佐藤久美子コーチが語る「教え子たちに望むこと」

※この記事の初出は2013/10/25です。

姐さん明日明後日と名古屋でチーム公正オフ会なの。
記事の更新はできないかも。
だからこの神々しいばかりに美しい浅田の画像をブログのトップにおいておくわ。




どうしたら「完全に」世界のライバルたちに水をあけられるかを考えたら、うわべだけ作っていてもダメです。

エッジワークでもステップでも、たとえばとんでもなく速く動くとか、基本的なことを驚きの域までもっていかないと。

たとえば伊藤みどりちゃんのジャンプには驚きっていう感動があった。あのスピードで走ってきて、あの高さで跳ぶから、すごかったんです。それはもう、うわべとかきれいごととかじゃなかった。

「表現してるって見せたいわ」では、まだちょっと違うんです。それでは、何か特別なことをやらないと、表現したように見えない。これがほんとうに驚きの域まで磨いていくと、ただ立っただけでも、ひとつの美しさにはまる、そんなところまで達するはずなんです。

何の飾りも装飾もない、ただ真黒な服を着ていても、その服のカットやラインがきれいだと、シンプルでもすごく素敵じゃないですか。

私たちの教える選手たちには、後ろから見て「きれいだね」って言われるようになってほしいと思っています。前だけとか表面だけではなく、後姿がきれいな人って素敵です。それにスケートって、後ろ向きで滑ることが多いでしょう。

『君なら翔べる! 世界を魅了するトップスケーターたちの素顔』 佐藤信夫・佐藤久美子 双葉社より









後姿



私たちの教える選手たちには、
後ろから見て「きれいだね」って
言われるようになってほしいと思っています。

          ――佐藤久美子




人気ブログランキングへ
関連記事
浅田真央 | コメント(24) | トラックバック(0) | 2014/05/24 01:53
コメント
違和感
こんにちは、初めてコメント致します。

浅田真央さんの演技に魅了され、一日一真央といわんばかりに動画を見ています。

彼女のウォームアップの滑りからして美しいところに、やはり本物は違うなぁと
ただただ感動し、ここまで体にしみこませるためにどれほどの努力と時間と根性と
その他諸々を注ぎ込んで作り上げてきているかと、本当に尊敬するばかりです。


キムさんの演技について、違和感を感じています。
そしてこの違和感は、どこかで似たものを感じたことがあるとも思っていました。

この、久美子コーチの言葉を読んで
この違和感をどこで感じたものかわかりました。
まさに久美子コーチが仰る、「うわべ」「表現しているとみせたい」ことによるものだと。

私はバレエを習ったことも、フィギュアスケートを習ったともありませんので
本物の動きがどういうもので、素人とはどう違うのかは
雰囲気ではなんとなくわかるものの、具体的に説明はできません。

ただ、吹奏楽で楽器を吹いていたことがあります。13年ほど。

そうすると、ドラマや映画などで俳優さんが楽器を演奏するシーンで
本当に経験のある役者さんでしたら、指の運びだとか、口の形、楽器を持つ姿勢など
表現しているなと感じますが
経験のない役者さんですと、ぎこちなさや、この音階ならばこの指の運びはしない、とか
音はもちろんプロのものでしょうから、この口の形や姿勢からはとうてい出ない音なので
とても違和感を感じて興ざめしてしまう時があります。

その違和感に似ているなと、この久美子コーチの言葉を読んで、腑に落ちました。

本当に演奏している、または演奏法を学んだ演技と、
それっぽく見えるように(ドラマなどでは準備時間の都合でそうせざるを得ないこともあると思います)
形を真似した演技とでは、やはり伝わり方は違うんです。

ソチオリンピックでは、本物を追及してきた選手たちに
正当な評価があることを切に願います。


余談ですが、女子選手のスパイラルが大好きなんですが、
スパイラルを正面から撮った写真で
美しいポジションの選手は、フリーレッグと軸足それぞれが同じ長さ
もしくはフリーレッグの方が長く見えるのに対し
キムさんのそれは、フリーレッグが軸足に比べ異常に短く見えますね。
美しいポジションはいかに足が高くまっすぐ上がっているかというのがよくわかりますね。


長々と失礼いたしました。
技術あっての表現
私は少しクラシックバレエを習っていた程度ですが、観るのは大好きです。

クラシックバレエはフィギュアスケートに似ているところもたくさんあり(もちろん違うところもたくさんだけど)、その中でも私が感じているのは、「テクニックを磨いてこその表現力」ということです。

