日本スケ連の大失態・2005年全日本選手権 織田信成選手(megumiさん編)

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「megumi」さんにあります。

2013/12/13 megumiさん

日本スケ連の大失態

たぶん後にも先にも判定が覆り、得点が訂正されたのはこの一件だけではないかと思うのが
2005年全日本選手権男子FS織田信成選手

これは日本スケート連盟の情報収集不足による大失態でした

当時のプロトコルはこちら
http://www.skatingjapan.jp/National/2005-2006/Figure/national/J/data0105.pdf

2005-全日本-織田-FS


織田選手が試みたのは
3A―3T―3Lo
3Lz-2T
3S
2A-3T
3F
3Lo
2A
3Lz

当時は回転不足に関して<の記号がつくことがなく、試みたジャンプより1つ少ない回転数で表記されてました
でもザヤックルールに関しては『試みたジャンプの回転数でカウントしなければならない』とジャッジ講習で技術審判は口頭で伝えられていました

ところが当時のTS天野真、TC城田、レフェリー藤森美恵子はこれに気付かず見落とし
1つ目の第3ジャンプは2Loで、最後の3Lzが有効なジャンプとしてジャンプをカウントしたため織田選手は高橋選手を僅差でかわしてトータルスコアで1位としました

このスコアの間違いに気づいたのが天野と同じくISU技術審判資格を持っていた岡崎真氏。
彼は観客席で見ていて「織田のスコアが高すぎる。ザヤックルールの見落としがあるのでは」と指摘。
天野と平松純子が慌ててISUに問い合わせ、確認を取って『ザヤックルールは試みたジャンプでカウントする』ルールを初めて知ったという大失態。

織田選手の最後の3Lzはノーカウントとして採点をやり直し
高橋選手が223.12で優勝、織田選手が218.70で2位と順位が訂正されるに至りました

実はこの大会、スケ連だけでなく中継を行ったフジテレビにも「やらかし」がありました。

織田選手のスコアは表彰式が行われる前にすでにやり直しが行われ
スケ連から発表しようとしてたんです。

でもフジテレビがそれを知っていてあの表彰式を強行した。
理由はただ一つ「放送時間が推していたから」それだけのつまらないことで。

高橋選手と織田選手二人とも本当の順位を知らされないままあの表彰式に臨んだんです

2人が真実を知らされたのは表彰式が全て終わった後のことでした。

織田選手が優勝していたらトリノ代表になっていたかというと疑わしいところもあります。

当時の選考方法は2004―2005年の1大会最大獲得ポイントを持ち点として
2005―2006年の公式戦と全日本選手権の総獲得ポイントによるものでした
(全日本もトップが600点、順位が下がるごとに50ポイントずつ減だったとおもいます)
それから連盟はGPF最上位メダリストを内定する(かもしれない)という発表も追加で行った。

GPFを終えた時点で高橋選手はポイントではトップでしたし
シーズンベストスコア、GPFの成績でも織田選手を上回っていた。
織田選手が優勝しても高橋選手が2位なら総獲得ポイントで高橋選手が上回ってトリノ代表となっていたんです

織田選手は優勝して高橋選手が3位以下になるという条件が揃わないことにはソチ代表にはなりえなかった

この全日本については連盟の情報収集能力の無さを露呈した大会でもありましたが
連盟の失態よりも二人を傷つけたフジテレビのほうが重罪だったと思います

このシーズンに関してはクワドを試みて回転不足転倒となった場合プロトコルでは4Tでなく3Tと表記されるため
それに伴う誤審が相次ぎました。


高橋選手のトリノ五輪でのザヤック違反もこのケースです。
彼が試みて転倒したのは4回転ジャンプでした。
ところが全日本の岡崎真氏のように間違いを指摘してくれる者が誰ひとりいませんでした。
高橋選手は後半の3Lzがノーカン判定を受けてトリノでは8位となりました
ザヤックルールが『試みた回転数で』が正しく適用されていれば7位という結果でした


回転不足判定が試みたジャンプ回転数で表記を行い
<の記号が付くようになったのは翌年度のルール改正が行われてからでした

関連記事
ISUの諸問題 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/12/14 00:59
コメント
本当にひどい…(怒り通り越して失笑)
この大ちゃんと殿の話はさすがに私でも知ってましたが、megumiさんのこの不可解ジャッジの実例シリーズ、大変ためになります。
megumiさんはルールにもお詳しく、本当にフィギュアを愛してこられた方なのだということがよくわかりますね。
そんな、フィギュア愛の深い方ほど、多大なストレスを受けておられるんだろうなぁと思いますし、そんな現状のフィギュアスケートって一体何なんでしょうね…。
どれほどの異常事態であるのか、日々痛感させられる感じです。

