キム・ヨナの足に関する韓国報道(閲覧注意)

※2014/03/03 キムの足に関する雑誌?画像を追加しました。

※2014/02/10
クロスカントリーでソチ五輪に出場するJustyna Kowalczyk選手の足の画像を追加しました。

この記事の初出は2014/02/04です。
※コメントに寄せられた内容を記事に追記しました。ありがとうございます!
あざらしさん、ありがとうございます!



韓国側が出してきたKYの「ペインペイン」。

ペインペインというのは試合の前に保険をかけるつもりなのか
ここが痛い、あそこが問題、と負傷を大げさに言い張って
「にも関わらずがんばった、ウリナラクソーンは世界一」と言い立てる
ホルホル幸せ回路のことをさすKY用語です。うへぁ

  「フィギュア・クイーン」が足を痛めた。冬季オリンピック2連覇の挑戦に障害が出てきた。キム・ヨナ(23)は右足の甲を負傷した。韓国スケート競技連盟は26日「キム・ヨナが練習中に上げた足の甲に激しい痛みを感じ精密検診を受けた結果、右足の中足骨(足の甲と足の裏をつなげる骨)の微細損傷の診断を受けた」と明らかにした。

sochi前の足の負傷報道-1

この図は今でも掲載されているハズですが、問題は以下の二枚。

「右足の負傷」の報道で「左足」を出してくるのが謎なんですが、
もっと謎なのが「どういう理由の負傷なの!?」という足の「状態」。

「世界新記録を打ち立てた傷だらけの足 公開」
http://www.enewstoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=229210
↑これは2010年2月27日バンクーバーでのインタビューの時の写真のようです。



foot1.jpg

この画像でも同じ足の写真が使われています。
2010081886_aa2327ec.jpg


こちらの記事の画像ではそれほど凄惨には見えないですね。しもやけかな、と思える感じです。

sochi前の足の負傷報道-2

sochi前の足の負傷報道-3


スケートよりも長時間ずっと同じ靴(ブーツ状のスキー靴)を履き続ける
クロスカントリーの選手の足

クロカン-Justyna Kowalczyk_n


スケートでこんなふうになりますか???

・偽物説

→KYのものではなく誰か別人の足か、本人の足に特殊メイクで同情を誘ったのでは?
 負けたときの保険? こんなにがんばっているクソーンアピール?

・足首に鉄板的な補助用具を追加して、補強しているのでは。

→その場合、靴への加工はどれくらい許可されているのだろう?
 ボクシングだとグローブへの細工は一発退場ですよね。
 まあ靴で人を殴るわけではないですが。
 
で、「靴に細工」だと「ステップもスピンもスパイラルも速度が出ずノロノロヨボヨボ」なのは「靴が重いから」という理由づけにもなってきます。
ジャンプだけは死守!ということでなんとかこなしても他の要素がとてもシニアのトップ選手のレベルではないのは靴が一人だけ重すぎるから???

・薬物使用による副作用?

→姐さんはこの足を見たときに「壊死」という言葉が浮かびました。「壊死」です。
 ドーピングには血流の阻害を起こす薬品もあり、心臓から遠い部分、四肢に問題が出るものがあります。
 まさかとは思いますがこんな足になるまで何かを摂取していたとか???


・そういえば今季、長袖を着ているのはなぜ?

→何か「見せたくない」モノが肌にあるの?
 という推測もできてしまいます。たとえば注射跡とか、たとえば血管や筋肉の普通ではない盛り上がりとか・・・。
ちらっとうかがったところによりますと「PRPも血液ドーピングも肘から注射する」かもしれないとか。

ネットで拾った「バレリーナの足」画像。
以前、スージン・カンさんの足の画像が凄惨すぎてショックを受けたのですが
この方の写真なら「舞台で立って踊る」ことの積み重ねがどうなるのか、を
まだ受け入れられる気がします。

自分の足でやわらかいトゥシューズで立って踊るバレリーナの足
バレリーナの足

硬い皮でできたスケート靴を履いて氷の上を滑るKYの足

sochi前の足の負傷報道-5 sochi前の足の負傷報道-3

バンクーバーのためにこういう足になるまで「何か」をしていた、ということですかね。

その後は問題が見られないかんじです。
「何か」が練習だとすると練習していない、ということになる。

dxqMIT-J.jpg


김연아, 통큰 핫팬츠+맨발로 공중회전 ‘아찔해’
‘김연아 맨발’
기사입력 2012-07-01 23:09:40
VtubWGfS.jpg

比較に出して申し訳ないですが、浅田選手の足は非常に綺麗ですよね。
どの靴もフィットする足ということであまり靴では苦労されていないと書籍で読んだことがあります。

KTgLyeA6.jpg

※追加情報
韓国のファンサイト?にあった画像
この顔とメイクからするとけっこう最近のKYだと思いますwww

http://www.gasengi.com/main/board.php?bo_table=commu05&wr_id=280727
(直リンクしていません)
5713566eeb5f802990540d52e97e75c0_e2UYESvANOmysT9OKYqGhAaaudAnvUj.jpg

こちらはコントラストを強くしました。
足首に黒い線がありますよね?スケート靴の口まわりにあたるところ。

明度up



皆さんはこの画像をどんなふうにご覧になりますか?
もしドーピングであるのなら、何年さかのぼっても処罰対象ですから、古い情報とはいえ
再確認する意味はあると思います。


※身体症状に触れるデリケートな部分の話になりますので、
見た目や症状による差別的な発言はご遠慮願います。
またこれをもって「キム・ヨナはドーピングをしている」と断定できるものでは
ないこともあらかじめ共通認識としてお持ちください。

