バンクーバー前の専門家分析(ステップの動き)と解説批判記事

1-湯浅教授のステップに関するコラム
2-湯浅教授のステップに関するコラム
3-湯浅教授のステップに関するコラム

元画像

浅田のほうが足元を細かく動かし、時間も長く動いていたバンクーバーでのステップの評価は

SP

KY    レベル3(3.30)+加点0.70=4.00
浅田真央 レベル3(3.30)+加点1 =4.30

FS
KY    レベル3(3.30)+ 加点1= 4.30
浅田真央 レベル3(3.30)+ 加点1.1=4.40

同じレベル判定を受け、加点もほとんど変わりません。
あの柔らかで優しい美しい「仮面舞踏会」のステップも、
あの鬼神のごとき圧巻の「鐘」のステップですらこの評価です。

kim-v-sp.jpg

バンクーバーのキムの演技を見直すとのろのろもったり、あまりの鈍くささとみっともなさに驚かされます。
これまでずっと見てきたように、運動選手としてどうなのかと思わせる体幹の使えていないこと。
スピードはなく、漕ぎに漕いでいます。
エッジが常にフラットなのでブレードが照明をはじいてきらっと輝くこともありません。
肩は上がり、アゴは突き出て、足はガニ股。手先はだらりと垂れさがり、アヘ顔とドヤ顔ばかりが目につきます。
なぜこれほど何もしていない演技が五輪金なのだろう?
心底不思議に感じられます。

asada-v-sp.jpg

人類史上に残る偉大な快挙となった浅田のトリプルアクセスルへの加点のなさ。
あの美しいスパイラル、ステップ、スピン、ジャンプへの加点のなさ。
フリップへのマイナスはなんですか?
明らかな得点操作がなされています。


バンクーバー五輪 FS
kim-v-fs.jpg
asada-v-fs.jpg

Vancouver2010 / CAN Pacific Coliseum
12.02.2010 - 27.02.2010
http://www.isuresults.com/results/owg2010/

GOE&PCS対決 男子と比べても圧勝


KYを勝たせるために韓国がISUにやらせたことのうちのひとつ。
GOEとPCSの異常なまでの高評価です。これが不正ということです。


キムは四回転を跳んでいません。スケートもうまくありません。体は固く技のバリエーションは少なく、目立って特筆すべき美点もありません。
お話になりません。
ISUの不正の印、罪の証拠です。こんな採点が正しいわけがありません。


今、バンクーバーのキムのフリーと言われて即座に音楽が思い浮かびますか?
キムの動作がさっと頭に浮かびますか?
にやにやと笑う顔、アヘ顔でくねくねする姿、
そればかりがぼんやりと霧のかなたでうごめいているのではないですか?


なぜキムの演技がいいと思い込まされていたのですか?
なぜ自分の目で見たものを自分の頭で判断しなかったのですか?

まだ洗脳は解けませんか?

引退後の荒川静香とバンクーバー五輪のKYです。同じ金メダリストです。
笑いたくなりませんか?KYは何をやっているのでしょう?何を表現しているんですか?

ゴールドメダリスト



表現力ってなんですか?
バンクーバー五輪でのKYと鈴木明子選手です。

表現比較

今、バンクーバーのキムのフリーと言われて即座に音楽が思い浮かびますか?
キムの動作がさっと頭に浮かびますか?
にやにやと笑う顔、アヘ顔でくねくねする姿、
そればかりがぼんやりと霧のかなたでうごめいているのではないですか?


なぜキムの演技がいいと思い込まされていたのですか?
なぜ自分の目で見たものを自分の頭で判断しなかったのですか?

まだ洗脳は解けませんか?

