キム・ヨナ ナショナルFSの採点は?(megumiさん編)

俺たちのmegumi師匠きたーー!!おかえりなさい!安否を気遣う声が上がっておりましたww
ヤマムロ師匠と共に姐さんがいつも学ばせていただいているmegumiさんです!

罫線で囲まれた文章のCopyrightは「megumi」さんにあります。

2014/01/06 megumiさん

遅ればせながら・・・

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

昨年12月22日よりのんきに長期の海外旅行に行っていたので
(行先はこの時期長期間でも廉価で行けるトルコでした)
全日本の荒れようも帰国して正月明けに知った次第です

で、汚キンケンジ様の演技に関してですが。。。
開いた口がふさがりませんでした
特にFSの演技、昨季レミゼよりもさらに悪くなってますやん!

これで昨季茶番ワールドとほぼ同得点の147点ですか。

3Lz<-3T<<(第1ジャンプも第2ジャンプもグリ降り)

3F<e(スローで見ればグリ降り)

3S-2T<(グリ降り)

FCCoSp1(アプライト姿勢がなく2回転以上の基本姿勢が3つのうち2つしかない)

StSq3(ところどころエッジが浅いので要素を満たしてない)

3Lz

2A<-2T< (第1ジャンプで着氷が乱れて第2ジャンプも着氷後に流れがないので加点無し)

3S

LSp2(レイバック姿勢で8回転してない)


ChSq ―(スパイラル保持が2秒なので基礎点なし)

1A

CCoSp3(「左右の足で基本姿勢全て含む」の要素を入れていると思いますが
足換え前アプライトスピンと足換え後のシットポジが
「ポジションが定まってから2回転」はしてないので×)

・・・というのが妥当ではないかと思います



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ゆっきーゆん」さんにあります。

20 14/01/06 ゆっきーゆんさん

megumiさん採点に

点数も追加してみました。<後の基礎点だけです。GOEは知らん!

4.60…3Lz<-3T<<
3.70…3F<e
5.10… 3S-2T<
2.00…FCCoSp1
3.30…StSq3
6.60…3Lz
3.52…2A<-2T< 
4.62…3S
1.90…LSp2
0.00…ChSq 
1.21…1A
3.00…CCoSp3

39.55くらいになります。PCSは61.22(全項目元の点数からマイナス2点しました)
とすると100.77です。



「全選手に公正にしてもらっちゃヒジョーに困る!」ってことがよくわかる「客観的な」採点じゃないかと思いますね。


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナが抱える多すぎる問題 | コメント(26) | トラックバック(0) | 2014/01/06 01:09
コメント
ルッツが
3Lzが3回になっております...上記の構成ではザヤってしまうことになりませんか?
揚げ足取りで誠に申し訳ございませんが、今一度ご確認をお願いします。
megumiさん採点に
点数も追加してみました。<後の基礎点だけです。GOEは知らん!

4.60…3Lz<-3T<<
3.70…3F<e
5.10… 3S-2T<
2.00…FCCoSp1
3.30…StSq3
6.60…3Lz
3.52…2A<-2T< 
4.62…3S
1.90…LSp2
0.00…ChSq 
1.21…1A
3.00…CCoSp3

39.55くらいになります。PCSは61.22(全項目元の点数からマイナス2点しました)
とすると100.77です。
No title
ごめんなさい。
女子は12要素なのに13要素になってました
3度目3Lzは無しです
Re: ルッツが
にじいろさん、コメントありがとうございます。ご本人からも訂正のコメントをいただいており、記事を修正致しました。ありがとうございます!
megumiさん、申し訳ありませんでした
> ごめんなさい。
> 女子は12要素なのに13要素になってました
> 3度目3Lzは無しです

記事を訂正させていただきました。マレー熊に激似!!と思いこちらも確認せずにそのまま掲載してしまいました。大変申し訳ございませんでした。
megumiさーん!
おかえりなさ~い。
良かったご無事で(笑)
そして復帰早々、キレキレなコメント!たくわんの動きにもこれくらいキレがあったら良いのに(笑)
ソチまであと少し。今年も頑張りましょうね。
ハッとしました!
megumi師匠‼︎
お待ちしておりました‼︎