姐さんは無駄に頑丈な心身にうっかり恵まれてしまったばかりに病気や事故やけがの経験がありません。

足のトラブルを解決なさったことがおありの方、フィギュアスケート経験者の皆さん、
ぜひお考えをおよせください。よろしくお願い致します。


人気ブログランキングへ
関連記事
キム・ヨナのドーピング疑惑の歴史 | コメント(53) | トラックバック(0) | 2014/03/03 10:51
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ですです ありがとうございます!
痛々しい・・
KYの左足の写真ですが、初めて見た時、「血行の悪いおじいちゃんやおばあちゃんの足みたい」と思ってしまいました。仕事柄、よくおじいちゃんやおばあちゃんの足を拝見させていただくのですが・・

スケート靴のどの部分がどのように足の皮膚に慢性的な刺激を与え、皮膚を変色、硬化させるのかはわかりませんが・・そうですね、ASO(閉塞性動脈硬化症)の患者さんの足と、一見したところではよく似た皮膚の感じですね。あと、いわゆる「しもやけ」の患者さんの足の皮膚もこういう状態です。

向かって右の写真は、浮腫か、炎症で腫れているようにも見えますが・・バレリーナの方の足とも違いますよねぇ、KYの足の皮膚の状態は・・

スケート靴は、かなりきつく締めてはくようなので、長くはいてると、きっと血行も悪くなるでしょうし、当たったら痛い部分もあるでしょう。
靴の固い部分などが当たるなど、慢性的な刺激による皮膚の変色、硬化だったら、他の選手の足もこんな状態ですよね。

もし、どの選手もこんな足で、ジャンプを跳んでスピンやステップを華麗にこなしているとしたら、どんなスポーツにもこういったことはつきものなのかもしれないけど、痛々しくて辛くなりました。だからこそ、ちゃんと公正な審判をしてほしいって思います。

全然詳しくないのですが、足の状態に驚いてコメントしてしまいました。

素人の見解ですが
そういえば、靴の規定って、男は黒かダークグレー、女は白かベージュっていうの以外は聞いたことないですね。
特に重さや材質の規定は無いような気がしますが…
ですが、柔らかいパッドを入れるならともかく、鉄板なんか入れてスケート靴履けますかね?
いや、むしろそんな細工した靴で、回転不足とは言え3Lz-3T跳べるんなら、ある意味尊敬するわ。

普通に考えれば、靴が合ってないのに無理矢理履いてるからじゃないかと思うのですが…
むしろ、キツい靴よりも緩い靴の方がこんな風になりやすい気がします。靴の中で足が動くから。
完全に私の想像でしかありませんが、「靴は高いんだから、少しぐらい合わなくても文句言わずに履け!」とか、アンナなら言いそうな気がします。
ヨナはすぐに靴がダメになると聞いたことがあるような気がするので、靴がヘタレてくるとこうなるとか??

他に考えられるのは、お薬でむくんでいるのに無理矢理練習したからとか?
元々扁平足だから土踏まずがないのは仕様でしょうけれど、それにしても更に腫れているように見えます。

個人的には、いっそ、ペインペインの演出のために、わざわざ足に怪我風の特殊メークを施して報道用の写真を撮った…とかの方が救われる気がします。

いずれも私の想像でしかありませんが…
父の足
十五年前に癌で亡くなった父の足は、最後水が溜まってパンパンに腫れていました。

彼女の足は、健康な状態には見えませんね。
父の足は、布団に当たる部位が潰瘍みたいになってました。その足に見えてしょうがありません。
腫れた足を堅いスケート靴に、無理矢理突っ込んで滑ったら、こんな事になるのではないでしょうか。

もしこれがウワサのドーピングのせいなら、即刻やめるべき。
もし本人の意志なのだとしても、この足の状態を危険と判断出来ない訳がないと思います。

そうせざるを得ない程、追い詰められているなら、不憫でなりません。

もし周囲がやらせているなら、・・・なんかもう告訴とか出来ないもんでしょうか?

いずれにせよ、この写真を発表して、負けた時の言い訳に保険かけようなんて神経が理解の外です。

それとも、心ある記者からの誰か助けてやってくれとのサインなのでしょうか?
>ゆやたま様
Googleの画像検索で「高橋大輔 裸足」で検索すると裸足の大ちゃんの写真が出てきますが、普通です…
「浅田真央 裸足」では、真央ちゃんの厚底サンダル&ペディキュアでprprしたくなる写真が出てきますが、美しいです…

他の選手は、過酷な練習をしているトップ選手でも、ヨナみたいな足にはならないのは確かだと思います。
…ヨナはなんでこうなった?

追記:「浅田真央 裸足」でなぜかヨナが裸足で陸上ジャンプを披露している写真が2番目と3番目に出てくるのですが、(長さや形はともかく)人様に見せても驚かない普通の足をしていますね。
2012年7月の写真のようです。
はじめまして。

保険をかけて来たりはあるでしょうね。
演技がアレなのは、本人も周りもわかっているでしょうから。
保険なら、アップの画像は本人の足ではないことも考えられるかもしれませんね。

こんな状態でもスケートを「やらされている」としたら、かわいそうですね。
彼女自身がこの環境に乗っかった部分もあったでしょうけど、何とも…ね。

全員がベストな演技が出来て、それに見合った点数が出ますように。

スピスケ経験者ですが
姐さんが現役だった当時、姐さんのような普通の人が滑るための
市販されている一般向けのスピスケの靴は皮が大変やわらかく、
コーナーワークなどで体をぐいっと倒すのにはとても都合がよかったです。
でも怖くて倒せないんですけどねw
くつひもをできるだけ固くきつくなるよう全力でひっぱって
足に固定させていました。

国際試合に出るような選手は当然特注でしたが、見せていただいた靴は
思ったより硬くはなく、やはりフィギュア用の靴よりは柔らかでした。
そして足が痛むとしたら寒さでかじかむのと、サイズがあわないために
靴の中で足が動いて靴ずれになる、ことくらい。足のトラブルってほとんどなかったです。

