美ポジすぎるスケーターたち

姐さんは長らくヤグは皇帝だよ派でしたが、めっきりプルも皇帝だよ派です。
そんなわけでなにゆえこのブログで今この記事を!という質問には「好きだから」とお答えします。
美ポジ難ポジ数あれどこの人のココがすごいよという一例ですかね。


舞ちゃん
若い!初々しい!
並べるなよ!たくわんと並べるなよ!www

※漬物の沢庵と人間の沢庵さんに悪いので、このブログではたくあんではなく たくん と書いています。たくわんイヤンもうアカン!ぶーーーーーー!!!!

浅田舞さん。この人のエレガントさと美ポジしかない演技には本当にやられました。大好きです。
端正、優雅、洗練、豪華。出て来ただけで「美しい!」とため息でした。舞さん、スケートをまた見せてほしいです。本当に美しいから。唯一無二の「浅田舞の世界」をどうか世界に与えてください。
ファンとしてはそう願ってしまいます。

エッジの方向を見てください。かの荒川大先生がイナバウアーに関してだけは口をすっぱくしておっしゃるブレードの向きがこんなにキチンとしているのは見ていて本当に清々しいです。たくわんのアレは・・・(肩をすくめる)。


鈴木明子選手。

あっこちゃん

カッコいい。カッコよすぎ!!!(立ち上がって拍手)


Wikiより
ハイドロブレーディング(Hydroblading)はフィギュアスケートのムーヴズインザフィールトのひとつ。
ハイドロブレーディングは、しばしばアイスダンスで行われる要素。
エッジを深く倒して体を非常に低い姿勢でほとんど水平に伸ばして滑る動作。

さまざまなポジションの変化形が可能であるが、よくあるシングルスケーターの場合は膝を十分に曲げてバックインサイドエッジの上に体を載せて弧を描き、フリーレッグはスケーティングレッグの後ろ側からクロスさせて描く弧の外側に伸ばす。上半身は描く弧の内側にたたんで、片手または両手で氷をなでてバランスを取る

このハイドロブレーディングをもっとも有名にしたのは、1990年代のカナダのアイスダンスチーム、シェイ=リーン・ボーンとヴィクター・クラーツである。彼らのコーチUschi Keszlerがハイドロブレーディングという言葉を作った。自動車の片輪走行になぞらえて作られた言葉である。


膝を十分に曲げてバックインサイドエッジの上に体を載せて弧を描き、フリーレッグはスケーティングレッグの後ろ側からクロスさせて描く弧の外側に伸ばす。上半身は描く弧の内側にたたんで、片手または両手で氷をなでてバランスを取る。

日本語でおk。
いやもう「あっこのキル・ビル」で通じますとも。カッコいい。何しろあっこはカッコいい。

姐さんはシェイ=リーンさんの演技をアイスショーで何度か見たことがありますが、このポジションを実に見事に何度も取り入れていて、その度に観客が湧きましたね。金髪美女のセクシー演技という以上に、(アイスダンス出身なので)ジャンプがなくても「これだけ魅了できるのか!」という感動が加味されて、動作のひとつひとつにこめられた意図が実に雄弁で、身体芸術のひとつの完成形ではないかと思いました。
水鉄砲でぷしゅっとやられたおいさんはすんげえ喜んでいましたし。いいなあおいさん。ボーンさん!あたしにも!と思ってしまいましたとも。

当時アイスショーの二大おいさん殺しはシェイ=リーン・ボーンさんとエレーナ・ソコロワだなあと思ったものです。出て来ただけで男性陣がメロメロ。デレデレ。わかりますわかります。ああいうんが妖艶言うこっちゃなあ。そしてめちゃくちゃ鍛え上げたアスリートとしての躍動美。健康的で明るくてそして可愛い。勿論姐さんもデレデレでした。

あと、運転免許を取るときに雨中の運転はタイヤが水の被膜にのって摩擦係数が下がるのでずさーーーっと滑るから注意!ということでハイドロプレーニング現象要注意と言われましたね。
しかして雪国の教習所では凍った路面であえて教官が車をスピンさせて実習中に生徒を恐怖のどん底に叩き込む、といういまどきスパルタの兵士だってそこまでしねえよ!という教えが代々・・・あ、あまり言わないほうがいいですか。そうですか。笑いながら教官がってそこまで言わなくていいですか。

あ、シェイ=リーン、の「=」は名字と名字をつなぐときに使う記号なんですってね。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリとか。たくわん・ザ・カネダリスト=インチキへたくそジェスチャー女とか。



すげええええええええ!!!!なんぞ!!!空前絶後!!!!