>流れがないので加点なし

というコメントにハッとさせられました!
キンケンジは長年にわたり(ありえない別次元の)加点がデフォルトになっていたので、全然納得はできないけど否応なしに加点がつくのが基本という感覚に陥っていたようです(~_~;)おそろしや〜!(◎_◎;)

けさのテレ朝、キンケンジやってましたね。浅田真央のライバルキンケンジってテロップやめてー。高得点の謎ってタイトルに多少期待したもののやはり最後はsano氏。バンクーバーの演技に比べたらもう少し頑張らないといけない、とやんわりした表現で、決してマイナスポイントに触れない。バンクーバーに迫る得点だけど、ナショナルは点数たかめで世界にアピールする場デスカラ〜。
私には産後復帰戦の元安藤さんと同じようなスピードに見えましたけど。この期に及んでなおもライバル煽りをやめないのなら、浅田選手と2分割画面でフル演技流してながら解説してほしいです。



胃もたれダル重口内炎
今年はお雑煮の餅は小1、お酒も控え、根菜たっぷりのお煮〆中心の食事を心掛けたのに、タクアンのフリーを怖いもの見たさに見た途端、全身が大地にのめり込むようなダル重状態に襲われ、不快な胃もたれ感がこみ上げてきた。見ただけで健康を害する演技なんて前代未聞。そういう意味では稔じゃないが「すげえ」。こんな演技に10点つけてマンセーするとは、さすが北の同胞だね。だけど、これを史上最高の演技にするなら、ヒラマサではループジャンプは禁止。フリップもなし。フリーの漕ぎは30回以上。スパイラルとスピンはなし。ステップの途中で2回以上停止してドヤ顔ポーズ、腹痛演技は必須っていうルールに変えろよな。ただし競技名は「女子ハングル」に変更の上、
フィギュアスケートのシングルは五輪種目から外してくれ!だけづ、子供の頃から人生を賭けて地道に懸命に努力くしてきたこやつ以外の選手が気の毒でならない。半島とスケ連とその一味に天罰を。
真面目に
ステップが分からなかった・・・。
くるの~?まだ~?
と思っているうちにジ・エンド。
「え」
だけしか出ないしばづけ(2ch様より引用)でした。

本当に何も感じないプログラムですね。感想を搾り出すのも難しいという・・・。
見たか見てないかといえば、見た。でも、見ていなかったかと同様に何も語れない。
というある意味謎めいた演技でしたね。
だって、ステップを踏んでいるのか、ただ繋いでいるだけなのか区別がつかない
んだもの。

アディオス・ノニーノの曲も随分都合よくゆっくりパートだけ切り取っているように
聞えますし。
タンゴの代表曲を選んでおきながら、タンゴ踊れません、ダンゴなら食えます。
みたいな冗談しか言えないプロです。

ああ・・・本当に何を言っていいのか分からない。
ていうか、何の感想も浮かんで来ない。
ホント、スケートリンクじゃなくて砂漠で滑っているような荒涼感。
そら喉渇きますよね。しばづけさん。




管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
今日も、ここはどこの国でしょうか?と疑問に感じてしまうようなテレビ局の報道でしたね。
報道される部分的な映像で判断したくなかったので演技を通して見てみましたが、私も回転不足が気になったし、ステップもスピンもこれで何故この点数??と疑問だらけでした。
このような演技で賞賛のコメントしか出てこないなんて。やっぱり気分が悪くなりました。
初めてコメントさせていただきます。勇気を出してコメントしました。
姐様皆様いつも拝見しています。
いつも的を得た記事内容に私一人でもやもやしてたんじゃないんだと励まされるのと同時に、もう時間はわずかですが微力ながら自分でも何かしたいです。まずはチーム公平の活動からさせていただきたいです。
私は、より上の技術を目指し努力し実行するアスリートが大好きでした。ですから当然浅田選手を応援していました。しかしマスコミの言うとおりキンケンジがすごいのだと思わされてきました。かの国も好きでドラマも毎日見ていましたし好きな俳優もいました。それがおかしいと思ったのはあまりの点差だった茶番クーバーでした。徐々に調べていくうちにキンケンジと、かの国そしてマスコミの悪行を徐々に知り、今ではかの国自体大嫌いだしテレビもフィギュアの試合以外一切見ないマスコミ断ちの生活をしてきました。
そんなこともありこちらのブログは私の考えにとても近いブログだと感じています。