今はスピスケ用の靴もブレードもちょっとした特殊部隊用か!と思えるような
兵器っぽいやつになってますけどもw

フィギュアスケートを趣味で滑るようになってリンクに行って、他の方がはきかえるところを見たりもしますが、こんな大惨事、ただの一度も目撃したことはありません。

「基礎を知らない」韓国人らしいなと思ってしまいました。
スージン・カンもものすごい足になってましたよね・・・。
やっぱりドー●ングのせい?
オヨナさんは固いスケート靴で(固い方が初心者向きじゃなかったかな?)、
真央ちゃんは柔らかいスケート靴だと2chで読んだ気がしますが・・・

ピンチカ☆様はオヨナさんの心配をされて優しい方ですね。
でもあの国の人たちのことを考えるときは、日本人の感覚は捨てなければなりません。

勝つためにはどんな卑怯な手を使ってもかまわないあの国。
オヨナに選択肢などないでしょう。
途方もない大金をつぎ込まれているし、政府や周囲に逆らって生きていくことなどできません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
酷いですね。
私が、この写真を見て感じたのは、糖尿病による神経障害と、ステロイド副作用による潰瘍形成かなと感じました。進行すると壊疽を起こします。
この人、どんな末路なんでしょうね。メダル強奪しても、現状にあった順位でも、本当に欲しいと思っている称賛や、他者からの尊敬、敬意、リスペクトなどはされず、汚物を見るような扱いをされフィギュアの汚点として記憶に残るしかないのでしょうね。
前回の冬季五輪が茶番クーバーと言われていましたが、茶番ほどクソーンの演技に見合った言葉はありませんね。滑稽で底の浅い寸劇。見たくありません。
糖尿病?
糖尿病が重くなると足を切断しなくてはならなくなります。
やたら喉が渇くのも症状の一つです。

フィギュアスケート靴の底部分に薄い鉄板プレートを入れて補強しています。
ハイヒールもブランドによっては土踏まずをキープするために入っています。
最近は新素材で軽量化されたスケート靴もありますが個人の好みでは。
経験から
こんにちわ。初めまして。
足首の捻挫と足の甲の骨折をしたことがありますが、どちらの時も写真の様子とは違ったと思います。足の甲を骨折した時、箇所や程度にもよりますが、あんなにガシッと足の裏をつけません。私の場合、踵もつま先もつけず終始浮かした状態で数日間過ごしました。ギプスで一か月。
足の筋肉は落ち元の状態に戻すのに二か月程かかりました。また、写真だと赤みが強いですが、捻挫の時も骨折の時も中で毛細血管が切れ青黒く腫れあがりました。個人的な見解ですが、骨折とは違うと思います。                                                                       
以前番組に浅田選手と小塚選手が出ていた際に、フィギュアスケートは運動量やジャンプの負担が凄いという内容があり、
司会の方が「やっぱり終わったときには足とか痛いものなの?」と浅田選手に質問されてました。
浅田選手は小塚選手と顔を見合わせ、「(痛くは)ないよね?」と。
小塚選手も頷いてました。
「足全体が(疲労で)重くはなります。」と返答してました。

そう思うとキムの足はなぜあんなに負担がかかっているのか…?

圧のかかり方が違いますが、長時間の正座を続けている方の足をよく見ます。
皮膚が固くなり多少赤く盛り上がりますが、あの様に赤黒くなってはいません。

血液ドーピングがどのように行われているのか定かでないのですが、透析のように行われているものならば、全身の血管の状態が悪くなり、末端にその症状が現れているのか?とも思います。

いずれにしても外部からの刺激のみではなく、内部からきているものもありそうだなぁという印象です。
私は高校生の時、指定の革靴を我慢してはいていたら、酷い巻きづめになって、手術したことがあるのですが、足首から上ということで、足先に負担がかかっているのではなさそうですね。足先のキツい靴を履きすぎて海外セレブが足の指が浮いたり外反母趾になったりしたのも見ます。しかし練習の虫である浅田さんの足はとても綺麗でしたし彼女はケアもしっかりできている証だと思います。靴が問題かおく〇りか。だけど、お得意の同情票集めなのは確かですね。ポジションもやり方も汚いいつも通りのコリアですな。
想像ですが
外反母趾みたい。それに伴って歩く時、つま先を使ってない浮足にもみえます。
足の裏をきちんと使ってないからスケート靴で足が浮いてあちこち傷だらけなのではと思いました。
姐さんのおっしゃるように基礎もないし、ちゃんとした人がついてないから足に負担ばかりかかっているのではと思います。整形もしてるし、骨格や身体のあちこちも不調を訴えているのでは。
それにしても老人の足みたいで寒気がしました。
民族性?
まさか、お国柄ではないですわな(笑)
以前、K-POPの女性歌手たちの痛々しい足の写真を見たことがあるんです。彼女たちはハイヒールを履いて踊っているからかもしれませんが、日本人の女性歌手たちの足があそこまで傷んでいるという話を聞いたことはないし…。見た目を異常なほど気にするお国柄だし、その辺が影響してるのかも。
私事で恐縮ですが、足の指が思いっ切り広がる健康足です。かかともツルツル、タコや魚の目もありません。足に合った靴を履いているからです。いつも同じブランドの靴なんですが、これがまた履きやすいんですよ。中年以降になったら、膝、くるぶしに故障が出てきますし、合わない靴を履いてると、老後は悲惨なことになるかもしれません。
No title
こんにちは。

初めに断っておくと、私はキムのドーピングは決定的ではないと思っています。
ドーピングを「していないだろう」ではなく、今までに出ている物証(写真や行動)では「決め手にかける」と思っています。勿論、「決め手」は「検査に引っかかる」しかないのですが・・・。

