同じ楽団鑑賞でもこんなに違う

フィギュアスケートが好きな方ってやっぱり敏感な美意識と繊細な感受性を持っていると思うのよ。
それはやっぱりこの競技の大きなポイントのひとつが「美しさ」にあるからよね。
よく訓練されている、と言うと失礼かもしれないけれど、写真一枚がいかに多くを語るか、その人の姿からいかに多くの内面性が読み取れるかをよくわかっていらっしゃるものね。

これね、ずっと記事にしようと思っていたんだけど、自分で相手を見てからにしようと思っていたの。
新年の一般参賀で自分の目で確認して、やっぱり無理だと思ったから書いておくわ。
普通の一般人からどう思われているかってことも、こういう形で残しておくのも大事なことよね、と思うから。

まず天皇皇后両陛下の画像です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を鑑賞される天皇皇后両陛下=11月18日、港区サントリーホール(宮崎裕士撮影)※2013年の画像
http://sankei.jp.msn.com/life/photos/131123/imp13112307000001-p5.htm

自然と笑顔になってしまう不思議な写真ね。温かさとすっきりと清潔な風通しの良さを感じるわ。
おふたりが発光しているみたいに光量の乏しいホールでもぴたりと鮮明に映っている。素敵だわ。
腰の低さ、物腰の柔らかさ。皇室の男性は対面する相手に決して威圧感を与えないように足を広げて座らないし、右手を左手で握って立つのよね。言葉も優しい。
陛下は直立なさるときは両手を体側に沿っておろして手を握られるね。
こうして微笑まれているとお二人とも慈愛そのものだって感じるわ。

imp13112307000001-p5.jpg

以下、ヤバイ写真があるから、興味がない人はスルーしてね。
ホラー耐性がない人は続きを見ないこと。




※以下の日付はすべて2013年

皇室ウィークリー
オランダの「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」のコンサート会場に入られた皇太子ご夫妻=11月18日夜、東京・上野の東京文化会館 

http://sankei.jp.msn.com/life/photos/131123/imp13112307000001-p3.htm

水死体!?
imp13112307000001-p3.jpg

オランダ、ねえ。巨額の経費を投じて無理やり遊びに行かせてもらって、あげく厩舎だか車庫で記念撮影でしたっけ。今日び使用人にだってそんなことしねーわよwwwオランダのぶぶ漬けすごいわね。

こんな水死体みたいな顔の人、拝めないわ!嫁はヘヴン状態でざんばら髪でニダリ顔だし!
棒立ち。えっへん!僕ちんエライ!

机上に映った旦那の右手がおかしいわね。
嫁はまた指が多く見えるしさ。あたしだけかしら、あらやだ、棒立ちの水死体だわ!って思ったのは。




オランダの「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」のコンサート鑑賞に訪れ、関係者の出迎えを受けられる皇太子ご夫妻=11月18日夜、東京・上野の東京文化会館

http://sankei.jp.msn.com/life/photos/131123/imp13112307000001-p2.htm

嫁はとにかく白人だけが好きなのよね~。白人の男にだけ見せるヘヴン顔。ヤバイわね。
旦那の顔にいっつも影がさすのもほんとにイヤよね。
なんでいっつもジャケットの袖口を折り返すのか?
それはちゃんとしたフィッターに採寸されるのがイヤでつるしの既製品を買ってくるからよね?
袖にものすごいシワができるのも、襟元に余裕がなくてジャケットの前合わせがみっともなくなるのも、自分の体が入る既製品につっこんでるからなのよ。
人前に立つ者の自覚なんかないのよ。自分が楽ならそれでいいの。
このブッサイクなスーツだけでも礼儀を失していると思うわ。

imp13112307000001-p2.jpg


オランダの「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」のコンサート会場に入られた皇太子ご夫妻=11月18日夜、東京都台東区の東京文化会館
http://sankei.jp.msn.com/life/photos/131123/imp13112307000001-p1.htm

この皮膚。
半開きの油断しきった口元のだらしなさ。
嫁のにんまり笑顔の気持ち悪さ。
「お遊び」でこれだけドヤ顔ができるってすごいわね。途中で寝てなきゃいいんだけど。