こちらのブログでmegumi様のコメントにもいつも勉強させていただいております。
とても精通されている方の意見を聞けて何となくおかしい!と感じている私なんかにはとても勇気に繋がります。
私が、他に出入りしているところにもそういう方がいらっしゃって、あまりに為になるのでストーカーのようにまとわりついていますが(ごめんなさい気持ち悪いですよね)(-。-;、HNも似てるし同じ方な気がしますが…
megumi様.いつも参考にさせていただいています。これからも忌憚なきご意見をお聞かせください。

私も微力ながら全身全霊で不正に立ち向かっていきたいです!お忙しいときに長々と申し訳ありませんでした。
この曲大好きだったのに・・・
ヨナにだけは滑って欲しくなかったな・・・

去年の村上選手のFSにも この曲が1部分使われていたのを思い出し
もう一度観たくなってYouTubeで観てきました。
何故だか涙がこぼれました。佳奈ちゃんの気迫が凄かった。
そう言えばスタオベしたっけな~と去年の全日本を思い出しました。
上野沙耶選手もアディオスノニーノを滑っていて
その時はこんな違和感は感じなかったのに、どんだけヨナさんやる気がないんだか。
もう後がなく必死の佳奈ちゃんの気迫のこもった演技と
やる気がなくてダルダルの、ただ義務感だけで嫌々滑ってるヨナのFS
一緒に並べて動画を作成したら、本人の演技が不正の証拠って一目瞭然です。
残念ながら私にはスキルがないので出来ませんが・・・
ヨナにこの曲は豚に真珠です!!いやヨナと比べたら豚さんに失礼かも。
韓国の関係者がいうように「ピアソラというとキンケンジを思い出す」ことにはなるでしょうね。
但し、「ピアソラを演じた歴代最高のスケーター」としてではなく
「ピアソラを侮辱した最低の演技。最低のスケーター」としてですが。

アディオス・ノニーノの楽曲は海外を公演中だったピアソラが
最愛の父が亡くなったことを知っても旅費がないために
父のいる故郷アルゼンチンに帰ることができず
深い悲しみの中で父にささげる曲として作曲されたものだそうですが

キンケンジのやる気の無いような演技に
ピアソラも天国でさぞ嘆いていることでしょう。
「尊敬する亡き父への思いすらも汚された」と。。。
コレオシークエンス
点数出過ぎなのは間違いないですが、一つだけ。
コレオシークエンスはスパイラル姿勢の保持秒数の規定は無いので、KYのコレオでも問題はないです。
たまにコレオノーカンの採点がありますが、それは「氷面を十分に使わなければならない」という規定を満たしていないと見なされたんだと思います。
100.77点・・・
100.77点・・・

それって、もしかしたら韓国選手権でも表彰台のれないレベルなんじゃ?
つまり、コレオシークエンスはKYルールだということでしょうか。
氷面を十分に使っているようには見えませんが。
それにしても、(言わされているにしても)素晴らしい演技と言い続ける荒川さん以下、キャスターなどの面々って、インチキがばれた時どうするんだろ。
あの、トロトロ、ダラダラの演技を「スピード感あふれる」って、心なしか荒川さんの顔が引きつっていたような。
judyさんへ
氷面を十分に使う、はKYに限らずわりと曖昧気がします。
ストレートラインのようにリンクの端から端までまっすぐ使えば十分、いろいろな選手を見ていると、リンクの3分の2程度でもノーカンにはなっていないようです。
今季ジャパンオープンでソトニコワ選手のコレオがノーカンでした。距離が短すぎたようです。ソトニコワ選手はその後もちろん修正してきています。
「十分」は、隈無くリンクのすべてを滑る、という意味ではないようです。
ゆきえさん、ありがとうございます。
一体、何なんでしょうね。このコレオシークエンスってのは。
KYのこのなんちゃってスパイラルで+3とか+2とかついたら暴動を起こしたいです。もちろん+1でも。
コレオシークェンス
わたしも、キム某の評価見て、そんなにいいか?とよく思います。

