GFP2013 浅田真央FS ロシア語解説(トニーさん訳)


罫線で囲まれた文章のCopyrightは「トニー」さんにあります。
2013/12/12 トニーさん

「ウリの花嫁」ファイナルフリーロシア語解説

姐さま、みなさま、こんばんは。立て続けに失礼いたします。昨日の宣言どおり、フリーの翻訳を投稿させていただきます。こちらもユロスポじゃないです。URLはこちらです↓。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SlaWJ3uoneQ
(Mao Asada 浅田真央 FS - 2013 GPF)

GPF2013-mao-FS-ロシア語解説


フィギュアスケート動画ブログさんのところからいただいた動画ですが、ショートに比べてとても短い動画でした。こちらも公平な良い解説でございます。( )内は私による補足説明です。

(訳ここから)
ああ、転倒です。マオは冒険しました。しかしトリプルアクセルで転倒です。
さらにもう一つのトリプルです。しかし両足着氷…両足着氷になってしまいました。そしてこれはトリプルアクセルのシークエンスとして計算されます。何故なら同一ジャンプの繰り返しになってしまうからです。残念です。
フリップはクリーンです。
さらにもう一つのアクセルで、ダブルアクセルとトリプルトーループです。
トリプルサルコウです。これは問題ないです。
3-2-2のコンビネーションです。すばらしい!

(演技終了)

グランプリファイナルの覇者が誰になるかについて何の疑問もありません。うちの女の子達より(ショートの点数が)多かったですし。

ユリヤ・リプニツカヤは全体として自身のフリープログラムを非常に立派に滑りきり、ショートでもうまくいったのですが…。
しかし、マオです、これがマオです。

さて今このジャンプ(トリプルアクセル)の評価が出ています。トリプルアクセルとして認定されています。両方ともジャッジ達は認定しました。転倒もありましたが…。2本目は回転不足となっています。

彼女は6度も2位より下になったことはなく、1位が4回、2位が2回という成績です。これは天才的です。

131.68点です。まったく正当なものです。マオの結果については何の疑問もありません。非常に多くのマイナスがあってのものですから。

訳は以上です。



トニーさんありがとうございます!
いい文章だわ~すらすら読めて内容がしっかり頭に入ってくるし、明るくて上品ね。
文章って人が出るわね。トニーさんはすっとぼけているペガサスって感じだわ。
ちなみに嫁というのはこの実況のオッサンのことで最終回答よねっ!

ロシア語解説は、演技中はとても静かね。ほとんど無言。でも演技が終わったら技の出来栄えや過去の戦績や、試合に参加した他の選手の紹介と比較なんかを的確にびちっとまとめて、点が出るまでに必要最小限の仕事をきっちりやってのけているわ。見事よね。
とんでもなくシブい加点でがんがんマイナスされたあげくのガチの勝利だって、わかってくれている気がするわ。

こうやって翻訳紹介をさせていただくときに、自分なりに動画の一部をキャプチャしてきたんだけど、浅田のときは動きが早すぎてブレブレになるわ!たくわんの四倍速って感じがする。五倍速にしてもまだたくわんの画像はゆっくりだからブレねーわよ。

そして「浅田本人」が美しい。若い女性らしい丸みやしなやかさ、柔らかさがありながら、強く激しく動けている。すべての瞬間が美しいけれど、それにもましてこの美しい選手から目が離せない。
あらためて浅田の美しさに驚かされる。

こんな画質でも、ひとことも理解できない実況でも、浅田の輝きはまったく薄れずに残されていく。

トニーさん、すでにファンも大勢いる俺たちのトニーさん、本当にありがとうございました!
姐さんのロシアに対する好感度はうなぎのぼりよ!
これが正しいフィギュアスケート実況だと思うわ。
そしてイタリアお茶の間解説もうるせーけど大好きよ!w