スパイラル

皆さんもずっと注目されていたと思いますが、今季このおっそろしいポジションは、試合ごとに傾きが急になり速度もぐおおおおおおっと速められていますよね。
人体の不思議、このポジション。これはもうファンスパイラルとかいわず「マオスパイラル」でいいのではないでしょうか。
軸足がこんなに綺麗にまっすぐに伸び、ディープエッジで漕いでいないのに加速していくって尋常ではありません。



すんげえディープエッジ。これが「スケートがうまい」ってことですよね。

エッジすげー

ここまで傾けて氷を切り裂き、すーっとつるつるスケーティング。あの重力を感じさせない浮遊感は本当にすごいです。
浅田選手のときは「リンク狭っ!」「時間短かっ!」と毎回思いますね。リンクを倍の広さにし演技も倍の時間あっても、誰も気づかないかもしれません。マスター・ノブーオはたぶん気づく。久美子は騒ぐ。姐さんは「ひゃだわ!浅田がついにインプロゼーション走法で演技を始めたわ!」と記事を書く。
そして「姐さん、インプロヴァイゼーションと読むんですよ」「アドリブ乙」とたしなめられつつ「問題はそこじゃねーのよ!」とキーボード連打ですね。

織田にだけはザヤックなし、とかと同じくらいあってはならねえ願望ですが、織田がもし「ジャンプ好きなだけ跳んでいいよ」と言われたらどのようなことになるのかは毎回どきどきしながら思っています。
チェンジャン・リーのように4T-4Tとかやっちゃうのかしら。恐ろしいわ!



はい、

俺 た ち の お 鼻 様 !


プル様

共同通信さんが何を思ってこの写真を世界に向けて配信したのか。
そして姐さんが何を思ってあえて記事にして残したのか。謎は深まるばかりでございます。

ロシアの男子はどうなるんですかね。個人がコフトンで団体がプルですかね。わからないです。

団体戦ならシンクロナイズド・フィギュアスケーティングだろうと思ったあの日。
なにゆえ個人戦の前に団体戦をいたすのかと思ったあの日。
たくわんのために選手を消耗させる気ですかと思ったあの日。
平松純子氏が率先して音頭を取ってISUに儲けさせようと尽力なさったのは何のためぞと思ったあの日。

何もかもおかしいISU。
シンクロナイズド・フィギュアスケーティングこそ五輪種目に入れるべきです。
何やってんだISU。


美の化身といえば太田由希奈!!!!!!!姐さんこの方が大好き大好き!!!!
神宮にも見に行ったし最後の全日本、死ぬ気で応援しましたとも。今でも大好き。太田選手は美ポジしかなかったわね。どの瞬間も美しかった。

ゆきなはんといえば、だらごろこぱんだのブログさんの記事 
氷上の舞妓Haaaan!!! ― 太田由希奈

引退後に赤坂サカスのスケートリンクに由希奈さんが出られるときは何をおいてもかけつけたっけ。柴田嶺さんも一時期は滑ってましたね。サカスのことも書いてらっしゃるわね。柴田嶺公式ブログ



今回の記事はたぶんもるさんの攻撃サッカーを見てアタイも負けちゃいられねーわ!と思ったんだろうな、と。
恐ロシアを怖くなくしてみた

不謹慎なあたしが申し上げるのはなんなのですが、攻撃的すぎるわよwww


人気ブログランキングへ
関連記事
スケート関連 | コメント(46) | トラックバック(0) | 2013/12/16 17:26
コメント
No title
こぱんださんのブログでゆきなさんの美ポジを見てきました。
あの「爪先ピーン!」をたくわんに見せてやりたいです。見てもできないでしょうけど。やるつもりもないでしょうけど。そして、どこを切り取っても絵になるゆきなさん。どこを切り取っても盆踊り風のたくわん。(盆踊りに対して申し訳ないですが)。あれを「バレエの美しさ」なんて恥ずかしくてとても言えないはずです。
とても美しいですね
姐様、皆様、こんばんは。
3回目のコメントを失礼致します(コメント自体はお恥ずかしながら素人丸出しですが...)。

姐様、素敵な写真のアップをありがとうございます。
どのスケーターのポジションを見ても、うっとりするほど美しいですね。気持ちがやわらかくなります。
特に、浅田真央選手のスパイラルは圧巻です。

あまり詳しく言えないのですが、身内にダンサーがいます。
バレエでいえば、パンシェとよばれるポジションに近いですね。実は、パンシェは簡単ではないのです。

でも、浅田真央選手はスケート靴を履き、氷の上という安定しない場所で、しかもあれだけ体幹を傾けて。

鍛えぬかれた身体とセンスを持ち合わせた、一流の選手のみができるスパイラルだと思います。

私自身は素人なので、上手く表現できないのですが、美しいものを見て、気分が悪くなる人はいらっしゃらないと思い、勢いでコメントしてしまいました。

長文、失礼致しました。
No title
浅田舞さんをテレビで見かけるたびに、思い出すことがあります。
何年か前の全日本で舞さんが演技をしていました。
解説の佐藤有香さんがこう言いました。
「フィギュアスケートは、芸術です。美しくなければなりません。本当に舞ちゃんの美しさといったら・・・」
そう言った後、うっとりしたように「ふぅ」とため息を一つ。
私も舞さんの演技にうっとりと見とれていました。

それまで舞さんは、真央ちゃんのお姉さんという認識がなかった自分が恥ずかしくなりました。

それ以降舞さんがテレビになどに出るたび、美しいなぁと見とれてしまいます。
舞さんの演技をまた見たいと心から思います。
フィギュアファン。
姐さん 美ポジ画像ありがとうございます!
はぁ~美しい(プル皇帝……)
そのときの演技と音楽が一瞬にしておもいだされます。
選手たちは、滑りながらこの演技をしてるのですから、本当に凄すぎます(☆∀☆)
「あっこのキル・ビル」
ウリもハイドロうんちゃら言うの難しいから、あっこのキルビルでいいやw
柔軟性がイマイチなソンスにも美ポジがあるというのに、あの氷上のたくわんには
皆無という・・・汚ポジは足元が美しくないのが致命的ニダね。

