、ハイビジョンの16倍もの超高精細映像と22.2チャンネルの立体音響で高い臨場感を生み出す
次世代テレビ・8Kスーパーハイビジョンでソチオリンピックの開会式やフィギュアスケートの模様を収録します。
今回のイベントでは、収録した日本人選手の迫力ある映像とゲストによるナマ解説でソチオリンピックの
フィギュアスケートを振り返ります。

【ゲスト解説】 浅田 舞(プロフィギュアスケーター)
【 進 行 】 NHKアナウンサー

入場をご希望の方は、こちらの要領でお申し込みください。
・ 2014年03月09日
・ 2014年03月08日
・ NHKみんなの広場 ふれあいホール(東京都・渋谷区)
しお韓から転載です
[単独]微妙な時… IOC委員長、ヨンと秘密会合

記事入力2014-02-24 03:00:00記事修正2014-02-24 08:47:12

Facebook twitter記事送りフォント拡大縮小ニュースリスニング女性男性PRINT letter clipバッハ、執務室
で異例的招請面談“ユースオリンピック広報大使引き受けてほしい”…判定論議に関連して了解救ったように

2014ソチ冬季オリンピック フィギュアスケーティング不公正判定に対して全世界で非難世論が激しくなって
いる中でオリンピックを主管する国際オリンピック委員会(IOC)委員長が23日(現地時間)キム・ヨナ(24)と秘密
会合を持った。 特にこの日会合はIOC委員長の要請で極秘裏になされた出会いなので会合内容に関心が
集まっている。

IOC関係者などによればトーマス・バッハIOC委員長(ドイツ)は23日ソチ オリンピック期間の間自身を含んで
IOC委員の宿舎と執務室で使っているレディスンブルルホテルでキム・ヨナと20分間秘密会合を持った。 国際
スポーツ界の最高権力者であるIOC委員長が選手個人を招請して別に出会いを持ったことはきわめて異例
なことだ。 普通選手たちはIOC委員長はさておきIOC委員も会うのが容易でないのが国際スポーツ界の現実だ。

これに伴いIOC周辺ではフィギュア判定論議と関連してバッハ委員長が被害当事者であるキム・ヨナの了解を
求めるために出会いを要請したという観測が出てきている。 フィギュア判定論議がずっと続く場合、ロシアに
集中している非難世論がオリンピックを主管するIOCへ向かうこともできるためだ。 キム・ヨナはその間インタ
ビューを通じて“(判定に)くやしかったり気に障ったつもりはない”と明らかにしたがこの日も同じ趣旨の意見を
バッハ委員長に伝達したと分かった。

これに対しバッハIOC委員長はキム・ヨナに対する有り難みの表示でキム・ヨナにユースオリンピック広報大使
を引き受けることを提案したと分かった。 キム・ヨナは2011年第1回冬ユースオリンピックを控えて広報大使を
過ごしたことがある。 しかし選手に復帰する可能性が高かった当時とは違いキム・ヨナは今選手を止めてスポ
ーツ行政家での変身を試みている。 したがって今のユースオリンピック広報大使はキム・ヨナに魅力的なカードだ。

特にIOCソンス委員を目標にしているキム・ヨナにバッハIOC委員長は強固な後援者になることができる。 IOC
ソンス委員は当該年度オリンピックや直前オリンピックに出場した選手たちが同僚選手たちの投票に選出される。
キム・ヨナは2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックの時IOCソンス委員候補で出馬することができる。 ところで
IOC委員長は地域と性別、種目配慮のために最大7人までIOCソンス委員を指名できる強大な権力を持っている。
バッハIOC委員長が決意するならばキム・ヨナをIOCソンス委員に指名することもできるという話だ。 1976年モント
リオール オリンピック フェンシング金メダリストであるバッハIOC委員長は初めての選手出身IOC委員長だ。

ソチ=イ・ホンジェ記者uni●donga.com ●=@
ttp://news.donga.com/3/all/20140224/61149720/1

No title
【フィギュアスケート ルールはどう変わるべきか?】

THE PAGE 2月24日(月)15時50分

 ソチ五輪が閉幕したが、女子のフィギュアスケートでのアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が獲得した金メダルを巡って、韓国のメディアを中心に、今なお、ノーミスで演技したキム・ヨナ(韓国)が銀メダルとなる採点はおかしいとの世論が起き、波紋を広げている。これらの論争がフィギュアスケートのルール改正に、どのような影響を与えるかはわからないが、五輪シーズンが終わったことで、なんらかのルールの大改正が行われることは間違いない。

 元々、フィギュアスケートのルールは、毎年、微調整されているが、2年に一度、大改正が行われている。おそらく今年の6月頃に開かれるISU総会で、来シーズン(2014~2015)前に改正される予定だ。
すでに来季以降の導入の決まっているルール改正点もある。

 ひとつは、男女シングル、ペアの音楽が、アイスダンス同様ボーカル入りOKとなる(今まではボーカル禁止で使用すると減点)。またフィギュアスケートのシニアの国際大会に出場できる年齢が、15歳以上で解禁となる。現行ルールでは、五輪と世界選手権については、シーズン前の7月1日の時点で15歳になっていることが条件だったため、2006年のトリノ五輪では、浅田真央やキム・ヨナが出場できなかった。

 大きな焦点は、やはり採点方法に関する採点だろう。ソルトレークシティ五輪の後に変更された新採点法は、通知簿のように項目、要素ごとの採点が細かく表示され、減点も何で減点されたのかなど、全てオープンにされ、毎年、細かい改善が加えられ、わかりやすい採点法にはなってはいるが、今なお、採点に対するファンや現場からの不満や問題提起の声は決して小さくない。

 元全日本2位で、現在インストラクター兼WEBサイト、アスリートジャーナルで評論活動をされている中庭健介さんは、「今回の五輪では技術点重視、つまりアスリート的要素の強い採点傾向が目立ちました。バランスというものを考えるので、今後は、芸術点がもう少し見直されるような変更になるのではないでしょうか」と予想している。

その中で中庭さんが問題提起するのは、女子の加重係数の見直しだ。技術点と演技構成点の差を埋めるため、現状のルールでは、フリーの演技構成点は、男子で2倍、女子で1.6倍になるのだが、その数値の男女差に中庭さんは疑問を抱いている。

 「フリーの演技構成点にかけられる加重係数(技術点との差をなくために点数を係数によって増やす)の男女差を、もう少し見直してもらいたいですね。加重係数を女子では1.8倍くらい上げてもいいのでは。数値についての再検討の余地があるのではないでしょうか」

 元全日本4位フィギュアスケートに関する著書もある今川知子さんは、「前回のルール改正(2012年)の年に、『FS(フリースケーティング)で5種類か6種類のトリプルジャンプを飛んだ選手にはボーナス点が与えられるというルールができるかも』という噂が出ました。結局、このルールは適用されなかったわけですが、今後このルールの適用を再検討してもいいのではないでしょうか。特に女子の選手にとって、全種類に近い3回転ジャンプを飛ぶことは難しいことです。浅田真央選手が成功したトリプルアクセルを飛ぶのは至難の業ですから」と改正案を主張する。

 今回のソチ五輪のフリーで浅田真央は、6種類、8つのトリプルジャンプを全て着氷して見せた(そのうち2つは軽度の回転不足の判定)。この「8トリプル」は、ギネス記録だとも言われているが、上位10人のプログラムを見直しても、FSで、6種類を飛んだのは浅田選手のみ。優勝したソトニコワ、3位のコストナー、4位のゴールド、5位のリプニツカヤ、7位のワグナー、10位のメイテの6人は5種類だった(不正エッジ踏み切りの判定、軽度の回転不足判定の選手も含む)。

 それならば、もっと採点に反映されてもおかしくない。ただ、問題なのは、女子では、3回転ジャンプを5種類以上入れることは難しいが、男子では、さほど難しくないということ。

 また男子は、3回転ジャンプの種類を増やすことよりも、4回転ジャンプを進化させる方向に向かっている。そうなると女子限定、男子限定の特別ルールというものが必要になってくる。

 「男子の場合は、SP、FSともに4回転を2種類以上飛ぶ選手には、ボーナス点を与えても良いと思います。現在、2種類以上の4回転をプログラムに入れているのは、羽生、フェルナンデス、レイノルズの3選手らです。おそらく練習では成功している選手はもっといるでしょう。そういうルールになると男子ももっと四回転の多種類時代が早く進むかもしれません」とは今川さんの意見。

 ソトニコワの疑惑の金メダル報道で、世論が沸騰しているフィギュアスケートのルール改正問題。その行方から目がはなせそうにない。

http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/cm/main?d=20140224-00000002-wordleafs-spo


以前浮上していたのは「3Aを除いたトリプル5種にボーナス」案。
女子の3Aを軽んじ続けていた技術委員会がこんな案を認めるとは思えません

ボーナス案という形ではなく更なる加点縮小で
技術点基礎点重視になる方向に進んでしまうのでしょう。

これまではキンケンジのように一見ミスがなければGOEやPCSがジャンジャン盛られて
難度の高い選手をこなした選手を大きく上回るというケースが非常に多かったですが
今後は少なくなってくるかもしれません
サンデー毎日も真央ちゃん表紙です
2014年3月9日増大号(2月25日発売)です。

グラビアもトップ一面で凛々しき青翼阿修羅真央。
添えられた文章もとっても良いと思いました。

http://sunday.mainichi.co.jp



安藤美姫が浅田真央にぶっ放していた"リアル・ツイート"(1/3)
日本中が涙した。ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーで浅田真央(中京大)が、トリプルアクセル(3回点半ジャンプ)を成功させた上に五輪史上初の3回転3度着氷の快挙を成し遂げ、142.71点の自己最高得点をマーク。前日に行われたショートプログラム(SP)ではミスの連続によって16位と大きく出遅れていたが、合計198.22点となり6位入賞を果たした。

悲願の金メダル奪取は果たせなかったとはいえ「集大成」として臨んだ大舞台で最後に意地を見せた国民的ヒロインは、フリーの演技を終えると感極まって号泣――。この感動的なシーンは、きっと人々の記憶に永遠と刻まれることであろう。

ところが、そんな浅田の頑張りに水を差した有識者がいる。東京五輪の組織委員長を務める森喜朗元首相が20日に福岡市内で行われた講演で「見事にひっくり返った。あの子(浅田真央は)、大事なときには必ず転ぶ」と発言。公の場での失言は各メディアでも大きく取り上げられ、今も猛烈な批判を浴び続けているのはご存知の通りだ。

そして実はもう1人、この舌禍騒動に隠れるように浅田に対する〝口激〟を行っていた元ヒロインがいるとの衝撃情報をキャッチ。その声の主がつい最近まで同じフィギュア界で現役として、しのぎを削っていた元ライバルの安藤美姫氏だという。

フリーで鮮やかな演技を見せた浅田に安藤氏はツイッターで

♡MIKI_m_ANDO♡
@M1K1_ANDO
12番滑走まお選手(ジャパン) 最高!!!!!! ありがとう!!! やっと彼女らしく滑れたんじゃないかな!!! かっこよすぎでしょ!!!