コレオシークェンスの「氷面を十分に活用」の定義ですが、
今期、ステップシークェンスとコレオシークェンスは、リンクを長い方に端から端か、または幅いっぱいに一往復ぶん をカバーする必要があります。
(つまり以前のストレートラインやサーキュラーもOK)
これを満たしていれば形状や開始・終了位置は自由。
満たされないとノーバリューになります。
加えて女子のコレオは「任意の長さのスパイラルが少なくとも1つ必要」です。


なお、資料は公開されていますが
、ちょっとわかりにくい所にあり、
日ス連の大会結果サイト
http://www.jsfresults.com
→Data
→ISU Comm. 国内規程
→ISU ハンドブック 2013-2014
の、
シングル(テクニカルパネル)
の中に書かれています。

技術役員=要素認定する人は、このハンドブックに従って要素とレベルを決定します。が、
ハンドブックが出た後さらにQAや明確化のコミュニケーションが出ることがあり、
最新の情報を知るにはそれも見なければならない、てことになってます。
スピンについて
こんばんは。記事がありすぎてどこに書いていいか分からなかったので
キムヨナのFSが書いてあるからと思いここに関連の疑問をぶつけたいと思います。

それはスピンの評価基準についてです。
ツィッターでフォローしている皆さんが彼女のスピンがなってないとおっしゃるのでISUのスピンの定義はどうなっているのと本家のレギュレーションを見たら非常に曖昧な書き方で困りました。(ISUの2012 specialregulations technical rules single and pair,ice danceのことです。)

各スピンの定義、認定の条件はぎりぎり理解しましたが、具体的なレベル要件やGOEの基準については記述がありません。ノーカウントになる場合のみ少し書いてありましたが、決まった基準がどこかにあるのですか。私たちは後から映像とプロトコル見て納得するしかないのでしょうか?今見ても明確に分かる資料がないので後追いしようがありません。皆さんとこの疑問を共有し、ルールや技に詳しい方がいらっしゃいましたらお力を借りたいです。
くまkuma様
今季のテクニカルハンドブックはこちら
http://skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/Figure_ISU_Communication/2013-14_TPHandbook_single_J_ver1.pdf

GOE、レベル判定基準はこちら
http://skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/Figure_ISU_Communication/2013-14_TPHandbook_single_J_ver1.pdf

FSのスピン定義はこちら
・フライングスピン、フライングエントランスのスピン(アレの場合はFCCoSp)…6回転以上
・単一姿勢のスピン(アレの場合はLSp)…6回転以上
・スピンコンビネーション(アレの場合はCCoSp)・・・10回転以上

スピンのカウント数はスピンの入りから出まで
ファイナルワインドアップ(姿勢をほどいて次のムーブメントに移る動き)は
スピン回転数にはカウントしない

あれのSPもFSもハンドブックの求める「最低回転数」は満たしているのですが
レベルの上がる要素としてどうかというと「ん?」と思うところが多々あります

例えば最初のFCCoSp
フライングエントランスから入って姿勢をほどくまで足換え前に6回転
足換え後に7回転しているので「要素」としては○。
但しフライングエントランス→キャメル基本姿勢2回転→バトンスピン4回転→足換え
→シットスピン4回転→非基本姿勢のキャッチフットで2回転
・・・ここまではいいのですが、最後に行っているのはアプライトスピンではなく
姿勢をほどいて次の動きに映る「ファイナルワインドアップ」ではないかと思う

スピンコンビネーションの定義は【「シット」「アプライト」「キャメル」の基本姿勢が
それぞれ2回転以上行われている】のが絶対条件。
2回転以上した基本姿勢が1つしかなければFSでもノーカン判定ですし
3つの基本姿勢のうち一つでも2回転に満たないと最高レベルは1にされてしまいます

あれのFCCoSpに関して2回転以上が確認できる基本姿勢はシットとキャメルスピンしか行っていないので「レベル1が相当では?」と思いました

レイバックスピンに関しても
開始から終了までは(ファイナルワインドアップを除いて)15回転しているので要素としては○
サイドウェイズ2回転→レイバック姿勢7回転(姿勢移行に1回転)→キャッチフット2回転(姿勢変更までに2回転)→ファイナルワインドアップ
サイドウェイズ2回転はいいとしてレイバック姿勢が確定してから8回転目に
足をつかんでキャッチフット姿勢をとっているので
「姿勢・足、エッジ変更をせずに8回転」のレベルの上がる要素は満たしてません。
最後のキャッチフット姿勢も姿勢が定まってから2回転確定する前に足を離しているので
「キャッチフット」として認められるかも怪しいものです

