俺たちの今野さん!「分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケートに提言」

ましろさん、樹さん、サナトリウムさん、にゃんさん、コメントありがとうございます!
サナトリウムさんはなにゆえこのお名前なのでしょうか。お体お大切にと申し上げるべきでしょうか??

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ましろ」さんにあります。

2013/12/12 ましろさん
デイリースポーツ12月12日記事に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

URLはヤフーニュースのものです。
デイリーの方が見つけられなかったので(T-T)

取り急ぎお知らせまで。

デイリー、タイガース以外の記事もちゃんと書けるのね♪


なになになに!!!???急いで見に行ってみました。

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「デイリースポーツ」さんにあります。

分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケートに提言
デイリースポーツ 12月12日(木)11時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

ソチ五輪で金メダルを首からかけた浅田真央ちゃんの姿を想像するのは、私だけではないだろう。

今年の女子フィギュアスケートGPファイナルは、浅田の2年連続4回目の優勝で幕を閉じた。

ショートプログラムで1回、フリーで挑戦した2回のトリプルアクセルは回転不足や転倒こそあったが、最大の武器であるトリプルアクセルを封印してグランプリファイナル優勝を果たした昨年とは仕上がり具合に、雲泥の差がある

浅田本人も手ごたえを感じており「(フリーで)アクセル2回は体力的に負担がかかるのは分かっていますが、きょうやった構成で臨んでいきたい」と話し、全日本選手権、来年2月にロシアで行われるソチ五輪のフィギュアスケートでも今大会同様のプログラム構成で臨むつもりになっている。

【写真】真央GPファイナル4度目V ソチ五輪でも浅田真央のこの笑顔が見られるか?
※このリンクが突然変更されました。詳しくは記事の最後の追記をご覧ください。

 悲願の金メダル獲得を目指す浅田真央にとって、最大のライバルであるキム・ヨナの動向は気になるところだろう。
ソチ五輪の金メダリストになって、現役を引退してほしいところだが、ライバルは一筋縄にはいかない。

キム・ヨナはGPファイナルとほぼ同時期にクロアチア・ザグレブで行われた国際大会、ゴールデンスピンに出場。6日のショートプログラムは今季世界最高となる73・37点をマーク。

7日のフリーではタンゴ「アディオス・ノニーノ」という曲をバックにすべり、ジャンプでは手をついたものの131・12点の高得点をたたき出し合計204・49点という高得点で優勝。「ソチ五輪ではキャリアの最後をいい形で締めくくりたい」と五輪連覇に自信を深めている。

 GPファイナルとゴールデンスピンでは試合環境やプレッシャーのかかり具合がまるで違うので、GPファイナルの浅田の得点とゴールデンスピンのキム・ヨナの得点を単純には比較はできない。

だが、得点は得点。足の故障で今季のGPシリーズに一度も出場しておらず、試合勘も戻っていないはずのキム・ヨナの得点の方が上であるとは、首をかしげざるを得ない

これまでも、浅田とキム・ヨナの得点をみて、釈然としない気持ちを抱いた人は多いだろう。バンクーバー五輪では、キム・ヨナがショート、フリーの合計で、フリーで2回のトリプルアクセルを飛んだ浅田真央の205.50点を大きく上回る228.56点で金メダルを獲得した。

 また、その直後の世界選手権ではミスを連発したフリーの得点が、浅田のそれを上回った。かつてソルトレーク五輪で行われたフィギュアスケートの採点が疑惑を招き、採点方法が変わったことがあったほど、フィギュアの採点方法は奇奇怪怪である。

現在、フィギュアスケートの採点は、国際スケート連盟が規定しているジャッジジシステム「Code of Points」が用いられている。

これは、「International Judging System」とも呼ばれ、種目ごとに技術点、構成点、ディダクション(違反行為によるマイナス)を算出し、それを合計したものが総合得点になるが、一般の人間には、実に分かりづらい部分もある。

ジャンプの難易度などが採点の要素になる技術点は割と理解できる。

だが、構成点というのが曲者だ

よくキム・ヨナは構成点が高いといわれている。
構成点とは演技審判が
(1)スケート技術
(2)動作
(3)振り付け
(4)曲の解釈
(5)要素のつなぎ
の5項目をそれぞれ10点満点、0.25点刻みで評価し、合計点で算出したものを指す。