などと賞賛を送っていたが、裏側の本音はどうも違っていたようだ。安藤氏に近い民放局関係者は声を潜めながら、こう打ち明ける。

「大きな声では言えないが、浅田がSPで失敗した際に美姫ちゃんは陰で周囲にコッソリと『予想していた通り。最初から分かっていたこと』『彼女は、周りから持ち上げられて少し勘違いするようになってしまっていた』などと言っていたのです。そういうことを、ついポロっと口にしてしまうのも負けず嫌いの彼女らしいといえばそうなんですが…」

3歳年下の浅田とは現役時代、長きに渡ってライバル関係にあった安藤氏。不仲説もウワサされているだけに、この証言には信憑性がある。2年間のブランクを経て「未婚の母」となったことを公表し、ソチ五輪を目指すため昨年9月に競技生活へ復帰。しかし、結果的に夢は叶えられず代表の座を浅田ら3選手に奪われて現役引退を表明した。安藤氏について「浅田の存在を今も面白く思っていないはずだ」と指摘する関係者は1人や2人ではない。

http://news.merumo.ne.jp/article/distributor/1655411
安藤美姫が浅田真央にぶっ放していた"リアル・ツイート"(2/3)
「もともと安藤美姫と浅田真央は水と油。2人の恋愛に関する話を照らし合わせて見れば、それが良く分かる。美姫は昔、当時コーチだったニコライ・モロゾフ氏と深い仲になり、オトナの女へと変身を遂げた。実の父親の名前を明かさずに未入籍のまま長女を出産したのも、彼女の奔放な性格が表れている。一方で真央には〝処女説〟がささやかれるぐらい、浮いた話が一切出てこない。自らも『本当に出会いがない』と公言しているようにスキャンダルとは一切無縁であることからデビュー以来、初々しく清楚なイメージがずっと保たれている。美姫としては、こうしたところも気に入らないようですね。『(真央は)かわいこぶってばっかり。あんな小娘には生涯絶対に負けたくない!』とオフレコでグチっていたのも聞いたことがあります」(ベテランのスポーツ紙フィギュア担当記者)

このソチ五輪においても安藤氏は浅田を敵視する〝片りん〟を見せていたことがある。SPで暫定1位となったキム・ヨナ(韓国)の演技に、自身のツイッターを通じて

♡MIKI_m_ANDO♡
@M1K1_ANDO
17番滑走ヨナ選手(コリア) 曲との一体感 技術も本当に全てが素晴らしかった!!! かっこいいの一言!!! 怪我を乗り越えてこの場に来てこの演技。 本当に凄いと思う。 感動しました(*^_^*)

と絶賛。SPで浅田が16位に沈み日本中が落胆していたにも関わらず、同じ日に浅田の宿命のライバルを激賞したことで批判が上がっていた。

「美姫は真央を表立って批判することが出来ないから、ライバルであるヨナを以前から持ち上げ続けている。それで〝真央憎し〟の溜飲を下げているのです。ただ今回、ヨナを絶賛したことはタイミングとして余りにもまずかった。だから翌日、フリーでの演技を終えた真央のことを褒めるツイートをして世間からの批判をかわそうとしたようですね。そういえば美姫は真央のことをメディア上で『彼女』と呼ぶケースが多いですが、あれも美姫の真央に対する〝上から目線〟の姿勢の表れ。こうやってチクリチクリと、美姫は真央を言葉攻めにしている」とは前出のベテラン記者の解説だ

http://news.merumo.ne.jp/article/genre/1655412
こんばんわ
記事にされていたら、スルーでお願いします。

http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/current?seriesid=101002
今週のFLASH

2014年3月11日号 目次

泣かないで… 誰もが、君を愛している!
真央を潰したのは誰だ
本人が嫌がった、氷はガタガタ、空調不備の練習場を強いて、
最終調整に失敗させた挙げ句、「酒盛り」に興じた大幹部たち。
見かねた選手から批判の声が噴き出した挙げ句――。

(以下引用)
「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」
と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。
だが連盟は、数年前からソチとは時差もほとんどなく、移動も数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。
そこで、浅田側と連盟との“対立”の間に、第3案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。

しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。
結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。

「この決断が最悪だった。
アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。
急遽、歯を研ぎ直す必要に迫られた。
しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。
浅田側が主張した中京大のリンクは世界一といっていいほどの設備を誇るだけに、かえすがえすも残念でならない。
浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした。
それは、
『アルメニアでそこまで調子が上がってきていたわけじゃない』
という言葉と、予定を2日繰り上げてソチ入りしたことが物語っていた」(スポーツ紙記者)
(以上引用 FLASH)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【追記あり】DVDきたーーー!!発売日2014年04月16日
まおまおDVD キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

【タワーレコード】オンライン限定21%オフ!オンライン限定予約期間ポイント10倍!http://tower.jp/article/feature_item/2014/02/28/2502

【HMV】浅田真央『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~  発売日2014年04月16日

http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%B5%85%E7%94%B0%E7%9C%9F%E5%A4%AE_000000000341234/item_%E6%B5%85%E7%94%B0%E7%9C%9F%E5%A4%AE%E3%80%8E%EF%BC%B3%EF%BD%8D%EF%BD%89%EF%BD%8C%EF%BD%85%E3%80%8F%E3%80%9C%E6%B0%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%A6%96%E7%B2%BE%EF%BC%91%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%80%9C_5693233

■2011シーズン以降の演目をノーカット・完全版で収録!
浅田真央が出場した全日本選手権、世界選手権、オリンピックの模様などを収録!
収録される演技映像は、実況・解説なしのノーカット完全版で収録!

「『Smile』~浅田真央の十年~」をもとに、未放送の映像や、第1弾DVDでは入りきれなかった演技映像等、
12歳の頃より天才少女と騒がれ始めた彼女を撮り続けてきたフジテレビの映像の中から、
彼女のオフショットやインタビューなど、今まで世に出ることのなかった珠玉の映像を収録!

【アマゾン】浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]  浅田真央 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00IOFSTTW?ie=UTF8&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=B00IOFSTTW&linkCode=shr&tag=chika3xoops-22&qid=1393516062&sr=8-24

内容紹介
フィギュアスケーター、浅田真央の集大成 。
フィギュアスケート一筋に生きた彼女の半生と、悲願の金メダルへ向けての軌跡に迫る。

[内容解説]
■日本を代表するフィギュア・スケーター浅田真央のDVD第2弾!
フィギュアスケートファンそして浅田真央ファン待望DVD第2弾が登場!!過去の貴重な映像に加え、
バンクーバー五輪以降、ソチ五輪までの彼女の軌跡と演技を紐解いた、浅田真央の全記録!

■浅田真央の足跡、成長を示す映像などフジテレビ秘蔵の蔵出し映像を収録!!
厳しい試練を乗り越えてきた浅田真央選手の10年の歩みを綴るドキュメンタリー番組「『Smile』~
浅田真央の十年~」をもとに、未放送の映像や、第1弾DVDでは入りきれなかった演技映像等、
12歳の頃より天才少女と騒がれ始めた彼女を撮り続けてきたフジテレビの映像の中から、
彼女のオフショットやインタビューなど、今まで世に出ることのなかった珠玉の映像を収録!

■2011シーズン以降の演目をノーカット・完全版で収録!
浅田真央が出場した全日本選手権、世界選手権、オリンピックの模様などを収録!
収録される演技映像は、実況・解説なしのノーカット完全版で収録!

フィギュアスケーター・浅田真央。
天衣無縫で天真爛漫なイメージのある彼女の足跡を辿れば、そこにはいくつもの試練があった。
金メダル確実といわれながらも出場出来なかった2006年のトリノ五輪。
勝ち切れず涙をのんだ2007年の世界選手権。
代名詞のジャンプが跳べなくなった2009-10シーズンの不調。
ライバル、キム・ヨナに敗れた2010年のバンクーバー五輪。
そして立ち会うことができなかった母の急死―。

あの銀メダルより4年。
天才少女と呼ばれた彼女は、これまで数多の試練を「自分らしく」向き合い乗り越えてきた。
それは、彼女にとって勝つことよりも大切なこと。
だから彼女は跳ぶことをやめない。

日本中の期待を一身に背負いフィギュアスケート一筋に生きる浅田真央選手の、
ソチ五輪悲願の金メダルへ向けて奮闘するドキュメンタリーと、さらに磨きのかかった至高の演技を収録した、
浅田真央物語・完全版。

[特殊内容/特典]【特典映像】有(予定)
[スタッフキャスト]出演:浅田真央
[発売元]フジテレビジョン/ポニーキャニオン
DVD情報2
【DVD 「ALL History  浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~」】
http://tokai-tv.com/whatsnew/58/58737.html

氷上の天使・浅田真央のすべてが詰まったDVDが完成!
2003年から11年間密着した秘蔵映像で綴る舞・真央姉妹の絆。
ソチ五輪フリー演技直前にかわされた言葉とは?その裏側にも迫る!

心から笑い、心から泣く。
11年にわたって記録された本当の浅田真央がここにいる!

東海テレビだからこそ実現できた密着取材映像が描き出す、知られざる浅田姉妹の素顔。
これまで東海テレビで放送した3本のドキュメンタリー特別番組
「花と星(2005年12月)」
「涙が真央を強くした(2010年3月)」と、
3月に放送予定の「浅田真央11年密着(仮)」の総集編に加え、未公開秘蔵映像で見せる浅田真央の笑顔と涙、
そして、妹を支え続けた姉・舞のAll History。
成長の証を示す各年齢でのインタビュー、ソチ五輪に向けて姉妹がお互いを撮影し合ったプライベート・カメラによる独占映像、
さらにソチ五輪帰国直後のロングインタビューなどで、世界中に感動を与えた浅田真央のスケート人生を振り返る。

[商品名]
「ALL History  浅田真央 ~花は咲き星は輝く・浅田舞・真央姉妹11年間密着~」

<収録予定>
第1章 氷上の天才姉妹 2003~2005年
第2章 世界へ羽ばたいた翼 2006~2009年
第3章 バンクーバー~涙が真央を強くする 2009~2010年
第4章 悲しみの向こうに・・・ 2010~2012年
第5章 ソチの涙と姉妹の絆 2013~2014年

監修:公益財団法人日本スケート連盟 
協力:IMG
© 2014 東海テレビ

商品番号:PCBE-12032
本体価格:¥3,800+税  
本編:90分 (予定)
発売元:東海テレビ放送  
販売元:ポニーキャニオン
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: しお韓情報
ソニア・ビアンケッティもあぶりだされて右往左往wwwwwwww
腹痛いwwww
いつもありがとうございます!wwwwwww

しょめいいちらんをみると むこうひょう ばかりだから
ああこういうくおりてぃだよねーと ねえさんはいつもおもってしまいますよ
でもこのむだなこうどうりょくはだいじですね
いいことにつかえばいいのにっていまさらすぎていえないですが____
3/2付産経新聞
『新聞に喝! 肝に銘ずべし「人を動かす言葉の力」』
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140302/oth14030213140003-n1.htm

「言葉は身の文(あや)」
真央選手の言葉に表れる人間性は、やはり多くの人の心を動かしますね。
ワールド出場選手
埼玉ワールドの出場者リストが出ました。

  ↓
http://www.isuresults.com/events/fsevent00051515.htm

Event Overview
(05.03.2014 11:41:13)

五輪メダリストのうち、以下の選手が出ません。
(男子)Pチャン、デニス・テン
(女子)ソトニコワ、キンケンジ
(ペア)駅長さんとこ
(ダンス)メリチャリ、テサモエ

で、お隣は女子3枠使わず2選手のみ出場。来季は1枠でしょうね。

ロシア男子1枠は、小布団くん。枠を増やしておくれ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
元安藤さん、出産は2月だったようです。妊娠に気づかず6か月までジャンプを跳んでいたとは、さすが日本フィギュア界屈指のジャンパーです。
http://getworld.ddo.jp/pt/file/1393849305.jpg
No title
はらっぱ様

某国が二人しか選手を派遣しないのは
技術点ミニマムスコアをクリアできたシニア選手が
パク・ソヨンとキム・ヘジンしかいないからではないでしょうか


ヘジンとソヨンに関してはヒラマサ五輪までに大きく伸びるとは思えません。
たとえ買収工作を使ったとしてもミニマムスコアクリアが精いっぱいでしょう。

また見たくもないキンケンジ復活劇を見せられるのかもしれません

お幸せに______________
お相手はアイスホッケー選手だって(耳掃除しながら

キム・ヨナ側、熱愛説を公式認定「キム・ウォンジュンと交際中」
中央日報日本語版 3月6日(木)11時46分配信

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00000027-cnippou-kr
コメントありがとうございました
megumi様

はじめまして。
といっても、黒猫さんのブログのころから
megumi様が書き込んでおられたコメントは注目していましたので、
初めての感じがしなくて。
こうしてやりとりできること、なんだかうれしい。

お隣では、女子枠を使える(ミニマムをクリアしている)のが
(キンケンジを除くと)2選手しかいないこと、理解しておりました。
「2枠しか使わない」ではなく、「使えない(使える選手がいない)」って
書けばよかったですね。

私も、ヘジンやソヨンでは、韓国の女子枠は1枠になるしかないと
思っています。
今回のワールドでは、どちらも10位以内に入るのは無理でしょう。

そうなると、ヒラマサではまた、キンケンジを引っ張りだしてくるのか。
そうして、さらに劣化しまくりの演技でも、地元あげをするのか。
そんなことが、もう今から予想されて、つくづくうんざりします。

その前に、キンケンジの心身が壊れるか、
韓国財政が破たんするか……これも十分、予想されますが。

私たちは、フィギュアの採点にはびこった「韓国メソッド」の問題点を
(ロシアは最大限活用しましたね)
追及していくしかありませんね。
ナンバープラス
今日発売のムック「NUMBER PLUS」 の、「SKATING TRACE OF STARS SOCHI 2014」を購入しました。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4160081924/ref=oh_details_o09_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

