識者の見解を問う「スポーツ選手としてまっとうな状態なのか」

※画像を追加しました!

2014ナショナルのフリー時の画像

BdSs0nHCIAAGC1O.jpg

BdQONq_CcAALm42.jpg

BdS8FJ9CIAAof1j.jpg


2014ナショナルのショートの画像

20140104185806249.jpg


手のアップ



罫線で囲まれた文章のCopyrightは「ききょう」さんにあります。

2014/01/07 ききょうさん

この背中の意味…

この背中にはぞっとしました。
管理栄養士で病院で栄養管理に携わっていました。
写真だけで、偉そうなことは言えませんが、気になったので、コメントを入れました。

背中の筋肉や皮下脂肪の状態は、少々の体型の変化が受けにくい場所だと思います。二の腕と肩甲骨のあたりで皮下脂肪厚を測定するのですが、この部位で測定するのは、体重の変化で顕著に変化が生じにくいから経時的に体の状態の結果を見ていくにはいいからと教えてもらったことがあります。

背中でこの筋肉なし、皮下脂肪なしの状態では、全身の筋肉や皮下脂肪がない状態ではないでしょうか。アスリートというより、一般的な健常者でもなく、寝たきりになってしまわれ適切な栄養管理とリハビリを受けておられない方のような感じを受けました。SPでの片足を上げてのスピーンの時の、軸足の太ももを見たとき、寝たきりになってしまわれた方の足を思い出しました。

筋肉が衰えている。しかし筋肉を鍛えて、体の基礎を作る時間がないから、体重を軽くして、ジャンプへの負担を減らす手段をとろうとしているのかと思いますが、てっとり早く体重を軽くするということは、筋肉を痩せさせてということになると思います。

そして食べる量を減らすと体を維持するエネルギーが不足するので、体は自身を守るために筋肉をエネルギー源に使うようになるので、さらに筋肉が痩せ衰えていく。

悪循環です。

余分な脂肪を減らしての減量は、7000kcalのエネルギー量を消費して、やっと1㎏体重が落ちると言われていますので、脂肪を減らしての減量は、時間がかかるだけでなく、おやつ、間食といわれる無駄な食事を控えると同時に体をしっかり動かして、計画的にやらないとできないことになります。

この背中から思うことは、エネルギー、タンパク質など体に必要なものが不足したえげつない(廃人のような)状態ではないかと思います。

この背中をキムチの関係者はどのように思っているのでしょう?この背中に色気がありますか?綺麗だと思っているのでしょうか?

私なら、この背中の状態を見せない、隠せる衣装を進めます。色気、きれいでなく、病的なおかしさをさらけ出したようなものだと思います。この背中が公開されたことに、意味があるのかなと思います。

ソチまで1ヶ月 この骨骨の背中が、適度な筋肉と皮下脂肪がついた色気を持つような綺麗な背中になることはないと思いますが、もしなるようなことがあれば、食事と運動などまともな手段でなることはないと思います。ましてや体重の変化を受けにくい背中です。今は仮に痩せている体重を本来のベストな体重にできたから、背中の状態も良くなったというレベルではないと思います。

長々とまとまってないことを書いてしまって、すいません。



「寝たきり」に超反応。
物持ちのいい「もる」さんが2chであたしがした書き込みをブログに残しておいてくれたのよ。

「いもむし」に見える


> 頭は悪い、というかあんまり物事を深く考えない人だと思うわ。
> 親指と小指の付け根から手首までに線がぜんぜんないもの(笑)。
> 読書もしないしテレビも見ないんじゃないかしらね。
> 視覚情報をあんまり受けてない人のシワに見えるのよ。
> 寝たきりの人とか。

あのとき見た手相はちょっと前のものだし、今更手相どころじゃないわと思うからどう見えますかってコメントをいただいてもお返事さしあげてこなかったのね。
ほんとにヤバイわよ。
ドーピングの厳格化、ソチではマジでやってほしいわね。

そういえばIOCはドーピング撲滅のため1999年にIOCが中心となって各国政府やスポーツ関係団体と一緒にWADA(世界アンチ・ドーピング機関)を作りました。

尿(検体)のすり替え、検査が難しいヒト成長ホルモン(HGH)、血液ドーピングなど、IOCが警戒し、摘発している薬物・行為のリストは年々長くなるばかり。
2012年のロンドン五輪では通常時から世界で約72,000検体の検査を実施し五輪前に17人の選手が五輪から締め出されたそうです。それでも女子砲丸投げ金メダリストのベラルーシの選手がドーピング発覚(筋肉増強剤の使用)でメダルが剥奪されました。

しかしWADAは既に韓国人にのっとられています。要職に韓国人が就任したニュースが流れましたね。

おそろしいことに女子選手は「妊娠」もドーピングにつなげられるそうです。ホルモンバランスの変化をコントロールして一時的な体力増強になるとか。勿論、まともな妊娠期間を経て出産につなげられるはずもなく、人為的に堕胎するわけですが・・・。

キム・ヨナの画像はこちらにも山ほどあります
チーム・公正の俺たちのひとりが管理してくださっています。本当にありがとうござます。
オポジ観察所

日本人フィギュアスケーターが韓国旅行ですすめられた漢方薬を飲んでドーピングチェックで引っかかった事件もまだ記憶に新しいです。韓国人は日常で薬膳料理を食べますし・・・

識者の皆さん、キム・ヨナの劣化ぶりと試合のときだけ元気なようす、目つき、言動、そして謎の青髭、のど仏、頭髪と体毛の異常さ、体のバランスのなさなどなど、いかが思われますか?
バンクーバー当時の「髪の毛一本落とすな」という韓国側の異様なまでの細心の注意も、ドーピングの不正バレを恐れてのものか?と思えますね。


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのドーピング疑惑の歴史 | コメント(65) | トラックバック(0) | 2014/01/07 20:30
コメント
栄養失調状態?
石ころさんのブログに載っていた写真で、たくわん衣装のKYが両手で顔を覆っているものがあったのですが、その手が何だかカサカサですごく荒れていました。まるで水仕事で手荒れしたお母さんのような。
KY、自炊してる?もしそうではなかったら、あの荒れ様はちょっと異常があると思います。一時的な栄養失調状態というか・・・
それにしても、あのアバラボネ。よくあの体でスケートやってるなぁ。だから動きにキレがないのかしら。しかしあれだけ痩せてても脚の肉はついているよね・・・?
前に疲労骨折してるし、水をがぶ飲みしてるし、やっぱり・・・アレ?アレで無理やり体を動かしているのかしら?
脊柱が・・まずいですね・・・
他の部分が激ヤセに見えないので「全体がむくんでいる」のか
お〇〇りでこのような体つきになるのか私もお〇〇り使ったことないのでわかりません。(当たり前ですねん)