だが、浅田とキム・ヨナとの間に構成点でどれほどの開きがあるか、正直、分からない。

 フィギュアスケートは採点競技であって、タイムを競うスピードスケートとは違うのはもちろん分かっている。

だが、採点をする審判も人間である。

思い込みの入る余地は十分にあるだろうし、かつてはジャッジの買収疑惑が渦巻いたこともある

確かに、フィギュアスケート界が、今まで以上に万人に分かりやすい採点方法を生み出すには時間がかかるだろう。だが、インターネットの投票などを使い、誰の目から見ても、納得できるいくつかの要素を採点に盛り込めないものだろうか。

納得のいく演技で金メダルを獲得し、表彰台の真ん中に立つ真央ちゃんの笑顔がみられると信じている。

(デイリースポーツ・今野良彦)


っしゃああああ!!!!! 

今野さん、ついに、ですね。姐さん泣きました。やっとです。やっと「本当のこと」を書いてくださる人があらわれた!

ありがとう。本当にありがとう。

ところで今野さん、韓国人を含む採点競技では、インターネットでの投票は大変に危険です。今よりもキンケンジ圧勝になってしまいます(笑)。韓国人はF5攻撃や、動画、SNSやツイッターなどで「韓国有利の評価になる」ように細工する、専業の集団を抱えています。

キンケンジがらみではTIMES紙が選ぶ世界でもっともパワーのある有名人、でしたっけ、あれにキンケンジをランクインさせたことがありましてね。のこのことTPOにそぐわない安っぽいドレスで会場にあらわれて「あんた誰だよ」扱いで壁の花になっていたことがありました。意気揚々と乗り込んだ後で誰からも注目されず、とぼとぼと歩いて帰る姿の惨めさときたら・・・。

それに韓国人の歌手だかに投じられたレディー・ガガ越えの莫大な投票がほぼすべて韓国からだったという投票元を地図で表示した惨めな図も公開されていましたよね。韓国だけが真っ赤なの。痛すぎる。

よし。風は少しずつ強まってきているぞ。

皆さんの声が効果を発揮しはじめた証拠ですね。
そしてさすがに黙って見過ごせないほど、浅田真央選手が努力した結果ですね。

今の浅田真央選手を見て、それでもキンケンジよりも上だということは、・・・もうおわかりですよね。
引き続き「いいものはいい」「おかしいものはおかしい」と声を上げていきましょう!!

今野良彦さんとデイリースポーツさんに感謝です!!!

デイリースポーツ>オピニオン>オピニオンD>分かりやすい採点方法を目指してほしい
http://www.daily.co.jp/opinion-d/2013/12/12/0006566046.shtml

--------------------------

※追記
コメントで教えていただきましたがYahooのほうは突然ミキムチ大先生のふるーーーーーーい記事へのリンクにさしかえられました。「抱き合わせ商法」はキムチ大先輩の得意技___
キムチもミキムチもげっぷが出そう。
ミキムチさんはどうやらフジテレビ=電通が全日本選手権に押し込もうと画策なう!らしいですが、超どうでもいいので頑張っている選手の話題には一切さしはさまないでほしいです(※個人の意見です)。

少し時間をおいてみて、フィギュアスケート関連の他の記事にならなかったら完全に狙ってやってることですね。
今野さん!!記者さんの意向じゃないですよねー。これが御社のやり方ですよー!!!!

ミキムチーーーー




人気ブログランキングへ
関連記事
愛のたれこみ部屋 | コメント(27) | トラックバック(0) | 2013/12/12 16:03
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事の真ん中辺の写真へのリンク
ましろさんのコメントでこの記事を知り、良い記事だな~と思って後からゆっくり読み返す為にブックマークしておいたんですが、さて読み返そうと思って記事を確認したところ、何か違和感が。

姐さんの記事にある真ん中あたりの文字だけの写真へのリンク。
確かに最初見た時は
「【写真】真央GPファイナル4度目V ソチ五輪でも浅田真央のこの笑顔が見られるか?」
だったんです。
でも2回目に見返した時に何故か
「【写真】父親は誰?「幸せ」ウエディング姿を披露した安藤美姫」
というリンクに変わってたんです!
浅田選手の記事の真ん中に何故か安藤さんの写真へのリンク……何度かページを更新してみましたが変化はありません……。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo
姐さま!
間違ってますよ!