スケートの実況で大嫌いなのは日本だけだわ。というかフジテレビとテレビ朝日が大嫌いだわ。


人気ブログランキングへ
関連記事
海外報道の日本語訳 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2013/12/13 12:11
コメント
トニー様、ありがとうございます!
姐さま、みなさま、こんにちわ。

トニー様、SPに続いて、ロシアの愛ある解説、どうもありがとうございました。
ロシアから愛をこめて!みたい! お疲れ様でした。
マオという名前は、日本人の女子の名前の代名詞になりつつあるような。。
ロシアの方が好意的なので、ソチは少し期待しています。
そして、プーチンが朝鮮半島の南部から来る、得体の知れない害虫に、殺虫剤をまいてくれたら、
さらに浄化できます。
それか、検疫で足止め2ヶ月ぐらいで。

トニー様、恐ろしいものが耳に入ってきたんですね。世界中の雑音を集めてもまだ足りない半島の歌うビヤ樽。 運転中はくれぐれもお聞きにならないようにしてくださいな、命にかかわります(爆笑!)
ありがとうございます。
またまた翻訳ありがとうございます。

>しかし、マオです、これがマオです。

そうです。そうです。

トニー様
ソチOPの解説も同じ方がするんでしょうか。
買い取られて違う人が解説になったらショックすぎます。
いつもありがとうございます!
姐様こんばんわです
そしてトニー様いつも素晴らしい翻訳ありがとうございます!
本当に公平な解説だなあ…なんで日本の解説はこういかんのや……
あと

>トリプルサルコウです。これは問題ないです。

サルコウ苦手だった真央ちゃんがこんなふうに言われる日が来るなんて(;Д;)
真央ちゃんのサルコウふわ~んって感じで好きです!
抜けるにしても2回転に出来るようになりましたしほんと努力の賜物ですね。
トニーさま!
俺たちのトニーさま!!

翻訳作業が「自分の勉強になるから全然負担じゃない…」…なんて、また、トニーさまらしい人柄の出るコメントを見て、危うく嫁阻止するのを忘れてしまいそうになりました!! 

フリーの翻訳も、本当に有り難うございます!!!!
トニーさまのコメントないかな~…と、コメント欄を探してる私ですっ☆

姐さま。
大丈夫でしょうか…??
時間が過ぎて大丈夫だったから、消したんですよね??
姐さま、どうか、本当にお身体気をつけてくださいね。ばかのひとつ覚えみたいに、ごめんなさい…。
ドイツ・ゆろすぽ真央実況@GPF・ショート
不評なのは百も承知なのですが2回に分けて、先のGPFでの真央ちゃんの演技のドイツ解説を投下しますf(^^;)

(お姐さん、ドイツ語版はつべなどに証拠物件が上がってないので記事upしないで、このままでいいです。
資料室代わりにコメ欄お借りします。)


【以下、読まれる方へお願いです】
イギリス版・ロシア版と比べ、痛い言葉が散らばってます。それでも過去にあげたドイツ語解説よりも、真央ちゃんに好意的なコメントになってます。できれば、そちらとの比較も合わせてお願いできれば幸いです。そういった変化をもたらしたのは真央ちゃんの努力のみならず、会場で分け隔てなく熱狂的に応援される日本のファンを目のあたりにしたお陰かと私は思ってます。

ではSPから~解説はユロスポ第2放送局の女性アナウンサー一人での実況です

《リンクイン》
さあ、お待ちかねマオ・アサダの登場です!すでに3度のGPF優勝経験、初優勝は15歳のとき2005年の東京大会、そして2009年・昨年と勝利しました。気が付けば彼女も23歳・・・でも!彼女はいまっだに!進化をしている!そう申しても過言ではありません。ここまでの大会においても素晴らしい結果を見せてくれました。

《冒頭のトリプルアクセル》
果敢に高難度のトリプルアクセル!