上記の事を踏まえ、もしもドーピングだったら・・・で考えたのが。
今回の足の写真で最も気になったのは、肌の色と質感です。上記で述べられている方もおられますが、高齢者の足のよう、つまり脱水状態の様です。(ただしアップ以外の写真ではそこまでひどい脱水状態に見えないので、写真の色味や画質のせいかもしれません)

漢方薬の中にダイエット目的で販売されている「防風通聖散(ボウフウツウショウサン)」というものがあるそうです。
効能として、身体にたまった熱・水分・便などを排出する働きがあるそうで、この防風通聖散のなかに「麻黄(マオウ)」という成分が含まれています。
麻黄は「エフェドリン」(ドーピングに目を光らせていた方は、すでにムムとなってくる名前です)という成分を含んでいるそうです。エフェドリンは交感神経を興奮させます。

気になる効能として
 ・興奮(元気になる)
 ・集中力を高める
 ・気管支拡張(心肺機能の増加)
等があります。

ダイエット効果があり、元気になり、体力も向上させるなんて、キムにとっては「夢のお薬!」ともなりそうですが、疑問点として
 ・筋肉は増加しない(あやしい写真の中に筋肉ムキムキがありましたよね)
 ・もちろん、エフェドリンはドーピング一発アウトです。「防風通聖散」を飲んでも、エフェドリンは検出されると思います。はたしてそんな簡単に危ない薬を飲むだろうか?
上記2点があげられます。

ドーピング以外では、靴擦れの位置からキムの荷重のかけ方→重心移動をどのように行っているのかが考えれるか???とも思ったのですが、あの写真がバンクーバー時のものなら、あまり意味のないアプローチになりますでしょうか?
No title
ゆやたまさんがコメントされている「しもやけ」

私、先日から手の指のしもやけがひどくて、始めは赤く腫れぼったい感じなんですが、それが進む?治る途中なのか?ですが、あんな感じになります…

靴を変えたばかり・・・、靴が合わなくて足が腫れた・・・、紐が切れたけど変えると感覚が変わるから補強でしのぐことを選択した・・・など靴が競技に与える影響は大きくて、重要なんだな・・・と思わされます。

あの痩せた背中だと、全身の栄養状態がよろしくない状態ではないかと思うんです。
栄養状態が悪くなると、免疫力も落ちますし、傷ができても治りにくくなります。むくみ(浮腫)も生じます。

ステロイド剤の副作用なんかありそうな気がしないでもないですが・・・

k.n様&ききょう様へ
k.n様へ

情報ありがとうございます。
そうですよね、浅田選手もサンダルなどをはいていますが、こんな皮膚の状態ではなかったですよね。
とにかく、KYのあの足の写真だけ見せられたら、申し訳ないけど20代の女性の足とは思えないです。

ききょう様へ

この時期、しもやけは痛くて痒くて辛いでしょう(;;)
なる人は毎年なっちゃいますからね・・
末梢の血行を良くするマッサージといった予防法などご存知かとは思いますが、皮膚がジクジクしてくるなどひどくなるようでしたら、皮膚科受診してくださいね。お大事になさってください。



刃に足を固定してるらしいです
スケート靴の中で足を「刃」にくくりつけてるらしいですね。
GP欠場の時の韓国記事にそう書いてあったと記憶してます。
それがルール違反なのかどうかはわかりませんが、
そりゃもう拷問並に痛いでしょう。

本人の「スケート嫌い、二度とスケートはしない」という言葉とか、
タラソワさんの「キムは失敗しない。何故って、キムの訓練が尋常じゃないほどキツいのを知っているから」あたりの言葉とも合致します。

また、ショーとかでは、くくらないからジャンプも跳べないのかもしれません。

何しろ足の犠牲なんて、屁でもない程の「富と名声」がもらえるお国柄なのですから、本望でしょう。

だもんで
国が無くなったら、キムは発狂するでしょうね。

どこの記事だったか、もう削除されてるのか、見当たりません。

どなたか探して下さりませぬか?
スマホの限界です( ;∀;)

私ごとですが、わたくしのブログの更新ができませんのです。
住所を嗅ぎ付けられました。
現在、実生活がおびやかされてぃます。

みなさまも、気をつけてくださいね。
特に関西にお住まいのブログ主様。

姐さま、この場をお借りしてしまってすみません。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ゆやたま様
お気遣い、ありがとうございます。

たかが「しもやけ」、されど「しもやけ」なんですよね・・・

血行良くするマッサージ がんばります!
No title
このコメントは名無しでさせていただきました。

おっさいさんのブログの更新がないので気になっています。
HN兄者さんのコメント、もしやおっさいさんではないかと懸念しております。

お姐さまもくれぐれもお気をつけくださいませ。
ここには大勢のお姐さまを支持する仲間が集まっていますので
なにか不審なことがあればすぐにでもSOSを発信していただきたく思います。

杞憂に終わればいいのですがなにゆえ、あちらはなりふりかまわず攻撃してくる連中です。
工作員がかぎまわって昼夜なく巡回してkyアンチブログをチェックしていますから。
昔見た映像
もしかしたら、トーニャ•ハーディング選手が「靴紐がほどけてしまったの!」と、涙ながらに審判に訴えた時のことかもしれません。
スケート靴の内側が見えましたが、ムートンのような、ボアで覆われていたような記憶があります。
なるほど、そうやって靴と足をフィットさせるのねー、と納得しましたが、内側は人によって違う可能性もありますね。

で、あれば、靴の内側と足とが擦れて皮膚が傷つくことがあるのかなぁ、と思ってしまいます。
自分も保険だと思います
OPに出場する選手は常に程度の違いはあれ怪我の不安をかかえています。単純に考えた場合、他選手より練習を沢山する人が前に出る..わけです。みんな限界ギリギリで頑張っている訳です。練習をやりすぎると故障します。怪我、故障と紙一重の所で疲労回復をしながらアスリートは頑張っているのです。

トップアスリートの大会において頂点を極めようとする選手は、いちいち困難な理由を人前で見せるような事はしません。普通はね..。

人に言う、写真を撮らせる=公表する..そうしなくてはならぬ本人なりの理由があるのでは??