誤:壁の花
正:壁の黒ずみ
こちらからです!
姐さんのリンク先、怖くてクリックできません。
まだトップに載ってますので、コピーしてきました。
ただ、リンクできてませんので、コピーして使ってくださいまし。



http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/figure_skating/?id=6100319

デイリースポーツ 今野良彦さん
G~J!!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
一人ひとりの動きは小さくとも
人が動くと空気が揺れて、だんだん大きくなって、風になる。
風はやまず、ますます大きく、淀みを吹き飛ばす大嵐に。

頑張ってる皆様と頑張ってる選手たちの起こした風は、ますます強くなりますよ!
今野良彦さん、ありがとうございます!
Re: この記事の真ん中辺の写真へのリンク(はやのさんへ)
> ましろさんのコメントでこの記事を知り、良い記事だな~と思って後からゆっくり読み返す為にブックマークしておいたんですが、さて読み返そうと思って記事を確認したところ、何か違和感が。

お???

> 姐さんの記事にある真ん中あたりの文字だけの写真へのリンク。
> 確かに最初見た時は
> 「【写真】真央GPファイナル4度目V ソチ五輪でも浅田真央のこの笑顔が見られるか?」
> だったんです。

あたしが見たときもそうでした。おおおお?

> でも2回目に見返した時に何故か
> 「【写真】父親は誰?「幸せ」ウエディング姿を披露した安藤美姫」
> というリンクに変わってたんです!

ほんとだ!!!なんぞwwww
キモーい!!!

> 浅田選手の記事の真ん中に何故か安藤さんの写真へのリンク……何度かページを更新してみましたが変化はありません……。
>
> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

キモーい!!!!
キムチ先輩お得意の「抱き合わせ商法」じゃないですかーやだー!!
指令が出されているんでしょうね。これは画面キャプチャしとかなきゃ!

ご指摘ありがとうございます!!!!キ(ry
ゆずとか大とか明子とか
って! 感動したところにミキムチ・In!
やめれぇぇぇ 私が最初に見た時も「ソチ五輪でも浅田真央のこの笑顔が見られるか?」だったのにぃ!
真央まおに抱き合わせ商法お腹いっぱいです(´・ω・`)
どうしても抱き合わせたいならせめて美しいものと!
やほーーー!
姐さま、


いつも黙っておとなしく読んでいるだけのわたしですが、ヤホーでこの記事を見つけて、おおぉぉぉ~!と、仕事中にもかかわらず画面に向かって小さな叫び声とガッツポーズをして、職場の周りの人にこの記事を読ませてから姐さまのとこに飛んできました。

わたしがこの記事で嬉しかったのは、あの、228.56 についても触れられていたことです。

やはり、「フィギュアは見るのは好きだけど、ただそれだけの人(・・・大多数)」にとって茶番での出来事は、ただキンケンジがミスしなかったから菌メダル、真央ちゃんはミスがあったから・・・という記憶でしかない人が多いのだと思うんです。わたしもそう思っている大多数の友達とフィギュアのことを話題にするときは、最近のキンケンジの劣化に対してあの特典・・・(あぁ、なんどやっても特典って変換されるわ・・・わかってやってんのかしらIME)をおかしいというのはわかりやすくて話せるんだけど・・・。多くの人が、茶番は妥当だったのだと思ってしまってるのが、もう何というか、もどかしいやら悔しいやらで・・・。

真央ちゃんがトリプルアクセル3回を挑戦するのには、もちろんアスリートとしての自分の挑戦でもあるのでしょうが、(・・・ここからはわたしの勝手な妄想ですが・・・)真央ちゃんは、真の228.56点、いや、それなんて目じゃない演技はこれだというのを、全世界の人に見せたいという意思を持っているのではないかと思うのです。真央ちゃんがバンクーバーから帰国してすぐの(空港での?)インタビューで、この点数は塗り替えなければならないということを発言したのは、ただ歴代最高得点を自分のものにしたいということではなくて、フィギュアってこんなインチキなものじゃないというのを見せたいと思っているのだと思うのです。

真央ちゃんがソチの舞台で正義の鉄槌を、いや、美しい演技で、暗闇だった世界に光が放たれるように、腐った人々をすべて浄化させてフィギュアをもう一度アスリートのものとする、毎日毎日わたしはそれを心に思い浮かべています。