姐様はじめこちらにいらっしゃる方々はすでにお目通しかも知れませんが、浅田選手のソチフリー演技に対する各国選手のツイッターや、プルシェンコ、タラソワ先生、織田選手、小塚コーチなどの言葉が掲載されています。

中でも、小川勝氏が「女子初の6種類8回の3回転」というタイトルの記事で、NHK杯とソチの演技を比較しながら解説されているのですが、技術的には女子選手として史上最高の演技であり、その内容を超えるには4回転を決める選手が出てくる必要があると述べてあり、記事の締めくくりには「芸術面に関する評価はいろいろあるだろうが、フィギュアスケートの技術に関しては、浅田が世界最高だった。ソチ五輪においてそのことは間違いなく証明されたといえる」と書かれています。
また、リレハンメル・長野銅メダルのキャンデロロ選手は「彼女はフリーで1位になるべきだったと思う」と述べています。

浅田選手本人と佐藤コーチへのインタビューもあります。

羽生選手と高橋選手についても同じくらいの分量のページを割いてあります。

上記3選手がメインではありますが、出場選手はすべて網羅してあり、巻末には団体戦含むメダリストと日本人選手のプロトコルが掲載されています(KYに関してはプロトコルのみの掲載です。これが普通のありかただと思います)。

ぱっと見薄い本だと思いましたが、情報がコンパクトにまとまっていて好印象でした。
あらためてあのソチフリーの演技を思い出し、目頭が熱くなりました。
まだ手にされていない方、立ち読みでも一度ご覧になられてはいかがでしょうか。
世界選手権@Jスポーツ、安藤美姫ゲスト解説
http://www.jsports.co.jp/press_release/20140307.html
フィギュアスケート 世界ジュニア選手権/世界選手権
安藤美姫さん、織田信成さんがJ SPORTSのゲスト解説に初登場

(抜粋)
安藤さんは、「現役スケーターにより近い視点で、ルールをより理解頂けるようにわかりやすく伝えたい」織田さんは「スケーターの人間性が伝わる、愛のある解説を心がけたい」とそれぞれコメント。J SPORTSの男女シングルの新しいゲスト解説陣に是非ご期待ください。

ジュニア
3/23(日)午後1時~ J SPORTS 4 女子シングル(解説:安藤美姫)
シニア
4/12(土) 午後0時~ J SPORTS 4 女子ショートプログラム(解説:安藤美姫)
4/13(日) 午後0時~ J SPORTS 4 女子フリースケーティング(解説:安藤美姫)

とのことです。
殿だけでいいということをJスポーツさんが知らない可能性もあるんですかね・・・。
No title
安藤さんの解説は勘弁。まず喋り方を直さないとね。
安藤さんは抱き合わせ商法でCICの本妻枠から絶賛売り出し中。解説は評判の良い織田君と組ませ、アイスショーは会場を常に満席に出来る髙橋君か真央ちゃんか。電通のごり押しは金妍児だけでお腹一杯よ。
Re: 世界選手権@Jスポーツ、安藤美姫ゲスト解説
うわーーーーミキムチやめればいいのにwwwww
お年頃さんへ
あなたのコメントをミキムチの前でそのまま読み上げたいですよw
No title
こんばんは。
チャンネル桜の「さくらじ#125」の中でシンガーのsayaさんがソチの真央さんのことについてふれていました。
あの素晴らしい演技に金メダル以上の価値を見いだせる日本人の良さと、スケ連はじめ日本のスポーツ界の政治力・外交力のなさを話されてます。スケ連がもっと前からきちんと動いて入れば結果は変わっていたんじゃないかと。(sayaさんは以前も反日メディアの話の中でちらっとですがキムの報道のされ方をなんで多いのかと言っていました)
東北大学の田中英道名誉教授も真央さんについて、演技そのものが抜群に美しい、日本の繊細な美しさが出ていてそれは他の国にはないものだとおしゃっていました。田中教授は神道についても話されています。
@wiki、アクセス警報発令よwww
しお韓スレよりw
こちらのリンク先もいくつか、@うぃきがあるので
しばらく注意してねん♪


58 :Classical名無しさん:2014/03/09(日) 04:10:57.97
atwikiがヤバい事になってるからしばらくアクセスしない方がよさ

59 :Classical名無しさん:2014/03/09(日) 05:40:23.39
>>58

壊さ、、、

335 :風吹けば名無し@転載禁止 [] :2014/03/09(日) 02:01:15.73
・何が起きたの?
atwikiのサーバー情報が全流出、改竄し放題になった
各wiki管理者のユーザー名、パスワード、メールアドレスも流出した可能性高
・どういう経緯でなったわけ?
嫌儲板で、初出スレの>>1のサーバーに謎のファイルが送られる
>>1が調べたところ、中身がatwikiの全ての内容を操作できるスクリプトと判明する
・何か問題あるの?
atwikiにはゲームなどの攻略情報などをはじめとする各種まとめとして使われているためユーザー数が多く、今回の流出では
ウイルスを仕込んだり、危険なサイトにリダイレクトさせたりが可能で悪意を持って書き換えられれば大勢の人間が迷惑を被る可能性が高い
・atwikiやキャプチャ画像見たんだけど大丈夫?
スクショなどの画像ファイルなら基本的に問題はない atwikiも今はまだセーフなところが多いとは思うが、
いつウイルスなどを入れられるかわからないので騒動が終わるまでは見ない方が安全


ニスタも気をつけなさい

60 :Classical名無しさん:2014/03/09(日) 05:48:14.03
情報錯綜してますね・・・
とりあえず今は@wikiにはアクセスしないほうがよさ

170: 以下、転載禁止でVIPがお送りします [] 2014/03/09(日) 05:41:25.80
230 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2014/03/09(日) 04:26:26.02
https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:uvfwDKPxpiQJ:http://www1.atwiki.jp/_cache/dicjs/.php%2Bs_urldec&gbv=1&hl=ja&ct=clnk

atwikiの方のキャッシュは.php自体が02/24/13 12:26:00だから2013年の2月24日辺りからアクセスできたのかな?
Re: @wiki、アクセス警報発令よwww
おおおお!ありがとうございます。いろいろ大変ですなあ。。。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
★BS-TBS裸のアスリートⅡ浅田真央人生を変えたトリプルアクセルについて
姐さん、

先ほどトップのリンク、コメント対応などの所に書き込ませていただいたのですが、こちらの方にコメントすべき内容だったのではと思い、同内容ですが再度書き込みいたします。
 
姐さん、皆さま、
今日は是非確認していただきたいことがありまして書き込みさせていただきました。
 
先日3/8(土)23時30分よりBS-TBSで放送された、
裸のアスリートⅡ「浅田真央」人生を変えたトリプルアクセル
はご覧になられましたでしょうか。
 
その前に不治テレビで放送されたドキュメンタリーも酷い内容でしたので敬遠された方もいらっしゃるかもしれませんが。
私も同様で録画はしたものの観るのが怖くて、今日初めて観たのですが、、、。
実際酷いもので、キムチをこれでもかとねじ込んでいて、キムチのことを「天才少女」と呼び(いつ?そんな時代あったか???)、トリプルアクセル断念を「天才少女の初めての挫折」と、これってキムチのドキュメンタリーなのか?と思ってしまうほどでした(-_-メ)
 
これだけでも酷過ぎるのですが、でも今回私が注目していただきたいのはキムチではありません。
番組の冒頭と終わりに、まだ小学生の頃の浅田選手が作文を読み上げるシーンがあるのですが、終わりの方にだけ途中2か所、男性の怒声のようなものが入っているのです。
はじめは雑音?と思って再度観てみたのですが、やっぱり男性が何か叫んでいるような声が入っているのです。
元々の映像に周りの音声がたまたま入ってしまっていたのかな?と思い、番組冒頭の方の映像も見返したところ、なんとコチラには怒声は入っていないのです。
つまり作文を読み上げている元々の映像にはそのような怒声は入っていないということだと思います。
音声を上げて何回か聞き返しましたが言葉の内容まではわかりませんでした。
これはどういうことなのか、単なる制作上のミスとは思えません。
番組制作者が意図的に怒号を浅田選手の声にかぶせて入れたのであれば極めて悪質です。
 
Youtubeにこの番組の映像(キムチ抜き処理済みなのでご安心を)がアップされていました。

浅田真央(mao asada) 人生を変えたトリプルアクセル
http://www.youtube.com/watch?v=bPMVmPb7y1M
 
冒頭、浅田選手が作文を読み上げるシーンではじまり、最後(19:11)に再度同じ作文を読み上げるシーンになります。
 
怒声が入っているのは、最後の方の作文読み上げ中の「私の将来の夢はオリンピックに出る事、そしてプロスケーターになって」の「スケーターになって」の部分。
そして「そのために毎日一生懸命練習して、たくさんの人から応援してもらえる様な」の「もらえるような」の辺りの2か所です。
音量を上げて聞いていただければわかりやすいと思います。
 
私の思い過ごしであれば良いのですが、、、。
どなたかすみませんが確認してみていただけないでしょうか。
録画されている方は是非そちらで観ていただいた方がより確認しやすいかいと思います。
宜しくお願いいたします。
サンデー毎日 3月23日号
3月12日発売  ↓中吊り
【フィギュア界のタブー「ユヅル君」を悩ます[地元美人コーチvs女帝]愛憎の歳月】
http://sunday.mainichi.co.jp/
サンデー毎日 3月23日号
ちょんまげさんからの情報のサンデー毎日 3月23日号
の「地元美人コーチVS女帝」、今日立ち読みしてきました。

地元美人元コーチのついては、これ以上このコーチの元では息子の才能が発揮されないと悩んだ両親が女帝に相談して・・・というような感じでした。世界的有名な振付師に振付を依頼してほしいと依頼しても、元コーチに却下されたようなことも・・・

この前にサンデー毎日で「スケ連(強化部長)VS女帝」の記事もありこちらも目を通しましたが、2つを合わせて思うことは、サンデー毎日の言い分は、女帝あげ、女帝の手柄ということでしょうか・・・(女帝の過去の不正経理問題も何か問題ですか?というような感じでもあり)

今野さんがまた素敵な記事を書いてくれました
デイリースポーツ・今野良彦氏がまたGJな記事を書いてくださいました

【フィギュア 4年後の平昌開催ヘ向け公正な採点方法を】

デイリースポーツ 3月15日(土)11時0分配信

浅田真央が金メダルを獲得できなかったから、いうわけではない。やはり、フィギュアスケートに万人が納得できる公正な採点方法を取り入れてほしいと思った。

 フィギュアスケートの採点は、国際スケート連盟(ISU)が規定しているジャッジシステム「Code of Points」が用いられている。これは、「International Judging System」とも呼ばれ、種目ごとに技術点、構成点、ディダクション(違反行為によるマイナス)を算出し、それを合計したものを総合得点とするが、以前、一般には実に分かりづらい部分があると指摘した。

 その疑問はいまだに拭い去れていない。無事に閉幕したロシア・ソチ五輪では地元のアデリナ・ソトニコアが金、メダル、キム・ヨナが銀メダルを獲得した。一方、金メダルを期待された浅田はSPでの失敗が響き、6位に終わった。この女子フュギュアの順位を巡り、キム・ヨナの地元・韓国では採点見直しと判定の調査を求める署名が100万人単位にも達しているという。

 2月20日のフリー終了後に採点に不満を持った人物が、オンラインの署名サイトを使って署名活動を始め、韓国人のユーザーを中心に急速に支持を集めたからだ。これまで、浅田の採点の低さに疑問を呈してきた日本のファンにとっては何をいまさら‐という感じもするだろうが、これも分かりづらい採点競技だからこその弊害である。

 一番首をかしげるのは、キム・ヨナではなくトリプルアクセルを成功させた浅田のフリーの点の低さである。ソトニコアはフリーで両足着氷のミスあったと思うが、ミスとは判定されておらず149・95点の高得点を挙げた。ノーミスのキム・ヨナは144.19点で、銅メダルのカロリーナ・コストナーの142.61を上回ったものの浅田は142.71点にとどまった。

 浅田は試合後、「できるって思ってやって、これが自分がやろうと思っていた構成なのでよかった。今回のフリーは、しっかり自分が4年間やってきたことを、そしてたくさんの方に支えてもらったので、その恩返しもできたのではないかなと思う。五輪という大きな舞台で、自分が目指しているフリーの演技ができた」とコメント。フリーでのパーソナルベストを振り返ったが、ここで、出来栄え点といわれるGOE(Grade of Execution)に注目してほしい。演技審判によって0をベースとし-3から+3の7段階で評価された各要素の出来栄えのことだが、要素ごとにそれぞれ評価の観点(着眼点)が設定されている。