真央ちゃんは、全日本選手権が3位に終わった後から、実はGPシリーズNHK杯と試合がつづいて疲労が重なり腰痛があった..と周囲から漏れ伝わってきました。

あっこちゃんも全日本の一週間前にジャンプが飛べない状態であった。すべて結果が出た後からその情報は私達に伝わります。

一流選手は、具体的に痛々しい部分を大切な大会の前にさらけ出すような事はしません。全てを胸に秘めて立ち向かいます。モーグルの伊藤みき選手もそうです。それが一流アスリートの姿と思っています。だから負けても見ている人は心揺さぶられます。

○国では、国民の妹と愛された選手でも期待を裏切ると国賊扱いでもされかねないのでは..。 純粋にスポーツとして見るのではなく、国民の色んな思いを乗せてKY選手は日本人選手に立ち向かわされているのでは..余計な物を背負わされているとするならKY選手が哀れです。こう考えると保険も軽蔑されるカードではないですね。

バレリーナは一日練習を休むと自分自身が判る、二日休むと仲間が判る、三日休むとお客様が判る..と言われています。トップアスリート最高峰の大会で2年競技がら遠ざかり、1年間大きな試合に出場しないでOP金を狙うとは「なめている」としか言いようがないです。(KY選手自身はそのようなことは発言していません)

KY選手の元コーチが言ったとか..「こんどは真央の番」..いらん事イチイチ新聞の一面で書くなと言いたいですね。 公正な評価を受けられるならそれだけで充分です。

姐さまへ..いつも更新お疲れ様です。 最近見るようになりましたフィギュア素人です。毎日楽しみにしていますよ~。
もしかして…
そのスケート靴自体が、大リーグボール養成ギブスならぬ
ジャンプ・ステップ・スピン・スパイラル養成ギブスなのではないでしょうか…。
本番近くから(今週あたりから)違う靴をはいて
当日の演技は速度も増して軽々~♪みたいな
やはり糖尿病
姐さんの直感当たっていると思う。

糖尿病がかなり進行している患者の見本。

水分の過剰な摂取。
私には山に登って脱水で「今すぐ水くれ」という飲み方に見える。

絵師・・絵師の手前ですね。
糖尿病が悪化すると切断になります。

糖尿病だと血管が老化するので心臓病、脳血管疾患、失明になる場合もあります。

国民の妹守る気ないのか、大寒見ん国。
あの足は…
かなり、浮腫が酷く内出血の跡もあり… 糖尿病から透析に移行した患者さんの足を思い出しました。
何だか・・・
手相見姐さん、今晩は。
8年前に亡くなった母方の祖母を、母と一緒に介護していたのですが、祖母の足に似ているかな?と思いました。
祖母は認知症になって3カ月くらいだったかな、片足が腫れてきたんですよ。それで専用の靴を購入したんですが、靴下を履き替えさせてあげるとき、足の甲が全体的に腫れていました。その後、足首やふくらはぎがぼこぼこしてきて。
医者に診せたら、「歩かないせいもあるけど、老化現象で腫れてきていますね。」と言われました。
うちのばあちゃんはその時、90代、キムヨナは23歳なので、参考にはならないけど、腫れ方が似てるなぁと思いました。
韓国人て…
姐さん、こんばんは。
いつも見てます!戦う姿勢の姐さん、本当に素敵です。見習います!
さて、キムヨナの足。ありゃ壊死ではないかと思いますが、何ですかね。
私は「家なき子」で、安達ゆみちゃんが、熱した鉄の棒を自分の肩に押し付け、出来た火傷のアザを、「これはお宅(超金持ち)が探してる生き別れた子の唯一のてがかりのアザだろ」的な事を言っていたぐらいの茶番に見えました。

足といえばですが、いつぞやの記事にあった韓国人の有名な女バレエダンサーの足もひどかったですよね!
あれで、私はバレエダンサーはみんなそんな足だったけ?!と思い、日本を代表するダンサー、「吉田都の足」でくぐりました。一般人とは違う曲がり方にびっくりしますが、全くもって美しく、ダンサーの足でした。

韓国は、20年遅れたコピー大国よろしく、きっと、ホシヒュウマのようなスパルタ美学があるかしら??ですかね???なんつって。

内容なくてすみません💦

直接関係はないんですが・・・
たくわんが、まだいちおう人間だった、16歳頃の映像かと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=zQyr1Bp5gcg
他のもの探していたら、たまたま見つけたんですが。
この頃は、合う靴がないので引退したいとか騒いでいましたよね。
靴がしわくちゃって・・・どゆこと???^^;

お隣のそもそもの靴環境(?)は最悪だったんでしょうね。
その後、日本の職人に直してもらうようになり、
調子が良くなっていたはずなんですが、
最近ではさすがに頼めなくなって来たとか???
それにしたって、お金はいくらでもある・・・はずなんだから、
ちゃんとしたところで調整できると思うんですけど。
最近「キムヨナ、右足年齢は40代」とかいう記事も出ていましたよね。