《演技終了後》
何という演技でしょうか、マオ・アサダ!観客は座っていられません。スタンディングオベーション!この23歳の日本女性は観衆の心を激しく揺さぶりました!観衆はロシアのイリーナ・スルツカヤ以来のGPF4度目の優勝という快挙を待ち望んでます。その行方はあと2・3分ほど待たねばなりません。本当にパーフェクトな滑りでした。観衆にとっても夢のような世界でしたね。テレビモニターの左上のテクニカルスコアも2・3点加算されるでしょう。現在、明らかにリードしてるわ。
※↑実際は減点がはじまっている。アナウンサーの勘違い?
コーチはマイスターのノブオ・サトウよ。今日は既に彼女のチームメイトのユズル・ハニューがワールドクラスのスコアを目のあたりにしました。女子シングルでも、それに続くでしょう、マオ・アサダ!

《スロー再生》
さあ、もう一度見てみましょう。最初の3A・・・この方向からのスロー再生ではきっちり後ろ向きじゃないけれど、でもそんなたくさん(回転が)欠けてはないですよ。すっごくすっごく強烈なオープニング!(ちなみに)彼女は(女子SPの)最終滑走者です。また3AはGPFに進んだ女子シングル選手の中で彼女しか飛べないジャンプなんです。
3F・・・後ろ向きにランディングしているように見えますね。
さてコンビネーションジャンプは・・・ちょっと欠けてるかな。彼女には2・3そういうことが起こりますね。確実に後ろ向きで着氷するといいのに、と思うんですよ。それでも本当にファンタスティックで素晴らしく美しいプログラムです、マオ・アサダ!彼女は他のスケーターと比べても、より高い5コンポーネンツが加算されますからね。
この演技で何点、出るでしょうか。信じられないくらいレベルの高い演技が続きましたね。(転倒の多い)男子シングルよりもずっと強かったわ。(女子は)一人を除いてノーミスのSPだった、ポゴリラヤが2Aでヘマしちゃったのが残念だったわね。それ以外は転倒もなかったから、FPも楽しみよ。

《得点発表》
アサダの得点が出ました、72.36点。プレゼンテーションが34.91点で2位のソトニコワの30.85点と比べてもリードしてます。相当の得点差を稼いでアドバンテージを、ここ福岡で示しました。

終わり・・・FPは別コメで・・・
ドイツ・ゆろすぽ真央実況@GPF・フリー
引き続き、真央ちゃんのGPFフリーのドイツ解説を投下します。(2-3箇所聞き取れない箇所・超意訳がありますが、文脈は壊れてないと思います)


【今一度、読まれる方へお願いです】
イギリス版・ロシア版と比べ、痛い言葉が散らばってます。それでも過去にあげたドイツ語解説よりも、真央ちゃんに好意的なコメントになってます。できれば、そちらとの比較も合わせてお願いできれば幸いです。そういった変化をもたらしたのは真央ちゃんの努力のみならず、会場で分け隔てなく熱狂的に応援される日本のファンのお陰かと私は思います。

FPは~解説はユロスポ第2放送局の女性アナウンサーと“いつもの”解説ヘンドリック・シャンベルガー氏(元アイスダンス選手)の実況です

赤字を女性アナ青字を解説氏で表示します。
《リンクイン》
マオ・アサダ・・・この演技で自身4度目の優勝が決まります。SPのあと彼女は比較的気楽に感じているでしょう。SP終了時点で4点差のソトニコワは(フリー演技で)競争から大きく後退しました。逆にリプニツカヤはフリーで息を吹き返したわね。彼女は2つの3Aをプログラムに入れる予定です。昨日の練習ではうまく行ってましたよ。SPの3Aにしても今までにないくらい良い感じだった、とプレスカンファレンスでも彼女は言ってました。とにかく素晴らしい演技で彼女はホームの観衆に感動を与えたわ。

《冒頭のトリプルアクセル》
????????  ←※解説氏が何かいってましたが・・・聞き取れず・・・

《演技終了後》
はあ、アクセルを除いては・・・(一旦沈黙) ・・・今日はうまく行かなかったわね。これがあるべき姿ではないわ。でも夢のようなプログラムよ。本当に観客のほとんどが熱狂しているわ。

