はらっぱさん提供、ジャンプ前の姿勢

「はらっぱ」さんが今すぐノセロ!とおっしゃるので記事にするわww

これ元画像は横に並んでいるんだけど途中で切れて見えるかもだから姐さんの判断で上下にしたわ。

ジャンプ-1
ジャンプ-2

横並びで見たい人はここをクリック

たくわんの「ジャンプ前の沈み込み」のすごさがわかるわね。
たくわん陣営、どーするのかしら。何ひとつ美点がない棒立ち野郎をどうやってソチで優勝させる気でいるのかしら。


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのスケートは下手クソ | コメント(18) | トラックバック(0) | 2013/12/27 16:36
コメント
こんにちは。

あれれ~??
私の曖昧な記憶によれば、バンクーバー時真央ちゃんのジャンプへのいちゃもんの一つにジャンプの沈み込みがあったような…
さらに薄~い記憶を辿れば教科書ジャンプとか言ってホルホルしてた人たちがいたような…
あれれ~?
きっと足が長いからニダね☆
膝下が長すぎて、お腹についているように見えてしまうニダ!!
あらら…
なんとまぁ無慈悲な比較写真ですねw
これは転倒寸前の写真ですか?あ、失礼。ジャンプ前ですかwと言いたくなるようなw
「どっこいしょ」とか「おっとっと」とかセリフ入れて吹き出し付けたくなりますw

これを「美しい」だの言われても、「いや全く美しくない」と答えるしか無いし、ジャンプ前の沈み込みが酷いのは素人目にもキムチだとわかりますよね。
周りがあらゆる言葉を尽くして褒めまくっても本人がこれじゃあなぁ…。
ほんと「不正の証拠はキムチ本人の演技」ですね。
そこで沈むのかい
シットスピンもそれくらい低いといいのにね!ヨナタン
足が汚い
この人ホントに足が曲がってるんですよ~。
イーグルにしろI 字スピンにしろ。ホント全体的に!!
き・た・な・い
紀州梅様www
むしろシットスピンより腰の位置低いですね、ヨンヨwww
頭の高さ
最近友達から、真央ちゃんはどこがジャンプ改良されたの?と聞かれたときウダウダ説明しても分からないので、バンクーバーと最近の動画を見比べるとき後向きに助走からジャンプするまでの頭の高さの変化を見てごらん、と答えると、たいがい納得してもらえます。
KYさんの動画で最近真横からのが少ないのはそこを見られるのが嫌だからでしょうか?
おやっ?
キムチがたくわんになる途中?……つ、漬物?
すみません。二度目のコメントです。
お小夜様へ
紀州梅様と同じこと思っていたら、お小夜様のコメントに、あっ!確かに!!

と一人納得してしまいました(笑)

本当に酷いありさまですね。お隣の国の人(´Д`)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
え?
真央ちゃんの画像はこれからジャンプするんだとわかるのですが…

下の画像は本当にジャンプに入る体制なのですか?嘘だぁw
おっとっとグラグラスパイラル?何か知らんけど新しい技?
ヤツが何をしたいのかさっぱりわかりません( ̄▽ ̄)
コメント欄の皆様ww
写真も無慈悲なら、コメント欄の皆様も無慈悲ww
お腹抱えて笑ってしまったではないですかww

それにしても、真央ちゃんはこんな瞬間でも美しいのですねぇ(*^^*)
さすがだわ!と思いました。
それにひきかえ…(--;)
いったい何処を見たら美しい所があるのかしら?たくわんには。
あちこち出過ぎ
うわ・・・何よ、この汚い踏み切り直前ポーズは・・・しかも、手はまるでこれから蝿でも叩かんばかりの勢いで振り上げてるしさ〜。

練習サボって出尻に出膝
色気路線で出胸に出腿
五輪使って出金に出世

全く出過ぎも程々にしてほしいわ。いくら女王でも。



クソーンのスケーティングが
元選手の今川知子さんという方がこのようなコメントを出されています

『パトリック・チャンにも言えることですが、キム・ヨナにはスケーティングの一歩が美しく長く伸びる《滑りの上手さ》というものが違いますし』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131228-00000004-wordleafs-spo&p=2

Pチャンについては確かにそうだと思います
テレビからも分かりますし、先日のグランプリファイナルでも実際に確認できました
しかし、クソーンが美しいスケーティングしたところなどいまだかつて見たことはありません
素人だから、と言われればそれまでですが、素人なりに渡部絵美の時代から見てきています
かつて1度でも、チャンレベルのスケートができたことはあったのでしょうか?
今川知子氏
「今川知子 全日本選手権」でやふー検索すると、某ブロガー様記事より

>元フィギュアスケーターで95年の全日本選手権では4位という成績

・・・だそうです。コンウェイ女史臭がするw
↑ちなみに95年というと世界のミドリ・イトウが引退後、復帰したシーズン。


ルーさま、同じくです!
私も、キムのスケーティングについて記事を読み、疑問に思いました。

キムは日本には来ないので(永遠にご遠慮願いたい)、日本の観客が生で観る機会はそうそうなかろうと、こういった印象操作をしているのでは??と疑っています。

私も、キムの演技は生で観たことがないので、嘘だ!!と言えないのが…悔しいです。

映像で観る限り、美しくないガリガリスケートに感じるのですが、最初にスピード出そうと漕ぎまくりだから余計そう感じるのか??

キムの演技を生でご覧になった事のあるかたのご意見が知りたいです。
カナダで、オーサーのチームにいたのですから、スケーティングも重点的に指導を受けていたはずですけどね……。
う~ん。

スケーティングの美しさは、評価が正しくされていない部分だと感じます。
価値観も、北米、ロシア、日本、欧州、スケーティングに求めているレベルが統一されていないような…。
カナダではシングルでもジャンプより価値がある部分ですが、日本では小塚選手の
レベルですらあまり注目されないし武器になっていません。

採点システムが公正なら、小塚選手はバンクーバー前後の世界選手権のタイトルを持っていたのではないか?
などと、ずっと思っています。
No title
たぶん素人視聴者(私もそうですが)のほとんどは、こういった違いを見ていないし、勘違いをしていると思います。

って、ジャッジもそうかも(偉そうなこと言っちゃった)
「フィギュアスケート」となっているのだから、まずスケーティングの評価が重要じゃないの?と常々感じてます。

まして、くくりがスポーツなわけで…。
まあ、これがこの競技に物議を起こしやすくしている点でもあるのでしょう。

たとえ芸術性を求めるとしても
「スケート」をしての”美”を評価するべきだと思うんです。

まさしく、このジャンプをする前のスケーティングについては、ガーーーッと漕いできて、ワニ足になって、がさっとジャンプ。
このスピードを出して、上に跳ぶにはこうなります。
でも、こういうスケートが美しいとは思えません。
スピード感を重視している時点で、エレガントとは反していると思います。

構成的なところでも、滑っている時は、シャーシャー移動して、静止を多くしてその時に表現をアピール。
もちろん効果的なのはわかりますが、ここを重視するなら、ミュージカルや演劇でいいのでは?
そうなったら、美貌をもちあわせて表現にも長けている人物がもっと感動させてくれると思います。
(ジゼルと吸血鬼の表現が同じって)



管理者にのみ表示