医療関係者の私から見ると「要介護4」位の物凄くまずいレベルですよ。
寝たきり寸前、認知障害レベル。

毛髪後退、ヒゲ・・・男性ホルモン系?
血管が浮き出た舌、異常なのどの渇き・・血液・血管レベルでもう病気。
血液検査したら血糖値、肝機能などの数値もかなり上がっているはず。

脳機能であ・・っと思ったのがは銀行場で
「私は神」みたいな異常な高揚感・全能感があったのに
1か月後の世界選手権でしおしおのパー状態。
「やば、この人メンタルの反復が激しすぎ、おっかしい・・・」
とピーンときたわ。

今回のナショナルもメンタル低下していたよね。
これからソチに向けてお〇り使ったら、一気にメンタルアップしてヤバいヤバい。
一生、お〇りなしでは、一定のメンタル保てなくなる。
メンタルの波が短期間で変わることほど危険なものはないから。
つまり「依存」が起きるってことよ。
お〇り依存がひどい人は数分単位で、「うつ(しおしお)」
「そう(私は神だかんねー)」の波が来る。

お薬をバカにしてはいけません。
体中が喜んだり、拒否反応起こしたり、もう限界です。

総合的に見てまるで末期の糖尿病みたい。
放っておくと、脳出血、心筋梗塞、失明なんでもおきる。
精神的にも・・口に出して言えない位まずい。

以前、韓国の学者が彼女を典型的な国家のあやつり人形みたい。
まずいって忠告してたでしょ。
あれは本当の心からの忠告だった・・・

ところで「募集」はもう締め切ったのでしょうか・・
クリックしても記事が出てこないんですが。

よろしくお願いします
私がふと思ったことをコメントさせていただいたことを、取り上げてくださって、ありがとうございます。

いろんなご意見をいただければ、幸いです。

glacier様がコメントくださった石ころさんのブログの両手で顔を覆ている手の写真 あれも異常に思います。あの年齢にして皮膚が乾燥していること、そして指の関節が目立つんですよね…歳をとってくれば関節(ふし)が目立つようになるというけど、23歳、若いですよね~

頭髪と体毛の異常さ…拒食症で現れる身体症状だったりします。
痩せる、体重のコントロールために下剤を乱用とか…

病人の踊り
お〇すりで体重落として、お〇すりで体を動かしているんでしょうかね。
あんな病人みたいな体では、普通なら氷の上で滑ること自体難しいのではないでしょうか。劣化したとはいえ、まがりなりにもジャンプもスピンもやってます。

お尻と太ももはそれなりに肉はついてるようですが(そんなにはみパン気になるのかなーと動画を見るたびに思います)、やっぱり上半身から痩せるから?
ソチでムキムキになってたら本当に不気味ですけど。
ドーピングには詳しくないんですが、お〇すりの反動はこないんですかね?
心臓とか大丈夫?



> 頭は悪い、というかあんまり物事を深く考えない人だと思うわ
> 読書もしないしテレビも見ないんじゃないかしらね。
> 視覚情報をあんまり受けてない人のシワに見えるのよ。
> 寝たきりの人とか。

だから巻きますをストーキングするしかないのかな…。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは。
あえて今回はこの名前でお願いします。

リハビリ関係の仕事をしていました。フィジカルよりは脳機能方面が専門でしたが、寝たきりの方の体等はよく拝見しました。栄養学も薄~くかじった事があります。

確かに彼女の背中はアスリートとは思えず、栄養失調状態のようです。
しかし、これだけでは異常は異常でも薬の副作用かどうかまでは判断は付きかねます。

薬の可能性を一旦排除して考えてみるに、ききょう様が仰ったような無茶な減量ではないでしょうか。
下半身には一応ジャンプを飛ぶだけの筋肉をつけている。そしてこの写真では肩甲骨から上腕へ筋肉で盛り上っていっているように見えます。

あくまで私の妄想ですが、彼女は減量に利尿剤を用いているのでは?上記に「手がカサカサ」と仰っておられる方が何人かいますし、背中が摂食障害の方(特に飲水すら困難で脱水状態)に似ているからです。
そして、練習ではジャンプ以外は基本していないのでは?
専門ではありませんが、フィギュアのための体をつくるには、まず付けたい筋力と反対側の筋力(てこでいう力点と作用点をイメージして下さい。)を同等に強化をし、つぎにストレッチ等でしなやかで柔らかな筋肉を作っていかなければならないと思います。足と肩にだけガッツリつくのは、練習内容が偏り過ぎなのでは、と思うのです。
他記事で、皆様仰っておられましたが、彼女はもぅフィジカルトレーナー(いるのかな?)やコーチの言うことは聞きはしないし、彼女の体や演技を思ってあげる人間もいないのではないでしょうか。
「私はオリンピックチャンピオン!あなた達とは各が違う」
「好きにさせとけ。黙っているだけで私はオリンピックチャンピオンのコーチという名声が手に入る」
と、いう風に。
無茶な減量と自己流のトレーニングであのような体になったのかなぁと私は妄想しました。

しかし、無茶な減量をしたとしても、このようなアンバランスな体型になるとは思えません。
いかに訓練が偏っていても、スケートをしていて、あそこまで背筋が落ちるとも思えません。

と、なるとやっぱり薬の副作用なのかな…?そういう人のリハビリはやったことがないのでわかりましぇん(涙)

あまり私の経験は役にたたなかなったかも。長文申し訳ございません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
土ピン●
以前、1-1-1の肩の骨が男性のようだ、と言ってた人がいました。

普通に考えて、やってるのでしょうね。哀れです。
拒食に近い状況になったことがあります
私は以前、痩せたい思いであぶないダイエットをしたことがあります。
利尿剤も使ったこともあります。食べなくてろくに運動もしていないので筋肉が落ち、あの写真のような背中をしていました。自分では気持ち悪い痩せ方をしているという自覚がなかったし鏡を見てもわかりませんでした。上半身が特に痩せ下半身は逆にむくみぎみでした。

食べなくてお腹がすいて辛いのは数日だけでそれを乗り切れば何日でも絶食出来そうなほど食欲を抑えることが出来ます。

あの太ももを見てかつての自分の急激に痩せた時の足を思い出していたのですが、あれはやはりそういうただの減量で締まった(ように見える)太ももなのですね。

大して役に立たないかもしれませんが経験者(お〇すりはないです!)としてコメントしました。
タロットカードの
主様 先日は全日本後の記事にたいへん失礼なことをコメントしてしまい、申し訳ありませんでした。
もっと時間をかけて熟考してからコメントするべきでした。
こちらでお詫びさせていただきます。

某さんの画像ですが、ぱっと見た瞬間タロットカードの死神(正位置)にそっくりですよね。
意味も破滅、終末、離散、死の予兆と恐ろしいことばかり。
まさかの予言ではないでしょうけど。(でもすごく不吉な感じがしました。)

