「レキップ」の翻訳(Levisさん編)

当ブログのこの記事で取り上げた報道の元になった記事をLevisさんが翻訳してくださいました!
ありがとうございます!

採点操作報道を否定=米ロは完全否定-フィギュア


2014-02-09 エガリテさん
元記事?
翻訳する能力がなくて申し訳ないのですが、元記事らしきものを見つけました。

Petits arrangements entre amis
http://www.lequipe.fr/Tous-sports/Article/Petits-arrangements-entre-amis/10186?M=1


ユロスポドイツに引き続き、なにゆえこのような画像を投じてくるのでしょうかww
後ろ向き。斬新だ。トランコフのみ顔見せ。


2014/02/14 Levisさん

レキップ元記事の和訳

エガリテ様、元記事ありがとうございます。
ざっとですが和訳してみました。色々おかしな表現がありますが、ご容赦下さい。

********************************

友人間の協定

パフォーマンスが結果の中に(人為的な)正義を残す場合、審判たちはいつもバックステージを煽動する

これは伝承の一部である。幾つものスキャンダルによって、定期的にスケート競技会は何も書き立てられなかったか?1927年、オスロ生まれで初めて10度ワールドタイトルを手にしたソニア・ヘニーは論争により被害を受けた。この若きノルウェー人は3人のジャッジに神聖視された、前回チャンピオンのオーストラリア人ヘルマ・サボーを犠牲にして。その3人のジャッジは…ノルウェー人。

ここから、(不正の) リストは著しく増大し続けている。しかし、それは良いことでもあり、演技は結果の中に正義を残している。昨夜、私達は新しいオリンピックチームイベントの開幕を実現できた。日曜, ロシアとカナダは男子とペアSPの後、金メダル獲得への有力候補としてポイントのリードを示した。

3度のワールドタイトルを持つカナダ人のパトリック・チャンは、(彼にとって)簡単なコンビネーションと後ろ向き着氷のトリプルアクセルでミスを犯し、結果としてエフゲニー・プルシェンコに僅かながら後れを取った (91.39点対89.71点)。その直後、驚異的なハチャトリアンの仮面武道会がタチアナ・ボロソジャル-マキシム・トランコフ組により上演され、それは好演したメーガン・デュアメル-エリック・ラドフォード組よりも疑いようもなく上位に来るのに値する。よって、ロシアがカナダの上に立つのは当然だ。

ロシア人コーチ談 ”アメリカが私達ロシア人の団体とペアの金を助けてくれる”

しかし、いつも事は簡単には済まされない。バレエの舞台裏を見ると、納得するのに十分だ。昨秋以降、そしてオリンピックのジャッジが選出されてから、友人間の協定は氷上で活気を帯びてきた。封筒(もしくは荷物)における”良き習慣”の多くの噂話の拡がりと共に。交渉の中心において、ロシアは明らかに最悪なファンタジーを濃縮させている。

2010年のオリンピックで一つの勝利も得られなかった鬱憤で、最低でも2つ、団体とそれからボロソジャル-トランコフ組の金をピックアップし、地元で侮辱に対する復讐を遂げるつもりだ。彼らの希望を統合すると、 (ロシアの) ゲスト達は数カ国と交渉している。

匿名を条件に、有名なロシア人コーチはアメリカもまたバーターを提示したことを解読した。
曰く、”直接競合しない、彼らは団体戦とペア競技で我々を援助し、そして私達は見返りにアイスダンスにおけるアメリカにとって初めてのオリンピックタイトルをカナダ人のヴァーチュ-モイア組でなくデイビス-ホワイト組に与えよう。”
このカテゴリーで銅メダルを夢見るフランスとイタリアはロシアのサポートの保証を受けている...忘れてはならないのは、モスクワの二組もまたその魅力 (メダル) を熱望している。

この2002のスキャンダルの払拭が必要なこの状況は、Marie-Reine Le Gougneによって率いられた。ペアを採点したこのフランス人ジャッジは、フランス連名会長のDidier Gailhaguetの要請によりロシアが恩恵を得た事を明らかにした。この援助はアイスダンスのマリア・アニシア-グウェンダル・ペーゼラ組へのロシア人ジャッジの票に対する恩恵であるべきだった。フランスとロシアがタイトルを競合する場合を除いて、最終的にジャッジは明らかに彼らの同胞を好んだ。

結果として、(ペア競技で)2金メダルが二組に分け与えられ、二人のフランス人ジャッジ(Marie-Reine Le Gougneと仏連会長)は3年間の資格停止、そして新しい採点システムが誕生した。アニシア-ペーゼラ組は当然ダンス覇者のままだった。これは氷上で起こる現実を証明している。些細なアクション(陰謀?)より強いのだ。

********************************

時事の記事以外で読み取れるのは、”恣意的な操作や陰謀あるけど採点は順当だよ、氷上の出来事が証明してるじゃん”ということでした。
私には採点恭順派の弁明の記事に見えます。



エガリテさん、Levisさん、どうもありがとうございます!
続きに元記事を転載します。


Petits arrangements entre amis

http://www.lequipe.fr/Tous-sports/Article/Petits-arrangements-entre-amis/10186?M=1

レキップ

Si les performances restent le juge de paix dans les résultats, les officiels s'agitent toujours autant en coulisses.
CELA FAIT PARTIE du folklore. Que serait le patinage artistique si ses compétitions n'étaient pas régulièrement éclaboussées par quelques scandales ? Dès 1927, la controverse avait ainsi abîmé le premier des dix titres mondiaux de Sonja Henie, sacrée chez elle à Oslo. La jeune Norvégienne avait été sacrée par trois juges contre deux aux dépens de la tenante autrichienne Herma Szabo. Trois juges... norvégiens.