ちなみに、スタビスキー(デンスタの)は、
背が高く見えるように、シークレットブーツのごとく、
詰め物をしていたと、ミヤケンさんが言っていたような。
「それで滑れるんだから、どんだけ上手いんだ!」とも。(笑)
No title
スケート靴がわざとらしく?横に置いてある、ソックス半分脱ぎ状態の写真はいつのものなんでしょうね。
ホントに本人の足なのか?というふうにも勘ぐりたくなります。
あの国のことですから何でも疑って見てしまいます。
わざと全く別人の酷い状態のものを載せたのかも、と。あらゆる作戦?言い訳のため?
そのグレーのソックス履いて、靴を履く前なのか滑って脱いだ後なのかわかりませんが、
あんなムクムク状態で履けるのでしょうか、疑問です。(そもそもあんなソックスでスケート靴履いてるの?)
ただスケート靴と並べて写真撮っただけかもしれないですね。
あのムクムクでは三固さまのおっしゃる専用の靴か平べったいサンダルくらいしか履けなさそうです。
写真の時系列はよくわかりませんが、白い椅子に座っているアレのようにパンプスやローファーなんかも
無理じゃないかって。ましてハイヒールなんか。
実際にそんな酷い状態の時があって、専用靴履いてリハビリとかしていた時期もあったのかもしれませんが。
それにしても酷い足、くるぶしも見えないムクムク。
普通の人でも練習後靴を脱いだら、靴紐とか靴ベロがあたる部分に赤く締め付けられた跡が
ちょっとの間残るのは日常あることだとは思いますが。
あそこまで酷い足を公開するなど日本ではちょっと考えられません。
オーサーの言葉の信頼度はゼロ
何人かの方が見抜いてらっしゃいますが、自分もこやつの言動はまったく信用ならないと思う。
たくわん本人ですら"Please stop to tell a lie, B"とか何とか、得意なはずの英語を、初歩的な分封ミスを
犯してカナダのどこかのテレビ局のアナウンサーからも失笑を買ったくらいの迷こごとをオーサーにメールで
言ったくらいだもの。野心家で風見鶏。ただ、羽生選手のために尽力して欲しいとは思う。

それよりも、米のスポイラも露のスポーツ紙(?)だかも、たくわん連覇と予想する一方、真央選手に関してはせいぜい銅という予想をしている。これって茶番直前のときより悪い。それほど、腐れ切ったスケ連が、半島陣営のお先棒を担いで、女子シングルに関しては何もせず、団体と男子シングル押しで〃活動〃してるって証左なのではないかと思う。われわれは、スケ連がどれほど、ここぞというとき選手の足を引っ張るか、何もしなかったかをきっちりと見届けておくべきだと思う。いつか、われわれファンが、スケ連のやらかして来たことに対して、何らかのかたちで〃倍返し〃できるように。
何かしらの病気?
姐さん、こんばんは。

たくわんさんの足、靴のせいもあるのかもしれませんが、
何かしらの病気(肝臓系か腎臓系?)を抱えてるかもですね。
私も経験がありますが肌に出るんですよね。
靴擦れしやすくなったり金属や洗剤でかぶれたり。

薬を継続的、大量に服用すると肝臓に負担がかかると聞きました。
(普通は血液検査して症状見て薬を変えたりして負担を軽減してくれます)
たくわんさんが薬漬けとは言いませんが、あの異常な背中を見ると…

ま、別に可哀想とも思いませんし、ペインペインで棄権してくれ!って感じですw
No title
ペインペイン出ましたwww調整が上手くいっておらず、バンクーバーの時より明らかに見劣りするので、保険賭けのために怪我をしたという情報を出したのでしょう。真偽は不明ですが無傷かとw。サムスン支配下のマスコミがトップの選手の怪我を外に漏らすなんてありえませんよね。
たくわんさんの足とされる写真は別人だと思います。何故なら些細な事でも「こんなに酷いニダ!!!」と大げさなをアピールをしがちなのが韓国人の特徴ですから。

オーサーは羽生君に関わることでフィギュア界の信用を取り戻したいのでしょう。でももうしばらくは無理でしょう。
2002W杯でベスト4に韓国を押し上げたヒディング監督にヨーロッパから代表のオファーが一切来なかった。オランダ地元チーム監督後、オーストラリアの代表監督を務め2006年、ベスト16まで勝たせ認められやっとロシアからオファーが来たんだよね(日本対オーストラリアの試合の開始時間は暑い昼間に行われ日本には不利だったんだよね、電通め!視聴率が稼げる時間帯に放送しようと欲張ったばかりに・・)
はじめまして
いつも興味深く、また共感しながら姐さんの記事を読ませてもらってます。
kyのこの異様な足の状態ですが、以前のキスクラでの手の写真を思い出しました。
あかぎれしたみたいにガサガサに荒れてて、吐きだこみたい?っていわれてましたね。
所々あかくなってるのが、足の感じと似ているかなぁー、と…。
別人の足って線も捨て切れませんが。あちら陣営に関しては何でもアリだという気がするので。
いずれにしても、ガリガリな背中、フラフラして支えてもらったり、一体どうなってるのかとゾッとします。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ニスタの階段諦めた
こんばんは。暖かい春に出会う為には、寒い冬は必要なんでしょうね。

追加のピンクのカーディガンを着てソファに座っている画像ですが、私がしお韓に常駐している頃に見た記憶があるので、1年以上前のものだと思います。
もっと前かも。
パステル系は山犬の大好物だし、ちょっと写りが良い画像は大事に大事に保管する習性があるので、お気に入りなのかもしれませんね。
記憶違いだったら申し訳ありません。