こぱんだ様のブルログはウリのピギョ百科事典ニダ。
その記事も前に読んだニダが、何回読んでもいいものはいいデヨ♪
No title
太田選手の美しさには溜息がでます。溜息つきすぎて酸欠にww 誰が見ても「優雅」で「凄い」と思わせる、それだけ力の女性だと思う。
シェリーボーンさんの現役時代を生で見たことないのが残念です・・・。アイスダンスの素敵さが全く分からない若い頃、デンコワ・スタビスキーより先に「お気に入り」に登録してたのはボーン&クラッツ組です。美人でとても楽しそうに踊ってた、それだけで好きになりました。長野に出場してたアイスダンス選手の中でたった一組だけ覚えていたのがボーン姉さんでしたね。(スケーティングの上手さとか技術面を理解できるようになったのが、デンコワスタビスキーさんかな )

金妍児には美ポジどころかちっとも躍動美がない、手首をくねっと折り曲げて手の甲をみせて幽霊のように、うらめしや~~。手の甲は陰・手のひらは陽。幽霊が服着て踊ってるだけなんだわ。
ゆきなはん
ゆきなはん大好きです☆2002年の全日本選手権はノービスから特出の真央と、このゆきなはんのトゥーランドットに衝撃を受けた覚えが。ゆきなはんを生では勿論、テレビでも見たことある人なら、ただよう汚ポジたくわんwwの「ひょうげんりょく()」とやらに惑わされることは無いと思っております。
噂では城●からビデオもらって、たくわんさんはゆきなはんをパクったらしいですが、ぜーんぜーんぱくれてなーい、あれ?もしかして腕だけをそれっぽくしかパクれなかったのぉおおお?wwって感じですよねw
舞ちゃんも素敵な選手でした☆妹の真央ちゃんとはまた違う魅力のある選手でした。

シンクロナイズドスケーティングが採用されなかった経緯はIOCから五輪での各競技にあてがわれる人数枠は決まっていて、五輪の肥大化を防ぐためにこれ以上枠を広げられないということから、苦肉の策の新競技が団体戦だと聞いたことがあります。団体戦においても枠外からの選手の補充や交代がなかなか認められないのもそのことが原因かと。
No title
太田選手の現役当時の姿は記憶にありません。ケガから復帰された全日本が自分は初めてだと思います。観客が「まってました!!」と言わんばかりの大歓声。ジャンプは安定してませんでしたが所作が綺麗というより美しい。皆さんが待っていたという気持ちを理解しました。怪我に泣かされ引退ということで 自分はその太田選手の現役姿はその全日本以外では見ていません。 荒川静香さんを知ってから太田さんを知り 太田さんの演技を動画サイトでいろいろ見たときの衝撃。荒川さんって太田さんの演技をパクっているという印象でした。荒川さんがやり始めたと思っていた柔軟性の高いイナバウワーに 名前わからないんですけど大股を平げてリンクに座るやつに トゥーランドット。 いろいろ見ましたけどなにかにつけて似ている印象でした。太田さんの方が年下なのでどちらが先にやったとかわかりませんが 太田さんの方が美しいとと感じたので 我が物顔でやってらっしゃる荒川さんが滑稽に見えてきました。荒川さんも美しいと思うんですよ。ですけど太田さんを見たあとに荒川さんをみるとやはり劣るように思います。太田さんの演技が影に隠れているのは悲しいことですが 数が少ないからこそ伝説に残る演技ではないかと思います。 ネットのある時代に生き 動画サイトで貴重な映像が見られてよかったと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ヤグプル
個人的には、ヤグは神、プルは宇宙人、これら人外wに真っ向勝負で挑み、あと一歩にまで迫ったタケシは人類最強と思っております。

あっこのキル・ビルはアウトサイド。かっこよすぎです。

織田くんの3-3-3は美しかった…

1年前くらいに神宮のスケート場へ遊びに行ったら、小さい子を教える美しいゆきなはんに遭遇して、ちびっ子に「おいちょっとそこ替われ」と言いそうになった大人気ないk.nです。
ゆきなはんに怪我さえなければ、とっくに五輪メダリストになっていたでしょう。
No title
浅田選手のエッジづかい、だんだん深くなってスピードが増していくのを感じます
これだけエッジが深いと上半身のバランスのとり方が難しくなるのですが
浅田選手は全く崩れることがありません。きっと体幹を強く鍛えてあるからでしょう

漕ぎが少ないのにぐいーんとスピードが増すスパイラルが好きです。
浅田選手のスパイラル、できればもっと見たい。ずっと見続けていたい
今のルールではコレオシークエンスは女子に関して
【事実上のスパイラルシークエンス復活】にもなってます

「3秒以上保持されたスパイラルポジションが二つ、
またはエッジを変更したスパイラルポジションが2つあるなら
この2つだけしか行っていなくてもコレオシークエンスの要素と見なす」
とテクニカルハンドブックでは明記されてます