いろいろなフィギュアファンのサイトで波になってきている「公正な審判を!」の叫びに、少しでも追い風となるようなこういう記事が出たことは、本当に驚きでした。

これから、さらにもっといい風が吹いてくれることを祈りたいし、わたしも自分にできることをやっていきます。

姐さまの言葉、コメントの皆さんの言葉、どれもがわたしに大きな勇気を与えてくれます。ありがとうございます。



追・・
ヤホーの写真ですが・・・ わたしも初め見たとき真央ちゃんの写真だったのにぃぃ、変わっちゃってて残念です(-_-;)。ほかの記事でもよくあるんですよね、関係ないじゃんっていう記事を「関連記事の写真」といって載せてくる抱き合わせ商法。せっかく気分良かったのにがっくしですよね。沢庵じゃなかったのがせめてもの救い・・・かな?

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ようやく正論を書いてくれるメディアが現れた♪
と嬉しくて飛び上がりたい気分の裏側で、記名記事でここまではっきり書いて、今野さんに脅迫とかが行かないだろうかという不安を覚えてしまいました。
こんな不安を覚えてしまうほど、今の日本は毒されているのですね。
日本人が日本人として感じた事を当たり前に発信できる、ごく正常な国に戻したいです。
これは・・・
大きな1歩来ましたね!
デイリースポーツ&今野さん、GJです!めちゃ嬉しいです!

ここ最近、本当に風が変わりつつあるのを感じていましたが、きっと4年前、もしくはもっと前からコツコツと動画やブログなどでフェアジャッジを叫ばれていた方たちの積み重ね、その思いの強さがあったからなんでしょうね。凄いことです。
私はメールや葉書、電話(すべて日本語のみ)、黒猫さん本真央ちゃん本のすすめなどしか出来ませんので、姐さんや黒猫さん石ころさん、他にもたくさんの愛あるブロガーさんたちが、日頃から一部のストーカーからの心無いコメントや脅迫や中傷に立ち向かいながらこうやって記事を更新し続けてくれている事に本当に感謝です。
いつも矢面に立って頂いて、勇気を頂いて、ありがとうございます。
No title
姐さん、皆様こんばんは。

やっとですね。
全世界のフィギュアファンがずっとずっと思っていたことですよね。この流れが止まらずに問題が大きく大きく育つことを願ってやみません。

姐さんはじめ皆様のパッションが世論を動かしつつあるのですね。スバラシイ・・


妄想伴う素朴な疑問・・・ですが、

私たちの声、至極当然な願い「全てのスケーターに公正なジャッジを!!」が全日本まで、遅くともソチまでに聞き届けられ、金さんへの採点がおかしい(自明ですが)ものだったと認められたら・・・

当然ソチでの輝くメダルは危なげなく嫁様のものとなる。

金さんは10位の声も聞こえないはるか遠くに旅立たれる。

そのとき、これまで何年もの間 「金さんの点数は高いのよ!だって表現力が、スピードがすばらしいんだから。それに比べて嫁様ときたら・・・」
と解説してきた日本の、世界の専門家ちゃんたちはどんな言い訳をするんだろう?

それを聞いてみたいから、もうすぐ聞くことができるのだから、末席ながらチーム公正活動を精一杯がんばろうと思います。

まったくお役に立てていないのに出てきてすみません。
姐さん、皆さんいつもパワーをありがとうございます。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さくらうさぎさんへ
おおおおおお!!!!!
なーるーほーどー!!!!

ご紹介いただいたリンクを見て爆笑してしまいましたwww 仕様なのかなあ。ぶふっふぶふふwww
仕様・・・この記事すごいですね。なにゆえ非公開で教えてくださったのでしょう。

笑いすぎてコーヒーをこぼすのは姐さんだけでいいという優しいご配慮だったのでしょか。ぶひひひwww

この姿勢、見習いたいですwwwありがとうございます!
道は開かれつつある。
今日、この記事を見つけて一気に元気・勇気・やる気が
湧いて来ました。
そしてデイリーさんへは早速御礼のおハガキを
書きました。
姐さんのブログからのムーブメントが
記者の方々を奮起させ、そしてまた記事への
良い評価が良心ある新聞社への励ましになるのだと
強く感じます。