 ソトニコアのGOEが14・11点、キム・ヨナは12・20点、コストナーは10・39点だったのに対し、浅田はわずか6・69点。浅田はトリプルアクセルで回転不足を取られず、0・43点の加点をもらったが、続く2連続3回転ジャンプは二つ目が回転不足の判定。3回転ルッツも踏み切り違反と判定された。さらに、その後のダブルアクセル3回転トゥループも回転不足と判定され、ステップシークエンスなどで加点はあったが、GOEはわずか6・69にとどまったのである。

 なぜ、浅田のGOEが優勝したソトニコアと7・42点、キム・ヨナとは5・51点、コストナーとも3・70点も離れているのか?さらに、演技構成点の合計もソトニコアは74・41点、キム・ヨナ74・50点、コストナーは73・77点に対し、浅田は69・68点にとどまっている。日本国内のみならず、世界中に感動を生んだ浅田の評価が、これほど低いのか。私は今のところ納得のいく説明を目にはしていない。

 ISUは2月21日、ソトニコワが金メダルを獲得した女子の採点でメディアから疑問の声が上がったことに対して「厳正かつ公平な演技の評価に取り組んでいる。ISU採点システムの高い質と整合性に自信を持っている」という声明を発表。さらに、9人のジャッジは13人から抽選で決まり、同じ国から複数は選ばれないこと、極端な採点を防ぐため、最高点と最低点は切り捨てるなどの手順を説明した。

 それ以降は動きがなく、今のところ万人が理解できる採点方法への変更はまだ模索されていない。浅田の「ラストダンス」になるかもしれない世界フィギュア選手権が26日から開幕する。だが、金メダリストであるソトニコワ、銀メダルを獲得したキム・ヨナの欠場が決定しており、浅田にとっては本当の意味でのリベンジのチャンスが永久に失われることになるかもしれない。

 現状のままでは第2、第3の浅田が生まれるかもしれない。精いっぱい演技する選手たちには罪はない。採点競技であるがゆえの難しさは理解するが、4年後の韓国・平昌での冬季五輪に向けて、ISUには「大きな一歩」を踏み出すことを期待している。

(デイリースポーツ・今野良彦)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140315-00000029-dal-spo&pos=5



高島屋で浅田真央展
高島屋 入場無料
感動をありがとう!!Smile 浅田真央 23年の軌跡展
世界中に感動を届けた浅田真央の魅力を、写真、映像、衣装などでたどります。
●日本橋店 8階ホール    4月8日(火)→21日(月)
●ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場 4月23日(水)→28日(月)
●大阪店 7階催会場     5月1日(木)→12日(月)
●横浜店 8階特設会場    6月5日(木)→16日(月)
●京都店 7階グランドホール 8月6日(水)→17日(日)
どどどどうしたっフジテレビ!?
3/26-29 地上波生中継開始前の選手の演技をネットで生配信
男子ショートプログラムの配信は3時45分頃~予定
http://www.fujitv.co.jp/sports/figure/world2014/index.html

【テレビ放送日時】
3/26(水)ペアショート 午後2時55分〜4時50分 ※関東ローカル
3/26(水)男子ショート よる7時〜8時54分 ※延長対応あり
3/27(木)ペアフリー 午後2時55分〜4時50分 ※関東ローカル
3/27(木)女子ショート よる7時〜8時54分 ※延長対応あり
3/28(金)アイスダンスショート 午後3時10分〜4時50分 ※関東ローカル
3/28(金)男子フリー  よる7時〜9時24分 ※延長対応あり
3/29(土)女子フリー  よる7時〜9時24分 ※延長対応あり
3/29(土)アイスダンスフリー  深夜2時5分〜3時35分 ※関東ローカル
3/30(日)エキシビション よる7時〜8時54分
Figure Skating 別冊 ソチ・オリンピック総特集
姐様、皆様こんにちは。

世界選手権で盛り上がっている最中にコメント失礼いたします。
既にお目通しかも知れませんが本日発売の、Figure Skating 別冊 フィギュアスケート ソチ・オリンピック総特集  

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4403310869/ref=oh_details_o08_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

を入手し一読しました。

昨日浅田選手の素晴らしいSPを見て幸せな気持ちだったのに少し水を差された気分になってしまいました。

まず気になったのは、日本人選手の記事はご本人のインタビューで構成されているのですが、浅田選手のみインタビューがなく編集部の書いたであろう文章だったということです。
ですが、インタビューの時間が取れなかっただけなのかも知れません。

また、特にお読みになられる際に注意して頂きたいことは、女子シングル銀メダリストの写真として掲載されたKYの写真は閲覧注意、例の、フリーでまさしく顔に指を触れた瞬間のポーズだということです(見た瞬間凍り付いてしまいました)。

そして、荒川静香さんへのインタビュー、「最後はメンタルが左右する」というタイトルの記事で、とても疑問な部分がありました。
金メダルのソトニコワの話はそこそこに、KYが2回の五輪を通じてひとつもミスをしなかったことを褒め、メンタルの話に持って行ったところで浅田選手の話になり、SPの失敗について触れ(メンタルが弱いからSPを失敗したと言わんばかり)、あのSPがあったからこそフリーにつながったと述べ、フリーでは素晴らしかったと言いながらも、それはメダルの重圧がなくなり純粋にスケートに向き合えたたからではないかと述べ、最終グループだったらもっと点数が伸びていたのではないかと言ったかと思えば、点数の伸び方が第2グループと最終グループとで異なるのは、それだけメダルの重圧がかかった状況でやりとげた結果には付加価値がつくからという説明をしています。

…私はようやくプロトコルを読めるようになったばかりで、それほどフィギュアのルールに詳しくはありませんので、「メダルの重圧による付加価値」が点数に反映されるということは初耳です。
ですが、これではフリーの滑走順で点数が決まるという結論になりますよね?
それを抜きにしても、SPの後の浅田選手には、フリーの時にはメダルの重圧という次元を超えたとてつもない重圧がかかっていたと思うのは私だけでしょうか?

何はともあれ、荒川さんは男子の高橋選手や羽生選手を褒めている一方で、女子選手には批判的と申しますか、ソトニコワを差し置いてKYを褒め、日本人選手には冷たい見方をしているという印象が否めず、少し悲しくなりました。
もちろん、べた褒めして貰いたかった訳でもないのですが、あのラフマニノフをライブで目にした私にとってはもう少し何かおっしゃってもいいのではないかという気持ちが残る読後感です。

ちなみに、メダリストへのインタビューのコーナーで、KYは点数について「ジャッジが決めるものなので、自分としてはこの順位が正しいと思っていますし、意見はありません」と言っています。……提訴の前にインタビューしたものなのでしょう。なぜ提訴後にこの見解を変えるに至ったのかは、私の想像を超えているとしか申し上げられません。

出版元の新書館さんは、バレエファンの私にはとてもなじみが深く、先日出版された浅田選手の写真集(夢の軌跡)が好評だったところです。
全体として読めば、別段浅田選手をsageる意図などはまったく感じられません。

私はネガティブなものに敏感に反応してしまうので、このようなコメントになってしまいました。受け止め方は人によって違うかも知れませんので、気になられるかたはご一読のうえ私のコメントをご批判・ご訂正ください。
壮大なエイプリルフール?!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
キム・ヨナ、現役引退ステージの楽曲は「誰も寝てはならぬ」に決定!“点数を取ることよりも…”

全部は貼りませんが。。。

キム・ヨナは「『誰も寝てはならぬ』は、大会のように点数を取るための技術よりも、私のインスピレーションによって感情を十分に表現できる振付に集中している。ずっと演じてみたかった音楽の一つで、私だけの演技を通じて観客と共鳴するステージを作りたい」と新しいプログラムへの思いを語った。
h
ttp://news.livedoor.com/article/detail/8691205/

思わず大笑いしてしまいました。
『誰も寝てはならぬ』を見ながら、爆睡すること間違いなしです。

あ・・・ごめんなさい!
ココはフィギュアスケート情報のところでしたよね。
ウンコ情報書いちゃって・・・スミマセン・・・
No title
shikachan様

情報ありがとうございます
引退興行のプロは「誰も寝てはならぬ」ですか。
で、盛り上がりのところでトリノの荒川静香よろしく
みっともないイナバウアーをやるわけね。ふーん。

ヤツの引退プロも結局パクリか

このヒトは一度だって「自分だけしか出せない世界観を持ったプロ」
というものを演じたことがないですよね
真似しんぼばかりの競技人生。アイスショーでも真似新保ばかり
本当にさびしい人生ですね
Re: 壮大なエイプリルフール?!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
> キム・ヨナ、現役引退ステージの楽曲は「誰も寝てはならぬ」に決定!“点数を取ることよりも…”
>
> 全部は貼りませんが。。。
>
> キム・ヨナは「『誰も寝てはならぬ』は、大会のように点数を取るための技術よりも、私のインスピレーションによって感情を十分に表現できる振付に集中している。ずっと演じてみたかった音楽の一つで、私だけの演技を通じて観客と共鳴するステージを作りたい」と新しいプログラムへの思いを語った。
> h
> ttp://news.livedoor.com/article/detail/8691205/
>
> 思わず大笑いしてしまいました。
> 『誰も寝てはならぬ』を見ながら、爆睡すること間違いなしです。
>
> あ・・・ごめんなさい!
> ココはフィギュアスケート情報のところでしたよね。
> ウンコ情報書いちゃって・・・スミマセン・・・

情報ありがとうございます。拝見しました第一声が「馬鹿じゃないのーーーーっ!」でしたwww
うわ~ヤバイね~
この人もしかしてリアルに「自分はうまい」って思い込んでる????
林先生物件なのは確実だけど、錯誤の果ての大惨事、やばすぎますねーー。
まあ荒川さんもキムだーーーーーーーーーーーい好きのようですから、さぞかし誇らしいでしょうね!

うわーーー最後まで大爆笑ですよwww

なんでこうそっちはダメですよ方面に光の速さでつっこんでいくんですかね。

ウンコの感情表現って「かったりぃ」「あーしんど」「めんどくさー」しかないくせにwwww
No title
コメント欄の
「キムの演技は『誰も見てはならぬ』だ」に

上手い!座布団10枚!

と思いました

プッチーニも天国でさぞ嘆いておられるでしょう
No title
週刊文春 4月10日号
4月3日発売
世界選手権V3浅田真央 引退後の夢は”フィギュア学校”設立!?

サンデー毎日 4月13日特大号
4月2日発売
祝!W優勝グラビア 浅田真央 羽生結弦
ISUチャレンジシリーズ
何だかよくわかりませんがISUがチャレンジシリーズなるものを行うと発表しました

B級大会の中から11大会をチャレンジシリーズとして
各大会優勝者をISUグランプリシリーズ出場の補欠とする

というものだそうです

これには狙いがあって
ISU公式戦と同じように判定させることで
公式戦では判定や採点を行えない国際ジャッジ資格者に緊張感を持たせる(ジャッジの育成)

また

GPSのエントリーを希望しながら大会にアサインされず
やむを得ずB級大会でランキングを稼がなければならない選手のために
公式戦の出場機会を与える

という狙いがあるものと思われます

ソチ五輪のウンコの順位や判定を巡って韓国サイドが
「ジャッジの資質が-」といちゃもんをつけてきた。
今回のチャレンジシリーズは
「はいはい。確かにB級大会は判定や採点が甘かった。
これからは指定したB級大会は公式戦同様ビシビシ厳しく判定しますよ」
というISUの一つの答えなのかもしれません

ジャッジ育成のためという目的はいいと思います
毎年GPSの6大会で何かしら出場辞退者は出てますが
欠員が出なければ優勝しても出場できないというのはどうなのかしらと思います

GPSの出場人数が男女シングルは12名から10名に
ペア、アイスダンスは10組から8組に減りましたが
ワールドの12位以内の選手には怪我や解散、再結成でなくとも
休養明けの選手にも2大会出場機会を与えるなど
ワールド上位の選手だけには優位なエントリーシステムはどうなのかしらとも思います

出場人数を元に戻してほしいし、カムバック権については縮小も考えたほうがいいのではないかしらと思ってしまいました

No title
安藤さん、先日は日テレのTOREに出演してました
2チーム対抗戦で仲間と協力して数々のゲームに挑み、
優勝チームには賞金だったと思うのですが
安藤さん、相変らず人の意見は全く聞かない
スタンドプレー連発。バラエティーでも残念な人でした
(結局最後の試練で安藤さんチームの負け)

最初は面白がってくれるかもしれませんが
そのうち共演者から嫌われて相手にされなくなっちゃうかもね
よく出てるよなあ…
megumiさま。私も見てました。

家族が見ていたので私も一緒にチラ見してたんですが
彼女には、ボーナス問題といっていい、フィギュアスケート関係の問題が何度もでてるのに、
即座に回答できないというのは、どういうことだと。(このブログの方々なら、1秒とかからない問題…)
やらせなの?ガチなの?やっぱバカなの?…等々、本当に残念なお方でした。
自浄作用
フィギュアスケートに直接関係はないですが・・・

【体操】4審判員に資格停止 昨年の世界選手権採点で
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140412/oth14041208300004-n1.htm

フィギュア審判の汚れっぷりを思い知らされます。
荒川静香、ご懐妊
新川静香氏、ご懐妊。現在妊娠3か月だそうです
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140416-00000316-oric-ent
出産予定日は12月末~1月始めになるんですかね?