元安藤さんは「火の鳥」でスパイラルポジション2つだけのコレオを行ってますよ
(美ポジとは言えんけど)
びっくりした~
姐様

こんしお~(* ー・・ー)
やけに姐様のブログからアクセス数が多いので、びっくらこいたデヨ。
そしたら、ウリのブルログのご紹介をして下さっていたのでした。
ゾラカムサなんですw

Mansikkaさんもいらっしゃいました。褒めて下さってウリ嬉しいデヨ(´ー・ ・ー`)b
ハロハロこんにちはなんです♪

由希奈はんはゾンプ以外にも見せてくれる素敵なソンスでした。
ウリは由希奈はんが大好きだったニダ。

由希奈はんは銀行場で「銀盤の女王は銀が似合うどすえ」という名言も残してくれています。
眼福
舞ちゃんは本当に美しいスケーターですよね。
匂い立つような女性らしさです。
スケートも美しいですが、生で見るとさらにその美貌にびっくりします。
(写真でしか見たことがありませんが、山本富士子さんの若い頃みたいです…古すぎ?)

荒川さんのイナバウアーはたしかに良かったですが、よしさんと同じで、後になって由希奈さんの演技を見て、こちらの方が本家本元だと思いました。本当に美しい選手です。
怪我さえなければ…

http://www.youtube.com/watch?v=Bg-rHQkUP6I
http://www.youtube.com/watch?v=uUy6MZEMLmA

真央ちゃんのスパイラル、どんどん凄くなっていますね!
舞ちゃん、ほんとうに美ポジですね
舞ちゃんのあまりの美しさに驚きました。もう少し選手を続けていただきたかったです。

私は姐さんがアイスダンスにとてもお詳しいということで、いつかフランス代表のイザベル&ポール・デュシュネーのことを書かれるのかと期待していたのですが、これからなのでしょうか?

私は彼らの演技が大・大・大好きでした。
初めて見た時はハンマーで頭を打たれたような感覚がありました。確かにメリチャリのような上品さはありませんでしたが、試合でエキシビションをしているような斬新な演技が面白くて、いつも目が離せませんでした。

なぜかオリジナルダンスはあまり印象に残っていないのですが、フリーダンスだけはどれもこれもインパクが強くて忘れられません。特に88年のワールドカップのフリーダンスが1番好きで、今でもあの曲が耳から離れないのです。恐らく認知症になっても、あれだけは忘れないと思います。(振り付けがトービル&ディーン組のディーンだったということは最近まで知りませんでした!!)

ユニークな振り付けは時代が早すぎたんですかね。
タキシードにデニムを着ているようなとでもいうか、フランス料理に当時は邪道のお醤油を使用してしまったような。それでも観客は大喜びなのにいつも点数が辛くてジャッジに対して観客が大ブーイングをするという繰り返しだったと思います。
私たちもフェアなジャッジではないと思った時には、自然発生的に大ブーイングができるといいですね。いや、そうしていかなければと思います。

思い出したらエキサイトしてしまいました。皆さんのように上手く書けません。申し訳ありません。
ロビンもヨロシク
姐さん

えらく古くてすいません。
でも私の愛するスケート美の原点、どのポーズを切り取っても美しくてため息ものです・・

ロビン・カズンスの白鳥
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21066515

ゆきなさんも大好きです。
美ポジだけを愛でていたい…。
ウリは今美ポジチャルと糞の汚ポジチャルをへいこら探しているニダ。

Mansikkaニムを参考に無慈悲な公開処刑カードをこさえてるんですねkkk…
はっと!早くしなければ…!!

とってもタイムリーな記事kmsなんです。
改めて並べて見るとヨンヨってほんと何もしてないデヨ。
ヘイ!!ぬこ!!ヨンヨのピシエスの根拠は何なんです?!

初期ロットの糞ヨンヨはゆきやをパクっていたとは本当なので??
ゆきやのどこをパクったら木槌と言われるまでのガチガチ汚ポジになるのやら。

だらごろこぱんだソンセンニムのプルログでヨンヨのあばらが浮いた不健康な背中を見て、ゾッとしましたよ。
病気じゃないニカ??その??
そりゃ18歳で衰えたって言いますよねと思ったニダ。

アッ、2ヶ月後にはムッキムキになるニカね??おくs…

義姉の優しく芳しい風が今にも吹いてきそうな、優美なアウラにウリ舞っちんぐby塩
ミヤネ…
ゆきなさん…!
art on ice で美形チェロデュオと言われてる(笑 いや、まあかっこいいけいどさ…)「2 CELLOS」が
ゆきなさんとコラボしてたとき、

チラッ、チラッ、チララッ、ののち、ガン見!してたのには、さもあらんとニヤニヤが止まらなかったです(^^♪

美しいポジション、美しい背中、一本きちんとした重心があって至福の時でしたね~
目線を奪い、離さないものを、こういう方々はもってらっしゃる。
奪われる幸せを、私たちも感じられる。

元来、こういうものを芸術を呼ぶはずですよ。
舞ちゃん
ポジションの美しさもさることながら、
滑りが優しいの。
すべてを包みこむような暖かさが大好きでした。

ディズニーオンアイスの紹介番組で
「君ならすぐ来て欲しい!」って絶賛されてたのは、決してリップサービスではないと思う。

また見られる日がくるかしら…
見惚れたスパイラル!!
浅田嬢のスパイラルにしばらく見とれました。こんななってんのかぁーーー!!!
いつもテレビじゃ背中側を撮ってるので本当に良いものを見せてもらいました。
巧みなコントロール!ずば抜けた身体能力!そして美しい!!!
プル選手は思わず吹き出したのは私だけ??
姐さんの意図するところと違う見方をしてしまったか、ごめんなさーい
姐さんプロフィールの七三ボブ猫画像と同じ画面に収まった瞬間もうひと吹きした ぷぷぷ
露はやっぱりプル帝王が制するのでしょうか。楽しみです!