それにしてもよくこんな体で3-3が回転不足ながらも跳べますよね。
過去の3-3と比べると勢いもなく沈み込みもひどい。
回転不足なく跳べる確率が減ってきたので体重を落として一応転倒だけは回避し続けているという状態でしょうか?
そして後ろに反るような体勢のエレメンツ(スピンやスパイラル)が出来なくなっている。
もしかしたら腰が結構悪いとか?
年を取ったとコメントしたのはあながち嘘ではなかったのかもしれませんね。
それでも五輪になると昨季の世選のようにあっという間に筋肉も持久力もつけて優勝・・・とかになっちゃうのかどうなのか?
でもいくらノーミスでもあの内容で金だと大きな墓穴を掘っちゃいそう。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
これも金妍児の宿命なのか
あの金妍児のガリガリの背中を見て、取り巻きの人間達は何も感じないのでしょうか?そこが一番恐ろしいです。嘘や不正を悪びれもなくこなす素質が彼女にあったとはいえ、今の金妍児は悪魔・低級な霊(?)に心も頭も乗っ取られたみたい。(彼女の舌を出す写真を見てリアルに気持ち悪くなったこともあります。)ラフマニノフ・鐘の重厚かつ力強い音を纏い、真央ちゃんはそれらに闘いを挑んでいたのだろうか。
銀行場のようにソチでも金妍児だけ選手村を離れ、ホテル住まいを許されているでしょう。もしロシアから特別待遇の許可が降りなければ、ドーピング検査員(?)を既に買収するなり、何か抜け道を予め用意してるはず。。
キムチがしょっちゅう舌を出す汚い仕草は、悪態を止められない、整形失敗したからではなく、薬に体が反応している症状(拒絶か禁断)なのかもしれません。
誰も救えない
皆さんおっしゃっているように、背中のガリガリとお尻太もものたぷたぷが余りにもかけ離れ過ぎです。普通人間は痩せる時、万遍なく痩せますよね。気味が悪いです。
それから、精神の異常性はまず目に現れますよね。
FSの時の白目を向いたおどろおどろしい表情は尋常なものとは思えません。
キス&クライでの妙にハイな三日月目の表情も。
顔を覆った手は20代前半の女性の手ではありませんね。
彼女は10代後半から国家の囲われ者。努力をしなくてもフィギュアスケートの女王にしたてあげられる道筋を作られてしまいました。
今、もう自分のしてることもハッキリ判断つかないんじゃないでしょうか。
自分のやるべきこと、とかやりたいこととか。
ヒラマサまでフィギュアスケートをやらされるのでは?というブログ記事も読みました。
このままのペースでいけばほんとうにヤバイことになりますね。
舌を出した怖い表情、あれマトモじゃないと思います。
誰ももう救えないところまで来てしまったんでしょうね。
裸の女王様は将来どうなるのでしょう。
真央ちゃんの横でビールマンスピンをした頃はマトモだったのでしょうね。
真央は全てがレベル上、とワイプで涙目になっていた頃に良いコーチが付いて精進していたら?
K国に生まれてなかったら?と考えてしまいます。
どんどんブキミ度が増してソチではどうなってしまうのでしょうか。
天使と悪魔
おはようございます。
このたくわんの背中が物語っているものってスゴイですね。
姐さんのたくわんの手相についての鑑定を見て、頭に浮かんだのがこの「天使と悪魔」という言葉でした。
天使はもちろん浅田真央。
15歳でシニアデビューしてからというもの天使みたいな存在。
そしてその反対がもちろんたくわんであり、この2人の対照的なことといったら、まるで天の配置というべきか、宿命というべきなのか凄いモノを感じてしまいました。
ソチで光が勝つか、闇が勝つかどうなるのか。
でも一度闇に手を染めたら抜けられないという悪い見本ですね。
このままではこのたくわんはどうなってしまうのか、親はこの姿を見てどう思っているのでしょうか。
娘が墜ちていく姿を見続ける事って耐えられないはずだと思うけど。
厳格なドーピング検査がおこなわれてほしいけど、それもすでに買収済みなんでしょうか。
もうプーチンが強引にやってくれないかな。
誰からも大切にされていない
私がキムチに同情してしまうのはこの点です。
好きにもなれないし、許すこともできないけど、同情はしてしまう。
キムチは韓国の国威上げのコマでしかない。御輿に乗せられた雑魚。
母親がまともだったら、逃げることもできたかもしれません。
だけど、母親が率先してキムチを道具として使っている。
シニアデビュー当時とは違い、もう大人なのだから、母親の手を借りずとも逃げようと思えば逃げられる。
しかし、その方法を考えることすら放棄している。

私には、今のキムチから「何が何でも浅田真央から再び金メダルを奪ってやる」という気概や野心を感じられません。
今のキムチから感じるのは、ひたすら「無気力」です。
何の気力もなく、何もかもあきらめたような顔をして滑っている。
私が彼女の演技を見ても何も記憶に残らないのは、そのせいかもしれません。
「演技」ではなく、「作業」をしているだけだもの。

練習嫌い、スケート嫌い、栄養失調であばらが浮いて、無気力。
それであれだけできるのは、ある意味すごいとは思います。
ですが、試合は「どれだけ練習せず無気力でも上手に見せかけられるか」を競うものではありません。
ソチでは、ありのままのキムチをありのままの点数で採点していただきたいと、心から思います。
心が痛みます
貴重なお話をありがとうございます。
同情で無くただ心が痛みます。彼女が浅田選手を異常に気にするのは本当は、彼女の人としてのさいごの心の欠片が、浅田選手の光を求めているんじゃないのかと、思ってしまいます。ソチで浅田選手と対峙することがラストチャンスなのですね。恐怖をこらえ浅田選手という鏡にうつる自分の姿を少しででも直視出来れば・・・でも出来ないかなあ・・・。まあ、罰は罰なので逃れようがないのでしょうが。彼女をここまでモンスター(餓鬼)にした輩(魑魅魍魎)にも罰が下られなければやりきれませんね。
コメント、ありがとうございます
コメントを寄せていただき、ありがとうございます。

あのSP衣装の記事ですが
キム・ヨナ、「たくあん色」衣装に込められたコンセプト=韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140108-00000058-scn-spo
デザインを担当した人は
>衣装については、元々シンプルなスタイルが好きなキム・ヨナが、今回は特にシンプルなスタイルを望んだことから、子どもっぽくならないように気を遣ったことを明かした。また全体的に品があり、身体を絞ったキム・ヨナが痩せて見えないようなデザインにしたと説明した。