嫁のスーツの前合わせ、ひどいわね。背筋を伸ばして座るってことができないのね。

そしてこの夫婦の顔に指先を当てて顔のパーツを隠してみて?
目鼻口がないと実にしっくりくると思わない?
もう「自分の顔」がないのよ、この夫婦。あたしには昨年末以後、のっぺらぼうに見えるのよね。
旦那も嫁も顔のパーツがズレてるわ。わかる?もう人の仮面すらかぶれてないのよ。

imp13112307000001-p1.jpg


たったこれだけの写真でも実に多くを語ってくれるわ。
今回は分析も詳述もしないけど、ひゃだ!水死体!?と思った、ってだけの記事ね。

悪いけど、あたしは下三枚の今となってはとってもお似合いのご夫婦のことは、拝めないわ。


人気ブログランキングへ
関連記事
皇室、神道、信仰など | コメント(25) | トラックバック(0) | 2014/01/04 04:49
コメント
おはようございます。

あの全日本騒動から、時を経ずしての皇室ネタ!!
ホントに姐さまは「思った事を書く!!」なんですね。ぶれない、強すぎ(笑)
イヤミじゃないですよ。これは私からの称賛と感謝です。

今年の一般参賀の映像を見ながら、「姐さまは何を思っているんだろう?」って考えていました。

まだ、皇太子殿下に(恐れおおくも?)心を残している私は妃殿下の出席にホッとしていました。
でも、これがすでにおかしいんですよね。
「陛下のお顔色がよろしすぎて、ホッとした」とか「皇族の皆様(とくに三笠宮様両殿下!)が元気そうでホッとした」が正しいわけで、「出席できた」にホッとしてる場合じゃないんだよ…と。
ここまで解ってて、私は情けないですね(笑)まだ、親子の情愛から抜け出せません。私の中で両陛下含めて皇族方全てが一つの尊崇の対象で、中々切り離しにくいですね…(悲)

陛下の御言葉の中の「安心の年になるよう」のニュアンスがとても気にかかりました。元旦の祭祀の中で、どんなお告げがあったのだろう…それとも深い意味はなく「よい年になりますように」の新年の挨拶だったのかな?

姐さまもよく「ソチで光か闇か、人々が試される」と仰っていますね。
どうか、「正しい」事は一見険しい道のりだけれど、本当のゴールにはそれが一番の近道であるという当たり前の事が証明されますように。

支離滅裂な文スミマセン。やっぱり私にはブログは無理ぽです。
日々素晴らしい文章を提供している姐さまを始め、各ブロガー様を尊敬します。
光と闇の対比
手相見姐さん、おはようございます。

闇写真の3枚には、気のせいか、いろいろなものが写り込んでいるように見えます。
2枚目の二人の手指もおかしく見えますが…先入観のせいかしら。

もう人の仮面すら被れていない、という言葉にはっとしました。既に魂は闇に取られてしまっているのでしょうね。

皇室は日本の縮図と言われていますが、日本に巣食う闇をは、私達日本人が祓っていかねばなりませんね。そのために、自分のできることから続けていきます。

闇写真で終わっては、負のエネルギーをもらってしまいそうな気がするので、もう一度天皇陛下と皇后陛下の美しい御写真を見てから帰ります。
はじめてコメントさせていただきます。
姐様
いつも姐さんの記事に励まされています。
この記事に関連したことが自分の身に起きたので、はじめてコメントさせていただきます。

一般参賀のニュースで横にカメラが動き皇族の方々を映し出していたら皇太子殿下の顔が柱で見えませんでした。
普通でしたら編集して顔が見えるようにすると思うのですが…。
そして、その隣の妃殿下を見た時「気持ち悪い」と口から出て自分でビックリしました。
「あぁ参加できたんだ〜」と思っていたのに…。
上の写真を見たら納得です。


姐さんや皆さんの行動力尊敬いたします。
非力ながら自分の出来る範囲で行動しています。

たくさんの気づきをありがとうございます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
たくさんの気づき
おはようございます

天皇・皇后両陛下のお写真
温かさが滲み出てくるようで、見ているだけでほっとします
それに引き換え、皇太子の写りの悪さって…
たまたまツイッターで見かけた一般参賀のお写真
皇太子のお姿が背後の闇の紛れて見えず
びっくりしました

私は見える人ではないのですが、それでも秋篠宮ご一家のお写真は、いつも本当に清浄で…
昨年末「オペラ座の怪人」をご鑑賞になる、秋篠宮紀子妃殿下・眞子内親王・佳子内親王のお写真も
本当にお美しくて心洗われるようでした
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
おはようございます。

初めて書きこまさせて頂きます。
三枚の怖いおさしん・・・おまえはすでに死んでいる状態に見えて
仕方がないのですがいかがなのでしょう。

心霊写真・・・写りこんだのは水〇の犠牲者でしょうか?