出産、育児が落ち着くまでアイスショー、解説業もお休みになりますが
ウジが代わりにミキムチを持ってきそうで嫌な予感が・・・

新採点方式で長く戦ってきて
選手にネガティブなことを言わない
あっこちゃんかゆかりんにしてほしいよー
信成くんがベストだけど
>megumi様
私・・・このニュースをYAHOOのTOPで見て。
思わず、「ぅわ~~~」と言ってしまいました。
翻訳すると・・・キモッ・・・大変失礼ながら・・・
とうとう暗黒を孕んだかと・・・

赤ちゃんに罪はないのですが・・・
なんなんだろう?
この気持ち悪い感覚は・・・

代わりにミキムチが出張って来たら、
抗議のしまくりですよ!
お前こそ育児が落ち着くまで休め!と。

で、あらか~大先生のファンがいらっしゃったら、
本当にごめんなさい。m(_ _)m
No title
SOIの東京公演地上波で見ましたが
あらか―さん、妊娠のこと気づいていたのに
ジャンプ跳びまくりでしたね。
先に報道を見ちゃったものだから「大丈夫?」とハラハラしちゃいました

まだ安定期に入ってないのだからもっと体を大事にしないと―!
ミキムチママと一緒に育児に専念してくれー

荒川静香の
ニュースみましたが、私は、できちゃった婚を疑いました。
それならば、安定期ですし…。
穿った見方し過ぎでしょうか
No title
荒川さんおめでたの件、
2ちゃんねるではでき婚ではという書き込みは多いようですね
コメントの通りならば12月29日の誕生日入籍なので違うんですが
(最後に月経があってから数えるはずなので)

・・・でも某横綱の奥さん(元女子アナ)は
婚約発表時に「妊娠はしてません」と答えていたのに
実は5か月を過ぎていたということもあったので何とも言えないけど
No title
浅田選手主催THE ICE出演者が発表されました

◆出演選手
浅田真央
小塚崇彦
村上佳菜子
宮原知子
無良崇人
高橋成美&木原龍一

◆海外選手
ジェレミー・アボット
ジェフリー・バトル
マキシム・コフトゥン
グレイシー・ゴールド
アデリナ・ソトニコワ
マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ
メリル・デービス&チャーリー・ホワイト

きゃあ―(≧▽≦)
メリル様がいらっしゃる~!!!(≧▽≦)

チケットは持ってないので生観戦はできませんが
THE ICEは出演選手の演技を全て
動画に挙げてくれるので楽しみにしています
ラジ子韓国アイスショー出演
ハングル語読めないのですが「氷上のバレエ」みたいなアイスショーなのでしょうか?

現役選手ではアリョーナ・レオノワ、セルゲイ・ボロノフ
エレーナ・ラジオノワ選手が出演予定だそうです

http://www.ice-show.co.kr/main/#

無期延期となった女王様アイスショーとはまた別ものですが
開催日程が某国フェリー事故で自粛ムードになった直後なので
予定通り公演が行われるのかわかりません

megumi さまへ
多分、同じだとおもうんですけど、

小手毬桜さんが、中央日報の記事貼ってくださいましたよ。
http://kodemari.jpn.org/blog/?p=4057

元安藤選手も御出演だとか…。

ジャンプの採点を厳格化=フィギュアで新ルール-ISU
ジャンプの採点を厳格化=フィギュアで新ルール-ISU
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014042900026&g=spo

 国際スケート連盟(ISU)は28日、フィギュアスケートのジャンプの採点を厳格化するルール変更の導入を発表した。ショートプログラム(SP)でジャンプが規定の回転数を満たさない場合や、SPとフリーで1回転半未満のジャンプは無得点とされる。

 またジャンプの踏み切り違反と判定された場合には基礎点は70%に抑えられ、踏み切り違反で回転数も不足した場合は基礎点は半分に減らされる。踏み切り違反は、エッジの内側で跳ぶフリップとエッジの外側を使うルッツで多く、新ルールでは3回転ルッツで踏み切り違反と判定されると基礎点は6.0点から4.2点になる。 (時事)(2014/04/29-01:41)

今朝の産経新聞からです。
「真央は私のスケート概念を変えた」タラソワが浅田に伝えた熱き魂 
モスクワ支局長・佐々木正明
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140512/oth14051208550005-n1.htm
***********
「私の小鳩よ。頑張るのよ。頑張るのよ」。2月20日に行われたソチ五輪フィギュアスケート女子フリー。リンクに登場したまな弟子、浅田真央(23)の姿に、地元テレビ局の実況席にいたフィギュアスケートコーチ、タチアナ・タラソワ(67)は、絞り出すような声で心の底から呼びかけた。「小鳩」はロシア語で両手で包みたくなるような「いとおしい女の子」を意味する。この表現に、浅田に対するタラソワの思いが全て凝縮されていた。

 ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。浅田と一緒に選んだ曲目だった。2人の絆は、コーチと選手の間柄で臨んだ前回大会にまでさかのぼる。タラソワ自身、日いづる国に現れた天才少女のことは、10年以上前から知っていた。

 ソチでは、フリーの演技の振り付け役となった。ロシアフィギュアスケート界の重鎮が、自国初の冬季五輪で、直接の師弟関係にない外国人選手に関わることには物議があった。しかし、昨年夏に直接、頼みに訪れた「真央の真摯(しんし)な気持ちを断ることはできなかった」。

 前日のショートでの失敗にタラソワは言葉を失った。浅田がこの4年間、つらい練習に耐え、どれだけソチ五輪にかけてきたかを知っているからだ。演技直前、タラソワは静かにつぶやいた。

 「力を奮い起こしなさい。私のかわいい真央、さあ、行くのよ。真央…」

 演技の冒頭、真央が代名詞のトリプルアクセルを見事に決め、次々にジャンプをこなすと、タラソワの声は一気に明るくなった。自らが教えた世界最高峰の舞いを、氷上の浅田は余すところなく体現していた。

 タラソワはいつの間にか席から立ち上がっていた。ただ拍手していた。エンディング。大粒の涙を流す浅田を前に、次から次へ感謝の気持ちが口をついて出てきた。

 「真央。本当にありがとう。よくここまで仕上げたわね。あなたは素晴らしいスケーターよ。自分に打ち勝ったの」

 そうして、2人の2度目の五輪は終わった。ラフマニノフの旋律と4分間の華麗なドラマを、世界中のファンの記憶に残して。

 タラソワは冬のスポーツ大国が生み出した申し子だ。父親のアナトリー・タラソフはソ連時代、何度もアイスホッケーの代表チームを世界一に導いた名将。人々はその栄光時代を今も懐かしむ。ソチ大会前には五輪を盛り上げるため、鬼コーチのタラソフをモデルにした映画が作られたほどだ。

 タラソワも父に連れられ、4歳のころからスケート靴を履いた。自身はフィギュアスケートのペア競技の選手。世界選手権などで上位に入る実力の持ち主だったが、ケガがひびき、10代で現役を引退した。

 指導者として初の五輪は1972年の札幌。25歳だった。選手に寄り添い、熱心に指導する姿が評判になった。父の写真が飾られているモスクワ郊外の別荘の応接室で、タラソワがコーチの極意をこう語ってくれた。

 「父は『教え子が優勝を逃したら、全てはコーチの責任』と常々、言っていた」

 タラソワが数々の世界王者を生み出したのは、五輪を戦い抜いた父の薫陶を受けたからこそ。そして、北の大地で育まれた名門一家の「氷上の熱き魂」は、浅田を通じて確実に日本にも伝わった。

 タラソワも「男子のような演技をする真央は、私のスケートの概念を変えてくれた」とも語る。半世紀以上もリンクの上で過ごしてきた名伯楽の言葉は重い。

 タラソワから浅田へ。そして、浅田から次の世代へ。フィギュアスケートの情熱はまた継承されていき、そのドラマは再び世界中の人々の心を打つのである。(ささき まさあき)
5/20 真央ちゃん TBSラジオ 生出演
5月20日(火) TBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』 
9:20~
「フィギュアスケート選手・浅田真央 初のラジオ生出演!」
国民的人気のフィギュアスケート選手・浅田真央さんをゲスト迎えます。ソチオリンピックではフリーの華麗なる演技で世界中の人々を魅了した浅田さん。ラジオの生放送初出演の浅田さんに、これまでのスケート人生のお話や、ソチ五輪秘話、今年行われるアイスショーの見所など、たっぷりとお話し頂きます。

http://tbsradio.cocolog-nifty.com/yuyu/2014/05/51923-6eea.html
時事ドッドコム
姐様、皆様こんばんは。

もうご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、時事ドットコムで浅田選手の写真特集を掲載しています。

http://www.jiji.com/jc/d4?p=mao100&d=d4_mao

写真とキャプションが盛り沢山です。
(KYの特集もありますが果たして需要があるのでしょうか…)
先日の休養すると発表した会見からジュニアの頃までさかのぼることができます。
リード姉弟のうれしいニュースです。
リード姉弟 マリーナ・ズエワさんに師事 姉キャシーが喜び報告
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/05/21/kiji/K20140521008205330.html

ソチ五輪フィギュアスケート・アイスダンス日本代表のキャシー・リード(26)、クリス・リード(24)姉弟が、旧ソ連出身で現在は米国のクラブを拠点に指導しているコーチ兼振付師のマリーナ・ズエワさんに師事することになった。姉のキャリーが21日、姉弟の公式ブログで報告した。
 「新しい道」のエントリーで「私とクリスはミシガン州カントンへ移ります」「私とクリスはマリーナ・ズーエバとマリーナのコーチ陣とトレーニングします」と明かし「マリーナの師事を仰ぐことが出来る喜びは言葉では表せません」と喜んでいる。
 家族や親しい友人とは離れることになるが、「ポジティブで明るい、そして結果を生み出す素晴らしいトレーニングの環境を探していた」といい「私もクリスもこれを一番望んでいたのです」と明言。「私達のゴールを目指すと共に皆さんの期待に答えたいです」と前向きな言葉を並べた。
 また、右膝の手術を受けたクリスが松葉杖なしで歩けるようになってことも報告。「今、全てが良い方向へと動き出しています」と期待に胸を膨らませている。
 マリーナ・ズエワさんはエカテリーナ・ゴルデーワ、セルゲイ・グリンコフ組を1988年カルガリー、94年リレハンメルと2度の五輪で金メダルに導き、過去には安藤美姫や村上佳菜子の振付を担当したこともある。
リード姉弟のブログhttp://ameblo.jp/reed-icedance-blog/entry-11856891495.html

荒川静香さんスケート連盟強化スタッフに
フィギュアスケート女子の2006年トリノ冬季五輪金メダリスト、荒川静香さん(32)が、日本スケート連盟の強化スタッフに加わることが24日、関係者の話で分かった。