デザインした人は、身体を絞ったキム・ヨナが痩せて見えないような…と思いを込めていたような
思いが込められた衣装なのに、「たくあん衣装」とかで不評で、なんか皮肉というか、裏目に出てるというか…
あの衣装は色は別にして、FSの背中ぱっくり衣装に比べると痩せこけていることを隠しているんですけどね…
本当の意味で味方になってくれる人が周りにいないのでしょうね…

真央ちゃんが2011年頃、痩せてしまったとき、お顔で痩せてるな…と心配しました。(2012年JOに出場したとき、お顔がふっくらしているのを見て、どれだけ安心したことか)
普通のダイエットを頑張ったとき、周りの人から1番先に言ってもらえるのは顔だと思うんです。顔がすっきりしたけど、ダイエットがんばった?とか… 
キムチの場合、顔の変化はどうなんでしょうか?背中が骨骨で、顔で痩せが気にならない…というのも、ある意味、おかしさの表れかも…と思います。化粧が濃いのは、皮膚の汚さを隠すためとかでは?
もう末期なのかもしれない
姐さま、皆さま、こんにちは。

このヨナの写真を最初にTitterで見た時は、あまりにひどくて言葉にできませんでした。
この人が命だけは何とか助かる方法があるとすれば、それはドーピング検査だけかもしれない事は皮肉ですよね。
同情したくはないけれど、哀れです。

その上でハガキ班の皆さまにお知恵を拝借したいのですが、この写真をプリントアウトして「彼女を殺す気か?」等の短文を添えてISUやIOC、メディアに送ることを、どう思いますか?
そうすれば、ソチでキムがドーピング検査の対象になるかもしれない。
メディアが取材して、事実を報道してくれるかもしれない。
でも逆にドーピングをずっと奥へと隠す方向に動いていくかもしれない。
こんな方法はチーム公平のメンバーとして卑怯かもしれない。

思いついたものの、実行するべきかどうか迷っています。
相手の手に乗るような行為だったらどうしよう、とか。
もしお時間ありましたら、ご意見をお願いします。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はやみさんへ
事実をありのままに伝えることが「卑怯」ですか?
できることはなんでもやるべきだとあたしは思いますが。

韓国の放送局の流した映像であることも書き添えるといいかもですね。
タクアンの心配もいいですが
さすがチーム公正のみなさん。本当に心優しい方たちが揃ってるんですね。タクアンや彼女の陣営の面々にみなさんの爪の垢を飲ませたいくらいです。でも、ソチまで一ヶ月。チーム公正のみなさんには他にもすることが山ほどあるのでは?
ドーピングの件もWADAとかいうアンチドーピングの組織に半島がちゃっかり食い込んでいるので、この線で押してもどうなんでしょう?
タクアンはかつて、夜はおからクッキー的なものしか口にしないとコメントしていましたが、何と言っても金ねだリスト。
食事からトレーニング方法からピーキング、そしてジャッジ対策まで「勝利の方程式」をご存知のチョー一流のアスリート様。
お顔も身体もソチにピークを合わせてるはずですし、万一調整に失敗しても、コソンフィ審判員と不快な仲間たちが八百採点とメガ加点でカバーするはず。同情も心配も無用、自業自得と思ってしまうのですが。
誰も彼女を真っ当に扱わない。
キンケンジはいらない様、ではどの線で押せばいいのか教えて下さいませんか。
私はどのような可能性であっても捨てる事は出来ません。時間がないからこそ。

「お顔も身体もソチにピークを合わせてるはずですし、万一調整に失敗しても、コソンフィ審判員と不快な仲間たちが八百採点とメガ加点でカバーするはず」だから何をやっても無駄ですか??
寧ろ「ドーピングの件もWADAとかいうアンチドーピングの組織に半島がちゃっかり食い込んでいる」のなら、尚更やらなくてはならないと思うのですが。

彼女の現状、あばらの浮いた背中を晒し虚ろに氷の上を漂う今の姿。
それが自業自得である事にこそ私は憐憫を感じずにいられません。

キムには来るソチ五輪で他の選手と同様に、公正なドーピング検査を受けさせなくてはいけません。
それが彼女を真っ当に扱うという事だと思います。
二宮清純氏
先日(1/6)、ツイッターで、TVで二宮氏が「ミスのない方が(金)」と言ったと呟いてしまいました。その後、お返事があり、そのコメは他の方で、二宮氏は「少しくらいのミスなら浅田選手の方が上」とコメントしてくださったそうです。真逆でした。メモを取りながら、ツイートしていたので、どなたが言ったか正直、画面を見てなかったゆえのミスでした。勿論、二宮氏にはお詫びのコメントを致しました。今後は慎重に…と思いつつ、なんだか嬉しくて顔がついつい緩んでしまいました。ここに俺たちの味方がいらっしゃった。二宮さん、本当のことを言ってくださって、有り難う!!!
書き込む場所が違うかもと思いつつ、一刻も早くと、皆様にご報告致しました。

WADA(世界アンチ・ドーピング機関)にもキムチ国人が入り込んでいるものの、
WADA自体はキムチに買収されているとは思えないので、
ドーピング検査について何らかの注意を促すのは無意味ではないですよね。
つたない英文ではありますが早速送ってみます。

WADAへの問い合わせ先です。

メールフォーム
http://www.wada-ama.org/en/Footer-Links/Contact/

●本部
World Anti-Doping Agency (WADA)
Stock Exchange Tower
800 Place Victoria (Suite 1700)
P.O. Box 120
Montreal (Quebec) H4Z 1B7
Canada

●アジア
〒115-0056 東京都北区西が丘3-15-1
国立スポーツ科学センター内
公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構
TEL: 03-5963-8030(代表)
FAX: 03-5963-8031

●アフリカ
World Anti-Doping Agency (WADA)
8th Floor
Protea Assurance Building
Greenmarket Square
Cape Town
8001
South Africa

●ヨーロッパ
World Anti-Doping Agency (WADA)
MSI Maison du Sport International
Avenue de Rhodanie 54
1007 Lausanne
Switzerland

●中南米
World Anti-Doping Agency (WADA)
World Trade Center Montevideo
Tower II
Unit 712 - 18th Floor
Calle Luis A de Herrera 1248
Montevideo
Uruguay
ソチにこれないかもしれないですよね??願望ですが。
姐さま、みなさま、こんにちわ。
ききょうさまの鋭い分析、ものすごい説得力あります。うなづきっぱなしです!どうもありがとうございます。すごくうれしくなりました! こいつの不幸は蜜の味です。
回りも、庇っているようで、びみょうーに無視しているようにも見えます。性格が悪いから、普通なら嫌われるでしょうし。回りも、仕方なく・・が多いでしょうね。どこかで裏切りとかないかな?