これだけ実際にあれこれやらかしてきているのに、シャッフルや匿名性で選手側からの抗議も通らない、強固な壁に守られたジャッジ達。
何もかも不明瞭なのだから、その分、結果にだけは誰も文句つけようのない厳正な仕事をしてほしい。
ジャッジの判断は絶対だと言わんばかりに、選手側から抗議があっても結果を覆すことはしない、それならば「さすがジャッジ、よく見てる」と言われる仕事をしてほしい。
なのに実際は重大なミスだらけ、こんなに大勢が疑問を抱くような不可解な採点を、何年も続けている。
そして、「おかしくない?」「ちゃんとしてよ」の声も、ダイレクトにジャッジやお偉いさんに届けられる場というのは、実質、ない。

考えれば考えるほど、根本から不可解ですなぁ。
一部とは言えない、これだけ多くの人間が、「おかしくない!?」と感じた事自体が、もうある意味一つの証明だと私なんかは思うのですが。
AERA 2006/5.15
別件で調べ物があって図書館に行ったのですが、ついでに色々と昔の記事をコピーしてもらってきました。
この「アエラ」の記事はその一つです。既にこのサイトで採り上げられているかも知れませんが、この件についてはこんなくだりでした。
しかし、読んでいるとこの城田って人、どうしようもないというか、変な人だなとつくづく感じました。
以下引用です。
--------------------------------
「真央、ミキティも抱え込み 女帝の知られざる野望」より

 まず第一は「誤審」の知られざる舞台裏だ。
 トリノ五輪の最終選考を兼ねた昨年12月のフィギュア全日本選手権。男子シングルの表彰式後に採点ミスが発覚し、いったん優勝者として表彰された織田信長の末裔、織田信成が2位になり高橋大輔が繰り上がるという「前代未聞」の事件が起きた。織田は泣き崩れ、コーチでもある母親から「本能寺の変が起きたね」と声をかけられたという。この採点ミスをしたジャンプ判定の責任者が強化部長の城田憲子氏だった。
 その夜、城田氏は大会スタッフとともに選手の宿舎だった東京都内のホテルにいる織田とその母親を訪ねた。連盟関係者によると、スタッフの一人が「表彰式が15分遅れたために、マスコミ表彰式の絵を撮らせる必要があったんです」と釈明。これに対し、織田の母親は「連盟が主催者なのに、マスコミに責任を押しつけるんですか。テレビ局やスポンサーからカネをもらっているからですか」と言い返したという。

織田の母親を怒らせた一言

 城田氏の「失言」はここで起きた。城田氏は織田と母親に対し、表彰式前に採点ミスと織田の2位変更が判明していたのにもかかわらず、織田を優勝台に上げたことを認め、こう言い放った。
織田君がいい演技をしたので親心で表彰式に出した
 これに対して、織田の母親は、
「そんな親心なんて金輪際、やめてもらいたい」
 と激怒したという。
 この誤審問題について連盟幹部はこう明かす。
「城田氏が採点後に自分のミスに気づき、慌てて採点をし直し順位が入れ替わったんですよ」
 ちなみに連盟はミスの原因について当初、「採点に使うコンピューターソフトの不備」と発表。直後にソフト業者の抗議を受け、「審判のミスだった」と訂正した。 

---------------
引用終わり

この後、スロヴェニアで行われたジュニア世界選手権(真央ちゃんがキムヨナに負けた試合)のときのエピソードも続きます。なんでも女子の試合の翌日は男子の試合で、まだ大会期間中だというのに、同行していた城田は真央ちゃんしか興味がなかったのか職場放棄してアルベールビルに行ったんだそうです。TBSの番組のロケのために、伊藤みどりさんとの思い出を語ったり、現地のお世話になった方々と再会するシーンの収録をしたりしていました。(なんだその番組?)

で、男子は小塚選手がフリーで逆転して初めて世界ジュニア優勝しました。肝心の城田はその場にいなくてそれを見ていなかったという間抜けなオチです。

続いて、城田が当時、真央ちゃんや安藤さんのマネジメント会社を設立しようともくろんでいたという情報を取材班は1月にキャッチしていたという話も掲載されています。

なんでも、その前年の夏から、城田氏とイベント会社の社長が内々で相談していた計画で(こいつらほんとがめつい)、でも当初は乗り気だった大手広告会社があきらめたので、無謀にも自分たちで会社をやろうとしたんだそうです。
トリノのあとに実現させようとしたけど、結局、経験不足でノウハウがない。そうこうするうちに一度あきらめた大手広告会社がまた興味持ち始めたので手を引いた、という話でした。

しかし話は戻りますが「親心」ってなんなんすか? 
しかも実の母親に対してそんな失礼な言い方するなんて。その時にちゃんと言い返した織田ママはえらいと思います。

管理者にのみ表示