 日本オリンピック委員会(JOC)の強化スタッフにも推薦され、各競技で中核を担う指導者を養成するJOCのナショナルコーチアカデミーを6月から受講する。

 荒川さんは引退後にプロスケーターや解説者として活躍し、12年に史上最年少で日本連盟の理事に就任した。

 現役時代から高橋大輔(関大大学院)や浅田真央(中京大)らと交流もあり、連盟関係者は「選手との距離感も近く、金メダリストの経験を伝えてほしい」と期待した。
伊東委員長を再任=フィギュア
日本スケート連盟は25日、東京都内でフィギュアの全国部長会議を開き、伊東秀仁フィギュア委員長(52)が再任された。任期は7月1日からの2年で4期目。伊東委員長は「強化はうまくいっているが、次のタレントをつくっていかないといけない。スケートリンクも新しい物を作っていくことに努力していきたい」と述べた。
 強化スタッフはこれから人選されるが、2006年トリノ五輪女子金メダルで、連盟理事の荒川静香さんが加わる予定。

ttp://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014052500142

浅田選手インタビュー@カザフスタン
ロシア語ワカリマセーンが一応浅田選手に関するメディア情報なので置いておきます

ttp://vesti.kz/figure_skating/189639/
私信ですが・・・

フィギュアスケートについて私にも思うところがあり
このたびブログを立ち上げることにしました

こちらでは「技術班」「師匠」を呼ばれてますが、
実は知識だけ詰め込んだ頭でっかちなだけだったりもします
ブログは全く初めてなのでどうなるかわかりませんが
フィギュアスケートついてルールや日々感じることを書いていけたらと思っていますので
どうぞよろしくお願いします



http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/
嘘でも書いちゃっていいんだぁ~
ガセブン情報ですが

浅田真央 家族同然のメダリストの誘いでカザフのショー出演
http://www.news-postseven.com/archives/20140605_259562.html
女性セブンのカザフの記事
りんご様が寄せてくださってる記事情報
「浅田真央 家族同然のメダリストの誘いでカザフのショー出演」

この記事の雑誌の見出し『浅田真央 ”噂のカレ”に誘われてカザフの笑顔』
本当にひどいと思います。
http://josei7.com/topics.html

ネット記事を読んだスケートファンにはテンくんは配慮できる人だと感じると思うのですが、雑誌の見出しにつられて読んだスケートに詳しくない一般の人には、どういう印象で読まれるでしょうか。

テンくんの配慮を悪用した記事だと思うのですが・・・





テレビ放映された「ファンタジー・オン・アイス」、
楽しみにしていたのですが、見て愕然。
これいったい、なんのショーなの?

某男性歌手ばかりスポットライトを浴びて・・・・、
信じられませんでした。
せっかく選手がいいパフォーマンスを見せてくれているというのに。

速攻で録画を消しました。
ららら♪様
「ファンタジー・オン・アイス」はスケーターがいろんなアーティストとコラボして
そのアーティストの生歌で滑るというアイスショーなので

スケーターだけでなく歌うアーティストのほうにもスポットが当たってしまうのは
仕方ないと思います

我が家は恥ずかしながらBS・CSには加入してないので
youtubeで拝見しましたが
(フルサイズっぽい動画が上がってるんですが著作権とか大丈夫なのかしらん?)
今年は郷ひろみさんだったんですね~。
『言えないよ』は羽生くんよりどちらかというと高橋選手かまっちーでやってほしかった
(羽生くんの演技はどこかあっさりしすぎているところがあるので)

>megumiさま
ありがとうございます、
物を知らないとはこのことですね、お恥ずかしい・・・。

某男性歌手があまり好きではないので、よけい、
そう感じてしまったのかもしれません。
失礼いたしました。
例のアジェンダの件です

なんかもう、下線部と打ち消し線だらけでさらにグチャグチャになっているのですが
男子、ペアの時間短縮と要素の縮小は否決

男女シングル、ペアの係数がSPは1.00、男子は1.80にという案は
どうも可決されているようです

女子SPのスコアはますます天井上がりになり
浅田選手の歴代最高得点はあっさり破られることになるでしょうね。



キム・ヨナ判定問題 韓国側が提訴断念
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/06/24/0007083137.shtml

ソチ五輪フィギュア女子で銀メダルに終わったキム・ヨナ(韓国)の採点を不服とし、国際スケート連盟(ISU)に異議申し立てをしていた大韓スケート連盟が24日、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を断念した。中央日報(電子版)が伝えた。
 ISUは今月4日、大韓スケート連盟と大韓体育会が提起した審判員の構成問題に対する訴えを棄却していた。
 スケート連盟側は24日、「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と発表したという。
 中央日報は「ソチ五輪でキム・ヨナはクリーンな演技をして、計219.11点を獲得した。しかしフリープログラムでジャンプを失敗したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)が224.59点の高得点を取り判定疑惑が提起された。」と伝えている。
 韓国側は、競技後、ソトニコワとロシアの審判が抱擁し合った場面や、審判員にロシア・フィギュア連盟元会長の夫人が含まれていたことに疑問を呈していた。 

浅田真央 in 世界ふしぎ発見
7月5日TBS放送の「世界ふしぎ発見」にて
浅田真央さんがミステリーハンターに初挑戦。
ウィーン、スロバキア、ブダペストを巡り、フィギュアスケートの誕生と謎に迫ったり
浅田選手が演じたプログラムの作曲者であるショパンやリストの創作活動をたどるという企画内容だそうです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140626-00000308-oric-ent

楽しみですね
すごく楽しみです!
きゃー!megumi様、真央ちゃん「世界ふしぎ発見」出演情報
ありがとうございます!

あ~だから真央ちゃんウィーンにいたのね!と納得しました。
真央ちゃんが滑る姿も見られるのですね。ヘインズオリジナルのスピン
楽しみですねえ!

一週間後になりますね。これは忘れないように録画予約しなければ!
今日から新宿で真央ちゃん展
新宿高島屋で「浅田真央23年の軌跡展」-東京開催はラスト、初展示の直筆メッセージも /東京
ttp://shinjuku.keizai.biz/headline/2007/

>新宿高島屋では、これまでに開催された4店舗に来場のお客様から浅田さんへ寄せられたメッセージボードの展示と、それに対する浅田さんからの直筆のアンサーメッセージを初展示する」と担当者。


◇24日[木]~8月3日[日]、東京・新宿高島屋11階特設会場(03・5361・1111)。午前10時~午後8時(25・26日は午後8時30分まで、8月3日は午後6時閉場。入場は閉場の30分前まで)。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 運命数33
うわ~、あの人まだそんなこと言ってるんですか。。。あきれますね。
事実と異なるアゲを続けると「かえし」があります。内臓系の病で終わります。

KY方式のその選手もかわいそうですね。
橋本聖子が高橋選手にセクハラ疑惑
週刊文春 8月28日号
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4271

ミヤネ屋でも取り上げておりました
いよいよ来ましたね
ISUまたまたこっそりルール変更
お久しぶりです

ISUがISU Communication 1884でまたまたこっそりルールを変更していたのを皆さまはご存知でしょうか

こちらが訂正後のルールです
http://skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/Figure_ISU_Communication/Comm1884J-v2.pdf

例の「1回転半に満たないジャンプはノーカン」ルールですが
SPに関しては適用されているものの、
FSに関しては除外となりました。
特記事項もこの部分は削除されています。

で、2―2のジャンプについては回転不足やエッジ判定をとる以前の基礎点の高い方のみ基礎点を与えるというものになっています
FSに関して2―2になった場合はシニア男女とジュニア男子は
第1ジャンプ、第2ジャンプともノーカンという特記事項も加えられているのですが
実際にノーカン判定を食らったのは2回転の同一ジャンプを3回跳んだ選手だけです。
重複しなければOKということにもなっているようです

それからコンビネーションスピンに関しては
基本姿勢の数が符号に記されることになりました。
足換えありの場合は足換え前、あとでそれぞれ基本姿勢が一つ入っていなければなりませんが

基本姿勢が2つ⇒CCoSp2pレベル
基本姿勢3つ⇒CCoSp3pレベル

という表記になるようです

3回転以上のジャンプについての重複ですが
ソロジャンプ2つで重複した場合は+SEQではなく
+REP

となりました

ジュニアGPF初戦が既に終わりましたが
e判定を受けた選手らは大きくスコアを落としています
3F、3Lzでエラー持ちの選手が殆どですので
全体的なスコアは大きく下がることになるかもしれません
Oslo Withdraws Bid to Host 2022 Winter Games, Citing Cost
オスロが公的資金の欠如を理由に2022年冬季五輪招致から撤退です。

ttp://www.nytimes.com/2014/10/02/sports/oslo-withdraws-bid-for-2022-olympics-citing-high-cost-of-games.html?_r=0

これで北京とアルマトイの一騎打ちに。
中国共産党が国家の威信をかけ過去最高額の資金を投じた2008年夏季五輪開催の実績を有する北京か。
たった一人の自称終身大統領による22年間に渡る実質的な独裁統治状態の中央アジアのオイルマネー国カザフスタンか。

どちらになるか見物ですね__________
しお韓スレより<静雄理事様、副会長に
ご無沙汰しております。

亀の如く遅くなりましたが、お姐さんブログ1周年おめでとうございます♪
これからも活躍の場が広がりますようにお祈り申し上げます。

さて、しお韓スレを覘いておりましたら
あらかー理事さま、ご出世のニュースがががwww

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000530-sanspo-spo

しっかし、金メダリストさまを担ぎ出すなんて、よっぽどスケ連って人材ふry
小作鴨ちゃん、ここにも飛んでくるー???
オスロ五輪招致撤退の理由はIOCの接待要求。
オスロが公的資金の欠如を理由に2022年冬季五輪招致から撤退かと思いきや、IOCの接待強制に耐えかねての辞退らしいです。
Ben Mathis-Lilleyさんの記事。
どん引きです。
--------------------------------------------------------
聞きしに勝るIOCのたかり体質にあきれ、冬季五輪から逃げ出したオスロ。
http://www.slate.com/blogs/the_slatest/2014/10/02/ioc_demands_oslo_drops_bid_after_over_the_top_list_of_requirements.html

和訳が掲載されているサイト。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/10/post-3421_1.php

2022年冬季五輪の招致レースから、ノルウェーのオスロが撤退した。
理由は大会後に無用の長物になる競技場に巨費を投じるのがばからしくなったから。
さらにIOC(国際オリンピック委員会)が、いかさま貴族の腐敗組織と分かったからだ。

ノルウェー国民が半ばあきれ半ば憤慨したのが、五輪開催中に必要とされた豪華接待。
その内容を地元ベルデンスガング紙の記事から抜粋すると──。

・IOC委員は開会式前に国王と面会。式後のパーティー費用はノルウェー王室かノルウェーの組織委員会が持つ。

・公道に委員専用車線を設ける。

・各委員のホテルの部屋に組織委員長とホテル支配人の挨拶状と、季節の果物と菓子を届ける。2月のオスロで季節の果物を見つけるのは至難の業だが。

・ホテルのバーは営業時間を夜遅くまで延長。ミニバーにはコカ・コーラ社の飲料を置く。

・空港でIOC会長の歓迎レセプションを行う。空港には委員専用の出入り口を設ける。

・開閉会式には各種アルコールを準備し、競技期間中は会場のラウンジにワインとビールを。

・委員のホテル出迎えは笑顔で。

・会議室の温度は常時20度に。

・会場のラウンジに温かい食事を用意し、メニューは定期的に入れ替える。

オスロの撤退に対してIOCはこんな声明を発表した。
冬季競技の熱心なファンであるノルウェー国民にも、自国で記録を達成する機会を逃すノルウェー選手にも、残念な決定だ、と。

悲しい。実に悲しい。
--------------------------------------------------------

姐さんブログの読者様はトーマス・バッハIOC会長が ク ロ だとご存知だと思います。
韓国のムン・デソンIOC委員の論文剽窃について、完スルーし、世界中に向けて不正は無かったとドヤ顔で嘘をつき、表向き五輪改革を推進しているかのように見せかけようとしてみたものの内実は高級接待。
オスロが一方的に搾取され尽くす前に辞退に踏み切ったのは非常に懸命なのではないでしょうか。
そして残るのは中国-北京市とカザフスタン-アルマトイ市。

はてさて、次回冬季五輪開催国歌の例の国は、IOCの尽きることの無い無間地獄のような強欲を満たせるだけの接待資金を一体どこから捻出したのでしょうか。
聞くまでもありませんね。

P.S
stupisi様、おひさしおなんです。
リード姉弟「クリスは膝が壊れるまで」
◆リード姉弟「クリスは膝が壊れるまで」
(デイリースポーツ 10/13 ttp://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/10/13/0007415310.shtml)