Depuis, la liste s'est considérablement allongée. Même si, et c'est tant mieux, les performances restent le juge de paix des résultats. On a pu s'en rendre compte hier soir, en ouverture de la nouvelle épreuve olympique par équipes. La Russie et le Canada, présentés comme les grands favoris pour la médaille d'or décernée dimanche, pointent en tête après les programmes courts des hommes et des couples. Triple champion du monde en titre, Patrick Chan a simplifié sa combinaison et escamoté son triple axel, ce qui a permis à Evgueni Plushenko, plus lent, mais plus efficace dans les sauts, de devancer légèrement le Canadien (91,39 contre 89,71 points). Ces deux-là sont même largement dominés par l'excellence de Yuzuru Hanyu, le trublion japonais (97,98 pts). Un peu plus tard, la merveilleuse valse Mascarade de Khatchatourian, proposée par Tatiana Volosojar et Maksim Trankov, méritait sans contestation possible de supplanter la jolie prestation de Meagan Duhamel et Eric Radford. C'est donc logique que la Russie devance pour l'instant le Canada.


UN COACH RUSSE : « LES ÉTATS-UNIS VONT NOUS AIDER À DÉCROCHER L'OR PAR ÉQUIPES ET EN COUPLES »


Mais ce n'est pas toujours si simple. Il suffit, pour s'en convaincre, d'observer le ballet des officiels en coulisse. Depuis l'automne dernier, et le tirage au sort des juges pour les JO, les petits arrangements entre amis ont animé le joyeux cirque de la glace. Avec son lot de rumeurs sur la circulation d'enveloppes (voire de valises) ou d'échanges de « bons procédés ». Au centre des tractations, c'est évidemment la Russie qui concentre les pires fantasmes.

Vexée de n'avoir pas décroché un seul titre olympique en 2010, elle entend laver l'affront à la maison en en décrochant au moins deux : par équipes donc, et en couple, grâce à Volosojar-Trankov, tenants du titre mondial. Pour consolider leurs espoirs, les hôtes auraient négocié avec plusieurs nations. Sous couvert d'anonymat, un éminent entraîneur russe décrypte ainsi le troc envisagé avec les États-Unis : « N'étant pas en concurrence directe, eux vont nous aider pour décrocher l'or par équipes et en couple, et nous les remercierons en votant pour les Américains Davis-White, face aux Canadiens Virtue-Moir, pour ce qui serait le premier titre olympique des États-Unis en danse. »

La France et l'Italie, qui rêvent modestement de la médaille de bronze dans cette catégorie, auraient obtenu des garanties du soutien russe... En oubliant que deux couples de Moscou briguent aussi cette breloque. Une situation qui impose de dépoussiérer le scandale de 2002, provoqué par Marie-Reine Le Gougne. La juge française, qui officiait sur les couples, avait révélé avoir avantagé les Russes sur l'injonction de Didier Gailhaguet, président de la Fédération française. Cette faveur devait être récompensée par le vote du juge russe en danse pour Marina Anissina et Gwendal Peizerat. Sauf que les Français disputaient le titre à des Russes et que, finalement, l'édile a évidemment préféré ses compatriotes.

Finalement, deux médailles d'or avaient été distribuées en couple, les deux officiels français avaient, eux, été suspendus trois ans, et un nouveau système de jugement avait vu le jour. Anissina-Peizerat avaient été sacrés en danse, et ils l'avaient mérité. La preuve que la réalité de la glace peut être respectée. Plus forte que les agissements de mesquins qui cherchent à exister .

関連記事
海外報道の日本語訳 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/02/14 06:13
コメント
どうもありがとうございます!
エガリテさま、Levisさま、どうもありがとうございました!

私も最後の結論は「仮に不正があったとしても、ちゃんと現状のフィギュアスケーターの実力を反映している採点になっているのだから結果オーライ」という意味だと思います。そうですね、採点恭順派の意見ですね。

でも、実際、本当にそのコーチがそのようなニュアンスで言ったのかということ自体がものすごくあやしいと思います。

それと、「カナダ側はロシア人コーチたちがカナダ人選手の集中力を乱そうとしかけた罠だ」というようにむしろ考えているという記事もありますね。

ttp://sports.yahoo.com/news/source--judge-fixing-accusation-used-by-russians-to-unsettle-canadian-figure-skaters-141111534.html

これ以外にもカナダの審判の「そんな得点の操作はありえない」と言っているというコメントもありました。

ttp://sports.yahoo.com/news/us-canadians-dismiss-talk-figure-skating-39-fix-210056609--oly.html;_ylt=A0SO8wpet_1Sc18AEuFXNyoA;_ylu=X3oDMTB0czkwa3JmBHNlYwNzYwRjb2xvA2dxMQR2dGlkA01BUDAwNV8x

とにかくみなさん審判には問題がないということを必死に訴えている感があります。


懲罰採点
オリンピックのジュベール選手、アモディオ選手の得点意識的に下げらたのかと疑ってしまいました。
レキップ紙の記事に対する懲罰採点?

管理者にのみ表示