確かにいつものような(3Aを)見ることができなかったんだけど(←この箇所、超意訳)、でもこの会場全体が1つの『チーム・マオ・アサダ』になったよ。(そんな一体感をもたらした)すごく素敵なプログラムだよ。彼女の勝利は間違いない。確かにテクニカルの内容ではリプニツカヤの方がよりノーミスに近いけど、浅田はSPのリードに加え、疑いなく5コンポーネンツの面でリプニツカヤを引き離すから。ま、決まりだね。

どうしたの!?しかしまあ何てすごい会場でしょう。フラワーガール達は(リンク上の花やプレゼントの)後片付けが大変だわ。でも、まっいいかー。だってマオ・アサダが最終滑走だから。GPF最後の採点が発表されますよ。あと残るのはEXだけ。彼女は4度目の優勝をやり遂げたわね!ペアのサフゾルも今日、優勝したのよ!まあ振り返ってもマオ・アサダはこのGPFで快挙を成してきたわ。15歳のときに東京で優勝したのよ。

《スロー再生》
私はもう浅田をソチ五輪の本命とみなしてよいと思う。唯一の敵はユナ・キムしかいないよ。キムはこのGPFと並行して開催されているザグレブの大会に出場し、今日の午後フリーで131点を出した。比較するというか~なんていうか~キムの点数はこの大会参加の女子スケーター達とほとんど同じというのが、興味をそそるよね~(←超意訳)

はあユナ・キム。バンクーバー五輪の金メダリストが長い休養から昨シーズン、カムバックしまして世界選手権で優勝しました。それ自体すでに本当に信じられないことですが。

そだね。

でもアサダも彼女の長いキャリアの末に、(今回の)オリンピックで栄光に輝くといいのにって思うわ。
??????←※女子アナ氏が何かいってましたが・・・聞き取れず・・・


うん、マオ・アサダならやり遂げるかもしれないよ。この23歳のチャンピオンは。あ、23歳になったばかりだよね。まあオリンピックだから何が起きるか分からないけれど(超意訳)。

彼女はいまっだに進化してるのよ。本当に未だに(ストロングポイントを)増やしているわ。

プログラムのプレゼンテーションやスケーティングにおいて、常に進歩を見せているよ。昨シーズンと比べても一段階違う。

今シーズンは3Aが定着したわ。長らくそれが出来なかったけれど。
??????←※女子アナ氏が何かいってましたが・・・聞き取れず・・・ 
うふふっ


《キス&クライ》
彼女の小さな不備は3-3のコンビネーションなんだ。競技会で飛ぶのは2A-3Tだよね。もちろんそれでもコンペ的には問題ないし、3Aという優位性は効いているけれどね。
※↑上のコメントはNHK杯のSPでも、まんま同じことを言ってました。が、前回のような、奥歯に物が挟まったような懐疑的な言い方でなくなりました♪ 3-3コンボについては、「3-3さえ飛んでくれれば、君のことをもっと強く押せるんだよ!浅田さん!」とでも言いたげな感じw

彼女は勝ったよ。(本人は)ちょっと不確かそうな顔つきをしてるけれどね。

転倒による減点がありますが、5コンポーネンツ68.79点が加算されます。アサダの優勝です!

終わり・・・
トニーさん!トニーさん!
姐さま、皆さま、そしてトニーさま!おはようございます!

トニーさんトニーさん、騒がしく勝手にファンになってゴメンなさい!それにしても姐さまも仰るけど、トニーさんの文が好きですあたしー!

いいわぁいいわぁ恐ロシア解説。端的で敬意がこもっていて、自国選手への応援がひしひし感じられて!

でもこれは、トニーさんがいらっしゃらなかったら、逆立ちしても知り得なかった世界なんです!本当にありがとうございます!スパシーバ!!