BezAJG3CUAAYTVt.jpg

スパイラル 真央キム比較

Twitterのほうで聞いてみました。バレエ経験者さんたちのお声です。

・軸足の膝の向きだけでも、もう・・・・語ることは何もありません。
・バレエで脚を後ろに上げる場合、自分の体からはみ出すことは厳禁です。なのでこの写真のキムのポーズはあり得ません!!
・全ては体幹で自分の体を引き上げられてないことから始まってます。膝が伸ばせずお尻が入らず、足を外側に向けられないので真後ろ
に足が上げられません。
・真後ろに上がらず背筋が使えず、ただ、足をあげてるだけ、の態勢だと思います。私の先生は、腹ベスクとおっしゃる形です(^^)

バレエ的表現はスケートには不要、とKY擁護者は主張するかもしれません。

バレエ的表現どころか、体の正しい動かし方もわかっていないKYは
運動選手として致命的な問題を抱えている
というほかはありません。

こんなデタラメなことがあるでしょうか?
体をちゃんと動かせない運動選手が一位だなんてスポーツならばありえないことです。
キムはきちんと採点がなされていれば、五輪八位の入賞もできなかった選手です。
すべては韓国のしわざです。ISUが点を売り、IOCが地位を提供したのです。


バンクーバー後、トリノワールドで「おかしい」ことに気づいた人が多かったと思います。
浅田真央は完璧な「鐘」を演じ、リンクに落下した異物をよけてステップを踏むという離れ業まで演じました。
にもかかわらずまたしてもジャンプの不可解なダウングレードがなされ、KYが「フリーでは一位」と負け惜しみを言い放つありさまです。

当時の日本のマスコミではこんな報道もありました。

20100401「負け採点」の疑問指摘しない解説者の愚

浅田真央が、日本人選手が、そしてKYとその一党を除く全選手がKYルールに振り回され、被害にあい続けたこの年月。
韓国は恒例の「お買い上げ点数」を発表し「今回高く評価すべき点」をアピールしました。
ISUはできる限りKYのためにものすごい点を出そうとするでしょう。

阻止できるものは何なのか。それはできるだけ大勢の「声」なのです。


※この記事の画像は「あんたたちもっと拡散しなさいよ」からお借りしました。
一部加工しています。管理者様、有志の皆さま、どうもありがとうございました!


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのジャッジ買収疑惑の歴史 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2014/01/25 17:40
コメント
オーサー・・・
姐さま、何なんですかこの写真!!!???

Fresh Air ! じゃねーよ!
No,1! じゃねーよ!

イラッッッ!!!! オーサー!!!!!

今日2010世選の鐘/茶番の仮面舞踏会をリピートして見ていて、涙が止まらなかったんですけど、これ見て止まりました。姐さまありがとう。

涙は止まったけど胃がムカムカしてきたのでまた映像鑑賞に戻って浄化してきます。
抱腹絶倒
あらかーさんとの写真ww
仕事中なのに吹かずにはいられずww
紅茶返して~wwww

最後の写真も“大リーグボールを投げる星くん”の方ですら美ポジって
なんということでしょう!
全く思い浮かびません(笑)
姐様、そうなんですよ。銀河点を叩きだした演技のはずなのに全然印象に残っていないんです。他の選手の方々のはそれなりに覚えているんですが、銀河点の方だけのは全く思い出せません。真央様の鐘が次だったからかな?と考えましたが、引き込まれる演技でなかったから覚えていないのですね。
4年前の私は銀河点の方に対して、浅田真央様のライバルとだけでさほど悪い印象を持っていたわけではありません。

No title
KYさんの振り付けで記憶に残りそうなものと言えば、蟹ーグル、否バウアー、腹痛痔ゼル、トライアングルバレエジャンプ、カマキリダンス、売春婦ィーバーとかじゃないですかねぇ。個性豊かな選手たちの中でもKYさんの演技は特に目立ってましたよ、もちろん悪い意味で。