しかし本当に、気持ちの悪い背中ですねぇ。。ユニセフの親善大使?(悪魔大使?)やってるとかやってないとかだから、飢えに苦しむ子供たちと同じ境遇に自分を置いてみた・・とかいうと、投げ飛ばしたくなります。それに、化粧もどす黒く濃くなってません? アイラインなんて、5cmぐらい幅ありません?ファンデも、2cmぐらい厚みがありそう。メークは思い切り、シンデレラと白雪姫の継母二人分ですし。それに、全体に疲労感はあるなと思いました。

こんなんで、ソチにこれますかねぇ? 私は以前から、こいつはこれない!と信じてきましたが(願望が大きいですが) ソチではドーピングは出来ないでしょうから、それないと、1分と持たないかも。 途中で・・みたいなことに。 真央ちゃんの腰痛は練習しすぎ、こいつの劣化は違いますしね。あちこちの記事も、買収疑惑。ちょっと追い込まれた感がにじんでいるような気がします。もっと追い込まないと! 
WADAのお問い合わせ住所一覧
こんばんわ。
さなとりうむ様の一覧を画像にしました。
blog-imgs-59.fc2.com/f/o/r/forfair/wadaad.jpg

とりいそぎ。
好きの反対は無関心とはよく言ったもので、まさかキムの体調を思う日がくるとは自分でも驚いています…。

選手はもちろんファンもフィギュアスケート競技を愛してます。
そのフィギュアスケートによって廃人になる人間がいるなんて私は嫌です…。
全てはFairJudgementで済む話だと言うのに!

2013年4月の太田由希菜さんの記事で高校三年生の時期のキムのジャンプについて語られていたので、現在との比較の参考までにあげておきます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35441#
(以下抜粋)
・普通は跳ぶ前の助走であまりスピードを出し過ぎると体をコントロールできなくなるのでジャンプの前にスピードを落とす選手が多いんです。ところが、彼女の場合はむしろスピードに乗って、エッジを使って跳ぶので、ダイナミックなジャンプになるんです。
・おそらく相当、体幹が強いんだと思うんです。
・ジャンプする時の彼女は背中を真っ直ぐにして、その体の軸に手がシュッと寄ってくる感じ。軸がブレずに回転していくのがすごく上手いんです。他の選手の場合、結構力で持って行こうとするんです。そうすると、体の軸がねじれてしまったり、上体だけが先に回っちゃったりとかするんですけど。彼女の場合は、無理なく素直にエッジに乗って跳ぶので、スムーズに回転できるんです。
(抜粋ここまで)


ゴルスピのコメント時にキム自身エッジに乗れていなかったと言っていたこと、あの削げよう、姿勢の崩れから見ても、今では体幹も弱くなっているのかなと思います。
その状態でドーピングで無理やりスピードをつけてジャンプに入って、果たして体がブレずに持つものなんですか?
体のコンディションが大分変わってきていると思うんですが…。
いけるかもしれない
キムチはソチに来ると思う。体調&メンタルがどんなコンディションでも。
金メダルは無理でも浅田真央にだけは勝たせるつもりでセッティングすると思う。
韓国はそういう国。
何事もやり過ぎた挙句、破壊と混乱をもたらす気の狂った馬車馬。

さなとりうむ様、お問い合わせ先をありがとうございます。
さっそく利用させていただきます。

たくわんはネイルケアをしない女性?
彼女の体つき、やはり真っ当な感じはしないですね・・・

皆様が書かれたこと以外で私が「あれ?」と思ったのは手元。
既にご指摘のガサガサの手もそうなんですが、
マニキュアって・・・彼女いつも塗らないの? 
http://daragorocopanda.blog.fc2.com/blog-entry-840.html
(↑だらごろこぱんだのブログ様より参考画像をリンクさせていただきました)
23歳という年齢的にもそうですが、常に見られているフィギュアスケート選手としても?
(ちなみに真央ちゃんはSPのときネイルは色味がないようですが、
FPのときはボルドーっぽいネイルに変えているようです)

ガサガサな手にネイルしても映えない、むしろ逆効果とも考えられますが、
普通ネイルケアのときに手への保湿やマッサージも一緒にケアを受けられますから、
もう少しましな手元になると思うんですよね。
皮膚が弱いのかもしれないけれど、大会のときだけ塗るというのも可能ですし、
あれだけ美醜にウルサイ韓国ならばネイリストもそれなりの数がいそうな感じもするのですが。

あるいは、もしかしてネイルケアでじっとしていられない程メンタルの浮き沈みがあるのか・・・
取りとめないですがSP衣装への無頓着さといい、顔のお化粧と裸んぼの手元のギャップが
気になりました・・・
ネイル
stupsiさま
ドイツ語”微”能力保持者として真の能力者さま尊敬してます〜!

というのはさておき、
銀行場の時は黒いネイルとか塗ってませんでしたっけ?
いまはそれだけの余裕がないのかなと思います。気持ち的にというか…。

真央ちゃんが毎回FPで綺麗に赤く塗っていますが、
あれ多分自分でやってますよね。
濃い色を綺麗に塗って乾くまで待つって、気持ちの余裕がないとできないと思うのです。
そして、タラソワについていたころに、爪を塗るのを勧められて赤くしていたような記憶があるので、
あの頃の気持ちを思い出すアイテムなのかなと思ってみています。


まあそれはそれとして、

人の生命を軽く扱うのは非常に不快ですし、
選手たちがそれぞれの思いを込めて戦う場で、万が一にも”事故”が起きたら、
それこそ縁起でもないというか、みんなが動揺すると思うんですよ。
それが心配。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
聞きかじりながら
ドー〇ングは短期で驚異的に筋肉を作ると読んだのです。
練習不足な体に短期で鍛えられた状態に持っていく、精神の集中と安定もく〇〇で。

今回体重を軽くして足に負担がかからないようにしているのでしょうか?
筋肉は作れても、間接や骨は歳と共に弱くなって体重を減らさざる得ないのかもしれない。

ソチの生体パスポート導入で、今後最低8年は定期的に血液検査が行われるようです。
そこで血液の成分が大会時と著しく変化した時ドー〇〇〇がわかるとか。(ごめんなさい、詳しくなくて)
従来の検査ですり抜けられるものも(赤血球を増やすものとか)、この生体パスポート導入でク〇〇を止めた後との差で発覚するらしい。しかも8年保存をもっと延長することを検討しているらしいです。

普通なら今でも滑りから、練習に明け暮れている素晴らしい選手との差が明確で、それが点に反映されて然るべきなのに、なぜか過去最高得点。全うな人なら、呆れてしまいますね。

この方たちの気質に「図々しい、アバウト、当たって砕けろ」は生まれ持ったものなので、それはク〇〇の影響ではないと思います。
自称「朝日新聞出版」氏へ
ちょっとうかがいますが、実在する企業の名を名乗ってコメントするのは問題ないんですか?
あなたのIPと一緒にコメントをここに報告しても構わないですかね。

