“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」



“真央人気”で3倍増 スケート連盟が貯め込んだ「13億円」
http://gendai.net/articles/view/sports/147779


いよいよ、ソチ五輪が7日開幕する。女子フィギュアの浅田真央(23)は何色のメダルを持ち返るのか。ファンならずとも気になるが、真央ちゃん人気によって、日本スケート連盟がボロ儲けしていることをご存じか。

05年12月に弱冠15歳でGPファイナルを制し、鮮烈なデビューを飾って以降、スケ連は“真央バブル”を享受してきた。公表する財産目録によると、06年6月末に約4.6億円だった「正味財産」は、13年同期で約13.6億円まで膨んだ。実に約3倍増で、うち現預金は約2億4000万円から約9億円に跳ね上がっている。

「大きく貢献したのは、主催大会の放映権料です。05年度に年間約4500万円に過ぎなかった放映権料は年々うなぎ上りで、13年度には約2億円まで増えましたからね」(フィギュア関係者)

資産増加は職員の待遇アップにも反映されている。スケ連の収支予算書によると、人件費にあたる「給料手当」の総額は過去3年度で6600万円、7000万円、8000万円とトントン拍子で増加。現在の職員数は13人で、1人平均の年収は約613万円。サラリーマンの平均年収(408万円=12年度)をゆうに上回る。

まさに真央サマサマだが、スケ連はJOCを通じて「選手強化事業費」として今年度だけで約1億3000万円の税金を受け取っている。現金をたんまり持っているのだから、「血税に頼るな」と言いたくもなるが、スケ連はまだまだ稼ぎ足りないらしい。

■「引退」エサに最後のひと稼ぎ

「スケ連は昨年末の全日本選手権を大会史上初めて、さいたまスーパーアリーナで行った。収容人数は約1万8000席の“大箱”で、過去の会場と比較すると、11年末のなみはやドーム(約6000席)の3倍です。浅田真央や安藤美姫、高橋大輔ら黄金時代を築いた人気選手が今季限りで引退を表明。彼女たちにとってラストの選手権で、スケ連は最後のひと儲けを狙ったわけです。そのもくろみ通り、この大会で数億円の収益を挙げました」(フィギュア関係者)

膨れ上がった資産の使い道について、スケ連の担当者は「今後、理事会などで決めていく」と言葉少なだった。過去にはトップが背任で逮捕されたこともある。あまりカネを持ちすぎない方がいいと思うのは杞憂だろうか。



「理事会 な ど 」って誰と決めていくのかしら?電通

前にも書いたんだけど、JSFについてというところに、収支報告が掲載されているのね。
jsf-zaimu.jpg

んで理事に支払うカネとかも全部出てるわけ。
佐野稔がテレビで浅田真央をけなすために日本スケート連盟が毎月支払っている金額とかね。
理事の給与ってランクがあってたぶん佐野レベルだと一番上でしょ?知らないけど。
コーチ業は例の「暴力コーチ」報道にあったように問題アリだとすると
理事としての定期収入プラス、マスコミ様からいただく「日本サゲ発言代金」が
ありがたい副収入になるんでしょうね。

JOCからまわされるカネはあたしたちの税金からぶっこまれているんだから、
佐野みたいに五輪直線になっても他国の選手を異様に持ち上げて
自国のエースをけなす人間が理事でいるのは妥当なのか、いい加減調べていただきたいわ。

内輪で回す閉鎖的な団体だから自浄作用なんか一切なくて、
結局「外から」言われなければ何ひとつ変えようとしないのよ。

まあJOCもズブズブなんでしょうけどね。それでも「おかしいことを放置」するのは「おかしい」わよ?


人気ブログランキングへ
関連記事
日本の報道 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2014/02/12 13:09
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者にのみ表示