それにしても姐さま、すっとぼけたペガサスってw

それから、今さらジローがツボなあたしですが、きっとこちらの皆さまにも同じようにあの昭和ソングが脳内リピしたり、ふとした拍子に「すいませーん、ちょっといまさらジローな感じなんっすけどもー」とか口走った方がいるはず!あたしみたいに!!!

stupsiさん!stupsiさん!
騒がしい連投ごめんなさーい!!

stupsiさん!俺たちのstupsiさん!ドイツ語バージョンありがとうございます!ダンケシェンなんです!

なんでしょう、今までとの温度の違い。どいちゅめー!撹乱作戦かなあ、騙されないぞ!と言いつつ嬉しい…。

騙されないぞと思いつつ、少なからず今までとの違いを感じますよね。

なんか、別のカテだけど、先頭ページだけどw、それこそいまさらジローなコメまで散見されるし、なんだかいろんな意味で、ふむふむ、な感じです。

改めて、stupsiさん、ありがとうございました!それではまたですー!

stupsiさん
記事にするなとお達しあらば。。。

ふおおおお!!!翻訳ありがとうございます!!!!

しかしこの期に及んであのへろへろたくわんを唯一のライバルと言い張るあたり、裏で手が回っているとしか思えないです。だってジュニアの構成よりヒドイんですよ?
普通に見ていたら「劣化劣化劣化!!!」の連呼じゃないですか?
普通にスケートを見ていたらライバル「じゃない」と断言されませんかね?

気がつけば姐さん、どいっちゅの選手ばっかし応援してて非常に忸怩たるものがあるのですが、解説、言いたいことと「言わされていること」の乖離がすげえなあと思いました。

記事だめなんだ。だめなんだ。しくしく。
姐さまがwww
stupsiさんstupsiさん!
姐さまが泣いてはりますよーw
記事っ記事っwww

なんかこう、色々言いあいたい感じのどいちゅ!ですよー!

またまた騒がしいモモでした!
もろもろ
姐さま、みなさま、こんにちは。
まずは姐さま、
>ちなみに嫁というのはこの実況のオッサンのことで最終回答よねっ!
とのことですが、
ブッブー‼残念‼は〜い、席をお立ちくださ〜い。モチロン、このオサ〜ンも素晴らしい…のですが、「ウリの花嫁」とは、「今さらジロー」に劣らぬルミルミの名曲「瀬戸の花嫁」になぞらえつつ、巻きます嫁取り合戦へのウリの参戦宣言なのでした(`∇´) ウェーッハハハハ(`∇´)‼
ならさま、月の桃うさぎさま
茶番前の米・加の実況やら報道やらがあまりに酷かったとの話を耳にしてる我々にしたら、ロシアには期待してしまいますよね…(´・_・`) 茶番のショートの実況でも、恐ろしあ国の実況は「私達はマオが強かった(上だった)と断言します‼(キリッ(`_´))」って言ってくれてたし。(ついでに舌打ちもしてました(^ ^))でも、月の桃うさぎさまが持たれている懸念、私も持っていたりします。あの卑怯なお困りの国は何でもしますからね… 恐ろしあにもいるアンチマオ勢力に解説をすげ替える、なんてことがないよう私も祈ってます。
じゅんさん
姐さまも言われているように、こういう素晴らしい解説が外国でなされていることを知ってしまうと、日本の解説のレベルの低さにただただため息が出てしまいますよね…´д` ; おそらく、世界一のファンが世界最低レベルの(お困りの国よりはマシ程度の)クオリティの解説を聴かされているというこの不幸…(-_-) なんてこったい…
きょうさま
フフフ…ルミルミの歌をパクリつつのドサクサ紛れの「巻きます嫁取り宣言」、うまくいったようですな(´ε` ) これからもチョイチョイやらせていただきますワ(´ε` )
stupsiさま
「毒」ユロスポの解説の翻訳、ありがとうございますm(_ _)m そしてお疲れ様でした。詳しい感想は姐さまが後にアップされるであろう記事の方で述べさせていただきます(^ ^)
モモさま
何をおっしゃる〜‼私こそ、モモさまの大ファンでございます‼書かれている文章から「きっとかわいらしい方なんだろうな〜(≧∇≦)」と勝手に想像し、一人ニヤニヤしております(キモい…)これからもモモさまの心の叫び付き英ユロスポ解説楽しみにしてま〜す(^ ^) 二度と早とちりの勝手な解釈には走らないよう気をつけます(`_´)ゞ
ドイツ大統領が…
stupsiさま~~