そして嫁の方はそれ以上の何かに見えて恐ろしいです。
ちょうど、某国の某選手のように氷上での写真がこの世の物以外の“もの”
に見えるのと重なります。

旦那の方は完全にデスマスク状態・・・笑顔も笑顔にあらず、中身も空(くう)
ではないでしょうか?

陛下はまだ輝きが完全ではありませんが取り戻されているようで少し安心しました。
この先どのような判断でどうなっていくかはわかりませんが、スケート同様光が闇に
打ち勝つ事を祈って止みません。
あぶり出し
姐さん、いつも本当にありがとうございます。
姐さんのおかげで、たくさんのことに気付かせていただきました。
昨年末は約一ヶ月かけて、家と職場の大掃除をしました。
なんと、不必要な雑誌とか古紙だけで300kg以上になり、近くのスーパーの割引き券をゲットしました。
少しでも清々しい気持ちで、真央ちゃんの金メダルを祈りたいと思います。
もちろん、あちらこちらに苦情メール等を出し続けてですが。

私はつい最近まで、お花畑でしたので、皇太子ご夫妻の「可笑しさ」にも全く気づきませんでした。
私の住む所は、宮城県の沿岸にあり、自宅も玄関先1mの所まで津波が押し寄せました。そして、実は皇太子ご夫妻の訪問先に選ばれた所でもあるのです。
私は仮設住宅には住んでおりませんので、お二人にはお目にかかっておりませんが、
お二人にお会いした方々から、驚くべきことも色々聞いています。
ずっと以前から気づいていらした姐さんや皆さんには驚くことでもないかも??なのですが、
1.皇太子の前になり、「スタスタ歩く」
もうこれだけで、会った人達も驚き呆れたらしいです。
雅子さんの後ろをノコノコと付いて歩く皇太子の姿が情けなかったと言う方もいました。
2.皇太子が何か言ったことに対して、きつい目線で「叱咤」する。
もちろん、そのきつい目線がどういう意図だったのかは分かりませんが、
周りで見ている人には、「黙れ!」という合図にしか見えなかったらしいです。
皇太子ご夫妻のことを称えまくっている地元の河北新報は、KY上げもしています。
本当に様々なことが繋がっているのですね!と、長々とすみませんでした。
No title
あちこちで話題になっていますが、
皇族方の中で、皇太子だけが陰になっている・・・。
http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1388766892115.jpg


実際に現場にいらした方の書き込みでは、皇太子、後ろの壁と一体となって、
どこにいるかわからなかったとか。
手どころじゃありません、体全体がもう・・・・・・、のようです。



>皇太子の前になりすたすた歩く
公衆の前で、「お父さん」と呼んだ件もありました。
庶民じゃあるまいし。

皇太子が・・・・・になって、初めて気付くのでしょう、
自分の立場があるのは、皇太子ゆえと。
あ、気づかないかもしれませんね、
頭の中は、とっくにあっち側になっているかも。
No title
初めてコメントさせて頂きます。

いつもブログを拝見させて頂いてます「あき」と申します。

浅田選手がシニアに上がった頃から、真央ちゃんを応援しています。
本当に可笑しな事ばかり起きて少しフィギュアからも遠ざかっていました。
調べれば調べる程落胆が多すぎて・・・。

でも、こちらのブログを観るにつけ、頑張ってる人が沢山いる。
以前はTV局にも抗議のメールとかした事も多々ありましたけど、変わらない現実に嫌気が差し何もしないでいましたけど、何もしなかったら認めてる事になりますよね・・。
何か行動しなければ。