ドーピングの線で色々あたっているのですが、なかなか核心に辿り着けません。
この人の罪は生きて償うべきものだと思います。
もっと色々調べてみます。

あまり役に立てなくて本当にごめんなさい。
ニスタの階段も登りきれなかった根性無しですが、真央ちゃんには笑顔で幸せでいてほしいので、自分に出来る事を頑張ります。
新しい写真で
姐さま、皆さま、こんばんは。
今日アップした最後の写真で、ヨナの脚が歪んで見えます。角度の加減・・・じゃないですよね?
No title
はやみさんのおっしゃる通り、膝から下が
不自然に曲がっていると感じました。
曲がっている部分はフィギュアの靴を履いている部分ともおぼしく・・・
こんな風に曲がってしまったら、日常でどんな衣装を着ても
汚い立ち姿になってしまうでしょうね。
簡単に治癒できるようなものにも見えず。
こうして自らの体を壊してその後にバンクーバー他の不正が明るみになった時、
彼女はどうやって生きていくのでしょうか。
自業自得なのは間違いないのですが。
No title
わたしにも曲がって見えます。
なんか外反足っぽいですね。常にルッツの踏切時のような。親指側の足底が浮いているみたい。
フリップは苦手なんじゃなくて、不可能なのかもしれませんね。
思いっきり独断と偏見が入ってます、すみません。
また日テレだよ!たくわんは日本人じゃないから~
もう、日テレうっとうしい特集だよ~!
真央ちゃんとキムヨナ バンクバーバーからの4年間というタイトル。
真央ちゃんの小さい頃からの映像からバンクーバーでの涙。続きの前に忘れてはならないキムヨナ。
そして彼女の称号は{女王}!! 女王を連呼。どんなに大変な思いで、国を背負って戦ってるか、友達まで出して、1ヶ月の内、一日ぐらいしか体の調子が良いときがないだの、体は悲鳴をあげてるだの、ワイプに抜かれたゲストは涙流さんばかりの表情。
昨年の世界選手権では後輩のためにOP枠を得るため出場。そして、ぶっちぎりの優勝!!

そしてまた真央ちゃんに戻る。お母さんが亡くなってスケートを止めようと思っていた、でも復活した、支えにはローリーの信夫コーチが、そして復活!

そしてまたまた、キムヨナとの良いライバル対決。真央ちゃんがキムは良いライバル、彼女がいたから今の私がいるのかもと言ったのを受けて、キムが同じ台詞をメディアにはいたのに、わざわざ順番を変えてキム→真央が言ったように編集。

すっかり美談にしてきたよ。まるでキムが良い人、すばらしい人のよう。
あーもう、真央ちゃんの部分だけだったら良い特集になっていたのに。いつもいつも汚される!!心に澱が溜まるよ。
No title
日テレの特番、こういう内容になるであろうことは容易に想像できたので、チラッとしか見ませんでしたが、やはりそうだったんですね。
これからもしばらくは、何かというとたくわんを絡めた番組作りをしてくるでしょう。
生中継以外は見ないようにしないと。
No title
姐さんこんにちは、いつも見てます。

グレーの靴下を半分脱いだ足だけのアップの写真はヨナではないです。
チェ・ジウンというヨナより先輩のスケーターで今は引退した選手の足ですよ。
http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=jjng21&logNo=20054137189&parentCategoryNo=3&viewDate=¤tPage=1&listtype=0

関係ないですが、チェ・ジウンはヨナのペインペインについて
大したことないのに大げさに騒いでるとインタビューでバラした選手です(笑)
http://www.kukey.com/news/articleView.html?idxno=11461#
(翻訳機で読めます)
No title
姐さん、こんにちは!
ソファーの肘掛けに、ハサミを置いたまま
画像公開してるって
どういう状況 &ファンサイトなんでしょう

肘掛けと背もたれの部分がつながってない
ソファーっていうのも初めて見ました。
って記事と全然関係なくてすみませんw

何ともつながれない金妍児の状況を、小道具であらわしたんですかね
にくい演出ですねー
それにしても妙な写真大杉

再度お邪魔します
スケート靴の痕がある位置からの不自然な足の曲がり方が気になります。
その痕のある辺りから上は無理やり強い力で曲げられたようで…
やっぱり鉄板説なんでしょうか?

こんなやり方で練習したのであれば、疲労骨折とかありそうですね。
ゾッとしました。
shijachanさんご紹介の映像
この映像見てびっくりしました!
素人のママがエッジを調節なんてありえないと思います。
フラットエッジでジャンプ、小さい頃こんな靴で飛び続けたら足がゆがむのも当然な気がします。
日本はフィギュアの歴史もあり刃に関する職人さんもたくさんいますよね?
靴って繊細ですよね。その靴に刃を付けて氷の上で毎日滑るのですから
余程最新の注意を払わないと足はイカれてしまいます。
話逸れてしまいすみません。
あまりびっくりしたもので。

ソファに座る足のゆがみもびっくりしました!
ハサミ、出しっ放し、日本じゃありえない。
家では
ハサミはすぐしまいます。
出しっ放しにしません。
置いておくとしても刃は必ず閉じます。
危ないから。
譜面台の前のジャンプ写真
記事の趣旨とは関係ないとこですが

文中の譜面台の前のジャンプは実はアチラの捏造。
連続写真の順番を入れ替えて1A<を3Aだと報道しましたw
正しくは↓
http://yui.oopsup.com/readfile.php/BeFair2/3A1A.jpg
私見
ガラでして……未見ダブり見落としその他ありますれば、平にお許し下さいませ。(文中敬称略させていただきます)

先輩選手の負傷足画像、土踏まずがなくなるほど腫れています。使いすぎによる足底筋膜の炎症か断裂(一部か全部か)ではないかと思いました。私は一部断裂で何回かこんな風に腫れました。皮膚の赤いのは、こすれたのではないかと。皮膚が薄いとか弱い、材質が合わない、良くないものだったとか。
中足骨はひびが入り安いとスポーツ医学の本で昔読んだことがあります。接骨院の先生(元柔道選手)には、折れるなら折れたほうが治りは早い、と聞きました。ひびは後をひくし、ちょっとしたことでまた悪化したりもあります。勿論、人それぞれ、違いはありましょう。