翻訳途中のとき、別件でお話ししていましたので
記事アップ、楽しみにしていました。

ありがとうございました!!

これ、記事化できないんですか?
う~~む、残念ですぅ。
私はさっそく、コピーして自分のファイルに保存しますが。

(stupsiさんのコメ、前のものでついうっかり保存を忘れ
 見失ってしまったこと、あったんですね。ああ~~
 キンケンジのことを、「ちっちゃな人間が万能感を持つと
 自己崩壊が始まる…」といった内容で、私、同感同感どうか~~ん、
 と思ったんですよ。さぁ、もう一度探そう。
 こういう楽しみも、あるっちゃあるんですね、姐さんのブログには。
 この短期間に、宝の山ができたみたいなものですよね)

ところで!!話しは変わりますが、ドイツ大統領が、ソチ五輪をボイコット
というニュースがあります。

==================================

ドイツ大統領がソチ五輪のボイコットを表明

最高位の政治家がロシアでのオリンピックへの参加拒否を表明

ヨアヒム・ガウク大統領はソチ冬季五輪に行かず、自国のオリンピック代表メンバーとはミュンヘンで会うことになる。連邦大統領は自らロシアにおける人権侵害と反対派の迫害に対し、抗議を表明している。

このように、ガウク大統領はソチを訪れない。Spiegel紙が書いているように、このことについて、彼の行政当局は先週ロシアの上層部に伝えた。ガウク大統領は2012年のロンドン五輪には参加した。

2014年2月のソチ冬季五輪を前にして、多くのスポーツ選手たちが6月に国会で採択された法律に抗議を表明している。法律は未成年に対する同性愛の宣伝を罰するものである。ガウク大統領は、ソチ五輪への参加拒否によって、自国のアスリートたちを無視したくないということを表明し、選手たちが五輪から帰国した後、2月24日にミュンヘンで彼らを出迎える予定である。

連邦大統領は2012年3月に職務について以来、ロシアには一度も公式訪問をしていない。彼はわが国における人権侵害や、批判的論調のメディアに対する妨害を一度ならず批判している。ウラジーミル・プーチン大統領は2012年6月に予定されていたガウク大統領との会談をキャンセルした。Deutsche Welleの情報によれば、ガウク大統領とプーチン大統領は、ロシアにおけるドイツ年開幕記念セレモニーに共に参加する予定であった。しかし、これらの計画は変更された。両国の役人たちはガウク大統領のモスクワ訪問中止の原因についての質問を、外交上回避している。ベルリンでは両国大統領のスケジュールが合わないと言われている。

一方、アンゲラ・メルケル首相はソチ五輪ボイコットに反対を表明した。五輪開催時、世界世論はロシア事情に向けられると彼女は8月に伝えた。まさにそれこそが、オリンピックボイコットよりも国内での変化を呼び起こしうるというのだ。メルケル首相の見解では、ボイコットした場合、まず選手たちが苦しむことになる。

出典:МКRU ←※ MKRUという、ロシアのニュースサイトです

===================================

メルケル首相がいらっしゃるので、ボイコットということにはならないと思いますが……。
【追記あり】これがチーム公平の皆様への差し入れにあるならば・・・
モモさん・お姐さん・トニーさん・はらっぱさん