最近は私の周りでも、「KYはそれほど上手くない」と感じている人が増えています。そのうちの1人はユリア・リプニツカヤ選手の登場がきっかけでした。日本人選手とアメリカの長洲未来やKYくらいしか知らない、業の難易度も知らない、ジャンプの見分けもつかないくらいのライトなファンなのですが、ユリアのあの驚異的な演技はかなり印象に残るみたいで、先日会ったときにユリアの話になったので、持っていたスマホでユリア、ついでにサーシャ、未来、真央、アリッサ等(みんな美ポジの選手ですよね)の演技を見せたところ、どうもそれ以降KYの演技がしょぼく感じるようになったようです。最初は「KYは美しい」と言っていた彼女ですが、今では「ぜんぜん美しくない。」「他の選手と比べると大したことない。」と言っています。
やはり本当に美しいものを知ることが大切なんだと思います。スマートフォンに本当に美しい選手の映像を入れておき、ソチ五輪までできるだけ多くの人に見せようと思います。ユリア、未来、サーシャ、真央、アリッサ等のスパイラルやスピンの映像は極めて効果的です。
同胞選手との比較動画作成希望
自分で出来ればいいのですが、能力者さま、是非お願いいたします。
比較動画は、
たくわんと、今回の四大陸のヘジン選手とソヨン選手。身体を小刻みに上下させての、ガシガシ漕ぎといい、
どや顔演技といい、たくわんそっくり。でも、同胞のふたりはループが飛べるだけましか。

とまれ、IOCやISUやスケ連の理事たち他キムチ派に限っては、ものすごいスピードとすべての質が高いとされるたくわんですが、今季の滑りと、同胞ふたりを左右同時再生したら、たくわんの〃加点のすごさ〃が一目瞭然となり、高得点の不思議っぷりがますます浮き彫りになるような気がするのですが、いかがでしょう。プロトコルの比較も添えるともっとわかりやすいかも。
No title
面白いのはさあ、KY擁護者は口を揃えて「フィギュアスケートはバレエと違う!バレエ的表現は不要!!」って癇癪起こすのに、マスコミに登場するKY絶賛『コメンテーター』は判で押したように「バレエを理解してる私から見てもバレエがしっかり出来ている」って褒めるんだよね。火病してるKY擁護者はマスコミの提灯持ち評論家モドキ(ドラゴン先生とかフランス帰りだけが看板の大女優)に「間違った知識を振りまくな」って怒りをぶつけなきゃ駄目じゃん。

いややるわけないヨナ。素人けむに巻く口実にバレエ使ってるだけなのは、擁護者もよ~く解ってる事だもの。何年も他者の知識の無さに付け込み字面で上辺だけ誤魔化して来たけど、KYをプッシュすればするほど関心を持つ層が増え、比例して自分の頭で理解する人の数も増えた。結果的にKYの演技が綺麗だと思う人思い込まされる人の割合が減ってしまったんだよね。ニダーは歯ぎしりして悔しいだろう。
同胞選手との比較動画
danshidanshiさん、今年版ではないですが・・・

http://www.youtube.com/watch?v=SD-bNjv_qwo

こちらでご覧ください。もう、いろんな意味で衝撃的・・・(笑)


かをるさん
汚キムチ派は今まで積み上げてきた自分たちの擁護に際しての理論を、汚キムチ自身にぶっ壊されている現状をどんなふうに思っているんでしょうね・・・。
結局今でも「ジャンプの前後のスピードガー」しかほめるところが無いようですが、あの無様なまでのジャンプ前の沈み込みとかどう説明するつもりなんでしょうね??
つうか、ステップの明らかな失敗を見逃してもらってたり、スピンの回転不足を見逃してもらってたり・・・という問題に関してはスルーなんですよねあの人たち。ま、要するにそこまでの知識がないから見てもわかんないんでしょうけれど(笑)

汚ヨナのバンクーバー・・・
あのシーズンの汚ヨナのフリーで、私の頭に浮かぶのは・・・

何か、途中で手をお腹の前辺りでピッ!て振る動きがあって
なんだか汚い所作だなぁ、何か意味のある動きなのかしら・・・?
まるでトイレ終わって洗った手の水をピッピッてやってるみたいだわww
と思った事しか記憶にありません。

最近どなたかのコメントで「ピアノを弾く仕草らしい」と読んで
初めて、そおだったのねーー!とビックリ!!
全然弾けてないんですけどwww

でも目が汚鮮されそうなので、オリンピックとワールドそれぞれ1回ずつしか見てません。
記憶違いだったら、笑ってスルーして下さいませ。

管理者にのみ表示