バンクーバー、ソチ両冬季五輪フィギュアスケート・アイスダンスの日本代表コンビ、キャシー・リード(27)、クリス・リード(25)姉弟=ともに木下クラブ=が13日、自身の公式ブログを、更新し、右膝に故障を抱える弟・クリスの状態を明かした。
 リード姉弟は3月の世界選手権後、クリスが膝の半月板の手術を受け、5月には活動の拠点を米ミシガン州カントンに移した。オフのトレーニングを挟み、新シーズンを迎えた現在は、新しいスタイルの構築とテクニックの習得に取り組んでいるという。
 今月初旬には日本へ戻り、4日にさいたまスーパーアリーナで行われた「カーニバル・オン・アイス」に出演。その合間に都内のオリンピックセンターでクリスは整形外科医の診察を受け、MRIを撮影。膝は半月板の傷が消え、骨挫傷の症状はなくなったが、骨に炎症があり、痛みを覚えているという。
リード姉弟は19日からデトロイトで行われるスケート・アメリカの棄権を余儀なくされたという。クリスの膝の痛みの原因は、半月板が薄くなったことで、炎症が起こりやすくなったためで、25歳のクリスの“膝年齢”は60歳くらいの状態だという。
 リード姉弟はブログで、今後もけがと向き合いながらトレーニングを続け、「クリスは膝が完全に壊れるまでアイスダンスを続けるでしょう」と競技生活を継続していく決意を吐露。日本では11月下旬に大阪・なみはやドームで行われる、グランプリシリーズのNHK杯に出場する方針を明らかにした。

◇キャシー・リード&クリス・リード オフィシャルブログ  
『ゴールにむけて』 :http://ameblo.jp/reed-icedance-blog/entry-11938409136.html

クリスの怪我 少しでも早くよくなりますように
NHK杯 応援しています。

フィギュアに悪影響を及ぼしかねない「30秒ルール」
いつもの記事の転載で、すいません。

フィギュアに悪影響を及ぼしかねない「30秒ルール」(10/30 allabout)
ttp://allabout.co.jp/gm/gc/448428/

ISU(国際スケート連盟)が新ルールを発表した。その中には理解に苦しむものが含まれていた。
国際大会では、名前をコールされてからスタート位置について静止するまでの制限時間が定められているが、それが従来の60秒から半分の30秒に短縮されたのだ。しかも30秒をオーバーすると減点され、もし60秒以内に演技を開始しなければ棄権とみなすという大変厳しいものだ。
・羽生結弦選手への嫌がらせという噂の「真偽」
今回のいわば「30秒ルール」に関して、一部では、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手への嫌がらせではないか、という噂まで出ている。

羽生選手は、名前をコールされてから約40秒以上かけてスタートのポジションにつくことが多いからだと思われるが、噂の「真偽」を考える前に、そんな疑いを生んだ背景を見てみたい。
・疑いを生んだ背景
この噂の背景にあるのは、不当とも言える欧米主導のルール変更により、日本がたびたび煮え湯を飲まされてきた過去だ。
有名なのがスキージャンプだ。98年長野五輪で優勝するなど、日本のジャンプ陣は世界最強だったが、その後スキー板の長さに関するルールが背丈の高くない日本人選手に不利に変更され、低迷を余儀なくされた。
フィギュアスケートにおいても不当なルール変更は行われた。難度の高いジャンプの回転数に対する過剰なまでに厳格なルールにより、女子選手で唯一トリプルアクセルを跳ぶことができる浅田真央選手が不利になった件だ。これはもはやスケート界の常識となっている。
・しかし「30秒ルール」は事情が異なる
そうしたいきさつもあり、今回の「30秒ルール」が日本の羽生選手を狙い打ちにしたのでは? という噂につながったのだろうが、今回に限っては必ずしもそうとは言えない。
なぜなら「30秒ルール」によって悪影響を受けるのはほとんど全ての選手だからだ。
・30秒は切り詰められる限界
まず、世界トップクラスの選手が、名前をコールされてからスタートポジションで静止するまで実際にどれくらいの時間をかけているのか見てみよう。
次のデータはソチ五輪の男女シングルメダリストおよび注目選手が要した時間を私が独自に調べたものだ。
ショートプログラムとフリーそれぞれについて記載するが、あくまで私が手元の時計で計測したものなので、ISUの計測値と1秒前後の誤差はありうる。その点は考慮の上見ていただきたい。
男子シングル(ショート/フリー)
金:羽生結弦(40秒/43秒)
銀:パトリック・チャン(37秒/44秒)
銅:デニス・テン(39秒/40秒)
参考)
町田樹(43秒/45秒)
高橋大輔(28秒/27秒)
団体戦時のエフゲニー・プルシェンコ(33秒/29秒)

女子シングル(ショート/フリー)
金:アデリナ・ソトニコワ(40秒/30秒)
銀:キムヨナ(36秒/29秒)
銅:カロリーナ・コストナー(38秒/30秒)
参考)
浅田真央(45秒/45秒)
鈴木明子(29秒/30秒)
村上佳菜子(41秒/48秒)
ユリア・リプニツカヤ(35秒/45秒)
ご覧のように30秒以内で静止できたのは、ごくわずかの選手しかいかいないのが事実だ。
・ほぼ全ての選手に悪影響を与える変更
30秒以内にスタートポジションで静止できた選手もわずかで、しかも30秒ギリギリ。VTRでその動きを確認したところ、演技に入る直前の動作として無駄なものはほとんどなく、これ以上時間を切り詰めるのは事実上困難とも言える。つまり30秒という時間は、どの選手にとっても限界と言える制限時間なのだ。
・なぜこんなルール改悪が起きたのか?
こんなルールがなぜ採用されたのか真相を知りたいところだが、過去に行われたルール変更についてもタテマエ論で終わったように、このテの話は当事者に取材をしても事実が語られる可能性は極めて低い。
そこで、その背景を、フィギュアを取り巻く状況から推察してみる。
・世界のフィギュア事情
先頃引退を発表した高橋大輔選手や休養中の浅田真央選手、そしてソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手をはじめとして、近年の日本にはキラ星のごとき選手がいる。そのおかげで日本は史上空前のフィギュア人気となっている。
一方、欧米のフィギュア人気はやや低調だ。長らく人気選手が不在だったせいもあり、スポンサー収入や放送権料も芳しくないと聞く。
・過剰な商業化による弊害
肥大化したフィギュア業界において収入の減少は死活問題。となれば、テレビ番組として放送しやすいように試合時間を短縮し、スポンサーも獲得しやすくするという思惑が働いても不思議はない。
むろん国際スケート連盟がそうと認めるとは思えないが、過度に商業化された現代のスポーツでは幾らでも起きうる話である。
大相撲で、取組上の理由ではなく、テレビの放送時間の都合で仕切りの時間を調整しているのもその一例だが、今回の「30秒ルール」も、人気低落に苦しむ欧米のフィギュア事情が引き金となった可能性は否定できない。
・数年内に撤回されるのではなかろうか?
誤解を恐れずに言えば、この変更は改悪ともとれ、演技に悪影響を及ぼす可能性も否定できない。
実は今回のルールの原文には、
<The first Competitor/s in a warm-up group will be granted an extra time of thirty (30) seconds after he/they is/are called to the start.> 
という補足が記載されている。
各グループのウォームアップ後の最初の滑走選手には30秒の猶予が追加されるという規定で、これはまさに、30秒では十分に準備が整わないことを連盟自身が認識していることの現れとも見ることが出来る。
あくまで私の個人的意見だが、今回変更された「30秒ルール」はおそらく世界中の選手の不評を買うはずで、数年内に元に戻されるのではないかとみている。 

赤の部分の記事について
羽生結弦 突然のルール改正発表「王者への嫌がらせ」の声も【羽生結弦(10/28)

今季のフィギュアがいよいよスタート。ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(19)は、11月7日からの中国杯で初戦を迎える。だが、万全ではない体調以外にも彼の前には大きな問題が立ちはだかっているという。
「国際スケート連盟(ISU)が、ルール変更を発表しました。国際大会では名前をコールされた後、決められた時間内にスタート位置へ着かなければいけません。選手が静止すると音楽が流れ始め演技を始めます。そのスタート位置に着くまでの時間が、これまでの60秒以内から30秒以内に短縮されたのです。30秒以上になると減点、60秒以上だと棄権という厳しい改正です。羽生選手はこれまで約46秒かけていましたから、新ルールを聞いた瞬間『えっ!』と絶句し、明らかに困惑した様子でした」(前出・フィギュア関係者)
 羽生の“46秒”は、次のようなものだ。自分の名がアナウンスされるとリンクの縁に両手をつけ、1度深く屈伸。リンクを滑り始めて、スケート靴の刃の状態を確かめるように周回。体をひねりながら入念にジャンプのタイミングを確認し、スピードを落として胸で十字を切るように士の字を書く。胸の前で手を合わせて祈るような仕草をみせ、スタート位置で集中に入る……。
競技前に十字を切るのは、ジャンプの回転軸と両肩を平行に保つ意識を確認するためだという。これらは羽生にとっては、どれひとつ欠かせないものだ。
「今までの46秒を30秒に短縮するのに、羽生選手はすでに1カ月以上もの時間を試行錯誤のために費やしています。実は、彼にとって16秒の時間を減らすことは、4回転ジャンプを跳ぶこと以上に難しい課題です。このままでは、羽生選手の大切な儀式である“勝利の祈り”も封印せざるを得なくなります」(別のフィギュア関係者)
 ルール改正の理由は――。
「ISUの羽生選手に対する“嫌がらせ”という声もあります。これまでもISUは浅田真央選手のトリプルアクセルのジャッジを変えたり、日本人選手の不利になるようなルール変更が何度もありました。欧米の選手達と違い演技前の精神統一に時間をかける羽生選手にとって、新ルールが足枷にならなければいいのですが……」(別のスケート関係者)


写真記者協会賞:貝塚記者「浅田真央 氷上の涙」に部門賞
◆写真記者協会賞:貝塚記者「浅田真央 氷上の涙」に部門賞
(毎日新聞 12/6)

東京写真記者協会(新聞、通信、放送など加盟34社)は、今年の優れた写真に贈られる協会賞と部門賞(7部門)を発表した。毎日新聞社は、スポーツ部門(海外)で、貝塚太一記者が、ソチ五輪で女子フィギュアスケートの浅田真央選手がフリーの演技を終えて涙を流しながら観衆に応える姿を撮影した「浅田真央 氷上の涙」が部門賞を受賞した。協会賞は、御嶽山が噴火した翌日に、稜線(りょうせん)でうずくまっていた生存者の姿を捉えた産経新聞社の航空写真「火山灰の中に生存者」。
 受賞作品を含め今年一年を写真で振り返る「2014年報道写真展」は、13日から24日まで東京・日本橋三越本店(入場無料)で、来年1月10日から3月29日まで横浜市の日本新聞博物館(有料)でそれぞれ開かれる【平田明浩】

◎スポーツ部門賞(海外)「浅田真央 氷上の涙」(毎日新聞社 貝塚 太一)
http://tokyoshakyo.org/results/


ただ2013年の協会賞(奨励賞文化芸能部門)には、驚きました。
フィギュア女子、Cランクに降格 五輪のマルチサポート事業
◆フィギュア女子、Cランクに降格 五輪のマルチサポート事業(2/13 共同通信)
ttp://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021301002245.html

文部科学省は13日、五輪でメダル獲得が有望な競技を重点支援するマルチサポート事業で2018年平昌冬季五輪に向けてターゲット競技を見直し、昨年のソチ五輪後に浅田真央(中京大)が休養したフィギュアスケート女子を、金メダルが期待され、最も力を入れて支援する「A」ランクから新設した最低の「C」ランクに格下げしたと発表した。
 「A」にはフィギュアスケート男子とスキーのジャンプ女子を従来通り指定。スノーボードではソチ五輪で竹内智香(広島ガス)が銀メダルを獲得したパラレル種目の女子、1月の世界選手権で鬼塚雅(バートン)が優勝したスロープスタイル女子を「B」に加えた。
おタミさんが!
どこに書き込んだらいいのかわからないので、とりあえずここへ。

某所で知ったのですが、とうとうおタミさんが試合で3Aを跳んだそうですよ。

転倒したけど、認定されたとか。Bavarian Open 2015

取り急ぎ。
No title
連投失礼します。

おタミさんのジャッジスコア、ISUのHPから見られます。
転倒した分後半の3T-3Tでリカバーしようとした?
それとも最初から3-3の予定だったのか。

オールトリプルジャンプで全部成功したら一体どういう点数に
なるんだかwww
トヨタ、IOC最高位スポンサーに
トヨタ、IOC最高位スポンサーに
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2015022500345&utm_source=twitter&utm_medium=i_jijicom_spo&utm_campaign=twitter

国際オリンピック委員会(IOC)とトヨタ自動車が、IOC最高位のスポンサー制度「TOPプログラム」の契約を結ぶ見通しになったことが25日、明らかになった。契約期間は2020年東京五輪を含む10年間とみられる。
 TOPプログラムには現在、世界的な大手企業11社が名を連ねている。トヨタが参加すれば、日本企業ではパナソニック、ブリヂストンに続く3社目。早ければ3月にもIOCのトーマス・バッハ会長が来日し、正式契約の運びとなる。
 TOPスポンサーは1業種1社に限定され、テレビ放映権料と並びIOCの重要な収入源。協賛社は広告などのマーケティング活動で五輪マークの独占的使用が認められる。 (2015/02/25-11:48)
アイスダンス五輪から除外?ふざけんな、IOC!!!
どうもアイスダンスが五輪の種目から除外されるという噂が飛び交っているようです

アイスダンスでISUジャッジ資格を持つデビッド・モレナ氏も
「最有力の噂:アイスダンスはもはや五輪種目ではないかもしれない。
こんなに悲しいことは無い!
(除外について)6月5日のIOC総会で決定が出される」
と自身のTwitterで呟かれていました
https://twitter.com/_David_Molina/status/600962012764610561

除外の理由って何なのでしょうか
海外のフォーラムでも噂が飛び交っていて
「アイスダンスはスポーツではないから」という理由が有力だそうです

。。。それだけが理由ではないと思うなぁー

日程は16日しかないのに競技種目がどんどん増えて
きつくなったからアイスダンス除外で調整したかっただけでないのかしらね?
フィギュアスケートとショートトラックは同じリンクで競技が行われて
ただでさえ日程がキツキツで氷の維持費が馬鹿にならんのに
ISUが団体戦をねじ込んで余計に日程がきつくなったからアイスダンス除外で調整しようとしてるだけなんじゃないの?