コメントありがとうございました。
以下、マルチレスになりますことお許しくださいませm(_ _)m

>お姐さん
いいのかな~?がっかりさせない~?
でも今、全日本直前+ただでさえ年末進行で忙しい+週末は居酒屋&ピロリ菌のsage報道
で神経すり減らされていらっしゃる方も多いものね。もし、この翻訳でほっとされる方がいると思われましたら
記事としてお使いくださいな♪

>モモさん
私も思いっきり構えてますよ~次はどうくるよ~カモ━━━━щ(゚Д゚щ)━━━━ン・・・って。
だからシギとヘンドリックの解説のときは、すんごいストレス感じるorz
でも今回はキムチに毒されなかった?おばちゃんアナウンサーの実況はすごく嬉しかったわ。
マイナーな第2放送で、証拠のブツが残らないのが悔しいわ。
キムチのこと言わされてる感、バリバリだったよ。
EX放送のときも真央ちゃんの演技のときにキムチの紹介をFPのときと、まるっと一緒の台本で語って
最後に「でもね!ザグレブの大会は(GPFと比べたら)ちっちゃいのよ!」って言ってましたよ。
(EX解説はおばちゃん単独だったから、フリーダム状態。大事なことだからもう一回言う、とばかりに『アサダが(今回の)オリンピックで栄光に輝くといいのにって思うわ。』 羽生子にもゆずゆずしてたしwww)

>トニーさん
「毒」ユロスポの解説・・・さりげないアイロニーだわ!トニーさんったら! 独=毒wwwぷぷぷwww
改めてトニーさん翻訳を拝見するとおそロシアはキムチ情報スルーだったんですね!
「ユナキム、フー?」のUKユロスポも皮肉オプション付きとはいえ、紹介したのに!
ちなみにタラ&ジョニ子のNBCも「一応仕事だから言うわ」な、ニュアンスでねじこんでましたよw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22419293?ref=search_key_video
明らかにISUの指令でしょうね~どうか、ロシアが毒されませんように~(-人-;) 

>はらっぱさん
姐さんの怒涛の更新に遅れをとりましたがw 私の記憶の範囲でw
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-393.html
例の私のコメってココ↑キムチのタクワンSPの後かと?このあと数時間したらPCに戻れるので
私も探してみます。


まずドイツの大統領=国の象徴的な存在。(バリューこそぜんっぜん違うけれど、日本でいったら天皇陛下のような立ち位置で、国際的なセレモニーには大統領が主に出席。)

ガウク大統領=旧東ドイツの出身。前任のヴルフが汚職事件で辞任したのに伴い就任。
確か就任当初はヴルフとは対極のクリーンなイメージだった気が?
(ヴルフ汚職報道のときが、ほぼ東北の震災と同時期で、国の象徴の大統領がみっともない・・・日本は天皇・皇后陛下がいらして励ましてくださるから、頑張れる・・・なんて話を日本人コミュで交わした記憶あります)

他の方もコメされてますが、メルケルがバランスを取ってロシアに行くみたいなので、ノー問題と思います・・・
ガウク的にはかつて同じプロパガンダのプーチンにメンチ切ってみたって感じですかねえ・・・



では~♪
ありがとうございました!
stupsiさま!!

(お礼はここに書き込めばいいでしょうか?)

これです、このコメです!! 
いま、探してくださっているのに気づきました。

(ケンジのことを書いていらしてけれど、記事のテーマは
ケンジじゃなかった、ってことまでは覚えていたんですけどね。
気まぐれ~だったんですね)

うお~、なんかうれしい。

「プラハの春」から、旧共産圏の閉塞感、ステートアマ、
市井の人びと、そして
「ちっぽけな人間が万能感を持ったとき、自壊が始まる」…

なんかね、stupsiさんの思考のプロセスが感じとれたんですよ。
それに同感したの。

もう一度、じっくり読ませていただきますね。
私にとって、いろいろなヒントが詰まっているコメなんです。

ありがとうございました。

そして、姐さん
探してくださるっておっしゃっていましたけれど、
見つかりましたよ!!
ありがとうございました。



管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示