Twitterで素敵な言葉を見つけました。
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが
もんじゅくんの紹介した故・伊丹十三さんの言葉です。
(私も伊丹十三さんは大好きでとても尊敬していました。
奥様の宮本信子さんも大好きな女優さんです。)
私も引用させていただきます。
このブログのスローガンにぴったりだと思ったので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 われわれは、まず、折あるごとに不満を述べあい、議論をたたかわし、役所に苦情の電話をし、新聞や雑誌にすぐれた記事を発見した場合には、手紙を書いて激励しようではありませんか。
 その効果はあまりにも小さく、前途は気の遠くなるほど遥かです。しかし、これが、誰にでもできる唯一の道造りではないでしょうか。

by伊丹十三『ヨーロッパ退屈日記』
非公開にしたのは、仕様について自信がなかったからです(^_^;)
その辺りは詳しい方がいらっしゃるかもしれませんね(^-^)

もちろん、先ほどのコメは公開していただいて結構です。
特に最後のところはみなさんで共有してください(笑)
さくらうさぎさんのコメントです☆
あまりにおもろかったのでお願いして公開コメントとして代理入力させていただきました。

----------
2013/12/13 さくらうさぎさん

こんにちわ。はじめまして。
ミキムチの記事へのリンクですが、これはYahooの仕様かもしれません。
私も詳しいわけではありませんが…、下記のように「Yahooニュース」となってますので。
http://gyazo.com/05085b3d445a58b8b863fba7756fa284
ちなみに、同じ内容の下のリンクを開き、「記事元を見る」を開くと、デイリーの元記事に飛びます。

なんせ、ブレないデイリーはミキムチの出産告白の翌日でも、1面は藤浪だったので…(笑)
http://snn.getnews.jp/archives/112850
デイリーありがとう
デイリーの今野良彦記者、真にありがとうございます!!
デイリーさんには、どんなに世間を賑わせる事があっても一面は阪神を扱うという鉄則があるようですがw真央ちゃんが金メダルを獲得できた時でも、やはり阪神ネタをトップにあげるのでしょうね。

ヤフーの抱き合わせ商法が鬱陶しいミキムチ先生、でも微妙に色物扱い。「頑張るママ」ではなく、「父親は誰?」になってる。
例え実力に?がついてもオリンピックを目指すと宣言した選手のスキャンダルは書けないもんだ、オリンピック終了後なら、例えメダリスト相手でも何でも書けるしね。
自分の足で稼いでネタを仕入れても、電通次第で記事を差し替えられるのは、記者もやってらんないーという気分だろうな。どこかのスポーツ紙でも2chでも電通フジが安藤をごり押しする理由をちょっとでいいからすっぱ抜いて欲しいわ。
今野さん素敵!
その通りです!
全くもって不可解採点です!
今野さんよくぞ提言して下さいました!!

個人的には公式練習あたりでコンパルソリー、その評価を大会のSSで反映して欲しいなぁと思います。
現行のPCS採点って選手毎に予め何点台と決めて、その範囲で本人比で評価を付けてるとしか思えないですし。
絶対評価をうたうなら同一条件下での採点も必要だと思うのですが…
音楽表現など相対評価にならざるを得ない項目もあると思うのでそれは各々ジャッジの判断で、複数ジャッジ+上下カットのシステムがあるのに何故もっと運用しない?
選手も自分の長所短所が見えていいと思うんですが…

PCSでも評価が違いすぎると処分されるんですかね?
毎日新聞ですが
この絡みでこんな記事が出てたのでご紹介
既出だったミアネよ、名前出されてないけどアマノ君もなんだか有名 ふふふ

インサイド:ソチ五輪への道のり・第4部 公平と安全/2 難度重視の採点方式
より抜粋

>このルール改正は結果として、男子の「4回転時代」到来を後押しした。とはいえある国際審判が「審判にも『好み』がある」と漏らしたように、審判の「主観」を完全排除できない採点競技固有の問題もある。今回のGPファイナルでは、一部審判が紹介の際、ブーイングを浴びせられる場面もあった。

全文はこちら
http://sportsspecial.mainichi.jp/news/20131218ddm035050203000c2.html
今野氏を否定する記事
否定する記事が出て来ました。(やっぱり)
スポーツナビ 連載企画 『アンチスケートの野望』緊急スペシャル