除外するならもっと適した種目があるじゃないですか!
ショートトラックですよ!シ・ョ・ー・ト・ト・ラ・ッ・ク!!!

男女とか500mとか1000mとか距離によって分ける必要無いやん!あんな種目!チームパシュート(リレー)とかさあ!

メダルを独占するのは中国と韓国だけだし
負けると一番ぎゃあぎゃあ騒いでもめ事起こすの韓国だけだしさあ!

また夏季五輪のテコンドーみたいな人気も何も無い韓国ごり押しのスポーツを残して
他の種目を削るつもりですか?

ふざけんな!!






アイスダンス五輪種目存続決定
↑の噂についてですが、ISUが正式に見解を出しました
http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/news/2015/05/rumors-of-removal-of-ice-dance-from-the-olympic-program

これは真実ではありません。
2018冬季オリンピックプログラムのレビューは現在進行中ですが
最終的な決定は2015年6月7-8日に国際オリンピック委員会執行委員会の次のミーティングの間にされる。
国際オリンピック委員会は、レビュープロセス内で、
ISUが、オリンピックプログラムからアイス・ダンスの除外を含まない多くの提案をしたと確認している。

 
噂レベルにとどまって良かったです
お騒がせいたしました
Re: アイスダンス五輪種目存続決定
megumiさん、情報ありがとうございます!
アイスダンスも好きなんで、もう泣きそうでしたwwwww

そういえば団体戦といえばシンクロナイズドの追加だよねとのんきに思っていたあのころが懐かしい。まさかに選手を酷使するだけの不公平な四種目、とは思いませんでしたからねえ。
冬季五輪、回を重ねるごとに競技人口が増えるのでなんとか減らそう減らそうとしていたはずなのに謎の団体戦追加、本当に納得できない制度です。
ISU、ルール改悪
来季よりルール変更
http://static.isu.org/media/207718/1944-sptc-sov-communication-2015-2016.pdf

3T基礎点が4.10から4.30に変更
3S基礎点が4.20から4.40に変更
クワドのUR判定中間点がアップ


ここまではいいとして。



・3A中間点が6.00から5.90にダウン。
・クワドの減点幅が―1.20、-2.40、-4.00にアップ。

・足換えコンビネーションスピンの基礎点ダウン
⇒レベル1:2.00、レベル2:2.50、レベル3:3.00、レベル4:3.50から
それぞれ1.70,2.00,2.50,3.00に下がりました

ステップレベル4に関して11のディフィカルトターンやステップ、両方向にことなるものを5つ


GOEに関してですが

「最終GOEは±に制約されないエラー」の項目が撤廃、
違反要素があればすべて減点となりました


従来のルールではルッツ、フリップで!判定を受けた場合
UR判定でもジャッジは加点に相当する部分があれば考慮していいことになっていて
最終GOEで加点がつくこともありましたが
今後はすべて減点となります

SPに関しては「規定回転数に1回転以上足りないと基礎点なし」というルールもありますので
このルールの厳しさは茶番以上ではないかしらと思います

これでは男子は再び4回転に挑戦しづらくなり
女子はセカンド3回転やルッツ、フリップに挑戦しづらくもなって
回避の方向に走ってしまうのではないでしょうか?

ルール改正というより改悪に近いと思います。。。




No title
自身のブログにて一応変更点を要素ごとに纏めてみました

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/

但し英語能力はそれほどでもありませんので
ところどころ間違っているかもしれません
チームチャレンジカップ
世界選手権終了後にアメリカのワシントン州スポケーンで開催される「チームチャレンジカップ」のアナウンスメントが公開されました

自身のブログ内で詳細を纏めていますのでこちらをどうぞ
http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/
(引用は姐様にお任せします)

招待選手については国別対抗戦のように拘束力は何ら無いようで
WS最上位の選手が辞退すれば2位の選手に、さらに辞退者が出れば3番手の選手となって
全出場選手が確定するまで続くだけの話のようです

「チームショートプログラム」については
出場選手を男女シングル1名ずつ3つにカテゴライズしてマッチアップを行い
各チームから提出された選手の対戦方式でそれぞれのカテゴリーごとに順位ポイントを付け、
総合ポイントで争うという形式になるのだとか。

但しウォームアップについて問題があり、6分間練習や公式練習ではどうも男女の選手が同じリンクに入って練習を行うようなのです

男子と女子が1つのリンクで同時に入ってウォームアップなんて聞いたこと無い
個人的には難度の高いジャンプを跳ぶためにガンガンスピードを出して滑る男子選手と
難度が頭打ちの女子が同じリンクで練習することで事故が起きたりしないだろうかという心配があります
怪我でもしたらどないすんのよ

一応WS1位は羽生くんと宮原知子ちゃんとなっていますのでこの二人には招待状が届くという事になるのでしょうが
辞退していいんじゃないかと思います
2018年ピョンチョン冬季五輪
韓国が無理なら、かわりにやってあげるという「提案」なのでしょうかw

【sputnik】ソチ もう一度五輪開催の用意がある

2014年に冬季五輪が開催されたロシア黒海沿岸の都市ソチのパホモフ市長は、もし信頼してもらえるならば、ソチ当局はもう一度五輪を開催する用意があると述べた
 続きを読む http://sptnkne.ws/aAuZ

お年頃さんへ
コメントありがとうございます。。
きたーー!!!!ほーらほらほら恐ロシアだよwwww
トヨタ社長、東京五輪組織委「突然辞任」
(東京五輪に関してですが、既出ならごめんなさい)

トヨタ社長、五輪組織委「突然辞任」のワケ 「愛想尽かし」の見立てに、疑心暗鬼の経済界

2016年1月10日 11時30分J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/11048140/

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の副会長を、トヨタ自動車の豊田章男社長が2015年12月21日付けで辞任した。経済界を代表する後任副会長には、パナソニックの津賀一宏社長が就任する。 豊田社長サイドはあれこれ理由を述べているが、「唐突感は否めない」(財界ウォッチャー)辞任劇であることは間違いない。「寄り合い所帯の組織委員会の迷走を豊田社長が嫌った」(中部財界関係者)との観測が真相に近いとみられているが、多くの五輪関係者が豊田社長の真意を測りかねている。
ISU総会アジェンダ
ISU総会にかけられるアジェンダが公表されました。
またいくつかトンデモ案も出ているようです


■大会運営に関して
・ISU選手権大会に「ディビジョン制」導入
TESによってグループ分けして上位18名はSPとFSを、下位24名はFSのみ。上位Gはテレビ中継ありで下位Gはネット配信のみ


ISU選手権大会、ジュニアとシニア同時開催のGPFを除いた大会においては
 SPとFSを同じ日に開催して良い。開催する場合は4時間開ける


・五輪中間年の4年に1度、スピードスケート、フィギュア、ショートトラックの世界選手権を同時期に開催する「ISUスケートフェスティバル(?)」案浮上
⇒スケートだけのオリンピックみたいなもん?


■選手の国籍または国籍移籍に関して
・加盟国代表として出場するには加盟国国籍を持つか居住実績1年以上
 (ペア、アイスダンスはどちらか1組が条件を満たしておればよい)


・国籍変更する場合は
 ISU選手権大会が最後→待機時間は18か月
 それ以外の国際競技出場が最後→待機時間は12カ月以上

待機期間を経ると元の加盟国からの承認は必要無し
元の加盟国は移籍する国に金銭を求めてはいけない


■競技に関して
 ・ウォームアップグループ第1滑走者に与えられる30秒+30秒の猶予は廃止
 
・ウォームアップ時間はSP4分、FS5分
 
・SP演技時間は2分40秒±10
 
・FS演技時間は女子はそのまま。男子、ペアは4分半から4分に縮小
 (演技時間短縮案が通ればコレオシークエンス、男子のジャンプ1つを廃止)

 
・提出するプログラム音楽はCDではなくオーディオファイルで。


■滑走順
 ISU選手権大会、五輪はFS最終2Gをさらに2つに分けてそれぞれで抽選
 第3Gは10~12位選手演技終了後に7~9位選手が
 第4Gは4~6位選手演技終了後に1~3位選手が演技する
 それ以外の国際競技は主催者はSP下位選手からの滑走順または選手権大会と同じ滑走順かどうかを選べる



■採点に関して
・GOE評価は7段階評価を廃止して10段階評価に

・ジャンプのザヤ緩和
⇒コンボで重複があった場合は重複したジャンプのみノーカン

4T、3Lz+3T、3Aという構成で4Tが3回転に抜けた場合従来ルールは3Lz+3Tは丸ごと0点でしたが改正案では3Lzの基礎点はもらえる

・女子SP課題のレイバックスピン指定を廃止。
フライングスピンとは異なる足換え無しの基本姿勢(8回転)であれば何でも可


・スピンコンビネーションは基本姿勢3つで。2つの場合は基礎点削減

・転倒については1~2度目は減点1、3~4度目は減点2,5度目以上は減点3
たとえばSPが↓のような構成で全部転倒した場合
①4T+3T
②4S
・・・・・・・・ここから転倒1つにつき減点2
③FCSp
④CSSp
・・・・・・・・ここから転倒1つにつき減点3
⑤3A×
⑥StSq
⑦CCoSp
全部転倒した場合は合計15点の減点


・PCSに関して「Skating Skills」「Transition/Linking Footwork」「Performance/Execution」「Choreography/Composition」「Interpretation」の5つで評価
(PE評価では『技を正確に質よくこなす』が無くなった)


■その他
 アスリート委員会設立
 シングル&ペア、アイスダンス、ショートトラック、スピードスケート、シンクロの5種目から現役選手1名を選手・コーチ間投票で選出し、技術委員会に加わりアンチドーピングやフィギュアの広報・啓発活動、ルールへの提案などの活動を行う



現役選手を技術委員会に加えるという案は非常にいいと思います

ISUを1つのファミリーとしてスピードスケート、フィギュア、ショートトラックの大会を一緒に行うという案もまあまあ賛同できます
(シンクロも加えたれよと思いますが)

個人的にちょっとこれは…と思ったのはウォームアップ時間縮小でしょうか。
競技の6分間練習で選手が一番やりたいのはジャンプを跳ぶときの助走スピードやコース取り、タイミングの取り方ではないかと思います
特に女子よりはるかに難度の高いジャンプを跳ぶ男子ならなおさら。
4分などでは体が十分温まらないうちに練習を終えることになるのではと思いますしジャンプ等のチェックもできないまま本番に臨むことになるので故障を招きやすいんじゃないかと・・・

アジェンダについては自身のブログでも纏めてますが
時間の短縮ばかり気にして選手の安全の事には気を配ってないという印象しか残りませんでした

http://figureskatingmaolove.blog.fc2.com/

管理者にのみ表示