朝日新聞出版 お問い合わせ
http://publications.asahi.com/company/contact/
ハンドルネーム「朝日新聞出版」様へ
何故キムヨナ選手の事を、韓国の事を取り上げているのか、よくお調べ下さい。そして、よく考えてみて下さい。
表面的な事だけを見て「ヘイトスピーチ・中傷」だと断定するのはいかがなものでしょうか。

浅田選手の件は1例にすぎません。
また、ここは浅田選手のファンサイトではありません。

フィギュアスケートという競技全体の事を、ファンの立場から考えているのです。
その未来を。さらなる発展を。

心配されるお気持ちも分かりますが、その気持ちを他の方向に変えてみてはいかがでしょう。


ツイッター上でも同様な意見を目にして「なんて短慮な…」とため息が出ます。


姐さまがもうお返事をされているのに、差し出がましい事を言い、すみません…。
確かに余裕は必要ですね・・・
シルフさま

はじめまして~シルフさまもドイツ語に通じていらっしゃるのですね~♪
私は年のせいか・・・長文に対する拒否が日々強くなってます~だめだあ~(><;)

>銀行場の時は黒いネイルとか塗ってませんでしたっけ?
>いまはそれだけの余裕がないのかなと思います。気持ち的にというか…。

たくわんの爪・・・気になって、あちこちブログ巡りしちゃいましたが、
銀行場~2011ワールド~同年5月のキス&クライ(TV番組)まで?ネイルしてるの・・・
昨年カナダ 今年のワールドも手はすっぴんだったみたい・・・

確かに濃い色を爪に塗るときって、「それだけ」で1時間くらいフリーにしておかないと
うっかり綺麗に塗れた面を削ったりして、悔しい思いしたりしますものね。
その「ネイル」のためだけの時間を作るためにも、不摂生はNGだし。
(真央ちゃんの黒仮面のときの画像で赤ネイルも発見しました♪
横道になりますがタラソワ先生はいつもキレイ色の口紅をつけて、会場入りしてますよね♪)

たくわんの爪はやっぱり気持ちの余裕を反映しているのかしら・・・
オフシーズンのインタビューからも本当にLebensfreudeが全く伝わらないのは・・・ね・・・
いくら、かの国はスポーツナショナリズムに重点が置かれているにしても
健康状態の配慮を誰もできないというのは、たくわん云々とは別にして気の毒ですね。
Keine Lust mehr auf alles?
stupsiさま
わたしはドイツ3ヶ月×2回+ちょこっとぐらいしか行ったことがなくて、
あとは職場でドイツ語を使う人に囲まれることが多いぐらいなので、
聴けばわかる〜ちょと読める〜(←プルのじゃないですw)程度なのです。
(音楽家なので)

ヤツは今シーズン全身から「やる気まったくなし」な感じを放出していて、
見るとちょっと気分が悪くなります…。
以前の方が負のものにしろパワーありましたよね
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なん様、皆様
なん様 
貴重な経験のことをコメントしていただいて、ありがとうございます。
あぶないと感じられてダイエットをやめられたこと、本当に良かったと思います。
私もあの背中で拒食のことを思いました。
辛い時のことをうかがって申し訳ありませんが、「吐きだこ」のこととか、わかられますか?
23歳と若い女性の手背にしては、やけに関節やぼこぼこが目立つといいますか…
http://yui.oopsup.com/browse.php/yao1a1t1lo/20140104185806249.jpg(オポジ観察所さんからお借りしました)
この手、吐きだことか関係していないよな…と思ってみたり
わかられましたら、教えていただけないでしょうか。すいません。

皆様
ドーピング機関へのことまで話を発展させてくださって、ありがとうございます。

ここからはふと思った疑問なんですが
食事を極端に減らしての減量は、体は健常時より体温を低くしたり、血圧を低くすることなどでも、少しでもエネルギーを消費しないようにするそうです。ある意味、体を動かさないことも体にとっては、自分を守る手段だったりします(エネルギーを消費しないから)。

でもキムチの場合、トレーニングをしないといけない…体を動かすから、やっぱりお腹が減りますよね。お腹がすいているのに食べない、食べることを我慢するは、大きなストレスにならないでしょうか…
体を動かしてお腹がすいているのに、食べることを我慢できることって、よほど精神修行をつまないとできなくないでしょうか…このストレスを対処できる何かがあるのかしら(食欲を抑えるや気を紛らわせるお〇〇り)?
それとも食べたい欲求にこたえて、一旦は食べるけど、強制的上下に出するとか(下ならお〇〇りの力を借りて)?

世界のトップで戦っている凄い人だから、私のような凡人と違って、食欲も簡単にコントロールできるんでしょうけど…

ダイエット
このコメントに関してHNは名無しとさせていただきます。

20才の頃、恋をして無性に痩せたい願望になりました。
といっても俗に恋をすると頭の中がいつも相手への思いで胸きゅんとなり、食欲も落ちてきますが
そのころ、身長162cm54kgの体重が半年ぐらいで40kgまで落ちました。
周りの友人知人は、「きれいになって、恋をしてるの?」という人もいましたが
家族は「病気じゃないのか?」と心配されました。
前置きが長くなりましたが
14kg体重が減ると生理が不順になり、血圧は低く、精神的に不安定になり、偏頭痛に悩まされ
健康な状態ではなかったです、 お腹はすかなかったというより食べることが苦痛になっていきました。
ただ、モデル並のプロポーションでおしゃれはじゅうぶん楽しめました。
しかし、急激に体重を落とすと落とし穴がありますね。
一日、身体がだるくて寝ていたかった。。身体は正直でした。

健康な身体を維持するためには食事,睡眠、活動(運動)は必須ですね。

ましてやアスリートは、急激なダイエットは心身ともに影響が出ると思います。

たくわんのマニキュア画像
「あざらし」さんが教えてくださった韓国の記事に黒いネイルのたくわんの
かなり破壊力の高い画像がありました。

ロマンソンの商標権を侵害したという裁判所判例をのせた韓国の記事
http://sports.donga.com/3/all/20100425/27848324/1

黒ネイルととんでもねえ衣装のたくわん画像
http://dimg.donga.com/wps/SPORTS/IMAGE/2010/04/25/27848452.1.jpg

いろいろ絶句するばかりです

「あざらし」さんのコメントはこちらで記事にしています。
http://figureskateandsoon.blog.fc2.com/blog-entry-563.html
ハガキの件です
昼以降に書き込みできなくてすいません。

姐さま、背中を押してくれてありがとうございます。
私、あの肋骨写真に中てられて、ちょっと弱っていたんだと思います。もう時間があまり残ってないんだから、打てる手があるのなら実行しなきゃでした。

さなとりうむ様もやまだん様も、すぐにWADAの住所とメアドをアップしていただいてありがとうございました。ぜひ活用させていただきます。

仕事から帰ってから取り急ぎ作業をしていました。普通のハガキに印刷すると、わかりにくいというほどではありませんが色味が沈んでしまうので、やはり写真ハガキ用紙に印刷したほうがアピール度は高くなりますね。
もうひとふんばり、頑張りま~す☆
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
削除しました。
すみません。某社名を名前の欄に書いてコメントしたものですが、これについては特に深い意味は無いため、コメント自体を削除させていただきました。
Re: 削除しました。
> すみません。某社名を名前の欄に書いてコメントしたものですが、これについては特に深い意味は無いため、コメント自体を削除させていただきました。

画像のスクショは残っているわよ。でもあなたが取り消すのならあたしも某社に通告しないわ。

お手数だけど別の名前で同じコメントを投稿しなおしていただける?
Re: ハガキの件です(はやみさんへ)
おつかれさま~!