こんな記事を見つけました
「浅田 真央は決して言い訳をしない。最後の全日本も、笑顔で魅了する。」

http://number.bunshun.jp/articles/-/770201

野口 美恵=文です。

フォロワーで、「マオタじゃない私が感動したいい記事」と書き込みがあった記事です。
全日本フィギュアスケート選手権のコラム記事らしいです。

こちらも読んでみて下さい。

引導渡したれ
キム・ヨナ陣営が仕掛けるソチ五輪・浅田真央潰し
http://npn.co.jp/article/detail/51441623/

まあ週刊実話なんでアレなところはありますが、
KYと金(かね)は切っても切れないという記述と
「ただ、ヨナの得点を額面通り受け取ることはできません。
彼女が出場した『ゴールデンスピン』は、国際スケート連盟主催大会ではなく、
審判もいい加減なB級大会」と斬って捨てているところはまあ評価できるかと。
この記事まで印象操作に使われている?
しばらくこちらに来られなかったので、既出の話題なら済みません。

こちらでご紹介いただいた良い記事が、全日本前に配信された安藤さんの記事の末尾に「関連記事」としてリンクされていたんですが、その見出しのつけ方がひどいんです。

http://megalodon.jp/2013-1223-1349-06/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000068-dal-spo
(魚拓)

今季、優勝「しか」してないのに。これじゃやってることホイチョイ並みじゃないですか。
「掲載情報誤り」としてフォームから「報告」しておきました。こちらにもタレコミさせていただきます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
デイリーさんのよき伝統?
茶番のとき、谷本さんという記者が「五輪女子フィギュア 謎の韓国人審判の笑顔」と題した
こんな記事を書いてらっしゃいました。
26日のフリープログラム。韓国のキム・ヨナの点数が発表された時、取材にあたる各国の記者から「信じられない」の声が漏れた。そして、その声の主たちは席を立ち、電話をかけ始めたり、取材ノートを勢いよくめくったり慌ただしく動き始めた。審判団の“不正”を疑ったのである。

確かにキム・ヨナの演技はSP、フリーとも素晴らしく、金メダルに相応しいものだった。浅田真央もトリプルアクセルを3回も決めるという史上初の快挙を成し遂げたが、細かいミスがあり、演技力や表現力といったところはキム・ヨナに劣っていたのは日本人でも認めなければいけないところ。しかし、総合で「20点」という数字ほどの差はなかっただろう。

取材にあたっていたロシア人記者はこういう。
「150点という点が出た時、思わず笑ってしまったよ。キム・ヨナが4回転ジャンプを成功させたのだと思った。今回は審判のジャッジが偏っているという批判がずっとあった。これから、どの国の記者も審判に不正がなかったか調べることになると思う」

フリープログラムの審判団は偏向ジャッジがないように、世界各地から無作為に選ばれる。今回の国籍はヨーロッパ7人、カナダ1人、そして韓国から1人の計9人だった。各々の点数は発表されないが、ヨーロッパの審判を取材したアメリカ人記者によれば、こんな話があったという。
「フリー後、キム・ヨナとカナダのロシェットの点数だけが異様に高いと、ヨーロッパの審判団の中でも首を傾げる人物もいたそうです。キム・ヨナの演技が終わった後、韓国人とカナダ人、そしてもう一人、東欧の審判が顔を見合わせてニヤリとしていたそうなんです。それはロシェットの時もそうでした。疑いたくないが、彼ら3人の動きが気になるのは事実です」
フィギュアは9人の審判が採点するが、実際に数字として反映されるのはそこから無作為に選ばれた7人の点数。本人たちは誰の点が反映されたかわからない。

しかし、件の3人のうち誰かが何らかの不正を働き、点数を「盛っていた」としたら——
もし、その3人が付けたジャッジが、採点する7人の中に反映されていたら——
あれだけの高得点も頷ける…

これはあくまで先のジャーナリストたちが取材している話にすぎないが、何かと物議を醸す点差だったことには違いない。(谷本雅顕)

ちなみに当時の2ちゃんの書き込みでは、紅葉と維持費の他で大幅に盛っていたジャッジはポーランド人だったとか。記者さんとしては、ここまでが限界なのか? デイリーさんにはますます頑張って欲しいものです。

管理者にのみ表示