色々と吉松さん事件、フィギュア、偏向報道、雑子(○○様とか言いたくないので)と、繋がっていない様で、全て繋がってるんですよね。
もう、この方の顔もKY同様見たくない感じです。今は。
日本人が自国を守る。
当たり前の事なんですよね。
自国の事を誇りに持つとか、あまり深く考えたりしなかったですけど、美しい国NIPPONを守りたいです。
朝鮮人なんかに汚されたくない。
本当に、そう思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして
はじめまして、詩織と申します
以前よりこちらには度々訪問させて頂いておりました
私も父の影響からこどもの頃から長年スケートファンなのですが、もうスケートを見ることが辛くなってきておりました。
こちらに伺い、姐様の文章を読みまだ諦めずに自分の出来ることからはじめようと思いました。
皇室、ここへ嫁ぐことがあってはならない嫁のことも、スケートに対する不信感からあちらこちらとネットサーフィンするうちに学習しました。また、政治、経済、皇室、ありとあらゆるものについても知ることとなりました。本当に驚くばかりですが、これに気付いていない人の多いこと
新聞が捏造記事を書くなんてありえない、とか、テレビが日本に不利益をもたらすような放送をするはずがないと信じて疑わない人が多くて、家族にすら話しても理解してもらえない、或いは半信半疑までしか辿り着けない情けなさを感じておりましたので、姐様の言葉に励まされました。
とにかく、今から少しづつですが自分の出来ることから頑張ります。オリンピックまで時間はあと少しですが、闇に負けたくはありません。
いつも励ましてくださり、また、導いてくださりありがとうございます!これからもよろしくお願いします
仁美さんへ
コメントありがとうございます。

ご紹介いただいた一枚目、豚に真珠か!と叫んでしまいました。
この一葉だけでも却下すべき理由が無数にあらわれていますよね。
おそろしいことです。
毎日ストーカーのごとく拝見させていただいています(笑)。
姐さまのブログで皇太子様妃殿下見ない様にしていた違和感を正面から見る決心をしました。

私は紀宮様が大好きでした。
皇后様と紀宮様の笑顔がとても優しげで小さい頃から大好きでした。
姐さまのブログを読んでなんとなく思ったのですが、微笑むってすごく難しいことなのかも…。
その人の心がそのまま出ると言うのか…皇太子妃の笑顔が小さい頃から怖かったんです。

微笑むって優しい気持ちや相手への敬意、感謝…とにかく本人の持つ相手への陽の気持ちが表れるものだと思うのですが、姐さまの言った通り繕うことすらできていないように思います。
そして、最近、愛子様が皇太子妃にとても似て来ているような…と、言いますか、3人がすごく似て来ているように思うんです。
もちろんそれは、良い方にでは無いように思います。
私は写真を見て皆様が見えている様なものは見えないし、感じる力もないので本当に‘そんな気がする’程度のものですけど…。

そして、秋篠宮様が明治天皇に似てらっしゃるなぁとも思いました(お髭のせいかな?)。
どの時代の天皇陛下も苦しい時世から日本を守ってくださった国父です。
似てるとか似てないで判断するのは馬鹿みたいかもしれませんが、天皇陛下の面影も見つけられない皇太子様よりも、明治天皇の威厳と皇后様の面影のある秋篠宮様に心惹かれずにはいられません。
秋篠宮紀子妃殿下の微笑みにも私は皇后様の微笑みの面影を見ます。
それは、皇后様の後、日本の国母となってくださる方だからなのかなとこちらに来て思いました。


こんにちは!
こんにちは!

姐さんの書かれるこういう記事大好きです!
普段ぼんやりと考えていたことがぴったりと綺麗な言葉になっていて、とても驚きます。勉強になることがたくさんあります!