小手先だけの、柔らかそうに見える芯のない動きや顔の表情だけでは舞踊としては何も伝わるものはなく、仮に無表情でも体を正しいポジションで意思通りに動かす方が美しく見えます。

イギリスで活躍していたバレリーナの吉田都さんは、ちょっとした動作でも、毎回その人の体が表現できるいちばん的確な角度で手や足を上げるとか言ってました。

ほんとに何気なく見えるふわっとしたマイムでも、です。

だから人から見えても見えなくても、バレリーナは毎日同じバーレッスンをして、体が正しく動くようにしているし、フィギュアスケーターはスケーティングスキルを磨くために、基礎練習をするんですよね。

なんとなくフィギュアを見ている人には、またはわかったようなつもりで見ている人は、「キムヨナは妖艶」だとか「バレエのように優雅」だとか言いますが、キムヨナのコーチと韓国のジャッジ以外、フィギュアの本当の魅力が分かっている人には、彼女に何が足りないか本当はわかっているはずですよね。

最初のコンビネーションジャンプと、ポイントポイントの決めポーズさえやっておけば、後は転ばないことが大事、みたいなスケートは、バレエで言ったら巷のお教室の発表会レベルの話です。

やはり究極の美しさは、虚飾がなくてもその立ち姿だけでご飯10杯いけるってことですね。

久美子先生が求めるスケーターに、真央ちゃんはきっと近づけていますよね。
背中で語る
こんにちは。私は浅田選手のことは好きで、また(私よりはるかに年下ですが)尊敬しています。
背中が美しくあれ、とは素晴らしい言葉ですね。今季の浅田選手のプログラム、冒頭で浅田選手がくるん、と背中を見せるところがありますが、いつも私はあそこでじーんと感動します。まさに背中がなにかを語っている感じですね。
あと、今までもずっとそうでしたが特に今年、振りと振りの切れ目でも全く流れが切れない。意識が曲の始めから終わりまでずっと一本でつながって途切れていないのですね。だから、浅田選手のプログラムには一貫性があり、ストーリー性がある。
私たち音楽家は一曲の間、ずっと意識をつなげることを意識しますが、スケート選手でこれができる人は本当に少ないように見えます(多分採点にそんなにひびかないのでしょうか?また、そこまでわからない審査員もいるかもしれませんねw)。
そういった意味で、浅田選手はアスリートであると同時に本物のダンサーなのだと思います。
冗談抜きで、浅田選手は日本の宝です。我々ファンは、まずはソチ、また世選まで浅田選手を全力で守りぬきましょう!
その後は…浅田選手が本当に引退してもプロとなった彼女を、また万が一「もうちょっとがんばってみようかな…」って、現役を続ける決意を決めた場合も、私は変わらず応援します。きっと、私と同じ思いの方も多いと思います。
本物の芸術家は、守られなければなりません。それが浅田選手のような天才ならば、尚更です。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なんでしょう…
この写真を見たとたん涙が出ました。本当に美しいですね…
そして、この細くしなやかな背中でどれだけのことを背負ってきたかを考えます…
強くて優しくて美しい…
真央ちゃんの生き方そのものを語る後ろ姿だと思いました。

素敵な写真、ありがとうございました…
No title
「立ち姿だけでご飯10杯」って、素晴らしい表現!
本当にその通り!
きらびやかな衣装なんていらない。
派手な化粧もいらない。
ただその姿が美しければ。
浅田選手は、もちろん天才さぁ!
先ほど「天才」とかなんとか、我ながらえらそーに書いてしまいましたが(笑)、
私が考える天才とは、素質のことだけではありません。
素質はもちろんですが、自らの素質に慢心するようじゃ、ダメなのです。
素質に恵まれるということは、それだけ高みに登る可能性があるということ。ただし、気の遠くなるような努力の果てに。
素質を神様からのギフトだと素直に受け止めて、それゆえに血を吐くような努力をし、
そして初めて周りの、ファンの、世界の喜びとなれた人、それが浅田選手です。
たとえ素質があっても慢心し、暗黒面に落ちてしまい、
お金だけが友達になってしまう者は、もはやおぞましいとしか言いようがない。
哀れなK…ソチまでに回心することは、もはや不可能でしょう。
彼女はわかっているんだろうか、競技生活を終えた後に行き着く先は、
1人きりの、周りに誰もいない、寂しい世界だということを?