素敵…
舞さん、美しい…
朝一番に目に飛び込んできた写真がこの美しさ!今日は絶対良い日です(笑)

真央ちゃんの滑りとオーラはもう別格!
「リンク狭っ!」「時間短かっ!」←同感です!

プル様…プル様の素敵面白動画巡りにはまっていた時期がありました…また見たくなってしまいました(笑)

舞ちゃんがトップに
姐さん、舞ちゃんを一番最初に取り上げて下さってありがとうございます(^o^)
舞ちゃんは美ポジだけじゃなく、スパイラルでのチェンジエッジの滑らかさも天下一品ですよね!

真央選手の演技は本当に「時間短っ!」って思いますよね。
でもこれが素人には変に誤解されているようで……
とあるオバサマに

「真央ちゃんがKYに勝てないのは当然よ。だって、あっという間に終わっちゃうもん。ジャンプも他の人より少ないんじゃない?もっと時間を長くして、ジャンプも沢山飛ばなきゃダメ!」

と言われました。
あっという間に終わる気がするのは良い演技だからであって、時間もジャンプ数も他選手と同じだと冷静に訂正しておきましたが、オバサマは釈然としないようでした(^ ^;)
瞬間の美
他の選手は勿論、しょっぱなの舞お姉ちゃんが、ただただ美しい。
せん無き事ですが、ついついあの時の怪我さえなければ…と考えてしまいます。

しかし、そんな他のスポーツより選手生命が短い競技だからこそ、その時その時を本当に一生懸命に輝けるよう頑張っているんだなあと、改めて思いました。
そんな陰で繰り返してきた精進の賜物が、この美ポジに表れているのですね。

いやー、とてもじゃないけど汚ポジた×わんを、恐れ多くも舞お姉ちゃんと並べようなんて。
隣どころか、舞お姉ちゃんと超迫力魔王な妹との間にたく×んを挟んでみようかだなんて、微塵も考えちゃいませんよ、いえ本当に。
No title
真央姫のラフマニノフの最後のとこ、好きです。
写真で見たらこんなことになってたんですねっ

同じポジションで曲によって表現するものが違うのもすごいです。
迫力、華やかさ、雄大さ、儚さ、細やかさ。
白鳥の時は、ついに人間じゃなくて白鳥になっちゃったかと思いました。

美ポジの人は、うわっスゲェ、どこがどうなってんの??と思うんです。
で、テレビの前で真似してみたくなって、当然できるわけなくて。

汚ポジの人はそういうのがないんですよね。
小便スパイラル・・・私にもできそう。なんか臭ってきそう。と思ってしまいます。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
美ボジを見て思いました。
この記事を見て、みんなのコメントを見て、ふと思いました。

真央ちゃんのスパイラルは昔っから見せ場でもあり、美ポジのシャッターチャンスでもあったので、この瞬間を狙ったカメラマン、写真って多かったですよね。

で…。
以前のTV放送でも、この瞬間を映そう!と言うカメラワークが多かったけど、今年のTV放送では見てないような気がします。
いつも後ろ姿ばっか。

スパイラルから直後にラストポーズだからカメラ切り替えばっかだと映しにくいんですかね?

全日本でTVでも美ポジを見たいですね。(^-^)
お美しい・・・
出たー!美ポジ少女マイアサダ!たおやかさん!
まさに美ポジ!
浅田舞真央姉妹は脚が長くてプロポーション抜群ですよね〜
私は脚長い人が好きで、真央ちゃんのラベンダーとかチャルダッシュ時代、
浅田真央、さては綺麗に脚長い!?
と注目しだしました☆
自分のヘソを上へ上へと引き上げて軽やかにステップを踏んでいく様が
バレリーナの身体の使い方を思わせて、惹き付けられたものでした。
バレリーナの動きと言えばまいまいも!!
昨年のthe ice床さん振り付けの女性グループナンバーの舞ちゃんの動きに鳥肌がたちました。
しなやかな腕の動きやスパイラル、特に真央ちゃんと向かい合ってるところは100回はリピートしました!
ダンナにも凄さを力説して見てもらいましたが、ピンときてくれませんでしたー泣・・・
真央ちゃんのジャスミンちゃんと合わせて、永久保存版です!!
マオアサダのスパイラルはどうなっておるのか!?
試合中もこのおっそろしい傾きがわかるように映してほしいです〜!!
マオアサダの時だけ、リンク狭ッ!?時間短ッ!?
って本当にそう思います。
ホッケーリンクは幅が4m狭いといいますが、
真央ちゃんがリンクに立つと、長さもちょっと短くしているんじゃないかと
疑うくらい狭く見えてドキドキします。
いろいろあったから疑いすぎですかね^^;
美しい!
姐さん、美しすぎる写真をありがとうございます。
日に日に寒くなっているのに、心がほわっと暖かくなりますね。顔も緩みます。
真央ちゃんのスパイラルは以前から大好きで見ると自然と涙が出てくるのですが、今シーズンのこのスパイラルはなんなんでしょう!超絶技巧です。涙が滝に変わります。