一月分姐さん記事中のよなと浅田のスパイラル比較画像に「なんじゃこりゃ?!」と思い左側(変な方)をマネしてみました(右側はできません)。軸に乗らず、背中、股関節の固さ、脚の変形(正面に進むなら膝も正面を向くはず……その他)を修正するために、足首と足部全体が使われているなら、将来的にはここがボロボロになっちゃうのでは??と思いました。
脛骨のひん曲がり具合は、成長期を含む長期に渡り、運動のための体の使い方、練習方法、体の手入れ(ケア)の仕方、シューズの選択等々、多くの面において不適切かつ誤った状態に在ったことの証ではないでしょうか。
ゲデバニシビリとの比較画像(双方黒い衣装)は拡大すると顕著です。
のばしたままの左足を体の正面に持ち上げ、その足部を両手で持つなら、膝頭とつま先は体の前面と向き合うはず……ですが、膝頭は右斜め前方?を向いており、膝裏は左横後方?を向き、しかしつま先、足先は左肩の方向?を向いています。膝から下がゴムかシリコンのように軟らかいのでしょうか。腰もはずして、つまり骨盤は左斜め前方に?浮き上げているようです。もしかしたら股関節や大腿骨のくっつき方が通常とは違うのでしょうか。このような使い方をしているということは、スプリットでしたか?、床上での前後開脚や左右開脚はできないのではないでしょうか。

大きな負荷、荷重を伴い、高い身体能力が必要とされるであろうはずのフィギュアスケートの様々な技を、体の使い方も含めて、正確に動作する、というのは、選手の体にとって一番の安全策であり、ある種の保険ともなり得るのではないでしょうか。

スケート靴の痛みが早いというのも、技を正確に再現できないので余計な(無駄な)負荷がかかるからではないでしょうか。

すでに、実は、負担が出ているから、演技終了後にスケート靴のまま座っている写真、あんな表情が出てしまう。あれは私は一瞬かもしれないけど、ホントに痛いんじゃないかと思いました。

元来の体の固さが、下肢の変形や強引で無理な使い方を補うために、更に固くなり(ないとは言い切れないと思います)、よって練習をやりたくなくなるのも当然の成り行きではないでしょうか。

数々の静止画像(女子選手だったらとてもじゃないが正視しかねる類いの物も含み)、他人の怪我写真、コメント欄にてご提示の動画など、ここまで沢山見て来ましたが、どうも絵の向こう側にマゾヒスティックな自慢がうっすらと見えてくるのは、一体何を意味するのでしょうか。

恐らく女子スポーツ選手は狙われるのを前提として(「シャラポワ」のような)、皆さん対策をとっているのではないかと思っていましたが、そうじゃない奇特な方もいらっしゃるのだということは発見でした。

彼女は、最初にクラシックバレエの基礎練習をやるべきでした。
足のポジション、プリエ、アンドゥオール、これだけでもやっていたら、ここまで体を傷めつけることもなく、そうなる前に方向転換する道もあったような気がします。

本当に身体表現がしたいのなら、色々な方法はありますが、モダンやコンテンポラリーのダンサー、というよりも……体を生かした自分だけの創作舞踊世界を作り出す等も可能だったかもしれません。

体に若さがあり、情念と押しの強さで出来てしまう、だから「今はしあわせ」なのでしょうか。

いつの間にか変わっちゃった、なんでしょうか。



ついでに、スージン・かんて この一月に自国の国立バレエ団の偉い人になったとか…でもなんでリボンがたわんでるのかな……ばってんは真ん中にくるんじゃないんだ?ソリストとかなのに?こういうもんすかね?
No title
真央さんの靴は特注だそうで、足の横幅が広いので普通の靴よりも横幅が広くて足に合った作りにする為に特注だとTVで紹介してました。
KYさんは自分の足にあった靴をはいてたんでしょうか。
市販の靴を無理やり履いてたんなら、あんなふうに足首あたりから下が曲がっていてもおかしくないと思います。

住生さんの真央さんプロジェクトで真央さんの靴をはくまでの動画があるんです。
http://www.youtube.com/watch?v=94jIuj8A6Bc&feature=player_detailpage#t=20
丁度、靴の上部が足に当たる部分にテープを何重にも巻いてその上に当て布みたいなのをしてます。
足が擦れることを防ぐこともあるし、靴のせいで足に傷が付かない様にしてるのかなと思いました。
KYさんは何もしないで、靴を履いてたんでしょうかね。
スケート靴をはいてる所から下が曲がってる写真が、合わない靴をはいてたらこうなったという証拠なんじゃない
ですかね。
それか、練習後の足のケアをあまりしてこなかったせいかもとも思えます。
あの変色した足は別の人のを使っていると思います。
写真なら、合成はいくらでもできますからね。
キムヨナの飛上の動画見ました
姐様、はじめまして。
いつも読むだけだったのですが、動画を見て、キムヨナはフィギュアスケートに復讐したいんだろうなと感じて、書きに来ました。
お母さんのブレードの話も、何もかもうまく行かない、恨みのように感じました。あの状況で練習していたらスケート見るのも嫌って言うだろうとも。でも、スケートから永遠に離れない、ってことはスケートを純粋に楽しもうとする人、上手に滑れるようになろうとする人、選手たちに自分が味わった嫌な思いをさせるつもりなんだろうな、と。うまく言えませんが、動画を見てそう感じました。
引退しても怖いって、いっそ宇宙人になってしまったらいかがですか?と言いたい。
すみません、下らないことを書きました。
皆さんのパワーをいつももらっています。
姐様、皆様、いつもありがとうございます。お体には気を付けてこれからも更新なさってください。
甲状腺?
足の写真ですが、足首が変に曲がってそこだけギュッと細くなっているのを見てムリに締め付けているからだと思いました。以前かなり久しぶりにスキーをしましたがその時悪い雪質のせいでとても疲れたんです。その後スキー靴を脱いだ時の自分の足首とそっくりです。

あと、ファンミーティングでの写真でしたか?その写真の首の部分が気になりました。
のどの腫れとシワです。
甲状腺の異常かと思い調べたら「甲状腺中毒症」というのを見つけました。
「甲状腺中毒症」とはやせ薬や健康サプリメントなどで起きるそうです。
ヨード(海藻類)の取り過ぎもだそうです。


管理者にのみ表示