たぶんこの気の毒なさまを見ても「ふーん」で終わらせる人よりは、はやみさんのほうが温かい気持ちを持っているのよ。
かつてはスケーターだった人だもんね。しかもまだ23歳(韓国では数え年表記なのでプラス1加算して24歳と表記)。人生これからの若々しさも華やぎもなく、ただただ枯れて老いていくだけ。

「ふーん」ですませていいことではないと思うわ。
右足が・・・
http://yui.oopsup.com/browse.php/yao1a1t1lo/20140104185806249.jpg
 (ききょうさま、コメント内のURLコピペさせていただきました)

手ばかり見てましたが


右足がえらく太くないですか?これ

ひざ上、テーピングかなんかしてるのかな?

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ぐーぐーさん
それが一番正しいことだと思うわ。

公開コメントでつけなおしていただけないかしら?

でも、その結果本人および家族並びにけっこう大勢が死ぬと思うわ。思うけどそれも推測でしかないものね。
むしろソチにいる間にすべてを告白してしまえば・・・とも思うわね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ぐーぐーさんへ
あらあらあら

どうしたことかしら!偶然パスワードが同じだったのかしらね?
コメント欄のパスワードはあたしにもわからないのよ。

こちらで公開コメントにつけなおしますか?

死人が出るなんてのは妄想だから気にしないでください。すみません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
もしかして…?
毎日こちらのブログで皆様から勇気を頂いております。 たとえKYといえ、背中のひどい有様に日本の女性は心を傷めてしまいますね。氷の上で立っているだけでも大変な気もします。でも、他のブロガー様のところに昨年の世選レミゼラブル衣裳の背中の画像がありました。今と同じような有様にふと疑問を持ちました。それでもパーフェクトに滑り切ったのです。
昨年の様子に気が付かなかったので、今回の画像に見ているこちらの心が痛いのですが、
もしかして…今の様子に安心してはいけないのでは?
KYにとっては全てプログラム通りに進んでいるのかも…と少し不安にもなります。
それでも、まだ20代前半の女性なのですから、心身共に傷をつける地獄のような毎日は異常です。
決して許せないKYですが、皆様の優しい想いが届くと良いなと思います。
日本人は清廉潔白、正々堂々と闘う精神性の高い民族ですね。今朝、セリエAでの会見で本田選手が『日本の男は諦めない』というコメントを聴いてさらに強く思いました。
どの選手にもオリンピックの神々の前で恥じないよう、全力を出し切れるようひたすら祈っております。

そしてそして大和撫子真央は黄金の光につつまれることでしょう!!!
もしかして...?私も
KYの事心配している方いらっしゃるようですが...
私も
昨年の背中の画像見て、これはオリンピック迄の過程に過ぎないと思ってしまいました。
韓国サイドしは、その道のプロが何人もついて、ちゃんと管理しているはずです。ボロを出すような国ではありません。全てが予定通りなのでは?..
KYは、真央選手をさんざん目の敵にして、自分は甘い密だけを吸ってきました。 同情等しなくても...
今は真央選手がソチで、台の真ん中で微笑んでいる事だけを、願い祈っております。
自分で出来る事はこつこつやっています。
訂正
韓国サイドしは、
韓国サイドには、 に訂正してください。
〉ききょう様
舞踊経験者で、恥ずかしながら摂食障害経験者です。
吐きダコにも様々な種類があります。
典型的なのは、利き手の中指付け根付近にできる、擦り傷を悪化させたようなタコ。初期の人に多いです。
他にも、歯があたる部分だけ皮膚が黒ずんで硬く、厚くなっているもの、カサブタみたいになっているものなど様々。
常習者は吐きダコを作らないことも多いです。手ではなく薬や道具を使う人もいます。
個人的な意見としては、吐いてはいないが極端な油分の不足状態+飢餓状態、または、吐いていても手は使っていないし、やり始めたのは最近、ってとこでしょうか。
あの手は、吐きダコというよりも胃酸で荒れたというよりも、油を全くとらない時の手に見えます。
お目汚し失礼致しました。
ふぉーがっと。様
教えていただいて、ありがとうございます。助かりました。

あの背中具合に、かさかさの手は栄養が足りないですねよ…
油もの体には必要不可欠なものなのに…

大会の時の手はかさかさで手だけ見ると高齢の方のような手なんですが、大統領から励ましを受けたときのものはかさかさが目立たない普通ぽい手(関節(ふし)は目立つな~と思いつつ)だったんですよね…
恐らく湿度と気温が関係していると思います。
油分を全く取らなくなると、まずは指のシワというシワがカサつき、続いて粉ふいてきたりします。
夏場は気温が高い分、血の巡りが多少まともで、単にほっそいだけの手になりますが、冬場は一変、カサカサなうえに血流が悪いので、しおしおの枯れ枝みたいになるんです。
リンクと別の屋内の温度差でも、だいぶ変わると思いますよ。
ついでにあれだけヨロヨロであのスキルなら、練習中はしょっちゅうぶつかったり転倒したりしているでしょうから、手についているアザみたいなものはそんなところではないかと。
あの背中は、食べずに有酸素運動ばかりやったりしたときのそれによく似ています。
こういうとき一番恐ろしいのは、本人は身体が軽くなって、更に脳味噌が自分を守ろうとして無駄にテンションが高くなることで、自分のパフォーマンスが向上していると錯覚することです。
大抵は自信満々にパフォーマンスし、失敗もしなかったのに選抜メンバーに入れなかったという現実を通して客観的になったり、計測競技であればタイムががた落ちしたり、指導者に指摘を受けたりすることで遅かれ早かれ自覚しますが、彼女の場合それが見込めません。
自分自身で気づけるほど強い人もいますが、それはほんの一握り。
ヨナさんの性格を知る限りでは拒食症で死ぬことはないでしょうが、吐き薬や利尿剤、下剤は一般人で手に入るレベルでも多用は危険。韓国には、彼女を愛している人はいないのか。。。と思ってしまいますね。