実は少し気になっていたのですが…
この真央ちゃんのスパイラル、姐さんチョイスの写真のような正面からの姿がテレビ中継で放送されたのは、ジャパンオープンの時だけで、その後のアメリカ大会もNHK杯もファイナルも、全て後ろからの映像なんです。(私の記憶違いであったらすみません)
NHK杯の夜のNHKのニュースでは正面からの映像を使っていたので、『こっち側にもカメラがあったんなら、試合の時もこっちからのにしてよ~!』と思いました。
私はスパイラルをしている時の真央ちゃんの顔も大好きなので、最初は『やだ、後ろ姿だけでちょっと残念…』くらいにしか思ってなかったのですが、こうも続くと『もしかしてわざと?真央ちゃんの素晴らしさを少しでも隠したくてわざと?』と疑ってしまいます。
ただ単に会場でカメラを設置する場所の関係かもしれないのですが。気にしすぎ、ですかね。

全日本では、是非とも正面からのスパイラルが見たいです。
No title
こんにちは、姐さん。
この白い衣装の舞さん、覚えてますとも!
舞さんを真っ先に取り上げてくださってありがとうございます!
私、この頃舞さんのコーチしてた武史先生が、指導中鼻血出さないのかって、ずーーーーーっと心配してました。
私ならあまりの美しさに目のやり場に困って指導なんかできないわって、違う意味で武史先生大尊敬でした。
舞さん、手足の動きの美しさは、プリマみたい!
美しいものが嫌いな人がいて?
数々の美ポジにうっとりしちゃいます。
舞ちゃんは本当に美しいし、あっこさんはかっこいい。
真央ちゃんは、美しさにも力強さもあってもう本当至福です。
こぱんださんのサイトでゆきなさんの美ポジ拝見して、
もうちょっと早くスケオタだったら、試合見れたのにと残念に思いました。

めろでぃさん
私は知人に「真央ちゃんは四分間が早く終わっちゃう、もっと見たくなる」と言ったら、
「四分間は結構長いよね?もっと見たくなるならそれだけスゴいんだね。」
と言われましたよ。
たしかに言われてみると、四分て長いかも。
オバサマも実況に惑わされずに気付かれるといいですね。

りうさん go-miccoさん
私も見せ場がどの局も残念アングルなんで、
ついついうがってみてしまいます(笑)

真央ちゃんのスパイラルは本当に美しくて、いつまでも見ていたくなりますよね。
ステップも大好きですが、スパイラルも華があっていいです。
go-miccoさん、まろまろんさんへ
そうなんですよ!
仮面舞踏会の頃はTVでも美ポジスパイラルをしっかり正面からって多かったような記憶があって、『TVって、演技のどのタイミングでどのカメラに切り替えるかを事前に決めてあるんだな〜。曲かけ練習あたりからカメラテストしてるのかな?』と見ていたので、今までの放送はちょっと残念です。
特に今季のフリーはラストが絶頂まで盛り上がってのスパイラル&ポーズだけに、映像が小さいと演技の盛り上がりに反比例しているようで。

全日本も五輪も (今までも、ですが) 録画映像完全保存モードなので、美ポジを期待したい所です。
癒されました(*^^*)
舞ちゃんの美ポジショット、ありがとうございます。真央ちゃんの超絶スパイラルも、何度見ても凄すぎる。これで、すんごいスピードで滑っているんですものね。

ホントに奇跡のように美しい姉妹ですね(*^^*)

あっこたんのこのポジションもいつ見ても凄すぎる。
あっこたん、どんだけ体幹強いの?って思います。
体の衰えを訴えているどこぞのたくわんに見せてあげたいですわ。

で、
プル様
(笑)

いや、こんなプル様もステキです(笑)
もう一度OPで彼の演技が見たいですが…。見られますように、とお祈りするしかおらには出来ないです。
のっちとつくしさんへ
コメントありがとうございます。

完全な情報操作と足のひっぱりに耐えた上でのあの大輪の花のような演技ですよ。あの選手が「太陽だ」と評されるのは無理もないです。そのようにあり続けた結果が今の演技です。

普通は国をあげて一丸となって応援すべきところ、引退どころか自殺だって何回してもおかしくない卑劣で汚れた場外乱闘に耐えて耐えて耐え抜いた選手です。

学ぶべき点は多いですよ。<悪>に影響されすぎないで、それはそれとして、自分の日々を明るく楽しく爽やかなものにしていくよう、あたしたちは努力が必要だと思います。

こちらこそコメントをありがとうございます。家族仲良くね。せっかくのご縁ですからね。
はじめてコメントします。

とても美しいですね。
それしか言葉がでてきません(笑)