…まあ、同情はしませんがね。我々の浅田選手を散々いじめてくれたんだから。
腐って行く様を、生温かく見守りますわwww
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
神様へ捧げるもの
未経験、知識が浅く広いだけが自慢の雑食観戦者です。
ソチを楽しみにしています。

浅田真央ちゃんの美しさには息をするのも忘れてしまいます。
バンクーバーの鐘の演技は今も心に残っています。

思えば日本人は、美しいものと真剣勝負を最も尊いと考えていたと思います。
舞と相撲は神様 へのささげものでした。
浅田真央ちゃんの演技にはその両方が兼ね備わっています。

日本人として、日本を代表してソチに挑む、浅田真央ちゃんを応援しています。
おもわず
真央ちゃんの後ろ姿が目に飛び込んできた!

おもわずきれいだね~とつぶやいた

スクロールをするとその下に佐藤久美子コーチの言葉が……

声をあげて笑ってしまった♪

誰でもそう思うだろう、とっても簡単なこと。

美しいものは美しい!
オードリー・ヘップバーン
手相見姐さん、今晩は。
この立ち姿、練習着着ているのに美しいと思ってしまいます。体の軸がしっかりしている証拠ですね。
この画像、誰かに似ているなぁと思ったら、昔、ある女性雑誌に載っていたオードリー・ヘップバーンのことを思い出しました。
それは若いころのではなく、60代のヘップバーンの写真でしたが美しいこと・・・。
黒いロングドレスを着て、光が差し込む窓際に立って、誰かに呼ばれて「なあに?」とにっこり微笑んでこちらを振り向いたポーズでした。
確かヘップバーンもバレエを習っていましたよね。
多分真央ちゃんも歳をとっても、ヘップバーンのように美しさを保つでしょうね。
No title
ランセムさん、はじめましてじゃないでしょ。
即刻、削除!
迷惑な「ランセム」
SPAMをつけ続ける「ランセム」のコメントを通報しました。

judyさんありがとうございます!
トップアスリートの体
キ レ イ   カ ッ コ い い
可憐なイメージの浅田嬢だけど
この画像、、、引き締まった身体、盛り上った筋肉、毛艶の良い競走馬のよう。素晴らしい。

額装して部屋に飾ろうかしら。
びろびろ二の腕、ぽっこりお腹に猫背・・・・自分への戒めにもなるわきっと!?んーやっぱダメか(T_T)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
名古屋にカメラ姐さん現る?(笑)
姐さん、皆さん、おはようございます。(^-^)


姐さん…
絶対行かれるでしょ。
真央ちゃんの通っている中京大学とか、真央ちゃんの幼少時代からのリンクとか、真央ちゃん行きつけの食堂とか。(笑)

そしてパシャパシャ連写されるんでしょ。(^-^;
真央ちゃん展での、あらゆる角度の写真を思い出しました。(笑)

あらゆる角度の、中京大学外壁写真を楽しみにしてます。(爆笑)


名古屋オフ会♪楽しんできてくださいね。(^-^)


私は真央ちゃんボディに近付けるよう、ジムに行ってまいります。(^-^ゞ


本当に美しい後ろ姿ですね。
トップに持ってきてくださり、ありがとうございます。(*^^*)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
久美子先生の言葉は本当に納得できます。真央ちゃんのソチフリーは米のNBC以外大体が後ろ姿の映像でしたが、素晴らしく美しくて迫力がありました。スピード感を感じられて、前向きよりステキだったかもしれません。
真央の武器は美しさ
ラファエルコーチの慧眼に今更ながら恐れいります。
当時真央ちゃんは16歳。
23歳の現在ますます美しくなって、もうおばちゃんはメロメロです。

ところでどちらに書いたらいいかわからないのでトップ記事に書き込みしますが、
だらころこぱんだ様のブログが久しぶりに更新されていましたのでお知らせいたします。
ただの読者のひとりの私ですらもこんなに嬉しいのですから、姐様はじめ皆様の喜びもひとしおだと思います。
美しすぎます。この後ろ姿!
思わず画像保存、待ち受けに致しました!
久美子コーチがおっしゃった通りのスケーターに真央ちゃんはなったんですね。

郷ひろみさんがダンスするときに、いつ写真を撮られても美しく写るよう心がけているという主旨のことを話されていましたが、
まさに真央ちゃんのことだ!と思ってしまいました。どの角度、どのタイミングの写真も指先まで美しく、見れば見るほど深みを増す真央ちゃんの演技。
真央ちゃんの努力の結晶であることは重々承知なのですが、神が宿っていると思えてしまう程ですね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示