ふぉーがっと。様 
教えてくださって、ありがとうございます。

昨シーズンも背中ぱっりく衣装を着て、あのげっそり背中が見えている写真をアップしてくださってるブログさんがありました。
普通といってはおかしいですが、自分の体で欠点じゃないかと思うところは、隠したい…と思う気持ちがあって、隠そうとすると思うのですが、昨年、今年と骨骨の背中がぱっくり見える衣装を着ていることを思うと、皆さんがえげつない背中と思うほど、彼女は思ってないんじゃないと思うんです。自分では背中ぱっくり衣装は着たくはないけど、自分に選択権がないなら別ですけど…

拒食になってしまわれた方はすごく痩せてしまわれた体をみて、大丈夫?と思うのが普通の感覚なのですが、ご本人はおかしさなんて感じなくて、この強い思い込みを変える、普通の感覚に戻すことが大変だったりします。また食事をとることを悪と考えてしまっている場合もあって、食事、栄養をとることの大切さを理解してもらうことも簡単なことじゃなかったりします。
そして栄養を取るとしても、栄養が枯渇した状態で何とかバランスを保って必死に維持している体にいきなり栄養を入れていまうと、体内のバランスが一気に崩れてしまうことの弊害が生じることがあります。慎重に戻していかないと、本当に危ない(命にもかかわるときも)状態になることもあります。

写真の体では、低栄養の飢餓状態だろうと思います。
本人の意識がどうか、周り(特にお母様でしょうか)がしっかり心身ともにサポートしてもらえるかによっては、普通の体(適度な筋肉、皮下脂肪のついた)を取り戻す方が、スケートのトレーニングより厳しい、大変なことじゃないかと思います。スケートのことならキムチのみのルール適応とか周りの人が手出しできて、抜け道を作ってもらえるでしょうけども、自分の心と体に向き合うことは他の誰かに変わってやれないことだから…

韓国には、彼女を愛している人はいないのか…私もそう思ってしまいます。
国の威信を保つことしかない…自業自得と言ってしまえば、そうなのですが…
韓国ナショナルの仕上がりを見て今後を決めるんでしょうね。
ドーピングせずに済むならばそれに越したことはないのでしょうが、試合動画を削除したり、フリップのエッジを隠したカメラワークから見ても、韓国サイドとしても後ろ暗いところだと思います。

ただ韓国は一度良いとされたものをそのまま盲信するようなところがあるので。
上手く機能すれば去年のような結果になるのでしょうが、そうならなかった時は全てが崩れた演技になるような気がしています。

いくらジャッジに優遇されてもジャンプがまるで跳べてなければ優勝点は出せませんし、彼女は見た目のミスをとにかく少なくしなければならない立場です。

ノーミスならドーピング検査しろという声は日本人からの誹謗中傷として隠滅しそうですが、ミスがあれば日本人から何かされたのでは、検査しろという声が韓国内からあがりそうです。
事が明るみになった時、WADAの要職にある立場をもって韓国としてはドーピング対策にクリーンであるとし、不調に焦った彼女の単独の裏切り行為として全てを押し付けるのではないでしょうか。
国家が今まで彼女にかけた予算を公開でもすれば彼女に対するバッシングは避けられないでしょうし、後から何を訴えても無駄だろうと思います。

韓国は罪から隠れて、いずれまた新たな器を見つけ、同じように金儲けや日本攻撃を繰り返す…。
なんの発展もありません。

彼女自身に訴えてはどうかという意見、支持します。
未来の為にもどうか気づいてもらいたい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
背中の画像
ameblo.jp/mao-mai-yuji/entry-11745879616.html
こちらのブログに、背中写真まとめがありました。
これは、酷い。酷いというよりむごい。

最後のキスクラで、左右から抱きかかえられています。
何をやっているんだ。まわりの大人達は。


今日のサンスポさん。
【甘口辛口】キム・ヨナのやせすぎ写真に驚愕…身削る選手の最高の演技に注目

http://www.sanspo.com/etc/news/20140219/amk14021905000000-n1.html

 先日、医療関係者という女性の読者からこんなお手紙をもらった。「この背中を見て何を感じられますか?」と、先月のフィギュアスケート韓国選手権で背中が大きく開いたコスチュームをつけた金妍児(キム・ヨナ)の画像が添えられていた。肩甲骨と脇腹から背中にかけての肋骨が浮き出た衝撃的な画像だった。

 手紙にはこう書かれていた。「鍛えあげられたアスリートの美しい背中でしょうか? 拒食症によく見られる筋肉と皮下脂肪が落ちてしまった栄養失調、るい痩(そう)の人の背中に思えました。摂取と消費のエネルギーのバランスがきちんととれた状態なら、このような背中になることはありません」

 金妍児は右足のけがを理由に今季はGPシリーズを欠場し、B級の国際大会に1試合出ただけでいきなり同選手権で自らの世界最高に迫る高得点をマークして健在ぶりを誇示した。五輪連覇を目指して相当自分を追い込んできたのは当然としても、ここまでとは驚くばかりだ。

 「冬季五輪の華」女子フィギュアはいよいよ、きょう深夜SPで幕が開く。百花繚乱とはいえ、その裏にはほんの少しの体重増、体形の変化が影響する過酷さもある。集大成の五輪となる28歳の鈴木明子も、大学生のころ摂食障害にかかり体重が1カ月で10キロ減少し32キロまで落ち込んだ。一途に競技に向き合えば向き合うほど陥りやすい危険なワナでもある。

 浅田真央はじめリプニツカヤ(ロシア)、コストナー(イタリア)、ワグナー(米国)、そして金妍児…。優勝候補とみられる選手はみな、ギリギリまで自分を追い込んできたのだろう。だれが勝っても、悔いのない演技をと願うばかりだ。 (今村忠)

(紙面から)

***********************************************

この読者の女性の方はききょう様なのではないかと思いコメント致しました。
(ききょう様ではなかったらサンスポさんにお手紙を送られたご本人様にもききょう様にもご迷惑かもしれないので、非公開にしておきます。)

意図が伝わっていない??と感じる結びになっていますが、こうして読者のキム・ヨナに対する疑問をとりあげる社が出てきました。
先日のゲンダイさんの日本スケート連盟の「蓄財」も東スポさんの記事も、姐さんのブログや2ちゃんねるを見ているとしか思えないんですよね。
(連盟の「蓄財」は半年ほど前、奥様スレに書き込まれていたのを覚えています。)

この記事を読んで、こうして人の動く両手、労力が他の人の心に種火をつけていくんだなと思いました。
放火は人の心にだけ!!ですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示