プルシェンコ選手に個人でてほしいです…!
浅田真央選手と金メダルをとってほしい…かってですがそう思います。
舞さん美しい…エレガンスで海外のファンも多かったと聞いています。トリプルアクセルにもチャレンジされていましたし怪我と成長期が重なったのが残念です。森山直太朗さんのPVの舞さん誰もいない薄モヤがかかったリンクを黒のシンプルな練習着で滑っているシーンがあるのですが抜群のスタイルに美しい所作パッと手を上げただけでも華やかです。アイスダンスへのお誘いもあったと聞きましたがまた舞さんの滑りも見たいです。
由希奈さんを知ったのは雑誌のナンバーで知るのが遅すぎたと反省です。確か伸長よりも両腕を広げたら6センチ長いので小柄だけど手先まで行き届いたしなやかさが映える選手と書かれていた覚えがあります。怪我は残念でしたがプロとして活躍されているのはうれしいです。

真央さんのコレオシークエンスは大幹とバランスと柔軟性そして美しいスケーティングすべてが揃って完成するまさに芸術だと思います。
いいもの見せてもらいました
いいですよね、美ポジって。
人はなぜ、美ポジに惹かれるのでしょう?私にはできないから、憧れのようなものかしら?
あっこちゃんの姿勢は、氷上でしかできない(陸上ではできない)と聞いたことがありますが・・・(真偽はわかりません)

写真の真央さんのスパイラル、重心はどこにあるのでしょう?あの姿勢でよくひっくり返らないなぁ。
やっぱりマスターノブーオについて、インナーマッスルが鍛えられたのでしょうか?元々真央さんのスパイラルは美しかったけど、ここまでびっくりな姿勢でスパイラルができるようになったのには、日々の努力の結晶と言えるでしょう。

女子シングルはコレオスパイラル、必須にしてほしい。今はコレオシークエンスの中のスパイラルがちょこっとだけでしょ?何かつまらん。
やっぱりタクワンに合わせたルールなんですね、今は(溜息)せめてソチ五輪にはコレオスパイラル、復活してほしかったなぁ。
りうさん
りうさん
そういえば、仮面舞踏会はバッチリでしたね。
カメラはいつも決まった位置のように感じますが、
そこはスポーツ中継なんだから、臨機応変に対応して欲しいですね。
ただ、今までの真央ちゃんへの数々の嫌がらせ考えると、
わざとかなーと思ってしまいます。
せっかくの美ポジが見れないのは、日本の、いや、世界の損失ですよね。

記者「浅田真央選手の素晴らしさへの
国民の理解が足りないのは、
どこに責任があるのでしょうか?」

ガースー「メディアです。」

昨日のガースーこと、菅官房長官の
定例記者会見でのヒトコマの改変でしたw
失礼しましたー ε=(ノ・ω・)ノ ピュウ
美ポジ眼福と、ラフマニノフ
姐さんさん今晩は、ラフマニノフ Prelude Op.3, No.2 cis-moll を浅田選手が前回五輪シーズンで起用した際には

「キタコレ~!!!!」

と、思わずガッツポーズしちゃったHです。 

ラフマ二前奏曲集は学生時代副科ピアノで弾いていたので(何故に副科でラフマニww)。 
そしてOp.3,No2が中毒的に好きでした。
この曲実際は3部構成で、余り長くないのですよね。 
当時はロシアンクオリティ変曲と思ったのは事実です… えっタ、タラソワ先生!! 何故に一番盛り処の「ajitato」(激して とか 急き込んで 興奮して と言う音楽用語)外したっ!!!! 
ちょこっと、多分フライングシット~パンケーキスピンの所で僅かばかり使用されてるんだと思うんですが。
ファンスパイラルではもう再現部が来てました… 

ええっ! 一寸先生、編曲ご主人に相談して下さいよ! ajitato 入れてくださ~い!! あそこでツイズルったら神ですよ~!!
と、JO初見でズッコケたのは懐かしい話ですww
今としては、あの主題のてんこ盛リピートで良かったんだと思うんですが、現在のスキルアップした浅田選手に ajitato 部分を超絶デヒフィカルターン満載ステップで踏んで貰いたいとか 再現部から最後はしっとり美ポジケリガン〆しちゃくれまいか… とか色々思ってしまいます。

大体4分弱の曲なんで、原曲に限りなく近いままの演技が可能な楽曲だと思うのです。 いや、アレも一つの恐露西亜ンクオリティなんだけど。 

そしてラフマニノフの人生再生曲としても、ピアノコンチェルト自体でも非常に有名な Piano Concerto No. 2, Op. 18 より I. Moderato に絞ったタラソワ先生は今回良いロシアンクオリティ編曲と思います!
正直アレもコレもで第3楽章とか盛られたらどうしましょう! と震えておりましたが、第一楽章のみで編曲した事は時間的な制約からカットありきで考えた場合、それでもごた混ぜ感がうすらぐと思うんです。
欲しかった部分はまたもバッサリカットされてましたが、終幕を楽曲通りにしてくれたのは違和感軽減に物凄く貢献していると感じます。