最後のCCoSpに関して総回転数は足換え前13回転足換え後も12回転しているので要素としては○
(足換え前)キャメル基本姿勢6回転→(姿勢変更に1回転)→シットサイドウェイズ2回転→(姿勢移行に2回転)アプライト2回転
(足換え後)キャメル基本姿勢3回転→シット3回転→姿勢移行2回転→I字4回転
動画を見た感じ、足換え前のアプライトで姿勢が固まってから2回転しているかというとウーンという感じですし
足換え後のシットポジも姿勢が固まって2回転目にキャッチフットに移行する動きを見せているので
やっぱりレベル3なのでは…と思います

GOEに関しての定義とアレのスピンの質に関しては
1)スピン中の回転速度あるいは回転速度の増加が十分
→△。止まるほど遅いわけではないですが速い方ではないし回転速度は上がってない
2)すばやくスピンの軸をとることができる
→×。スピンの入りで軸が流れて2回転くらいしてから定まっているので
3)全ての姿勢でのバランスのとれた回転数
→×。ポジションが定まってからの回転数がギリギリなのでバランスがいいとは言えない
4)規定回転数を明らかに超えた回転
→最後のコンビネーションスピンだけ○。あとは普通なので△
5)姿勢が良い(フライング・スピンの場合には空中での高さおよび姿勢を含む)
→×。汚ポジ
6)独創的でオリジナリティがある
→×。全くオリジナリティなし
7)全局面でのコントロールが十分
→×。姿勢バリエーションをとる度に軸がぶれるのでコントロールできているとは言えない。
8)音楽構造に要素が合っている
→×。全く合って無い

あれのスピンに関してフライングエントランスからのスピンの入りで
軸にブレが見られますし、スピンの回転中にも軸が流れてますので
やっぱり-1評価が相当で今回のスピンのGOE評価は高すぎたと思います


megumi様、ありがとうございます。
megumi様が女神に見えてきました。
ツイッターでは感情論のみと言われ、非難ごうごうです。

ただ資料は見つからず苦労していました。
非常に分かりにくい所にありますね。検索一回では探せない。
これでは信夫先生のおっしゃる「フィギュアスケートの大衆化」には程遠い。現状が周知されていないどころか時間を取って探さないといけないなんて。

素人にも分かるようにISUのサイト内でレギュレーションと同じ位置に置いて
欲しかったです。それもあちらの方達の言うように情弱だからなんですかね(怒)日常生活、フィギュアだけに割いてる時間はそんなにないんだよ。
日刊ゲンダイ、GJ!!!
姐さん、皆様
私たちの主張を取り上げてくださってます。


「真央にもう一人の敵…キム・ヨナを“援護”する韓国女性審判」
http://gendai.net/articles/view/sports/147047

じわじわと来てますよね。
いっそう、頑張りましょう!!!



姐さん、megumi様のコメントを記事に!!!是非!!!!!!!!!!
megumi様がキムヨナのスピンを解説してくれましたよ。
お時間をとってわざわざ検証していただきmegumi様に感謝です。

FCCoSp
megumi様の詳しい分析すばらしいですね。
ただ、ひとつ修正した方がいい所があります。(勉強して出直せみたいなツッコミが来たらヤなので予防したいの…)
終了時のアップライト姿勢がカウントされないのは、姿勢変更のないスピンの時で、
FCCoSpはフライング入りですがコンビネーションスピンなので(ハンドブックの記述ではわかりにくいですが)
立ち上がった姿勢でふらふらでも2回転すればアップライト姿勢があったことになります。
どんなヨレヨレでも2回転してればテクニカルパネルは認定しなければなりません。
最後まで美しくコントロールされたスピンとの差は、ジャッジがGOEでつける必要があります。
の、ですが、……

で、GOEですが、こちらにガイドラインがあります。
http://www.jsfresults.com/data/fs/pdfs/comm/comm1790j.pdf

日ス連サイトわかりにくいですよね。なんでこんなんなってんだろうと思います。

管理者にのみ表示