これは兄から聞いた話です。
皇太子様と雅子様が大学によくいらっしゃるそうなのですが、ぎりぎりSPに止められてから気づくほど、お二人には存在感がなくて結構驚くそうです。

それから、皇太子様はよくお一人でコンビニのレジ前の唐揚げ棒?をなぜかずーっと見つめられてから、結局何も買わずに帰られるとも聞きました(笑)
結構馴染まれているようでみんな全然気づかないんだとか。

一方美智子様のお目にかかれた母の知人の話によると、美智子様の周りの空間はキラキラ光り輝いて優しさや気品が滲み出ていて、とにかく素晴らしかった!と(テレビや写真からもめちゃくちゃ伝わってきますが)。

それから実際はお声や仕草の一つ一つが本当に可愛らしくて驚いたとも聞きました。

内面ってふとした時、もっと言えば常に外に出てくるんだと最近は本当に思います。すべてを見透かされてる気がして外に出るのが怖いなと感じることも多々....。

でもやっぱり美智子様や真央ちゃんみたいな女性になりたい〜!!
から頑張ります(・_・;

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
よくブログを読ませてもらっています。

メンタルの病気にかかっていると、
着物のようなすぐ脱げない、圧迫感のある衣装はとても辛く、パニックになるのですよ。。。
自分もそうだったからわかります。
マフラー、タートルネックさえこわかった。

だから、闘病しながら、子育てがんばられている方に、そんなひどいのと書かないで。。。
No title
雅子妃殿下には、外国育ちで、日本人離れした知性と感性をお持ちでしょうが、
皇室に入ることに対するお覚悟が不足していたのでは。
皇后陛下がされている宮中祭祀。
どうなるのか一国民として心配です。
皇太子さまも帝王学を学んできた方なのに。
将来の天皇陛下が、家庭の乱れ悩みを
国民にだだ洩れさせるなんて。

エドワード8世が、王位を捨ててアメリカ女を
とったように。
彼はイギリスの国民より離婚歴がある
シンプソン夫人をとった。
No title
初めまして。いつも楽しく拝見しております。
フィギュアについて詳しく言及できるほど技術的なことを知ってる訳ではないので、いつもひっそりと拝読してるだけの者ですが、こちらの記事の東宮夫妻の写真を見て、いきなり耳鳴りがしたので思わず書き込んでしまいました。
たまたまかも知れませんが、あまりにもタイミングが合ってしまったのでやはり何かしらあるのかしら…と、不安になります。

今上陛下、皇后陛下のお健やかで永くの御代をお祈り申し上げます。
乱筆失礼いたしました。
これは…
皇太子様生気無いし、顔立ち違いすぎですね。

2枚目の皇太子妃は、般若に見えます。毒々しすぎるお顔立ち…

以前、姐さんが載せてくださった写真も酷かったですが、これはより酷い。

お二方は、もう、許されないってことですね。
皇太子さま御接見の機会が以前ありました。
あの時感じた違和感、無機質で冷たいロボットのような…うまく言えないのですが、感覚で…人間とは違う何か、ロボットに近い何かだと。

それはその場にいた多くの友人が同じ感想を抱いたようでした、
こちらからの質問禁止、皇太子さまから話しかけられたことの返答のみが許されていましたので、残念ながら私はお話できませんでしたが、
質問された友人みな、顔が固まっていたのが印象的でした。あれは緊張感とは別物では…

両陛下と一般人のお写真はみな一般人もにこやかに笑っているものが多いですね。


No title
こちらの比較写真、
もう一目瞭然でございます。

h
ttp://www.nikaidou.com/archives/41356
内なる輝き
はじめまして。
初コメントです。
いつも読ませて頂いています。
昨年 デトロイトで行なわれたスケートアメリカを観戦に行き
初めて真央ちゃんのスケートをリアルに見ることができました!
リンクで公式練習をしている真央ちゃんを見た時に
なぜか「美智子皇后と感じが似ている」と感じました。
美智子皇后にはお会いしたこともお見かけしたこともないのですが
バイブレーションというか内なる輝きのようなものが同じに
感じられました。これは、人によっては敏感な領域になるかと思うので
母以外の誰にも言わないでいたのですが、この記事を読んで
お伝えしたいなーと思ったので書き込みさせて頂きました。
魂が磨かれるって、そういうことなんですね。
見間違いかしら?
以前からずっとブログ見させてもらってます!
真央ちゃん大好き女です♪

今更ながらこの記事に気づきを読ませていただきました。

変な質問なのですが、3枚目(かな?)の握手の写真...
奥様の手(腕?)は、ありますか?

相手の方が何もない空間を握っているように見えるのですが、私の気のせいかな?

管理者にのみ表示