前回ラフマニは… アレはまぁアレで良いのでしょうww ホンとは静けさで終了する曲ですけど

それで、このラフマニの有名曲のちょっと前に復調の兆しを見せた2台ピアノの為の組曲がありまして。
《4、tarantella 》 が凄く好きなんですが、ちょこっと紹介させてください。
姐さんさんならご存知かもしれませんが、ソチシーズンはロシアン曲満載に成るだろうから寧ろこの曲で来るかな? とか実は思ってました。(ふたを開けたらロシアは何処にっ!? な状態で苦笑しましたが) でもタラソワ先生と浅田選手は「復調の兆し」の曲では無くて、「完全復活」の曲で打って出たんですね。

2台のピアノのための作品。
1897年に初演した作品「交響曲第一番」の失敗を機に、ひどく自信を喪失。しばらくの間、作曲ができなくなるほどの精神的痛手であったが、この《組曲 第2番》は、そんなラフマニノフが自信をとりもどしつつあった頃の作品である。1900~01年にかけて作曲された。同時期には、かの有名な《ピアノ協奏曲第2番》も並行して作曲されていた。

http://www.youtube.com/watch?v=UKDGpgFmBQM


ショパンの繊細な優雅さと、技巧的で且つ抒情的なラフマニノフ。
浅田選手には競技引退後も色々なジャンルの色々な作品で滑って貰いたいです!

すみません、姐さんさんの御言葉に甘えて書き連ねてしまいました…

フィギュアの編曲には毎回ドキムネが止まらなくなるんです。
何が来てもビックリしないのは宇宙人様だけですww
だって 薔薇の精 で ユモレスク ですから… コストナー選手のSPを観ていて、ニジンスキーの困惑を思い出したんですww

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
りうさん、まろまろんさん
仮面舞踏会はそうでしたね〜。
昨シーズンの白鳥はスパイラルに入った直後に少しだけ正面からのアングルでした。
美ポジはますます磨きがかかってきているのに、正面アングルはどんどん減っている(T_T)
ミシェル・クワンの頃のように、カメラでしっかりと追って欲しいですね。
まろまろんさん
ありがとうございます。
真央選手は助走が短くて流れに乗って跳ぶから見逃してしまうらしいのです。
そのオバサマは、「ショートは3A1本しか跳んでいない」と言っていました。
そちらも訂正しておきましたが、実況の影響もあるみたいですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こむぎさんへ
おおおお!!これはいい反証動画・画像集wwww
助かります!
ありがとうございます!

いやー、そうっすかwwと思いながらありがたくローカル保存です。こむぎさんにはいつもさらりと「それが知りたかったのよ!」という情報をいただいております。本当にありがとうございます。

しかし悪相すごいですね。これを崇めなければならない人生って真っ暗闇(※個人の感想です)。
Hさんへ
情報ありすぎでしょうとも!ww

すごーーい!!!!!

もう大興奮しながら拝見しました。知ってます!!!すごい!!!!
思わぬところで。。。この方、背中から声が出てる!と思って大注目してました。このアリア、あたしもよく歌うんですよwもちろん人様に聞かせられるレベルではないのですが、モーツアルトのアホさ加減が大好きで(ほめてますw)このオペラ自体がメイソニアンシンボル入れまくりでそのものずばりですしね。オカ好きなら絶対見逃せないですよ。ブヒヒ!
いやー、そうですか。コンサートがありましたらば絶対にかけつけます。当時の評論などをネットであさってみましたが大絶賛されていますね。こんなにお若い方だったんだと改めてビックリしました。すごい。
偏頭痛持ちじゃないといいのですが。足の長さが違う人にはよくありがちなのですが、ご自分の声の振動でちゃんとバランスを取られているから大丈夫ですよね。

Hさんご自身の今の生業もすばらしいことだと思います。呼吸と心臓の脈動というのは生きている限り必ず生涯ともにするリズムなのですが、音楽の素養のある方は肉体との付き合い方がうまくなります。
楽器の種類は問いません、小さいころからそれに慣れ親しむということはすばらしい贈り物です。長生きします。

ああ、すごいお話を聞かせていただいてありがとうございます。コメントのすべてに驚きました。ありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
のっちとつくしさんへ
あなたの大切なお気持ちをこうしてお話してくださる。
あなたが教えてくださらなければわからないことです。
だからあたしにとってはあなたの存在が貴重です。どうもありがとうございます。

日本語の「愛」はちょっと特殊なんです。
何かを愛するがゆえに他の何かを傷つけるのは、それが愛だからですね。
愛と言うのは必ず差別を伴います。上下があるのが愛なんです。
器物を愛でる、と言いますよね。「愛いヤツじゃ」なんて言葉があることそのものが、「愛は対等ではない」証拠です。

あの人が想像を絶する苦難の果てに内からあふれ出させている慈愛、慈悲、そんなものがあたしを含め大勢の人を魅了しているのではないでしょうか。

それは愛ではありません。差別・区別・比較のないただ一途な思いです。

ご家族仲良くお過ごしください。一緒にいられる時間は短いです。限りある時間だからこそ情けと心をかけてあげてくださいね。
申し訳ありません
混乱してきましたので、考えをリセットする為、先のコメントを削除しました。
申し訳ありませんでした。
全日本まで日にちが無いので、出来ることを再考したいと思います。

管理者にのみ表示